Prologue :

Why-Lonely-People-Stay-Lonely-3目次:アニルの物語

プロローグ
章1:初期年 – インド-1944 1957へ
章2:造形years-インド-1957-1967
章3:1967 Vietnam-引き裂かれた戦争-1969
章4:米国の混乱で – 1969-1971
章5:Djamila-アルジェリア-1971-1973を忘れないでください
章6:便利な訪問-インド-1973-1974
章7:新しい相 – Philippines- 1974-1978
章8:マリ、西アフリカ-1979-1981
章9:重大インド-1981から1983の意思決定
章10:抑制人、ハイチ-1984-1987
章11:インド、フィリピン、1987年から1988年
章12:ブルンジ-1988- 90の血に浸した丘
章13:マフディ-スーダン-1992-1994の土地
章14:ホームスイートホーム – フィリピン – 1994
エピローグ
      プロローグ

全世界が最近接続されているようですので、オンラインで皆と共有する何かを書くことは非常に魅力的です。それでも私はそれは執筆の仕事と私が会うことはありませんが、誰が私が書くものを読むと自分の意見をすることができる知らない人に自分の魂をむき出しに付属している責任の巨大与えられた大変な作業であると感じています。

しかし、私はまた、それはちょうど私がより自分の親を知る権利を持っている子供たちのためにそれを行うと言うことはあっても行わなければならないと感じています。私は、彼は非常に知的で平和愛情のある人だったことを除いて、彼について実質的に何も知らないので、私の父は同じことを行っていましたなあ。私は彼女が私たちのすべてを持ち出すために多くのことを犠牲に愛情深い母親だったことを除いて、いずれかの私の母については本当に何も知りません。私たちはすべて彼らがより良い私たちを理解してみましょう、おそらく私たちのミスだけでなく、成功から学ぶために子供たちにそれを借りていると思います。

だから、ある日、私は書き始めました。これは伝記が、私たちの生活の中で人々とそれらの関係の結果のうち、一定の期間にわたって開発の複雑な関係に洞察力だけではありません。私が困難な時代に耐え、大きな時間を私を失望が、私はまた、すべてのこれらの年後に友人に残るさまざまな国で素晴らしい人たちに会ってきた私の人生で非常に悪い人々を満たしていることは事実です。

私はそれを私が行った方法を体験するのに十分幸運だったと多くの教訓を学び、これらの経験は、すべての同じいくつかの良い、いくつかの悪いが興味深いについて広範囲に書かれているので、それで人生の旅は私にとって最もエキサイティングな一つとなっています。あなたを失望させたものよりもあなたを高揚善良な人々を覚えておく方が良いので、私は詳細にのみ通過中の悪い人に良い人を言及しました。私の意見は私のものですが、私は他の人が私のものと異なっていること自分自身を持っている可能性があることを理解します。私の意見はそれらに同意しない人を怒らせる場合、私は私の話は、そのように意図されていないと偏見とバイアスのない開かれた心で読まれるべきであることを言う必要があります。

私は人生を通して私の長い旅の間、私は彼らの助けの手を貸したが、ほとんど私は、私を育ててくれ適切な教育を与え、私に耐えている値を教え、よく私を務めてきた両親に感謝しているすべての人々に感謝します。

最後に、私はジャスミンのない私の側では、この旅はあまりカラフルでエキサイティングだっただろうと言うだろう。彼女は特別であり、私は感謝しています。私たちの愛らしい子供たちは、私たちの祝福と書いこの伝記は価値が作った喜びです。

アニル
2016年8月

 

Mokuji: Aniru no monogatari purorōgu shō
1: Shoki-nen – Indo – 1944 1957 e shō
2: Zōkei iyāzu – Indo – 1957 – 1967-shō
3: 1967 Betonamu – hikisaka reta sensō – 1969-shō
4: Beikoku no konran de – 1969 – 1971-shō
5: Djamila – Arujeria – 1971 – 1973 o wasurenaide kudasai Fumi
6: Benrina hōmon – Indo – 1973 – 1974-shō
7: Atarashī sō – firipin – 1974 – 1978-shō
8: Mari, nishiafurika – 1979 – 1981-shō
9: Jūdai Indo – 1981 kara 1983 no ishi kettei shō
10: Yokusei hito, Haichi – 1984 – 1987-shō
11: Indo, Firipin, 1987-nen kara 1988-nen shō
12: Burunji – 1988 – 90 no chi ni hitashita Oka Fumi
13: Mafudi – sūdan – 1992 – 1994 no tochi shō
14: Hōmusuītohōmu – Firipin – 1994 epirōgu
purorōgu zen sekai ga saikin setsuzoku sa rete iru yōdesunode, onrain de mina to kyōyū suru nanika o kaku koto wa hijō ni mirikitekidesu. Soredemo watashi wa sore wa shippitsu no shigoto to watashi ga au koto wa arimasenga, dare ga watashi ga kaku mono o yomu to jibun no iken o suru koto ga dekiru shiranaihito ni jibun no tamashī o mukidashi ni fuzoku shite iru sekinin no kyodai ataerareta taihen’na sagyōdearu to kanjite imasu.
Shikashi, watashi wa mata, sore wa chōdo watashi ga yori jibun no oya o shirukenri o motte iru kodomo-tachi no tame ni sore o okonau to iu koto waatte mo okonawanakereba naranai to kanjite imasu. Watashi wa, kare wa hijō ni chiteki de heiwa aijō no aru hitodatta koto o nozoite, kare ni tsuite jisshitsu-teki ni nani mo shiranainode, watashinochichi wa onaji koto o okonatte imashita nā.
Watashi wa kanojo ga watashitachi no subete o mochidasu tame ni ōku no koto o gisei ni aijōbukai hahaoyadatta koto o nozoite, izureka no watashinohaha ni tsuite wa hontōni nani mo shirimasen. Watashitachiha subete karera ga yori yoi watashitachi o rikai shite mimashou, osoraku watashitachi no misu dakedenaku, seikō kara manabu tame ni kodomo-tachi ni sore o karite iru to omoimasu. Dakara, aru hi, watashi wa kaki hajimemashita. Kore wa denki ga, watashitachi no seikatsu no naka de hitobito to sorera no kankei no kekka no uchi, ittei no kikan ni watatte kaihatsu no fukuzatsuna kankei ni dōsatsuryoku dakede wa arimasen.
Watashi ga kon’nan’na jidai ni tae, ōkina jikan o watashi o shitsubō ga, watashi wa mata, subete no korera no nengo ni yūjin ni nokoru samazamana kuni de subarashī hito-tachi ni atte kita watashinojinsei de hijō ni warui hitobito o mitashite iru koto wa jijitsudesu. Watashi wa sore o watashi ga okonatta hōhō o taiken surunoni jūbun kōundatta to ōku no kyōkun o manabi, korera no keiken wa, subete no onaji ikutsu ka no yoi, ikutsu ka no waruiga kyōmibukai ni tsuite kōhan’i ni kaka rete irunode, sorede jinsei no tabi wa watashi ni totte mottomo ekisaitinguna hitotsu to natte imasu. Anata o shitsubō sa seta mono yori mo anata o kōyō zenryōna hitobito o oboete oku kata ga yoinode, watashi wa shōsai ni nomi tsūka-chū no warui hito ni yoi hito o genkyū shimashita.
Watashi no iken wa watashi no monodesuga, watashi wa hokanohito ga watashi no mono to kotonatte iru koto jibun jishin o motte iru kanōsei ga aru koto o rikai shimasu. Watashi no iken wa sorera ni dōi shinai hito o okora seru baai, watashi wa watashi no hanashi wa, sonoyōni ito sa rete inaito henken to baiasu no nai aka reta kokoro de yoma rerubekidearu koto o iu hitsuyō ga arimasu. Watashi wa jinsei o tōshite watashi no nagai tabi no ma, watashi wa karera no tasuke no te o kashitaga, hotondo watashi wa, watashi o sodatete kure tekisetsuna kyōiku o atae, watashi ni taete iru atai o oshie, yoku watashi o tsutomete kita ryōshin ni kansha shite iru subete no hitobito ni kansha shimasu.
Saigo ni, watashi wa jasumin no nai watashi no gawade wa, kono tabi wa amari karafuru de e kisaitingudattadarou to iudarou. Kanojo wa tokubetsudeari, watashi wa kansha shite imasu. Watashitachi no airashī kodomo-tachi wa, watashitachi no shukufuku to kai kono denki wa kachi ga tsukutta yorokobidesu.
Aniru
2016-nen 8 tsuki

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

 

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Epilogue ( in Japanese)

lonly_0私はよく、私の人生はそれだけの価値と意味のあったか否かについて考えているが、すぐに質問がアップします。意味のある誰に?
私に、または他の人に?どのような意味で私にとって意味が、その後、意味のあるされているかどうかを判断するためにはるかに簡単ですか?それは、有意味だけ物質的な富を指し、あるいはほかの何かであることを意味していますか?私は偉大な目標を達成することができましたか?

実質私は今、快適でした。私は子供の教育と優れた新しい家のために提供しました。私は海外での教育のために支払われ、彼らが住んでいたか訪れた多くの国にそれらをもたらしました。私はジャスミンの世話をし、彼女は問題がある場合に最良の医療で彼女を提供しています。彼女がいずれかに依存することは決してありませんので、私は今死ぬ包みなさい私は彼女に彼女の人生の残りを持続するために十分なお金で彼女を残すものとします。

私は非常に早い誰の生活の中で貧困以下で呪いがないことを学びました。これは、最も安全な刑務所よりも徹底的に人を隔離します。兄弟姉妹や親戚は、そのような人を避けます。両親はあなたが良い仕事を得ることに成功し、まともな生活費を稼ぐない場合は失望を感じます。友人は不親切になると誰もが失敗した人を下に見えます。

だから、繁栄のいくつかの指標を達成したことは、確かに私のために祝福されています。しかし、それは人生のすべてのですか?私はお金が幸福を同一視しませんが、それはそれにかなり近づいて学んでいました。それはあなたが独立しているとあなたがやりたいことを行うことができます。それはあなたの選択の自由を与えます。

しかし、お金を持つことは本当に私に多くのことを意味することはありません。私は少し私はニーマルにアルジェリアで私の全体の貯蓄を譲った1時間のように持っていたとき、私はそれを離れて与えました。ベトナムでは、私は私に多くのことを印象づけるていない私は今お金を持っていたなけなしの他のユーザーと共有しました。これはまだあなたがそれを示さない場合、それはお金を持つ価値はないと思われる私と私の親戚の間で誤解の多くを引き起こしました。あなたは派手な服を着用する必要がありますし、あなたの妻は、金の宝石類をロードする必要があります。

私たちは単純な人ですので、しかし、ジャスミン、私はシンプルなライフスタイルを選択しました。我々は、我々の手段の中に住んでいて、どこにでも信用を取ることはありません。我々は常に彼らが得るものの一部を保存するために、私たちの子供たちを教え、信用を取ることがありません。私たちは、私たちが何であるかという幸せであり、私たちではない誰かのふりをしないでください。私たちは、物質的なものに感傷的な値を添付しないでください。彼女は二度考えずたい場合ジャスミンは簡単に彼女の真珠のネックレスを離れて与えることができます。
私は彼女の寛大な自然と純粋な心が大好きです。彼女は私の祝福です。

だから、その意味で私の人生は私には意味のあるされています。精神的に私は私が賢くなってか何かを得ていると言うことはできません。すべてのこれらの年後、私は精神に人をリードすることになっている宗教上の私の見解を変更していません。私は言葉のあらゆる意味で私の自己ヒンドゥー教を検討しているが主催宗教は私の人生の中で任意の役割を果たしていません。

いつもに私を導いたこと私は宗教は自分自身を改善し、生活の中で彼に方向感覚を与えるために人を導くべきであることを常に感じていましたが、私は私の中でコンパスが組み込まれていますので、私はいかなるイデオロギーや宗教によって導かれるために必要なことはありませんいくつかのものが正しいと他の人が間違っていることを信じるように説得するために必要なことはありません.I右の道を取ります。

カンニングするために存在するように、盗むためにと義務における不正や怠慢であることが間違っていました。相手の気持ちに鈍感であることが、無責任であると長老たちの失礼であること、または他の文化や伝統間違っていました。これらは文明世界の基本的な教義であるため、無宗教はそれを私に教えて必要ありません。あなたが歩くと話をすることを学ぶように、あなたはすぐにこれらの事のいくつかについてお話しします。これらはすべて、組織化の宗教とでも原始的な社会に共通しているの戒めです。

私はいつも時間が来たときに何をすべきかを知っていて、ためらうことなくそれをやりました。私は聖人行われていないと確かに私はたまに小さなうそをつくことの私のシェアを持っていたが、白い嘘は誰の感情を傷つけていないのではなく、それを保護しません。それは私が忙しかった人に伝えるためにはるかに人道的だったと私は彼を嫌って、彼を見たいと思っていなかったことを彼に伝えることよりも彼を見ることができませんでした。

私は他の人に私の職務に怠慢ではないとみました。しかし、精神的に言えば、私は以前より冷笑的になり、何のための理由は、常に他の人に自分の宗教的信念を詳しく説明する傾向にあった人のための強い嫌悪の開発に着手しました。私は以前の私にほとんどを怒らせたアメリカの宣教師について言及していたが、このような多くの人々はどこにでもあります。私は信じてする権利を持っていたか、それは本当に誰のビジネスだったので、何を信じていません。

彼女の信念を強くカトリック教会によって導かれたが、彼女は狂信的ではありませんされているので、ジャスミンは異なって育ちました。彼女は狂信が病気であり、常にそのように扱われるべきであることに同意します。

彼女はヒンズー教徒を尊重し、インドで神聖な神社のほとんどを訪れました
ここで彼女はお金と祈りを提供してきました。コルカタでAdya Peethのスワミは彼が彼女の “母”と呼ばれる彼女の純粋な心に感動しました。それは私の義務であるので、私は毎週日曜日、教会に彼女をもたらします。

私はいつもそれが、正直、勤勉、敬意、誠実、謙虚、誠実、率直、勤勉、プロンプト、思いやり、親切、穏やかな、知識豊富な、迷信から自由になり、はるかに宗教的であるので、一つは行為によって人類に奉仕することができると考えられており、盲目の信念。私にはそのような人は、平均値であるすべての聖書の強烈な人よりもはるかに多くの宗教です。

ジャスミンは、私が.Sheを言及したすべての資質を持つような人は一人で見つけるのはとても難しいです、このような素晴らしい品質の金鉱山です。

今、他の人が私の人生と同じように満たされているかどうかを分析するために、私は最初スリラームプルの人々を考慮する必要があります。そのお母さんは私が外国人と結婚することを選択したことに失望し、私たちの信仰外であるが、彼女はより多くの誰にもジャスミンでスターリング資質を高く評価するようになっていたよりも、私は良いを得ることに成功したことを彼女は、一般的に満足して話していたたわけです教育とは、良い生活をしました。彼女は家族の中でリベラルでした。

彼らは私が非順応し、非伝統されて好きではなかったので、しかし、他の人に、私は恥ずかしさの源となっています。彼らは公然と私の富を持つ人は、それを示すことが期待されていたことを言って、私の色あせたブルーデニムを揶揄しました。これらの値は、彼らが怒って作ら毎ターンで私と一緒に衝突しました。彼らはショーに信じていない人中の物質が、我々はそうでないと信じていました。

私には、人の内側の資質は、外部のショーよりもはるかに重要でした。子供たちは、単に服を着ますが、また、彼らは彼らのお母さんと共有形質性質上、最も寛大だった。彼ら立派なマナーを持っていました。彼らはすべて彼らに私たちの寛大さの恩恵を受けたが、だから私の人生は私の弟や姉妹や親戚に非常に有意義なものではなかったです。

今私は、私は非常に多くの国で助けようとした人々は私の努力に感謝し、私の介入は彼らにとって意味していたかどうかを場合に考慮しなければなりません。これらは、私が働いていた農民です。私は誇らしげに彼らはすべての彼らは彼らと私の仕事の恩恵を受けて1時間または他に私に言ったことを言うことができます。

新しい高収量作物品種、それらを成長させるための新しい方法および多くのようなものは農家によって取り込まれていました。私は彼らにブランドの新しいトラクター、種子や種子を格納するための倉庫を持ってハイチでブルーニーでの種子増殖プロジェクトが評価されました。

それはそこにマリ、スーダンのようないくつかの国では、私は私が私のコントロールを超え理由によるたかったのと同じくらいを行うことができなかったことは事実ですが、私の時間は完全に無駄にされませんでした。最初から大きなプロジェクトを設定し、それが軌道に乗るためには、人々が最初に彼らの既得権益を入れて活用するような国でどの国が、よりそうで課題となっています。

私はこれらの国に行くだけ逃した機会を後悔していません。植物は健康に成長し、成長するための適切な環境与えられた1日咲きます。多くの人々は私が育ったその環境を与え、自分の可能性を示しました。私は私を信じるためにそれらに感謝しています。でもFAOの人々が私を信じて。

誰もが自作であると主張することはできません。一つは、成長する助けの手を必要とします。まずそれらの愛情深い両親の手です。その後、彼らはすべてのステップであなたに立つと、あなたの中に、あなたの潜在的に信じている人たちの助け手です。私は十分に十分な彼らに私の感謝の気持ちを表現することはできません私の人生の中で非常に多くの人々に助けられました。多くは今死んでいるが、愛情を込めて記憶されています。

この時点で私の唯一の願いは、私たちの子供たちはいくつかの値を練習し、自分たちの生活に有用になるということです。彼らはいつの日か、この回顧録を読んだとき、おそらく、それはより良い人間の本質を理解し、いくつかの方法でそれらを助け、私の周りもはや午前ないときより良い生活に対処する方法を学習します。

人生は驚きに満ちすることができます。魅力は将来はなく、来て何のために準備することが保持しているかわからないでいます。いつもあなたにし、他の人に両方、便利な生活をしてみてください。 、あなたが生活の中で行うものは何でもよく、それを行うと愛でそれを行う:ジャスミンにも私の唯一のAshis、Jayantiへのアドバイスとは以下の通りです。そうしてあなたは生活を楽しむために開始されます。

ジャスミンと私は私たちの生活の夕日に向かって手をつないで行進したように、私はよく振り返ると思い出といくつかの心の痛みと回想します。それでも私の人生は生きる価値がされていると私は楽しい時間を過ごしました。別の機会を与えられた場合、私はそれが再び生きるのだろうか?もちろん。
さようなら

2016年1月

 

Epilogue :

Watashi wa yoku, watashinojinsei wa soredake no kachi to imi no attaka hi ka ni tsuite kangaete iruga, sugu ni shitsumon ga appu shimasu. Iminoaru dare ni? Watashi ni, matawa hokanohito ni? Do no yōna imi de watashi ni totte imi ga, sonogo, iminoaru sa rete iru ka dō ka o handan suru tame ni haruka ni kantandesu ka? Sore wa, yūimi dake busshitsu-tekina tomi o sashi, aruiwa hoka no nanikadearu koto o imi shite imasu ka?
Watashi wa idaina mokuhyō o tassei suru koto ga dekimashita ka? Jisshitsu watashi wa ima, kaitekideshita. Watashi wa kodomo no kyōiku to sugureta atarashī ie no tame ni teikyō shimashita. Watashi wa kaigai de no kyōiku no tame ni shiharawa re, karera ga sunde ita ka otozureta ōku no kuni ni sorera o motarashimashita. Watashi wa jasumin no sewa o shi, kanojo wa mondai ga aru baai ni sairyō no iryō de kanojo o teikyō shite imasu. Kanojo ga izureka ni izon suru koto wa kesshite arimasen’node, watashi wa ima shinu tsutsumi nasai watashi wa kanojo ni kanojo no jinsei no nokori o jizoku suru tame ni jūbun’na okane de kanojo o nokosu mono to shimasu.
Watashi wa hijō ni hayai dare no seikatsu no naka de hinkon ika de noroi ga nai koto o manabimashita. Kore wa, mottomo anzen’na keimusho yori mo tetteiteki ni hito o kakuri shimasu. Keiteishimai ya shinseki wa, sono yōna hito o sakemasu. Ryōshin wa anata ga yoi shigoto o eru koto ni seikō shi, matomona seikatsu-hi o kasegunai baai wa shitsubō o kanjimasu. Yūjin wa fushinsetsu ni naru to daremoga shippaishita hito o shita ni miemasu. Dakara, han’ei no ikutsu ka no shihyō o tasseishitakoto wa, tashika ni watashi no tame ni shukufuku sa rete imasu. Shikashi, soreha jinsei no subete nodesu ka?
Watashi wa okane ga kōfuku o dōitsu-shi shimasenga, soreha soreni kanari chikadzuite manande imashita. Sore wa anata ga dokuritsu shite iruto anata ga yaritai koto o okonau koto ga dekimasu. Sore wa anata no sentaku no jiyū o ataemasu. Shikashi, okane o motsu koto wa hontōni watashi ni ōku no koto o imi suru koto wa arimasen. Watashi wa sukoshi watashi wa nīmaru ni Arujeria de watashi no zentai no chochiku o yuzutta 1-jikan no yō ni motte ita toki, watashi wa sore o hanarete ataemashita. Betonamude wa, watashi wa watashi ni ōku no koto o inshōdzukerute inai watashi wa ima okane o motte ita nakenashi no ta no yūzā to kyōyū shimashita.
Kore wa mada anata ga sore o shimesanai baai, soreha okane o motsu kachi wa nai to omowa reru watashi to watashi no shinseki no ma de gokai no ōku o hikiokoshimashita. Anata wa hadena fuku o chakuyō suru hitsuyō ga arimasushi, anata no tsuma wa,-kin no hōseki-rui o rōdo suru hitsuyō ga arimasu. Watashitachi wa tanjun’na hitodesunode, shikashi, jasumin, watashi wa shinpuruna raifusutairu o sentaku shimashita. Wareware wa, wareware no shudan no naka ni sunde ite, doko ni demo shin’yō o toru koto wa arimasen.
Wareware wa tsuneni karera ga eru mono no ichibu o hozon suru tame ni, watashitachi no kodomo-tachi o oshie, shin’yō o toru koto ga arimasen. Watashitachiha, watashitachi ga nandearu ka to iu shiawasedeari, watashitachide wanai dareka no furi o shinaide kudasai. Watashitachiha, busshitsu-tekina mono ni kanshō-tekina atai o tenpu shinaide kudasai. Kanojo wa nido kangaezutai baai jasumin wa kantan ni kanojo no shinju no nekkuresu o hanarete ataeru koto ga dekimasu.
Watashi wa kanojo no kandaina shizen to junsuina kokoro ga daisukidesu. Kanojo wa watashi no shukufukudesu. Dakara, sono imi de watashinojinsei wa watashiniha iminoaru sa rete imasu. Seishintekini watashi wa watashi ga ken ku na tteka nanika o ete iru to iu koto wa dekimasen. Subete no korera no nengo, watashi wa seishin ni hito o rīdo suru koto ni natte iru shūkyō-jō no watashi no kenkai o henkō shite imasen. Watashi wa kotoba no arayuru imi de watashi no jiko hindo~ū kyō o kentō shite iruga shusai shūkyō wa watashinojinsei no naka de nin’i no yakuwari o hatashite imasen.
Itsumo ni watashi o michibiita koto watashi wa shūkyō wa jibun jishin o kaizen shi, seikatsu no naka de kare ni hōkō kankaku o ataeru tame ni hito o michibikubekidearu koto o tsuneni kanjite imashitaga, watashi wa watashi no naka de konpasu ga kumikoma rete imasunode, watashi wa ikanaru ideorogī ya shūkyō ni yotte michibika reru tame ni hitsuyōna koto wa arimasen ikutsu ka no mono ga tadashī to hokanohito ga machigatte iru koto o shinjiru yō ni settoku suru tame ni hitsuyōna koto wa arimasen.
I migi no michi o torimasu. Kan’ningu suru tame ni sonzai suru yō ni, nusumu tame ni to gimu ni okeru fusei ya taimandearu koto ga machigatte imashita. Aite no kimochi ni donkandearu koto ga, musekinindearu to chōrō-tachi no shitsureidearu koto, matawa hoka no bunka ya dentō machigatte imashita. Korera wa bunmei sekai no kihon-tekina kyōgidearu tame, mu shūkyō wa sore o watashi ni oshiete hitsuyō arimasen. Anata ga aruku to hanashi o suru koto o manabu yō ni, anata wa sugu ni korera no koto no ikutsu ka ni tsuite ohanashi shimasu. Korera wa subete, soshiki-ka no shūkyō to demo genshitekina shakai ni kyōtsū shite iru no imashimedesu.
Watashi wa itsumo jikan ga kita toki ni nani o subeki ka o shitte ite, tamerau koto naku sore o yarimashita. Watashi wa seijin okonawa rete inaito tashika ni watashi wa tamani chīsana uso o tsuku koto no watashi no shea o motte itaga, shiroi uso wa dare no kanjō o kizutsukete inai node wa naku, sore o hogo shimasen. Sore wa watashi ga isogashikatta hito ni tsutaeru tame ni haruka ni jindōtekidatta to watashi wa kare o kiratte, kare o mitai to omotte inakatta koto o kare ni tsutaeru koto yori mo kare o miru koto ga dekimasendeshita. Watashi wa hokanohito ni watashi no shokumu ni taimande wa nai to mimashita.
Shikashi, seishin-teki ni ieba, watashi wa izen yori reishō-teki ni nari, nani no tame no riyū wa, tsuneni hokanohito ni jibun no shūkyō-teki shin’nen o kuwashiku setsumei suru keikō ni atta hitonotame no tsuyoi ken’o no kaihatsu ni chakushu shimashita. Watashi wa izen no watashi ni hotondo o okora seta Amerika no senkyōshi ni tsuite genkyū shite itaga, kono yōna ōku no hitobito wa doko ni demo arimasu. Watashi wa shinjite suru kenri o motte ita ka, sore wa hontōni dare no bijinesudattanode, nani o shinjite imasen.
Kanojo no shin’nen o tsuyoku Katorikku kyōkai ni yotte michibika retaga, kanojo wa kyōshin-tekide wa arimasen sa rete irunode, jasumin wa kotonatte sodachimashita. Kanojo wa kyōshin ga byōkideari, tsuneni sonoyōni atsukawa rerubekidearu koto ni dōi shimasu. Kanojo wa hinzū kyōto o sonchō shi, Indo de shinseina jinja no hotondo o otozuremashita koko de kanojo wa okane to inori o teikyō shite kimashita. Korukata de Adya Peeth no suwami wa kare ga kanojo no” haha” to yoba reru kanojo no junsuina kokoro ni kandō shimashita.
Sore wa watashi no gimudearunode, watashi wa maishū nichiyōbi, kyōkai ni kanojo o motarashimasu. Watashi wa itsumo sore ga, shōjiki, kinben, keii, seijitsu, kenkyo, seijitsu, sotchoku, kinben, puronputo, omoiyari, shinsetsu, odayakana, chishiki hōfuna, meishin kara jiyū ni nari, haruka ni shūkyō-tekidearunode, hitotsu wa kōi ni yotte jinrui ni hōshi suru koto ga dekiru to kangae rarete ori, mōmoku no shin’nen. Watashiniha sono yōna hito wa, heikinchidearu subete no seisho no kyōretsuna hito yori mo haruka ni ōku no shūkyōdesu.
Jasumin wa, watashi ga. She o genkyū shita subete no shishitsu o motsu yōna hito wa hitori de mitsukeru no wa totemo muzukashīdesu, kono yōna subarashī hinshitsu no kin kōzandesu. Ima, hokanohito ga watashinojinsei to onajiyōni mitasa rete iru ka dō ka o bunseki suru tame ni, watashi wa saisho surirāmupuru no hitobito o kōryo suru hitsuyō ga arimasu. Sono okāsan wa watashi ga gaikoku hito to kekkon suru koto o sentaku shita koto ni shitsubō shi, watashitachi no shinkō-gaidearuga, kanojo wa yori ōku no darenimo jasumin de sutāringu shishitsu o takaku hyōka suru yō ni natte ita yori mo, watashi wa yoi o eru koto ni seikō shita koto o kanojo wa, ippantekini manzoku shite hanashite itata wakedesu kyōiku to wa, yoi seikatsu o shimashita. Kanojo wa kazoku no naka de riberarudeshita.
Karera wa watashi ga hi jun’nō shi, hi dentō sa rete sukide wa nakattanode, shikashi, hokanohito ni, watashi wa hazukashi-sa no minamoto to natte imasu. Karera wa kōzen to watashi no tomi o motsu hito wa, sore o shimesu koto ga kitai sa rete ita koto o itte, watashi no iroaseta burūdenimu o yayu shimashita. Korera no atai wa, karera ga okotte tsukura mai tān de watashitoisshoni shōtotsu shimashita. Karera wa shō ni shinjite inai jinchū no busshitsu ga, wareware wa sōdenai to shinjite imashita.
Watashiniha, hito no uchigawa no shishitsu wa, gaibu no shō yori mo haruka ni jūyōdeshita. Kodomo-tachi wa, tan’ni fuku o kimasuga, mata, karera wa karera no okāsan to kyōyū keishitsu seishitsu-jō, mottomo kandaidatta. Karera rippana manā o motte imashita. Karera wa subete karera ni watashitachi no kandai-sa no onkei o uketaga,dakara watashinojinsei wa watashi no otōto ya shimai ya shinseki ni hijō ni yūigina monode wa nakattadesu.
Ima watashi wa, watashi wa hijō ni ōku no kuni de tasukeyou to shita hitobito wa watashi no doryoku ni kansha shi, watashi no kainyū wa karera ni totte imi shite ita ka dō ka o baai ni kōryo shinakereba narimasen. Korera wa, watashi ga hataraite ita nōmindesu. Watashi wa hokorashige ni karera wa subete no karera wa karera to watashi no shigoto no onkei o ukete 1-jikan matawa hoka ni watashi ni itta koto o iu koto ga dekimasu. Atarashī kō shūryō sakumotsu hinshu, sorera o seichō sa seru tame no atarashī hōhō oyobi ōku no yōna mono wa nōka ni yotte torikoma rete imashita.
Watashi wa karera ni burando no atarashī torakutā, shushi ya shushi o kakunō suru tame no sōko o motte Haichi de burūnī de no shushi zōshoku purojekuto ga hyōka sa remashita. Sore wa soko ni Mari, sūdan no yōna ikutsu ka no kunide wa, watashi wa watashi ga watashi no kontorōru o koe riyū ni yorutakatta no to onaji kurai o okonau koto ga dekinakatta koto wa jijitsudesuga, watashinojikan wa kanzen ni muda ni sa remasendeshita. Saisho kara ōkina purojekuto o settei shi, sore ga kidō ni noru tame ni wa, hitobito ga saisho ni karera no kitoku ken’eki o irete katsuyō suru yōna kuni de dono kuni ga, yori sōde kadai to natte imasu.
Watashi wa korera no kuni ni iku dake nogashita kikai o kōkai shite imasen. Shokubutsu wa kenkō ni seichō shi, seichō suru tame no tekisetsuna kankyō ataerareta 1-nichi sakimasu. Ōku no hitobito wa watashi ga sodatta sono kankyō o atae, jibun no kanōsei o shimeshimashita. Watashi wa watashi o shinjiru tame ni sorera ni kansha shite imasu. Demo FAO no hitobito ga watashi o shinjite. Daremoga jisakudearu to shuchō suru koto wa dekimasen. Hitotsu wa, seichō suru tasuke no te o hitsuyō to shimasu. Mazu sorera no aijōbukai ryōshin no tedesu. Sonogo, karera wa subete no suteppu de anata ni tatsu to, anata no naka ni, anata no senzai-teki ni shinjite iru hito-tachi no tasuke-tedesu.
Watashi wa jūbun ni jūbun’na karera ni watashi no kanshanokimochi o hyōgen suru koto wa dekimasen watashinojinsei no naka de hijō ni ōku no hitobito ni tasuke raremashita. Ōku wa ima shinde iruga, aijō o komete kioku sa rete imasu. Kono jiten de watashi no yuiitsu no negai wa, watashitachi no kodomo-tachi wa ikutsu ka no atai o renshū shi, jibun-tachi no seikatsu ni yūyō ni naru to iu kotodesu. Karera wa itsunohika, kono kaiko-roku o yonda toki, osoraku, soreha yoriyoi ningen no honshitsu o rikai shi, ikutsu ka no hōhō de sorera o tasuke, watashi no mawari mohaya gozen nai toki yori yoi seikatsu ni taisho suru hōhō o gakushū shimasu.
Jinsei wa odoroki ni michi suru koto ga dekimasu. Miryoku wa shōrai wa naku, kite nan’notameni junbi suru koto ga hoji shite iru ka wakaranaide imasu. Itsumo anata ni shi, hokanohito ni ryōhō, benrina seikatsu o shite mite kudasai. , Anata ga seikatsu no naka de okonau mono wa nani demo yoku, sore o okonau to ai de sore o okonau: Jasumin ni mo watashi no yuiitsu no Ashis, Jayanti e no adobaisu to wa ikanotōridesu. Sōshite anata wa seikatsu o tanoshimu tame ni kaishi sa remasu.
Jasumin to watashi wa watashitachi no seikatsu no yūhi ni mukatte tewotsunaide kōshin shita yō ni, watashi wa yoku furikaeru to omoide to ikutsu ka no kokoro no itami to kaisō shimasu. Soredemo watashinojinsei wa ikiru kachi ga sa rete iruto watashi wa tanoshī jikan o sugoshimashita. Betsu no kikai o atae rareta baai, watashi wa sore ga futatabi ikiru nodarou ka? Mochiron.
Sayōnara
2016-nen 1 tsuki

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

 

 

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Chapter fourteen: Finally home sweet home- Philippines – 1994-present( in Japanese)

最後に、ホームスイートホーム:フィリピン:1994提示します

私は良いのためにスーダンとFAOを残して1994年4月にフィリピンに戻りました。私は今、私は完全に私の退職を楽しむために意図されたこの日のために長い時間を待っていました。しかし、最初に我々はすべて一緒にとどまることができるように、私たちの夢の家を構築する必要がありました。 Ashisは一年以上大学の寮にいたと今Jayantiは1994年ジャスミンの6月は、彼女は彼らが3月中旬によって始まったので、私たちの家を建てることになるチームを発見した開始彼に参加しました。

建築許可を得て、お金がローカルアカウントに移しました。私はローマから到着したとき、私は部屋のレイアウトに本格的に私たちの未来の家の土台を掘り労働者を発見しました。ジャスミンは、地元の人々は、我々はわずか数ヶ月のための場所を必要とし、一方、一年未満のために彼らの家を借り好きではなかったので、彼女は賃貸住宅を見つけることができなかったと述べました。私たちは、私たちの家は6ヶ月の時間で完了することが期待しました。

仕事は大学の町で続けたので、私たちはナガに戻って行きました。 Jayantiは寮にとどまりました。しかし、月の誰かの月に彼らの家は、私たちはすぐにパックされた数ヶ月のために家賃のために利用可能であったナガで私たちの家をロックし、ラグナに移動したことを言うために呼ばれます。今、私は個人的に建設を監督できました。

我々はすべての権利を持ってまで、部屋を配置し、再配置レゴセットで再生することにより、私の前の家の休暇中に計画自分自身を策定していました。ジャスミンはまた、多くの提案をしました。それは、345以上の平方の素敵な家であることだった。4ベッドルーム、2バスルーム、40フィートのリビングルーム、キッチン、洗濯室によって巨大な20フィートとメートル。長い60フィートと8フィートであることがありました。外L、広々としたガレージのような形の広いベランダが。

私たちは、600平方メートルロットのすべての家の周りの芝生や部屋のためにフロントで部屋を出ました。家全体が一つのレベルのみと部屋を持っていた、バスルームには、通常のローカル基準では巨大でした。私はこの家を構築するために出費を惜しまないことにしました。ジャスミンと私は選択肢材、大理石、スレート石や美しい彫刻が施されたナラのドアを探していました。私たちはベランダスペイン赤色のタイルを命じました。それは私たちの家を構築するために2000以上のセメントのバッグやトン、鋼棒のトンを取りました。

すべてのベッドルームは、寄木細工の床を持っていたし、外部のベランダの壁と外側の筋膜は、緑のスレートで並んでいました。屋根の色はスペインの赤だったDecrabondと呼ばれる高価な金属タイルシステムでした。要するに、の誇りであることを家でした。窓はカスタムメイド発注された余分な強力なグリルを持っていました。

だから、仕事は迅速に進行し、すぐに家が形を取り始めました。ジャスミンと子供たちは、進行状況を確認するために随時来て、家は9月までに完成に近づいたとして興奮していました。今、大理石の床が鏡のように輝いて、家の内部が塗られていたとエレクトリカルを装着します。人々は、ベッドルームとバスルームの大きさに驚嘆し、近くの大学の話になりました。

その後、9月ジャスミンではと私は戻っナガに運転し、非常に次の日に私たちの新しい家に出荷されるすべての家具や他のもののために配置されました。巨大なトラックが来て、ロードされたすべての選択図ナーガの家は再びロックされ、それが後に売却された1日まで、しばらくの間そのように残りました。
私たちは私たちの家であることだったこの小さな町に、今からとても良いのためナガで終えました。それは壮大な家でした。短時間でジャスミンは、家具や家電製品を配置しました。我々は非常にきれいに刻まれたヘッドボードと巨大なベッドを購入していました。今AshisとJayantiはその大きなプライベートルームを持っていました。

その後、9月の8日に、私たちは私たちの新しい家は恵まれていました。フィリピンでは、それらがどこにでも家の祝福の式典に招待されなかったので、まだ外の仕上げに取り組んでいたすべての労働者と石工はその大きな驚きに招待されました。彼らは、彼らが招待されるに値するので、私たちの素敵な家を建てるために非常に懸命に働いていたので、しかし、我々がやりました。

彼らは最後の左10月15日まで1か月のために外で動作するように続けました。子供たちは、私たちが一緒に住んで一つの家族だったので、もう一度自分の寮から移動していました。今、私たちは芝生の上に植栽の草を開始し、庭を埋めるために、他の観葉植物を探しました。 Jayantiは庭で助けまたは彼女自身のスタイルで彼女の部屋を飾っている間Ashisは芝生の毎日水やり。私は彼らに両方の18速自転車を買ったが、彼らは近くのキャンパスに歩くことが好ましいです。

私たちは純粋に幸せだったし、すべての私たちの過去の苦い経験を忘れてしまいました。この時点で私は我々はすでに600平方隣接多くを購入していた高級車を買うことにした。メートルを今、我々は土地の1200平方メートルの合計を持っていました。ジャスミンは、我々はピックアップは、私たちの新しい車の到着を主なガレージに滞在し、retile可能性が次のロット内の別のガレージを構築すべきであると述べました。マニラの多くのショールームには、いくつかの訪問の後に我々は、2リットルエンジンと革張りで日産アルティマを決めました。

これは、ライン日産のトップであり、非常に強力で広々です。これは、パワーステアリング、電気ドアや窓やサイドミラー、パワーアンテナ等を有しており、本当に壮大なマシンです。今Ashisは日産の完全な時間の使用は、私が以前に購入していたことをピックアップしていました。

私たちの家の最良の部分は、すべての訪問者が言っていベランダであることが判明しました。私たちは近くの迫り来る山からの涼しい風を座って楽しむことができる場所それは広々としているが、私たちの家は非常によく換気し、余分な大きな窓による自然光に満ちています。ジャスミンはすぐに室内装飾を完了するためにカーテンを購入しました。

まだIRRIで働いていたSurendraは、訪問することはしばしば来ました。彼は今、インドでIRRIのアウトリーチを処理し、他の場所でそのように絶えず移動したと述べました。私たちは、涼しい風を味わう私たちのベランダに座って、氷冷たいビールを飲み昔について話しました。これは、私たちが夢見ていたが、今ジャスミンの助けを借りて、それが現実だった人生です。音楽はステレオで静かに演奏し、私はジャスミンは満足.Kidsで輝いていたにも満足していたことを見ることができました。

このように年が経過します。私は現在、米国に定住し、私はザンビアやジンバブエに行きたかったが、私は、私は.Heは驚いたが、何も言わなかった引退したと述べたDr.Singhによって接触させました。その後、いくつかの他の人々は私がマダガスカルに行きたかったが、私は同じことを言いました。私はもうどこにもいませんでした。

それから、今アップを成長させた1日私たちの素敵な子供たちが大学を卒業しました。 Ashisは、農業経済学の学士を持って、Jayantiは開発コミュニケーションの学位を取得し卒業しました。 Ashisはすぐに農業経済学の大学院プログラムを開始し、Jayantiはキャンパスで仕事を得ました。彼女は大学の美の女王として選択され、万ペソ賞と冠を獲得していました。彼女はすべてのボディで非常に人気がありました。

Ashisは静かなタイプですが、彼は彼のMasteralプログラムを仕上げたところ、彼はあまりにも彼の部門で人気となりました。彼は2インチ背の高い6フィートを超えていました。彼はその後、大学の様々なプロジェクトで作業を開始し、約2年間のためにそうしましたが、2004年に彼は農業経済学の大学院生として、米国では2トップの大学に受け入れられたことを発表しました。彼は奨学金に師事し、最終的に農業経済学の第二の修士号を取得することを決めたペンシルベニア大学を選びました。

まもなく卒業後、彼は、アイダホ州のソーダスプリングスの研修生として、彼が会社によってセントルイス、ミズーリ州では良い仕事を提供された研修生として6ヶ月そこに過ごした後、モンサント社によって受け入れられました。 PennStateでいる間、彼は彼が結婚することを決めた美しい少女に会いました。結婚はよく出席した9月16日、2007年にセントルイスで開催されました。他の多くの間Jayantiとジャスミンは幸せな機会のために存在していました。

Jayantiはしばらくの間、キャンパス内で働いた後、彼女は修士の学位につながる2年間の彼らの情報技術コースにキャンベラ大学に受け入れられたオーストラリアに行くことにしました。彼女はITコンサルタントとビジネスアナリストとして、よりやりがいのある仕事を見つけるまで彼女は数年のために働いたオーストラリア政府により良い仕事を与えられた1日まで彼女の卒業後、彼女は様々な場所で仕事を始めました。彼らはまた、彼女に市民権を与えました。

Jayantiは、シドニーの国際企業と、よりやりがいのある面白い仕事に移っ、オーストラリア全体で広範囲に移動し、彼女のITの仕事のために多くの賞と賞賛を獲得した、最近そこに出版された本で、オーストラリアにおけるITのトップ25人の女性に含まれていました。彼女は、ITの専門家として、今カンボジアで働いているし、最近ではザンビアでの作業の1ヶ月を行っています。
Ashisはまた、ニュージャージー州の国際企業のために働き、彼の家フィラデルフィアを呼び出します。彼の2人の子供が急速に成長しています。
私はインドを見るために私の子供を望んでいたので、我々はすべてのアグラ、ジャイプール、デリーを訪問するために行って、それ以降の丘にナイニタール、アルモラとラニケートに上りました。私たちは、4月に雪のフル標高。17000フィートでケダールバドリーナート寺に到達するために馬に乗って急なヒマラヤの斜面を登っとナイニタール湖でいい加減にボートを漕い。私たちは、ジャイプールを見て、砦近くの。彼らは象に乗ったとヘビcharmers、さらにはダンスクマを見ました。

デリーでは、マハトマ・ガンジーなどの記念を見にRajghatに行き、クトゥブミナールに驚嘆、大統領宮殿や議会の建物はその後、バハイ寺院で赤砦、多くのそのような場所選択図ロータス寺院が見て価値がある訪問しましたデリーインチタージマハル、アーグラ城塞、Sikandara、アグラ近くファテープル・シークリーの台無しに放棄された都市のアクバルの霊廟は、シェイクサリムChistiの霊廟は、我々が見たので、多くの場所がありました。

1996年にインドへの旅行中に、私たちは、ラクナウで家を購入することを決定し、論文を完成していました。私たちは今、ラクナウのうちスカートに計画された都市での素敵なバンガローを持っていました。アンナプルナは今、近くの町で彼女の指導の仕事から引退した後に住んでいるところです。彼女はスリラームプルの家に住んでしないことを選択しました。また、私はインドに再び乗ってバイクを楽しむことができるように私たちの新しい家に保管巨大な350 ccのロイヤルエンフィールドのバイクを買いました。

しかし、これは家族全員がいくつかの場所を行くと、私たちのように最後の時間でした。子供たちは今、オーストラリア、米国に住んで自分の生活を持っていました。私は短い時間のために1997年にインドに再び行って、返さ

アンナプルナと。これは彼女の第三、フィリピンへの最後の訪問であることでした。彼女は本当に私たちの新しい家が好きで、スペースや緑を楽しみました。我々はいくつかの観光地やフラワーショーに彼女をもたらしました。

Sushmitaはお母さんが死んだと言うことは1日呼び出されたときに悲しいニュースが2001年に来ました。これは3月だった日は8日でした。ニーマルは葬儀が10日後に開催されるだったことを私に言ったので、私はスリラムピュールと呼ばれます。私は、お母さんの最後の儀式に出席するスリラムピュールに旅しました。

彼女は素敵なお母さんだったが、今、彼女は消えていました。彼らは彼女が心臓発作を起こし、突然.Sheは92だった有効期限が切れていることを述べました。彼女は長い人生を生きていました。 、ヒンドゥー教の伝統は、体が死の後、すぐに火葬されなければならないと言うが、息子はもちろんのでヴェーダの儀式に司祭の指導を自分の頭を剃るし、出席しなければならないとき、彼らは、10日後に葬儀を開催します

私は必要とされたことすべてを行なったし、ニーマルにいくつかのお金を与えました。彼らは私の頭を剃り、私はいくつかの儀式の儀式を行うためにガンガーに行ってきました。 14バラモンが供給され、与えられた賜物を必要としたとしてではなく、最終的にそれは終わったと私はすぐにフィリピンに戻しました。悲しい部分は、彼女が母親の最後の儀式に出席しなかったので、今アンナプルナとスリラムピュールの人々が全く仲良くなかったということでした。彼女は、ラクナウで司祭の助けを借りて、すべてのプージャをしました。 Sushmitaもスリラムピュールに来て、メーラトで儀式を行っていませんでした。

私たちは、最愛の母の死の後、もはや兄弟姉妹の家族とこんなに早くありませんでした。それは衝撃的な部分でした。 Devjaniが来て、そのお母さんは彼女がお金を残りの彼女とパールバティを残していた知って驚きました。母は地球上の彼女の最後の瞬間まで誰も考え。

この旅行は、家、彼は私の父は.ITは非常に荒廃した続けていたが、私はそれが今本格的に翻訳を複写し、始めていた家族の歴史を書き留めておいた私の祖父の手書きの日記を持ってきた時に私が持っていました。私は今、転写したママと1日としていたの会話から取っていたノートには、私は両側の家系含まれる文書を完成させました。これは、オリジナルよりもより完全な文書でした。

私はまた、英国は現在、パキスタンの一部であるワジリスタンでの彼のサービスのために彼を与えたことは、全く偶然に私の父の銀メダルを発見しました。このメダルは、それに刻ま私の父の名でロンドンに鋳造し、第五、それにキングジョージのバストを持っているので、私は彼がスリランカで演奏していたそのいたずらの間に7人の姉妹から受けたとメダルをめっきし、別の金と一緒にそれを家に持って来られましたラムピュール少し前。私はまた、彼のパーカーペンを見つけました。私はフィリピンにこれらの事を持ってきて、私たちのリビングルームで彼の写真とそれらに沿って枠。私は彼女がわずか11歳の時に母親の古い写真を持ってきて、あまりにも彼女の最新写真と一緒にそれを額装。

私はそこに多くの場所を訪問する南インドにジャスミンをもたらしたときにインドへの私たちの最後の旅行は、2003年にありました。私たちは巡礼のためAdya Peethカーリー寺院を訪問し、私の父、母の名前で大理石の板を固定するためにそれらにいくつかのお金を支払い、カマルはそれに彫りどこに我々は、コルカタに上陸しました。このスラブは現在、彼らの記憶に永遠に存在することになります。それらの2があったので、私は以前に、このようなスラブを修正するためにそれらを求めていました。

そして、私たちは14日間、南インドのガイド付きツアーを予約しチェンナイに列車を取りました。私たちは、ヘビの農場、鹿公園、ティルヴァッルヴァル記念、博物館、水族館、マリーナと呼ばれる有名なビーチと同様にチェンナイに多くのサイトを訪問しました。我々はJayantiとジャスミンのために非常に素晴らしいシルクのサリーを購入し、有名な寺院やシルク市場を訪問しました。私たちはそこにもAshisのために高価なシャツを買いました。

その後、我々はコダイカナルの丘へのバス旅行をしました。南インドのガイドツアーは、10月1日に始まり、Hoshur、バンガロール、マイソール市、ティプスルタンと彼の砦、ブリンダバンガーデン、ウータカムンドの丘の宮殿に連れて行ってくれました、Madhumalaiゲームリザーブ、ケーララ州Guruvayurの寺院、コーチン、Alleppy、カンニヤークマリ、そこヴィヴェーカーナンダとティルヴァッルヴァルの神社の水路、ラーメーシュワラム、マドゥライ、タンジャヴル、マハーバリのpuram、Aurobindoのポンディシェリのアシュラム、カーンチプラム絹織物センター、アンドラ・プラデシュ州でティルパティ寺院と、より多くの寺院そのような場所。

ジャスミンは、有名な神聖なヒンズー教の寺院を訪問し、それらのそれぞれでプージャとお金を提供しました。祭司は信心深さの象徴として彼女の額に朱色の粉を入れました。彼女は、我々はケララ州の風光明媚な水路を通ってボートに乗って、完全に金のプレートで覆われたドームを持っていた寺院を訪問するケーブルカーで丘の頂上に登ったタンジャヴルゾウや他の場所に恵まれました。ティルパティへの旅行は、それ自体が素晴らしいだったと私はジャスミンはインド文化の豊かさと南部の美しさを楽しんだと思います。

私たちは、その後、セカンドラバードを訪問し、一昼夜他の多くのサイトの中で有名なGolkunda砦、ビルラ寺院や動物園を見て、私たちはアジャンタの石窟寺院を訪れオーランガバードとエローラ寺院、ビビカMakbara、Aurangjebの墓に進んShahjehanとインドの皇帝の息子でした。彼はオープンで墓を守る刻まれた大理石の画面で土壌の簡単な墓に埋葬されました。

一つは、アジャンタとエローラ石窟についてのボリュームを書くことができますが、これはそれように私はそれをスキップしますための場所ではありません。これは、バスや電車で多くの州や数千キロをカバーする徹底的な旅でしたが、最終的に我々はスリラムピュールに到着し、一日の後にアンナプルナを訪問するラクナウに行きました。それはブルネイを経由して戻っコルカタとマニラにありました。

私は今、CDに焼き付けこれと他の旅行中に多くの写真を取り、子供たちのコピーそれぞれを与えました。子供たちは自分のコピーを持つことができるように、私は写真をCDに写真やスライドの数千人を回しました。

私は長年の問題を解決するために2006年9月にインドへの1以上の旅行をしなければなりませんでした。これは私がやってしまったものですので、私は、ラーマクリシュナ・ミッションにラクナウに私の家を寄付することを決めていました。アンナプルナはミッションによってそこに滞在させたが、私は彼女がすべてで私の考えを好きではなかったことを言うことができます。 SriRampurへの私の短い訪問は再び再びニーマルを参照し、フィリピンで私たちを訪問する彼を説得することでした。しかし、これはであることはなかったです。私は彼の妻は考えをサポートしていなかったことは理解するが、私はとにかく試してみていました。

彼は古いと虚弱見て、彼は階段を登るため、または動悸の激しい何もできなかったことを教えてくれました。彼の料理は厳しくなりまし制限されていた、彼はどちらか、彼のロザリオビーズや祈りの儀式と彼のほとんどの時間を費やし、世俗的な問題にすべての興味を失っていたか、それは私には思えました。彼はラーマクリシュナ・ミッションや先祖代々の家の収入の私のシェアは慈善任務に寄付されるべきであるというのが私の願いに贈り物の私の行為についてのコメントがなされていません。

私は私の古い知人のいくつかを見たが、それらはすべて、それがインドに住んでいたいかに難しいかについてgriped、社会は、雰囲気を汚染する方法誰も誰も気にしない方法をどのように破損しているかについての陽気であることがこれほど少ないのがありましたか。それらを聴くだけでなく、私が落ち込んでました。

私が最初に1967私を残したが、変更の多くは本質的に陰性であったため、インドは劇的に変化したことは事実です。私を知っていたそこに誰がなかったので、私はもう私の母校を訪れるように感じませんでした。古い教授が死亡または退職し、我々のシステムで卒業生のようなものはありませんでしたしていました。大学院一度バッチの仲間が再び見つからないために決して良いためにキャンパスを残しました。

私は古いスリラームプルが率直な工学技術の偉業だった川に新しい橋だったが、それはそれを解決するよりもトラフィックに追加一度穏やかな街.Thereに、より多くのトラフィックと汚染をもたらした新開発の下で消失見ることができました。私が出席したDurgaPoojaは今プージャが本当にコミュニティの事件だった時の懐かしい思い出を持って商品化し、不足光沢の事件でした。私たちの全体の家族はその後参加しました。今、私は過去の唯一の幽霊を見ました。

私は戻って、フィリピンに取得するために憧れました。めったに私を見送っていないニーマルは駅に私を同行して主張したとき、私は驚きました。彼は悲しく、孤独に見えました。彼はそんなに私は先祖代々の家に滞在したかったが、これはあることがありませんでした。過去が消去されることはありませんでしたが、我々はそれと一緒に暮らすとに移動することを学びました。

それだけで昨日のようだが、非常に多くの年が行っているので、多くの変更が行われています。馬はもうありません。お父さんは長い時間前に死亡していました。今、姉妹は自分自身の興味にだけ見て、彼らに私と私に言うことは何もありませんでした。次の世代は、すでに孤高と離れて漂流しています。それはちょうど同じ、おそらく避けられないが、それでも残念です。

我々は彼が今教授だったヒサールに私たちの古い友人ラックスマンラルを訪問することを計画していたので、デリーでSurendraは私を待っていました。私は1日、我々はヒサールに運転した1975年以来、彼を見たことがなかったです。私たちはすべてを持っていたとしてラックスマンラルは高齢者だったが、彼は虚弱見て、原因で、彼はしばらく前に受けていた事故にリンプ。それでも、このような長い時間の後に彼を見て良かったと、私たちは早朝まで回想しました。私は二度と彼に会うのかは分かりません。

Surendraはまだ私たちの家にたまに来ます。彼は今、デリーに基づいており、もはやIRRIのために動作されていません。彼は、私たちが一緒に老いることができるように私たちの隣に美しい家を建設する計画です。
博士シンは今、彼が決済され、米国で引退しました。スブロトは現在、ベンガルの農業大学の副学長を退任しました。

博士・デ・ラ・クルスが死亡しました。私が聞いたSuranjeetはインドで死亡しました。ロバートSpringsteinはまた、米国の有名大学で農業経済学の教授として引退しました。

私の姉妹Devjaniとシャンティが死亡していると別のはそう癌を有します
彼女はあまりにも左限られた時間を持っています。活気に満ちた家族たら今これに減少したが、それが人生です。私たちは皆、この世界と1日ワニスに来ます。いくつかは、トレースを残して、他にはありません。次の世代は、日の出として確実にそれらを忘れて、あまりにも期待されていること。

スリラムピュールで研究所で私の同級生だったラメシュは現在デリーにとどまり、肥料会社から引退した後にコンサルタントとして働いています。 Susantoはまた、ベンガルの農業省で次官を退任しました。彼は数年ago.Thereはベンガルのブロックの開発担当者として、私が聞いた最後の時間を仕事に使用Abhitのないニュースではありません私たちの新しい家で私を訪問しました。

スリラムピュールの私のメンターと教授博士チョードリが死亡しました。
ベトナム時代やアルジェリアからの非常に少数の人々が私との接触を保つが、あまりにも期待されていること。私の年齢の人々は、彼らの70年代にあります

今。健康上の問題は、家族の絆が緩めをトリミングし、おそらく離婚も悪く、その結果ばらばら、子供たちはすべてのこれらの要因は、人々が少なく、社会的、内向のより作るなど育つと残すために起動したときにこれは時間です。私は文句はないのです。

私の人生は経験が豊富となっています。今、私はここで停止する必要があります。ジャスミンは、我々は静かなエリアに大きな家に住んでいる私の側であるので、私は幸せや生活に満足しています。それはこの年齢であるべきであるように私たちの生活は今、平和と興奮せずにです。

 スリランプル家の冒険

私の最後の章は、私が最後に書き、出版したものであるはずだったが、人生が進むにつれて、多くのことが起こるので、それらについても書きたいと思う。 Jayantiはオーストラリアシドニーに住んでいて、IT企業のシニアコンサルタントとして在住し、オーストラリアの多くの地域を訪れ、IT関連の講義を大企業やそのようなグループのCEOに提供していました。
彼女は今カンボジアで働いており、同国政府は社会的サービスを社会のより貧しい人々にもっとアクセスしやすくするためのプログラムを開発し、同様のプロジェクトのプログラムリーダーとしてアフリカで働いています。

私たちの息子は米国で働いており、フィラデルフィアに住んでいます。彼らには二人子供がいる。彼らは現在、米国の永住者であり、将来市民になることを意味しています。 Jayantiはすでにオーストラリアの市民であるため、私たちの家族はす​​べて異なる国籍を意味する異なるパスポートを持っています。

しかし、Sri Ram Pur章は近づいてしまったので、2010年に買い手が見つかり、先祖の家が売却され、Nirmalは妻と一緒にデリーに移転した。今私たちが育ち、何年にもわたって共存していた家は閉ざされて暗くなりました。新しいオーナーはまだそれをどうするべきかを決断していません。庭には雑草や蜘蛛の巣がいっぱいでなければならないが、それは家が閉じ込められたときに起こることである。私はどこにでもマウスの足跡が付いている空の部屋にほこりがいっぱいあると想像することができます。一度それは光と笑いと音楽でいっぱいの非常にまともな家でしたが、PaとMaは担当しましたが、それはずっと前です。

今では誰もそこに住みたいと思っていないので、家は売却されることが条件になっていました。私は、ニーマルが娘と孫の近くにいることをデリーに移さなければならないという考えを示唆しました。最終的には彼がしたことです。彼は今、とても満足しており、彼らにとっては正しい動きだと感じています。アンナプルナは家の中のラクナウに住み、ミーナットで使命と最年少の生活に寄付しました。私たちはフィリピンでここに恒久的な家を作りました。

ShantiとDevjaniはどちらも死んでしまったが、私はその家の売却からの収入の分をすべての姉妹とその子供たちに与えて、彼らが幸せになるようにした。
手紙は来なくなり、ニュースもなくなります.Nirmalや姉妹はコンピュータを持っておらず、入力方法もわからないので電子メールやSkypeは無用です。彼らは技術も恐れています。
私の妹の召しは毎年1回で、時にはいつ訪ねるのか聞いてくることがあります。私は知らないパットの答えがあります。真実は私が本当に知りません。

注:私のブログとバイオグラフィーは、フランス語、スペイン語、ドイツ語、日本語の各言語でも利用できます。

 

 

Saigo ni, hōmusuītohōmu: Firipin: 1994
Teiji shimasu watashi wa yoi no tame ni sūdan to FAO o nokoshite 1994-nen 4 tsuki ni Firipin ni modorimashita. Watashi wa ima, watashi wa kanzen ni watashi no taishoku o tanoshimu tame ni ito sa reta kono Ni~Tsu no tame ni nagai jikan o matte imashita. Shikashi, saisho ni wareware wa subete issho ni todomaru koto ga dekiru yō ni, watashitachi no yumenoya o kōchiku suru hitsuyō ga arimashita. Ashis wa ichinen’ijō daigaku no ryō ni ita to ima Jayanti wa 1994-nen jasumin no 6 tsuki wa, kanojo wa karera ga 3 tsuki chūjun ni yotte hajimattanode, watashitachi no ie o tateru koto ni naru chīmu o hakken shita kaishi kare ni sanka shimashita.
Kenchiku kyoka o ete, okane ga rōkaruakaunto ni utsushimashita. Watashi wa rōma kara tōchaku shita toki, watashi wa heya no reiauto ni honkaku-teki ni watashitachi no mirai no ie no dodai o hori rōdō-sha o hakken shimashita. Jasumin wa, jimoto no hitobito wa, wareware wa wazuka sū-kagetsu no tame no basho o hitsuyō to shi, ippō, ichinen-miman no tame ni karera no ie o kari sukide wa nakattanode, kanojo wa chintai jūtaku o mitsukeru koto ga dekinakatta to nobemashita.
Watashitachiha, watashitachi no ie wa 6-kagetsu no jikan de kanryō suru koto ga kitai shimashita. Shigoto wa daigaku no machi de tsudzuketanode, watashitachiha Naga ni modotte ikimashita. Jayanti wa ryō ni todomarimashita. Shikashi, tsuki no dareka no tsuki ni karera no ie wa, watashitachi wa sugu ni pakku sa reta sū-kagetsu no tame ni yachin no tame ni riyō kanōdeatta Naga de watashitachi no ie o rokku shi, Raguna ni idō shita koto o iu tame ni yoba remasu.
Ima, watashi wa kojin-teki ni kensetsu o kantoku dekimashita. Wareware wa subete no kenri o motte made, heya o haichi shi, sai haichi regosetto de saisei suru koto ni yori, watashi no mae no ie no kyūka-chū ni keikaku jibun jishin o sakutei shite imashita. Jasumin wa mata, ōku no teian o shimashita. Sore wa, 345 ijō no heihō no sutekina-kadearu kotodatta. 4 Beddorūmu, 2 basurūmu, 40 fīto no ribingurūmu, kitchin, sentaku-shitsu ni yotte kyodaina 20 fīto to mētoru.
Nagai 60 fīto to 8 fītodearu koto ga arimashita. Soto L, hirobiro to shita garēji no yōna katachi no hiroi beranda ga. Watashitachiha, 600 heihō mētorurotto no subete no ienomawari no shibafu ya heya no tame ni furonto de heya o demashita.-Ka zentai ga hitotsu no reberu nomi to heya o motte ita, basurūmu ni wa, tsūjō no rōkaru kijunde wa kyodaideshita. Watashi wa kono-ka o kōchiku suru tame ni shuppi o oshimanai koto ni shimashita. Jasumin to watashi wa sentakushi-zai, dairiseki, surēto ishi ya utsukushī chōkoku ga hodokosa reta nara no doa o sagashite imashita. Watashitachiha berandasupein akairo no tairu o meijimashita. Sore wa watashitachi no ie o kōchiku suru tame ni 2000 ijō no semento no baggu ya ton,-kō bō no ton o torimashita.
Subete no beddorūmu wa, yosekizaiku no yuka o motte itashi, gaibu no beranda no kabe to sotogawa no kinmaku wa, midori no surēto de narande imashita. Yane no iro wa Supein no akadatta Decrabond to yoba reru kōkana kinzoku tairu shisutemudeshita. Yōsuruni, no hokoridearu koto o iedeshita. Mado wa kasutamumeido hatchū sa reta yobun’na kyōryokuna guriru o motte imashita. Dakara, shigoto wa jinsoku ni shinkō shi, sugu ni ie ga katachi o tori hajimemashita. Jasumin to kodomo-tachi wa, shinkō jōkyō o kakunin suru tame ni zuiji kite,-ka wa 9 tsuki made ni kansei ni chikadzuita to shite kōfun shite imashita.
Ima, dairiseki no yuka ga kagami no yō ni kagayaite,-ka no naibu ga nura rete ita to erekutorikaru o sōchaku shimasu. Hitobito wa, beddorūmu to basurūmu no ōki-sa ni kyōtan shi, chikaku no daigaku no hanashi ni narimashita. Sonogo, 9 tsuki jasuminde wa to watashi wa modo~tsuNaga ni unten shi, hijō ni tsugunohi ni watashitachi no atarashī ie ni shukka sa reru subete no kagu ya hoka no mono no tame ni haichi sa remashita. Kyodaina torakku ga kite, rōdo sa reta subete no sentaku-zu nāga no ie wa futatabi rokku sa re, sore ga ato ni baikyaku sa reta 1-nichi made, shibarakunoaida sonoyōni nokorimashita.
Watashitachiha watashitachi no iedearu kotodatta kono chīsana machi ni, ima kara totemo yoi no tame Naga de oemashita. Sore wa sōdaina iedeshita. Tanjikan de jasumin wa, kagu ya kaden seihin o haichi shimashita. Wareware wa hijō ni kirei ni kizama reta heddobōdo to kyodaina beddo o kōnyū shite imashita. Ima Ashis to Jayanti wa sono ōkina puraibētorūmu o motte imashita. Sonogo, 9 tsuki no 8-nichi ni, watashitachiha watashitachi no atarashī ie wa megumarete imashita. Firipinde wa, sorera ga doko ni demo ie no shukufuku no shikiten ni shōtai sa renakattanode, mada soto no shiage ni torikunde ita subete no rōdō-sha to ishiku wa sono ōkina odoroki ni shōtai sa remashita.
Karera wa, karera ga shōtai sa reru ni ataisurunode, watashitachi no sutekina ie o tateru tame ni hijō ni kenmei ni hataraite itanode, shikashi, wareware ga yarimashita. Karera wa saigo no hidari 10 tsuki 15-nichi made 1-kagetsu no tame ni soto de dōsa suru yō ni tsudzukemashita. Kodomo-tachi wa, watashitachi ga issho ni sunde hitotsu no kazokudattanode, mōichido jibun no ryō kara idō shite imashita. Ima, watashitachiha shibafu no ue ni dasai no kusa o kaishi shi, niwa o umeru tame ni, hoka no kan’yōshokubutsu o sagashimashita.
Jayanti wa niwa de tasuke matawa kanojo jishin no sutairu de kanojonoheya o kazatte iru ma Ashis wa shibafu no Mainichi mizuyari. Watashi wa karera ni ryōhō no 18-soku jitensha o kattaga, karera wa chikaku no kyanpasu ni aruku koto ga konomashīdesu. Watashitachi wa junsui ni shiawasedattashi, subete no watashitachi no kako no nigai keiken o wasurete shimaimashita. Kono jiten de watashi wa wareware wa sudeni 600 heihō rinsetsu ōku o kōnyū shite ita kōkyū kuruma o kau koto ni shita. Mētoru o ima, wareware wa tochi no 1200 heihō mētoru no gōkei o motte imashita.
Jasumin wa, wareware wa pikkuappu wa, watashitachi no atarashī kuruma no tōchaku o omona garēji ni taizai shi, retile kanōsei ga tsugi no rotto-nai no betsu no garēji o kōchiku subekidearu to nobemashita. Manira no ōku no shōrūmu ni wa, ikutsu ka no hōmon no nochi ni wareware wa, 2-rittoru enjin to kawa-bari de Nissan arutima o kimemashita. Kore wa, rain Nissan no toppudeari, hijō ni kyōryokude hirobirodesu. Kore wa, pawāsutearingu, denki doa ya mado ya saidomirā, pawāantena-tō o yūshite ori, hontōni sōdaina mashindesu. Ima Ashis wa Nissan no kanzen’na jikan no shiyō wa, watashi ga izen ni kōnyū shite ita koto o pikkuappu shite imashita.
Watashitachi no ie no sairyō no bubun wa, subete no hōmon-sha ga itte i berandadearu koto ga hanmei shimashita. Watashitachi wa chikaku no semari kuru yama kara no suzushī kaze o suwatte tanoshimu koto ga dekiru basho sore wa hirobiro to shite iruga, watashitachi no ie wa hijō ni yoku kanki shi, yobun’na ōkina mado ni yoru shizen hikari ni michite imasu. Jasumin wa sugu ni shitsunai sōshoku o kanryō suru tame ni kāten o kōnyū shimashita. Mada IRRI de hataraite ita Surendra wa, hōmon suru koto wa shibashiba kimashita.
Kare wa ima, Indo de IRRI no autorīchi o shori shi, hoka no basho de sonoyōni taezu idō shita to nobemashita. Watashitachiha, suzushī kaze o ajiwau watashitachi no beranda ni suwatte, kōri tsumetai bīru o nomi mukashi ni tsuite hanashimashita. Kore wa, watashitachi ga yumemite itaga, ima jasumin no tasuke o karite, sore ga genjitsudatta jinseidesu. Ongaku wa sutereo de shizuka ni ensō shi, watashi wa jasumin wa manzoku. Kids de kagayaite ita ni mo manzoku shite ita koto o miru koto ga dekimashita. Ko no yō ni toshi ga keika shimasu. Watashi wa genzai, Beikoku ni teijū shi, watashi wa Zanbia ya Jinbabue ni ikitakattaga, watashi wa, watashi wa. He wa odoroita ga, nani mo iwanakatta intaishita to nobeta Dr. Singh ni yotte sesshoku sa semashita.
Sonogo, ikutsu ka no ta no hitobito wa watashi ga Madagasukaru ni ikitakattaga, watashi wa onaji koto o iimashita. Watashi wa mō dokoni mo imasendeshita. Sorekara, ima appu o seichō sa seta 1-nichi watashitachi no sutekina kodomo-tachi ga daigaku o sotsugyō shimashita. Ashis wa, nō -gyō keizai-gaku no gakushi o motte, Jayanti wa kaihatsu komyunikēshon no gakui o shutoku shi sotsugyō shimashita. Ashis wa sugu ni nōgyō keizai-gaku no daigakuin puroguramu o kaishi shi, Jayanti wa kyanpasu de shigoto o emashita. Kanojo wa daigaku no bi no joō to shite sentaku sa re, man-peso-shō to kanmuri o kakutoku shite imashita.
Kanojo wa subete no bodi de hijō ni ninki ga arimashita. Ashis wa shizukana taipudesuga, kare wa kare no Masteral puroguramu o shiageta tokoro, kare wa amarini mo kare no bumon de ninki to narimashita. Kare wa 2inchi senotakai 6 fīto o koete imashita. Kare wa sonogo, daigaku no samazamana purojekuto de sagyō o kaishi shi, yaku 2-nenkan no tame ni sō shimashitaga, 2004-nen ni kare wa nōgyō keizai-gaku no daigakuinsei to shite, Beikokude wa 2 toppu no daigaku ni ukeire rareta koto o happyō shimashita. Kare wa shōgakkin ni shiji shi, saishūtekini nōgyō keizai-gaku no daini no shūshi-gō o shutoku suru koto o kimeta Penshirubenia daigaku o erabimashita.
Mamonaku sotsugyō-go, kare wa, Aidaho-shū no sōdasupuringusu no kenshūsei to shite, kare ga kaisha ni yotte Sentoruisu, mizūri-shūde wa yoi shigoto o teikyō sa reta kenshūsei to shite 6-kagetsu soko ni sugoshita nochi, monsanto-sha ni yotte ukeire raremashita. PennState de iru ma, kare wa kare ga kekkon suru koto o kimeta utsukushī shōjo ni aimashita. Kekkon wa yoku shusseki shita 9 tsuki 16-nichi, 2007-nen ni Sentoruisu de kaisai sa remashita. Hoka no ōku no ma Jayanti to jasumin wa shiawasena kikai no tame ni sonzai shite imashita.
Jayanti wa shibarakunoaida, kyanpasu-nai de hataraita nochi, kanojo wa shūshi no gakui ni tsunagaru 2-nenkan no karera no jōhō gijutsu kōsu ni Kyanbera daigaku ni ukeire rareta ōsutoraria ni iku koto ni shimashita. Kanojo wa aitīkonsarutanto to bijinesu anarisuto to shite, yori yarigai no aru shigoto o mitsukeru made kanojo wa sū-nen no tame ni hataraita ōsutoraria seifu ni yori yoi shigoto o atae rareta 1-nichi made kanojo no sotsugyō-go, kanojo wa samazamana basho de shigoto o hajimemashita.
Karera wa mata, kanojo ni shimin-ken o ataemashita. Jayanti wa, shidonī no kokusai kigyō to, yori yarigai no aru omoshiroi shigoto ni utsu~tsu, ōsutoraria zentai de kōhan’i ni idō shi, kanojo no IT no shigoto no tame ni ōku no shō to shōsan o kakutoku shita, saikin soko ni shuppan sa reta hon de, ōsutoraria ni okeru IT no toppu 25-ri no josei ni fukuma rete imashita. Kanojo wa, IT no senmonka to shite, ima Kanbojia de hataraite irushi, saikinde wa Zanbia de no sagyō no 1-kagetsu o okonatte imasu. Ashis wa mata, nyūjājī-shū no kokusai kigyō no tame ni hataraki, kare no ie Firaderufia o yobidashimasu.
Kare no 2-ri no kodomo ga kyūsoku ni seichō shite imasu. Watashi wa Indo o miru tame ni watashi no kodomo o nozonde itanode, wareware wa subete no agura, jaipūru, derī o hōmon suru tame ni itte, sore ikō no oka ni nainitāru, arumora to ranikēto ni noborimashita. Watashitachiha, 4 tsuki ni yuki no furu hyōkō. 17000 Fīto de kedārubadorīnāto tera ni tōtatsu suru tame ni uma ni notte kyūna Himaraya no shamen o nobotto nainitāru mizūmi de īkagen ni bōto o koi. Watashitachiha, jaipūru o mite, toride chikaku no.
Karera wa zō ni notta to hebi charmers, sarani wa dansukuma o mimashita. Derīde wa, mahatoma ganjī nado no kinen o mi ni Rajghat ni iki, kuto~ubumināru ni kyōtan, daitōryō kyūden ya gikai no tatemono wa sonogo, bahai jiin de sekisai, ōku no sono yōna basho sentaku-zu rōtasu jiin ga mite kachigāru hōmon shimashita derīinchitājimaharu, āgura jōsai, Sikandara, agura chikaku fatēpuru shīkurī no dainashi ni hōki sa reta toshi no akubaru no reibyō wa, sheikusarimu Chisti no reibyō wa, wareware ga mitanode, ōku no basho ga arimashita. 1996-Nen ni Indo e no ryokō-chū ni, watashitachiha, rakunau de ie o kōnyū suru koto o kettei shi, ronbun o kansei shite imashita.
Watashitachi wa ima, rakunau no uchi sukāto ni keikaku sa reta toshi de no sutekina bangarō o motte imashita. An’napuruna wa ima, chikaku no machi de kanojo no shidō no shigoto kara intaishita-go ni sunde iru tokorodesu. Kanojo wa surirāmupuru no ie ni sunde shinai koto o sentaku shimashita. Mata, watashi wa Indo ni futatabi notte baiku o tanoshimu koto ga dekiru yō ni watashitachi no atarashī ie ni hokan kyodaina 350 cc no roiyaruenfīrudo no baiku o kaimashita. Shikashi, koreha kazoku zen’in ga ikutsu ka no basho o iku to, watashitachi no yō ni saigo no jikandeshita. Kodomo-tachi wa ima, ōsutoraria, Beikoku ni sunde jibun no seikatsu o motte imashita. Watashi wa mijikai jikan no tame ni 1997-nen ni Indo ni futatabi itte, kaesa
An’napuruna to. Kore wa kanojo no dai san, Firipin e no saigo no hōmondearu kotodeshita. Kanojo wa hontōni watashitachi no atarashī ie ga sukide, supēsu ya midori o tanoshimimashita. Wareware wa ikutsu ka no kankō-chi ya furawāshō ni kanojo o motarashimashita. Sushmita wa okāsan ga shinda to iu koto wa 1-nichi yobidasa reta toki ni kanashī nyūsu ga 2001-nen ni kimashita. Kore wa 3 tsukidatta hi wa 8-nichideshita. Nīmaru wa sōgi ga 10-nichi-go ni kaisai sa rerudatta koto o watashi ni ittanode, watashi wa suriramupyūru to yoba remasu.
Watashi wa, okāsan no saigo no gishiki ni shusseki suru suriramupyūru ni tabi shimashita. Kanojo wa sutekina okāsandattaga, ima, kanojo wa kiete imashita. Karera wa kanojo ga shinzō hossa o okoshi, totsuzen. She wa 92datta yūkō kigen ga kirete iru koto o nobemashita. Kanojo wa nagai jinsei o ikite imashita. , Hindo~ū kyō no dentō wa,-tai ga shi no ato, sugu ni kasō sa renakereba naranai to iuga, musuko wa mochiron’node vu~ēda no gishiki ni shisai no shidō o jibun no atama o sorushi, shusseki shinakereba naranai toki, karera wa, 10-nichi-go ni sōgi o kaisai shimasu watashi wa hitsuyō to sa reta koto subete o okonattashi, nīmaru ni ikutsu ka no okane o ataemashita.
Karera wa watashi no atama o sori, watashi wa ikutsu ka no gishiki no gishiki o okonau tame ni gangā ni ittekimashita. 14 Baramon ga kyōkyū sa re, ataerareta tamamono o hitsuyō to shita to shitede wa naku, saishūtekini sore wa owatta to watashi wa sugu ni Firipin ni modoshimashita. Kanashī bubun wa, kanojo ga hahaoya no saigo no gishiki ni shusseki shinakattanode, ima An’napuruna to suriramupyūru no hitobito ga mattaku nakayokunakatta to iu kotodeshita. Kanojo wa, rakunau de shisai no tasuke o karite, subete no pūja o shimashita.
Sushmita mo suriramupyūru ni kite, mērato de gishiki o okonatte imasendeshita. Watashitachiha, saiai no haha no shi no ato, mohaya keiteishimai no kazoku to kon’nani hayaku arimasendeshita. Sore wa shōgeki-tekina bubundeshita. Devjani ga kite, sono okāsan wa kanojo ga okane o nokori no kanojo to pārubati o nokoshite ita shitte odorokimashita. Haha wa chikyū-jō no kanojo no saigo no shunkan made dare mo kangae. Kono ryokō wa,-ka, kare wa watashinochichi wa.
IT wa hijō ni kōhaishita tsudzukete itaga, watashi wa sore ga ima honkaku-teki ni hon’yaku o fukusha shi, hajimete ita kazoku no rekishi o kakitomete oita watashi no sofu no tegaki no nikki o motte kita toki ni watashi ga motte imashita. Watashi wa ima, tensha shita mama to 1-nichi to shite ita no kaiwa kara totte ita nōto ni wa, watashi wa ryōsoku no kakei fukumareru bunsho o kansei sa semashita. Kore wa, orijinaru yori mo yori kanzen’na bunshodeshita.
Watashi wa mata, Igirisu wa genzai, Pakisutan no ichibudearu wajirisutan de no kare no sābisu no tame ni kare o ataeta koto wa, mattaku gūzen ni watashinochichi no ginmedaru o hakken shimashita. Kono medaru wa, sore ni kizama watashinochichi no na de Rondon ni chūzō shi, dai go, soreni kingujōji no basuto o motte irunode, watashi wa kare ga Suriranka de ensō shite ita sono itazura no ma ni 7-ri no shimai kara uketa to medaru o mekki shi,-betsu no kin to issho ni sore o ie ni motte ko raremashita ramupyūru sukoshi mae.
Watashi wa mata, kare no pākāpen o mitsukemashita. Watashi wa Firipin ni korera no koto o motte kite, watashitachi no ribingurūmu de kare no shashin to sorera ni sotte waku. Watashi wa kanojo ga wazuka 11-sai no toki ni hahaoya no furui shashin o motte kite, amarini mo kanojo no saishin shashin to issho ni sore o gakusō. Watashi wa soko ni ōku no basho o hōmon suru minamiindo ni jasumin o motarashita toki ni Indo e no watashitachi no saigo no ryokō wa, 2003-nen ni arimashita.
Watashitachiha junrei no tame Adya Peeth kārī jiin o hōmon shi, watashinochichi, haha no namae de dairiseki no ita o kotei suru tame ni sorera ni ikutsu ka no okane o shiharai, kamaru wa sore ni hori dokoni wareware wa, korukata ni jōriku shimashita. Kono Surabu wa genzai, karera no kioku ni eien ni sonzai suru koto ni narimasu. Sorera no 2 ga attanode, watashi wa izen ni, kono yōna Surabu o shūsei suru tame ni sorera o motomete imashita. Soshite, watashitachi wa 14-kakan, minamiindo no gaido-tsuki tsuā o yoyaku shi chen’nai ni ressha o torimashita.
Watashitachiha, hebi no nōjō, shika kōen, tiruvu~arruvu~aru kinen, hakubutsukan, suizokukan, marīna to yoba reru yūmeina bīchi to dōyō ni chen’nai ni ōku no saito o hōmon shimashita. Wareware wa Jayanti to jasumin no tame ni hijō ni subarashī shiruku no sarī o kōnyū shi, yūmeina jiin ya shiruku ichiba o hōmon shimashita. Watashitachi wa soko ni mo Ashis no tame ni kōkana shatsu o kaimashita.
Sonogo, wareware wa kodaikanaru no oka e no basu ryokō o shimashita. Minamiindo no gaidotsuā wa, 10 tsuki 1-nichi ni hajimari, Hoshur, bangarōru, maisōru ichi, tipusurutan to kare no toride, burindabangāden, ūtakamundo no oka no kyūden ni tsureteitte kuremashita, Madhumalai gēmurizābu, kērara-shū Guruvayur no jiin, kō chin, Alleppy, kan’niyākumari, soko vu~ivu~ēkānanda to tiruvu~arruvu~aru no jinja no suiro, rāmēshuwaramu, mado~urai, tanjavuru, mahābari no puram, Aurobindo no pondisheri no ashuramu, kānchipuramu kinuorimono sentā, Andora puradeshu-shū de tirupati jiin to, yori ōku no jiin so no yōna basho. Jasumin wa, yūmeina shinseina hinzū kyō no jiin o hōmon shi, sorera no sorezore de pūja to okane o teikyō shimashita.
Saishi wa shinjin fuka-sa no shōchō to shite kanojo no gaku ni shuiro no kona o iremashita. Kanojo wa, wareware wa kerara-shū no fūkō meibina suiro o kayotte bōto ni notte, kanzen ni kin no purēto de ōwa reta dōmu o motte ita jiin o hōmon suru kēburukā de oka no chōjō ni nobotta tanjavuruzou ya hoka no basho ni megumaremashita. Tirupati e no ryokō wa, sore jitai ga subarashīdatta to watashi wa jasumin wa Indo bunka no yutaka-sa to nanbu no utsukushi-sa o tanoshinda to omoimasu.
Watashitachiha, sonogo, sekandorabādo o hōmon shi, itchūya hoka no ōku no saito no naka de yūmeina Golkunda toride, birura jiin ya dōbu~tsuen o mite, watashitachiha ajanta no sekkutsu jiin o otozure ōrangabādo to erōra jiin, bibika Makbara, Aurangjeb no haka ni susun Shahjehan to Indo no kōtei no musukodeshita. Kare wa ōpun de haka o mamoru kizama reta dairiseki no gamen de dojō no kantan’na haka ni maisō sa remashita. Hitotsu wa, ajanta to erōra sekkutsu ni tsuite no boryūmu o kaku koto ga dekimasuga, kore wa sore-yō ni watashi wa sore o sukippu shimasu tame no bashode wa arimasen.
Kore wa, basu ya densha de ōku no shū ya sū sen-kiro o kabā suru tetteitekina tabideshitaga, saishūtekini wareware wa suriramupyūru ni tōchaku shi, tsuitachi no nochi ni An’napuruna o hōmon suru rakunau ni ikimashita. Sore wa Burunei o keiyu shite modokkorukata to Manira ni arimashita. Watashi wa ima, CD ni yakitsuke kore to hoka no ryokō-chū ni ōku no shashin o tori, kodomo-tachi no kopī sorezore o ataemashita. Kodomo-tachi wa jibun no kopī o motsu koto ga dekiru yō ni, watashi wa shashin o CD ni shashin ya suraido no sū sen-ri o mawashimashita. Watashi wa naganen no mondai o kaiketsu suru tame ni 2006-nen 9 tsuki ni Indo e no 1 ijō no ryokō o shinakereba narimasendeshita.
Kore wa watashi ga yatte shimatta monodesunode, watashi wa, rāmakurishuna misshon ni rakunau ni watashinoie o kifu suru koto o kimete imashita. An’napuruna wa misshon ni yotte soko ni taizai sa setaga, watashi wa kanojo ga subete de watashi no kangae o sukide wa nakatta koto o iu koto ga dekimasu. SriRampur e no watashi no mijikai hōmon wa futatabi futatabi nīmaru o sanshō shi, Firipin de watashitachi o hōmon suru kare o settoku suru kotodeshita.
Shikashi, korehadearu koto wa nakattadesu. Watashi wa kare no tsuma wa kangae o sapōto shite inakatta koto wa rikai suruga, watashi wa tonikaku tameshite mite imashita. Kare wa furuito kyojaku mite, kare wa kaidan o noboru tame, matawa dōki no hageshī nani mo dekinakatta koto o oshiete kuremashita. Kare no ryōri wa kibishiku narimashi seigen sa rete ita, kare wa dochira ka, kare no rozariobīzu ya inori no gishiki to kare no hotondo no jikan o tsuiyashi, sezoku-tekina mondai ni subete no kyōmi o ushinatte ita ka, soreha watashiniha omoemashita.
Kare wa rāmakurishuna misshon ya senzo daidai no ie no shūnyū no watashi no shea wa jizen ninmu ni kifu sa rerubekidearu to iu no ga watashi no negai ni okurimono no watashi no kōi ni tsuite no komento ga nasa rete imasen. Watashi wa watashi no furui chijin no ikutsu ka o mitaga, sorera wa subete, sore ga Indo ni sunde ita ikani muzukashī ka ni tsuite griped, shakai wa, fun’iki o osen suru hōhō dare mo dare mo kinishinai hōhō o dono yō ni hason shite iru ka ni tsuite no yōkidearu koto ga kore hodo sukunai no ga arimashita ka. Sorera o kiku dakedenaku, watashi ga ochikondemashita.
Watashi ga saisho ni 1967 watashi o nokoshitaga, henkō no ōku wa honshitsu-teki ni inseideatta tame, Indo wa gekiteki ni henka shita koto wa jijitsudesu. Watashi o shitteita soko ni dare ga nakattanode, watashi wa mō watashi no bokō o otozureru yō ni kanjimasendeshita. Furui kyōju ga shibō matawa taishoku shi, wareware no shisutemu de sotsugyōsei no yōna mono wa arimasendeshita shite imashita. Daigakuin ichido batchi no nakama ga futatabi mitsukaranai tame ni kesshite yoi tame ni kyanpasu o nokoshimashita.
Watashi wa furui surirāmupuru ga sotchokuna kōgaku gijutsu no igyōdatta kawa ni atarashī hashidattaga, sore wa sore o kaiketsu suru yori mo torafikku ni tsuika ichido odayakana machi. Zea ni, yori ōku no torafikku to osen o motarashita Shinkaihotsu no shita de shōshitsu miru koto ga dekimashita. Watashi ga shusseki shita DurgaPooja wa ima pūja ga hontōni komyuniti no jikendatta toki no natsukashī omoide o motte shōhin-ka shi, fusoku kōtaku no jikendeshita.
Watashitachi no zentai no kazoku wa sonogo sanka shimashita. Ima, watashi wa kako no yuiitsu no yūrei o mimashita. Watashi wa modotte, Firipin ni shutoku suru tame ni akogaremashita. Mettani watashi o miokutte inai nīmaru wa eki ni watashi o dōkō shite shuchō shita toki, watashi wa odorokimashita. Kare wa kanashiku, kodoku ni miemashita. Kare wa son’nani watashi wa senzo daidai no ie ni taizai shitakattaga, kore wa aru koto ga arimasendeshita.
Kako ga shōkyo sa reru koto wa arimasendeshitaga, wareware wa sore to issho ni kurasu to ni idō suru koto o manabimashita. Sore dake de kinō no yōdaga, hijō ni ōku no toshi ga okonatte irunode, ōku no henkō ga okonawa rete imasu. Uma wa mō arimasen. Otōsan wa nagai jikan mae ni shibō shite imashita. Ima, shimai wa jibunjishin’no kyōmi ni dake mite, karera ni watashi to watashi ni iu koto wa nani mo arimasendeshita. Tsugi no sedai wa, sudeni kokō to hanarete hyōryū shite imasu. Sore wa chōdo onaji, osoraku sakerarenai ga, soredemo zan’nendesu.
Wareware wa kare ga ima kyōjudatta hisāru ni watashitachi no furui yūjin rakkusumanraru o hōmon suru koto o keikaku shite itanode, derī de Surendra wa watashi o matte imashita. Watashi wa 1-nichi, wareware wa hisāru ni unten shita 1975-nen irai, kare o mita koto ga nakattadesu. Watashitachiha subete o motte ita to shite rakkusumanraru wa kōrei-shadattaga, kare wa kyojaku mite, gen’in de, kare wa shibaraku mae ni ukete ita jiko ni rinpu. Soredemo, kono yōna nagai jikan no nochi ni kare o mite yokatta to, watashitachi wa sōchō made kaisō shimashita.
Watashi wa nidoto kare ni au no ka wa wakarimasen. Surendra wa mada watashitachi no ie ni tamani kimasu. Kare wa ima, derī ni motodzuite ori, mohaya IRRI no tame ni dōsa sa rete imasen. Kare wa, watashitachi ga issho ni oiru koto ga dekiru yō ni watashitachi no tonari ni utsukushī ie o kensetsu suru keikakudesu. Hakase Shin wa ima, kare ga kessai sa re, Beikoku de intai shimashita. Suburoto wa genzai, Bengaru no nōgyō daigaku no fuku gakuchō o tainin shimashita.
Hakase de ra kurusu ga shibō shimashita. Watashi ga kiita Suranjeet wa Indo de shibō shimashita. Robāto Springstein wa mata, Beikoku no yūmei daigaku de nōgyō keizai-gaku no kyōju to shite intai shimashita. Watashi no shimai Devjani to shanti ga shibō shite iru to betsu no wa sō gan o yūshimasu kanojo wa amarini mo hidari kagira reta jikan o motte imasu. Kakki ni michita kazokutara ima kore ni genshō shitaga, sore ga jinseidesu. Watashitachi wa mina, kono sekai to 1-nichi wanisu ni kimasu.
Ikutsu ka wa, torēsu o nokoshite, hoka ni wa arimasen. Tsugi no sedai wa, hinode to shite kakujitsu ni sorera o wasurete, amarini mo kitai sa rete iru koto. Suriramupyūru de kenkyūjo de watashi no dōkyūseidatta rameshu wa genzai derī ni todomari, hiryō kaisha kara intaishita-go ni konsarutanto to shite hataraite imasu. Susanto wa mata, Bengaru no nōgyō-shō de jikan o tainin shimashita. Kare wa sū-nen ago. Zea wa Bengaru no burokku no kaihatsu tantōsha to shite, watashi ga kiita saigo no jikan o shigoto ni shiyō Abhit no nai nyūsude wa arimasen watashitachi no atarashī ie de watashi o hōmon shimashita. Suriramupyūru no watashi no mentā to kyōju hakase chōdori ga shibō shimashita. Betonamu jidai ya Arujeria kara no hijō ni shōsū no hitobito ga watashi to no sesshoku o tamotsu ga, amarini mo kitai sa rete iru koto. Watashi no nenrei no hitobito wa, karera no 70-nendai ni arimasu

Ima. Kenkōjō no mondai wa, kazoku no kizuna ga yurume o torimingu shi, osoraku rikon mo waruku, sono Yuka barabara, kodomo-tachi wa subete no korera no yōin wa, hitobito ga sukunaku, shakai-teki, naikō no yori tsukuru nado sodatsu to nokosu tame ni kidō shita toki ni koreha jikandesu. Watashi wa monku wa nai nodesu. Watashinojinsei wa keiken ga hōfu to natte imasu. Ima, watashi wa koko de teishi suru hitsuyō ga arimasu. Jasumin wa, wareware wa shizukana eria ni ōkina ie ni sunde iru watashi no gawadearunode, watashi wa shiawase ya seikatsu ni manzoku shite imasu. Sore wa kono nenreidearubekidearu yō ni watashitachi no seikatsu wa ima, heiwa to kōfun sezu nidesu.

Suriranpuru-ka no bōken watashi no saigo no shō wa, watashi ga saigo ni kaki, shuppan shita monodearu hazudattaga, jinsei ga susumu ni tsurete, ōku no koto ga okorunode, sorera ni tsuite mo kakitai to omou. Jayanti wa ōsutorariashidonī ni sunde ite, IT kigyō no shiniakonsarutanto to shite zaijū shi, ōsutoraria no ōku no chiiki o otozure, IT kanren no kōgi o dai kigyō ya sono yōna gurūpu no CEO ni teikyō shite imashita. Kanojo wa ima Kanbojia de hataraite ori, dōkoku seifu wa shakai-teki sābisu o shakai no yori mazushī hitobito ni motto akusesu shi yasuku suru tame no puroguramu o kaihatsu shi, dōyō no purojekuto no puroguramurīdā to shite Afurika de hataraite imasu.

Watashitachi no musuko wa Beikoku de hataraite ori, firaderufia ni sunde imasu. Karera ni wa futari kodomo ga iru. Karera wa genzai, Beikoku no eijū-shadeari, shōrai shimin ni naru koto o imi shite imasu. Jayanti wa sudeni ōsutoraria no shimindearu tame, watashitachi no kazoku wa su ​​ bete kotonaru kokuseki o imi suru kotonaru pasupōto o motte imasu. Shikashi, Sri Ram Pur shō wa chikadzuite shimattanode, 2010-nen ni kaite ga mitsukari, senzo no ie ga baikyaku sa re, Nirmal wa tsuma to issho ni derī ni iten shita. Ima watashitachi ga sodachi, nan’nen ni mo watatte kyōzon shite ita ie wa tozasa rete kuraku narimashita.

Atarashī ōnā wa mada sore o dō surubeki ka o ketsudan shite imasen. Niwa ni wa zassō ya kumo no su ga ippaidenakereba naranaiga, soreha-ka ga tojikome rareta toki ni okoru kotodearu. Watashi wa doko ni demo mausu no ashiato ga tsuite iru sora no heya ni hokori ga ippai aru to sōzō suru koto ga dekimasu. Ichido sore wa hikari to warai to ongaku de ippai no hijō ni matomona iedeshitaga, Pa to Ma wa tantō shimashitaga, sore wa zutto maedesu. Ima dewa dare mo soko ni sumitai to omotte inainode,-ka wa baikyaku sa reru koto ga jōken ni natte imashita.

Watashi wa, nīmaru ga musume to mago no chikaku ni iru koto o derī ni utsusanakereba naranai to iu kangae o shisa shimashita. Saishūtekini wa kare ga shita kotodesu. Kare wa ima, totemo manzoku shite ori, karera ni totte wa tadashī ugokida to kanjite imasu. An’napuruna wa uchinonaka no rakunau ni sumi, mīnatto de shimei to sainenshō no seikatsu ni kifu shimashita. Watashitachi wa Firipin de koko ni kōkyū-tekina ie o tsukurimashita. Shanti to Devjani wa dochira mo shinde shimattaga, watashi wa sono-ka no baikyaku kara no shūnyū no bun o subete no shimai to sono kodomo-tachi ni ataete, karera ga shiawase ni naru yō ni shita.

Tegami wa konaku nari, nyūsu mo nakunarimasu. Nirmal ya shimai wa konpyūta o motte orazu, nyūryoku hōhō mo wakaranainode denshi mēru ya sukaipu wa muyōdesu. Karera wa gijutsu mo osorete imasu. Watashi no imōto no meshi wa maitoshi 1-kai de, tokiniha itsu tazuneru no ka kiite kuru koto ga arimasu. Watashi wa shiranai patto no kotae ga arimasu. Shinjitsu wa watashi ga hontōni shirimasen.

 

Chū: Watashinoburogu to baiogurafī wa, furansugo, Supeingo, doitsugo, nihongo no kaku gengo demo riyō dekimasu.

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

 

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Subscribe

 

 

Chapter thirteen : Land of Mahdi-Sudan – 1992-94(in Japanese)

1994から1992:Mahdi-スーダン、アフリカの土地

私は頻繁に海外で仕事をやめると考えると良いのためにフィリピンに戻っていました。これ以上私にアピールしていなかっただけでは海外に住んでいます。子供たちが育ったとジャスミンだけでは、それらを処理していました。私はまた、我々はナガでとても素敵な家はすべてのために支払っていたと溶媒としたお金を必要としませんでした。ジャスミンは贅沢ではありませんでしたし、私はアフリカでKaruziのような場所に滞在するために必要はありませんでしたので、私たちは、シンプルでありながら快適な生活を送っていました。

アフリカの問題は、彼らが開発のパートナーとして農家の考えを共有していなかったので、.IはISABUでブルンジの人々は非常に非協力的な発見自分で解決しなければなりませんでした。これは、メンターは彼らに貧しい農民での作業の概念と調和していませんでした値を教えベルギー人だったトップヘビー.ITはここにことを除いてちょうどマリのようであった彼らの教育と訓練でした。彼らはフツ族の農民との共感を持っていたツチ族だったその知識と呼ばれることができれば。

彼らは私が農民の問題を解決するために、適切な技術のためにプッシュされていることに憤慨しました。私は手を設計するとき、実際にIRRIの設計に基づいていた粒をきれいにするために穀物の送風機を操作し、彼らが私を笑って、私は後方つもりだったと述べました。彼らのために前方に移動するための方法は、原始的な手操作ツールを構築ベルギーから高価な機械をインポートしていないことでした。

これらの人々は何も浸透していない可能性があり、閉じた心を持っていました。私はブルンジで農家を愛しました。彼らは彼らの収量を増加させたが、ブルンジ研究者が他のアイデアを持っていた新しいブロワーや作物の品種と興奮していた単純な人たちでした。それはちょうどマリのようなものでした。このプロジェクトは、私は良いと非常に生産的な仕事をたくさんやったので、私の仕事をしている中で私に完全な自治権を与えました。アメリカ人は幸せだったとKaruziで裁判を見に来ました。

しかし、文字通り、私は十分にありました。私はすべてに約何であったかの農業システムを理解することができませんでしたBurundiansを扱うのに疲れていました。私は彼らの協力を求めただけで北朝鮮が興味を持っていました。彼らと私のリンクも失われたようISABUディレクターが交通事故で死亡しました。そして、プロジェクト内のフランス人はあまりにも上に滞在し、この孤独な戦いを戦うために私をお勧めするように私について嘘を広め始めました。

だから私は喜んブルンジを残しました。私は彼らから聞いたことがなかったので、私はFAOがやろうとしていたものを知りませんでした.Iは、この時点でどこでも作業にあまりにも熱心ではなかったし、フィリピンに戻って私の愛する家族へ行くことを望んだが、私はでストップをしなければなりませんでした再びスリラムピュール。

彼らは彼女の結婚に出席するために私を望んでいたので、ニーマルの娘が結婚しました。私はそこに、ほぼ2ヶ月を費やし、その後フィリピンに彼女をもたらすためにアンナプルナをピックアップしなければなりませんでした。彼女は彼女の人生で初めての海外旅行やフィリピンを訪問する熱望していました。

私は自分自身を繰り返すことはしませんので、私はスリラムピュールの人について十分な書かれています。カスタムだったと彼はすでに、彼は熱心に私を示したことが金の宝石類などを購入していたように私は仲人を介して選択されていた彼の唯一の娘【選択新郎の結婚の準備を非常に忙しいニーマルを見つけました。市長は周りが難しい行く作られた夜間外出禁止令を課していたので、スリラムピュール内のいくつかの共同の緊張がありました。しかし、どういうわけかの製剤は、先に行って、招待状のカードが印刷されました。

ニーマルはスポンサーとしてカードに自分の名前が含まれていたが、私はSabitaがそれを望んでいなかったので、最終的な印刷に私の名が省略されたことに気づきました。彼女はまた、彼らはより良いものを買う余裕ができたと言って彼女の娘へのソニーラジオ/テープレコーダーの私の贈り物を拒否しました。私はニーマルに彼が安全に離れて置くためにしばらく放置し、コーヒーテーブルの上にまたはどこか他のあちこちでそれを残していることを彼の娘のためにドルにチェックを与えていました。

私は誰かに与えるために1招待カードを求められたら、ニーマルは、結婚はそれを明確に私のゲストは彼にとって重要ではなかったことを行うの前日までと同様のことを無視しました。 Sabitaがそれをしたくなかったので、ラジオの私の贈り物は後でパールバティに渡されました。彼らは静かにすべてのものを我慢.Iあらゆる点で私を屈辱に曲がっていたかのように。

私はもう誰にも知らなかったので、私はここに見知らぬ人だったので、本当に何で彼を助けることができませんでした。私は、私は残すことができることを終了するために私の滞在を辛抱強く待っていたが、その家の中で一週間は非常に長いだけでは2ヶ月ましょうように見えました。アンナプルナは、常に私の沈黙にくどくどによって、それが任意の容易になり、私は誰にも話をする方法を知りませんでした非常に退屈な人だったと述べませんでした。私が出て行くか誰にも話をしませんでした。

私はニーマルや他の人と一緒にそれらを受け取るために駅に行ってきましたので、最後に結婚新郎のパーティーの日は列車でデリーから到着しました。ゲストはので、私はいくつかのタクシーを雇うことを示唆したが、私はこの努力に支配を超えていた待っている間バスの運転手がどこにも見つけることができないという問題がありました。彼らは彼のために彼らの合図をしたので、ニーマルの友人は私に任意の重要性を与えていません。とにかくドライバーは後に位置していたし、ゲストはホテルに提出しますが、ここであまりにも問題がありました。

ゲストが到着する前に担当者がすべてをきれいにするために失敗していたので、ホテルの部屋とバスルームは汚れていました。再び私は助けることを試みたが、私の助けは無視されました。その後夕方に彼らはすべての家に到着したが、それはニーマルがホストと女の子の父親であることのために非常に恥ずかしかったので、女の子の選択図受信委員会は、口紅やマスカラで忙しかったそれらを受け取るために誰もいませんでした。

私はこれらすべてのドラマにちょうどサイレント証人でした。招待の受信は、給食は食品やコーヒーを用意し、自分自身を助けるためにゲストのためのテーブル上に置く10トンの下に歩道に家の外で開催されました。これは新しい傾向でした。ゴーンは、ゲストに料理を提供し、食べるためにそれらを促すの伝統でした。今、人々は、彼らが望んでいたとすぐに一度家に入ると、新郎新婦またはいずれかを見ずに残っ何選ぶことによって食べに来ました。多くは、私がそのように注意を払わなかった人を知りませんでした。ニーマルは、家の中の式典で忙しかったです。

私の母も無視されました。彼女は古く、どのような方法で人を助けることができなかったが、彼女はまだこの大きな家の所有者だったと花嫁の祖母であるいくつかの点と注目に値するが、Sabitaは彼女が死ぬにしてもあまりにも忙しいと言いました。女の子はVHS映画に沿って、新郎新婦.Iと次々これも新しい伝統だったと言われた演奏全体の夜まで滞在しました。彼らはまた、その価値を評価するために、それぞれ、すべての贈り物を点検し、誰が何を与えました。これが来て数日から数週間でゴシップのための彼らの対象であることでした。

私は私が見たすべてのことで、非常に悩まされました。今、私たちは別の受信が予定されていたデリーのために残していました。あまりにもそれは同じ話がありました。給食は、彼らが望んだとして招待を取るためにテーブルの上に食べ物を残しました。誰が私に注意を払っていないので、私はそこに誰も知りませんでした。しかし、私はそれが最終的に終わったことを幸せだったと私たちはフィリピンのために残すことができます。

だから、1晴れた朝、私たちはマニラにし、そこからバスでナーガに飛びました。ジャスミンはとても彼女を快適にするために出費を惜しまないアンナプルナは、私たちと一緒に彼女をお楽しみたかったです。彼女は映画に、彼女にマヨン火山を表示するBalatanとレガスピのような多くの風光明媚な場所に、彼女のプレゼントを買って彼女の友人の家でパーティーに彼女を取りました。彼女は彼女のために多くの写真を取り、戻ってインドに取るように彼女にいくつかのアルバムでプリントを与えました。

彼女がささいな感情や嫉妬によって無傷の大きな心を持っているので、ジャスミンの寛大さに制限はありません。彼女はアンナプルナのために十分に行うことができなかったかのようでした。だから、アンナプルナはフィリピンを訪問.Herとても幸せインドに戻り、海外で初めて飛んで彼女の最初の旅行は非常に成功しました。彼女は話をし表示するために多くの写真や多くのものがあったが、興味を持っていないSabitaを見つけました。彼らと彼女の関係は着実に下向きに行くために、この時点からでした。

すぐにローマのFAO事務局は私にスーダンの農業システムのプロジェクトのプロジェクト・チーフの仕事を提供し、マルチ数百万ドルのプロジェクトでチーフテクニカルアドバイザーやCTAとして私を雇ったし、2週間のオリエンテーション・プログラムのためにローマに行くために私を招待しました。これは、1992年1月にありました。

私は再びジャスミンと子供を残して悲しかったが、それは彼女がしばらくの間、私と一緒に耐えなければならなかったので、私の最後の割り当てになる予定だったことを彼女に約束しました。私は休暇中に家に来ると、彼女と子供たちが学校の休暇中にスーダンで私を訪問することができます。それは彼らのビジネスのどれもなかったので、私はそれが私の最後の代入であることだったことをFAOに言いませんでした。

ローマのFAOオフィスはカラカラローマの浴場の古い遺跡の近くを経由デッレテルメディカラカラにあり、大理石の外観を持つ大規模なモノリシック、非常に醜い建物です。また、Colliseumに近く、地下鉄サーカスマッシモで到達することができます。それは巨大な敷地をカバーし、国連が前面に風になびく表すすべての国の旗を完備しています。

セキュリティは、建物の中に本当にきついです。誰もが最初に、あなたはあなたが期待されているかどうかを確認するためにそこに知っていた誰かを呼び出してから、あなたの訪問のための一時的なパスを発行するセキュリティ人でチェックせずにで行くことはできません。私の場合、彼らは後に、私は常に警備員によって精査のために着用していたことで14日パスを発行しなければなりませんでした。私はまた、警視カードを与えられたが、私はウイスキーのための使用を持っていたし、彼らはそこに売られ、いくつかのチョコレートを得ました。
私は店員が私はそれが最後のコピーだったと言ってダブル充電さサルマン・ラシュディの本を見つけた素敵な本屋があります。私は自然に私はマニラに行っていた誰かを介してジャスミンにそれを送ったつもりだった場所にそのような本を持って来ることができませんでした。

FAOのオフィスは、すべての階に長い廊下の両側にだけキュービクルをしており、質素.Thereはあなたが簡単にそこに迷子ことができるようにいくつかの3000の従業員であり、床や廊下を覚えなければならなかったでした。人々は彼らのコンピュータ端末の前に座って、一日中画面に覗きまたは電話で延々と海外の経営者に話を聞きました。私は非常に神経質とチェーン喫煙それらの多くを発見しました。彼らはまた、クールで計算したが、そのうちの一つは、二階に彼と一緒にコーヒーを持っている私を招待しました。

エジプトの女性は数日間、私には複雑な会計処理を説明すると、非常に神経質財務官は、そのfinsysや金融システムのプログラムは、これまで常に私と喫煙を見ずにコンピュータ上で働いていたか私に説明で細心のでした

日曜日に私は近くの泥棒市場を歩いたり、私が精通していたバチカンに行ってきました。私はアルジェリアで働いていたとき、私はイタリアで1ヶ月過ごしました。だから全体的にトレーニングがうまくいきました。

国連の人々は、彼らが私に会計や事務手続きで広範囲の訓練を与え、私に私の給料、利点と権限についてのすべてを綴ら詳細な契約を与えるようにしたすべての真の紳士と非常に適切です。彼らは私の資格と長年の経験ではなく、私の最後の給与に基づいて、私の給料を決定しました。

これも私に書かれた任命状を与えないであろうアメリカ人への鋭い対照的であったと権利と利益は、私が持っていたかに値するものを言及しませんでした。そのうちの一つはあっても、私は何の権利、彼らはいつでも離れて取ることができることを意味しているだけでいくつかの権限を持っていないと述べました。

私は非常にローマのFAOとそのスタッフに感銘を受けました。すべてが私をそこに落ち着くためにスーダンと寛大な引当金のビザを含むそれらによって行われました。私は巨大な予算で重要なプロジェクトのCTAだったと、プロジェクトの目標を前進させるために国連のルールに従って、もちろんお金を費やす人材を雇い、最初からスーダンの5カ所でプロジェクトを設定するための独自の裁量を持っていました。私の唯一のガイドでは、プロジェクトのドキュメントと私はローマで学んだ会計処理しました。

彼らはローマから随時私に技術的なヘルプを送ることを約束するが地面に、私は頭だったと誰もが私の唯一の権威に挑戦することができませんでした。私はスーダンとその人々について私ができる限りのことを学びましたが、1つの明るい朝、私はハルツームに到着したときに本当の教育が始まりました。

ので、いくつかが選択されているため、FAOは専門家のための夢の仕事でした。しかし、私は資格や、彼らはアラビア語を話す能力は私に大きな利点であったであろうが、探していた経験をしました。しかし、博士号を検索しますアラビア語を話すことができ農法の研究で豊富な経験を持つ農学で私はFAOの選択だったほとんど不可能でした。

あなたはエジプトのアスワンダムは、それとナセルは砂漠に広がる巨大な湖の上に高く飛んで見ることができます。しかし、エジプトはほとんどがナイル川が南北に流れると選択図残りの部分は茶色だった緑色であった両側の土地の非常に狭いストリップを灌漑して砂漠ました。さらに上の私たちはスーダンであったが、景色は全く変化しませんでした。それはまだ同じナイル川と両側の茶色の砂漠でした。

私はハルツームに近づくように今、いくつかの緑のパッチが登場しました。ここでブルーナイルはエチオピアの高地から降りて来て、ウガンダ、ブルンジで発信され、強大なナイル一人となった白ナイルとハルツームで会いました。私は、18世紀にエジプトのエジプト総督によりスーダンの知事として使用した一般的なゴードンは、原理主義を説いたマハディと呼ばれる狂人の狂信的な大群によって殺害されたことを読んでいました。

ゴードンはロンドンからの助けを訴えたが、ヘルプには遅すぎました。ビクトリア女王は、ゴードンを保存するために彼女の将軍を促したが、官僚とコミュニケーションの難しさは、最終的に遅れて到着し、マハディのフォロワーに多大な復讐を取った遠征力を遅らせました。平均時間でマハディが死亡しました。

彼の遺体は掘り起こさとイギリスによりジャッカルに散乱していました。彼らは、一般的なゴードンの死に報復で多くの人々を絞首刑にし、教育を受けた人々が英語を話しますが、アラビア語が国語だったスーダン.Hereを支配することはほぼ百年にわたって滞在します。英国は、スーダンへの鉄道と電信を持ってきて、人を教えガバナンスとこれを行うには多くの機関を建てました。

ハルツームの私の第一印象は、負の一つでした。これは、ナイル川の東側に剛性の格子状にレイアウトされ、みすぼらしい埃っぽいとドライ都市でした。川の近く、いくつかの緑があったが、あなたはほとんどどこでも任意のツリーを見ることができませんでした。彼らはナイル川の途中でいくつかの島にいくつかの作物や果樹の増加となりました。ナイル川の反対側はマハディ.His骨の巨大な霊廟があるが、彼の信者によって救出され、現在全国の神社だった場所に埋設された旧市街であるオムドゥルマンました。

ヒルトンホテルは、私が滞在したが、すぐに町の別のホテルへ転出ナイル川の近くに位置しています。彼らは私が来ていた知らなかったと言ったのでFAO事務所は空港で私を迎えに誰を送信しませんでした。彼らのオフィスは私が代表し、他の人に紹介された高層ビルの10階にあります。プログラム担当者がイエメンといい人からのものでした。彼は一つの方法または他のが私のプロジェクトに有用であろうスーダンの人々に私を導入するワド・メダニや他の場所に連れて行ってくれました。

この時、スーダンは、さまざまな部族の主にキリスト教の人々がイスラム教北から自治を求めていたが、彼らは国全体がイスラム教徒とシャリア法の下でになりたかったので、ハルツームは戦闘時に執拗だった南の長い長引く戦争を戦っていました。戦争は南に荒廃し、砂漠で大規模なキャンプにハルツームの近くに決済されたいくつかの人の難民の数千数百人を送っていました。

一つは、ハルツームで、これらの背の高い、しばしば醜いディンカの部族を見ることができます
他の場所国が、アラビア語で。彼らは白いガウンと非常に白いターバンを身に着けていた北取り込まスーダン話します。女性は自分自身を覆い隠すが、自分の頭の上にチャドルを身に着けていませんでした。一つは、あなたがイスラム教国であったことを知らせるどこでもモスクを見ることができました。

ワド・メダニはハルツームから約60キロで、海外のすべての農業スーダンの研究は、私は彼らの助けで設定するようになっていた私のプロジェクトに関与していた農業研究協議会やARCの本社です。ワド・メダニは灌漑であり、大規模に綿、ソルガム、トウモロコシ、小雑穀そのような多くの作物を生産するゲジラと呼ばれる広大な農業平野の真ん中にあります。彼らはフィールドを噴霧する小さな航空機を使用しています。ここで私は彼が私の母校だった米国でCalpolyで勉強したと言ったARCのディレクターと会いました。

私はすべての後に適切な場所にあったかのようにそれが見えました。私は、私はプロジェクトオフィスに滞在し、設定になっていたところであるエル・オベイドに行くこと熱望していたが、私はハルツームを残すためのセキュリティクリアランスを持っていませんでした。誰もそれが経由して来たまで、私は数週間待ったなしでどこでもスーダンで旅行することができませんでした。私はプロジェクトがすぐにフィールドアシスタントの必要性であったことを発表するローカルニュースの論文に広告を配置し、車両に関する地元の国連事務所で確認し、事務用品などの受注を送り始めました

そしてある日、私は.ITは、道路によっていくつかの600キロですが、道路は良好であり、すべての道をアスファルトARCフォッカー機にエル・オベイドに飛びました。私は、彼らが私にオフィススペースを与えることであり、プロジェクトの開始を促進し、ここでARCステーションの研究者と会うことでした。彼らは私がハルツームやワド・メダニに達する可能性がある、それを通してラジオを持っていました。ここで働いていたスーダンは、教育、ほとんどの接続の観点で自分の国のエリートと見なさ。

彼らが開始する前に、それが農業の大臣のように落下名は彼らのいとこであるか、彼らは大統領を知って長いそれらを取るしなかったなど彼らは私に彼らが私を与えるだろうオフィススペースを示したが、現在それが悪臭何かの完全な倉庫として使用されたことクリーンアップするために、少なくとも月が必要となります。彼らは、プロジェクトが起動するのを切望していたと私にお茶やヘルプの約束を提供しました。これはいわば蜜月時代でした。

私は自分の住居として借り家をラインアップするために私の短い一日の訪問を利用したとリーズナブルな家賃に土地領主と駆け引きや改修及び定着の多くを必要と家を修正するために彼に1ヶ月を与えました。これは私がワークショップを持っていたし、彼が作ると1ヶ月の時間にお届けすることを約束した家具の完全な家を命じた大工を探し行わ。
だから、24時間以内に私はすべての1ヶ月の時間内にうまくいけば、準備ができているだろう、家や家具、オフィスを持っていました。

私は非常に私は短い訪問で達成したものによって得意ハルツームに戻って飛びました。今、私は注文していた、どこがgaragedたどのように多くの車を参照しなければなりませんでした。私は、車を出て、いくつかのドライバーを雇うし、彼らのために国連のナンバープレートを取得しなければなりませんでした。それから私は、ハルツームで私たちの事務所はポートスーダンに固定エル・オベイドへの燃料のタンカーを提供するために配置しました。私はまた、フィールドアシスタントのバイクを命じました。

私はので、私は、それらを持ってその上に板を固定し、私は他の場所でエル・オベイドとに移動することができるまでそこに駐車するためにハルツームで研究基地にそれらを取った国連により、様々なオフィスに格納されている10の車を発見しました。私はこれまで歩いたが、今私は自分の車とドライバーを持っていました。

フィールドアシスタントのポストのための申請者は、インタビューのために入ってくるようになったし、私は彼らと多くの時間を過ごしたし、いくつかを選択したが、主な問題は、私のカウンターパートであることだった地元のプロジェクトディレクターを選択することでした。いくつかの候補をスクリーニングした後、私はエル・オベイド駅から仲間を選択し、.Thisはなく、いくつかの遅延の後に行われた良い給料で彼を任命するFAOに尋ねた最終的に彼の任命は経由して来たが、国家プロジェクトの専門家や原子力発電所の厄介な問題は未解決のままでした。

エル・オベイドでは私に家を約束し、私は落ち着く助けるが、彼はこの時点では、自動車事故で死亡していた別のプロジェクトでドイツCTAに住んでいました。しかし、私は自分の家を発見し、すぐにエル・オベイドに移動することが熱望していたていました。雨が月に起因していたので、私は植栽が開始される前にすぐに準備シーズンに向けて作業計画を取得する時間のために押されたように。

セキュリティクリアランスは約2ヶ月間、ハルツームで私が遅れていたが、今失うする時間はありませんでした。私はすぐにエル・オベイド放置し、すぐにすべての家具が設置された私の改装の家に定住しました。大工は、彼の言葉を守っていたし、家主もそう行っていました。唯一のオフィスの質問はまだ洗浄されたままであったが、私はオフィス家具を注文し、FAOは、私が香港に命じたコンピュータはまた、そのように到着した事務所が速くシェイプアップ開始などのオフィス用品のトンを提供しました。

しかし、私はすぐに私の秘書として適用するために彼らの女性のいとこをもたらし始めたスーダン研究者の計算ルックスに悩まされました。彼らは疑いと信用し目で私を見ました。特に一つは、蛇のような目を持っていたし、ポックマークの完全直面よこしまな人として私を襲いました。彼は駅のディレクターだったとしばしば名前がドロップされました。

これらの女の子はすべて、金の宝石類を搭載したが、ほとんど、あるいは全く英語を話すことができました。私はそれらのすべてを拒否されたので、自分のタイピングのスキルは、同様に非常に疑わしいました。私は、若かったと合理的に英語を話しエジプトの女性を発見しました。彼女はアラビア語で自然に流暢だったので、私はその場で彼女を雇っ入力する方法を知っていました。これは、とよく座っていませんでした

スーダン彼女はコプトクリスチャンだったが、秘書を選択するので、私は彼らの悪意に満ちた発言を無視して仕事に乗った純粋に私の特権でした。

私はエル・オベイドに車のほとんどを持っていたし、燃料が駅で保存されるように到着していました。私はまた、ドライバーを雇ったと物事が私のためにハルツームで成し遂げることができ、管理アシスタントを選択しました。私は良い気分にあったとフィールドアシスタントが選択され、そのステーションに送られたこれからの季節に作業計画を作りについて設定します。エル・オベイドに加えて、私は4他の局は、すべてのスーダン。これらに広がる投与することがあったスーダンの東部に西スーダン、エツダメル、エルSaadaのダルフール地方でのIddエルGhanam、うーんKadadaました。

だから私はすべてのサイトに行って、借りた家にあっフィールドアシスタントを解決する助けとドライバーと一部の燃料と彼らにバイクや車をもたらしました。彼らはすぐに開始するようにしたフィールド試験のための農家の選択を開始したが、我々はまだエルオベイドで裁判プロトコルに取り組んでいました。

スーダンは広大な国です。エル・オベイドの西は砂漠のように見える乾燥地域を通る道路が、道はありません。あなたはIddがエルGhanamに到達するためにニヤラに飛ぶかファシエルまで北ウムKadadaに到達するが、これらの2つの空港では飛行機が着陸の難しさを持っていたので、大雨の時にソフトになっただけで汚れストリップを持っていた可能性があります。道路とは、あまりにも面倒だったし、数日を要しました。

でも、4輪駆動車が深い泥の中に行き詰まるやワジがいっぱい走って交差することができなかったので本鎖しまった場所のIddエルGhanamへの道は特に悪かったです。それはほとんどが砂漠だったのでウムKedadaへの道は少し簡単でした。
東の道路は道路が新たにちょうどそうも簡単トレイル砂漠たオサマ・ビン・ラディンの会社エルSaadaへエツダメルから陸路でシェンジ件までアスファルトたので、私は簡単にエツダメルに運転できるように良好でした。

しかし、距離は広大でした。これは、道路走行骨が疲れた作り返すためにエル・オベイドと同じ時間からエツダメルに到達するために2日かかりました。そこに食べ物や飲み物を1日24時間を売る道端スタンド数がありますが、うーんKadadaのようないくつかの場所で、食べ物は本当にひどかったです。

戻るエル・オベイドで私は、作業計画の完了のために懸命にプッシュして、私たちのフィールドアシスタントの助けを借りて様々なサイトで試験を植え忙しくするエルオベイドの研究者に尋ねました。今トラブルが本格的に始まりました。

彼らはスーダンの自身がエリートと考えられたので、私はこれらのスーダンは、フィールドで働くために使用されなかったことが分かりました。彼らは仕事をするために駅からアシスタントと労働者を雇いました。農業システムのプロジェクトで、それは私たちのパートナーであった農家だったので、私は、これは設定に同意しませんでした。彼は監督と研究者の積極的な参加の下で、ほとんどの作業を行いました。

これは、農家の畑で働くために雇われた労働者にもたらすために、原則として反対したが、スーダンは、このように主張し、今では労働者がフルタイムプラス残業が支払われていることを要求しました。彼らはまた、自分自身のために莫大な給料を要求しました。私は、彼らがフィールドに行かないと、プロジェクト内のどのような方法の仕事ではありませんでした観察と言ったときに、その答えは、彼らがそのように考えていた私は、彼らの思考の練習のためにそれらを支払わなければならないということでした。

ARCの人々が来たが、彼らはエル・オベイドのスーダン研究者に味方しました。これは、プロジェクトのための非常に悪い始まりでしたが、他の場所西部と東部に仕事が離陸し、多くの試験は非常に最初のシーズンを植えました。

しかし、すぐ一人一人がお金を求め始めました。私は彼を支払わない限り、駅のガソリンスタンドのアテンダントは、警備員が夜間など私たちのオフィスを見ていないだろう、私たちのガソリンと私たちの車を埋めないであろう。私はスーダン政府は、彼らが、スタッフのための住宅、オフィススペースのようなものの大多数のための責任を負うこと等を借りますと言って法的文書に署名したと主張した場合、それは、聴覚障害者の耳に落ちました。誰もFAOと政府間の合意を光栄ません。

FAOは国の専門家を雇用する契約を正式し、それらに関連するすべての文書を送信するために私は平均時間では非常にハードにプッシュしました。最後に、1日には、それが署名され、原子力発電所は、現在のプロジェクトのためにフルタイムで働くだけ私に報告するよう指示されました。しかし、再び、彼らは尻込みし、彼らがプロジェクトのためにフルタイムで働くことができないと言いましたが、完全な給料を望んでいました。それらのほとんどは、外部のコンサルタントとして働いていたと自分の仕事をするために夜にプロジェクトのコンピュータを使用していました。これは彼らに良いお金を稼い加えて、彼らは私のために働く必要はありませんでしたが、ちょうど同じ支払ってしまいました。

ヘビ目の人は彼らの指導者とスポークスマンでした。要するに彼らは、FAOのプロジェクトに彼らの脂肪の搾乳牛を発見しました。彼らは、農民や彼らを支援する方法を気にしますが、常に彼らは彼らのために開発された技術のパッケージ自慢しませんでした。私は不可能な状況にありました。

私の相手は、選択された最悪の人だったし、障害の一部が地雷でした。私は彼の履歴書とワド・メダニでARCの承認を信頼していました。彼は車、ドライバーと事務所を与えられたが、彼は何もしなかったました。彼は出て行ったではなく、フィールドへとお金をコントロールしたかったです。これは、規則の下で許可されませんでした。唯一の私は、プロジェクトマネージャとCTAは費やすことをFAOに責任があったとお金を占めているが、彼はそれに憤慨しました。

私はFAOに送信するために準備していたレポートを読むために彼に尋ねたとき、彼は2ヶ月間、彼の机の上にそれを維持し、彼はforewordsを書いていたと述べました。誰も報告が遅れたので、何かを書くために彼に尋ねませんでした。彼は私に対して共謀し、彼はわずかな収入を支払ったのに対し、彼は均等など有資格などあったが、私は高い給料を支払われたことを言い始め

彼らは若手社員のための住宅の家賃を払い、できるだけ早く彼らの永久的な住居を構築するためのハルツーム政府は私の要求に応答しませんでしたが、彼らは常に彼らが何の家賃支払うことができ、無住宅資金の短いなかったことを言いました建設されました。女性スタッフが適切に収容されなければならなかったところエツダメルの状況は非常に悪かったです。 IddエルGhanamでは、それはまた、CTAたチュニジアからFAOの従業員は自分のプロジェクトに協力し、ローマのFAOの大きな恥ずかしさにそこに私のスタッフを支援しないことを決定した同じ話でした。

彼はローマからの訪問者に一つのことを言うと、彼らが去ったときに別のものを行うだろう。彼はライバルとしてではなく、パートナーとして我々のプロジェクトを見て、ひどい発言をしました。その後エツダメルにおけるコーディネーターだったスーダン人はお金を盗んで開始し、私はアラビア語の読み書きができませんでした知っているアラビア語で偽の領収書を作りました。彼は900をポケットしながら、100ポンドの領収書は、ゼロを追加することで、千になりました。ローマのアラビア語を話す会計士が異常を発見し、説明するために私に尋ねたまで、これが見過ごさに行きました。しかし、これはほぼ2年後に起こるだろう。

私は、国連が大幅に我々のプロジェクトの予算を削減するが、ローマは私が二つのサイトをシャットダウンして、プロジェクトを統合するために他の場所でスタッフを転送することをお勧めしながら5サイトに目を維持するのに困難を抱えていました。

エル・オベイドはわずか数道路がアスファルト舗装されている埃っぽい町です。時には雨は数フィートの深さまで町に殺到しました。それは、人々は暑さから逃れるために、夕方に座って1映画館、1公園を持っていました。これは、1ホテルといくつかの低いクラスのレストランがありました。私が行くと座ることができる唯一の場所はエル・オベイドシリア人は社交やバレーボールを再生するために週に数回集まっシリアのクラブでした。彼らは温かく私を受け入れ、多くの場合、彼らの家に私を招待しました。彼らはスーダンであったが、彼らはカトリック教徒だったので離れて残りました。女の子はイスラムmollahsが好きではなかったことを短いスカートと西洋の服を着ていました。彼らは、テレビやラジオのすべての時間に西部の何かを酷評しました。シリア人は、コプトたエジプト人と混在させることはできませんでした。

エジプトCopticsは、自分のクラブを持っていたし、彼らの女性があまりにもmollahsが動揺すること短いスカートと西洋の服を着ていました。それは1つがコーランと多くのロータリー交差点で銃を保持しているセメントの手を見ることができたイスラム教国でした。女性はみすぼらしく扱われ、多くの場合で叫んだされました。

私は私の秘書で叫んで誰を禁じたときにこのような行為を停止し、彼女が尊敬と尊厳をもって扱われることを主張しました。その見返りに、彼らは彼らの文化を理解していない外国人であることの私を非難しました。
スーダンは、多くの場合、私は、パキスタンやバングラデシュ.Whenだった場合、私はノー、その後、彼らは私がインドのイスラム教徒だったと仮定し、私は再び言わなかったときに非常に驚いたと述べた私に尋ねました。インドのヒンドゥー教は、イスラム教国では何をやっていましたか?

私は決断を下したようエツダメルの住宅状況が悪化しました。私はすべての村人を集めて、ちょうど彼らの村の外私たちのために住居複合体を構築するために彼らの助けを求めました。プロジェクトは、ドアや窓や他のいくつかのコストを提供するであろう。彼らは同意し、短い時間と女性のフィールドアシスタントの別々の家の中でアドベの家を建てました。エル・オベイドでは、私は今のIddエルFursanと呼ばれるいくつかの村ではなくIddのエルGhanamでそれらのためのいくつかの避難所を発見した私はまだ悩みを持っていたし、プロジェクトの資金から家賃を支払いました。私はどこにでもスタッフの世話をし、後でFAOに費用を正当化する理由を説明しなければなりませんでした。

ニアラに基づいて、私のスタッフの一つが真剣に病気になったと飛行機でハルツームに避難しなければならなかったが、パイロットは、私は患者が非常に緊急医療援助を必要としていることを証明するためにエル・オベイドから医師を取得しなければならなかったので、責任を取ることを拒否しました。彼はハルツームに流したが、彼はとにかく後間もなく死亡しました。エル・オベイドの私のスタッフの他は真剣に病気だったので、彼は彼の後を見て弟を持っていたところ、私は個人的にワド・メダニに連れて行きました。彼はよくなりました。だから私はすぐに処理しなければならなかった多くの問題がありました。

より深刻な問題の一つは、フィールドとハルツームとの通信でした。最初に別のプロジェクトオフィスは私のために、無線メッセージを送信する際に役立ったが、すぐに無線オペレータは、お金を求め始めました。彼らはすべての国連プロジェクトであり、理論的には他の国連プロジェクトを助けることになっていたが、私はのIddエルFursan .ITでチュニジアについて言及していたとしても、ここで同じ話でした。

私は夕食のために私の家にそれらを招待して彼らと友人を作ってみました。彼らは来て、夕食を食べたが、礼儀を返されることはありません。彼らは私が彼らの心に勝つために行うことができ、開始と何もないから超然とし、非協力的でした。

ジャスミンと子供たちは、彼らの休暇を過ごすためにエル・オベイドに来たが、本当に.ITはティンブクトゥよりも悪化していた彼らのためには何の関係もありませんでした。 Jayantiはカトリックのミッションでケーキを焼く方法を学び、また彼女の手はヘナで染めていたが、Ashisは本当に退屈していました。そこに読み取ることは何もなかったと私はテレビがありませんでした。ジャスミンは、と忙しくしてみました

 料理といくつかの家は維持するが、彼女は私のサーバントを信用していなかった一日と言いました。おそらく、彼はお金を盗んました。

私は1日エル・オベイド水タンクにそれらを取って、ピクニックを持っていました。エル・オベイドの外国人が、私たちは夕食に1オランダの仲間を招待奇妙なロットと不親切.Whenた、彼が現れるのを忘れていました。他の人が来たが、礼儀を返されることはありません。私はジャスミンや子供を心配道路上のすべてのスーダン、貧しい食品の上に起因する一定の走行に薄くなっていました。

私は時代の最高の状態でかなりの町ではありませんでしたハルツームにそれらを取りました。ジャスミンは、私は主に滞在し、質の悪い食品みすぼらしいホテルの部屋で失望しました。それは私たちが行くために使用されるところであるので、彼らは伝統的なインド料理をお召し上がりいただけますオムドゥルマンのインドの家族がありました。悪名高いhaboubはハルツーム1日打ったとき、彼女は1日の恐怖でした。

Haboubが突然現れ、幅広い日の光の中で暗闇の中で、都市全体を覆い隠すことができひどい砂嵐です。ほこりはとても厚く、一つはトラブルさえ閉じた車の中に呼吸を持っていることを窒息します。それは彼女.Sheのための新規の経験はそれのような何かを知られていないし、それが終わったときに嬉しかったんでしたでした。私は、彼らがそこにスーダンにいくつかの良い本を拾った.I歩道上で販売され、いくつかの本を買いにオムドゥルマンに行くために使用されます。

この物語は私のプロジェクトに参加するようになったネパールの仲間に言及せず完全ではありません。私は1日、彼は現れたと彼は経済学者であったことを言ってくると、プロジェクトに参加するには、この仲間のためにスーダン政府の承認を取得しなければなりませんでした。私はすぐに調査の外に見つかった彼のアイデアは、長いアンケートを埋めるために4または5農家へのインタビューで構成され、その後、彼は答えを外挿することにより、膨大なレポートを書きました。彼は主要な情報提供者の調査と呼びました。私は誤った結論を生産非常識ショートカットそれを呼び出したが、彼は主張しました。

彼は一人で住んでいて、私の家に招待を拒否しました。私たちの関係は寒さと不親切だったので、彼が滞在したことが18ヶ月で、私は30分間一度だけ彼の家に行ってきました。それはそのように判明した理由を私は知らないが、それはスーダンの他のすべてのようでした。彼はプロジェクトを残したが、何の足跡を残しません。彼は消え、彼はどこに行った私は知りませんでした。

ジャスミンは戻ってフィリピンにひどく長いフライトを楽しんでいませんでしたが、少なくとも私たちはお互いを見ることができました。すぐに私は私の最初の休暇のために家に帰りました。戻るスーダンの研削作業や官僚との戦いとエル・オベイドのよこしまなスーダンはこれまでにないような私のエネルギーをsapped。

しかし、この時点で私はエル・オベイドで私のオフィスに設置され、スーダンの任意の部分に到達することができるその時からだった待望の電波を受けていました。私は.Sheは優秀な学生だったラジオの使用方法のトレーニングの1週間ハルツームに私の秘書を送りました。彼女は、私のレポートを入力した私の助けを借りて、アカウントをした、銀行に私と一緒に行きました、受信またはメッセージを送信するためにラジオを扱う、私は彼女が私のために町を下に見つかった代替燃料貯蔵施設のように持っていたすべての問題を解決しました。管理アシスタントが何かを探している間、彼女は笑顔とそれ以上と多くのそのような雑用をしました。私は彼女にはとても満足だったが、スーダンは、プロジェクトの外に彼女を得るために彼女に対してプロットしました。

その間にハルツームでイエメンプロジェクトコーディネーターは、エジプトに掲載されていました。彼は私にとって非常にフレンドリーで親切だったが、彼の交換はまた別の話でした。国籍不明のこの仲間は、初日から私に敵対的だったし、多くの場合、他の多くを聞くことができることをラジオで野蛮なやり方で話しました。
私は国連によって義務付けられ随時予算の改正をしなければならなかったが、ある日、私はこの男が彼自身によって予算の改訂を行っていたというのが私の驚きと落胆に発見され、いくつかの結果として、国連事務局に送っ60000ドルは、私のプロジェクトから切られました。

私は何を彼がしたことは間違っていたと述べました。私は彼を報告することがあり、その場でクビが、彼は非常によく、ローマに接続しました。それは彼が最初の場所で仕事を得ていた方法です。私は自分のプロジェクトにrestitutedこのお金を得るために数日間は非常に懸命に戦ったし、多くの省庁に行き、彼らが署名または手紙を書くために、長い時間を待たなければなりませんでした。国連オフィスでエジプトの仲間も非常に非友好的だったし、彼は他の事項に出席しながら、長い時間のために、外の部屋で待っている私を保ちました。彼はそれが彼にそれを行うのに長い時間がかかった私の英語.Obviouslyを修正しなければならなかったと述べました。

しかし、最終的にはお金がrestitutedました。私は彼が再びこのようないたずらをしたならば、彼が扱うことができるよりも多くのトラブルになるだろうと述べました。それがルールですので、何の予算のリビジョンは私の承認と署名なしで提出する今までにありません。それはとにかく何とかローマの事務所に知られるようになったが、私はFAOにプロジェクトコーディネーターのこの不正行為を報告することはありません。

西の悪い道路は現在、スーダンで見つけるのは難しかった頻繁な修理やスペアパーツを必要な車両に彼らの通行料を取りました。私のオフィスのコピー機は、同様に破壊開始しました。いくつかのいずれかは、プロジェクトのカメラを借りて、後でそれを返されたが、それは再び働いたことはありません。わたしの僕はその間、彼は一日後に解放されるために刑務所に連れて行かれたので、私の家から盗ん赤利きキャッチされました。

彼らは囚人【選択仲間が速やかに町を去ったが、警官が来て、手数料を考慮するために、彼が行くとハルツームで犯人を探して喜んでいたことを私に示唆を養うために何の予算を持っていたと述べました。私は同意しなかったので、それは純粋な詐欺の仕事でした。泥棒は私のお金、トラベラーズチェックとプロジェクトのカメラを盗まれていました。私は私の損失を返金書き込みの約8ヶ月後にお金とカメラが、アメリカン・エキスプレスのほとんどを回復することはありません。

二年目の作業計画が開始された時刻とフィールドトライアルにしましたが、国の専門家の問題は残ったと悪化しました。プロジェクトの動物科学部はエル・オベイドにもダルフールでよくやっていました。農学作業がエツダメルに続けたが、そのように盗むしました。

そこドライバーが車に深刻な被害をもたらした権限のない人に車を貸しました。修理代は恐ろしいだったので、私は、ドライバを発射したかったです。今、運転者は、この仲間を雇うために私に懇願していた米国の元大使であることを起こっ保護のための彼の指導者に走りました。

彼は、速やかにFAO担当者が抗議するために、今と呼ばれ、ドライバがFAOの担当者は、多くの場合、彼が望んでいた私のプロジェクトの人々を雇うために私を強要していたアメリカ人の仲間だったなどなどかわいそうだったと二度目のチャンスを与えられるべきであると述べました自分自身を取り除くために。私は修理代を支払い、ドライバを取り戻しました。このような接続の電源です。スーダンでは、誰もが接続されていたようでした。

人を雇うのは簡単だったが、それらを発射することはありませんでした。彼らは生涯の敵を作ったが、私は私に役に立たないといくつかのドライバーであった管理アシスタントを解雇せざるを得ませんでした。私はまた、彼の職務の怠慢のためのフィールドアシスタントを解雇したが、私はまだ国家プロジェクトディレクターを発射できませんでした。エル・オベイド・ステーションの研究者はまた、彼らはまだプロジェクトのためにフルタイムで働くことを拒否し、フルタイムの賃金を望んでいたので、取り扱いが困難であることが証明されました。

だから、私はエル・オベイドの人々で持っていた問題のいくつかを整理するためにローマにワド・メダニでARCのディレクターを送りました。彼は私が許可していたプロジェクトを犠牲にしてそこに行きましたが、かつてローマで彼は私がスーダンの人々を理解していなかったので、それはローマで誰が彼を信じなかったし、彼を家に送られたなど問題となっていた方、私だと言いました。

西部ダルフール:あなたは、これらの日、CNNやBBCを見た場合、あなたは、多くの場合、西ダルフール、そこに問題が表示されます。 1992年問題は、製作にしており、表面の下でくすぶっ。あなたは距離を想像できるように、ダルフールのサイズはフランスよりも大きいです。ここでは自分自身アラブ人と呼ばれ、彼らは常に放牧のための地域から地域へ移動ラクダやヤギや羊の大きな群れを持っていた遊牧民の間で開発対立がありました。

これはまた、それらの動物を持っていた遊牧民が持ち込ま自国の領土上の動物の巨大な群れの放牧を争わ定住農民との競合にそれらをもたらした。ダルフールは非常に乾燥していると動物がまた村の近くにいくつかの散水穴に骨抜きにされなければなりませんでした後で何千人が死亡したフルスケールの戦争で噴火だろうし、何百万人は、広大なキャンプで難民となる競合を引き起こしました。しかし、1992年に、私はまだ私が原因で予算削減にすぐ近くにあったことウンムKadadaに運転できます。

悪いファシエルとニアラ間の道路が、ニアラの南には道路はありませんがあります。雨季の間に私は、光の光源として、車のヘッドライトを使用し、ロープにつかまっし、私たちの頭の上に私達の袋を運ぶ夕方に速く流れるワジを横断しなければなりませんでした。これは、それがあったどのように悪いです。そして、真剣にタイヤに損傷を与える可能性が水の下に根や鋭利なものがありました。車をジャッキアップすることはほとんど不可能であるとき、あなたが今まで泥や水にタイヤを変更しようとした場合、あなたは私が何を意味するか知っているだろう。

ここで南にダルフール多くのアフリカ人が巡礼のメッカに行くために意図して、西アフリカからずっと前に来た人定住していたが、それは今ほとんどの時間を乾燥実行するがいっぱいですワジ近くの村に定住。彼ら行われたことがありませんでした大雨時に。乾季の間、ワジはドライに見えるが、水分がワジ近いので、これらの農家の植物マンゴーの木の砂の下にあります。ワジは、自然排水システムです。

だから、マンゴーの木は非常によく成長し、果物のトンを生産しました。彼らはまた、バナナや他の多くの作物を植えました。村はここに落ち着いた外観を持っていました。しかし、今、彼らは放牧と水のために自国の領土を侵略アラブ遊牧民と競合していました。アラブ人は、彼らが非アラブ人とみなされ、何度も何度もそれらを攻撃だろうが、それは数年離れてまだあった村人たちを憎みました。私は、ここでスタッフを保つ車両用燃料が供給それらを維持し、毎月家や給料のために借りていました。

私は1日、国連の平面上に存在するコンピュータを送信するために望んでいたときには、ハルツームからプロジェクトコーディネーターは.Thisが権限と私の同意なしに私の予算を改訂したのと同じ仲間だった拒否しました。私は以前ここにチュニジアの仲間について書かれていました。私は贈り物として彼の音楽カセットを送信し、エル・オベイドまたはハルツームで彼を招待したが、彼はいつも拒否しました。

ニヤラでのフィリピン人コミュニティがここにも言及する価値があります。そこに2つだけ、またはそれらの3だったが、彼らはブドウのつるを通して私のフィリピン人の妻のことを聞いていました。彼らはあなたがフィリピン人の妻とはないがあった場合にのみ、そうでない。彼らは本当にあなたがいた誰気にしませんでしたが、常にちょうどあなたが、あなたは誰を雇っていなかったノーと言っ.IFあなたが雇用された場合にはあなたの手に自分の履歴書を押すだろうハローと言うでしょう彼らは背を向けると、再びあなたを見たことがないだろう。後でエル・オベイドで私の家の後ろに住むことになったものが家に戻って彼の家や車自慢停止することができませんでした、彼は親戚のために贈り物をもたらす過ごしたどのくらいのお金。

しかし、イギリス人だったとニアラに住んでいた一人は、同様にについて書く価値があります。彼はみんなに嫌わイランの妻を持っていました。一度私は彼が過去に優しい思えていたので、ただ挨拶するために彼の家に行ってきました。今、彼は急いでメインドアをブロックの彼の家の並べ替えの外に私を満たすために出てきました。彼女はすぐに来ると顔をしていた人を確認するために覗き見。彼女はとても親切に私は彼女が全く応答しなかったためにどのためにコーヒーを準備することになるならば、彼はその後、訴えかけるような声で彼女に尋ねました。

代わりに、彼女はちょうど何も言わないで、数分間そこに立っていたし、どこかに姿を消しました。私が理解し、ヒントを取りました。私はとにかくコーヒーが好きではなかったです。しかし、私はいつもそれが奇数のどこからそのように完全に分離された外国人と千キロは非常に非友好的なので、unwelcomingできることを見出しました。これはマリにし、他の場所でもそうでした。どのように任意の1は、この現象を説明することができますか?私はできません。

東部スーダンは:1が考えるとスーダンの荒涼としたの西部は、その後、東部には村が存在しない場合には何も成長しないとどこに特徴のない土地の広大ながあるため、より荒涼としています。シェンジはハルツームとエツダメルとシェンジの間だけ町はちょうど地獄の穴です。それはハルツームからシェンジへの道が新しく、よく作られていることを除いて、一般的なゴードンの時代からほとんど変わっていません。それはシェンジ後に悪化します。

シェンジに向かう途中、あなたはそれらの高さ.Noneには20以上、または30フィートません小さなピラミッドを造った古代のものはそのままで、荒らされているメロエで遺跡に出くわします。基部には、あなたはまだいくつかの非常に美しい彫刻を見ることができますが、彼らはあまりにも細かい彫刻にぞんざいに引っ掻きによって落書きのファティマの種類を愛するアーメドを書く人々によって破壊されています。誰もが過去を気にしません。一度にスーダンのファラオは、全体のエジプトを支配したが、それは長い時間前でした。

その後、別の失望町ですエツダメルに来ます
ドンゴラへの道に。ナイル川は、この部分にS字状を取り、アブ・シンベル神殿やアスワンでまっすぐになる前に、多くの白内障を通過します。しかし、私はそこまで行っていません。すべての道エル・オベイドからエツダメルエルSaadaへの旅はいつも私を身に着けていた900キロを超えていました。私が原因で、予算の問題にエルSaadaサイトを閉鎖し、スタッフを転送しなければならなかったが、エツダメルは続けました。

戻るエル・オベイドでスーダンは今、彼らは高い給料で雇われていなかった場合、彼らはそれ以上に協力しないだろうと私は他の場所から雇うことを選択した場合、人々の任意の予定をブロックしますと言って、プロジェクトを郵送黒始めました。私は彼らに自分の価値を証明するための1つのより多くのチャンスを与え、払戻ローン契約またはRLAと呼ばれる式を使用して自分の予定を確認するためにFAOに尋ねました。それが働いていたが、問題は同じままどのように私はかなり理解していませんでした。彼らは彼らの給料を取得ではなく、それのために働くのが好き。彼らは、プロジェクトへの総責任になっていたと貴重な資源を無駄にしました。

ジャスミンは私の2年目に私を訪ねて来て、月に私と一緒に滞在したが、それは同じ話でした。エル・オベイドはまだ若い子供たちのために、またはジャスミンのためには何の関係もありませんでした同じ埃っぽく汚れた町でした。 Jayantiは私の隣人の娘と友達を作ってみましたが、彼女が成功したかどうかはわかりません。 Ashisはオフに悪化していたが、彼らは不平を言ったことはありません。これは私が本当に私の家族に感謝するものです。彼らは私が多くの人々が私の苦労を与える上で、協働と地獄を曲げていなかったことは非常に困難プロジェクトの頭があったことを知っていました。

これは私が頻繁に過敏製。彼らは私が家に戻って幸せになるが、私はできなかったべきであると述べました。少なくとも、まだ。彼らは食べ物がどこからでも利用できない場合ラマダンの期間を耐えなければならなかったが、私はそれらを適切に供給することができたので、ありがたいことに、彼らはそれの末尾に来ました。今、私は、彼らが帰って行っていた喜んでいました。彼らはスーダンの十分を見て感銘を受けなかったていました。これは、観光国ではありません。

私は家に1より多くの時間を行かなければならなかったが、FAOローマ事務所は私の悩みを知っていたし、彼らはすでに政府の承認を得ていたが、私はスーダンに3年間の私の任期を完了することを望んだとの利益のために残してどこに私がミャンマーに移すことを提案しました引退。私は、これはどこでも私の最後の割り当てになることが決定されました。私は意味を成しませんが、FAOの人々は唯一の私を助けるためにしようとしていた.Thatこの最悪の場所を残して他の最悪の場所に移動するつもりではなかったです。彼らは非常に心配していました。

だから私は月に家に帰りました。私はすでにジャスミンと彼女は平均時間が多くを購入していたので、子供たちは大学で勉強します近い将来にラグナへの移動の問題を議論していました。今私の自宅の休暇中に、我々はそこに構築する美しい家のための計画を策定しました。これはまた、アンナプルナはフィリピンをもう一度訪ねて来た時でした。ジャスミンは、人々が私たちの家を構築するために、彼女はラグナに移動し、建築許可を取得し、見ていきますと言いました。

私はデリーに平面上に戻っアンナプルナを入れた後、スーダンに戻りました。私は今、スーダンの状況はますます理不尽になっていたことを感知することができます。私が正しかった。私の留守中に相手の仲間は、物事のすべての種類の偽って私を非難ハルツームに厄介な手紙を書きました。私はその後辞職し、フィリピンに戻るには、すぐに私の心を作りました。

私はそのため私は1994年の3月末までにスーダンとFAOを残すことを望んだ、私はプロジェクトに私の有用性は終わりに来ていたという結論に来ていたローマの事務所に手紙を書いた私は二年以上を過ごし、3いましたヶ月一からセットアップにこのプロジェクトをしようとスーダンの三つの部分でプロジェクトを確立することに成功しました。ジュニアスタッフはよく働いていたと有益な仕事をしていたが、私はFAOの国家プロジェクトディレクターの運命を残しました。

彼らは、評価チームを送ったので、私は4月中旬まで、少なくともとどまるべきだと答えました。このチームは最終的に私はプロジェクトといくつかの原因となっていた問題についてハルツームに彼らに話を一日と夜を過ごした到着しました。彼らは何も言わずに静かに耳を傾けました。明らかに彼らはエル・オベイドトラブルメーカーからの物語の別の側面を聞くと、おそらく彼らの心を作ることになります。私は気にしませんでした。

私はこのプロジェクトに私の時間の約2年半を与えていたが、今終了して休ませる時間でした。私は国際的なキャリアを十分に持っていました。私は後でFAOは、評価チームの勧告の際に国家プロジェクトディレクターおよびいくつかの他は疑いを発射していたことを聞きました。

私は良いのための背後にスーダンを残しました。私はハイチのと同じ感覚を持っていませんでした。私はハイチ人を愛し、プロジェクトは途方もなく成功したが、ここで私は私が試してなかったがそのように確認されませんでした。これは、オッズを克服するにはあまりにも大きかっただけのことです。私は私の交換はアラビア語を読むことができるイスラム教であることを示唆しました。 FAOが誰かを見つけたかどうか、私はこの日に知りません。今では多くの年後に全体のダルフール地方は混乱.Whoであるそれらの貧しい人々のための店であるものを知っていますか?

したがって、私は、単純な文字で私のプロ生活を終えました。これは、遠隔地に連れて行ってくれましたし、私はベトナム、アルジェリア、ブルンジやハイチなどの多くの国で多くのことを達成することができましたが、すべてが終わりに来なければなりません。私は多くの経験を得て、多くの人に会った、いくつかのは良いといくつかの悪いが、それは人生です。学んだ教訓は1つが良い人が誰であるか知っているし、それらを大切にしなければならないことです。 1つはまた悪い人たちが誰であるか知っているし、それらを避けるために持っています。

1994 Kara 1992: Mahdi – sūdan,
Afurika no tochi watashi wa hinpan ni kaigai de shigoto o yameru to kangaeruto yoi no tame ni Firipin ni modotte imashita. Kore ijō watashi ni apīru shite inakatta dakede wa kaigai ni sunde imasu. Kodomo-tachi ga sodatta to jasumin dakede wa, sorera o shori shite imashita. Watashi wa mata, wareware wa Naga de totemo sutekina ie wa subete no tame ni shiharatte ita to yōbai to shita okane o hitsuyō to shimasendeshita.
Jasumin wa zeitakude wa arimasendeshitashi, watashi wa Afurika de Karuzi no yōna basho ni taizai suru tame ni hitsuyō wa arimasendeshitanode, watashitachiha, shinpurudearinagara kaitekina seikatsu o okutte imashita. Afurika no mondai wa, karera ga kaihatsu no pātonā to shite nōka no kangae o kyōyū shite inakattanode,. I wa ISABU de Burunji no hitobito wa hijō ni hikyōryokutekina hakken jibun de kaiketsu shinakereba narimasendeshita.
Kore wa, mentā wa karera ni mazushī nōmin de no sagyō no gainen to chōwa shite imasendeshita atai o oshie berugī hitodatta toppuhebī. IT wa koko ni koto o nozoite chōdo Mari no yōdeatta karera no kyōiku to kunrendeshita. Karera wa Futsu-zoku no nōmin to no kyōkan o motte ita Tsuchi-zokudatta sono chishiki to yoba reru koto ga dekireba. Karera wa watashi ga nōmin no mondai o kaiketsu suru tame ni, tekisetsuna gijutsu no tame ni pusshu sa rete iru koto ni fungai shimashita.
Watashi wa te o sekkei suru toki, jissai ni IRRI no sekkei ni motodzuite ita tsubu o kirei ni suru tame ni kokumotsu no sōfū-ki o sōsa shi, karera ga watashi o waratte, watashi wa kōhō tsumoridatta to nobemashita. Karera no tame ni zenpō ni idō suru tame no hōhō wa, genshitekina-te sōsa tsūru o kōchiku berugī kara kōkana kikai o inpōto shite inai kotodeshita. Korera no hitobito wa nani mo shintō shite inai kanōsei ga ari, tojita kokoro o motte imashita.
Watashi wa Burunji de nōka o aishimashita. Karera wa karera no shūryō o zōka sa setaga, Burunji kenkyūsha ga hoka no aidea o motte ita atarashī burowā ya sakumotsu no hinshu to kōfun shite ita tanjun’na hito-tachideshita. Sore wa chōdo Mari no yōna monodeshita. Kono purojekuto wa, watashi wa yoi to hijō ni seisan-tekina shigoto o takusan yattanode, watashi no shigoto o shite iru naka de watashi ni kanzen’na jichi-ken o ataemashita.
Amerikahito wa shiawasedatta to Karuzi de saiban o mi ni kimashita. Shikashi, mojidōri, watashi wa jūbun ni arimashita. Watashi wa subete ni yakunandeatta ka no nōgyō shisutemu o rikai suru koto ga dekimasendeshita Burundians o atsukau no ni tsukarete imashita. Watashi wa karera no kyōryoku o motometa dake de Kitachōsen ga kyōmi o motte imashita. Karera to watashi no rinku mo ushinawa reta yō ISABU direkutā ga kōtsū jiko de shibō shimashita.
Soshite, purojekuto-nai no furansuhito wa amarini mo ue ni taizai shi, kono kodokuna tatakai o tatakau tame ni watashi o o susume suru yō ni watashinitsuite uso o hirome hajimemashita. Dakara watashi wa yorokon Burunji o nokoshimashita. Watashi wa karera kara kiita koto ga nakattanode, watashi wa FAO ga yarou to shite ita mono o shirimasendeshita. I wa, kono jiten de doko demo sagyō ni amarini mo nesshinde wa nakattashi, Firipin ni modotte watashi no aisuru kazoku e iku koto o nozondaga, watakushiha de sutoppu o shinakereba narimasendeshita futatabi suriramupyūru. Karera wa kanojo no kekkon ni shusseki suru tame ni watashi o nozonde itanode, nīmaru no musume ga kekkon shimashita.
Watashi wa soko ni, hobo 2kagetsu o tsuiyashi, sonogo Firipin ni kanojo o motarasu tame ni An’napuruna o pikkuappu shinakereba narimasendeshita. Kanojo wa kanojo no jinsei de hajimete no gaigairyokō ya Firipin o hōmon suru netsubō shite imashita. Watashi wa jibun jishin o kurikaesu koto wa shimasen’node, watashi wa suriramupyūru no hito ni tsuite jūbun’na kaka rete imasu. Kasutamudatta to kare wa sudeni, kare wa nesshin ni watashi o shimeshita koto ga kin no hōseki-rui nado o kōnyū shite ita yō ni watashi wa nakoudowokaishite sentaku sa rete ita kare no yuiitsu no musume [sentaku shinrō no kekkon no junbi o hijō ni isogashī nīmaru o mitsukemashita.
Shichō wa mawari ga muzukashī iku tsukurareta yakan gaishutsu kinshi-rei o kashite itanode, suriramupyūru-nai no ikutsu ka no kyōdō no kinchō ga arimashita. Shikashi, dō iu wake ka no seizai wa,-saki ni itte, jōtaijō no kādo ga insatsu sa remashita. Nīmaru wa suponsā to shite kādo ni jibun no namae ga fukuma rete itaga, watashi wa Sabita ga sore o nozonde inakattanode, saishū-tekina insatsu ni watashi no na ga shōryaku sa reta koto ni kidzukimashita. Kanojo wa mata, karera wa yori yoi mono o kau yoyū ga dekita to itte kanojo no musume e no sonīrajio/ tēpurekōdā no watashi no okurimono o kyohi shimashita.
Watashi wa nīmaru ni kare ga anzen ni hanarete oku tame ni shibaraku hōchi shi, kōhītēburu no ue ni matawa doko ka hoka no achikochi de sore o nokoshite iru koto o kare no musume no tame ni doru ni chekku o ataete imashita. Watashi wa dareka ni ataeru tame ni 1 shōtai kādo o motome raretara, nīmaru wa, kekkon wa sore o meikaku ni watashi no gesuto wa kare ni totte jūyōde wa nakatta koto o okonau no zenjitsu made to dōyō no koto o mushi shimashita. Sabita ga sore o shitakunakattanode, rajio no watashi no okurimono wa atode pārubati ni watasa remashita. Karera wa shizukani subete no mono o gaman.
I arayuru ten de watashi o kutsujoku ni magatte ita ka no yō ni. Watashi wa mō darenimo shiranakattanode, watashi wa koko ni mishiranu hitodattanode, hontōni nande kare o tasukeru koto ga dekimasendeshita. Watashi wa, watashi wa nokosu koto ga dekiru koto o shūryō suru tame ni watashi no taizai o shinbōdzuyoku matteita ga, sono uchinonaka de isshūkan wa hijō ni nagai dakede wa 2kagetsumashou yō ni miemashita. An’napuruna wa, tsuneni watashi no chinmoku ni kudokudo ni yotte, sore ga nin’i no yōi ni nari, watashi wa darenimo-banashi o suru hōhō o shirimasendeshita hijō ni taikutsuna hitodatta to nobemasendeshita.
Watashi ga dete iku ka darenimo-banashi o shimasendeshita. Watashi wa nīmaru ya hokanohito to issho ni sorera o uketoru tame ni eki ni itte kimashitanode, saigo ni kekkon shinrō no pātī no hi wa ressha de derī kara tōchaku shimashita. Gesuto wanode, watashi wa ikutsu ka no takushī o yatou koto o shisa shitaga, watashi wa kono doryoku ni shihai o koete ita matte iru ma basu no untenshu ga dokoni mo mitsukeru koto ga dekinai to iu mondai ga arimashita.
Karera wa kare no tame ni karera no aizu o shitanode, nīmaru no yūjin wa watashi ni nin’i no jūyō-sei o ataete imasen. Tonikaku doraibā wa ato ni ichi shite itashi, gesuto wa hoteru ni teishutsu shimasuga, koko de amarini mo mondai ga arimashita. Gesuto ga tōchaku suru mae ni tantōsha ga subete o kirei ni suru tame ni shippai shite itanode, hoteru no heya to basurūmu wa yogorete imashita. Futatabi watashi wa tasukeru koto o kokoromitaga, watashi no tasuke wa mushi sa remashita.
Sonogo yūgata ni karera wa subete no ie ni tōchaku shitaga, soreha nīmaru ga hosuto to on’nanoko no chichioyadearu koto no tame ni hijō ni hazukashikattanode, on’nanoko no sentaku-zu jushin iinkai wa, kuchibeni ya masukara de isogashikatta sorera o uketoru tame ni dare mo imasendeshita. Watashi wa korera subete no dorama ni chōdo sairento shōnindeshita. Shōtai no jushin wa, kyūshoku wa shokuhin ya kōhī o yōi shi, jibun jishin o tasukeru tame ni gesuto no tame no tēburu-jō ni oku 10-ton no shita ni hodō ni ie no soto de kaisai sa remashita.
Kore wa atarashī keikōdeshita. Gōn wa, gesuto ni ryōri o teikyō shi, taberu tame ni sorera o unagasu no dentōdeshita. Ima, hitobito wa, karera ga nozonde ita to sugu ni ichidoie ni hairu to, shinrō shinpu matawa izureka o mizu ni nokonnani erabu koto ni yotte tabe ni kimashita. Ōku wa, watashi ga sonoyōni chūi o harawanakatta hito o shirimasendeshita. Nīmaru wa, uchinonaka no shikiten de isogashikattadesu. Watashinohaha mo mushi sa remashita. Kanojo wa furuku, do no yōna hōhō de hito o tasukeru koto ga dekinakattaga, kanojo wa mada kono ōkina ie no shoyū-shadatta to hanayome no sobodearu ikutsu ka no ten to chūmoku niataisuru ga, Sabita wa kanojo ga shinu ni shite mo amarini mo isogashī to iimashita.
On’nanoko wa VHS eiga ni sotte, shinrō shinpu. I to tsugitsugi kore mo atarashī dentōdatta to iwa reta ensō zentai no yoru made taizai shimashita. Karera wa mata, sono kachi o hyōka suru tame ni, sorezore, subete no okurimono o tenken shi, dare ga nani o ataemashita. Kore ga kite sūjitsu kara sū-shūkan de goshippu no tame no karera no taishōdearu kotodeshita. Watashi wa watashi ga mita subete no koto de, hijō ni nayamasa remashita. Ima, watashitachiha-betsu no jushin ga yotei sa rete ita derī no tame ni nokoshite imashita. Amarini mo sore wa onaji-banashi ga arimashita.
Kyūshoku wa, karera ga nozonda to shite shōtai o toru tame ni tēburu no ue ni tabemono o nokoshimashita. Dare ga watashi ni chūi o haratte inainode, watashi wa soko ni dare mo shirimasendeshita. Shikashi, watashi wa sore ga saishūtekini owatta koto o shiawasedatta to watashitachiha Firipin no tame ni nokosu koto ga dekimasu. Dakara, 1 hareta asa, watashitachiha Manira ni shi, soko kara basu de nāga ni tobimashita. Jasumin wa totemo kanojo o kaiteki ni suru tame ni shuppi o oshimanai An’napuruna wa, watashitachi to issho ni kanojo o o tanoshi mitakattadesu.
Kanojo wa eiga ni, kanojo ni mayon kazan o hyōji suru Balatan to regasupi no yōna ōku no fūkō meibina basho ni, kanojo no purezento o katte kanojo no yūjin no ie de pātī ni kanojo o torimashita. Kanojo wa kanojo no tame ni ōku no shashin o tori, modotte Indo ni toru yō ni kanojo ni ikutsu ka no arubamu de purinto o ataemashita. Kanojo ga sasaina kanjō ya shitto ni yotte mukizu no ōkina kokoro o motte irunode, jasumin no kandai-sa ni seigen wa arimasen. Kanojo wa An’napuruna no tame ni jūbun ni okonau koto ga dekinakatta ka no yōdeshita.
Dakara, An’napuruna wa Firipin o hōmon. Her totemo shiawase Indo ni modori, kaigai de hajimete tonde kanojo no saisho no ryokō wa hijō ni seikō shimashita. Kanojo wa hanashi o shi hyōji suru tame ni ōku no shashin ya ōku no mono ga attaga, kyōmi o motteinai Sabita o mitsukemashita. Karera to kanojo no kankei wa chakujitsu ni shitamuki ni iku tame ni, kono jiten karadeshita. Sugu ni rōma no FAO jimukyoku wa watashi ni sūdan no nōgyō shisutemu no purojekuto no purojekuto chīfu no shigoto o teikyō shi, maruchi sū hyaku man-doru no purojekuto de chīfutekunikaruadobaizā ya CTA to shite watashi o yatottashi, 2-shūkan no orientēshon puroguramu no tame ni rōma ni iku tame ni watashi o shōtai shimashita.
Kore wa, 1992-nen 1 tsuki ni arimashita. Watashi wa futatabi jasumin to kodomo o nokoshite kanashikattaga, sore wa kanojo ga shibarakunoaida, watashitoisshoni taenakereba naranakattanode, watashi no saigo no wariate ni naru yoteidatta koto o kanojo ni yakusoku shimashita. Watashi wa kyūka-chū ni ie ni kuru to, kanojo to kodomo-tachi ga gakkō no kyūka-chū ni sū dan de watashi o hōmon suru koto ga dekimasu. Sore wa karera no bijinesu no dore mo nakattanode, watashi wa sore ga watashi no saigo no dainyūdearu kotodatta koto o FAO ni iimasendeshita.
Rōma no FAO ofisu wa karakararōma no yokujō no furui iseki no chikaku o keiyu derreterumedikarakara ni ari, dairiseki no gaikan o motsu ōkibona monorishikku, hijō ni minikui tatemonodesu. Mata, Colliseum ni chikaku, chikatetsu sākasumasshimo de tōtatsu suru koto ga dekimasu. Sore wa kyodaina shikichi o kabā shi, Kokuren ga zenmen ni kaze ni nabiku arawasu subete no kuni no hata o kanbi shite imasu. Sekyuriti wa, tatemono no naka ni hontōni kitsuidesu.
Daremoga saisho ni, anata wa anata ga kitai sa rete iru ka dō ka o kakunin suru tame ni soko ni shitteita dareka o yobidashite kara, anata no hōmon no tame no ichiji-tekina pasu o hakkō suru sekyuriti hito de chekku sezu ni de iku koto wa dekimasen. Watashi no baai, karera wa ato ni, watashi wa tsuneni anchisukiru ni yotte seisa no tame ni chakuyō shite ita koto de 14-nichi pasu o hakkō shinakereba narimasendeshita. Watashi wa mata, keishi kādo o ataerareta ga, watashi wa uisukī no tame no shiyō o motte itashi, karera wa soko ni ura re, ikutsu ka no chokorēto o emashita.
Watashi wa ten’in ga watashi wa sore ga saigo no kopīdatta to itte daburu jūden sa saru man rashudi no hon o mitsuketa sutekina hon’ya ga arimasu. Watashi wa shizen ni watashi wa Manira ni itte ita dareka o kaishite jasumin ni sore o okutta tsumoridatta basho ni sono yōna hon o motte kuru koto ga dekimasendeshita. FAO no ofisu wa, subete no kai ni nagai rōka no ryōsoku ni dake kyūbikuru o shite ori, shisso. Zea wa anata ga kantan ni soko ni maigo koto ga dekiru yō ni ikutsu ka no 3000 no jūgyōindeari, yuka ya rōka o oboenakereba naranakattadeshita. Hitobito wa karera no konpyūta tanmatsu no mae ni suwatte, ichinichijū gamen ni nozoki matawa denwa de en’ento kaigai no keiei-sha ni hanashi o kikimashita.
Watashi wa hijō ni shinkeishitsu to chēn kitsuen sorera no ōku o hakken shimashita. Karera wa mata, kūru de keisan shitaga, sonōchi no hitotsu wa, ni-kai ni kare to issho ni kōhī o motte iru watashi o shōtai shimashita. Ejiputo no josei wa sūjitsukan, watashiniha fukuzatsuna kaikei shori o setsumei suru to, hijō ni shinkeishitsu zaimu-kan wa, sono finsys ya kin’yū shisutemu no puroguramu wa, kore made tsuneni watashi to kitsuen o mizu ni konpyūta-jō de hataraite ita ka watashi ni setsumei de saishin nodeshita.
Nichiyōbi ni watashi wa chikaku no dorobō ichiba o arui tari, watashi ga seitsū shite ita Bachikan ni ittekimashita. Watashi wa Arujeria de hataraite ita toki, watashi wa Itaria de 1-kagetsu sugoshimashita. Dakara zentai-teki ni torēningu ga umaku ikimashita. Kokuren no hitobito wa, karera ga watashi ni kaikei ya jimu tetsudzuki de kōhan’i no kunren o atae, watashi ni watashi no kyūryō, riten to kengen ni tsuite no subete o tsudzura shōsaina keiyaku o ataeru yō ni shita subete no shin no shinshi to hijō ni tekisetsudesu.
Karera wa watashi no shikaku to naganen no keikende wa naku, watashi no saigo no kyūyo nimotozuite, watashi no kyūryō o kettei shimashita. Kore mo watashi ni kaka reta ninmei-jō o ataenaidearou amerikahito e no surudoi taishō-tekideatta to kenri to rieki wa, watashi ga motte ita ka ni ataisuru mono o genkyū shimasendeshita. Sonōchi no hitotsu waatte mo, watashi wa nani no kenri, karera wa itsu demo hanarete toru koto ga dekiru koto o imi shite iru dake de ikutsu ka no kengen o motteinai to nobemashita. Watashi wa hijō ni rōma no FAO to sono sutaffu ni kanmei o ukemashita. Subete ga watashi o soko ni ochitsuku tame ni sūdan to kandaina intōkin no biza o fukumu sorera ni yotte okonawa remashita.
Watashi wa kyodaina yosan de jūyōna purojekuto no CTAdatta to, purojekuto no mokuhyō o zenshin sa seru tame ni Kokuren no rūru ni shitagatte, mochiron okane o tsuiyasu jinzai o yatoi, saisho kara sūdan no 5-kasho de purojekuto o settei suru tame no dokuji no sairyō o motte imashita. Watashi no yuiitsu no gaidode wa, purojekuto no dokyumento to watashi wa rōma de mananda kaikei shori shimashita. Karera wa rōma kara zuiji watashi ni gijutsu-tekina herupu o okuru koto o yakusoku suruga jimen ni, watashi wa atamadatta to daremoga watashi no yuiitsu no ken’i ni chōsen suru koto ga dekimasendeshita.
Watashi wa sūdan to sono hitobito ni tsuite watashi ga dekiru kagiri no koto o manabimashitaga, 1tsu no akarui asa, watashi wa harutsūmu ni tōchaku shita toki ni hontō no kyōiku ga hajimarimashita.Node, ikutsu ka ga sentaku sa rete iru tame, FAO wa senmonka no tame no yume no shigotodeshita. Shikashi, watashi wa shikaku ya, karera wa Arabia-go o hanasu nōryoku wa watashi ni ōkina ritendeattadearouga, sagashite ita keiken o shimashita. Shikashi, hakushigō o kensaku shimasu Arabia-go o hanasu koto ga deki nōhō no kenkyū de hōfuna keiken o motsu nōgaku de watashi wa FAO no sentakudatta hotondo fukanōdeshita.
Anata wa Ejiputo no asuwandamu wa, soreto Naseru wa sabaku ni hirogaru kyodaina mizūmi no ue ni takaku tonde miru koto ga dekimasu. Shikashi, Ejiputo wa hotondo ga nairukawa ga nanboku ni nagareru to sentaku-zu nokori no bubun wa chairodatta midoriirodeatta ryōsoku no tochi no hijō ni semai sutorippu o kangai shite sabakumashita. Sarani ue no watashitachiha sūdandeattaga, keshiki wa mattaku henka shimasendeshita. Sore wa mada onaji nairukawa to ryōsoku no chairo no sabakudeshita. Watashi wa harutsūmu ni chikadzuku yō ni ima, ikutsu ka no midori no patchi ga tōjō shimashita.
Koko de burūnairu wa Echiopia no kōchi kara orite kite, Uganda, Burunji de hasshin sa re, kyōdaina Nairu hitori to natta shiro Nairu to harutsūmu de aimashita. Watashi wa, 18 seiki ni Ejiputo no Ejiputo sōtoku ni yori sūdan no chiji to shite shiyō shita ippantekina gōdon wa, genri shugi o toita Mahadi to yoba reru kyōjin no kyōshin-tekina taigun ni yotte satsugai sa reta koto o yonde imashita. Gōdon wa Rondon kara no tasuke o uttaetaga, herupu ni wa oso sugimashita. Bikutoria joō wa, gōdon o hozon suru tame ni kanojo no shōgun o unagashitaga, kanryō to komyunikēshon no muzukashi-sa wa, saishūtekini okurete tōchaku shi, Mahadi no forowā ni tadaina fukushū o totta ensei-ryoku o okurasemashita.
Heikin jikan de Mahadi ga shibō shimashita. Kare no itai wa horiokosa to Igirisu ni yori jakkaru ni sanran shite imashita. Karera wa, ippantekina gōdon no shi ni hōfuku de ōku no hitobito o kōshukei ni shi, kyōiku o uketa hitobito ga eigo o hanashimasuga, Arabia-go ga kokugodatta sūdan. Here o shihai suru koto wa hobo hyaku-nen ni watatte taizai shimasu. Igirisu wa, sūdan e no tetsudō to denshin o motte kite, hito o oshie gabanansu to kore o okonau ni wa ōku no kikan o tatemashita. Harutsūmu no watashi no daiichiinshō wa, fu no hitotsudeshita.
Kore wa, nairukawa no higashigawa ni gōsei no kōshi-jō ni reiauto sa re, misuborashī hokorippoi to dorai toshideshita. Kawa no chikaku, ikutsu ka no midori ga attaga, anata wa hotondo doko demo nin’i no tsurī o miru koto ga dekimasendeshita. Karera wa nairukawa no tochū de ikutsu ka no shima ni ikutsu ka no sakumotsu ya kaju no zōka to narimashita. Nairukawa no hantaisoku wa Mahadi. His-kotsu no kyodaina reibyō ga aru ga, kare no shinja ni yotte kyūshutsu sa re, genzai zenkoku no jinjadatta basho ni maisetsu sa reta kyū shigaidearu omudo~urumanmashita. Hiruton hoteru wa, watashi ga taizai shitaga, sugu ni machi no betsu no hoteru e tenshutsu nairukawa no chikaku ni ichi shite imasu.
Karera wa watashi ga kite ita shiranakatta to ittanode FAO jimusho wa kūkō de watashi o mukae ni dare o sōshin shimasendeshita. Karera no ofisu wa watashi ga daihyō shi, hokanohito ni shōkai sa reta kōsō biru no 10-kai ni arimasu. Puroguramu tantōsha ga Iemen to ī-jin kara no monodeshita. Kare wa hitotsu no hōhō matawa hoka no ga watashi no purojekuto ni yūyōdearou sūdan no hitobito ni watashi o dōnyū suru Wado medani ya hoka no basho ni tsureteitte kuremashita. Kono toki, sūdan wa, samazamana buzoku no omo ni kirisutokyō no hitobito ga Isuramukyō kita kara jichi o motomete itaga, karera wa kuni zentai ga Isuramu kyōto to sharia-hō no shita de ni naritakattanode, harutsūmu wa sentō-ji ni shitsuyōdatta minami no nagai nagabiku sensō o tatakatte imashita.
Sensō wa minami ni kōhai shi, sabaku de ōkibona kyanpu ni harutsūmu no chikaku ni kessai sa reta ikutsu ka no hito no nanmin no sū sen sū hyaku hito o okutte imashita. Hitotsu wa, harutsūmu de, korera no senotakai, shibashiba minikui dinka no buzoku o miru koto ga dekimasu ta no basho kuni ga, Arabia-go de. Karera wa shiroi gaun to hijō ni shiroi tāban o mi ni tsukete ita kita torikoma sūdan hanashimasu. Josei wa jibun jishin o ōi kakusu ga, jibun no atama no ue ni chadoru o mi ni tsukete imasendeshita. Hitotsu wa, anata ga isuramukyō-kokudeatta koto o shiraseru doko demo mosuku o miru koto ga dekimashita.
Wado medani wa harutsūmu kara yaku 60-kiro de, kaigai no subete no nōgyō sūdan no kenkyū wa, watashi wa karera no tasuke de settei suru yō ni natte ita watashi no purojekuto ni kan’yo shite ita nōgyō kenkyū kyōgi-kai ya āku no honshadesu. Wado medani wa kangaideari, ōkibo ni wata, sorugamu, tōmorokoshi, ko zakkoku sono yō na ōku no sakumotsu o seisan suru gejira to yoba reru kōdaina nōgyō Hirano no man’naka ni arimasu. Karera wa fīrudo o funmu suru chīsana kōkūki o shiyō shite imasu. Koko de watashi wa kare ga watashi no bokōdatta Beikoku de Calpoly de benkyō shita to itta āku no direkutā to aimashita. Watashi wa subete no nochi ni tekisetsuna basho ni atta ka no yō ni sore ga miemashita.
Watashi wa, watashi wa purojekuto ofisu ni taizai shi, settei ni natte ita tokorodearu Eru obeido ni iku koto netsubō shite itaga, watashi wa harutsūmu o nokosu tame no sekyuritikuriaransu o motte imasendeshita. Dare mo sore ga keiyu shite kita made, watashi wa sū-shūkan matta nashide doko demo sūdan de ryokō suru koto ga dekimasendeshita. Watashi wa purojekuto ga sugu ni fīrudoashisutanto no hitsuyō-seideatta koto o happyō suru rōkarunyūsu no ronbun ni kōkoku o haichi shi, sharyō ni kansuru jimoto no Kokuren jimusho de kakunin shi, jimu yōhin nado no juchū o okuri hajimemashita soshite aru Ni~Tsu, watashi wa. IT wa, dōro ni yotte ikutsu ka no 600-kirodesuga, dōro wa ryōkōdeari, subete no michi o asufaruto āku fokkā-ki ni Eru obeido ni tobimashita.
Watashi wa, karera ga watashi ni ofisusupēsu o ataeru kotodeari, purojekuto no kaishi o sokushin shi, koko de āku sutēshon no kenkyūsha to au kotodeshita. Karera wa watashi ga harutsūmu ya Wado medani ni tassuru kanōsei ga aru, sore o tōshite rajio o motte imashita. Koko de hataraite ita sūdan wa, kyōiku, hotondo no setsuzoku no kanten de jibun no kuni no erīto to minasa. Karera ga kaishi suru mae ni, sore ga nōgyō no daijin no yō ni rakka-mei wa karera no itokodearu ka, karera wa daitōryō o shitte nagai sorera o toru shinakatta nado karera wa watashi ni karera ga watashi o ataerudarou ofisusupēsu o shimeshitaga, genzai sore ga akushū nanika no kanzen’na sōko to shite shiyō sa reta koto kurīn’appu suru tame ni, sukunakutomo tsuki ga hitsuyō to narimasu.
Karera wa, purojekuto ga kidō suru no o setsubō shite ita to watashi ni ocha ya herupu no yakusoku o teikyō shimashita. Kore wa iwaba mitsugetsu jidaideshita. Watashi wa jibun no jūkyo to shite kari-ka o rain appu suru tame ni watashi no mijikai tsuitachi no hōmon o riyō shita to rīzunaburuna yachin ni tochi ryōshu to kakehiki ya kaishū oyobi teichaku no ōku o hitsuyō to ie o shūsei suru tame ni kare ni 1-kagetsu o ataemashita. Kore wa watashi ga wākushoppu o motte itashi, kare ga tsukuru to 1-kagetsu no jikan ni o todoke suru koto o yakusoku shita kagu no kanzen’na ie o meijita daiku o sagashi gyō wa.
Dakara, 24-jikan inai ni watashi wa subete no 1-kagetsu no jikan uchi ni umaku ikeba, junbi ga dekite irudarou,-ka ya kagu, ofisu o motte imashita. Watashi wa hijō ni watashi wa mijikai hōmon de tassei shita mono ni yotte tokui harutsūmu ni modotte tobimashita. Ima, watashi wa chūmon shite ita, doko ga garagedta dono yō ni ōku no kuruma o sanshō shinakereba narimasendeshita. Watashi wa,-sha o dete, ikutsu ka no doraibā o yatoushi, karera no tame ni Kokuren no nanbāpurēto o shutoku shinakereba narimasendeshita. Sorekara watashi wa, harutsūmu de watashitachi no jimusho wa pōtosūdan ni kotei Eru obeido e no nenryō no tankā o teikyō suru tame ni haichi shimashita. Watashi wa mata, fīrudoashisutanto no baiku o meijimashita.
Watashi wanode, watashi wa, sorera o motte sono-jō ni ita o kotei shi, watashi wa hoka no basho de Eru obeido to ni idō suru koto ga dekiru made soko ni chūsha suru tame ni harutsūmu de kenkyū kichi ni sorera o totta Kokuren ni yori, samazamana ofisu ni kakunō sa rete iru 10 no kuruma o hakken shimashita. Watashi wa kore made aruitaga, ima watashi wa jibun no kuruma to doraibā o motte imashita. Fīrudoashisutanto no posuto no tame no shinsei-sha wa, intabyū no tame ni haitte kuru yō ni nattashi, watashi wa karera to ōku no jikan o sugoshitashi, ikutsu ka o sentaku shitaga, omona mondai wa, watashi no kauntāpātodearu kotodatta jimoto no purojekutodirekutā o sentaku suru kotodeshita. Ikutsu ka no kōho o sukurīningu shita nochi, watashi wa Eru obeido-eki kara nakama o sentaku shi,.
Disu wa naku, ikutsu ka no chien no nochi ni okonawa reta yoi kyūryō de kare o ninmei suru FAO ni tazuneta saishūtekini kare no ninmei wa keiyu shite kitaga, kokka purojekuto no senmonka ya genshiryokuhatsudenjo no yakkaina mondai wa mi kaiketsu no mamadeshita. Eru obeidode wa watashi ni ie o yakusoku shi, watashi wa ochitsuku tasukeruga, kare wa kono jitende wa, jidōsha jiko de shibō shite ita betsu no purojekuto de Doitsu CTA ni sunde imashita. Shikashi, watashi wa jibun no ie o hakken shi, sugu ni Eru obeido ni idō suru koto ga netsubō shite itate imashita. Ame ga tsuki ni kiin shite itanode, watashi wa dasai ga kaishi sa reru mae ni sugu ni junbi shīzun ni mukete sagyō keikaku o shutoku suru jikan no tame ni osa reta yō ni.
Sekyuritikuriaransu wa yaku 2kagetsu-kan, harutsūmu de watashi ga okurete itaga, ima ushinau suru jikan wa arimasendeshita. Watashi wa sugu ni Eru obeido hōchi shi, sugu ni subete no kagu ga setchi sa reta watashi no kaisō no ie ni teijū shimashita. Daiku wa, kare no kotoba o mamotte itashi, yanushi mo sō itte imashita. Yuiitsu no ofisu no shitsumon wa mada senjō sa reta mamadeattaga, watashi wa ofisugagu o chūmon shi, FAO wa, watashi ga Honkon ni meijita konpyūta wa mata, sonoyōni tōchaku shita jimusho ga hayaku sheipuappu kaishi nado no ofisu yōhin no ton o teikyō shimashita. Shikashi, watashi wa sugu ni watashi no hisho to shite tekiyō suru tame ni karera no josei no itoko o motarashi hajimeta sūdan kenkyūsha no keisan rukkusu ni nayamasa remashita.
Karera wa utagai to shin’yō shi-me de watashi o mimashita. Tokuni hitotsu wa, hebi no yōna me o motte itashi, pokkumāku no kanzen chokumen yokoshimana hito to shite watashi o osoimashita. Kare wa eki no direkutādatta to shibashiba namae ga doroppu sa remashita. Korera no on’nanoko wa subete,-kin no hōseki-rui o tōsai shitaga, hotondo, aruiwa mattaku eigo o hanasu koto ga dekimashita. Watashi wa sorera no subete o kyohi sa retanode, jibun no taipingu no sukiru wa, dōyō ni hijō ni utagawa shi imashita. Watashi wa, wakakatta to gōri-teki ni eigo o hanashi Ejiputo no josei o hakken shimashita. Kanojo wa Arabia-go de shizen ni ryūchōdattanode, watashi wa sonobade kanojo o yatonnyūryoku suru hōhō o shitte imashita. Kore wa, to yoku suwatte imasendeshita
Sūdan kanojo wa koputokurisuchandattaga, hisho o sentaku surunode, watashi wa karera no akui ni michita hatsugen o mushi shite shigoto ni notta junsui ni watashi no tokkendeshita. Watashi wa Eru obeido ni kuruma no hotondo o motte itashi, nenryō ga eki de hozon sa reru yō ni tōchaku shite imashita. Watashi wa mata, doraibā o yatotta to monogoto ga watashi no tame ni harutsūmu de nashitogeru koto ga deki, kanri ashisutanto o sentaku shimashita. Watashi wa yoi kibun ni atta to fīrudoashisutanto ga sentaku sa re, sono sutēshon ni okura reta korekara no kisetsu ni sagyō keikaku o tsukuri ni tsuite settei shimasu. Eru obeido ni kuwaete, watashi wa 4 hoka no kyoku wa, subete no sūdan.
Korera ni hirogaru tōyo suru koto ga atta sūdan no tōbu ni nishi sūdan, etsudameru, Eru Saada no darufūru chihō de no Idd Eru Ghanam, u ̄ n Kadadamashita. Dakara watashi wa subete no saito ni itte, karita ie ni affīrudoashisutanto o kaiketsu suru tasuke to doraibā to ichibu no nenryō to karera ni baiku ya kuruma o motarashimashita. Karera wa sugu ni kaishi suru yō ni shita fīrudo shiken no tame no nōka no sentaku o kaishi shitaga, wareware wa mada eruobeido de saiban purotokoru ni torikunde imashita. Sūdan wa kōdaina kunidesu. Eru obeido no nishi wa sabaku no yōnimieru kansō chiiki o tōru dōro ga,-dō wa arimasen.
Anata wa Idd ga Eru Ghanam ni tōtatsu suru tame ni niyara ni tobu ka fashieru made kita umu Kadada ni tōtatsu suruga, korera no 2tsu no kūkōde wa hikōki ga chakuriku no muzukashi-sa o motte itanode, ōame no toki ni sofuto ni natta dake de yogore sutorippu o motte ita kanōsei ga arimasu. Dōro to wa, amarini mo mendōdattashi, sūjitsu o yōshimashita. Demo, 4-rin kudō-sha ga fukai doro no naka ni ikidzumaru ya Waji ga ippai hashitte kōsa suru koto ga dekinakattanode hon kusari shimatta basho no Idd Eru Ghanam e no michi wa tokuni warukattadesu.
Sore wa hotondo ga sabakudattanode umu Kedada e no michi wa sukoshi kantandeshita. Azuma no dōro wa dōro ga arata ni chōdo sō mo kantan toreiru sabakuta osama Bin radin no kaisha Eru Saada e etsudameru kara rikuro de shenji-ken made asufarutotanode, watashi wa kantan ni etsudameru ni unten dekiru yō ni ryōkōdeshita. Shikashi, kyori wa kōdaideshita. Kore wa, dōro sōkō-kotsu ga tsukareta tsukuri kaesu tame ni Eru obeido to onaji-jikan kara etsudameru ni tōtatsu suru tame ni 2-nichi kakarimashita. Soko ni tabemono ya nomimono o 1-nichi 24-jikan o uru michibata sutando-sū ga arimasuga, u ̄ n Kadada no yōna ikutsu ka no basho de, tabemono wa hontōni hidokattadesu.
Modoru Eru obeido de watashi wa, sagyō keikaku no kanryō no tame ni kenmei ni pusshu shite, watashitachi no fīrudoashisutanto no tasuke o karite samazamana saito de shiken o ue isogashiku suru eruobeido no kenkyūsha ni tazunemashita. Ima toraburu ga honkaku-teki ni hajimarimashita. Karera wa sūdan no jishin ga erīto to kangae raretanode, watashi wa korera no sūdan wa, fīrudo de hataraku tame ni shiyō sa renakatta koto ga wakarimashita. Karera wa shigoto o suru tame ni eki kara ashisutanto to rōdō-sha o yatoimashita. Nōgyō shisutemu no purojekuto de, soreha watashitachi no pātonādeatta nōkadattanode, watashi wa, koreha settei ni dōi shimasendeshita. Kare wa kantoku to kenkyūsha no sekigyokutekina sanka no shita de, hotondo no sagyō o okonaimashita.
Kore wa, nōka no hata de hataraku tame ni yatowa reta rōdō-sha ni motarasu tame ni, gensokutoshite hantai shitaga, sūdan wa, kono yō ni shuchō shi, ima dewa rōdō-sha ga furutaimupurasu zangyō ga shiharawa rete iru koto o yōkyū shimashita. Karera wa mata, jibun jishin no tame ni bakudaina kyūryō o yōkyū shimashita. Watashi wa, karera ga fīrudo ni ikanai to, purojekuto-nai nodo no yōna hōhō no shigotode wa arimasendeshita kansatsu to itta toki ni, sono kotae wa, karera ga sonoyōni kangaete ita watashi wa, karera no shikō no renshū no tame ni sorera o shiharawanakereba naranai to iu kotodeshita.
Āku no hitobito ga kitaga, karera wa Eru obeido no sūdan kenkyūsha ni mikata shimashita. Kore wa, purojekuto no tame no hijō ni warui hajimarideshitaga, hoka no basho seibu to tōbu ni shigoto ga ririku shi, ōku no shiken wa hijō ni saisho no shīzun o uemashita. Shikashi, sugu hitorihitori ga okane o motome hajimemashita. Watashi wa kare o shiharawanai kagiri,-eki no gasorinsutando no atendanto wa, anchisukiru ga yakan nado watashitachi no ofisu o mite inaidarou, watashitachi no gasorin to watashitachi no kuruma o umenaidearou. Watashi wa sūdan seifu wa, karera ga, sutaffu no tame no jūtaku, ofisusupēsu no yōna mono no dai tasū no tame no sekininwoou koto-tō o karimasu to itte hōteki bunsho ni shomei shita to shuchō shita baai, soreha, chōkaku shōgai-sha no mimi ni ochimashita.
Dare mo FAO to seifu-kan no gōi o kōeimasen. FAO wa kuni no senmonka o koyō suru keiyaku o seishiki shi, sorera ni kanren suru subete no bunsho o sōshin suru tame ni watashi wa heikin jikande wa hijō ni hādo ni pusshu shimashita. Saigo ni, 1-nichi ni wa, sore ga shomei sa re, genshiryokuhatsudenjo wa, genzai no purojekuto no tame ni furutaimu de hataraku dake watashi ni hōkoku suru yō shiji sa remashita. Shikashi, futatabi, karera wa shirigomi shi, karera ga purojekuto no tame ni furutaimu de hataraku koto ga dekinai to iimashitaga, kanzen’na kyūryō o nozonde imashita.
Sorera no hotondo wa, gaibu no konsarutanto to shite hataraite ita to jibun no shigoto o suru tame ni yoru ni purojekuto no konpyūta o shiyō shite imashita. Kore wa karera ni yoi okane o kasei kuwaete, karera wa watashi no tame ni hataraku hitsuyō wa arimasendeshitaga, chōdo onaji shiharai tte shimaimashita. Hebi-me no hito wa karera no shidō-sha to supōkusumandeshita. Yōsuruni karera wa, FAO no purojekuto ni karera no shibō no sakunyū ushi o hakken shimashita.
Karera wa, nōmin ya karera o shien suru hōhō o ki ni shimasuga, tsuneni karera wa karera no tame ni kaihatsu sa reta gijutsu no pakkēji jiman shimasendeshita. Watashi wa fukanōna jōkyō ni arimashita. Watashi no aite wa, sentaku sa reta saiaku no hitodattashi, shōgai no ichibu ga jiraideshita. Watashi wa kare no rirekisho to Wado medani de āku no shōnin o shinrai shite imashita. Kare wa kuruma, doraibā to jimusho o ataerareta ga, kare wa nani mo shinakattamashita. Kare wa deteittade wa naku, fīrudo e to okane o kontorōru shitakattadesu.
Kore wa, kisoku no shita de kyoka sa remasendeshita. Yuiitsu no watashi wa, purojekutomanēja to CTA wa tsuiyasu koto o FAO ni sekinin ga atta to okane o shimete iruga, kare wa sore ni fungai shimashita. Watashi wa FAO ni sōshin suru tame ni junbi shite ita repōto o yomu tame ni kare ni tazuneta toki, kare wa 2kagetsu-kan, kare no tsukue no ue ni sore o iji shi, kare wa forewords o kaite ita to nobemashita. Dare mo hōkoku ga okuretanode, nanika o kaku tame ni kare ni tazunemasendeshita.
Kare wa watashi ni taishite kyōbō shi, kare wa wazukana shūnyū o shiharattanoni taishi, kare wa kintō nado yū shikaku nado attaga, watashi wa takai kyūryō o shiharawa reta koto o ii hajime karera wa wakate shain no tame no jūtaku no yachin o harai, dekirudakehayaku karera no towa-tekina jūkyo o kōchiku suru tame no harutsūmu seifu wa watashi no yōkyū ni ōtō shimasendeshitaga, karera wa tsuneni karera ga nani no yachin shiharau koto ga deki, mu jūtaku shikin no mijikainakatta koto o iimashita kensetsu sa remashita. Josei sutaffu ga tekisetsu ni shūyō sa renakereba naranakatta tokoro etsudameru no jōkyō wa hijō ni warukattadesu.
Idd Eru Ghanamde wa, soreha mata, CTAta Chunijia kara FAO no jūgyōin wa jibun no purojekuto ni kyōryoku shi, rōma no FAO no ōkina hazukashi-sa ni soko ni watashi no sutaffu o shien shinai koto o kettei shita onaji-banashideshita. Kare wa rōma kara no hōmon-sha ni hitotsu no koto o iu to, karera ga satta toki ni betsu no mono o okonaudarou. Kare wa raibaru to shitede wa naku, pātonā to shite wareware no purojekuto o mite, hidoi hatsugen o shimashita. Sonogo etsudameru ni okeru kōdinētādatta sūdan hito wa okane o nusunde kaishi shi, watashi wa Arabia-go no yomikaki ga dekimasendeshita chi tte iru Arabia-go de nise no ryōshū-sho o tsukurimashita.
Kare wa 900 o poketto shinagara, 100-pondo no ryōshū-sho wa, zero o tsuika suru koto de, sen ni narimashita. Rōma no Arabia-go o hanasu kaikeishi ga ijō o hakken shi, setsumei suru tame ni watashi ni tazune tama de, kore ga misugosa ni ikimashita. Shikashi, kore wa hobo 2-nen-go ni okorudarou. Watashi wa, Kokuren ga ōhaba ni wareware no purojekuto no yosan o sakugen suruga, rōma wa watashi ga futatsu no saito o shattodaun shite, purojekuto o tōgō suru tame ni hoka no basho de sutaffu o tensō suru koto o o susume shinagara 5 saito ni me o iji suru no ni kon’nan o kakaete imashita.
Eru obeido wa wazuka sū dōro ga asufaruto hosō sa rete iru hokorippoi machidesu. Tokiniha ame wa sū fīto no fuka-sa made machi ni sattō shimashita. Sore wa, hitobito wa atsusa kara nogareru tame ni, yūgata ni suwatte 1 eigakan, 1 kōen o motte imashita. Kore wa, 1 hoteru to ikutsu ka no hikui kurasu no resutoran ga arimashita. Watashi ga iku to suwaru koto ga dekiru yuiitsu no basho wa Eru obeidoshiria hito wa shakō ya barēbōru o saisei suru tame ni shū ni sū-kai atsuma~tsuShiria no kurabudeshita. Karera wa atatakaku watashi o ukeire, ōku no baai, karera no ie ni watashi o shōtai shimashita. Karera wa sūdandeattaga, karera wa Katorikku kyōtodattanode hanarete nokorimashita. On’nanoko wa Isuramu mollahs ga sukide wa nakatta koto o mijikai sukāto to seiyō no fuku o kite imashita.
Karera wa, terebi ya rajio no subete no jikan ni seibu no nanika o kokuhyō shimashita. Shiria hito wa, koputota Ejiputo hito to konzai sa seru koto wa dekimasendeshita. Ejiputo Coptics wa, jibun no kurabu o motte itashi, karera no josei ga amarini mo mollahs ga dōyō suru koto mijikai sukāto to seiyō no fuku o kite imashita. Sore wa 1tsu ga kōran to ōku no rōtarī kōsaten de jū o hoji shite iru semento no te o miru koto ga dekita Isuramukyō kunideshita. Josei wa misuborashiku atsukawa re, ōku no baai de sakenda sa remashita. Watashi wa watashi no hisho de sakende dare o kinjita toki ni ko no yōna kōi o teishi shi, kanojo ga sonkei to songen o motte atsukawa reru koto o shuchō shimashita.
Sono mikaeri ni, karera wa karera no bunka o rikai shite inai gaikoku hitodearu koto no watashi o hinan shimashita. Sūdan wa, ōku no baai, watashi wa, Pakisutan ya Banguradeshu. Whendatta baai, watashi wa nō, sonogo, karera wa watashi ga Indo no Isuramu kyōtodatta to katei shi, watashi wa futatabi iwanakatta toki ni hijō ni odoroita to nobeta watashi ni tazunemashita. Indo no hindo~ū kyō wa, Isuramukyō kunide wa nani o yatte imashita ka? Watashi wa ketsudan o kudashita yō etsudameru no jūtaku jōkyō ga akka shimashita. Watashi wa subete no murabito o atsumete, chōdo karera no mura no soto watashitachi no tame ni jūkyo fukugō-tai o kōchiku suru tame ni karera no tasuke o motomemashita.
Purojekuto wa, doa ya mado ya hoka no ikutsu ka no kosuto o teikyō surudearou. Karera wa dōi shi, mijikai jikan to josei no fīrudoashisutanto no betsubetsu no ie no naka de adobe no ie o tatemashita. Eru obeidode wa, watashi wa ima no Idd Eru Fursan to yoba reru ikutsu ka no murade wa naku Idd no Eru Ghanam de sorera no tame no ikutsu ka no hinansho o hakken shita watashi wa mada nayami o motte itashi, purojekuto no shikin kara yachin o shiharaimashita. Watashi wa doko ni demo sutaffu no sewa o shi,-go de FAO ni hiyō o seitō-ka suru riyū o setsumei shinakereba narimasendeshita. Niara nimotozuite, watashi no sutaffu no hitotsu ga shinken ni byōki ni natta to hikōki de harutsūmu ni hinan shinakereba naranakattaga, pairotto wa, watashi wa kanja ga hijō ni kinkyū iryō enjo o hitsuyō to shite iru koto o shōmei suru tame ni Eru obeido kara ishi o shutoku shinakereba naranakattanode, sekinin o toru koto o kyohi shimashita.
Kare wa harutsūmu ni nagashitaga, kare wa tonikaku-go mamonaku shibō shimashita. Eru obeido no watashi no sutaffu no ta wa shinken ni byōkidattanode, kare wa kare no ato o mite otōto o motte ita tokoro, watashi wa kojin-teki ni Wado medani ni tsurete ikimashita. Kare wa yoku narimashita. Dakara watashi wa sugu ni shori shinakereba naranakatta ōku no mondai ga arimashita. Yori shinkokuna mondai no hitotsu wa, fīrudo to harutsūmu to no tsūshindeshita.
Saisho ni betsu no purojekuto ofisu wa watashi no tame ni, musen messēji o sōshin suru sai ni yakudatta ga, sugu ni musen operēta wa, okane o motome hajimemashita. Karera wa subete no Kokuren purojekutodeari, riron-teki ni wa hoka no Kokuren purojekuto o tasukeru koto ni natte itaga, watakushiha no Idd Eru Fursan. IT de Chunijia ni tsuite genkyū shite ita to shite mo, koko de onaji-banashideshita. Watashi wa yūshoku no tame ni watashinoie ni sorera o shōtai shite karera to yūjin o tsukuttemimashita. Karera wa kite, yūshoku o tabetaga, reigi o kaesa reru koto wa arimasen.
Karera wa watashi ga karera no kokoro ni katsu tame ni okonau koto ga deki, kaishi to nanimonai kara chōzen to shi, hikyōryokutekideshita. Jasumin to kodomo-tachi wa, karera no kyūka o sugosu tame ni Eru obeido ni kitaga, hontōni. IT wa tinbukuto~u yori mo akka shite ita karera no tame ni wa nani no kankei mo arimasendeshita. Jayanti wa Katorikku no misshon de kēki o yaku hōhō o manabi, mata kanojo no te wa Hena de somete itaga, Ashis wa hontōni taikutsu shite imashita. Soko ni yomitoru koto wa nani mo nakatta to watashi wa terebi ga arimasendeshita. Jasumin wa, to isogashiku shite mimashita
Ryōri to ikutsu ka no ie wa iji suruga, kanojo wa watashi no sābanto o shin’yō shite inakatta tsuitachi to iimashita. Osoraku, kare wa okane o nusunmashita. Watashi wa 1-nichi Eru obeido mizu tanku ni sorera o totte, pikunikku o motte imashita. Eru obeido no gaikoku hito ga, watashitachiha yūshoku ni 1 Oranda no nakama o shōtai kimyōna rotto to fushinsetsu. Whenta, kare ga arawareru no o wasurete imashita. Hokanohito ga kitaga, reigi o kaesa reru koto wa arimasen. Watashi wa jasumin ya kodomo o shinpai dōro-jō no subete no sūdan, mazushī shokuhin no ue ni kiin suru ittei no sōkō ni usuku natte imashita.
Watashi wa jidai no saikō no jōtai de kanari no machide wa arimasendeshita harutsūmu ni sorera o torimashita. Jasumin wa, watashi wa omoni taizai shi, tachinowarui shokuhin misuborashī hoteru no heya de shitsubō shimashita. Sore wa watashitachi ga iku tame ni shiyō sa reru tokorodearunode, karera wa dentō-tekina Indo ryōri o o meshiagari itadakemasu omudo~uruman no Indo no kazoku ga arimashita. Akumeidakai haboub wa harutsūmu 1-nichi utta toki, kanojo wa 1-nichi no kyōfudeshita.
Haboub ga totsuzen araware, habahiroi hi no hikarinonakade kurayaminonakade, toshi zentai o ōi kakusu koto ga deki hidoi sunaarashidesu. Hokori wa totemo atsuku, hitotsu wa toraburu sae tojita kuruma no naka ni kokyū o motte iru koto o chissoku shimasu. Sore wa kanojo. She no tame no shinki no keiken wa sore no yōna nanika o shira rete inaishi, sore ga owatta toki ni ureshikatta ndeshitadeshita. Watashi wa, karera ga soko ni sūdan ni ikutsu ka no yoi hon o hirotta. I hodō-jō de hanbai sa re, ikutsu ka no hon o kai ni omudo~uruman ni iku tame ni shiyō sa remasu.
Kono monogatari wa watashi no purojekuto ni sanka suru yō ni natta nepāru no nakama ni genkyū sezu kanzende wa arimasen. Watashi wa 1-nichi, kare wa arawareta to kare wa keizai gakushadeatta koto o itte kuru to, purojekuto ni sanka suru ni wa, kono nakama no tame ni sūdan seifu no shōnin o shutoku shinakereba narimasendeshita. Watashi wa sugu ni chōsa no soto ni mitsukatta kare no aidea wa, nagai ankēto o umeru tame ni 4 matawa 5 nōka e no intabyū de kōsei sa re, sonogo, kare wa kotae o gaisō suru koto ni yori, bōdaina repōto o kakimashita. Kare wa shuyōna jōhō teikyō-sha no chōsa to yobimashita. Watashi wa ayamatta ketsuron o seisan hijōshiki shōtokatto sore o yobidashitaga, kare wa shuchō shimashita.
Kare wa hitori de sunde ite, watashinoie ni shōtai o kyohi shimashita. Watashitachi no kankei wa samu-sa to fushinsetsudattanode, kare ga taizai shita koto ga 18-kagetsu de, watashi wa 30-funkan ichidodake kare no ie ni ittekimashita. Sore wa sonoyōni hanmei shita riyū o watashi wa shiranai ga, soreha sūdan no ta no subete no yōdeshita. Kare wa purojekuto o nokoshitaga, nani no ashiato o nokoshimasen. Kare wa kie, kare wa doko ni itta watashi wa shirimasendeshita.
Jasumin wa modotte Firipin ni hidoku nagai furaito o tanoshinde imasendeshitaga, sukunakutomo watashitachiha otagai o miru koto ga dekimashita. Sugu ni watashi wa watashi no saisho no kyūka no tame ni ie ni kaerimashita. Modoru sūdan no kensaku sagyō ya kanryō to notatakai to Eru obeido no yokoshimana sūdan wa kore made ni nai yōna watashi no enerugī o sapped. Shikashi, kono jiten de watashi wa Eru obeido de watashi no ofisu ni setchi sa re, sūdan no nin’i no bubun ni tōtatsu suru koto ga dekiru sonotoki karadatta taibō no denpa o ukete imashita. Watashi wa. She wa yūshūna gakuseidatta rajio no shiyō hōhō no torēningu no 1-shūkan harutsūmu ni watashi no hisho o okurimashita.
Kanojo wa, watashi no repōto o nyūryoku shita watashi no tasuke o karite, akaunto o shita, ginkō ni watashitoisshoni ikimashita, jushin matawa messēji o sōshin suru tame ni rajio o atsukau, watashi wa kanojo ga watashi no tame ni machi o shita ni mitsukatta daitainenryō chozō shisetsu no yō ni motte ita subete no mondai o kaiketsu shimashita. Kanri ashisutanto ga nanika o sagashite iru ma, kanojo wa egao to soreijō to ōku no sono yōna zatsuyō o shimashita. Watashi wa kanojo ni wa totemo manzokudattaga, sūdan wa, purojekuto no soto ni kanojo o eru tame ni kanojo ni taishite purotto shimashita. Sonoaida ni harutsūmu de iemenpurojekutokōdinētā wa, Ejiputo ni keisai sa rete imashita.
Kare wa watashi ni totte hijō ni furendorī de shinsetsudattaga, kare no kōkan wa mata betsu no hanashideshita. Kokuseki fumei no kono nakama wa, shonichi kara watashi ni tekitai-tekidattashi, ōku no baai, hoka no ōku o kiku koto ga dekiru koto o rajio de yaban’na yarikata de hanashimashita. Watashi wa Kokuren ni yotte gimudzuke rare zuiji yosan no kaisei o shinakereba naranakattaga, aru hi, watashi wa kono otoko ga kare jishin ni yotte yosan no kaitei o okonatte ita to iu no ga watashi no odoroki to rakutan ni hakken sa re, ikutsu ka no kekka to shite, Kokuren jimukyoku ni oku~tsu60000-doru wa, watashi no purojekuto kara kira remashita.
Watashi wa nani o kare ga shita koto wa machigatte ita to nobemashita. Watashi wa kare o hōkoku suru koto ga ari, sonobade kubi ga, kare wa hijō ni yoku, rōma ni setsuzoku shimashita. Sore wa kare ga saisho no basho de shigoto o ete ita hōhōdesu. Watashi wa jibun no purojekuto ni restituted kono okane o eru tame ni sūjitsukan wa hijō ni kenmei ni tatakattashi, ōku no shōchō ni iki, karera ga shomei matawa tegami o kaku tame ni, nagai jikan o matanakereba narimasendeshita. Kokuren ofisu de Ejiputo no nakama mo hijō ni hi yūkō-tekidattashi, kare wa hoka no jikō ni shusseki shinagara, nagai jikan no tame ni,-gai no heya de matte iru watashi o tamochimashita.
Kare wa sore ga kare ni sore o okonau no ni nagai jikan ga kakatta watashi no eigo. Obviously o shūsei shinakereba naranakatta to nobemashita. Shikashi, saishūtekini wa okane ga restitutedmashita. Watashi wa kare ga futatabi ko no yōna itazura o shitanaraba, kare ga atsukau koto ga dekiru yori mo ōku no toraburu ni narudarou to nobemashita. Sore ga rūrudesunode, nani no yosan no ribijon wa watashi no shōnin to shomei nashi de teishutsu suru ima made ni arimasen. Sore wa tonikaku nantoka rōma no jimusho ni shira reru yō ni nattaga, watashi wa FAO ni purojekutokōdinētā no kono fusei kōi o hōkoku suru koto wa arimasen.
Nishi no warui dōro wa genzai, sūdan de mitsukeru no wa muzukashikatta hinpan’na shūri ya supeapātsu o hitsuyōna sharyō ni karera no tsūkō-ryō o torimashita. Watashi no ofisu no kopī-ki wa, dōyō ni hakai kaishi shimashita. Ikutsu ka no izureka wa, purojekuto no kamera o karite,-go de sore o kaesa retaga, sore wa futatabi hataraita koto wa arimasen. Watashi no boku wa sonoaida, kare wa tsuitachi-go ni kaihō sa reru tame ni keimusho ni tsurete ika retanode, watashinoie kara nusun aka kiki kyatchi sa remashita. Karera wa shūjin [sentaku nakama ga sumiyaka ni machi o satta ga, keikan ga kite, tesūryō o kōryo suru tame ni, kare ga iku to harutsūmu de han’nin o sagashite yorokonde ita koto o watashi ni shisa o yashinau tame ni nani no yosan o motte ita to nobemashita.
Watashi wa dōi shinakattanode, sore wa junsuina sagi no shigotodeshita. Dorobō wa watashi no okane, toraberāzuchekku to purojekuto no kamera o nusuma rete imashita. Watashi wa watashi no sonshitsu o henkin kakikomi no yaku 8-kagetsu-go ni okane to kamera ga, amerikan ekisupuresu no hotondo o kaifuku suru koto wa arimasen. Ninenme no sagyō keikaku ga kaishi sa reta jikoku to fīrudotoraiaru ni shimashitaga,-koku no senmonka no mondai wa nokotta to akka shimashita. Purojekuto no dōbutsu kagaku-bu wa Eru obeido ni mo darufūru de yoku yatte imashita.
Nōgaku sagyō ga etsudameru ni tsudzuketaga, sonoyōni nusumu shimashita. Soko doraibā ga kuruma ni shinkokuna higai o motarashita kengen no nai hito ni kuruma o kashimashita. Shūri-dai wa osoroshīdattanode, watashi wa, doraiba o hassha shitakattadesu. Ima, unten-sha wa, kono nakama o yatou tame ni watashi ni kongan shite ita Beikoku no moto taishidearu koto o okohhogo no tame no kare no shidō-sha ni hashirimashita. Kare wa, sumiyakani FAO tantōsha ga kōgi suru tame ni, ima to yoba re, doraiba ga FAO no tantōsha wa, ōku no baai, kare ga nozonde ita watashi no purojekuto no hitobito o yatou tame ni watashi o kyōyō shite ita amerikahito no nakamadatta nado nado kawaisōdatta to futatabime no chansu o atae rarerubekidearu to nobemashita jibun jishin o torinozoku tame ni.
Watashi wa shūri-dai o shiharai, doraiba o torimodoshimashita. Ko no yōna setsuzoku no dengendesu. Sūdande wa, daremoga setsuzoku sa rete ita yōdeshita. Hito o yatou no wa kantandattaga, sorera o hassha suru koto wa arimasendeshita. Karera wa shōgai no teki o tsukuttaga, watashi wa watashi ni yakunitatanaito ikutsu ka no doraibādeatta kanri ashisutanto o kaiko sezaru o emasendeshita. Watashi wa mata, kare no shokumu no taiman no tame no fīrudoashisutanto o kaiko shitaga, watashi wa mada kokka purojekutodirekutā o hassha dekimasendeshita.
Eru obeido sutēshon no kenkyūsha wa mata, karera wa mada purojekuto no tame ni furutaimu de hataraku koto o kyohi shi, furutaimu no chingin o nozonde itanode, toriatsukai ga kon’nandearu koto ga shōmei sa remashita. Dakara, watashi wa Eru obeido no hitobito de motte ita mondai no ikutsu ka o seiri suru tame ni rōma ni Wado medani de āku no direkutā o okurimashita. Kare wa watashi ga kyoka shite ita purojekuto o gisei ni shite soko ni ikimashitaga, katsute rōma de kare wa watashi ga sūdan no hitobito o rikai shite inakattanode, soreha rōma de dare ga kare o shinjinakattashi, kare o ie ni okura reta nado mondai to natte ita kata, watashida to iimashita.
Seibu darufūru: Anata wa, korera no hi, CNN ya BBC o mita baai, anata wa, ōku no baai, nishi darufūru, soko ni mondai ga hyōji sa remasu. 1992-Nen mondai wa, seisaku ni shite ori, hyōmen no shita de kusubu~tsu. Anata wa kyori o sōzō dekiru yō ni, darufūru no saizu wa Furansu yori mo ōkīdesu. Kokode wa jibun jishin Arabu hito to yoba re, karera wa tsuneni hōboku no tame no chiiki kara chiiki e idō rakuda ya yagi ya hitsuji no ōkina mure o motte ita yūbokumin no ma de kaihatsu tairitsu ga arimashita. Kore wa mata, sorera no dōbutsu o motte ita yūbokumin ga mochikoma jikoku no ryōdo-jō no dōbutsu no kyodaina mure no hōboku o arasowa teijū nōmin to no kyōgō ni sorera o motarashita.
Darufūru wa hijō ni kansōshiteiru to dōbutsu ga mata mura no chikaku ni ikutsu ka no sansui ana ni honenuki ni sa renakereba narimasendeshita nochi de nan sen-ri ga shibō shita furusukēru no sensō de funkadaroushi, nan hyaku man hito wa, kōdaina kyanpude nanmin to naru kyōgō o hikiokoshimashita. Shikashi, 1992-nen ni, watashi wa mada watashi ga gen’in de yosan sakugen ni sugu chikaku ni atta koto unmu Kadada ni unten dekimasu. Warui fashieru to niara-kan no dōro ga, niara no minami ni wa dōro wa arimasen ga arimasu.
Uki no ma ni watashi wa,-kō no kōgen to shite,-sha no heddoraito o shiyō shi, rōpu ni tsukamasshi, watashitachi no atama no ue ni watashitachi no fukuro o hakobu yūgata ni hayaku nagareru Waji o ōdan shinakereba narimasendeshita. Kore wa, sore ga attado no yō ni waruidesu. Soshite, shinken ni taiya ni sonshō o ataeru kanōsei ga mizu no shita ni ne ya eirina mono ga arimashita. Kuruma o jakkiappu suru koto wa hotondo fukanōdearu toki, anata ga imamade doro ya mizu ni taiya o henkō shiyou to shita baai, anata wa watashi ga nani o imi suru ka shitte irudarou.
Koko de minami ni darufūru ōku no Afurika hito ga junrei no Mekka ni iku tame ni ito shite, Nishiafurika kara zutto mae ni kita hito teijū shite itaga, sore wa ima hotondo no jikan o kansō jikkō suruga ippaidesu Waji chikaku no mura ni teijū. Karera okonawa reta koto ga arimasendeshita ōame-ji ni. Kanki no ma, Waji wa dorai ni mieruga, suibun ga Waji chikainode, korera no nōka no shokubutsu mangō no ki no suna no shita ni arimasu. Waji wa, shizen haisui shisutemudesu. Dakara, mangō no ki wa hijō ni yoku seichō shi, kudamono no ton o seisan shimashita. Karera wa mata, banana ya hoka no ōku no sakumotsu o uemashita.
Mura wa koko ni ochitsuita gaikan o motte imashita. Shikashi, ima, karera wa hōboku to mizu no tame ni jikoku no ryōdo o shinryaku Arabu yūbokumin to kyōgō shite imashita. Arabu hito wa, karera ga hi Arabu hito to minasa re, nandomonandomo sorera o kōgekidarouga, sore wa sū-nen hanarete mada atta murabito-tachi o nikumimashita. Watashi wa, koko de sutaffu o tamotsu sharyō-yō nenryō ga kyōkyū sorera o iji shi, maitsuki-ka ya kyūryō no tame ni karite imashita. Watashi wa 1-nichi, Kokuren no heimen-jō ni sonzai suru konpyūta o sōshin suru tame ni nozonde ita tokiniha, harutsūmu kara purojekutokōdinētā wa.
Disu ga kengen to watashi no dōi nashi ni watashi no yosan o kaitei shita no to onaji nakamadatta kyohi shimashita. Watashi wa izen koko ni Chunijia no nakama ni tsuite kaka rete imashita. Watashi wa okurimono to shite kare no ongaku kasetto o sōshin shi, Eru obeido matawa harutsūmu de kare o shōtai shitaga, kare wa itsumo kyohi shimashita. Niyara de no Firipin hito komyuniti ga koko ni mo genkyū suru kachi ga arimasu. Soko ni 2tsu dake, matawa sorera no 3dattaga, karera wa budō no tsuru o tōshite watashi no Firipin hito no tsuma no koto o kiite imashita.
Karera wa anata ga Firipin hito no tsuma to Hana i ga atta baai ni nomi,-sōdenai. Karera wa hontōni anata ga ita dare ki ni shimasendeshitaga, tsuneni chōdo anata ga, anatahadare o yatotte inakatta nō to i~tsu. IF anata ga koyō sa reta baai ni wa anata no te ni jibun no rirekisho o osudarou harō to iudeshou karera wa sewomukeru to, futatabi anata o mita koto ga naidarou. Atode Eru obeido de watashinoie no ushiro ni sumu koto ni natta mono ga ie ni modotte kare no ie ya kuruma jiman teishi suru koto ga dekimasendeshita, kare wa shinseki no tame ni okurimono o motarasu sugoshita dono kurai no okane.
Shikashi, igirisuhitodatta to niara ni sunde ita hitori wa, dōyō ni ni tsuite kaku kachi ga arimasu. Kare wa min’na ni kirawa Iran no tsuma o motte imashita. Ichido watashi wa kare ga kako ni yasashī omoete itanode, tada aisatsu suru tame ni kare no ie ni ittekimashita. Ima, kare wa isoide mein doa o burokku no kare no ie no narabe-gae no soto ni watashi o mitasu tame ni dete kimashita. Kanojo wa sugu ni kuru to kao o shite ita hito o kakunin suru tame ni nozoki mi. Kanojo wa totemo shinsetsu ni watashi wa kanojo ga mattaku ōtō shinakatta tame ni dono tame ni kōhī o junbi suru koto ni narunaraba, kare wa sonogo, uttae kakeru yōna koe de kanojo ni tazunemashita.
Kawari ni, kanojo wa chōdo nani mo iwanaide, sū-funkan soko ni tatte itashi, doko ka ni sugata o keshimashita. Watashi ga rikai shi, hinto o torimashita. Watashi wa tonikaku kōhī ga sukide wa nakattadesu. Shikashi, watashi wa itsumo sore ga kisū no doko kara sonoyōni kanzen ni bunri sa reta gaikoku hito to sen-kiro wa hijō ni hi yūkō-tekinanode, unwelcoming dekiru koto o miidashimashita. Kore wa Mari ni shi, hoka no basho demo sōdeshita. Dono yō ni nin’i no 1 wa, kono genshō o setsumei suru koto ga dekimasu ka? Watashi wa dekimasen.
Tōbu sūdan wa: 1 Ga kangaeru to sūdan no kōryō to shita no seibu wa, sonogo, tōbu ni wa mura ga sonzai shinai baai ni wa nani mo seichō shinaito doko ni tokuchō no nai tochi no kōdainaga aru tame, yori kōryō to shite imasu. Shenji wa harutsūmu to etsudameru to shenji no ma dake machi wa chōdo jigoku no anadesu. Sore wa harutsūmu kara shenji e no michi ga atarashiku, yoku tsukura rete iru koto o nozoite, ippantekina gōdon no jidai kara hotondo kawatte imasen. Sore wa shenji-go ni akka shimasu. Shenji ni mukau tochū, anata wa sorera no taka-sa.
None ni wa 20 ijō, matawa 30 fītomasen chīsana piramiddo o tsukutta kodai no mono wa sonomama de, arasa rete iru meroe de iseki ni dekuwashimasu. Kibu ni wa, anata wa mada ikutsu ka no hijō ni utsukushī chōkoku o miru koto ga dekimasuga, karera wa amarini mo komakai chōkoku ni zonzai ni hikkaki ni yotte rakugaki no fatima no shurui o aisuru āmedo o kaku hitobito ni yotte hakai sa rete imasu. Daremoga kako o ki ni shimasen. Ichido ni sūdan no farao wa, zentai no Ejiputo o shihai shitaga, sore wa nagai jikan maedeshita.
Sonogo,-betsu no shitsubō machidesu etsudameru ni kimasu dongora e no michi ni. Nairukawa wa, kono bubun ni S ji-jō o tori, abu shinberu shinden ya asuwan de massugu ni naru mae ni, ōku no hakunaishō o tsūka shimasu. Shikashi, watashi wa soko made itte imasen. Subete no michi Eru obeido kara etsudamerueru Saada e no tabi wa itsumo watashi o mi ni tsukete ita 900-kiro o koete imashita. Watashi ga gen’in de, yosan no mondai ni Eru Saada saito o heisa shi, sutaffu o tensō shinakereba naranakattaga, etsudameru wa tsudzukemashita.
Modoru Eru obeido de sūdan wa ima, karera wa takai kyūryō de yatowa rete inakatta baai, karera wa sore ijō ni kyōryoku shinaidarou to watashi wa hoka no basho kara yatou koto o sentaku shita baai, hitobito no nin’i no yotei o burokku shimasu to itte, purojekuto o yūsō kuro hajimemashita. Watashi wa karera ni jibun no kachi o shōmei suru tame no 1tsu no yori ōku no chansu o atae, haraimodoshi rōn keiyaku matawa RLA to yoba reru shiki o shiyō shite jibun no yotei o kakunin suru tame ni FAO ni tazunemashita. Sore ga hataraite itaga, mondai wa onaji mamado no yō ni watashi wa kanari rikai shite imasendeshita.
Karera wa karera no kyūryō o shutokude wa naku, sore no tame ni hataraku no ga suki. Karera wa, purojekuto e no sō sekinin ni natte ita to kichōna shigen o muda ni shimashita. Jasumin wa watashi no 2-nen-me ni watashi o tazunete kite, tsuki ni watashitoisshoni taizai shitaga, sore wa onaji-banashideshita. Eru obeido wa mada wakai kodomo-tachi no tame ni, matawa jasumin no tame ni wa nani no kankei mo arimasendeshita onaji hokorippoku yogoreta machideshita. Jayanti wa watashi no rinjin no musume to tomodachi o tsukuttemimashita ga, kanojo ga seikō shita ka dō ka wa wakarimasen.
Ashis wa ofu ni akka shite itaga, karera wa fuhei o itta koto wa arimasen. Kore wa watashi ga hontōni watashinokazoku ni kansha suru monodesu. Karera wa watashi ga ōku no hitobito ga watashi no kurō o ataeru ue de, kyōdō to jigoku o magete inakatta koto wa hijō ni kon’nan purojekuto no atama ga atta koto o shitte imashita. Kore wa watashi ga hinpan ni kabin-sei. Karera wa watashi ga ie ni modotte shiawase ni naruga, watashi wa dekinakattabekidearu to nobemashita. Sukunakutomo, mada.
Karera wa tabemono ga doko kara demo riyō dekinai baai ramadan no kikan o taenakereba naranakattaga, watashi wa sorera o tekisetsu ni kyōkyū suru koto ga dekitanode, arigatai koto ni, karera wa sore no matsubi ni kimashita. Ima, watashi wa, karera ga kaette itte ita yorokonde imashita. Karera wa sūdan no jūbun o mite kanmei o ukenakattate imashita. Kore wa, kankō-kokude wa arimasen. Watashi wa ie ni 1 yori ōku no jikan o ikanakereba naranakattaga, FAO rōma jimusho wa watashi no nayami o shitteita shi, karera wa sudeni seifu no shōnin o ete itaga, watashi wa sūdan ni 3-nenkan no watashi no ninki o kanryō suru koto o nozonda to no rieki no tame ni nokoshite doko ni watashi ga myanmā ni utsusu koto o teian shimashita intai.
Watashi wa, kore wa doko demo watashi no saigo no wariate ni naru koto ga kettei sa remashita. Watashi wa imi o nashimasenga, FAO no hitobito wa yuiitsu no watashi o tasukeru tame ni shiyou to shite ita. That kono saiaku no basho o nokoshite hoka no saiaku no basho ni idō suru tsumoride wa nakattadesu. Karera wa hijō ni shinpai shite imashita. Dakara watashi wa tsuki ni ie ni kaerimashita. Watashi wa sudeni jasumin to kanojo wa heikin jikan ga ōku o kōnyū shite itanode, kodomo-tachi wa daigaku de benkyō shimasu chikai shōrai ni Raguna e no idō no mondai o giron shite imashita. Ima watashi no jitaku no kyūka-chū ni, wareware wa soko ni kōchiku suru utsukushī ie no tame no keikaku o sakutei shimashita.
Kore wa mata, An’napuruna wa Firipin o mōichido tazunete kita tokideshita. Jasumin wa, hitobito ga watashitachi no ie o kōchiku suru tame ni, kanojo wa Raguna ni idō shi, kenchiku kyoka o shutoku shi, mite ikimasu to iimashita. Watashi wa derī ni heimen-jō ni modo~tsuAn’napuruna o ireta nochi, sūdan ni modorimashita. Watashi wa ima, sūdan no jōkyō wa masumasu rifujin ni natte ita koto o kanchi suru koto ga dekimasu. Watashi ga tadashikatta. Watashi no rusu-chū ni aite no nakama wa, monogoto no subete no shurui no nise tte watashi o hinan harutsūmu ni yakkaina tegami o kakimashita. Watashi wa sonogo jishoku shi, Firipin ni modoru ni wa, sugu ni watashi no kokoro o tsukurimashita.
Watashi wa sonotame watashi wa 1994-nen no 3 getsumatsu made ni sūdan to FAO o nokosu koto o nozonda, watashi wa purojekuto ni watashi no yūyō-sei wa owari ni kite ita to iu ketsuron ni kite ita rōma no jimusho ni tegami o kaita watashi wa ni-nen ijō o sugoshi, 3 imashita-kagetsu ichi kara settoappu ni kono purojekuto o shiyou to sūdan no mittsu no bubun de purojekuto o kakuritsu suru koto ni seikō shimashita. Junia sutaffu wa yoku hataraite ita to yūekina shigoto o shite itaga, watashi wa FAO no kokka purojekutodirekutā no unmei o nokoshimashita.
Karera wa, hyōka chīmu o okuttanode, watashi wa 4 tsuki chūjun made, sukunakutomo todomarubekida to kotaemashita. Kono chīmu wa saishūtekini watashi wa purojekuto to ikutsu ka no gen’in to natte ita mondai ni tsuite harutsūmu ni karera ni hanashi o tsuitachi to yoru o sugoshita tōchaku shimashita. Karera wa nani mo iwazu ni shizuka ni mimi o katamukemashita. Akiraka ni karera wa Eru obeidotoraburumēkā kara no monogatari no betsu no sokumen o kiku to, osoraku karera no kokoro o tsukuru koto ni narimasu. Watashi wa ki ni shimasendeshita. Watashi wa kono purojekuto ni watashinojikan no yaku 2-nen han o ataete itaga, ima shūryō shite yasumaseru jikandeshita.
Watashi wa kokusai-tekina kyaria o jūbun ni motte imashita. Watashi wa atode FAO wa, hyōka chīmu no kankoku no sai ni kokka purojekutodirekutā oyobi ikutsu ka no ta wa utagai o hassha shite ita koto o kikimashita. Watashi wa yoi no tame no haigo ni sūdan o nokoshimashita. Watashi wa Haichi no to onaji kankaku o motte imasendeshita. Watashi wa Haichi hito o aishi, purojekuto wa tohō mo naku seikō shitaga, koko de watashi wa watashi ga tameshi tenakattaga sonoyōni kakunin sa remasendeshita. Kore wa, ozzu o kokufuku suru ni wa amarini mo ōkikatta dake no kotodesu.
Watashi wa watashi no kōkan wa Arabia-go o yomu koto ga dekiru isuramukyōdearu koto o shisa shimashita. FAO ga dareka o mitsuketa ka dō ka, watashi wa kono Ni~Tsu ni shirimasen. Ima dewa ōku no nengo ni zentai no darufūru chihō wa konran. Whodearu sorera no mazushī hitobito no tame no misedearu mono o shitte imasu ka? Shitagatte, watashi wa, tanjun’na moji de watashi no puro seikatsu o oemashita. Kore wa, enkakuchi ni tsureteitte kuremashitashi, watashi wa Betonamu, Arujeria, Burunji ya Haichi nado no ōku no kuni de ōku no koto o tassei suru koto ga dekimashitaga, subete ga owari ni konakereba narimasen. Watashi wa ōku no keiken o ete, ōku no hito ni atta, ikutsu ka no wa yoi to ikutsu ka no waruiga, soreha jinseidesu. Mananda kyōkun wa 1tsu ga yoi hito ga daredearu ka shitte irushi, sorera o taisetsu ni shinakereba naranai kotodesu. 1Tsu wa mata warui hito-tachi ga daredearu ka shitte irushi, sorera o yokeru tame ni motte imasu.

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

 

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Chapter twelve: Blood soaked hills of Burundi- 1988-1990(in Japanese)

MC3_7313 - Burundi - Bujumbura

 

いくつかの考え
あなたが知っている人々に開放するよりも、生活の中であなたの経験についての何かを書き、多くの場合、あなたの内なる感情を書いて、見知らぬ人と共有することが容易であるため、ネット上の読者と共有することができることがいいです。未知の人があなたのブログを読んで、またはしないことがあり、それに知られている人々が、間違いなくあなたがそれらを満たすために得ることは決してありませんことを知っている読者とあなたの気持ちを共有し、それらをあなたが知っている方法を知ってもらうために容易であるやり方を反応させることができます人によっては。また、彼らの反応は、あなたの生活の違いをすることはありません。

私はなぜそれが非常に困難あなたが知っているか、あなたが思う人に話をすることであり、なぜそれが決して容易なことではありません自分自身を頻繁に尋ねますか?答えは、我々は、おそらく私たちの判断と開く意欲を曇らせることを覚えておくことは快適ではないです過去の経験を持っているという事実に横たわっていたことがあります。あなたを知らないとだけあなたが書くものを読むことができます見知らぬ人に話すことには、このような障害はありません。
彼らはあなたが話をする無邪気な子供のようなものです。彼らはあなたの話を好きかどうかに応じて十分かどう反応します。これは、あなたが知っている人とそうではありません。彼らはあなたが彼らの弱点や、彼らはずっと前に行儀方法について書く場合はそう否定的に反応無実ではなく、それらの障害を受け入れることはありません。

 

人間の脳は面白い器官です。それも、メモリは数回のキーストロークで簡単にハードディスクから消去することができるコンピュータとは異なり、非常に長い時間の後に非常に詳細にそのままメモリを維持するニューロンを格納するメモリの十億を持っています。いくつかのケースではニューロンが保存されているメモリを維持する能力を失い、さらに年齢とともに悪化少ない鮮やかなものに鮮やかな心をレンダリング状態に縮退することができることは事実です。しかし、健康な脳でも高齢の急激なそれらの記憶を維持することができます。お母さんは91.She歳の時に非常に鋭いだった何も忘れていないし、すぐに長い前に起こった何かを思い出すことができたので、私はこれを知っています。

その時々にそれをアンロードし、インターネットのブログは、その意味で有用であるように、他の人と共有することができない限り、しかし、あまりにも多くのメモリが負担をすることができます。一つは、読者があなたの過去の苦い経験についてのあなたの愚かな、目的のない暴言に興味を持っていないとno不確実な面でそう教えてくれますので、ブログが気になる何かを書くための場所ではないことを覚えておく必要があります。
彼らはあなたが1は何の印象を残さないし、何も新しいものを教えてくれない日の黙想への無意味なと単純化した一日と他の人を退屈させることはありませんので、彼らは新しいと感激何かを学ぶことができますどのような方法でそれらを示し、より興味を持っています。

彼らが住んでいるほとんどの人は関係なく、普通の生活をしていません。生活の毎日のグラインドはどこでもが、より多くのような課題がより多くの先進国に比べて大きい貧しい国の誰に通行料を強要します。私は人々が生き残るために毎日苦労アフリカとアジアで、この闘争を見てきました。彼らは頻繁に夜に空腹行く彼らは家に電話し、日ごとに生きる醜い小屋を持っています
そして次の日に何をすべきか心配。私はケニアのは、彼が女性はあなたがバングラデシュで彼らのために同情を感じさせる彼らの衰弱の赤ちゃんを保持するお金のために懇願したどのように空腹かあったので、私の食べ物の上に左を求めた方法を覚えています。

人々は生活の非常に異なる基準を持っていると非常に異なるものを心配ので、しかし、西の通常ルーチンの生活は、他の場所で普通の生活とは異なります。 70歳の時にアメリカ人女性は、髪の色の彼女の新しい陰でより興味があったし、彼女はそれが未満150ドルのために成し遂げることができどこアフリカの彼女の相手は唯一の彼女の子供を考えながら、知りたいと思ったと少ない上、それらを餌にする方法1日1ドル未満とどのように蚊に刺されから保護するために、彼女は蚊帳を買う余裕はない可能性があるため、マラリアを引き起こします。

私は困難な状況下では多くの国に住んでいると人間が食糧、避難所や衣類を得ることにその日の困難にその日の対処方法について多くのことを学びました。土地までアフリカ農村部における妊娠中の女性は、自分の背中に縛り付け赤ちゃんを運んでいる間、食物を育てる水、薪やその他の必需品を見つけて、その日の需要を満たすために毎日非常に非常に懸命に仕事を何キロ歩きました。彼らは絶対的貧困に住んでいると、彼らは約西心配でそれらの対応が自分のベビーシャワーのために招待しながら、医療施設が利用できない孤立した遠隔地に住んでいるので出産のそのlives.Manyダイをより良くする機会がありません。

だから、そこに大きな格差があり、このギャップはいつでもすぐに閉じることについてではありません。これらの国での私の経験は、人々が彼らの日常生活の中で我慢しなければならないものより良い理解に便利になることができる場所です。快適な生活を他の人がこれまでに世界のほとんどはとても不快に住んでいるので、無残方法を理解してもらう場合、私はしばしば疑問に思います。

その後.Some宗教的狂信者はこの状況を利用して、彼らの唯一の選択肢は、彼らがやるように言われているもの、以下であることを人々に伝える自分の非識字や知識へのアクセスの欠如によってもたらされる困難があります。教育を受けた人は、ちょうど約何ではないので、人々は無知の暗闇に住んでいるときについての彼または彼女の心を作ることができます。しかし、無知も無関心の製品であり、私は頻繁にインドで、または他の場所で見てきたように、必ずしも教育の欠如によるものではありません。

彼らは神経質な感じの人で歯のようなサーベル。赤ちゃんカバは浴びとその母親の監視の目の前でcavorted。

しかし、カバは夜中に放牧に出てきて、.Manyブジュンブラの住民が略奪のカバ、彼らが引き起こした破壊を訴えたが、カバが保護されていたその方法ですべてを破壊する芝刈り機のような庭園を刈ら。どこかの湖の巨大なワニもありました。

ブジュンブラでは1は象牙やカバの歯の彫刻だけでなく、ブルンジ、ルワンダ、ザイールで行われたシマウマの皮と多くの遺物の多くを見つけることができます。それはケニアを好きでいなかったので、expatの人口は非常にいくつかの小さなや観光客でした。私は、ブルンジが好きで、それはフレンドリーな人々との素敵な国だと思いました。空港の人々も、何ヶ月後に自分の名前を覚えていました。ペースが緩和したと近くの入浴すべてのカバとの雰囲気がとてもエキゾチック。市場は混沌と出るか遠い部分から来るミニバンでいっぱいでした。彼らはどこにでも豊富に生えていたパピルス葦で作られた美しいバスケットやボウルを販売しました。
ブジュンブラのアメリカ人とBurundiansとの会談はうまくいきました。これは、主にすべての答えを知っているように見えたとナイジェリアからのイボのような顔のマークを持っていた誰かの独白だったが、私は奇妙な人々に使用されました。我々は、すべて私がブルンジに来て、Karuziでのみ農学者としてプロジェクトに取り組むべきであることに合意しました。 ISABUでベルギーの仲間は非常に不思議な彼はインドを見たことがなかったかのように私を見ました。 ISABUは、プロジェクトのブルンジ政府の関心を表している機関です。

ISABUのディレクターは、ハイチでの私たちのプロジェクトを訪問していたと私は彼が温かく私を思い出して、私はブルンジに来て、プロジェクト救いの手を与えるべきであると言ったので、私はそこに行った作業のいくつかを示すフィールドに彼を取っていました。ハイチでの彼の仲間はKaruziの私のカウンターパートであることでした。

だから私はお母さんへの短期訪問を支払うことをインドに飛んだミッションを達成しました。彼女は誰もが私を期待していなかったが、再び私を見て幸せでした。ママは、私が等を滞在していたどのくらいの時間、私を抱きしめ、他は私がから来ていた場所を尋ねる周りを粉砕しながら泣いたので、私はちょうど戻ってフィリピンへ行く途中ルワンダ、ブルンジを訪問したしたことを伝えました。誰も知らなかった、あるいはこれらの国のことを聞いていたが、それはもう私は驚きませんでした。

シャンティも、それはヒンディー語で卵を意味するANDAのように聞こえますが、私は彼らのコメントによって邪魔されないと判断されたと言ってルワンダの楽しさを作りました。それだけで私は何も言わないし、何もしないように調製したように、10日間の短期訪問になる予定でした。ありがたいことに彼らの好奇心は、彼らが一人で私を残した後5分程度続きました。私は彼女が痛みの多くを負っていることを言ったお母さんのために残念に感じました。私は彼女が制酸剤シロップと言った白い液体を取り、ダウンgulped医薬品の偉大な数に驚きました。

私は彼女を慰めようとしたが、どのように知りませんでした。彼女は弱々しいと部分的に盲目でした。彼女はベッドの中でほとんどの時間をとどまったが、あまり眠れませんでした。ニーマルは、彼は彼ができるすべてをしていたと述べ、町で最高の医師に相談するが、彼女の問題は、古い時代と孤独でした。

私は静かにしていました。私は私の口を開くことがより良い知っていました。これらの人々は、私が言った何かを取り、いくつかのいずれかでけんかを開始するために、20年後にそれを使用することができます。私はルワンダやブルンジについては何も言いませんでした。ニーマルはかつて神は、私が言うことを知らなかったので衝撃的だった私にはその黒人は醜い作ったことを私に伝えていました。しかし、ベンガルはベンガル語ではありませんでした誰を揶揄しました。

彼らはシーク教徒は愚かだった、南部が正しく食べる方法を知らなかった人粗野とパンジャブ人は恥知らずと非倫理的であったことを言いました。彼らはタゴールを生成しなかったためだけベンガルは最高だったなどUP地元の人は未開だったとビハール人は野蛮人でしたか?そして、スバス・チャンドラ・ボース?ベンガルは、おそらく過去に他のものよりも多くを生きていない傾向にあったが、彼らは過去に住んでいました。

アンナプルナも来たが、私は町にいたわかりませんでした。人々は私が頻繁にインドを訪問したことに驚きはなかったです。彼らは当然の私を取り、私には海外旅行が誰か隣を訪問するつもりのようだったと言いました。私はお母さんがはるかに長い前後になるつもりはない知っていたので、私は重い心でデリー、この時間を残しました。お父さんは長く消えていたし、今、彼女はあまりにも私たちを残すことになります。彼女は私が彼女の雪の白の髪をブラッシングしながら、彼女は涙でかすんだ目で話しているの生活の中で多くの困難や病気を介して住んでいました。

彼女は私の父が自分のニーズに傾向にあったときにコルカタにある親戚が彼女を扱わたかひどく私に言いました。私の貧しい母は食物と一緒に毎日彼を達するために、多くのバスに乗って観客を立ち向かいながら、彼は癌治療と操作のために入院していました。彼女はその時に古いだったが、誰もしばしば彼女に混雑したバスの座席を与えませんでした。私たちの親戚はとても悪かったし、再びそれらを見ることはなかっ約束したことを知りませんでした。

私は定期的にベトナムからの彼女のお金を送って、彼女は家賃収入を得ることができるが、彼女は彼女の維持費とSabitaは恥知らずな女がそれを取っているためにSabitaにお金を与えたように、上の階を建てていました。しかし、彼女は年金を持っていたとお金の短いませんでした。彼女は実際に彼女の娘とその子供たちに自由にそれを譲りました。彼女が必要とする彼女は誰からも愛され、大切にされた感じでしたが、Sabitaは彼女を愛していませんでした。

ニーマルは彼女の世話をしたが、多くの場合、彼の妻に味方します。 Annapuraは離れてどこかで働いていたと私は最も遠いでした。それは私が悲しくなりました。彼女は世界で最も偉大な母だったと私はそう言いました。しかし、今、彼女は古いものと弱いものであったと私たちの愛と助けを必要としていました。人々はこれまで、彼らはあまりにも古いいつかを取得することを実現しないのですか? AshisとJayantiは、いつの日か私はすべてのしわとしわが寄った私のベッドに横たわっていたときの注目を得るために、病気のふりをしたことを私に言ったかどうかはどのように、たとえば感じるだろうか?私は誇りのお母さんはどのくらいその後、午前誇り人ですか?

彼女はスリラムピュールで重要な家族から来て、彼女の両親の目のリンゴでした。私の祖母はTarakeshwar寺で女児のために祈り、そこに絶食した後、彼女が生まれました。私のお母さんはTarakdashiやシヴァ神の別名ですTarakeshwarのしもべと呼ばれた理由です。彼女が13歳の時、父によって結婚したとき、彼女はゴールドジュエリー、美しいサリーを与えられました。彼女はすべての女性のためのハードである死んだ夫と2人の息子を生き延びました。

彼女は私の父親と一緒にすべてのインドを旅したが、彼女は忙しい調達の子供だったが、不平を言ったことがないので、任意の場所を見たことがありません。私は私に、彼女は私を作るために彼女の年を取っていたかぎ針編みの仕事の中でも最も美しいベッドカバーを与えたので、彼女が作った何かを与えるために彼女に尋ねました。これは、フィリピンで永遠に私たちと一緒になりました。

私はフィリピンに戻り、スリラムピュールについてのすべてジャスミンに話したが、彼女はそこに彼女の経験から、それのほとんどを知っていました。彼女は今、彼女は私たちと一緒にいくつかの時間を過ごすことができフィリピンにアンナプルナを持って来るために私を促しました。しかし、これは2年以上待たなければなりませんでした。私はまだ戻って、しばらくの間、ブルンジで仕事をしていました。

一方ブルンジからのニュースが悪かったです。私の最悪の恐怖は、マテリアライズドていました。ツチ族はどこにでも再びフツ族を殺しました。彼らが私はとても不安に作ったジテガで完全な戦闘ギアに行進した理由です。世界は恐怖で見ながら、CNNとBBCは、ツチ族の軍隊によってフツ族の大量虐殺を報告しました。数年後ルワンダのフツ族は復讐を取るだろうとツチ族の民兵によって電源から駆動されるまでそこに半分百万ツチ族を虐殺します。

ブルンジのこれらの緑の丘には、山刀やナイフでのみ反撃が、機関銃には一致しなかったフツ族の血に浸したことになります。多くは、ザイール、タンザニアとルワンダへのいくつかに国境を越えて逃げました。彼らは愛情を込めて、村が破壊され、人々が死亡または恐怖で逃げた後のコーヒー農園は、現在の村のように放棄された傾向がありました。

プロジェクトが再び始めることができるので、瀉血は、少なくともしばらくの間は終わったと言った私はそこに戻って行く必要があるかどうかを自分自身で議論するが、プロジェクトの人々は10月。彼らに返すために私を促しました。ジャスミンは、私は戻って、このような場所に行く必要があることを心配していたが、私は、プロジェクトの人々がそう言った場合、私は大丈夫だろうと述べました。 Burundiansはほとんど外国人を攻撃しません。

私は今、アウトリーチプログラムで働いていた主Surendraを見るためにIRRIを訪問しました。他の人は。彼らすべてが非常に重要と感じた難民のような外のオフィスで待っている私を保つことになる私のために時間を持っているにはあまりにも忙しいようでした。私はそのような人々を尊重しなかったが、IRRIは奇妙な場所でした。そこに広いスケールの盗難や管理ミスで何人かの人々が関与するスキャンダルがたくさんありました。 Dr.Singhは不幸なようで、部門の再編の多くがあったことを言ったので、彼は今彼の状態の確認されませんでした。

私は非友好的な雰囲気が見つかりましたがDr.Singhは私に私は、種子や技術的なサポートのようなブルンジから必要な任意の助けを約束しました。彼は私に素晴らしい高収量品種を送信することによって、私にハイチでずいぶん助けたとブルンジで再びそうだろうが、彼はまだ私がカンボジアで仕事を取っていたことを望みました。誰もがニュースでブルンジのことを聞いたというか、それがonTV見ました。

私はSurendraが好きでした。彼と私は大学で、同時に私たちの大学院の研究を行なったし、何とかではないが、多くの場合、連絡を取り合っていました。彼は私がしばらくの間、ハイチであったことを知らなかったが、今私たちが一緒になったときはいつでも私たちの古き良き時代について話しました。私は彼があまりにもIRRIでとても幸せではなかったし、外に出たかった感じがしました。 IRRIの評判は、世界的に有名なの科学者だったが、私はそのような人々は、どこか他の仕事のために引退するか、左側のIRRIときに何が起こるか疑問に思いましたDr.Singhなどの重鎮により進めました。

私は1988年の10月にブルンジに戻ったが、私はブルンジのためのビザを取得するために、アディスアベバの数日間に、この時間を費やす必要がありました。アディスアベバは、おそらく私が今まで通ってきた最も絶望的な都市です。ロシアのジェットは、いくつかのより西にエリトリアで起こっている戦争があったことを思い出させてアンロードしながら、小さくて古い空港は難民救援物資のフルは、片側の高い空を積ま見られています。ダウン町に乗っは単調なコンクリートブロックの建物を過ぎてあなたを取って、多くは政権が共産主義だったトップ意味に赤い星を持っていました。人々は劣っていたと彼らにビールを買うように頼むことが多いでしょう。

あなたはほとんど私がワシントンDCでエチオピア料理を気に入ったが、私は全く成功していないので、私は懸命に試みたが、良いレストランにご案内するための任意のものを見つけることができませんでした。エチオピアのホテルでは、唯一の私は3日間連続嚥下トラブルがあった油性フライドポテトとビーフステーキやオムレツを務めました。それは恐ろしい飢饉と誰が受賞しなかった今、長引く戦争を経験してきたタフな国でした。

彼らはコーヒー自慢が、私はそう芳香族だったブルンジのコーヒーの後に、それが無味発見しました。私はよく作られた革のブリーフケースを購入しましたが、彼らの手工芸品は見掛け倒しでした。ザ

ブルンジの領事館は素敵だったと私は再びブジュンブラの準備ができていたので、私はビザを刻印しました。私はアディスアベバを残して喜んでいました。 Ethiopean気道は、あなたのビジネスクラスのチケットを取った良い航空会社はありませんでしたし、また過剰な電荷を払い戻すか、または私にファーストクラスのアップグレードを与えることを好きではなかったフライトはビジネスクラス。彼らを持っていなかったと言っエコノミークラスであなたを入れています私が要求しました。

アディスアベバからブジュンブラへのフライトは、アフリカ最大の淡水であるビクトリア湖の上に表示されますが、周りマイルのために裸に海岸を参照してください哀れでした。これは、ハンフリー・ボガートとヘップバーンのアフリカのようには見えませんでしたが、我々はキガリに近づくよう、国は、緑豊かな丘陵になりました。巨大な領土に広がる緑の密なパピルスの沼地。唯一の東アフリカではこのような巨大な湿地を見ることができました。スーダンの1南フランスよりもサイズが大きかったです。

今回はブジュンブラの空港で会ったし、我々はすぐに私の駅だったKaruzi上に再び、その後ジテガに旅しました。
ブジュンブラは今落ち着いていたし、どこでも武装した軍人によって有人多くのチェックポイントを除いて、最近ここに、国に存在戦っていたこと徴候を示しませんでした。私は次の日Karuziに到着したが、彼らは私たちが進んでみましょう前に、軍が徹底的に論文を精査し、道路上のいくつかのチェックポイントを見ました。状況はまだ完全に正常ではなかったが、誰もがそうここ最近起こったことについて話しません。

私のドライバーは、北部のブルンジでの最近の大虐殺を議論することを躊躇感じたツチ族でした。 Karuziでは、私は次のプロジェクトのゲストハウスに家を与えられました。それはので、私はすぐに落ち着い調理や掃除家事を行うためのサーバントを雇ったたった一人のためにかなり大きな家だったし、部分的に内装されました。

Karuziの村は丘陵で、農家の田植え小さな丘や数々の谷に囲まれています。ちょうど丘の下に私の家の下に牛の遊牧民は、常に水に自分の牛を持ってきた小さな湖です。時には、あなたは湖畔に着陸野生のカモを見ることができました。州の知事は、多くの熱意なしで私を受け取ったが、それは理解しました。人々はまだここに何が起こったのかについて神経質だったと外国人の不審でした。

Karuziは、いくつかの家とそのスタッフはほとんどがKaruziに滞在してブルンジやITABの選択図研究所Technologiqueアグリコルがここに置かれたいくつかの店舗を持つ、非常に小さな村です。 Karuziで働いていた外国人はジテガから減刑が、私の仕事はここにありました。プロジェクトはちょうど私がすぐに恥ずかしがり屋。彼らビットが登場みすぼらしく、彼らは私も傲慢だと思ったので、私は交換していたアメリカ人女性によって処理された若者だった私のブルンジオフィスワーカーに会った村の外オフィスを持っていました。しかし、私はすぐに安心してそれらすべてを入れて、それらを非常に喜んで労働者を発見しました。

私は私の最初の仕事は、実験を植え、種乗算仕事をするために荒野に十分な土地面積のうち彫ることだったので、雑草やジャングルの全領域に過ぎなかった大きな研究局を担当していました。この作品は、すでに始まっていたといくつかの土地がクリアされていたが、より多くの土地が必要でした。 Burundiansは熱心に働いて、私は。彼らを行うためにそれらを尋ねたものは何でもやった彼らは、これまで何もしない退屈だったので、仕事に喜びました。

まもなく土地のいくつかのヘクタールはクリアされ、私は、トウモロコシ、豆とジャガイモの上に多くの試練をレイアウト開始しました。スロープダウン我々はより多くの土地をクリアし、乗算にトウモロコシ、豆とジャガイモを植えました。我々はいくつかの巨大なピットが掘ったと私たちは酪農場から採取した堆肥で満たされていました。

ジテガから減刑プロジェクトで働いていたが、何にでも助けるために指を持ち上げたことはありませんフランスの仲間。彼は一日中自分のコンピュータで再生し、しばしばだったは電気がなかった場合はすぐに戻っジテガに行ってきました。
しかし、彼は信用を取るためにポーズやトウモロコシや豆や他の作物の美しい実験の写真を撮るようになりました。このプロジェクトは、90%の農学の仕事だったと私は他の人が何をしたかと思ったので、私は唯一の農学者でした。

省の辺境の村で農家とKaruzi研究サイト番目での作業と作業のルーチンが忙しいので、私はめったにジテガに行ってきましたしないすべての時間を私を保ちました。私は下記の谷にテストしていたIRRIからいくつかの品種だけでなく、私は遠くの村に植えていたいくつかの陸稲品種を受けていました。陸稲はちょうど雨で成長させ、直接移植する必要があった低地米に比べてシードされます。

Bugenyuzi、Munyinya、Gishikanwa、Kabwira、Rugazi、KirandaとMurambiの村は、私はジャガイモと豆の試験を植えていた多くのそのようなサイトでした。ジャガイモの試験は非常に成功したが、Beanはどちらかひどくしませんでした。多くの場合、農家は、彼らが醸造バナナビールのグラスと呼ばれるpembeを共有するために私に尋ねました。彼らはまた、ソルガムからビールを作りました。

ブルンジでビール飲みは国民的娯楽でした。ほとんどの人がジテガ近くライセンスの下で醸造された地ビールやアムステルの膨大な量を飲みました。私たちはしばしば、コーヒー農園の中pembeを飲みと冗談の周りに座っていました。女性は注意してコーヒーの木を傾向があり、その奥に赤ちゃんを運んでいる間小豆を摘み取ら。

私が最初にこのビール文化を理解し、いくつかのお茶とケーキのために私の家に私のオフィスの労働者を招待しませんでした。彼らはお茶を務めた顔をしたと私は任意のビールを持っていた場合に尋ねました。誰もお茶を飲みません。それは私が彼らにビールを提供することが予想されたので、ビールは立派ここだけのものでした。

農民は丘。彼らも植え豆、キャッサバ、トウモロコシ、ジャガイモとサツマイモに自分の家の近くにトタン屋根と植えコーヒー、バナナとバナナと長方形のアドベの家に住んでいた単純な人々でした。
彼らは主に女性の仕事だったそれより下の谷に低い土地の米を植えました。一般的には国が簡単に何も成長して作られた、良好な降雨と豊かな火山性土壌に恵まれました。彼らは食べるためにたくさん持っていたし、多作ブリーダーました。すぐに私はどこかで自分の車を停止し、すべての年齢層の少なくとも百子供たちに囲まれる珍しくありませんでした。

農家のほとんどは、フツ族であり、その地主はツチ族でした。ツチ族によってフツ族の定期的な虐殺は、おそらく子供を生成するためにそれらをより不安になりました。そこの木はどこにでもあったが、農民は薪のために容赦なくそれらを刻みました。政府は軍でした
それは多くの場合、あなたが完全に松の木が植えられた多くの多くの丘を見ることができるように斜面に木を植えるために村人を命じました。

村人は、道路を維持するのを助けるか、新しいものを作るか、小さな橋や排水溝を修復するために、週に1日仕事する必要がありました。その点で、それは誰もが任意のコミュニティの仕事をしていないので、全く裸に丘を作るすべての木を切り倒しハイチからとても異なっていました。ここでは、本当に緑と素敵でした。ここでは農家はボロボロの服を着て、裸足だったが、彼らは常に彼らの分野で働いていたし、彼らの良い服を台無しにしたくなかったので、それはおそらくでした。

週に一度の村の市場は、ほとんどの女性は、彼らが生産のものを購入し、販売色の暴動でした。彼らは彼らの頭の上にバナナの巨大な房を実施し、彼らは小さな価格のためにそれを販売するために一日座ったが売れ残りの場合、頻繁にそれを実施し、市場に10キロを歩きました。女性は10セントの価格を削減し、戻って自分の村に重い負荷を運ぶために好ましいものではないだろう。

子供たちはここで車両やシャウト侮辱を渡すに石を投げていませんでした。代わりに、彼らは良い朝言った、彼らは車を見たときはいつでも.Peopleが挨拶に手を上げ微笑んだが、それは他の人に従属のショーがあったかどうかを判断することが困難でした。過去には、タイムズの特派ブルンジの血まみれの丘と呼ばれていたこれらの美しい丘陵で悲劇的でした。

彼らは、ツチ族ではなく、恐怖に並んで住んでいました。私は誰も【選択国がきれいだったし、よく成長している人口をサポートし、この相互の憎悪の恩恵を受けていないが、それは、道路、学校、医療施設などのインフラを欠いていた国を見ました。私は、多くの場合、一次医療施設に到達するために丘の上にマイルのための強力な男性と歩行によってリードバスケットに運ば重病人を見ました。ここには救急車サービスはありませんでした。道路は、多くの場合、カルバート、橋梁を洗い流さ雨季泥だらけになったばかりの未舗装の道路でした。

多くの村がリモートであり、そのような時間でカット。私はバナナ運ぶ自転車が脅威を与えたブジュンブラへの道を述べていたように公共交通システムも悪く、危険でした。時間道端で待っていた人々は、いくつかの場所に乗るし、救急医療は壊滅的である可能性があります。

ほとんどの村には電気や水道がありませんでしたが、Bugenyuziに、イタリア人はおそらく、発電機を持っていた病院や診療所を設定していました。また、教会を持っていました。でも、リモートの村に1が美しい教会を見ることができました。 Karuziに1人は赤レンガで造られたと女性がサービス中に自分の子供を授乳座っガラス窓や汚れの床を染色していました。

単独で私の小さな村に住んでいたが、彼らが作っや織りバスケットに陶芸や女性に男の子を訓練し素敵な教会や、多くの場合、学校や専門学校を建て、様々な国籍の多くのカトリックの宣教師がありました。イスラム教はまだ証拠にはあまりありませんでしたが、私はそれが時間の問題だったとします。 Gitaramukaにおける一つのツチ族の女の子は、一度、彼女は人々の生活を制御する教会で信じていなかったことを私に言ったが、カトリック教会はカトリック教徒が子供たちを洗礼を受けていることを主張しました。これは、彼らが信仰を伝播することができる唯一の方法でした。

彼女はまた、ヒンズー教徒は宗教が個々除いて誰を懸念していないし、他の人がその例に従うであろうことを望んだ個人的な問題であったことを考える上で正しかったと述べました。しかし、これではなかった、それは厳密に国民の宗教的な生活を支配国家そのものだったいくつかの国を.INします。そして、永遠に彼らの議題を押し原理主義がありました。

若い女性は、部族間の憎しみに何の未来を見ていない教育を受けたツチ族でした。私は、おそらく人々は彼らの部族の違いを忘れて平和に暮らすことを学ぶことが示唆されたが、それが起こることをするためには、ハード彼女の作品のような教師は子供たちは、彼らが最初と最後のBurundiansであったことを理解させるためにすることが不可欠でした。おそらく、より多くの結婚も部族のラインをぼかすと敵意を減らすことができます。

私の人生はすぐに午前7時に仕事と私たちがフィールドトライアルを設定していたいくつかの村やサイトを訪問する予定のルーチンに定住します。私はよく本を丸くまたは短波ラジオ.Thereに耳を傾けるだろう夕方には他に何もまたは訪問する誰もいませんでした。私の次のみ

ブルームーンに一度によってドロップされた平和部隊の女の子だったの隣人は、私たちは引っかくを果たしました。
修道女と司祭もなく、多くの場合、私を訪ねて来ました。私もパブとして倍増村の食料品店で毎晩ビールをダウンgulpingのための彼らの熱意を共有していなかったためBurundiansは超然としたままでした。

夜の食事は、私が暖めランチから左オーバーでした。人生は何のための無休憩と単調なルーチンになりました。私は後に犬を手に入れたが、彼は村の鶏や鳥を追いかけて自由採餌犬だったが、夕食時に現れました。私はジャンボ彼を呼ばれるが、彼は小さな足とフロッピー耳でより多くのホットドッグのように見えました。
時々私は私のハーモニカで演奏し、私はカセットプレーヤーで再生またはさえも声を出して考えとして知られている自分自身に話を聞いたが、ほとんどそれは非常に孤独な存在だった曲の数行を歌いました。

ジャスミンは頻繁に書いて、家に帰るように頼まれました。これは我々が分離した初めてだったので、子供たちは私を欠落していたが、私は家に帰ることができませんでした。ホームは、これまでKaruziの丘から見えたが、実際には、家は非常に遠く、ここから実際にあったことでした。文字は孤立感を高める到達するためヶ月以上かかりましたが、時間は何とか合格します。

ある日、知事は、伝統的な踊りやパレードを意味彼の就任式に私を招待しました。ブルンジドラマーは。彼らすべてがヒョウの皮と羽の彼らの衣装で現れた彼らのドラミングスキルのために知られており、一斉に15または20のドラムを破っています。彼らは太鼓を打つと明るい服を着た女性はまた行進と踊りながら同時に踊りました。学校の先生もパレードと歌った学生をもたらしました。

ブルンジの大統領がKaruziに来たときに後、私は同じような踊りやドラマーを見ました。彼の大臣は私の家に滞在し、それをあふれさせることにより、浴室の混乱を作り、カーペットを汚さが、大統領は他の場所にとどまりました。彼が上に座ってのために彼らは私のソファを取りました。閣僚など “あなたはブジャにあるとき、来て、私たちを参照してください”の彼らの義務演説を行った。もちろん、それの言葉を意味するが、それが政治家の期待されていたではない左。

私はKaruziでの作業に必要なものを購入するジテガのプロジェクトスタッフに依存することができませんでした。彼らは蚊を殺すために私にスプレーの缶を持ってきたら、私はトウモロコシのための殺虫剤のボトルを求めていたとき。その他は、彼らは単に忘れてしまったと言いました。唯一の問題はすべてが、いくつかの60キロ離れまたはブジャで、いくつかの200キロ離れたジテガで購入しなければならなかったので、何もKaruziで利用できなかったということでした。彼らの態度は、私が何かを必要に応じて、それは彼らに私の問題だったとされないということでした。

しかし、彼らは常に私たちのプロジェクトは、このまたはそれをしたと言ってやった仕事のための信用を取りました。彼らは、来場者へのプロジェクトの成功について延々と自慢が、農学ですべての作業を行うために私にそれを残しました。他の人がKaruziでプロジェクト作業に参加したり助けなかったため、プロジェクトはチームとして機能していませんでした。会議はジテガで開催されましたが、ほとんどの管理事項とめったに技術的事項を議論します。

私はいつも、私は私の家族を逃したものの、私は孤独ではなかったと答えて、本を読んだり、ラジオや音楽を聴いて孤独に私の時間を過ごしたKaruziで孤独だった場合人々はしばしば私に尋ねました。それは私にたくさんのことを考えると、私の心でそれらを整理するための時間を与えました。 Karuziの人々は私が彼らのビール飲みに参加しませんでしたが、それは私のスタイルではなかったので、私は非社会的なと思いました。私はお茶を飲みながら人々と話を言っています。

私は釣りを試してみましたが、2釣竿を作ら。私のしもべは、私が頻繁にランタンで夜に座っていた場所の下の湖の端にプラットフォームを作り、いくつかのナマズをキャッチしました。その後Karuziで働くようになったコンゴからFAOの専門家は、私の釣りのパートナーとなりました。何日かは、我々は手ぶらで帰ってきたので、それは実際には何を引くよりも楽しかったです。

チームのメンバーだったフランス人の仲間は、多くの場合、データが本当であるには余りにもよかったか、私は何とかそれを偽造していたことを言って自分の仕事を揶揄しました。私はそれを渡すことができますが問題はいつか頭に来ていたことを知っていました。彼は仕事にふりだけ自分のコンピュータで再生怠惰な仲間でした。彼はエクステンションの専門家だったが、まだ農家に拡張するものは何もなかったと言いました。結果が示したように、これは真実ではありませんでした。

一度私たちは得られていたもの結果それらを表示するためにKaruziステーションに農民のために運動会開催しました。これは、農家と。彼らは多くの場合、将来の仕事のために計画する際に考慮することができた貴重なコメントをした実験を議論することができたとき【選択フィールドの日が農業システムのプロジェクトでは非常に重要だった純粋な拡張作業でした。だから私は担当するフランスの仲間に依存していました。

しかし、彼は私を失望し、私はすべて自分自身を扱うことができると言いました。この私でした。すべてがうまくいったので、私たちはKaruziと背中に自分の村から農民を輸送し、それらとドラマーが観客を楽しませるためのプログラム。我々も注文したバナナビールをセットアップ【選択フランス人は、次に来て、成功した拡張のための信用を取るために写真を撮りました作業。

これが最後の藁でした。私は次のスタッフ会議で彼に直面し、彼は彼が行うために雇われたものをやっていないことで、プロジェクトの彼の責任をshirked怠惰な人だったと言いました。私は非常に怒っていました。

その日以降からこいつは私の公然の敵となり、ジテガに住んでいた私は私の家.Peopleで女たらしだったと女性を受け取った嘘を広め始めた彼を信じて、遠く遠くを広めます。ジテガの人々は家族や子供たちとすべてだったし、多くの場合、彼らは私が一部ではなかったそのうちの固体群であったように集まりました。このような.ITは私対ここでそれらあったように彼らは私を治療しました。それは嘘について不公平だったが、それは私たちが住んで不公平な世界です。誰もが物語の私の側を聞くことを気にしません。

私はほぼここ18ヶ月を過ごしたし、残すことを望んでいました。私の友人になったFAOの専門家は、多くの場合、私は国連に適用する必要がありますので、私は素晴らしい仕事をしていたと述べました。私はそれについて考え、ローマからアプリケーションフォームの送信しました。彼らは私の履歴書と非常に感銘を受けましたし、フォームを記入し、できるだけ早くそれらに戻るには、私を奨励することを答えました。私がやったと待っていました。

それは非常にエキサイティングだったので、ジャスミンと子供たちが到着しました。私は、彼らが上陸までの日数カウントし、ブジュンブラの空港で彼らのために熱心に待っていました。子供たちが走ってきたし、しっかりと私を抱きしめました。ジャスミンは、これまで以上に美しく見えました。彼女は、国はそれがあったハイチからあったか異なる述べました。我々は短期訪問のためにプロジェクトリーダーからのみ招待を受け入れジテガに丘を登りました。私はジャスミンのように悪いように私を治療し、言われていたこれらの人々を好きではなかったです。私たちは手から拒絶され、フランス人の招待。

Karuziジャスミンと子供では月に滞在しました。私は彼らに私がしたフィールドワークを表示するために様々な村にそれらを取った釣りやミツバチ巣箱の設置.Iで占められて子供たちを維持しようとしました。我々は非常にいい人だったと年前に彼らのクリスマスパーティーに出席するために私を招待していた近くのMutumbaでイタリアを見に行きました。彼らは暖かくジャスミンと子供を受けました。彼女はKaruziの教会の礼拝に出席し、私はKaruziで開発していた研究ステーションを見ました。

私は最近、近くのトイレの施設であり、大きな倉庫の建物を完了し、ジャガイモの貯蔵施設を建設する過程にあったていました。これは、後でフィールドからすべてのジャガイモの収穫を保存した場所を完了しました。私は果樹を植え、他の実験のためのより多くの土地をクリアしていました。

私は、彼らが販売するものを示すためにBugenyuzi市場にそれらをもたらしました。 Karuzi市場は比較ですによって非常に小さかったです。私たちは、Karuzi 1泊分の沼地でカバを見に行きましたが、彼らは唯一の深夜に出てきました。子供たちは前にパピルスの沼を見ていないし、そこに隠すことができる他に何疑問に思ったんでした。おそらくあまりにもワニがありました。彼らは、ファーム内の昆虫やヘラサギを探した戴冠サギに驚嘆しました。アフリカはユニークだった鳥のように多くの異なる種類を持っていました。

戻るブジュンブラで子供たちは小さな動物園に湖でカバとブラックマンバのヘビを見て興奮しました。巨大なボアコンストリクターとニシキヘビがありました。しかし、すぐに彼らの休暇は終わったと彼らが帰って飛びました。私は最終報告書を書き始めることができるように、データ処理と結果の分析を含め、作業の残りの部分を仕上げて自分自身を占領して、私は痛んで子供たちを逃したので、それは今の私のために困難な時期でした。

私は私が撮影したビデオの助けを借りて、ブルンジでの作業の結果を発表したところ、私は数ヶ月前アーカンソー州での会議に出席していました。私は再度ビデオの音声部分を行う助けラボは、そのコピーを望んでいました。それは非常にユニークだったとブルンジの農家が作物を育て方法を示しました。今プロジェクトは大きなコストでプロジェクトに膜を作るためにプロのビデオの男を招待し、私のコピーを約束したが、送信されることはありません。

また、これは私が後でこの伝記を基になる私の回顧録を書き始めた時間です。私の時間が短く、アメリカ人は、私はしばらくの間、上に滞在したかったが、私は数ヶ月の時間に残すために準備しました。この私が拒否しました。私はよく私の仕事をして、私は今、最終報告書の形で提示し、1990年11月に利益のためにブルンジを残し、非常に良い結果を持っていました。

 

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

 

 

 

Chapter eleven :India,Philippines- 1987-88 ( in Japanese)

images (3)   Source : Google photo

 

インドとフィリピン:1988年9月から1987年11月

今回、ワシントン、D.Cへの私の訪問。私はフィリピンのための移民ビザを取得しなければならなかったところ短かったです。領事館はとても1日、私は彼らがそれを行うことができればお願いしジョージ・ワシントン大学のクリニックに行ってきました完全な健康診断を必要としました。看護師は、通常、彼らがしたが、今の医師は私が他の場所に行かなければならなかったので、いくつかの会議に出席し忙しかったと述べました。彼女は実際には別の場所のダウンタウン教えてくれましたし、彼らが必要なテストをするだろうことを確認すると呼ばれます。

この場所はちょうど近くの古い医者は私の胸をタップし、私の膝をノックし、また健康的な私の発音を私の目をむいたが、必要とされたように、Xのγ線を取り、尿をテストし、大使館が私に与えていたすべての医療のフォームに記入したところでした。彼らは移民ビザとパスポートを刻印ので、それが大使館を満たしました。

ヒューバートは、私は今、ワシントンで働いていたDC .Heにいた数日間、彼と一緒に滞在する私に尋ねたが、私は、彼はすぐに他の場所に行くことを知っていました。私は彼がどこに行った知っていたか、彼は貧しい特派だったので働いて、ほとんど常に困難であったので、彼と連絡を保つ手紙を書いたか、答えません。私は非常に多くの年後にハイチで彼を見つけて驚いたが、彼は同じように簡単に他の場所だったかもしれません。

私は彼が誰の推測があった何をしたかが、ザイールにあった1時間に知っていました。彼はその後、私は彼と聞きました..彼はおそらく黒だったと今彼の妻が死亡したため、ベルギーでの世話をするために彼女の2育った娘はので、私は彼がしばらくの間、ベルギーに行ったと仮定していたベルギーの離婚と結婚していたことを一度書きましたイラクにあったし、最後に彼はエルサレムにいたことを書いたが、彼はそれらの場所でやったことを言及することはありません。

私はそれが彼の専門だったので、彼はいくつかの動物科学プロジェクトに関与していた推測が、我々はほとんど連絡を取り合っていません。それから彼は、それはヒューバートがあったかだったので、彼は再びコスタリカからの女性と結婚し、この時間になっていたことを私に手紙を書きました。私は彼が、彼はめったになかったどの書いまでに何であったか知りませんでした。とにかく私は戻ってフィリピンへ行く前にインドで停止させるつもりだったと私は再びヒューバートを見るならば、いつ知りませんでした。

だから、ある日、私は再びスリラムピュールに到着しました。私の母は彼女の80年代になりましたし、非常に虚弱。すべての彼女の髪は白くなっていたと彼女はただの骨だったが、彼女の聴力は良かったし、彼女の脳がまだアクティブでした。唯一の彼女の目は貧しく、彼女だけブラーを見ることができましたが、彼女は老人ではありませんでした。彼女の記憶はシャープだったと彼女は非常に明確に時間過去の名とイベントを思い出しました。

彼女が恐れていたので、彼女は家の外に出ることができませんでした。彼女は理由彼女の漸減の視力の読み取りまたは前のように書くことができなかったことを言いました。私は愛と祝福に満ち、彼女の大きくて美しい筆跡を逃したが、彼女は彼女が私に書きたい場合は誰が口述を取っていないと述べました。 Sabitaは気にしませんでしたし、彼女の手の書き込みが非常に悪かったです。

彼女はまた孤独だったと話をする誰もがありませんでした。彼女は彼女のベッドに滞在し、ラジオにほとんどの時間を聞いて、彼女の酸度を訴えました。私は彼女に、彼女がダウンしgulpedとよりを求めたいくつかの制酸剤の薬を買いました。私は頻繁に彼女がしなびた腕と足を愛撫または彼女にマッサージを与えて座ったが、彼女は上rambledながら、ほとんど私は彼女に耳を傾けました。誰が本当に彼女をご覧いただくか、彼女に多くの注意を払うために来ませんでした。

この時点で私はいつの日か、私は家族歴の一部としてそれをすべて書き留めすることを望んだので、彼女が言ったことの豊富なノートを取り始めました。私の壮大な父と弟は私の父は続けていた家族の記録簿を保管していましたが、今は誰も任意のレコードを保持していません。私はそれをすべて書き留め始め、多くの質問をしたので、私も自分の母親の側について、彼女の親族については何も知りませんでした。

ニーマルは、私たちの家族はここで私が唯一の例外だっについて書く価値が最も一般家庭ではなかったが、私はいつかのために英語に翻訳することができるように、私は彼に同意し、私の父の老朽化した家族の記録簿のために彼に尋ねなかったことを言いました次の世代。私はまた、誰も私の母よりも良い情報になかったので、可能な限り最新それを作りたかったです。私はまた、いくつかのテープの録音を取りました。

Sabitaは、私たちはめったに話をした彼女のいつもの自分でした。彼女は一日の中で述べてのみ言葉は「夕食の準備ができている」と頻繁にもないことのようでした。彼女は仕事、みんなの世話をしなければならなかったいかに難しいかについてみんなに訴えたとの生活を楽しんだり、どこにでも行くには時間がありませんでした。彼女は多くの場合、彼女は彼女の足に足かせを持っていたし、他のすべての彼女の人生の意味の母と私のような臨時のゲストの世話をする運命に述べています。

アンナプルナは、彼女はもうスリラムピュールの家に歓迎感じていないと述べたがために、母親のとにかく来ました。彼女はまた彼女がSabitaは常に何かまたは誰かについて格好いいとスリラムピュールに住むことができなかったので、彼女の退職後のラクナウに家を購入を検討しました。 Sabitaは今誰とでも仲良くし、皆について言うために厄介な何かを持っていませんでした。彼女は夫と娘に捧げました。

ゴーンは、私たちの兄弟姉妹は冗談か、古いミラー臓器をペダリングの歌を歌って周りに座るか何かを議論し、楽しみを持っている可能性が日でありました。 Sabitaは彼女が冗談を理解していなかったし、彼女は別の部屋にsulkedので、歌うことができなかったので、取り残さ感じました。今の雰囲気が変わっていた.Thereにはより派手ではなかったと誰が歌を歌っていないか、冗談を言いました。

アーティストであり、機密性のニーマルは、新聞を読ん一角に座り、めったに彼のエレキギターやペイントブラシに触れていません。彼は優れた粘土人形を作る停止していました。私は何かについて彼と話しようとした場合、彼はすぐに否定的なアプローチを取りました。彼は今、非常に国家主義的であり、彼は私がインドまたは任意のものインドを批判したことを感じた場合に燃え上がりました。彼は、誰が悪い感じや恨みを保有することなく、反対意見を取ることができなかったと述べました。

私は同意するが、私自身の助言を守っていませんでした。彼は親切に任意の引数を取り、あなたが彼を越えている場合寿命のために恨みを退屈しませんでした。私は彼のスクーターか何かについての愚かなジョークを作ったときに我々が話すことができた唯一の時間はあったが、ほとんど私たちは黙っていました。時間は苦痛を伴うほどゆっくりと、私は退屈していたとして渡されました。
週、月や週などの日のように感じました。私はもう彼らとの共通点は何もありませんでした。彼らは私がちょうどから来ていたし、彼らは私たちがフィリピンに住んでいた方法についての好奇心はありませんでしたハイチについて何も知ることに興味がなかったです。

Sabitaの娘は母親のコピーだったと私はもう彼女のために愛を感じません。私は彼女が少女と愛らしいだった海外からの彼女のおもちゃや人形をもたらすために使用されるが、今、彼女は彼女の母親のように振る舞っと傲慢でした。彼女はしばしば、それが彼女の研究を妨げているため、我々は見ていたテレビの電源を切るようになったので、彼女の研究では、優先順位を持っていました。通常は、ドアを閉じて、彼女は私たちはいくつかのノイズを作っていたと思ったときにテレビを消しSabitaでした。

彼女は彼らに超然としたと手紙を書いたことがないのでAshisとJayantiは彼らのいとこと任意の親族関係を感じませんでした。彼女は、彼らがどの私はひそか.Thisは、我々は数週間の滞在中に持っていたすべての会話だったにも答えためにやっていた方法についてさりげなく1または2の質問をしました。ニーマルの娘はすぐに結婚し、夫の姓を取るための方法によってAshisは、家族の中で唯一の同名でした。

Sabitaは、多くの場合、私の外国の教育と富でsnickered、それは厳しいだったので、インドで教育を受け、海外よりも成功するために、より信頼できると述べました。私は何も言いませんでした。私たちは本当にについて話をすることは何もありませんでした。
それは近くに住んでいた姉パールバティと同じでした。彼女は微笑んでいないといつも彼女の顔に酸味殴ら見ていたんでした。彼女や私を覚えていなかった彼女の老人夫と5分以上を費やすことは非常に困難でした。私は彼らに贈り物を持って来なかったので、彼女の子供たちも超然としました。彼らは議論する何のトピックがありませんでしたし、私は紅茶やコーヒーを飲んでいなかったので、彼らは私をどうするかのように途方に暮れていました。

インディアンは常にミルクと砂糖と小さなカップにお茶を提供するが、これは問題に私が誰かを訪問するたびに起因するので、私は、紅茶やコーヒーが好きではなかったです。彼らは、フルーツジュースやアイスクリームのすべての種類を保持し、ここフィリピンジャスミンとは異なり家の中で何かを守りませんでした。私は水のガラスがやるだろうと言ったとき、彼らは恥ずかしいと感じました。

ニーマルは、我々はすべて、これまでに滞在している間、彼はあまりにも一人暮らし寂しいと言いました。おそらく、彼はまだ.Iが知っていることはありませんが、私の人生は、1967年から別の方向を取っていたし、彼はその事実を確認するために来ていたいくつかの兄弟愛を感じました。家は大きかったし、我々はすべてそこにとどまることができます

快適に誰もがそこに住んでいないか、またはそこに住んでいた人たちが私たちを歓迎しなかった場合、家は家ではなかったです。アンナプルナはあまりにも彼女の退職後スリラムピュールに住むようになりましたしたくなかったし、我々は返さないために決して我々の選択をしていました。

私は母親について悲しかったです。彼女ができていた、私たちは彼女の世話を取ることができるフィリピンに彼女をもたらしたであろう。私は彼女が私たちが戻って1970年に彼女のTajmahalを表示するアグラにかかった旅行を楽しんでいたか覚えていますが、今、彼女は弱いと旅行するフィット感はありませんでした。彼女は子供とナガ市で私たちの家について興味があったとジャスミンがやっていたか尋ねました。それは子供たちの研究を妨害することになるので、彼女は、ある場所から別の場所への私の頻繁な転送を心配していたが、私は、彼らは罰金をやっていたし、そこに学校教育を開始するためにハイチからナガに戻ったことを彼女を保証しました。

私は彼女がお金を持っていたので、お母さんは二階のテナントの家賃収入があったことを喜んでいました。彼女はまた彼女が独立していたので、政府は最近、インドのすべての未亡人のために承認したことを私の父の年金を与えられました。彼女が必要とすることに話すかを聞くために誰かでした。古い時代には、彼らの日常のニーズのために他人に依存するようになるとより多くのように世話をしぶしぶ与えられたときに一部の人にとって恐ろしい時間です。

彼女は一度苦労し、私たちのすべてを持ち出すために苦難を受けていた誇り高い女性でした。それは私たちが教育を持って、我々が今日あるものになったことを理由に彼女でした。これは、アンナプルナが行くと、彼女は独立しているべきであると述べ、政府の仕事を任せるために私の父を説得誰彼女でした。それは、彼女が18歳で未亡人になったときシャンティと彼女の赤ちゃんを戻すために私の父を説得し、学校教育を開始するために彼女を確信させた私の母でした。

シャンティは年間で高校や大学に合格し、今の政府の仕事を持っていました。それは彼女がより多くの子供を生じないように、卵管結紮を受けパールバティを確信していた私の母でした。彼女の夫はかろうじて6の家族を与え、非常に低賃金の仕事を持っていました。それは多くを購入し、彼女は喜んで販売するすべての彼女の金の宝石類を与えたためにいくつかの部屋を構築するために私の父を説得私の母でした。それは、我々はすべて私たち自身の方法で成功したが、誰もが彼女の信用を与えなかったことを理由に彼女でした。彼女は偉大なお母さんだったが、今、彼女は、古い微弱と無力でした。

私は彼女を抱きしめ、彼女は世界で最高のお母さんだったと私は彼女が私たちのすべてのためにやったことを決して忘れないだろうことを彼女に言いました。彼女は喜びのいくつかの涙を流したし、少なくとも誰かがそれを言っていたと述べました。

しかしSabitaは残酷だったと彼女は注意を喚起するために、虚弱や病気のふりをすることを述べました。私はこの女性と彼女の薄情を憎むようになりました。これは、ジャスミンは、彼女の父親は非常にうんざりしていたと我々はフィリピンに戻るために必要なことを言ったときに私の母の心を毒殺した人彼女でした。

私は二階にテナントと誰が今自分の家に住んでいたことを使用氏ボーズを訪れたが、彼は彼の過去、多くの場合、病気に住んでいた老人でした。彼の妻はまた、癌の病気だったとすぐに死んでしまうだろう。私は子供の頃からそれらをよく知っていたものの、コミュニティ内の他の人は私を避けました。彼らは私が今先生と呼ばれ、裕福な.Iは、私はすべての上に移動しながら、彼らはまだ生きている日にその日に苦しんでいたので富の一部は、医師の部分よりも、それらより多くを心配思いであったことを聞いていたので、彼らは私と一緒に安心して病気でしたジェット機で世界。

私たちは離れて成長し、いずれか一つとなりまし共通点は何も持っていませんでした。唯一のRinkyは私を見て幸せだったと彼女は海外に住んでいた誰を知っていたし、私が行ったように、インドの多くの時間を訪れるようになったと述べました。彼女の妹はコルカタに結婚し、私は1968年以来、彼女を見ていないが、Rinkyが近くに住んでいた得ていた私の年齢に近かったです。彼女の失敗した結婚は毎朝学校に行くにAshisの仲間だった娘を生産していました。

私の古い母校研究所はまた私の古い教授はどちらか引退か死亡し、新しい人々は私が誰を知っているか気にしませんでしたので、私が訪問することを気にしませんでした場所でした。司書ミスDesouzaでもあった死者.Sheは私の授業料を支払うために私に仕事を与えられ、常に過去に私を歓迎していました。しかし、今研究所は建物と昔の思い出の完全なだけの場所でした。ここでは非常に多くのいたずらやいたずらを果たしていたが、私のクラスメートはすべて戻ってくることはなかっ全てインドに散らばっていたといくつかのも海外に行っていました。同窓会は、それが存在していたが、非常に弱かったです。

私は後世のためにキャンパスのいくつかのビデオを取り、ニーマル1日はスリラムピュールの様々な部分の写真を撮るために彼のスクーターに私を周りました。その巨大な城壁と旧砦と内部パーリ語で仏の言葉が刻まれアショクの柱のような多くの興味深い場所がありました。それは死んだ言語は今では誰もがそれらの単語を読むことができませんでした。それは軍事要塞だったので、1以外に砦の内部に許可されませんでした。

しかし、その巨大な管理ビル、科学大学、ビクトリア女王は彼女の壊れた鼻と笏、公共図書館、ゴシック様式の石造りの教会、大聖堂と大理石の天蓋の下に座って使用中央公園とスリラムピュール大学がありましたジャスミンは祈り、高裁判所の建物と私はAshisとJayantiのために撮影し、多くのそのような場所のために行くために使用されます。

誰もが午前中に宗教的なソープオペラを見に座ったときに自宅でテレビが娯楽の中心でした。それはすべてのヒンドゥー教は、心臓によって知っていたことラーマーヤナだったので、実際に国全体がこの時間中に停止に来ました。私はそれが退屈見つけたので残すために立ち上がったとき、彼らは驚きました。それはほとんど行われ、俳優がサルの顔のマスクを身に着けているコミカルなファッションで周り飛び込んだが、インド人は真剣にそれを取り、1つのエピソードを逃したことはありませんでした。

それはクリスチャンを尊重しない自己は、彼らが行われたかひどくどんなに退屈見つけないだろうハリウッド聖書の映画と同じでした。人々はすべての単語を飲み込むと、独自の論評を実行して作るテレビの前に魅了座っていました。私は、多くの場合、数秒ごとに変化し、その表情を見て座っていました。

ラーマーヤナは、ラムと彼の妻シタと弟ラックスマンのすべてが1日どこから森の中でライブを行ったので、彼女の息子バーラト王を作るために彼のためにステップ母の野望の14年間の森林に追放されたラムの物語でした今サースリランカと呼ばれるスリランカの邪悪な王が貧しいシーターを誘拐し。これは、ラム等サルの軍隊の助けを借りて勝利した戦争につながりました

彼は彼が何をしたか行うためのかなり良い理由があったはずと、私たちの人間は、神々の方法を理解することができなかったんので、ラムは彼らの神だったので、彼は理想的な王だったかどうかは、ヒンズー教徒に問題ではありませんでした。彼らは、ラムを尊敬し、私のような懐疑論者で疑いの目で見ました。彼らは私がラーマーヤナを見ていなかったので、私は十分に宗教的ではなかったと思いました。彼らは正しかったです。

私は今、公平かつ剥離でヒンドゥー教の社会のあらゆる側面を見て、彼らは多くの事に欠けて発見しました。私は、ガンジーは、人々が尊厳を持って平等に扱われるようにする懸命に試みていたが、それらは今日でも「アンタッチャブル」を判別発見しました。彼らはヒンドゥー教の家にイスラム教を聞かせていないとキリスト教徒はどちらかはるかに良いやっていませんでした。政府はそれを克服するために一生懸命しようとしていたが、彼らはまだ、剛性カースト制度を信じていました。

彼らはまた、新郎の価格は彼らの貪欲に外側限界に依存.Only貧しい家庭から自分の息子の結婚のための持参金を取ることを信じていました。ベンガルは、他の人ほど悪くなかったが、貪欲には間違いありませんでした。

ドグマはに設定していたが、ほとんどの人は、今日は教祖の数は信念を超えて増殖していたので、個人的な教祖を持っていたが、彼らは自分たちの宗教の優位性を信じていました。ニーマルと彼の妻は一緒にハルモニウムを演奏し、Sabitaは本当に彼女が良いと親切と真実などであることが義務の日常を歌った言葉を信じていた場合、私はしばしば疑問に思っ毎晩祈りの歌を歌いました

私の母はいつも、これらのいわゆる達人の警戒されていると、彼女は1を必要とすることはありませんと言っていました。彼女は宗教的なルールや法律に従って彼女の全体の生活を送っていた敬虔なヒンドゥー教の女性だったが、今では、次の世代のために異なっていました。今、宗教登場する心では良いと他の人に役立つことがより重要でした。

インドは、人々が今も何の関連性を有していなかった2000年前に起こった過去の出来事に言及話をした国でした。それらのほとんどは、彼らが世界を必要としなかったと言って自分自身を単離し、そして彼らから学ぶことは何もありませんでした。大学教育は何も変更しませんでした。私は涙宗教音楽に耳を傾け、聖典を読んを当てることになるアンナプルナで狂信の連勝に気づきました。

私はDevjaniは1日に到着見て満足でした。彼女はまだ我々が知っていたし、彼女はコルカタの近くに住んでいたと不幸家から遠いので、あまりまだ変わっていない陽気でした。彼女はみんなをからかったと笑ったが、誰もがこれらの日ずっと彼女の派手を共有していないことに気づきました。彼女は1979年にJayantiの彼女の送達中にジャスミンをたくさん助けたので、私は彼女に感謝していました。

Devjaniは、笑った笑ったみんなをからかったし、新鮮な空気の息をもたらした不機嫌な家族の中で唯一の例外でした。彼女は結婚し、今、彼女は彼女の中年だったが、彼女はまだ同じ背の高い、美しく、現在はほぼ堂々Devjaniたとき、彼女は17歳の時に家族を残していました。彼女は重量に入れていたが、それでも私は懐かしく思い出す中心に若い女の子がありました。

私は一生懸命彼女の髪を引っ張っていたサルについての彼女をからかいました。どのように彼女は今まで忘れることができますか?彼女は.Her 2人の娘が結婚していた小さな村に彼女の古い夫と息子とコルカタの近くに住んでいて、最近彼女の息子もルックスのいずれかの教育と平野がなかった村の女の子に結婚していました。
この息子は彼女が一定の医師の診察を必要といくつかの欠陥を持って生まれたため、常に病気だった娘がいました。これはDevjaniの生活の中で痛い点でした。私はいくつかのお金を送ることによって、助けようとしたが、娘はすぐに死んでしまうだろう。

でも、私は再びスリラムピュールを残して喜んでいました。私は抱きしめ、私のお母さんにキスをし、私が来て、再び彼女を見しようと言って、彼女にいくつかのお金を与えました。彼女は常に受け入れることを拒否したが、私は彼女の枕の下に滑って左。私は悲しいこと.ITは、このような大きな家だった家を見て、今それには生命が存在しなかったかのように。我々は、すべて徐々にそれから離れて動いていたが、それ一度笑いと音楽とジョークで振動していました。私の父が担当した後は、彼の簡単な椅子にベランダに座って、訪問者を受けました。

しかし、今、彼の簡単な椅子が同じ場所にあるが、まだ空でした。それはまだそれがかむために使用されるが、その犬があまりにも死んでいたその足で、犬の歯のマークを持っていました。私は馬が持っていたが、彼女はとても古いと虚弱見てどのくらい知りませんでした。彼女は多くの場合、アンナプルナに叫んだと彼女は行く準備ができていたし、彼は今、彼女を取るだろうと神に願っていると述べました。それは、彼女は彼女が私たちのお母さんだったので、私は彼女を愛していることを言うのを聞くために私の心を壊しました。

私はサイゴン放置し、私はずっと昔サイゴンのためコルカタを残していたとき、彼女は私を見てどのようにする前に、彼女は私のスーツのための材料を選択した方法を愛情を込めて思い出しました。私は少し子供の頃を思い出し、彼女の膝の上に登って、彼女は私のお弁当毎日をパックまたは私の靴を輝かするために使用される方法。それが実際にあった前の人生の時間だったかのように。

私がしなければならなかったので、今必要性の彼女の時間に私はいつも残していました。私は数週間以上を彼女と一緒に滞在し、フィリピンに戻らなければならなかったことができませんでした。彼女はそれを知っていたし、いつも.Sheは、私たちが生きるために起こった場所に住んで満足していたとして、彼女は限り幸せだったと言った私を許しました。それはおそらくよりを傷つけることを彼女の恵みと赦しでしたが、私は残していました。

私は1日私のさよならを言ったし、マニラに向かいました。これは、12月4日、私の誕生日にあったが、誰も覚えていません。我々はそれを祝ったことがないので、誕生日には、インドでは重要ではありませんでした。ジャスミンは.Sheはそこにバスで10時間を旅して疲れて見えていた私を受け取るためにマニラ空港で私を待っていましたが、我々は再びお互いを見て幸せでした。彼女は子供たちとハイチに行っていたと私は彼女の誇りに思っていたので、フィリピンに戻りました。彼女はとてもよくすべてを管理していたし、すぐに学校に子供を得ていました。彼女はまた、彼女は同様に私が見て熱望していたことを家の中で実質的な改善をしていたと述べました。

彼女は私の人生は私が安全で幸せな気分になって休んでいる硬い岩でした。私は、ハイチは、このような混乱だったと彼女は混沌とした時代の間に存在しなければならなかったのが残念だったが、子供たちが私たちを待っていたところ、我々はホームだったので、何も今大事ません。 Jayantiは「ウェルカムホームパパ」のサインを作り、戸口の上に張られて、私はしっかりと彼らを抱きしめていました。

彼女は、テキストの長い作品を覚えて、私のビデオはテープで留めていることを完璧にアクションと記載していました。 Ashisもよくやっていたし、彼のクラスで賞を得ました。ジャスミンは、ビコル領域が広い規模で荒廃を持っていた最近、深刻な台風に見舞われていたことを私に言いました。私たちの果物の木は強風に追われた庭園は、破壊されたが、木は再び植え替えすることができ、庭が再構築します。私はすべての権利を設定するつもりだったので、私は家に再びでした。

私はジャスミンが固定していた新しいキッチンと彼女が調達していた裏側の壁を見て驚きました。床は新しかったと家の周りの排水が改善されていました。彼女が戻っていたので、かなりの改善があったので、彼女は今もケーブルテレビ水道水の接続を持っていました。
しかし、私はまた、我々は、子供たちが自分の部屋を持つことができるように私たちのためにガレージの上に1ベッドルームを追加する方法について考え始めたように、2つの小さな寝室が私たちのために十分ではなかったことに気づきました。

そこで石工と大工が来て、建設は1988年の2月に始まりました。それは厄介な仕事でしたが、すぐに部屋はきれいになりました。床はメイドがワックスで研磨することを木であった【選択寝室それは、ホット&コールドシャワー付きのバスタブが取り付けられていたし、部屋自体は、キャビネットを巨大な我々がインストールされていたガレージの大きさだったとバスルームの床と壁に黄色のタイルを置きます毎週。階段は手すりとコンクリートでした。

これは、私たちがよく余裕が贅沢のビットでした。子供たちは今VHS上チキ・チキ・バン・バンを見て楽しんだところ大画面テレビが階下に滞在している間、彼女は小さくてもrefと私たちの部屋でケーブルテレビを持っていました。
家はきれいに塗装し、すべてがとても素敵に見えたので、ライトは二階に設置しました。 Ashisは、一つの部屋に移動し、Jayantiは、彼女が来て、滞在ジャスミンの母と共有しなければならなかった彼女の部屋に泊まりました。

私は台所のための新しいコンロと冷蔵庫を購入し、リビングルームのための多くのナラの家具を注文しました。古いナラの家具を再研磨して、全体の家はおめかし。彼女は私たちが以前に販売したVWブラジリアを持ち帰ったときジャスミンは1日、私を驚かせました。

我々は彼らにビコール語のレッスンもピアノのレッスンを与えるために子供のための家庭教師を雇いました。彼らは学校でよくやっていました。 Ashisは雄弁術コンテストを獲得しました。その後AshisとJayantiの両方がナガ市で即時スピーキングコンテストで金メダルを獲得だろう。それは英語に来たときにフィリピンの子供たちは、彼らの近くに来ることができませんでした。

私たちの庭は、その健康を取り戻し、私たちの家は、光沢があり、きれいとはもはや彼女の妹がそこに滞在していたときのように流れ落ちる見えた.Nowカーペット草やいくつかの果物の木が植え替えた庭を選択図をバック咲き始めました。彼らは今、近くの家に移動していたが、私は視力によって彼女の夫を嫌っので、我々は彼らとはあまりありませんでした。

私は巨大な学習机を置く場所私たちの新しいベッドルームの上の階は涼しく、風通しの良いでした。家族がそのようにうまくここに定住.Iは再びジャスミンを根絶し、自分の幸せな生活を破壊し、いくつかのリモート国に彼女をもたらすために嫌っていたので、私は再び離れたくありませんでした。彼女は自分の家にあったし、子供が良い学校にいたので、私は彼女がここに幸せだったことを見ることができました。彼女は彼女が育って、私たちは彼女が自宅で非常だったので結婚してしまっていた前に働いていたナガに多くの友人を持っていました。

私はどこかすぐに別の仕事を探す必要がありました。 Dr.Singhは彼が私はIRRIは埋めるために探していたカンボジアのポストの候補者になりたかったと、彼はIRRIは私を雇うだろうと確信していたと述べたが、別のオファーはルワンダから来たことを私に伝えていました。私は戦争が終わったカンボジアに行くのは複雑な気持ちを持っていたが、クメール・ルージュは、地雷の数百万人がそれで動作する最も危険な国作りと国を散らばっていた。私の仕事の田舎の農家での作業が必要としているだろう。

だから私は、IRRIの提案のうち、担保とハード私の立候補を押されていたDr.Singhの失望に最初のルワンダを見てみることにしました。私はそれが非常に丘陵中央アフリカの小国だったことを除いて、ルワンダについて何も知りませんでした。彼らはコーヒーで有名でした。私もそこにプロジェクトを参照してくださいルワンダの隣にあったブルンジを訪問しました。

だから、ある日、私はキガリへの乗り継ぎ便を得ることができ、そこからエチオピアのアディスアベバに飛びました。私は国際的な放浪中の別の章では、始まろうとしていた恐れていました。

Indo to Firipin: 1988-Nen 9 tsuki kara 1987-nen 11
tsuki konkai, Washinton, D. C e no watashi no hōmon. Watashi wa Firipin no tame no imin biza o shutoku shinakereba naranakatta tokoro mijikakattadesu. Ryōjikan wa totemo 1-nichi, watashi wa karera ga sore o okonau koto ga dekireba onegai shi jōji Washinton daigaku no kurinikku ni ittekimashita kanzen’na kenkōshinda o hitsuyō to shimashita. Kankoshi wa, tsūjō, karera ga shitaga, ima no ishi wa watashi ga hoka no basho ni ikanakereba naranakattanode, ikutsu ka no kaigi ni shusseki shi isogashikatta to nobemashita.
Kanojo wa jissai ni wa betsu no basho no dauntaun oshiete kuremashitashi, karera ga hitsuyōna tesuto o surudarou koto o kakunin suru to yoba remasu. Kono basho wa chōdo chikaku no furui isha wa watashi no mune o tappu shi, watashi no hiza o nokku shi, mata kenkō-tekina watashi no hatsuon o watashi no me o muitaga, hitsuyō to sa reta yō ni, X no g-sen o tori, nyō o tesuto shi, taishikan ga watashi ni ataete ita subete no iryō no fōmu ni kinyū shita tokorodeshita. Karera wa imin biza to pasupōto o kokuin’node, sore ga taishikan o mitashimashita. Hyūbāto wa, watashi wa ima, Washinton de hataraite ita DC.
He ni ita sūjitsukan, kare to issho ni taizai suru watashi ni tazunetaga, watashi wa, kare wa sugu ni hoka no basho ni iku koto o shitte imashita. Watashi wa kare ga doko ni itta shitteita ka, kare wa mazushī tokuhadattanode hataraite, hotondo tsuneni kon’nandeattanode, kare to renraku o tamotsu tegami o kaita ka, kotaemasen. Watashi wa hijō ni ōku no nengo ni Haichi de kare o mitsukete odoroita ga, kare wa onajiyōni kantan ni hoka no bashodatta kamo shiremasen. Watashi wa kare ga dare no suisoku ga atta naniwoshita ka ga, zaīru ni atta 1-jikan ni shitte imashita.
Kare wa sonogo, watashi wa kare to kikimashita.. Kare wa osoraku kurodatta to imakare no tsuma ga shibō shita tame, berugī de no sewa o suru tame ni kanojo no 2 sodatta musume wanode, watashi wa kare ga shibarakunoaida, berugī ni itta to katei shite ita berugī no rikon to kekkon shite ita koto o ichido kakimashita Iraku ni attashi, saigo ni kare wa Erusaremu ni ita koto o kaitaga, kare wa sorera no basho de yatta koto o genkyū suru koto wa arimasen. Watashi wa sore ga kare no senmondattanode, kare wa ikutsu ka no dōbutsu kagaku purojekuto ni kan’yo shite ita suisoku ga, wareware wa hotondo renraku o toriatte imasen.
Sorekara kare wa, soreha hyūbāto ga atta kadattanode, kare wa futatabi Kosutarika kara no josei to kekkon shi, kono-jikan ni natte ita koto o watashi ni tegami o kakimashita. Watashi wa kare ga, kare wa mettani nakatta dono kai made ni nandeatta ka shirimasendeshita. Tonikaku watashi wa modotte Firipin e iku mae ni Indo de teishi sa serutsu moridatta to watashi wa futatabi hyūbāto o mirunaraba, itsu shirimasendeshita. Dakara, aru hi, watashi wa futatabi suriramupyūru ni tōchaku shimashita.
Watashinohaha wa kanojo no 80-nendai ni narimashitashi, hijō ni kyojaku. Subete no kanojo no kami wa shiroku natte ita to kanojo wa tada no honedattaga, kanojo no chōryoku wa yokattashi, kanojo no nō ga mada akutibudeshita. Yuiitsu no kanojo no me wa mazushiku, kanojo dake burā o miru koto ga dekimashitaga, kanojo wa rōjinde wa arimasendeshita. Kanojo no kioku wa shāpudatta to kanojo wa hijō ni meikaku ni jikan kako no na to ibento o omoidashimashita. Kanojo ga osorete itanode, kanojo wa ie no soto ni deru koto ga dekimasendeshita.
Kanojo wa riyū kanojo no zengen no shiryoku no yomitori matawa mae no yō ni kaku koto ga dekinakatta koto o iimashita. Watashi wa ai to shukufuku ni michi, kanojo no ōkikute utsukushī hisseki o nogashitaga, kanojo wa kanojo ga watashi ni kakitai baai wa dare ga kōjutsu o totte inai to nobemashita. Sabita wa ki ni shimasendeshitashi, kanojo no te no kakikomi ga hijō ni warukattadesu. Kanojo wa mata kodokudatta to hanashi o suru daremoga arimasendeshita.
Kanojo wa kanojo no beddo ni taizai shi, rajio ni hotondo no jikan o kiite, kanojo no sando o uttaemashita. Watashi wa kanojo ni, kanojo ga daun shi gulped to yori o motometa ikutsu ka no sei san-zai no kusuri o kaimashita. Watashi wa hinpan ni kanojo ga shinabita ude to ashi o aibu matawa kanojo ni massāji o ataete suwattaga, kanojo wa ue ramblednagara, hotondo watashi wa kanojo ni mimi o katamukemashita. Dare ga hontōni kanojo o goran itadaku ka, kanojo ni ōku no chūi o harau tame ni kimasendeshita.
Kono jiten de watashi wa itsunohika, watashi wa kazoku-reki no ichibu to shite sore o subete kakitome suru koto o nozondanode, kanojo ga itta koto no hōfuna nōto o tori hajimemashita. Watashi no sōdaina chichi to otōto wa watashinochichi wa tsudzukete ita kazoku no kiroku-bo o hokan shite imashitaga, ima wa dare mo nin’i no rekōdo o hoji shite imasen. Watashi wa sore o subete kakitome hajime, ōku no shitsumon o shitanode, watashi mo jibun no hahaoya no soba ni tsuite, kanojo no shinzoku ni tsuite wa nani mo shirimasendeshita.
Nīmaru wa, watashitachi no kazoku wa koko de watashi ga yuiitsu no reigaidannitsuite kaku kachi ga mottomo ippan kateide wa nakattaga, watashi wa itsuka no tame ni eigo ni hon’yaku suru koto ga dekiru yō ni, watashi wa kare ni dōi shi, watashinochichi no rōkyū-ka shita kazoku no kiroku-bo no tame ni kare ni tazunenakatta koto o iimashita tsugi no sedai. Watashi wa mata, dare mo watashinohaha yori mo yoi jōhō ni nakattanode, kanōnakagiri saishin sore o tsukuritakattadesu. Watashi wa mata, ikutsu ka no tēpu no rokuon o torimashita.
Sabita wa, watashitachi wa mettani hanashi o shita kanojo no itsumo no jibundeshita. Kanojo wa tsuitachi no naka de nobete nomi kotoba wa `yūshoku no junbi ga dekite iru’ to hinpan ni mo nai koto no yōdeshita. Kanojo wa shigoto, min’na no sewa o shinakereba naranakatta ikani muzukashī ka ni tsuite min’na ni uttaeta to no seikatsu o tanoshin dari, doko ni demo iku ni wa jikan ga arimasendeshita. Kanojo wa ōku no baai, kanojo wa kanojo no ashi ni ashikase o motte itashi, hoka no subete no kanojo no jinsei no imi no haha to watashi no yōna rinji no gesuto no sewa o suru unmei ni nobete imasu.
An’napuruna wa, kanojo wa mō suriramupyūru no ie ni kangei kanjite inai to nobetaga tame ni, hahaoya no tonikaku kimashita. Kanojo wa mata kanojo ga Sabita wa tsuneni nanika matawa dareka ni tsuite kakkōī to suriramupyūru ni sumu koto ga dekinakattanode, kanojo no taishoku-go no rakunau ni ie o kōnyū o kentō shimashita. Sabita wa ima dare to demo nakayoku shi, mina ni tsuite iu tame ni yakkaina nanika o motte imasendeshita. Kanojo wa otto to musume ni sasagemashita. Gōn wa, watashitachi no keiteishimai wa jōdan ka, furui mirā zōki o pedaringu no uta o utatte mawari ni suwaru ka nanika o giron shi, tanoshimi o motte iru kanōsei ga Ni~Tsudearimashita.
Sabita wa kanojo ga jōdan o rikai shite inakattashi, kanojo wa betsu no heya ni sulkednode, utau koto ga dekinakattanode, torinokosa kanjimashita. Ima no fun’iki ga kawatte ita. Zea ni wa yori hadede wa nakatta to dare ga uta o utatte inai ka, jōdan o iimashita. Ātisutodeari, kimitsu-sei no nīmaru wa, shinbun o yon ikkaku ni suwari, mettani kare no erekigitā ya peintoburashi ni furete imasen. Kare wa sugureta nendo ningyō o tsukuru teishi shite imashita.
Watashi wa nanika ni tsuite kare to hanashi shiyou to shita baai, kare wa sugu ni hitei-tekina apurōchi o torimashita. Kare wa ima, hijō ni kokka shugi-tekideari, kare wa watashi ga Indo matawa nin’i no mono Indo o hihan shita koto o kanjita baai ni moeagarimashita. Kare wa, dare ga warui kanji ya urami o hoyū suru koto naku, hantai iken o toru koto ga dekinakatta to nobemashita. Watashi wa dōi suruga, watakushijishin no jogen o mamotte imasendeshita.
Kare wa shinsetsu ni nin’i no hikisū o tori, anata ga kare o koete iru baai jumyō no tame ni urami o taikutsu shimasendeshita. Watashi wa kare no sukūtā ka nanika ni tsuite no orokana jōku o tsukutta toki ni wareware ga hanasu koto ga dekita yuiitsu no jikan wa attaga, hotondo watashitachiha damatte imashita. Jikan wa kutsū o tomonau hodo yukkuri to, watashi wa taikutsu shite ita to shite watasa remashita. Shū, tsuki ya shū nado no hi no yō ni kanjimashita. Watashi wa mō karera to no kyōtsū-ten wa nani mo arimasendeshita.
Karera wa watashi ga chōdo kara kite itashi, karera wa watashitachi ga Firipin ni sunde ita hōhō ni tsuite no kōkishin wa arimasendeshita Haichi ni tsuite nani mo shiru koto ni kyōmi ga nakattadesu. Sabita no musume wa hahaoya no kopīdatta to watashi wa mō kanojo no tame ni ai o kanjimasen. Watashi wa kanojo ga shōjo to airashīdatta kaigai kara no kanojo no omocha ya ningyō o motarasu tame ni shiyō sa reruga, ima, kanojo wa kanojo no hahaoya no yō ni furumatto gōmandeshita.
Kanojo wa shibashiba, sore ga kanojo no kenkyū o samatagete iru tame, wareware wa mite ita terebi no dengen o kiru yō ni nattanode, kanojo no kenkyūde wa, yūsen jun’i o motte imashita. Tsūjō wa, doa o tojite, kanojo wa watashitachi wa ikutsu ka no noizu o tsukutte ita to omotta toki ni terebi o keshi Sabitadeshita. Kanojo wa karera ni chōzen to shita to tegami o kaita koto ga nainode Ashis to Jayanti wa karera no itoko to nin’i no shinzoku kankei o kanjimasendeshita.
Kanojo wa, karera ga dono watashi wa hisoka. Disu wa, wareware wa sū-shūkan no daizaichū ni motte ita subete no kaiwadatta ni mo kotae tame ni yatte ita hōhō ni tsuite sarigenaku 1 matawa 2 no shitsumon o shimashita. Nīmaru no musume wa sugu ni kekkon shi, otto no sei o toru tame no hōhō ni yotte Ashis wa, kazoku no naka de yuiitsu no dōmeideshita. Sabita wa, ōku no baai, watashi no gaikoku no kyōiku to tomi de snickered, sore wa kibishīdattanode, Indo de kyōiku o uke, kaigai yori mo seikō suru tame ni, yori shinraidekiru to nobemashita.
Watashi wa nani mo iimasendeshita. Watashitachi wa hontōni ni tsuite hanashi o suru koto wa nani mo arimasendeshita. Sore wa chikaku ni sunde ita ane pārubati to onajideshita. Kanojo wa hohoende inaito itsumo kanojo no kao ni sanmi nagura mite ita ndeshita. Kanojo ya watashi o oboete inakatta kanojo no rōjin otto to 5-bu ijō o tsuiyasu koto wa hijō ni kon’nandeshita. Watashi wa karera ni okurimono o motte konakattanode, kanojo no kodomo-tachi mo chōzen to shimashita.
Karera wa giron suru nani no topikku ga arimasendeshitashi, watashi wa kōcha ya kōhī o nonde inakattanode, karera wa watashi o dō suru ka no yō ni tohō ni kurete imashita. Indian wa tsuneni miruku to satō to chīsana kappu ni ocha o teikyō suruga, koreha mondai ni watashi ga dareka o hōmon suru tabi ni kiin surunode, watashi wa, kōcha ya kōhī ga sukide wa nakattadesu. Karera wa, furūtsujūsu ya aisukurīmu no subete no shurui o hoji shi, koko firipinjasumin to wa kotonari uchinonaka de nanika o mamorimasendeshita.
Watashi wa mizu no garasu ga yarudarou to itta toki, karera wa hazukashī to kanjimashita. Nīmaru wa, wareware wa subete, kore made ni taizai shite iru ma, kare wa amarini mo hitorigurashi sabishī to iimashita. Osoraku, kare wa mada. I ga shitte iru koto wa arimasenga, watashinojinsei wa, 1967-nen kara betsu no hōkō o totte itashi, kare wa sono jijitsu o kakunin suru tame ni kite ita ikutsu ka no kyōdai ai o kanjimashita. Ie wa ōkikattashi, wareware wa subete soko ni todomaru koto ga dekimasu
Kaiteki ni daremoga soko ni sunde inai ka, matawa soko ni sunde ita hito-tachi ga watashitachi o kangei shinakatta baai,-ka wa iede wa nakattadesu. An’napuruna wa amarini mo kanojo no taishoku-go suriramupyūru ni sumu yō ni narimashita shitakunakattashi, wareware wa kaesanai tame ni kesshite wareware no sentaku o shite imashita. Watashi wa hahaoya ni tsuite kanashikattadesu. Kanojo ga dekite ita, watashitachi wa kanojo no sewa o toru koto ga dekiru Firipin ni kanojo o motarashitadearou.
Watashi wa kanojo ga watashitachi ga modotte 1970-nen ni kanojo no Tajmahal o hyōji suru agura ni kakatta ryokō o tanoshinde ita ka oboete imasuga, ima, kanojo wa yowai to ryokō suru fitto-kan wa arimasendeshita. Kanojo wa kodomo to Naga-shi de watashitachi no ie ni tsuite kyōmi ga atta to jasumin ga yatte ita ka tazunemashita. Sore wa kodomo-tachi no kenkyū o bōgai suru koto ni narunode, kanojo wa, aru basho kara betsu no basho e no watashi no hinpan’na tensō o shinpai shite itaga, watashi wa, karera wa bakkin o yatte itashi, soko ni gakkō kyōiku o kaishi suru tame ni Haichi kara Naga ni modotta koto o kanojo o hoshō shimashita. Watashi wa kanojo ga okane o motte itanode, okāsan wa ni-kai no tenanto no yachin shūnyū ga atta koto o yorokonde imashita.
Kanojo wa mata kanojo ga dokuritsu shite itanode, seifu wa saikin, Indo no subete no mibōjin no tame ni shōnin shita koto o watashinochichi no nenkin o atae raremashita. Kanojo ga hitsuyō to suru koto ni hanasu ka o kiku tame ni darekadeshita. Furui jidai ni wa, karera no nichijō no nīzu no tame ni tanin ni izon suru yō ni naruto yori ōku no yō ni sewa o shibushibu atae rareta toki ni ichibu no hito ni totte osoroshī jikandesu. Kanojo wa ichido kurō shi, watashitachi no subete o mochidasu tame ni kunan o ukete ita hokori takai joseideshita. Sore wa watashitachi ga kyōiku o motte, wareware ga kyō aru mono ni natta koto o riyū ni kanojodeshita.
Kore wa, An’napuruna ga iku to, kanojo wa dokuritsu shite irubekidearu to nobe, seifu no shigoto o makaseru tame ni watashinochichi o settoku dare kanojodeshita. Sore wa, kanojo ga 18-sai de mibōjin ni natta toki shanti to kanojo no akachan o modosu tame ni watashinochichi o settoku shi, gakkō kyōiku o kaishi suru tame ni kanojo o kakushin sa seta watashinohahadeshita. Shanti wa nenkan de kōkō ya daigaku ni gōkaku shi, ima no seifu no shigoto o motte imashita.
Sore wa kanojo ga yori ōku no kodomo o shōjinai yō ni, rankankessatsu o uke pārubati o kakushin shite ita watashinohahadeshita. Kanojo no otto wa karōjite 6 no kazoku o atae, hijō ni tei chingin no shigoto o motte imashita. Sore wa ōku o kōnyū shi, kanojo wa yorokonde hanbai suru subete no kanojo no kin no hōseki-rui o ataeta tame ni ikutsu ka no heya o kōchiku suru tame ni watashinochichi o settoku watashinohahadeshita. Sore wa, wareware wa subete watashitachi jishin no hōhō de seikō shitaga, daremoga kanojo no shin’yō o ataenakatta koto o riyū ni kanojodeshita. Kanojo wa idaina okāsandattaga, ima, kanojo wa, furui bijaku to muryokudeshita.
Watashi wa kanojo o dakishime, kanojo wa sekai de saikō no okāsandatta to watashi wa kanojo ga watashitachi no subete no tame ni yatta koto o kesshite wasurenaidarou koto o kanojo ni iimashita. Kanojo wa yorokobi no ikutsu ka no namida o nagashitashi, sukunakutomo darekaga sore o itte ita to nobemashita. Shikashi Sabita wa zankokudatta to kanojo wa chūi o kanki suru tame ni, kyojaku ya byōki no furi o suru koto o nobemashita. Watashi wa kono josei to kanojo no hakujō o nikumu yō ni narimashita. Kore wa, jasumin wa, kanojo no chichioya wa hijō ni unzari shite ita to wareware wa Firipin ni modoru tame ni hitsuyōna koto o itta toki ni watashinohaha no kokoro o dokusatsu shita hito kanojodeshita.
Watashi wa ni-kai ni tenanto to dare ga ima jibun no ie ni sunde ita koto o shiyō uji bōzu o otozuretaga, kare wa kare no kako, ōku no baai, byōki ni sunde ita rōjindeshita. Kare no tsuma wa mata, gan no byōkidatta to sugu ni shindeshimaudarou. Watashi wa kodomo no koro kara sorera o yoku shitte ita mono no, komyuniti-nai no hokanohito wa watashi o sakemashita. Karera wa watashi ga ima sensei to yoba re, yūfukuna. I wa, watashi wa subete no ue ni idō shinagara, karera wa mada ikite iru hi ni sonohi ni kurushinde itanode tomi no ichibu wa, ishi no bubun yori mo, sorera yori ōku o shinpai omoideatta koto o kiite itanode, karera wa watashitoisshoni anshin shite byōkideshita jettoki de sekai.
Watashitachiha hanarete seichō shi, izureka hitotsu to narimashi kyōtsū-ten wa nani mo motte imasendeshita. Yuiitsu no Rinky wa watashiwomite shiawasedatta to kanojo wa kaigai ni sunde ita dare o shitteita shi, watashi ga okonatta yō ni, Indo no ōku no jikan o otozureru yō ni natta to nobemashita. Kanojo no imōto wa korukata ni kekkon shi, watashi wa 1968-nen irai, kanojo o miteinai ga, Rinky ga chikaku ni sunde ita ete ita watashi no nenrei ni chikakattadesu. Kanojo no shippaishita kekkon wa maiasa gakkōniiku ni Ashis no nakamadatta musume o seisan shite imashita.
Watashi no furui bokō kenkyūjo wa mata watashi no furui kyōju wa dochira ka intai ka shibō shi, atarashī hitobito wa watashi ga dare o shitte iru ka ki ni shimasendeshitanode, watashi ga hōmon suru koto o ki ni shimasendeshita bashodeshita. Shisho misu Desouza demo atta shisha. She wa watashi no jugyō-ryō o shiharau tame ni watashi ni shigoto o atae rare, tsuneni kako ni watashi o kangei shite imashita. Shikashi, ima kenkyūjo wa tatemono to mukashi no omoide no kanzen’na dake no bashodeshita. Kokode wa hijō ni ōku no itazura ya itazura o hatashite itaga, watashi no kurasumēto wa subete modotte kuru koto wa nakassubete Indo ni chirabatte ita to ikutsu ka no mo kaigai ni itte imashita.
Dōsōkai wa, sore ga sonzai shite itaga, hijō ni yowakattadesu. Watashi wa kōsei no tame ni kyanpasu no ikutsu ka no bideo o tori, nīmaru 1-nichi wa suriramupyūru no samazamana bubun no shashin o toru tame ni kare no sukūtā ni watashi o mawarimashita. Sono kyodaina jōheki to kyū toride to naibu pāri-go de Futsu no kotoba ga kizama re ashoku no hashira no yōna ōku no kyōmibukai basho ga arimashita. Sore wa shinda gengo wa ima dewa daremoga sorera no tango o yomu koto ga dekimasendeshita. Sore wa gunji yōsaidattanode, 1 igai ni toride no naibu ni kyoka sa remasendeshita.
Shikashi, sono kyodaina kanri biru, kagaku daigaku, Bikutoria joō wa kanojo no kowareta hana to shaku, kōkyō toshokan, goshikku yōshiki no ishidzukuri no kyōkai, taiseidō to dairiseki no tengai no shita ni suwatte shiyō Chūōkōen to suriramupyūru daigaku ga arimashita jasumin wa inori,-kō saibansho no tatemono to watashi wa Ashis to Jayanti no tame ni satsuei shi, ōku no sono yōna basho no tame ni iku tame ni shiyō sa remasu. Daremoga gozen-chū ni shūkyō-tekina sōpuopera o mi ni suwatta toki ni jitaku de terebi ga goraku no chūshindeshita. Sore wa subete no hindo~ū kyō wa, shinzō ni yotte shitte ita koto rāmāyanadattanode, jissai ni kuni zentai ga kono-jikan-chū ni teishi ni kimashita. Watashi wa sore ga taikutsu mitsuketanode nokosu tame ni tachiagatta toki, karera wa odorokimashita.
Sore wa hotondo okonawa re, haiyū ga saru no kao no masuku o mi ni tsukete iru komikaruna fasshon de mawari tobikonda ga, indohito wa shinken ni sore o tori, 1tsu no episōdo o nogashita koto wa arimasendeshita. Sore wa kurisuchan o sonchō shinai jiko wa, karera ga okonawa reta ka hidoku don’nani taikutsu mitsukenaidarou Hariuddo seisho no eiga to onajideshita. Hitobito wa subete no tango o nomikomu to, dokuji no ronpyō o jikkō shite tsukuru terebi no mae ni miryō suwatte imashita.
Watashi wa, ōku no baai, sū-byō-goto ni henka shi, sono hyōjō o mite suwatte imashita. Rāmāyana wa, ramu to kare no tsuma shita to otōto Rakkusuman no subete ga 1-nichi doko kara mori no naka de raibu o okonattanode, kanojo no musuko bārato-ō o tsukuru tame ni kare no tame ni suteppu haha no yabō no 14-nenkan no shinrin ni tsuihō sa reta ramu no monogatarideshita ima sāsuriranka to yoba reru Suriranka no jaakuna ō ga mazushī shītā o yūkai shi.
Kore wa, ramu-tō saru no guntai no tasuke o karite shōri shita sensō ni tsunagarimashita kare wa kare ga naniwoshita ka okonau tame no kanari yoi riyū ga atta hazu to, watashitachi no ningen wa, kamigami no hōhō o rikai suru koto ga dekinakatta n’node, ramu wa karera no kamidattanode, kare wa risō-tekina ōdatta ka dō ka wa, hinzū kyōto ni mondaide wa arimasendeshita. Karera wa, ramu o sonkei shi, watashi no yōna kaigironsha de utagainome de mimashita. Karera wa watashi ga rāmāyana o mite inakattanode, watashi wa jūbun ni shūkyō-tekide wa nakatta to omoimashita. Karera wa tadashikattadesu.
Watashi wa ima, kōhei katsu hakuri de hindo~ū kyō no shakai no arayuru sokumen o mite, karera wa ōku no koto ni kakete hakken shimashita. Watashi wa, ganjī wa, hitobito ga songen o motte byōdō ni atsukawa reru yō ni suru kenmei ni kokoromite itaga, sorera wa kyō demo `antatchaburu’ o hanbetsu hakken shimashita. Karera wa hindo~ū kyō no ie ni isuramukyō o kika sete inaito kirisutokyōto wa dochira ka haruka ni yoi yatte imasendeshita. Seifu wa sore o kokufuku suru tame ni isshōkenmei shiyou to shite itaga, karera wa mada, gōsei kāsuto seido o shinjite imashita.
Karera wa mata, shinrō no kakaku wa karera no don’yoku ni sotogawa genkai ni izon. Onrī mazushī katei kara jibun no musuko no kekkon no tame no djisankin o toru koto o shinjite imashita. Bengaru wa, hokanohito hodo warukunakattaga, don’yoku ni wa machigai arimasendeshita. Doguma wa ni settei shite itaga, hotondo no hito wa, kyō wa kyōso no kazu wa shin’nen o koete zōshoku shite itanode, kojin-tekina kyōso o motte itaga, karera wa jibun-tachi no shūkyō no yūi-sei o shinjite imashita.
Nīmaru to kare no tsuma wa issho ni harumoniumu o ensō shi, Sabita wa hon masani kanojo ga yoi to shinsetsu to shinjitsu nadodearu koto ga gimu no nichijō o utatta kotoba o shinjite ita baai, watashi wa shibashiba gimon ni omommaiban inorinouta o utaimashita watashinohaha wa itsumo, korera no iwayuru tatsujin no keikai sa rete iru to, kanojo wa 1 o hitsuyō to suru koto wa arimasen to itte imashita. Kanojo wa shūkyō -tekina rūru ya hōritsu ni shitagatte kanojo no zentai no seikatsu o okutte ita keiken’na hindo~ū kyō no joseidattaga, ima dewa,-ji no sedai no tame ni kotonatte imashita.
Ima, shūkyō tōjō suru kokorode wa yoi to hokanohito ni yakudatsu koto ga yori jūyōdeshita. Indo wa, hitobito ga ima mo nani no kanren-sei o yūshite inakatta 2000-nen mae ni okotta kako no dekigoto ni genkyū-banashi o shita kunideshita. Sorera no hotondo wa, karera ga sekai o hitsuyō to shinakatta to itte jibun jishin o tanri shi, soshite karera kara manabu koto wa nani mo arimasendeshita. Daigaku kyōiku wa nani mo henkō shimasendeshita. Watashi wa namida shūkyō ongaku ni mimi o katamuke, seiten o yon o ateru koto ni naru An’napuruna de kyōshin no renshō ni kidzukimashita.
Watashi wa Devjani wa 1-nichi ni tōchaku mite manzokudeshita. Kanojo wa mada wareware ga shitteita shi, kanojo wa korukata no chikaku ni sunde ita to fukō-ka kara tōinode, amari mada kawatte inai yōkideshita. Kanojo wa min’na o karakatta to warattaga, daremoga korera no hi zutto kanojo no hade o kyōyū shite inai koto ni kidzukimashita. Kanojo wa 1979-nen ni Jayanti no kanojo no sōtatsu-chū ni jasumin o takusan tasuketanode, watashi wa kanojo ni kansha shite imashita.
Devjani wa, waratta waratta min’na o karakattashi, shinsen’na kūki no iki o motarashita fukigen’na kazoku no naka de yuiitsu no reigaideshita. Kanojo wa kekkon shi, ima, kanojo wa kanojo no chūnendattaga, kanojo wa mada onaji senotakai, utsukushiku, genzai wa hobo dōdō Devjanita toki, kanojo wa 17-sai no toki ni kazoku o nokoshite imashita. Kanojo wa jūryō ni irete itaga, soredemo watashi wa natsukashiku omoidasu chūshin ni wakai on’nanoko ga arimashita.
Watashi wa isshōkenmei kanojo no kami o hippatte ita saru ni tsuite no kanojo o karakaimashita. Dono yō ni kanojo wa imamade wasureru koto ga dekimasu ka? Kanojo wa. Her 2-ri no musume ga kekkon shite ita chīsana mura ni kanojo no furui otto to musuko to korukata no chikaku ni sunde ite, saikin kanojo no musuko mo rukkusu no izureka no kyōiku to Hirano ga nakatta mura no on’nanoko ni kekkon shite imashita. Kono musuko wa kanojo ga ittei no ishi no shinsatsu o hitsuyō to ikutsu ka no kekkan o motteumareta tame, tsuneni byōkidatta musume ga imashita. Kore wa Devjani no seikatsu no naka de itai tendeshita.
Watashi wa ikutsu ka no okane o okuru koto ni yotte, tasukeyou to shitaga, musume wa sugu ni shindeshimaudarou. Demo, watashi wa futatabi suriramupyūru o nokoshite yorokonde imashita. Watashi wa dakishime, watashi no okāsan ni kisu o shi, watashi ga kite, futatabi kanojo o mi shiyou to itte, kanojo ni ikutsu ka no okane o ataemashita. Kanojo wa tsuneni ukeireru koto o kyohi shitaga, watashi wa kanojo no makura no shita ni subette hidari. Watashi wa kanashī koto. IT wa, kono yōna ōkina iedatta ie o mite, ima soreni wa seimei ga sonzai shinakatta ka no yō ni.
Wareware wa, subete jojoni sore kara hanarete ugoite itaga, sore ichido warai to ongaku to jōku de shindō shite imashita. Watashinochichi ga tantō shita nochi wa, kare no kantan’na isu ni beranda ni suwatte, hōmon-sha o ukemashita. Shikashi, ima, kare no kantan’na isu ga onaji basho ni aru ga, mada soradeshita. Sore wa mada sore ga kamu tame ni shiyō sa reruga, sono inu ga amarini mo shinde ita sonoashide, inu no ha no māku o motte imashita. Watashi wa uma ga motte itaga, kanojo wa totemo furuito kyojaku mite dono kurai shirimasendeshita.
Kanojo wa ōku no baai, An’napuruna ni sakenda to kanojo wa iku junbi ga deki teitashi, kare wa ima, kanojo o torudarou to kami ni negatte iru to nobemashita. Sore wa, kanojo wa kanojo ga watashitachi no okāsandattanode, watashi wa kanojo o aishite iru koto o iu no o kiku tame ni watashi no kokoro o kowashimashita. Watashi wa Saigon hōchi shi, watashi wa zutto mukashi Saigon no tame korukata o nokoshite ita toki, kanojo wa watashiwomite dono yō ni suru mae ni, kanojo wa watashi no sūtsu no tame no zairyō o sentaku shita hōhō o aijō o komete omoidashimashita.
Watashi wa sukoshi kodomo no koro o omoidashi, kanojo no hiza no ue ni nobotte, kanojo wa watashi no o bentō mainichi o pakku matawa watashi no kutsu o kagayaka suru tame ni shiyō sa reru hōhō. Sore ga jissai ni atta mae no jinsei no jikandatta ka no yō ni. Watashi ga shinakereba naranakattanode, ima hitsuyō-sei no kanojo no jikan ni watashi wa itsumo nokoshite imashita. Watashi wa sū-shūkan ijō o kanojo to issho ni taizai shi, Firipin ni modoranakereba naranakatta koto ga dekimasendeshita. Kanojo wa sore o shitteita shi, itsumo.
She wa, watashitachi ga ikiru tame ni okotta basho ni sunde manzoku shite ita to shite, kanojo wa kagiri shiawasedatta to itta watashi o yurushimashita. Sore wa osoraku yori o kizutsukeru koto o kanojo no megumi to yurushideshitaga, watashi wa nokoshite imashita. Watashi wa 1-nichi watashi no sayonara o ittashi, Manira ni mukaimashita. Kore wa, 12 tsuki 4-nichi, watashi no tanjōbi ni attaga, dare mo oboete imasen. Wareware wa sore o iwatta koto ga nainode, tanjōbi ni wa, Indode wa jūyōde wa arimasendeshita. Jasumin wa.
She wa soko ni basu de 10-jikan o tabi shite tsukarete miete ita watashi o uketoru tame ni Manira kūkō de watashi o matte imashitaga, wareware wa futatabi otagai o mite shiawasedeshita. Kanojo wa kodomo-tachi to Haichi ni itte ita to watashi wa kanojo no hokori ni omotte itanode, Firipin ni modorimashita. Kanojo wa totemo yoku subete o kanri shite itashi, sugu ni gakkō ni kodomo o ete imashita. Kanojo wa mata, kanojo wa dōyō ni watashi ga mite netsubō shite ita koto o uchinonaka de jisshitsu-tekina kaizen o shite ita to nobemashita. Kanojo wa watashinojinsei wa watashi ga anzende shiawasena kibun ni natte yasunde iru katai iwadeshita.
Watashi wa, Haichi wa, kono yōna konrandatta to kanojo wa konton to shita jidai no ma ni sonzai shinakereba naranakatta no ga zan’nendattaga, kodomo-tachi ga watashitachi o matte ita tokoro, wareware wa hōmudattanode, nani mo ima daijimasen. Jayanti wa `u~erukamuhōmupapa’ no sain o tsukuri, toguchi no ue ni hara rete, watashi wa shikkari to karera o dakishimete imashita. Kanojo wa, tekisuto no nagai sakuhin o oboete, watashi no bideo wa tēpu de tomete iru koto o kanpeki ni akushon to kisai shite imashita. Ashis mo yoku yatte itashi, kare no kurasu de shō o emashita.
Jasumin wa, bikoru ryōiki ga hiroi kibo de kōhai o motte ita saikin, shinkokuna taifū ni mimawa rete ita koto o watashi ni iimashita. Watashitachi no kudamono no ki wa kyōfū ni owa reta teien wa, hakai sa retaga, ki wa futatabi ue-gae suru koto ga deki, niwa ga sai kōchiku shimasu. Watashi wa subete no kenri o settei suru tsumoridattanode, watashi wa ie ni futatabideshita. Watashi wa jasumin ga kotei shite ita atarashī kitchin to kanojo ga chōtatsu shite ita uragawa no kabe o mite odorokimashita. Yuka wa atarashikatta to ienomawari no haisui ga kaizen sa rete imashita.
Kanojo ga modotte itanode, kanari no kaizen ga attanode, kanojo wa ima mo kēburuterebi suidō mizu no setsuzoku o motte imashita. Shikashi, watashi wa mata, wareware wa, kodomo-tachi ga jibun no heya o motsu koto ga dekiru yō ni watashitachi no tame ni garēji no ue ni 1 beddorūmu o tsuika suru hōhō ni tsuite kangae hajimeta yō ni, 2tsu no chīsana shinshitsu ga watashitachi no tame ni jūbunde wa nakatta koto ni kidzukimashita. Sokode ishiku to daiku ga kite, kensetsu wa 1988-nen no 2 tsuki ni hajimarimashita.
Sore wa yakkaina shigotodeshitaga, sugu ni heya wa kirei ni narimashita. Yuka wa meido ga wakkusu de kenma suru koto o kideatta [sentaku shinshitsu soreha, hotto& kōrudoshawā-tsuki no basu tabu ga toritsuke rarete itashi, heya jitai wa, kyabinetto o kyodaina wareware ga insutōru sa rete ita garēji no ōki-sadatta to basurūmu no yuka to kabe ni kiiro no tairu o okimasu maishū. Kaidan wa tesuri to konkurītodeshita. Kore wa, watashitachi ga yoku yoyū ga zeitaku no bittodeshita.
Kodomo-tachi wa ima VHS-jō chiki chiki ban ban o mite tanoshinda tokoro dai gamen terebi ga kaika ni taizai shite iru ma, kanojo wa chīsakute mo ref to watashitachi no heya de kēburuterebi o motte imashita. Ie wa kirei ni tosō shi, subete ga totemo suteki ni mietanode, raito wa ni-kai ni setchi shimashita. Ashis wa, hitotsu no heya ni idō shi, Jayanti wa, kanojo ga kite, taizai jasumin no haha to kyōyū shinakereba naranakatta kanojonoheya ni tomarimashita.
Watashi wa daidokoro nota -me no atarashī konro to reizōko o kōnyū shi, ribingurūmu no tame no ōku no nara no kagu o chūmon shimashita. Furui nara no kagu o sai kenma shite, zentai no ie wa omekashi. Kanojo wa watashitachi ga izen ni hanbai shita VW Burajiria o mochikaetta toki jasumin wa 1-nichi, watashi o odoroka semashita. Wareware wa karera ni bikōru-go no ressun mo piano no ressun o ataeru tame ni kodomo no tame no kateikyōshi o yatoimashita. Karera wa gakkō de yoku yatte imashita.
Ashis wa yūbenjutsu kontesuto o kakutoku shimashita. Sonogo Ashis to Jayanti no ryōhō ga Naga-shi de sokuji supīkingukontesuto de kinmedaru o kakutokudarou. Sore wa eigo ni kita toki ni Firipin no kodomo-tachi wa, karera no chikaku ni kuru koto ga dekimasendeshita. Watashitachi no niwa wa, sono kenkō o torimodoshi, watashitachi no ie wa, kōtaku ga ari, kirei to wa mohaya kanojo no imōto ga soko ni taizai shite ita toki no yō ni nagareochiru mieta. Now kāpetto kusa ya ikutsu ka no kudamono no ki ga ue kaeta niwa o sentaku-zu o bakku saki hajimemashita.
Karera wa ima, chikaku no ie ni idō shite itaga, watashi wa shiryoku ni yotte kanojo no otto o kirannode, wareware wa karera to wa amari arimasendeshita. Watashi wa kyodaina gakushūtsukue o oku basho watashitachi no atarashī beddorūmu no ue no kai wa suzushiku, kazetōshi no yoideshita. Kazoku ga sonoyōni umaku koko ni teijū. I wa futatabi jasumin o konzetsu shi, jibun no shiawasena seikatsu o hakai shi, ikutsu ka no rimōto-koku ni kanojo o motarasu tame ni kiratte itanode, watashi wa futatabi hanaretaku arimasendeshita.
Kanojo wa jibun no ie ni attashi, kodomo ga yoi gakkō ni itanode, watashi wa kanojo ga koko ni shiawasedatta koto o miru koto ga dekimashita. Kanojo wa kanojo ga sodatte, watashitachi wa kanojo ga jitaku de hijōdattanode kekkon shite shimatte ita mae ni hataraite ita Naga ni ōku no yūjin o motte imashita. Watashi wa doko ka sugu ni betsu no shigotowosagasu hitsuyō ga arimashita. Dr. Singh wa kare ga watashi wa IRRI wa umeru tame ni sagashite ita Kanbojia no posuto no kōho-sha ni naritakatta to, kare wa IRRI wa watashi o yatoudarou to kakushin shite ita to nobetaga,-betsu no ofā wa Ruwanda kara kita koto o watashi ni tsutaete imashita.
Watashi wa sensō ga owatta Kanbojia ni iku no wa fukuzatsuna kimochi o motte itaga, kumēru rūju wa, jirai no sū hyaku man hito ga sore de dōsa suru mottomo kiken’na kuni-tsukuri to kuni o chirabatte ita. Watashi no shigoto no inaka no nōka de no sagyō ga hitsuyō to shite irudarou. Dakara watashi wa, IRRI no teian no uchi, tanpo to hādo watashi no rikkōho o osa rete ita Dr. Singh no shitsubō ni saisho no Ruwanda o mite miru koto ni shimashita. Watashi wa sore ga hijō ni kyūryō Chūōafurika no shōgokudatta koto o nozoite, Ruwanda ni tsuite nani mo shirimasendeshita. Karera wa kōhī de yūmeideshita. Watashi mo soko ni purojekuto o sanshō shite kudasai Ruwanda no tonari ni atta Burunji o hōmon shimashita. Dakara, aru hi, watashi wa Kigari e no noritsugi-bin o eru koto ga deki, soko kara Echiopia no Adisuabeba ni tobimashita. Watashi wa kokusai-tekina hōrō-chū no betsu no shōde wa, hajimarou to shite ita osorete imashita.

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Chapter ten : Haiti- A repressed people-1984-1987 ( in Japanese)

images (12)      images (10)

抑圧された人:ハイチ:1984年2月 – Oct.1987

私は急な丘の上にカステルハイチと呼ばれるホテルに連れて行ってくれましたとゴーヤと呼ばれる現地通貨でのいくつかのお金を変更助けたAIDのハイチ従業員がポルトープランスの空港で会いました。私を受け取り、私はかなり自分のどこかになるように使用されたが、ホテルで私を修正するために、実際に彼女のとても素敵でした。

ポルトープランスの一部は平野で、一部はちょうどウォーターフロント.From町に空港の後ろに上昇険しい山々次第です、私たちは、私がどこでも見た中で最も恐ろしいスラム街で渡されます。非常に貧しい人々の多くは、ハイチの首都に住んでいた場所です。ここにゴミや雨どいに散らばった通りがオーバーフローしました。ぼろの人々はどこでもあなたが世界のこの部分で最も貧しい国の一つになっていることを知らせるました。

、地方に向けて出発する準備をしたりどこかにトップローディングまたは他のものの間で木炭やバナナや薪をアンロードすると.Peopleたから到着ミニバスのスコアは家があったことができます錫製のスラムのためのフランスタームであるスラム街の近く。ヤギのような生きた動物はまた、鶏をquackingのフルバスケットを言及しないようにこの方法を実施しました。

女性道端で食べ物を販売し、ハエをオフにしておくために努力がたくさんありました。人々は汚物、ハエや流れ、彼らのビジネスを歩き回った汚水を気にしないように見えました。私は少し段ボールキュービクルどこでも派手な色で塗られ、彼らはマリアージュので、私は、彼らはおそらく、このようなオフィスで結婚できた不思議結婚のオフィスのいくつかの種類と思っていた結婚式を意味すると呼ばれる記号を表示.IT宝くじ券を販売しどこborletteと呼ばを見ることができました。なぜそれらの多くがありましたか?

答えは、それは単にラッキーナンバーと、彼らはすべての宝くじ購入者を確保し、ジャックポットの間の結婚を意味するということでした。私は貧しい国、より多くの絶望的な人々が彼らの運が変わるだろうと期待して宝くじ券を購入していたことを指摘しました。これは、ハイチでした。

空港は近代的で戻って広大な平原で設定しているが、我々が町に近づいたとして、我々はどこにでも小屋と倒れそうな建物を見て、街がトラフィックによって窒息しました。このような名前が私に何を意味するものではありませんでしたが、主な動脈は大通りジャン=ジャック・デサリーヌと呼ばれていました。私はハイチの独裁者は、彼の死の後に担当して彼の息子を残していたパパドクデュバリエと呼ばれていたことを聞いていました。彼の名前はジャン=クロード・デュヴァリエであり、彼は父親と同じ無慈悲で国を支配しました。

一つは明るく塗らバスやミニバスに気づくことができなかったことはありません。彼らのほとんどは、アーティストが夢中になったしばらくもののかつて宗教的な性質のいくつかの絵を見せ、挑発的なジェスチャーで露出度の高い服に巨乳の女性を描きました。また、テクニカラー、非常に目に見える、非常に、粗でしたが、その後細かいアーティストはミニバスを描く彼の時間を無駄にしませんでした。
それは、誰もがに任意の注意を払っていない面白い図面を作った割合の意味を知らない素人が行われました。

地元のひょうたんにドルの変更が容易であったとどこでも行うことができるとAIDの女の子が説明したように、あなたが相場より10%以上を得ることができるが、彼女はそれが合法だったかどう言及するのを忘れてしまいました。私はそれの音ではなかったと仮定します。その後、私はハイチでは違法多くのものがあったことを学んだが、誰もそれについてはあまり気にするように見えません。

義務を支払うことなく、テープレコーダー、カメラなどの豪華な良いにもたらすために、たとえば違法だったが、私は何の問題もなく通過する空港の人に見ました。どのくらいのお金は、カウンターの下に手を変え伝えるのは難しいだったが、明らかに人の警察官が共謀していました。
マダム・サラスと呼ばれる巨大なハイチの女性が毎週プランスとマイアミの間に撚り、彼らはハイチに高い価格で販売contrabandsで満たされたスーツケースをもたらしました。

タクシーの運転手には私はマルセイユやデリーで知っていたものとは異なるませんでした。彼らのメーターは働いたことはないと彼らは運賃が2つだけだったときに20ドルのためにあなたのホテルにあなたを持って来ることを試みました。これらの人々は疑うことを知らないからいくつかのお金を作ってみました。あなたはマニラで例えば最小運賃を支払うことを望んでいた場合、あなたは大工や石工としてサウジアラビアに行っていたと述べました。それはどこでも同じでした。

それはカラフルな光の服と女性は通常、自分の頭の周りに包まれたカラフルな布を身に着けていた身に着けていた2月.Peopleに暖かかったです。多くの女性は、彼らがパナマと呼ばれる微細な麦藁帽子を身に着けていました。彼らは背の高いだったと特定優雅に歩きました。私たちは、太鼓、笛やシンバルのビートに合わせて路上でカーニバルの衣装と羽や踊りに身を包んだ人を見ました。

その顔は、塗装、彼らは頻繁に顔にルックスによりコークスはありませんでしたボトルからすすりました。女性自分の体の良い取引を表示する非常にカラフルでローカット服装を着て、セクシーな方法で踊りました。男性は、同様に風変わりな衣装を着て、女性とcavorted。

彼らはイベントが多くの日離れていたが、ハイチでは有名だっれるマルディグラと呼ばれる今後のカーニバルのためにウォームアップされたのRa Raはバンドでした。カーペンターズは、ほとんどの人がラ・ラ帯にはほとんど注意を払って大音量の音楽が何人かの人々が拡声器を使用して再生するが.Thereは派手な雰囲気だった立って道端を固定忙しかったです。

私は歩道上で販売のための明るく描いたアートワークを見たが、それの豊富だった彼らが最も感動し.What良い品質であると見ていませんでした。他の販売のための手工芸品なども近く交通のボトルネックがありました。ハイチで光沢のある木箱は、路上で販売された大きな文字、茶色や黒瓶、置物、ボウル、多くのようなもので、それに刻まれました。彼らは、自社の製品を表示するために車の窓をノックするが永続的ではありませんでした。

私はクレオールを話すが、それは私がよく話したフランス語の近くにあったように多くの単語を理解していませんでした。私は、彼らがそれを知らなかった場合でも、彼らは「私の愛するまたは最愛の人やママやパパ」とお互いに対処していることに気づきました。いくつかの国では「ねえ、あなたが存在」と比較して、それは非常に素晴らしい鳴りました。私は私の最初の日にすべてのこれらの事を知りませんでしたが、私は鋭い観察者でした。

私が泊まったホテルは、最も心を打た墓地とその規模の大きさだった町や埠頭が、何の部品を見下ろす丘の上にありました。私は、ホテルだけでなく、麦わら帽子にハイチラムの無料のボトルを与えられたとハイチラムは非常に良かったし、多くの国に輸出されたと言われました。レストランでは、こんなに早くプレートが登場する前にLambyを試したことがなかったクレオール.Iのメニューと呼ばれるlambyの巻き貝の肉を持っていました。これは、インドゴムのようだったが、ハイチ人は牛がCUD噛むようにそれを噛むと、それが良いと述べました。私はそう確信していませんでした。

フロリダ州にあるナポリからアメリカの仲間は、彼の妻やガールフレンドの大きな失望にガラスの後にそれをガラスを飲むために私を促したのどちらかが、私はハイチのラムが好きではなかったです。アメリカ人はまたどこかでグルジア、デリーやマドラスにアテネを持っています。カステルハイチは、彼らが.Iは国が非常に悪かったが、生活費は驚くほど高いものであったことを知った充電された価格のための非常に良いホテルではありませんでした。これは、同じことが起こったマリやセネガルのようでした。

多くの国のように、人口が豊富な少数派と大多数の貧しい人々に分けました。金持ちの少数はbidonvillesや資本を囲まれた広大なスラム街には多くのハイチ人の大半は、以下の平野のうだるような暑さに住んでいながら、派手なヴィラにPetionville呼ばクーラー山に住んでいました。

金持ちは非常に派手だったし、自分の車の周りに群がった貧しい人々は彼らに何かを販売しようとしているときに派手な欧州車の中を運転しました。その後。彼らは、アメリカの多くの国のようにフランスや他のヨーロッパの遺産だったmulattosがありました。これらのmulattosは、原住民に自身が優れたと考えられ、それらを下に見えました。

私は、貧困は非常に現実的だったが、ここハイチ貧富の選択図のコントラストがあっても最初の日に確かに非常に見えた非常に直接あなたを指すように見えたマリに住んでいました。私は徒歩で街をさまよっと乞食とストリートウニはどこでもあなたに従っ【選択あなたは方向のためにそれらを依頼された場合、人々は常にお金を求めたことがわかりました。

多数の車両は、ほとんどのいずれかの政府の車であったか、貧しい人々が歩いたりここをタップタップと呼ばれるミニバスに乗っ里親や国連などのように側に彼らのステッカーを表示プロジェクトに属していました。特定のルートを撚り公共交通機関のようないくつかのジープニーもありました。ハイチ人は、多くの場合、マイナーなものの上にジープニーで口論とドライバが停止し、問題が路上で整理されるまで待っていたので、拳の戦いが勃発しました。私はそのような口論の途中で自分自身を発見し、平和メーカーであることを試みたが、私のクレオールが改善されたときには、かなり後になったら。

大統領宮殿はそれに良好なコントラストを与える緑の丘の背景に白い建物がキラリと光るされています。フロントで吹くとシャックルを持っていたために彼の唇にホラ貝を上げるハイチスレーブの銅像があります。
それほど遠くないそれからロース服や羽でカリブのインドの銅像が立って。私は名前ハイチは国の名前カリブインディアンから来たと言われました。イスパニョーラ島の他の半分は、ドミニカ共和国や短いDRです。

国1の詳細については、グレアムグリーンを読み取ることがありましたが、私は観察し、人々に話をすることによりとして最高の私ができるよう学んでいました。ホテルのすぐ外に、私はハイチの男の子と彼らのために仕事を見つけるために私に尋ね、次に選択図女の子は、彼らはまた、他の何か.ITは、多くのアフリカ諸国と同じであったが販売していたことが示唆されたお金を求めた女の子のグループに会いました。
唯一の度合いが変化しました。ここでは、それらの強力なカトリックの信仰の売春の多くはありませんでした。

はい、ハイチ人は非常に宗教的だったことは間違いありませんでした。私はすでに彼らは呼ばれていたとして、そのタップタップの宗教画に気づいていました。教会は日曜や他の多くの日にも同様にオーバーフローしました。カトリック教徒は、国の至る所で、北米の宣教師にも同様に感謝をプロテスタントを祈ったが、現在は存在したポストプランスには多くの洞窟がありました。

私の任命を承認したAIDの人々は、彼らは良い仕事を期待し、私たちが実行しなかった場合は、「私たちを追い出す」ことを躊躇しないだろうと、新しいチームにそれが明らかにしました。これは、アルジェリアの農業省のことを思い出したが、アメリカ人はcruder人だったと言葉をミンチませんでした。彼らは人の資格や背景に敬意を示しませんでした。それらのいくつかは、しかし、ルーチンの一部として一度家にチームを招待し、私はポルトープランスで友人を持っていたことをさりげなく言及しました。

私は.ITは、Ba Xuyenの古い野郎ユベールた自然に驚きました。彼は今、豚の再増殖プログラムのヘッドとしてここで働いて、それ以上かかしのようには見えませんでした右超えるホテル.Heに来たが、私はまだ彼の運転を信用していなかったました。私は彼を見ていた最後の時間は、1971年にワシントンD.C.にあったので、それは何年もされていました。彼はハイチのすべてのブタは今、彼はアイオワ州からアメリカの豚でそれらを交換しなければならなかったアフリカ豚疾患に起因して屠殺しなければならなかったので、彼はプロジェクトと非常に忙しいと言いました。

その後ハイチの農民は、彼らがネイティブ豚を殺すために豚コレラの理論を発明してハイチに彼らの豚を販売するアメリカ人によって大きな陰謀だったが、私は真実を知ることが困難であることを教えてくれました。
とにかくヒューバートと私は私たちの共通の友人についてのニュースに追いつくためにしようと延々と話しました。彼は、そのうちの一つが、米国大使館で働いていたと私は行くと彼女に会うべきであると言ったが、私は時間を見つけたことはありません。

彼はその後、私たちは古き良き時代のように箸で食べた中華料理店に連れて行ってくれました。私はここで旧友に会ったことがジャスミンに手紙を書きました。だから彼女についてを送信する前に、彼女はヒューバートについて聞いていました。もう一つのアメリカはまた、彼の家にチームを招待し、私はそれは単に形式的だったとハイチでの当社の長期滞在中に戻ってそこに行ったことはありません知っていました。

ある日、私たちは.Iが私は現地の状況を評価する機会があった前に私が働くべき場所の人々が私のために決定したアイデアを好きではなかったプロジェクトサイトを参照してくださいジャクメルに行きました。ジャクメルは約2時間が非常に侵食された丘を通ってジグザグ険しい山道の上プランスから車で。それは、小さな市場といくつかの家と海岸沿いの小さな町でした。私たちは、農村部の人々が住んでいて、どのように、またはどのような彼らは、これらの山の斜面に栽培方法を確認するためにオートキャップルージュ、他の場所まで行きました。

ジャクメルへの道のほとんどは悪い形と急勾配です。コーヒーやキャッサバを植えた人々はどこにでも。彼らは丘の上の家のような頑丈な単純な箱に住んでいたし、食べ物を成長させるために非常に懸命に働きました。彼らは明るい色で自分の曲がったドアや窓を描きました。女性は、彼らが下の谷からフェッチし、ゆっくりと負荷との丘を登っている必要があります彼らの頭の上の瓶に水を運びました。人々は彼らの頭の上にすべてを運びました。
農村マリの女性の苦難を私に思い出させます。

ハイチ人は簡単に微笑んで、クレオール語で挨拶しました。ジャクメルのホテルは、ラ・Jacmelienneと呼ばれるウォーターフロントにあったと快適だったが、彼女がお金を失っていたことは明らかだったので、カナダのマネージャーは貪欲でした。そのことについてはハイチであり、または任意の場所に滞在してほとんどの観光客がありました。ハイチが風土病.There千人口あたりの米国でより多くのエイズ患者であったが、ラベルが貼り付けられたというのは本当ではありませんでしたが、彼らは、エイズの怖がっていました。

ビーチはとてもフレンドリーな素敵な人々であったが、そのように観光客が離れていました。 Jacmelienneのホテルのロビーでは、人々はセラミックスや張り子張り子の手工芸品だけでなく、マスクや小さな人形を販売し、価格が高かったです。

ジャクメル後、私は.ITは、国の下アームにプランスから約200キロで西にレケイに行ってきました。あなたは地図を見れば、ハイチの形状は、両腕を持つカニのように見えます。ここでは道路が優れているとZanglais .ITの風光明媚な海岸を通過するには、桟橋や古い家錆びたトタン屋根で、未舗装の砂利道や古い人々が座っていた公園と町の中心部にある小さなカトリック教会との小さな町でしたベンチ上や関心を持って新規参入を見ました。塗料とひどい目剥離と公園内の誰かの銅像がありました。

ウォーターフロントから1はバシェ島と呼ばれる遠い島と船の沈没船と非常に少数のボートの数さびたハルクを見ることができました。そこここで過去に活発な海上貿易にするために使用が、今ポートが閉じ、カスタムの事務所は小さな郵便局が直面している老朽化したに見えました。しかしレケイは平野にあったし、農業が集中的だった農業地域の真ん中に。彼らはすべてのレケイの周りにご飯を成長し、いくつかの灌漑を持っていました。
私はいくつかの素晴らしい作品がここで行わそれは私が住んでいた場所になる予定だったことを決定することができることを感じることができました。

次にやるべきことは、賃貸住宅を探すことでした。再び私はちょうど町の外にスイスのシャレーのように構築された美しいビーチの家を見つけることがラッキーだったが、我々はそこに着くために浅瀬に悪い砂利道を通って、いくつかのストリームを持っていました。
しかし、家は新しいし、水、電気、さらには携帯電話を持っていました。あなたは、フロントポーチに座って、50メートル離れた海を見て、一定の風を感じることができました。とても近くに海の香りが爽快でした。家は全くなく、厚い緑の韓国草青ではありません青い草の芝生の巨大な広がりに戻って設定されました。私はすぐに家を好きで、それを取りました。

今私の議題の次の項目はので、私は、彼らはまた、子供のための小さな学校を走った丘の上に住んでいたアメリカ人宣教師に会った子供のための学校を探すことでした。これらの人々は私の子供が.ITが唯一の私は学校の管理者は、私の子供たちが歓迎されるであろうと言ってくれましたが、最初から非常に奇妙なと不親切見つかった子供たちのためのものだったそこに入院することができなかったことを私に言いました。彼らは教師の費用を支払うために以上の子を必要としていました。短い時間で解く住宅や学校教育の問題とそのため、
私はすぐにハイチに来て準備するためにジャスミンに手紙を書きました。

学校は、彼らが学校でより多くの子供を必要なときにアメリカ人がとても不親切だったなぜ、ここで私の家族を有し、単独で4孤独年間支出の違いを意味しますか?私たちはより良い将来的にこれらの人々を知っているし、それらをよりよく理解することになるだろう。

今ではので、私の女主人はとても一晩、私はジャスミンを呼び出そうと彼女は携帯電話を持っていなかったというのが私の土地の女性を語ったが、近くに住んでいた彼女のいとこラモンがしたポルトープランスで電話交換機で働いていたことが起こりました。
彼女はナガ市を鳴らし、彼の番号を見て、彼に電話を与えるためにそこにオペレータを求めることができますか?この彼女がいました。ナーガはラモンがこのように接触させたので、人々はお互いを知っている小さな町であり、私は【選択長距離は私の腕を原価計算された、いくつかの足はとても急いでくださいすぐにジャスミンをフェッチするために車を送信するために彼に言いました。

ジャスミンは、ラモンは夜遅くゲートに叩いて聞いて非常に驚きました。彼女は最終的に長い時間のように見えたのか後に電話に来て、私たちは海の広大な距離で明確に互いを聞くことができたことをとても幸せでした。私は美しい家、そして最も重要なのは子供のための学校を発見したので、彼女は荷造りとハイチに来るべきだと述べました。

彼女は私がフィリピンから彼女をフェッチする必要がありますが、これは私が行うことができませんでしたと言いました。それから彼女は私がサンフランシスコで彼女に会うべきであると述べたが、あまりにも不可能であったように、最終的に我々は妥協しました。私は彼女が日に合意したので、私はマイアミ、フロリダ州で彼女平面を満たすことを言いました。私は、彼女に私たちは、信頼できるマニラ旅行代理店へのチケットを配線するオフィスと呼ばれ、私も彼女のマイアミに到着し、フライト番号などの日付と時間を正確に知るために旅行代理店と呼ばれ、ナガにジャスミンを呼び出すために彼らに言いました。

私は私が払う必要がどれだけ聞いていた女将を尋ねたとき、彼女はそれが彼らの交換コンピュータに登録していないと述べました。彼女は笑って、電話会社で作業する特定の権限を持っていたと述べました。彼女は多くの長距離オペレータの友人を持っていました。

私は今、彼女はマニラの大使館によって米国のビザを付与することができるように、DHLによって彼女にいくつかの文書を送信するために戻っプランスへ行かなければなりませんでした。ハイチのビザはマイアミで得ることができました。それから私は、家具やジャスミンが必要となるすべてのものを探すために持っていました。プロジェクトは月にお届けすることを約束しプランス外工場から家具や家電製品の完全な家を命じました。私はほんの数日の時間に多くのことを達成し、本当に良いと感じていました。

レケイに住んでいた私のハイチ相手はので、私は家から町に前後に歩いていたプロジェクトのジープを保ったが、これは、後に解決したと私はジープを得ました。彼は非常に友好的ではなかったが、それはあまりにも後で変更します。町では、私は非常にいい人だった中国系アメリカ人と出会い、多くの場合、彼は一人で住んでいた彼の大きな家に私を招待しました。彼は同様に素晴らしい料理人だったとexpatのコミュニティが彼を犠牲にして楽しんで豪華なパーティーを行いました。彼はリュミエールシテだけでなく、いくつかのハイチ人に上り坂住んでいた、ほとんどの宣教師が含まれているそれらのすべてを紹介してくれました。
町の理想的なゲストハウスは、いくつかの外国人居住者が食事毎日のために出会った.Thisはまだ家を発見していなかった人々に食事を務めました。私は、フランス系カナダ人と彼のボリビアの妻この方法を知っているようになったが、それらの交差目小僧は耐え難いでした。私は子供たちがとても病気に振る舞っ見たことがなかったです。私は後で町に彼らのために家を見つける助けたが、彼らは超然としていました。

すぐに私はカーニバルが始まろうとしていたポルトープランスに戻りました。道路上では。彼らはまた、車を停止し、彼らは常にちびちび自分のラムのためのお金を要求通りの真ん中にドラムとダンスを破ってのRa Raは帯域の数を見ることができました。彼らはすぐに腹を立てたので、私たちは.ITはこれらの人々を支払うと上を移動するのが賢明だった待たなければならなかった投石通過する車の上ではなかった彼らの酒に酔った状態であるため渡すのは危険でした。バンドは、同様に女性が含まれていました。

通りはドラムや他の楽器のビートに合わせてカラフルな服装のダンスの人々でいっぱいだった.Nowポルトープランスではカーニバルの熱は最高潮に達しました。我々は肘の肘だったが、我々は何とかを通して絞ることに成功し、今選択図観客をどこに行ったことがあるようでカーニバルを見に最適な場所は、ホリデイインのバルコニーと言ったアメリカ人女性に会いました。

山車が多かったし、それらのいくつかは、よく野生の群衆にキャンディーを投げる可愛い女の子が座っていたしました。群衆混じりと放棄で踊った多くの外国人がいました。誰もが楽しい時間ダンスを有し、かつ飲んでいたようでした。ボトルは、自由に手を変え、たまにいくつかの拳の戦いが勃発したが、すぐに制御しました。

警察官は、一般的に整然とし、ホリデイインを渡して、長い行列にゆっくりと上に移動群衆を制御するために偉大な数字で出ていました。バンドはそれを傷つけるように大声で演奏します

鼓膜が、私は安全な距離から群衆を見て楽しみました。それは私の最後のカーニバルであることもありましたが、私はハイチで先に横たわっていたものをその時には思いもしませんでした。人々は踊り、歌った方法から判断すると、1はハイチの人々が生活の中で心配することは何もありませんでしたし、非常に満足していた幸運の人々を行くが、これは外観だけだったという印象を受けました。

人々はカーニバルが問題控えめに言って多かった抑圧大衆のための唯一の出口であると述べました。それは市民の自由とデュバリエの手に弾圧の主な楽器だったブルーデニムクラッド民兵た恐ろしいトントン・マクートがなかった国でした。彼らの無慈悲はイディ・アミンを辱めているだろう。

私たちは私たち自身の事務所を持っていなかったので、レケイでは、私は、地区の農業のオフィスの隅を共有しました。農業事務所は屋根と巨大なラットとスパイダーのフル漏れると非常に老朽化した建物でした。彼はそれを制御またはその財政を持っていないため、農業チーフは、プロジェクトに憤慨しました。しかし、幸いにも、我々は我々のフィールドワークがBereaultとマニシェの丘の平野で偵察調査を始めていたので、その恐ろしいオフィスに滞在する必要はありませんでした。道路が悪かった。我々は、多くの場合、浅瀬にジープを損傷したマニシェとBereault内のストリームを持っていたが、我々は困難の作業inspiteに担持されました。

すぐに我々は、優先順位が同様に異なっていたので、降雨パターンと農業はジャクメル異なっていたため、ジャクメルとプランスで働いていたチームが、レケイチームの残りの部分はやや独立して他の人の仕事を知っていました。ライスとソルガム、トウモロコシと豆だけでなく、サトウキビは、ここで重要な作物でした。彼らは丘にアップマニシェにコーヒーを大いに成長しました。

私はトラックが、私はポルトープランスから命じたすべての家具をもたらすことが判明したとき、それは4月、1984年の第10回だったと思います。私は、同様のプロジェクトのために6バイクをアップロードレケイに遅れて到着し、解凍し、私はトラックでポルトープランスに戻らなければならなかったので、家具を配置する時間がありませんでした.I家の中ですべてを投棄しました。

ジャスミンは、マイアミの次の日に到着したので、私は彼女がいた前にマイアミに到達しなければなりませんでした。ヒューバートはマイアミに行っていたが、彼は、私は空港近くに滞在したので、どこかでより多くの豚を拾うために彼の方法であり、すぐに到着後、群衆の中に姿を消しました。ジャスミンが到着したが、ここで私はアメリカの悪い面を経験し始めた前に私はいくつかのものを購入するためのデパートを見つけなければなりませんでした。

私はいくつかの質問を聞いて彼に近づきすぎたとローラースケートに路上で子供たちが快適な音ではありませんでしたスペイン語で何かを叫んで歩道から私をプッシュしようとしたので、バスの運転手は私に叫びました。巨大な犬は私を追いかけ、おそらく私は自分自身を守るために何かを見つけることができなかったので、私を怖がって一口しようとしました。

私はマイアミの何も知らなかったが、少し私が学んだことから、それは快適な場所ではなかったです。人々は英語よりもスペイン語以上を話し、1はどこにでもキューバ人を見ることができました。彼らはホテル、モーテル、ショップ、ツアーバスを走りました。彼らは、タクシーを運転し、彼らはマイアミを実行したか、少なくともそれはそれは私には思えた方法です。彼らは私が彼らの下手な英語を理解していなかった場合に腹を立てた失礼人たちでした。マイアミは大きな幅の広い高速道路と絶え間ないトラフィックを除くアメリカの都市のようには見えませんでした。

一番私を悩ませすることはキューバ人やヒスパニック系の傲慢でした。私は傲慢のこの種を知らなかったが、その後、私はカリフォルニア州サンルイスオビスポのほとんどが白い町に住んでいた米国に住んでいました。公平を期すために、一つはしなかったいくつかの奇妙なキューバ人.Iの行動によって国全体を判断してはいけませんが、今、私はこの国の別の側面を見ていました。

とにかくジャスミンと子供たちはその夜到着したので、私は戻って空港へ行き、私が到着ラウンジに行くようにパンナムエージェントを尋ねました。これは彼がしないだろう。彼は、セキュリティ上の問題などに起因する制約があったことを言ったが、私は.Iは、彼らは非常に疲れて、私の援助を必要としますので、私の妻と子供たちは非常に長い距離を移動した後に到着したことを言ったと主張しました。
彼はまだ私が中に入る可能性がどのように言っ.Finally折れるませんでしたか?彼は私が合格のために彼に尋ねたと彼は私にそれを与えたので、私はパスが必要だと述べました。アメリカ人は非常に論理的な人々です。

到着ラウンジは午後5時に見捨てた【選択アナウンスメントボードは、彼女のフライトが遅れたと遅れて到着すると述べました。最終的にフライトが到着し、私はジャスミンはAshisとJayantiを保持し、絶対に疲労探し平面から出てくる見たとき、私は午後11時まで、長い待ち時間を持っていました。彼女はまた、右面の近傍に存在私を見つけることは非常に驚き、明らかに非常に安心しました。
子供たちが走ってきたし、大きな喜びを示す私にキスをしました。
私たちは近くのホテルにし、子供たちに温かいミルクを与えた後に行って、いくつかの食品は眠りにつきました。彼らは、任意のプロンプト.Their少し体が上ドキドキ非常に長距離便を採取して示したていた必要はありませんでした。私は実際に飛行機の旅はとてもひどかったことを残念に感じました。彼女はバラバラにする準備ができて見えたので、ジャスミンは、おそらくそれらよりも疲れていました。

翌朝、私たちはオフィスが私の驚きにのみマイアミまで彼らにチケットを送っていたので、彼らにポート・オ・王子のチケットを取得するために、航空会社のオフィスにし、それらにビザを取得するためにハイチ領事館に行って。そして、少しリラックスする時間でした。私はオーランドのディズニーランドへの旅行は、子供のための楽しいだろうと思いました。もちろん、キューバのホテルのマネージャーは他の人が運営する次の日を残してツアーバスを持っていましたか?バスの運転手は失礼だったが、我々は許容され、Kisseemeと呼ばれるいくつかの場所を通過するディズニーランドに到着しました。
ほとんどのアメリカ人は私がいない期待している先のバスの運転手のようだった場合ジャスミンは私に尋ねました。

ディズニーランド、オーランドのエプコットセンターは、タイヤの大人は.Iは、彼らはまだ疲れていたが、ティガーとミッキーマウスとFowlfellow。彼らで撮影することにより、これらすべての文字を知っていたされて楽しんだAshisとJayantiの顔から見ることができる非常に大きい場所であります心と喜んでいました。ジャスミンと私は手を取り合って、私たちの子供たちを見て楽しんで散歩しました。

彼らはティガーの尾を引っ張り、ミッキーを抱きしめとくまのプーさんと共演しました。私たちは、城に住んでいたし、彼らのポーションを作るために巨大な釜でカエルを醸造魔女の完全な洞窟を入力するように移動カルーセルを取りました。私たちは、洞窟や水の滝を通って惰性野生の野生の西と鉱山町ローラーを通じておもちゃの電車を取りました。そして、ネモ船長のパドルボートやNautilusがありました。観光名所には長い時間がかかる1日【選択エプコットセンター自体にカウントし、見ることがあまりにも多かったです。

私たちは、数字、シーンとアニメーションのモデルを通じて、世界の歴史を見るために、そのドームを介してカルーセルに乗ってました。それはすべての非常によくやっ.Theirのコンピュータルームがそれぞれディズニーランドのあらゆる側面を制御するが、はるかに子供たちの理解を超えたその巨大でした。マイアミに戻って休息する時間でした。

群衆は無限の非常に厚いとラインだったが、それは私たちのすべてのために良い休憩ました。帰り道、我々はいくつかのホットドッグとフライドポテトを注文したが、ウェイターは私たちがほぼそのまま残さ軍のために十分な食料を持ってきたときに驚きました。それはあまりにも多く、廃棄物でした。

ポルトープランスへのフライトは、ハイチを作るだけで約90分、バックドア、またはそれはおそらくある米国のフロントドアのように見えるかかります。ジャスミンは、彼女は黒の人が好きことを学んだので、彼女がハイチに自宅で感じたマリに住んでいました。子供たちにとっては新しい経験でした。すぐに我々はプチGoave、ミラゴアーヌとZanglaisの美しい海岸を通ってレケイへ行きました。 Zanglais海岸は、白砂のビーチと海に点在小さな島と紺碧の海と壮観です。背の高いユーカリや松の木々は、高速道路を裏打ちし、いくつかの植物の白やピンクの花がシーンは息を呑むほど美しい作り道端であります。

少しダッグアウトカヌーで他の人が水にパドルしながら一つは、海からネットを引く漁師と女性を見ることができました。人々は他のいろいろな食べ物と一緒に道端で蒸したロブスターを販売し、非常にフレンドリーな方法で微笑みました。マイアミの後、それは歓迎光景でした。ジャスミンは、美しい田園地帯に非常に満足していたし、それが単調とジャングルの完全な無色農村マリからあったかは異なると述べました。

一つには、ハイチは、多くの人々は非常に人口密度の高いハイチ作るとマリと比較して非常に小さかったです。人々はどこにでも住んでいたとさえ耕せない土地を耕作ための国のいずれかの結果のない原生林はありませんでした。一度に国は非常に緑とどこでも背の高い木々に覆われていたが、それは長い時間前でした。今、人々は、木炭を作るか、または燃料のためにそれらを燃やすためにすべての木を切り倒しました。私は木炭や薪を搭載したポルトープランスでタップタップを見ていました。
どこでも丘の効果や表皮剥脱は確かに非常に衝撃的でした。

一つは、人々が豆や他の作物を植えているに大きく浸食された丘を見ることができました。サイザル麻はまた、いくつかの斜面に植えられたが、多くの丘の上に私たちは、ベチバーが成長見ることができました。ハイチ人は香水を作るために根から、その油を抽出します。私たちは、人々が道路側にトウモロコシや他の穀物を乾燥させ、多くの小さな村を通って行きました。一つは、袋にまたは彼らの手で自分の本を運ぶきちんとした学校の制服の子供たちの巨大な群衆を見ることができました。

私たちはレケイに遅れて到着し、家に完全な混乱を見つけました。私はマイアミのために残さ私たちはその夜のダウンタウンを食べることを決定し、誤って家の外に自分自身をロックする前に、私は何を修正する時間がありませんでした。今、私たちが来て、助けるために彼と一緒に鍵屋や掘り出し物を見つけなければなりませんでした。
しかし、一両日中ジャスミンは驚異を作り、きちんとすべてを配置し、子供たちは砂の城を作る浜辺の周りに走っながら最も素晴らしい家ました。シテリュミエールのワークショップは、こんなに早く私たちのストーブを固定我々は良い食事を調理しました。

海はただの漁師の周りミルドネット、女性や子供を引っ張って前にありました。ネットを引くことは非常に少数の魚をもたらしたが、彼らはその日の翌日を試してみました非常に大変な仕事だったので、彼らの手は生でした。 AshisとJayantiは海を愛し、私たちは潮風を味わう安楽椅子に私たちの正面玄関に座っている間、新しい環境の中で大いに楽しむあちこち走りました。で、その学校はリュミエールは、私たちはしばしば海で泳ぐためにそれらを取ったので、9月に開始するようにしたシテので、子供たちは長い夏休みを持っていました。彼らは小さなカニをキャッチ愛しました。

彼らはまた、近くに住んでいたと彼らの言語を模倣しようとしたハイチの子どもたちと友達に作ってみました。しかし、私たちの家は遠くの町や孤立からでした。ジャスミンは、多くの場合、町に歩いたが、我々はそこに家を探すべきであると述べました。中国系アメリカ人の紳士は、彼はポルトープランスに動いていたとして、彼の家はすぐに空いているだろう1日私に言ったときにこれが起こりました。我々はRUE蛇籠の家に移動してこれは良い機会となりました。

私たちは町に住むために今、彼女は近くの市場に歩くことができるか、郵便局に行きので、それは確かに非常に便利でした。彼女はまた、定期的に日曜日の教会の礼拝に出席し、子供たちは、彼らの学校教育.ITは、様々な年齢の約9または10子供と裸足で歩き回った1人の教師と1学校の部屋の非常に小さな学校でしたが、それは全くの学校よりも優れた開始しました。学校のInfactは小さなサイズがAshisとJayantiは、個々の注目とパーソナライズされた学習を得たことを意味しました。彼らのクラスメートは、宣教師の子供たちと1または2ハイチ人でした。

学校での重点は宗教上だったが、それは私達とOKだったので、彼らは同様に他の科目を教えられました。開始時に学校に通う子供たちがそんなに悲観的だった宣教師は、超然とと非友好的なままであったが、それは問題ではありませんでした。そのうちの一つは、彼らが唯一のアメリカの子供たちを教えたが、臆面もなく私たちのビデオカメラを借りしようとしたことを言って私たちの子供のピアノを教えることを拒否しました。我々はあまりにも拒否しました。

私はマリのアメリカの宣教師を扱う多くの経験を持っていたし、それらの非常に悪い意見を形成しました。それは、ここに変更し、おそらく悪化していたしませんでした。私たちは私たちの家に招待した場合、それらすべてが来て、豪華なディナージャスミンが準備決して四つんばいに年は礼儀を返した後にビデオ映画を見ました。それはマリでもそうでした。
特に一人の女性は、ジャスミンを招待し、後で招待を取り消す人は非常に不快でした。我々は彼らから離れて残ったので、一度に何度も十分にあったが、彼女はそれをやっているだろう。

おそらく、私たちに向かって彼らの態度を理解することは難しいことではありませんでした。彼らはプロテスタントであり、常にジャスミンは、敬虔なカトリック教徒であること怒らカトリックバッシングのビットを行うために、このような回使用ので、私たちは彼らの祈りのセッションや他の宗教活動に出席することはありません。彼らはまた、アフリカの異教徒に興味を持っていなかったと私はマリ1日にいくつかのスライドを示したときに残すために言い訳を見つけました。

他の人と文化への裸の不寛容は、ブードゥー教アウトそれらの適切なプロテスタントにカトリックのハイチ人を変換する使命と雑草の文脈で理解されなければなりませんでした
文化彼らが嫌っていました。彼らはまた、彼らは悪魔崇拝者だったので、プロクターとギャンブルの製品を購入しない人に言って回って非常に無知な人たちでした。

彼らはまた、私たちと使いやすさで病気に感じました。マリ精霊信仰文化の私たちの深い感謝はアフリカ人は野蛮人だったことを信じて、「保存」されなければならなかった彼らに忌み嫌わました。宣教師の中ではアメリカとカナダの宣教師は公然と人種差別と不寛容の多くを示した過酷なたくさんありました。私が先に言ったように、彼らはまた、非常に無知でした。

彼らは多くの場合、ハイチのための私を間違えたと私は英語で答えた場合でも、クレオール語で私に話し始めました。そのうちの一つは、私はハイチが私の顔にゲートを閉じたが、彼女は彼女の間違いを知ったときに謝罪しなかったことを考えます。彼らは非常に傲慢な人によると大きかったが、彼らはどこに行く可能性の利点を活用するために切望していました。

特に一人の女性は、彼女の偏見と自己のサービング協議によって、私は非常に怒ってました。彼女はすべての答えを知っていたタイプだったので、我々は重要でないトピックの上に頭を数回来た.Iは、そのような人々を警戒するためにジャスミンに語ったが、彼女は自分自身を楽しませるために頻繁にポットラックパーティーのために配置されたexpatのコミュニティに属していると思いました。レケイに行うには他には何もありませんでした。私は子供を座って赤ちゃんに家にいました。我々は、彼らが悪かったことを知った後は、悪い人は、もはや私たちの家に歓迎されませんでした。

私たちの隣の隣人はまた、すべての時間を来て、好意のためのジャスミンを問い続け、そのような人たちでした。この女性は、彼らがポルトープランスに移動するが、交換は同じように悪いことが判明したときに再びため息をついたとき私たちは安堵とため息をついたような害虫でした。このホワイト女性は非常に病気に振る舞った非嫡出ムラートの子を持っていました。彼女は多くの場合、このガキが座って赤ちゃんにジャスミンを尋ねました。

私はジャスミンは黄金の心を持っていた宣教師が1日、私たちは家に事故や必要な在宅ケアを持っていた女性と彼女のボーイフレンドを持ってきたときに非常に驚いたように、誰にどんな助けを断ることができなかったことを先に書いていました。彼女はジャスミンはない、彼女はそれを知らないが、とにかく彼らを助けなかったと答えたとき、彼女は傾向が見られたこれらの人々を知っていたなら、彼らは、彼らがすべてのより驚いた、ジャスミンを尋ねました。

彼らはそれらを知っていた場合を除き場合は、ここではなく、十分なアメリカ人宣教師としていたとして、彼らはいなくても、自分の同胞を苦痛で誰を助けたことはありません。唯一のジャスミンは、このような腐った人にいいかもしれないと私はそれのために彼女を愛しました。

レケイ.ITからいくつかの20キロの壮大な滝である私たちはSaut Mathurineに行ってきましたある日、私たちは外出のためのいくつかの弁当を詰めピクニック素敵な場所でした。滝はよくハイチで知られているが、それは1つがガイドブックから学んだことよりも綺麗でした。水はカヴァイヨンベイさらに東に空マニシェ川の源であったブルーラグーンに50または60フィートの高さから落ちました。

子供たちは秋の近くに岩のエッジを登っと我々は非常に深いであると理解ラグーンに飛び込みました。小さなお子様が非常に高いとジャンプを登る見に驚異的だったが、どうやら彼らはこのすべての時間をしました。

ストリームダウンいくつかの男の子と女の子は、岩の下に隠れたエビを捕まえました。すぐに女性と子供の観客は、私たちは彼らといくつかの食品を共有する私たちの周りに集まりました。アメリカ人は常にこのような観客で悩まされたが、我々はそれに慣れたし、それらを気にしませんでした。彼らは、任意の害を意味しませんでした。

その中で、私たちは18かそこらの女の子を発見し、彼女は私たちのために働く、私たちと一緒に暮らすために喜んでいたかどうかを尋ねられました。 、レケイに私たちと一緒に来た私たちの家を見て、満足した彼女が興味を示したが、彼女の父親は、彼の娘はとても起こった場所を確認してくださいしたかったです。したがって、私たちは、ジャスミンのために疲れる仕事だった調理たメイドとクリーニングを発見しました。メイドは私たちと一緒に食べて、隣に住んでいるいくつかの外国人は耐え難い見つかった家族の一員として扱われました。ボリビアの女性は汚れのように彼女のメイドを処理したが、我々は彼らの例に従うことはありませんでした。

我々は、彼らがより人道的に彼らの使用人を扱いますが、それは実現しなかったことを望みました。人々は彼らの文化の産物であり、簡単には変更されませんでした。どのようにメイドは、インドやフィリピンの女性が治療を受けましたか?それは同じだったが、我々は我々自身のルールを作り、ジャスミンは心の非常に親切でした。

私は私がレケイ領域にテストすることができ、いくつかの品種を送信するためにIRRIでDr.Singhまでの平均時間で書かれていました。我々は常に年間で連絡を取り合って、しばしば私たちの家の葉の間にIRRIを訪問しました。私は宣教師農場でレケイの近くにこれらの種子を植え、収穫が心配そうに成長を見ました。これらは、IRRIの科学者によって開発された高収量品種であったと私は世界のこの部分では初めてのためにそれらをテストしていました。

7つの異なる品種がよく増殖したが、1つまたは両者は良好な結果を示しました。私は、USAIDの役員が来て、彼らが見たものに感銘を受けました..などコレット、アミナ、Tiのマリー、Yole社、Tiのバラとしてそれらを命名開始し、収量を決定するために、収穫を待っていました。これらのIRRIの品種が出て地元のものを実行した場合、それは非常にハイチ全体の稲作農家を助けることができます。他の場所でも見に来て、私の努力を高く評価から、それは、プロジェクトのスタッフ。当社の深い意味を持っている可能性があります。

多くの農家にも来て、自重で曲がって米の重く積んだ穂に関心を持って見ました。彼らは私が彼らに植物へのいくつかの種を与える可能性がどのようにすぐに私に尋ねました。私は、彼らはまた、よく育ったCharletteという村で、種子の他の半分を植えていました。リトル我々は、これらの品種の一つまたは二つは非常によく行うと短時間でハイチの多くの部分に広がるであろうと、その時点で知っていました。それはすべて各品種の種の唯一の500グラムから始まっていました。私はDr.Singhに書いて、彼に結果を送りました。彼はとても喜んでいたと私は必要に応じてより多くの助けを約束しました。

私はすぐにのみ農民を喜ばせ、その上に3つまたは4つの殴打後に分離選択図穀物を脱穀容易にするために、シンプルな米の脱穀を構築しました。それは彼らが今ベースで稲を収穫し、一度に穂1を切断する彼らの方法に比較し、多大な時間を保存したとして簡単だった.IT茎の束を保持する脱穀にそれを打つことができることを意味しました。その後、私はイタリアが運営するワークショップで構築されたこれらの脱穀の多くを持っていたし、州の他の部分にそれらのいくつかを送りました。

しかし、それは勝者であることが証明され、それ私たちのプロジェクトの成功物語作り3年の時にハイチに広範囲に広がっアミナました。一部の農家はまた、コレットが好きで、それを大きな面積を植えました。
私は後で私たちが自助持つ巨大な倉庫を構築し、資金が、伝播およびfertlizerためアミナの種をブランドの新しいパワー耕うん機を提供ブルーニーでの種子増殖プロジェクトのための資金を得るでしょう。私はここアミナを成長し、シードとして他の農家に販売する農家の協同組合を設定していました。

しかし、いくつかの農家は、私が紹介した他の品種が好きでした。 Foscaveでは農民は、Tiローズとコレットが、それは彼らが、その品質、高歩留まりの言っていることアミナたことにより、大規模な何も成長しません。私はまた、BereaultにTamazulapa呼ばソルガムと黒豆の作業を開始し、多くのフィールドトライアルをインストールしましたが、それは非常に良い結果を与えたイネの試験でした。

私は尋ねたとヤギのローカル繁殖プロジェクトを開始するHinchでヤギプロジェクトからヌビアアルペンクロス品種のヤギを持って、トレーニングのためHinchためにいくつかの農家を送りました。プロジェクトはまた、私たちの友人ヒューバートが供給アイオワから豚の改良された品種の導入と同様に繁殖豚を開始するために、研究の村のいくつかの豚のペンを内蔵しました。次に、私は多くの村の農民のためのハッチの多数を開始し、構築されたウサギの繁殖プログラムがありました。したがって、私は、同時に多くのことに関与していました。

私はこの時点でクレオールの多くを拾ったが流暢ではなかったです。私は私にとって非常に理解していっCharlette、LaForce、Gauvin、Macieu、Boudet、Bereault、Jogue、Dassemar、メロン、デイム・マリー、フォンド・デ・フレールのようなプロジェクト地域の農民と名前の数百人を知るようになりました。我々は砂防のためネピアが植えられた輪郭台地を設定し、また、後に植えする果物の木の素敵な保育園を設定丘で最大デ・フレール農家とし、特別フォンでの密接な関係を開発しました。

平和部隊の女の子が、私はバイクとヘルメットを持っていた誰のためマニシェとフォンド・デ・フレールで豚の再増殖およびウサギ繁殖プログラムでプロジェクトを支援しました。彼女はまた、悪党は彼女を見たことがないので、非常に面白かった私の友人ヒューバートに巨大なクラッシュを持っていました。

多くの場合、我々は彼らに米や他の試験を示した農家のフィールドの日を組織しました。フィールドの日はみんなのために多くの楽しみでした。農家は、多くの場合、歌い、ギターを演奏し、踊りミュージシャンをもたらしました。食べ物や飲み物は、現地視察の後に役立ったと我々は、彼らが見たものへの反応について学んだとき、長い議論が木々の下で開催されました。多くの場合、彼らのコメントは次のシーズンの間、研究の我々の焦点を変えたので、我々は非常に重要であるとフィールド日間考えました。

その後、1984年の12月に、私たちはメキシコ我々に休暇に行くことにしたポートのau王子で東方航空で女の子は失礼だったが見つかりましたが、私は彼らが手でチケットを書くことを辛抱強く待たなければならなかったが、最終的にはそれがすべて行われていました私たちはマイアミ経由でメキシコシティに向けて出発するように設定されました。

これは、メキシコへの私たちの最初の旅行でした。私たちは、夜遅くに到着したが、歓迎はよくありませんでした。彼らは非常に慎重に私のパスポートを検査し、私たちのすべてが待ってました。彼らは見て、私たちが持っていたどのくらいのお金を数えてみたかったです。最後に、彼らは満足していた、彼らは慎重にしなければならなかったので、不法米国に到達するためにメキシコを使用するインディアンの多くの例があったことむっつりとして答えました。

世界中の旅行で私の経験から私はどの国の最悪の部分は、人々がそもそも非友好的、あなたがパスポートを実施した場合、彼らは好きではなかったので、それ以上だった空港であることを知っていました。ルールは普遍的ではなかったです。他の人は、彼らがここにメキシコのような適切なビザを持っていた場合でも、しぶしぶ認めた1、まだ他の人なしで認められていなかった一方で一部の国籍もビザを必要としませんでした。

その他には、入国審査官は、ルックスを好きではなかった場合は入国を拒否または疑わしい人は十分なお金を持っていなかったことや、深い格子音と日本語のように話しました。彼らはすべてのあなたの名前があったし、あなたがどこかにいくつかの犯罪のために指名手配されたかどうかをチェックするために太い黒台帳に注意深く見なければなりませんでした。例えば米国では、あなたが観光客とホテルに滞在するつもりだったと言って十分ではありませんでした。あなたは彼らに名前、住所、あなたがそこに知っていた誰かの電話番号を与えなければなりませんでした。

その後、彼らは多くの場合、お金を参照するように求め、さらにはあなたがメキシコシティ空港のように嘘を言っていなかったことを確認するにカウント。ゴーンは、ジェット走行し、人々が国際的な旅行者を治療される敬意の魅力でした。今、すべてのトムは、ディックと毛深い人は飛行機が自由に酒をダウンgulped、彼らはオーデコロンやアフターシェーブローションボトルを奪うことができるかどうかを確認するためにトイレの部屋で見て管理人、メイドや労働者に満ちていた.Often旅行でした。航空会社は今盗む防止するために、ボトルのキャップを除去しなければならなかったし、しばしば奇妙な都市で足止めを食らった乗客たちを無視しました。

彼らは、任意のより多くのホテルの部屋のために支払うつもりはないされました。これは、乗客が特定の国からのものである場合でも、ビジネスクラスの乗客はホテルの部屋を拒否された中東で非常に悪いです。今、彼らは犯罪者のようにあなたを扱い、あなたのバッグやあなたの体の回数を検索してもXあなたの手のバッグを-rayed。シンプルなレターオープナーは狂ったように、これらの金属探知機にpingを作ることができます。私は誰がどのような緩い上で非常に多くの国際的なテロリストとの任意のチャンスを取ることを望んでいないと仮定し、それは旅行が任意の容易か楽しいことはありません。

とにかく我々は最終的に空港の外に出たと右メキシコで町の中心部を意味ソカロの近くにあったオンタリオ州と呼ばれるダウンタウンのホテルまでタクシーに乗りました。それは古いホテルでしたが、場所が非常に良かったし、我々は地下鉄駅からわずか数分でした。近くには多くのレストラン、非常に良好なアイスクリーム店がありました。我々はスペイン語話せませんでしたが、それはそれほど問題ではありませんでした。ジャスミンと私はフォーダーのガイドブックへのすべての地下鉄の駅の感謝を知るようになりました。

メキシコシティの地下鉄は、世界クラスの地下鉄です。それは非常にきれいで美しいです【選択の列車は光沢があり、快適で、市内を回避するために非常に簡単.Some局が.Peopleすてきな地下の市場を持っていた本当によく着て突き出すとプッシュしなかった.NO 1は、電車に落書きを書きましたまたはニューヨークのようなものを破壊し。あなたはderelictsプラットフォームの上で寝たり物乞いや【選択メキシコ人が自分の地下鉄の誇りになる権利を持っていたコーナーで排尿を見ていません。

我々は、彼らが.Their文明の誇りかもしれないメキシコで多くのものは非常に古く、自分たちの街は、多くのよく維持公園や美術館を持っていたが見つかりました。人類学博物館は、世界的に有名であったとパラシオ・デル・バラスアルテスと呼ばれるオペラホールは、我々は世界的に有名なあるメキシコのバレエを見たアーキテクチャで素晴らしい建物でした。多くの場合、西部のプレスで言及し、子供たちが馬に乗ったか、我々は大きな湖で行にボートを取ったチャプルテペック公園の中を歩いて楽しまれているように、我々は、煙やスモッグの完全な街を見つけることができませんでした。

食べ物はどこにでも立っていたので、メキシコ、フィリピンのようにすべての時間を食べるのが好き。ここでは、本格的なメキシコ料理ではなく、私はサンルイスオビスポ、カリフォルニア州で取得するために使用される骨抜きバージョンを見つけることができます。ソカロ近く我々はアステカとそのカレンダーだった巨大な円形スラブの出土ピラミッドを見ました。ソカロの巨大な大聖堂は非常に華やかなとスペイン人は、彼らが破壊したピラミッドの岩と湖のベッドの上で都市を建設していたので、片側に沈んでいました。

アステカ人は賢く。彼らは美しくレイアウトされた計画にテノチティトランを内蔵し、外部部品が付いている都市に参加するために土手を使用していたでした。それは、これまでアメリカ.Thereに建てられた最も壮大なピラミッドや寺院は、ソカロの都市のモデルでした。壮大で比較が、スペイン人は剣で来て、死に人を置くことができる14世紀ヨーロッパには都市はありませんでした。彼らはきれいだったものを破壊し、剣によってキリスト教に人を変換します。しかし、それはどこでもスペイン人の物語です。マゼランを覚えていますか?彼はフィリピンで同じことをしましたが、ラプラプによって殺されました。

スペイン人はこれらのいわゆる野蛮人は、このような都市を構築することができ、実際には非常に占星術や数学に前進していることが信じられませんでした。一つは、アステカが可能であったものを見るためにテオティワカンに行く必要があります。彼らの銃と金欲は自国の芸術家ディエゴ・ガルシアはとても愛情を込めて近くの宮殿で壁画後壁画に描かれ、これらの誇り高い人々の運命を封印しました。

私たちは、メキシコシティに楽しい場所を見つけました。公園でピエロは大観衆を楽しませ、彼らは私のビデオカメラを発見したときにやってきました。彼らは群衆の大きな喜びに私たちの楽しみを作ったが、それはすべての非常に友好的でした。

私たちは本当にメキシコのバレエ。彼らはメキシコの異なる領域から異なる舞踊を示したが、彼らは彼らの壮大なドレスにアステカの見事な踊りで始まっ見て楽しみました。私はジャスミンと子供たちは、あまりにもそれを楽しんだことを言うことができます。宮殿の外で1アズテック絵画を買うことができます。その後、私たちは、アートワークや手工芸品は、あなたが行ったどんなに豊富であることがわかりました。一つは、すべてのアートギャラリーや美術館に行くの疲れ得ることができるが、我々はいくつかを管理しました。

しかし、悲劇は1日Ashisスイングから揺動しながらがちょうど落ち、彼の左肘に上陸したチャプルテペック公園で私たちを待っていました。我々はすぐに彼が骨折していたし、助けを必死に見えたことを知っていました。すぐソーシャルワーカーは、すぐに救急車と呼ばれる、英語を話すことができる人に到着しました。救急車が到着したが、彼らは彼を取っていたところ私たちは心配Ashisで私たちを取ることはないだろう。私たちは、その後、医師のチームは長さで私たちをインタビューした後、すぐに彼に動作することを決めたタクシーで赤十字病院にAshisを取ることにしました。彼はただ一人でされていなかった小さな男の子だったが、彼らは彼らが彼の世話をすることを私達を保証しました。

私たちは、.He言語を話していない病室で一人でいる恐怖されている必要がありますが、彼のルームメイトは、自動車事故から回復したエリザベスと呼ばれる甘い女の子だったし、それが会社を保っ誰彼女だったキャストにAshisを見つけるために、翌朝返却しました一定のおしゃべりで。
我々は大幅に緩和されました。 Ashisはアメリカと不思議の不思議で最高の医師が最善の医療を与えられた、彼らはそれのために何かを充電しませんでしたが、感謝の気持ちで、私たちはとにかく、いくつかのお金を寄付しました。

医師は優秀な英語を話し、彼らは完全に骨に参加していたX線を示す私たちを保証し、キャストがオフに来ることができたときには、月で治癒する必要があります。私たちの休暇は、悲劇になっていたが、我々はそれがメキシコシティで起こっていた喜びました。我々は、彼が退院した日まで毎日できるだけ長く彼と一緒に滞在しました。私たちは不幸を通してエリザベスの家族を知って来て、私はよく彼女と一緒に座っていたかだけグラシアスを言うことができる彼女の服やベッドシート.Sheを変更助けたが、我々が開発した人間の結合を理解していました。

3日後、私たちはコードを使用してハングアップするキャストの彼の腕を持っていたホテルに彼を持ち帰りました。彼は不満を、時には泣いたが、非常に勇敢にちょうど同じそれを我慢しました。私は彼のキャストをカバー着用する彼のカラフルなポンチョを買ったが、我々は非常に注意して、人々が誤って彼にぶつかっから腕を保護しなければなりませんでした。

Jayantiはまた彼女の兄に向かって非常に防御的であったと彼にすべての時間を鷲目を保ちました。ある日、私たちはすべて、約20キロ離れたテオティワカンのピラミッドを見に行きました。これらのピラミッドは、アメリカ大陸で最大であり、おそらくいくつかの儀式の目的のためにアステカ人によって何世紀も前に建てられました。彼らは壮大でエジプトのピラミッドとよく比較され、ステップは怖い角度であったが一番上に登って、それに内蔵された手順を持っていました。私たちは、死者の大通りに太陽と月のピラミッドに驚嘆し、街に戻って戻る前に、いくつかの手工芸品を買いました。

丘は黒曜石、マラカイト、オニキスとメキシコ人が美しいオブジェクトを作るために使用されるが、1つはすべてのために交渉しなければならなかった他の多くの半貴石でいっぱいでした。

すべてのメキシコのサイトのうち、テオティワカンは、最も印象的でした。きちんと置か大通りは、正確な占星術の向きで構築された両側のムーンピラミッドと多くの小さな構造までの死者をリードするすべての道の道と呼ばれます。様々な建物をレイアウトするのに非常に正確な測定と素晴らしい計画が非常に印象的でした。政府は、ゆっくりと遺跡の一部を復元しましたが、より多くの発見が絶えず行われていました。彼らは地域でこれまでに発見したものを示す近くの博物館があります。

メキシコ人は、当然そのアステカ遺産に誇りを取り、しばしば。彼らは古い成果物を収集し、それらの美術館でそれらを表示し、復元することができますどのような復元にお金と多くの時間を費やし、宗教的な場所でバレエや公共のフォークダンスを通じて誇りを示しました。しかし、私たちはほぼ同時に、我々はメキシコに到着したとしてパラドックスを発見しました。

アステカ今と呼ばれるインディアンの子孫は、貧困に住んでいたし、花と手作りの人形を売って見ることができました。彼らは紛れもないアステカの機能を有しており、迅速として発見することができました

混血であったメキシコ人の残りの部分に比べて。彼らはそれらよりも優れて感じたので公正な肌のmestisosは暗い肌のインディアン見下さ。

それはどこでも同じ話でした。ハイチではmulattosは、メキシコの人々がインドの文化の中で、または印象1がとにかく持っていること、少なくとも誇りを取っている間worse.Iを信じ、このハードを見つけた挙動しました。

ネイティブメキシコの女性が撮影し、ショールで自分の顔を隠したり振り向いことが好きではありませんでした。子供たちは、光沢のある黒い目、黒い髪と楕円形の顔を持っていました。私は非常に魅力的と文字の完全な原住民は彼らの方法、彼らが歩いたか開催された彼らの頭を高いが、彼らはその先祖ずっと前に土地を支配していたそれにもかかわらず、悲しい人だったが見つかりました。今残っているすべては、いくつかの遺跡だったが、彼らはカラフルな織りやバスケット作りや陶器の彼らの伝統を運びました。

米国ではメキシコ人はwetbacksと貧しいとして揶揄されたが、ここでは、十分に計画し、西半球でより良い輸送システムのいずれかを有していたきれいな街に住んで誇りに思って人を発見しました。私たちは、手入れの行き届いた公園、庭園、美しい建物でいっぱいだった街を見ました。私たちは、活気のある人、ショップやバザーの完全な街を見ました。

我々は安価なすべてのものを発見し、他の場所よりも低い価格で何かを買うことができるが、おそらくそれは、メキシコ人のために安くはありませんでした。ペソはインフレが速く成長することドルに対してほぼ毎日下落しました。 Ashisが持っていた事故を除き、我々はメキシコでは良い滞在を持っていたが、今ではハイチに戻って行く時間でした。

1985年の全体は、何の問題もなく過ぎました。 Ashisのキャストがオフに来ていたと骨折は完全にメキシコで良い医者のおかげで癒されたが、彼は傾向が事故だったと電気が失敗したときに暗闇の中で遊んで一晩Jayantiに実行していました。これは、アップステッチされなければならなかった彼の右眉上の傷を残し、彼は後に他の問題を持っているでしょうが、それは彼が育っの一部でした。

Jayantiはよくやっと朗読では非常に良くなりました。彼女はちょうど私達がそれの多くの楽しみを作ったので、まだスペルを知らない、それの音で単語を書き込もうとしました。彼女は今、彼女はすべて育っているが、我々はまだ楽しみのためにグリルの彼女を呼び出して、鳥と月WID星のための代わりになど女の子のための星やグリルでBRIDのようなものを書きました。 4歳はちょうどそれの音で何かを書くためには確かに非常に顕著でした。海へのダカールセネガルで彼女の最初の反応は、私たちすべての含み笑い作った「パパ非常に大きなプールを見て」でした。

平均時間でのプロジェクトは良い進歩を遂げて、私たちは生活のルーチンに落ち着きました。子供たちは、彼らの学校で着実に進歩を遂げ、多くの場合、私たちと一緒に週末を過ごすために家に帰るのクラスメートのいくつかをもたらしました。ジャスミンは素晴らしいタマレを作り、私たちはしばしば一緒になった地元の医師のメキシコの妻を知りました。その他は超然と残りました。

月または6月に、私は会議に出席するためにマルティニークフォールドフランスに行って、クレオールハイチクレオールと少し似そこに話が見つかりました。しかし、類似点はそこに終わりました。マルティニークはフランスの一部であったとフランスはとてもお金を作ったために彼らのバナナ貿易が主でした。また、非常に高価な場所でした。会議は、世界の多くの部分からの人々が参加しましたが、私はすべてのセッション退屈で提案された変更の質問回答の一部を処理する彼らの方法を発見しました。フランス人はそれを好きではなかったが、これはすぐにセッションの社長、スリナムからの教授で採択されました。フランスは、常に何かの最後の言葉を持っていました。

ハイチでは1800年代に独立した、米国のコントラストによって選択図奴隷制はずっと後まで続くだろうとだけ内戦とリンカーンはその終わりをもたらすことになる奴隷の最初のフリー共和国でした。しかし、ハイチは、国の北部の大部分にカパイシアンでの彼の城からハイチを支配したヘンリーCristoffのような独裁者によって支配されました。

私たちは山に高いアップ腰掛け、建設中の巨大です.IT城を見に行きました。我々はトップに到達するために馬に乗って巨大な城壁とCristoffが来たことはありませんフランスの侵入を期待ところから北に向い規範を見ました。歴史は、多くの人が城を構築し、斜面に大規模な規範をmanhandling死亡したが、王は冷酷だったと気にしなかったと言います。

山のふもとに彼の巨大な宮殿ダウンの遺跡は、彼がその設計で野心的だった、人口の残りの部分が貧困に住んでいながら、スタイルに住んでいたことを示しています。ハイチは、自分の時間で行って剥皮はありませんでした彼の時間で十分なサトウキビや他のものエクスポートすると国を生み出すんでした。森林と野生のゲームや釣りがたくさんありました。

冷酷な専制君主の遺産はまだありません、彼らがいたとき、彼らは現在の政権が30年以上のパワーにあった選択図選ばれた政府を持っていた示した最後の時間を覚えていない可能性が選出された政府.Mostハイチ人の短い期間を持っていたが、現在まで継続し投票箱を通してそれを放棄するの兆し。私は、以前の彼らの権力基盤が民兵だった農村の人々を恐怖に陥れトントンMacoutesと呼ばれていることを述べていました。
彼らは犠牲者ではありませんように、一部の農民は、彼らの仲間入りをしました。

彼らは主に非識字者だったが、その後リテラシーは人々を抑圧するための要件ではありませんでした。私たちは、人々が、持ち込ま殴られ投獄されたレケイの警察の兵舎の隣に住んでいました。私たちは、より多くの人々が最近持ち込まれていたことに気づきました。また、今、私たちは政治システムと住民の間の一般的な不安を見た以上のものを感じました。工場労働者は、学生がより学問の自由とその生産のための農民より高い価格を要求し、より高い賃金を要求しました。

農場労働者は、豊富な大家が彼らの搾取に終止符を要求し、実際には誰もが何か不満。人生は平均的なハイチの人々のために非常に困難になっていました。人々はどこにでもストライキを行ったが、このようなストライキは、多くの場合、デモ参加者を殺害残忍な力を使って政府によって分かれていました。刑務所は、より迅速に埋めるために始めたとMacoutes、それは想像することができれば、軍は、より攻撃的な姿勢を取ったが、不満が本物でした。

力で人々の抑制は、我々はどこにでも緊張を感じることができたので、それらをより決定しました。多くの場合、貧しい人々が車を渡すから身代金を要求したり、彼らは車を投石道路ブロックがありました。
私たちが働いていた人と農家が肥料価格と労働が非常に高かったので、彼らは彼らの生産のために持って価格が生産コストをカバーしていないことを訴えました。

またMacoutesをした、リッチでパワフルな農家が下流ドライ農家を残す運河からの水のライオンのシェアを取ったので、キャンプPerrinの領域で多くの人々が水の権利の上の戦いで殺されました。
教師がストに入ったので、学校が閉鎖されました。我々は、すべての国が1985年末までに増加した強度そのうち、より多くの社会的混乱に向かっていると感じていました。私たちは、このようなトラブルが貧しいハイチ人のほとんどが住んでいたカルフールエリアになりまし特別に多かったプランスに行く避けます。

ハイチで最も乱れた領域は、人々が道路のブロックを設定し、【選択ボディカウントが上昇し始め石や自家製の武器と軍隊に直面したが、レケイで、それはまだそれほど悪くはなかった北プランスのGonaiveました。デュバリエは、米国のお金で構築された用水路システムを発足するために、一度Bereaultようになりました。 AID監督はワシントンから来ました
式典のためのそれはデュバリエを応援し雇った群衆でした。自動小銃を持つ兵士たちは誰もが任意の面白いアイデアを持っていないことを確認するために、まっすぐ観客に自分の銃を指摘しました。

ローカルAID監督は、彼は私が彼の上司に会いたいと思っていることを言ったとき、私は地元の監督が私にアプローチし、紹介する彼の勇気を失った彼の力強さに欠けるの息子に話し上司が忙しい発見しました。私は彼の向こう見ずと従属で愕然としました。農業の大臣がスピーチを作っていたが、デュバリエの妻は.ITは非常に失礼と無礼だった誰かとおしゃべりを続けました。彼女は、ハイチのマダム・ヌーだったと無慈悲であることが知られていました。彼女はデュバリエの没落の背後にある女性でした。

人々はデュバリエの日は、我々は.People何かが状況は、もはや批判に耐えられる貧しい大衆のためだったので、すぐに与えないつもりだったと言っ人づてにこれを聞いて番号を付けたことを感知することができます。政府は国民投票を求めることにより、サポートをドラムしようとしましたが、再び雇った観衆は歓声を上げたと投票しました。最も離れていました。

私たちのプロジェクトのスタッフは何も起こっていなかったかのようにプロジェクトの進捗状況を議論するためプランスで月に一度会ったが、我々はすべてのより良い知っていました。ダミアンは.Thereが選択図頻繁に変更が【選択国は今大変動の方に向かっていた問題が悪化し、何も変更しなかった農業省の変化や至る所が、変更大臣であった農業の教員がシャットダウンしていた混乱でした。

1985年の10月に、私たちはシアトル経由でフィリピン、インドに帰国に行ってきました。ベトナムの日から私の古い友人ロジャーとローレンは現在、シアトルの近くに住んでいたので、私はそれらを満たすためにジャスミンを望んでいました。私はまた、アーカンソー州の私の雇用の本社を通過マンハッタン、カンザス州の農業システム上の会議に出席しました。

彼女はDGは.Heは数分だけ発見した今、私を見ますと言って興奮して破裂に来るまで局長の秘書は、時間外の部屋で待っている私を保ちました。 DGは、私の名前およびその他のいくつかの詳細を知るために私の履歴書を見て、いくつかの愚かな質問をし、立ち上がった典型的な仲間でした。 5分で終わりました。これは、本社の誰も分野での人材について多くのことを気にしないという印象を私に残しました。それは非常に心強いました。

私はいくつかのコンピュータ解析が行わ持っていると思ったので、私はコンピュータの完全なその部屋でフィールドデータの多くが、本社を持ってきて、フルタイムの専門家は、単純な分析を行い、それを自分で整理してマニュアルの大規模なボリュームで私を残しませんでした。私は非常に失望したとすぐにカンザス州に向かいました。平均時間でジャスミンは、シアトルで私を待っていました。

マンハッタン、テキサス州ではシカソからの私の友人アボディアバテも会議に出席していました。そのプロジェクトの頭部がオランダの仲間と一緒にが、半分はハロー心と言った後でもあった、それらはすべて姿を消しました。しかし、アブーは彼らを好きでいませんでした。我々は良い友人だった、それは私たちが私たちの美しい日干し家を建てたシカソ外の素敵な村を発見したアブーました。私は再び彼を見て、自然に幸せだったと彼は英語を話せなかったので、セッション中に翻訳の彼を助けました。

ジャスミンは、航空会社が彼女の荷物を置き忘れていたが、そうでなければ、彼女は良かったと言って、いくつかの親戚に滞在シアトルから呼び出されていました。フィリピン人は、後でそれらの国の親戚の多くが、より多くを持っています。だから私はシアトルに到着し、我々はすべてのロジャーとローレンで一日を過ごすために行ってきました。それは偉大な再会でした。ロジャーは、彼が私たちの結婚に出席することができない後悔どのように言って私たちの結婚の日に私に長い電報を送っていたが、彼らは最初に私の家族に会いました。今、私たちは2素敵な子供を持っていたし、彼らは自分の子供を持っていました。

AshisとJayantiはイチゴ狩りやハロウィンのためにカボチャを選択する偉大な楽しい時間を過ごしました。ジャスミンの親戚は、私たちは彼らと一緒に滞在させたが、我々はbalikbayanボックスと呼ばれるフィリピンに彼らのために巨大な箱を運ぶことを主張しました。これは、常によく油を塗った彼らの社会的関係を維持し、それらの貧しい親戚のために物事の完全な箱を送るフィリピン人。彼らの中の伝統です。私たちは問題では選択の余地がありませんでしたし、マニラに箱を運びました。彼らはあなたのために何かをした場合のフィリピン人は、常に何らかの形で支払いを要求しました。

バックフィリピンで、我々はいくつかの変更に気づきました。そのうちの一つは、ジャスミンの妹が、その間に結婚していたし、彼らはナガで私たちの家に住んでいたということでした。私は仲間に私が彼に会った、彼は貪欲と不正発見の瞬間を嫌っ。彼らは外に移動しなければなりませんでした。私たちは短いので、私は行っていないときに任意の大騒ぎのためにそこにあったが、私たちは家が座ってのために彼を支払うことを要求していたこの仲間からの距離を保つの精神的なメモを作りました。彼らはまた、我々はhad.Theの家はかなりダウンして実行するに見えたが、我々は何を修正する時間がありませんでしたし、すぐにインド放置素晴らしいメイドの解消を得ていました。

私はジャスミンと子供たちがTajMahalと他の部分を見てみたかったです。彼女は非常に王シャー・ジャハーンが刑務所に保たれたタージ・マハルの不思議、砦や皇帝アクバルはアグラ、アラビア語でSikandaraでアクバルの霊廟の近くに建てられていたファテープル・シークリーの荒廃した街を見にアグラを訪問楽しみました単語アレクサンドリア、多くのそのような場所のバージョン。子供たちはので、私は、彼らが本当に楽しんでどのくらいかわからない、まだ小さかったです。彼らが育っていたとき、彼らは再びアグラを訪問します。

インドで最も高いゲートだったファテープル・シークリーのBuland Darwaja、その墓に真珠のキャノピーとその細かい格子作業の母のような宝石、様々な王室の宮殿や巨大Panchmahal、王室厩舎ととシェイクサリムChistiの霊廟王室のチェスボード、処刑場と多くのそのような場所はうっとりの注意を払ってMoghulsの歴史を聞いジャスミンへの大きな関心を集めました。

スリラムピュールへの訪問は、私たちが姉我々は今、彼女の妹のことに彼女を与え、それが安く見つけた贈り物を比較した私の姪の1の結婚に出席したことを除いて顕著何もなかったです。このようなささいな事は女性の嫉妬を引き起こしました。貧困は、女性が意味製との関係は、常に我々が与えた贈り物や何よりもの値によって判断しました。それは私が今述べたように、フィリピンではその違いはありません。私たちはそのように再びハイチに戻ることを切望していたここで私たちの前の滞在の悲しいエピソードを忘れていませんでした。

以前より道路ブロックとデモがありました。警察と軍はしばしばので体数は毎日バラ殺すために人々に発砲しました。どこにでも政権の選択図反応は常に同じであった工場やオフィスを閉鎖質量ストライキがありました。囚人が拷問としばしば殺された刑務所を埋めるために多くの弾圧。

今、ハイチ人は政権の崩壊を意味する根本的な変化を望んでいたが、デュバリエはMacoutesと軍の助けを借りて粘り強く電力を供給するために開催されました。レケイでは、平和的なデモ行進を見ていたが、どのくらい彼らは平和なままにしたのですか?町はゴーストタウンのように見えたので、お店は人によって閉じ命じられました。そして、暴力は1日に開始しました。

家のスコアは、私たちが住んでいた通りにいくつかを略奪し、燃やしました。ハイチ人は、彼らが貧しい人々に向かって傲慢と侮辱的な考えの人への復讐を望んでいました。 Oneムラートの女性が犠牲者でした。豊富なビジネスの男性と女性は今、彼らは自分たちの生活とそれを支払った汚れのような貧しい人々を扱わというのは本当でした。一つのホテルでは、焼失しました。人々は、タイヤを燃やし循環が困難道路をバリケード。

周りの駆動誰もがちょうど私たちが.Moreとより多くの軍の人が機関銃で街をパトロールし、軍がバラック隣はすべての時間の兵士でいっぱいだった人に持って来られたしばらく室内に滞在投石されるように求めていました。ため、私はジャスミンと子供たちの切望していたし、次の何が起こったかを見るために待っていました。すべての駐在員は、念のために避難のためプランスに復帰するように求めたが、我々は多少安全な感じどこにレケイにとどまりました。

私たちは怒って暴徒が常に囲ま車や投石車の周りに粉砕するが、1日ダムバーストポートauの価格の近くにカルフールを通過する勇気がなかったです。私たちは時間だけでポルトープランスに戻って発注されました。これは、1986年の2月でした。

私たちは、私たちが今までレケイに戻ることができれば、私たちが滞在していたか、どのくらい知っていないポート・オ・王子に到着しました。彼らは残すためにも、私たちを促したが、我々が滞在することを決めたように、我々は、米国に行って多くの家族を見つけました。そこに我々がとどまることができるPetionvilleでラ・ブールで場所があったが、私たちがアパートに滞在したので、それはどこに私たちのメイドから市場の近くにあったプロジェクトは.ATを借りていることを私たちは食べ物や水を得ることができませんでしたそこのほかに少なくとも非常に孤立しました何とか私たちにいくつかの食品を取得します。

すべての夜を通して、私たちはすべての場所、人々は叫びと松明で実行中の銃声が聞こえました。軍は夜間外出禁止令を宣言し、誰が動き回ることができなかったので、通りをパトロール。私は一人でレケイに戻って、いくつかの重要なものを拾うことができると思ったが、私は町を離れないように命じられました。それは非常に危険でした。

そして、2月6日の朝に、1986噂がデュバリエが国を逃れたことが広がりました。これは今、彼らはどこでも街に注ぎ、その保護消えていた嫌わMacoutesを攻撃するために人々が待っていた瞬間でした。右私たちのアパートの近くに私たちは、群衆は非常に怒って暴徒から自分の下着に間一髪で脱出しMacouteの家を攻撃しました。

彼らは数分に家を略奪し、彼らが運ぶことができる何かを離れて行きました。まず、彼らは家に入るためにグリルを破壊した後に窓ガラスを壊しました。その後、彼らは我々のバルコニーから見ながら白兵戦でサンドイッチをつかん見られた家具やファンと冷蔵庫.A貧弱な犬であってもドアを離れて行きました。

しかし、本当の悲劇は他の人が攻撃しMacoutesの数百人を殺したと叫んと.Housesが焼かれた略奪や殺害略奪ショップや多くの人々の多くの得点杭に彼らの切断ヘッドをパレードし、ダウンタウンの場所を取っていました。通りは破片に散らばって、多くの場合、血液中に覆われていました。彼らは、昼と夜を通してデュバリエと彼のコホートすべての家を略奪し、軍が銃で来たときだけ逃げたが、彼らはもはや群衆をコントロールしていない可能性があります。

新政府を形成し、人々がより自由に動き回るさせたときの相対的な穏やかなだけで一週間かそこら後に戻りました。最後に嵐が渡って吹いたし、我々は再びレケイに戻しました。我々は、多くのmacoutesがここで殺され、自分の家が焼失が、我々は、それはまだ終わっていなかったことを感じることができると言われました。

まもなく返品後macouteが私たちのオフィスの近くに発見されたと死.Thereにknifed他の人が.Peopleは非常に怒っている気分にあったと我々はそれらのいくつかを与えたように、お金や食べ物を求め田舎の病院と、より多くの近くで殺害されました。

今、人々は新しい暫定政府は、電源からすべてのプロデュバリエの人々を削除して、彼らが行うことを拒否した複数の許容政府はそう攪拌は1986年を通じて継続インストールしたかったです。
戻るフィリピンの同様のドラマが出て遊んでいたとマルコスは、国を逃れていたが、類似点が終了した場所のことです。フィリピンの革命は、主に平和的だったが、ここでは血まみれでした。

彼らはデモや道路封鎖により圧力を続けて人々がここで勝利を味わっていました。一つは、任意の旅行は危険ななったか長いので、彼らは道路を閉鎖する予定とのためにしたときに知っていたことはありません。これは、燃料危機を悪化させ。私たちは、ガソリンの数リットルを取得するための時間ラインに落ちるしなければなりませんでした。

私は、私たちのプロジェクトは、ハイチで起こっていたのにもかかわらず、継続的なので、一般的にはいつものように植え付けと収穫の彼らのビジネスを歩き回った農家と再び仕事を始めました。この時点で私は売春婦の大きな怒りに承認され、資金を供給されたブルーニーでの種子増殖協同組合をセットアップするための提案を提出し魂を保存する彼女のプロジェクトのためにお金を要求し、拒否された宣教師の女性を回しました。

実際にはハイチでは、これらのアメリカ人宣教師は今。彼らは、これらのリバイバルのためのラウドスピーカーやテントに付属し、スタジアムで彼らのショーを開催彼らの魂を救うために大挙入って来た混乱の中で理想的な国でした
ここで、それらの対応は迅速な火災スタイルで大衆のためのクレオール語での説教を翻訳しました。ハイチは彼らによってオーバーランされていました。あなたは白いアメリカの女性は、彼らがハイチは教会の短いものだったかのように教会を確立するために来ていた、リモートの村で唯一のブラジャーとパンティー日光浴を着て見ることができました。私は以前より確立されたレケイで宣教師について多くのことを書いていたが、疫病のようにハイチに降り遍歴ものが数多くありました。

私の種子増殖プログラムは兼乾燥床を脱穀、資金のおかげで、倉庫を構築するために懸命な努力を重ね農民大成功だったと、河床での砂利や岩を砂で借りた巨大なCAREトラックをいっぱいに。私はどのように新しいクボタ耕うん機を動作させるためにそれらを教え、彼らにアミナの種子を得ました。その後私は、トウモロコシと豆のための同様のプログラムを確立するために、他のドナーによって近づかれたが、私は時間がありませんでした。私たちのプロジェクトは、非常に多くの人々がハイチの他の部分から私たちを訪ねて来ただけでなく、その積極的な行動のために知られるようになりました。

子供たちは今、平和が一時的に戻ってきたことを再びスクーリングを開始しました。ジャスミンは、彼女の心に彼女は時間に気になる感じている必要がありますが、私は彼女と子供たちを守るためにあったことを知ってそれをすべてを生き抜きました。彼女も飛ぶように売れたViveのハイチで印刷されたTシャツを買いました。しかし、我々はあっても、私たちは大丈夫だったか、私たちはポルトープランスで回転する間に管理していたかどうかを知るために電話をかけたことがないレケイで私たちのいわゆる友人に驚きました。

ジャスミンと私は頻繁に私達は今、2年以上、それらの無関心について、一般的に知られていたハイチ人とレケイにおける駐在員について話しました。これらは、ジャスミンは、ディナーやランチのためにそれらに招待大きな恩恵をすべての時間をしましたが、彼らはいくつかの他の恩恵を望んでいた場合を除いて超然と残って誰のために人々です。

ポットラックパーティーの伝統は、現在原因の参加者または1つの組織化が、ジャスミンはそれを組織している場合、誰もが現れたの責任を取って誰かの不足のため中止しました。彼らは楽しみたかったが、責任をshirked。キャンプペランの人々は、自分の派閥を形成し、平和部隊の人々は、自分のグループを持っていました。そして、いずれかと混合しなかったシテリュミエールでの宣教師がありました。

私の努力の多くは完済し始めていたので、私はより多くの農民と私の仕事で夢中になりました。フォンド・デ・フレールでトウモロコシ、ソルガム、サツマイモ、黒豆や土壌保全プロジェクトのすべてのトラックとうまくやって上にありました。私はまた、私たちのフィールドアシスタントのマニシェで私たちのオフィス兼住居の建設を押し助け、そこに彼女の動物科学の仕事のためにマニシェに平和隊の女の子を設定助けました。要するに、1986年には、良い面と悪いので、多くの事が起こった重大な年でした。

私たちはしばしば夜遅くブードゥー教のドラムを聞いたが、実際そのように一晩、私はそのソースにサウンドを踏襲し、ビートに揺れる小屋で大観衆を発見した式典を見たことがなかったです。いくつかの途中で詠唱し、少数の女性がトランス状態にあるかのように踊っや床に身もだえをしているブードゥー教の司祭であるオウンガンがありました。ハイチ人は儀式の礼拝の形として、ブードゥーを実践し、それを彼らのカトリック信仰の一部と見なさ。

私は一度そこにジャスミンを取ったので、彼らはそこにブードゥーの儀式を祝うために、毎年、中央ハイチの代わりに、大きな数字で組み立て。しかし、自宅で近いドラムは毎晩を破りました。宣教師はそれを嫌って、それは悪魔崇拝であったが、この中で、彼らはハイチの人々を理解するために失敗したと述べました。
ブードゥーは長い時間前に西アフリカからハイチに来ていたし、今ブードゥーの彼らの実践とそのカトリック信仰には矛盾を見なかったハイチの人々の一部と小包となっていました。二人は手をつないで行きました。宣教師たちは、このようにハイチに対するハイチ人を回すことによりハイチ社会で不調和をまきました。

一つは、罪人をのろいと村人がちょうど見ながら、そうする彼らの口の中で発泡村の周りに行くと田舎での新しい改宗の狂信を見ることができました。私はイスラム狂信者が常連客にビールを務め外のレストランが立って大声で呪われたバマコのこの種のものを見ていました。狂信アメリカのプロテスタント.ITに限定されていなかったがどこにも見出すことができたが、サイズの小さい国であるハイチでは、その効果が社会に深くしました。

1987年に我々はメキシコと米国の残りの部分で私たちの最後の休暇を取りました。私はので、私はちょうど米国での滞在を言及してみましょうすでに十分に書いたので、私は再びメキシコについて書きません。ワシントンD.Cで。我々は今、そこに仕事を見つけた私たちの友人ヒューバートに会いました。ジャスミンは前ヒューバートに会った、彼は【選択の子供たちが再び彼らの叔父ヒューバートを見て満足していたしばらくレケイで私たちと一緒に来ていました。

だから我々は、リンカーン記念館、ジェファーソン記念などのような首都で通常の場所を見ましたが、子供たちには航空宇宙博物館、スミソニアン動物園でより興味を持っていました。私は彼らに私はニコルからフランス語を学んで滞在するために使用されるデュポンサークルの近くの場所を示したが、その場所は、平均時間で閉鎖していました。次の停留所は、我々はリバティ島に行ってきましたところ、ニューヨークだった見ました

ブロンクス動物園、メトロポリタン美術館。私たちは、もはや存在しない7月の花火の第四を見るために世界貿易センターの頂上まで登りました。彼らはそれのようなものを見たことがなかったかのように多くの観光客がoohedとaahedが、私たちは感銘を受けていませんでした。彼らはおそらくいませんでした。

ジャスミンは非常にカードボード上の地下鉄の駅で寝ているか、コーナーで排尿貧しい人々によって乱されました。列車は落書きでいっぱいだったと頻繁にわいせつな言葉が、駅も破壊者によって描かスプレーました。
私たちは、貧しいホームレスカードボード上に寝て、また彼女に衝撃的だったセントラルパークでぼろや新聞で自分自身をカバーするのを見ました。フィリピン人はアメリカが豊かであると信じていました。

私たちは、その後、遺棄された工場や機械や車の放棄hulksの完全な田園地帯を通過するナイアガラの滝への列車を取りました。などポキプシーのような名前は鋭い目ですべてを観察し、子供たちには何を意味するものではありませんでした。しかし、ナイアガラの滝は素晴らしいものでした。絶壁の上に落下轟音水は壮大な.ITは虹をキャッチミストを作りました。

実際にはすべてが一部の人々も黄色レインコートを着て霧の乙女号と呼ばれるボートで滝の近くに上ったなど虹のヘリコプターサービス、虹のホテル、虹のショッピングモールのようにそこに虹を命名しているように見えたが、我々は上記とどまりました。そこにいくつかの美術館が近くにありますが、我々はすべて、すでに十分に見ていました。

私はいくつかのレコードを買っナイアガラでのショップキーパーは失礼でした。それはちょうどマイアミのようなものでした。通常、古い、常に「あなたの子供はかわいいです等」のような小さな話に従事して探して不機嫌だったレストランでウェイトレスそこに非常に少数の顧客であり、大きなヒントを期待するときが、私たちに最悪の議席を与えました。私は、彼らが彼らのすべてがそれらの先端の同等のシェアを持っていることを確認しましたので、ウェイトレスは、特定のテーブルはそれらに割り当てられたことを知りました。彼らのおしゃべりは、アメリカ人をだますが、多くの豊富な外国人がナイアガラであったなかったそれらの商業的専門用語の一部でした。

戻るニューヨークで、私たちはホテルを見つけましたが、彼らは何の修正率を有していませんでした。それは7月4日の間に二重上がったので、その日のレートは、需要に依存していました。これは、我々は、米国では約知るようになった商業主義のもう一つの側面でした。ジャスミンは、アフリカ系アメリカ人の攻撃によって乱されました。我々はすぐに離れて歩いたので、仲間ストリート乱闘にナイフを引っ張って見ました。尿のstinkの過去地下鉄で汚物、泥こびりついderelictsセントラルパーク内の他の場所は彼女にニューヨークの別の面を見せました。

黒人女性が話したか若い人とのセックスの話のように聞こえたものと冗談の多いながら大声で誇張された声で地下鉄の列車に笑いました。私たちは、不安を感じたとニューヨークを残して喜びました。ハイチに戻るには時間でした。我々は、すべてのニューヨークを好きではなかったです。

メキシコでいる間、私たちは、ジャスミンが学校教育を開始するために子供たちとフィリピンに返すことを決めたとポルトープランスでエージェントにチケットを配線する私たちのオフィスを求めていました。我々はポルトープランスに到着したとき、私たちは通りが見捨て発見しました。航空会社は、彼らが以前のフライトをキャンセルしなければならなかったので、ポルトープランスでトラブルがあったことを私たちに警告していました。空港はまた、さびれたが、誰かが私たちを迎えに来ました。

ポルトープランスでは、我々は今、絶望感を感じることができました。
一つの仲間は、彼が道が翌日始動ブロックされるとしていたという情報を持っていた、すぐのでレケイのために残すために私に言いました。
彼は間違っていました。私たちは、街の外に最初の道のブロックを見ました。彼らはお金を要求し、民衆は、車のヘッドライトを粉砕したかったです。私はジャスミンと子供たちの緊張した顔を見ることができましたが、どういうわけか、私は私の方法を話すことができました。さらにもう一度、彼らはお金を要求し、私は私の方法を話すことを試み、最終的に数ドルを支払ったので、再び非常に怒っていた道第二の道路のブロックがありました。

第三の道ブロックは、私は彼らが私を通過させなければならないので、私の家族と私の2人の子供とバックレケイに行く農学者は本当に疲れていたと説明した誰に大きな群衆と多くの女性が持っていました。ジャスミンは、涙の危機に瀕し、非常に緊張していたが、何とか我々は人々をmollified、彼らは私たちが渡すことができます。これは、私たちが夜遅くレケイに達した方法です。そこにちょうど町の外の道路のブロックがあったが、我々は再び、彼らは私たちが通過させるように、私たちは、ほとんど家にあったことを説明しました。

ジャスミンは、我々は彼女のチケットがすべてだったことを電話を受けたときにパックするために始めた、非常に次の日、彼女はレケイを残しておく必要がありますので、すぐに.ITは私が残りを出荷すると発表したので、こんなに早く詰めることは容易ではなかったマニラのすべての方法を確認しました後で私が背後に滞在していたので。だから急いで良い不戦勝は数に言った、我々はすぐに戻っプランスへ行きました。

私は最終的にチケットを持って、チェックが銀行の支店長は、ドアを閉じることを約あった.theのいくつかの旅行者を得るために午後1時に閉じ銀行に駆けつけたが、すべてがの準備ができていた.Now時間だけで私に小切手を与えたとき、それは金曜日の午後でした彼女の次の日の朝残すために何もはもうハイチで簡単でした。午前4時に翌朝、私は空港に向かう途中で、道路のブロックを発見し、ログを削除するには、雨に降りなければならなかったし、タイヤを燃やしました。我々は、時間内に到着し、私は悲しげに空に消えたドットを見ながら、ジャスミンと子供たちはマイアミに飛ん。

さて、私のタイヤでパンクを見つけました。私は彼女が.Nowを去った後、私はパンクの世話をするためにすべての時間を持っていたが起こったことをとても喜んでいた.ITは私の胸.Sheから大きな重量た安全で子供たちが再び再結合します彼女の国に彼女の途中でした彼らの古い学校、どこで私たちはナガ市での素敵な十分に確立された家を持っていました。私はもはや心配していませんでした。

私はプロジェクトで行うには1以上の仕事をしていました。アメリカ人は、過去数年間のために私がしたすべての作業に関する包括的な最終報告書を準備するために私に尋ねていました。だから私はこの報告書を作成するために戻ってレケイになりました。私は最終的な形で一緒にそれをすべて入れてたくさんの悩みを持っていなかったので、私は実験や臨床試験に細心の注意事項を保管していました。私はこの仕事を終え、プロジェクトは数ヶ月後に終了したが、私はフィリピンで私の家族に再び参加することができるように、私は今、私の義務から解放されるように求めていた1987年10月に報告書を提出しました。彼らは合意しました。

農民は本当に満足していたので、倉庫、脱穀兼乾燥床のブルーニーでの建設が完了していました。彼らはそれが彼らが忠実かつ誠実にこのような高貴なプロジェクトのために費やしたお金を見たのは初めてだという。ハイチ人は常に自分のポケットのために何かを保持し、それらの腐敗のために認められました。

しかし、さらにいくつかの不愉快な事が私のために店にありました。この時、泥棒は自分の家に数回を破って、離れて、ビデオカメラ、レコードプレーヤーやラジオなどの価値のほとんどすべてを実施しました。それは、常に彼らが利用しましたので、今私は、フィールドで一人で、しばしば出て住んでいたことを彼らに知られていました。彼らはまた、私は正義を見つけるために後ろとどまることができませんでしたので、残していたことを知っていました。何ももう.ITは私が受け入れなければならなかっただけで全損したハイチで働いていません。泥棒があっても、屋根の上の軍事手錠のペアを残しました。

私は目が覚めたと赤の利きそれらをキャッチした場合、彼らは私をカフ手する準備が来ていました。彼らはまた、ちょうど私の家の後ろにオフィスからプロジェクトバイクやモーターボートのエンジンを盗みました。泥棒は、それらを停止するか、それらをキャッチするために誰と非常に活発でした。私は、夜警、メイドを持っていたが、彼らは共謀していたし、目的にオープンキッチンのドアを去った場合は知りませんでした。私は驚いている場合、おそらく、彼らが持っている可能性があるが、彼らは私を傷つけるしなかったこと安心しました。

ブルーニー農家が自分たちの村に私のために送別会を配置しました。娘たちは、彼らが読んでいることを私のために詩を書きました。農家は、彼らは私が彼らのために行っていたすべてのためにドクターアマルを賞賛構成され、私にラムを提供し、そのギターで歌を歌いました。それはすべての非常に感動的でした。私はまだ.ITは地獄を通過した誇り高い人々の懐かしい思い出を思い出させる、時々プレーテープに自分たちの音楽を記録しました。

私は彼らと一緒に踊ったが、派手で、私はおそらく、再びこれらの素晴らしい人々を見るにはここをクリックしてください、決して返すことはなかった知識で悲しみがありました。私が最初にここに到着していたので、私たちはすべての長い道のりを歩んできました。私たちは一緒に働いて多くを達成していたが、去る時間でした。

女の子は一つずつ来て、私の頬にキスをし、私は農家を抱きしめと別れ。私は泥棒の手の中に私の個人的な不幸にもかかわらず、国とその人が好きでした。私はハイチの人々は不苦しん勇敢人と思っていました。それは偉大な国だった、彼らは偉大な優しい人たちでした。ハイチは私の人生の残りのための私のお気に入りの国のままになります。

私は良いのための1987年の11月1日にポルトープランスを残しました。そこ空港で私を参照するには、プロジェクトからの誰もなかったが、それは新しい何もなかったです。私は当然、彼らは超然とした駐在員プロジェクトスタッフとのいずれかの友人を作ることはなかったです。ハイチた国家プロジェクトディレクターはレケイで私の仕事についての全国放送のテレビの話、それは何かあったので、感謝の意を示したていました。彼はその後まもなく死亡しました。

したがって、ハイチでの章では、私のために近くに来ました。

 

 

Yokuatsu sa reta hito: Haichi: 1984-Nen 2 tsuki – Oct. 1987

Watashi wa kyūna oka no ue ni kasuteruhaichi to yoba reru hoteru ni tsureteitte kuremashita to gōya to yoba reru genchi tsūka de no ikutsu ka no okane o henkō tasuketa eido no Haichi jūgyōin ga porutōpuransu no kūkō de aimashita. Watashi o uketori, watashi wa kanari jibun no doko ka ni naru yō ni shiyō sa retaga, hoteru de watashi o shūsei suru tame ni, jissai ni kanojo no totemo sutekideshita. Porutōpuransu no ichibu wa Hirano de, ichibu wa chōdo u~ōtāfuronto. From machi ni kūkō no ushiro ni jōshō kewashī yamayama shidaidesu, watashitachiha, watashi ga doko demo mita naka de mottomo osoroshī suramu machi de watasa remasu. Hijō ni mazushī hitobito no ōku wa, Haichi no shuto ni sunde ita bashodesu. Koko ni gomi ya amadoi ni chirabatta tōri ga ōbāfurō shimashita. Boro no hitobito wa doko demo anata ga sekai no kono bubun de mottomo mazushī kuni no hitotsu ni natte iru koto o shiraserumashita. , Chihō ni mukete shuppatsu suru junbi o shi tari doko ka ni toppurōdingu matawa hoka no mono no ma de mokutan ya banana ya maki o anrōdo suru to. Pīpurutakara tōchaku minibasu no sukoa wa ie ga atta koto ga dekimasu suzu-sei no suramu no tame no furansutāmudearu suramu-gai no chikaku. Yagi no yōna ikita dōbutsu wa mata, niwatori o quacking no furubasuketto o genkyū shinai yō ni kono hōhō o jisshi shimashita. Josei michibata de tabemono o hanbai shi, hae o ofu ni shite oku tame ni doryoku ga takusan ari mashita. Hitobito wa obutsu, hae ya nagare, karera no bijinesu o arukimawatta osui o ki ni shinai yō ni miemashita. Watashi wa sukoshi dan bōrukyūbikuru doko demo hadena iro de nura re, karera wa mariājunode, watashi wa, karera wa osoraku, kono yōna ofisu de kekkon dekita fushigi kekkon no ofisu no ikutsu ka no shurui to omotte ita kekkonshiki o imi suru to yoba reru kigō o hyōji. IT takarakuji-ken o hanbai shi doko borlette to yoba o miru koto ga dekimashita. Naze sorera no ōku ga arimashita ka? Kotaeha, sore wa tan’ni rakkīnanbā to, karera wa subete no takarakuji kōnyū-sha o kakuho shi, jakkupotto no ma no kekkon o imi suru to iu kotodeshita. Watashi wa mazushī kuni, yori ōku no zetsubō-tekina hitobito ga karera no un ga kawarudarou to kitai shite takarakuji-ken o kōnyū shite ita koto o shiteki shimashita. Kore wa, Haichideshita. Kūkō wa kindai-tekide modotte kōdaina heigen de settei shite iruga, wareware ga machi ni chikadzuita to shite, wareware wa doko ni demo koya to taore-sōna tatemono o mite,-gai ga torafikku ni yotte chissoku shimashita. Ko no yōna namae ga watashi ni nani o imi suru monode wa arimasendeshitaga, omona dōmyaku wa ōdōri Jan = jakku desarīnu to yoba rete imashita. Watashi wa Haichi no dokusai-sha wa, kare no shi no nochi ni tantō shite kare no musuko o nokoshite ita papadoku de~yubarie to yoba rete ita koto o kiite imashita. Kare no namae wa Jan = kurōdo de~yuvu~ariedeari, kare wa chichioya to onaji mujihi de kuni o shihai shimashita. Hitotsu wa akaruku nura basu ya minibasu ni kidzuku koto ga dekinakatta koto wa arimasen. Karera no hotondo wa, ātisuto ga muchū ni natta shibarakumonono katsute shūkyō-tekina seishitsu no ikutsu ka no e o mise, chōhatsu-tekina jesuchā de roshutsu-do no takai fuku ni kyonyū no josei o kakimashita. Mata, tekunikarā, hijō ni menimieru, hijō ni, aradeshitaga, sonogo komakai ātisuto wa minibasu o kaku kare no jikan o muda ni shimasendeshita. Sore wa, daremoga ni nin’i no chūi o haratte inai omoshiroi zumen o tsukutta wariai no imi o shiranai shirōto ga okonawa remashita. Jimoto no hyōtan ni doru no henkō ga yōideatta to doko demo okonau koto ga dekiru to eido no on’nanoko ga setsumei shita yō ni, anata ga sōba yori 10-pāsento ijō o eru koto ga dekiru ga, kanojo wa sore ga gōhōdatta ka dō genkyū suru no o wasurete shimaimashita. Watashi wa sore no otode wa nakatta to katei shimasu. Sonogo, watashi wa Haichide wa ihō ōku no mono ga atta koto o mananda ga, dare mo sore ni tsuite wa amari ki ni suru yō ni miemasen. Gimu o shiharau koto naku, tēpurekōdā, kamera nado no gōkana yoi ni motarasu tame ni, tatoeba ihōdattaga, watashi wa nani no mondai mo naku tsūka suru kūkō no hito ni mimashita. Dono kurai no okane wa, kauntā no shita ni te o kae tsutaeru no wa muzukashīdattaga, akiraka ni hito no keisatsukan ga kyōbō shite imashita. Madamu Sarasu to yoba reru kyodaina Haichi no josei ga maishū puransu to Maiami no ma ni yori, karera wa Haichi ni takai kakaku de hanbai contrabands de mitasa reta sūtsukēsu o motarashimashita. Takushī no untenshu ni wa watashi wa Maruseiyu ya derī de shitteita mono to wa kotonarumasendeshita. Karera no mētā wa hataraita koto wanaito karera wa unchin ga 2tsu dakedatta toki ni 20-doru no tame ni anata no hoteru ni anata o motte kuru koto o kokoromimashita. Korera no hitobito wa utagau koto o shiranaikara ikutsu ka no okane o tsukuttemimashita. Anata wa Manira de tatoeba saishō unchin o shiharau koto o nozonde ita baai, anata wa daiku ya ishiku to shite Saujiarabia ni itte ita to nobemashita. Sore wa doko demo onajideshita. Sore wa karafuruna hikari no fuku to josei wa tsūjō, jibun no atama no mawari ni tsutsuma reta karafuruna nuno o mi ni tsukete ita mi ni tsukete ita 2 tsuki. Pīpuru ni atatakakattadesu. Ōku no josei wa, karera ga Panama to yoba reru bisaina mugiwara bōshi o mi ni tsukete imashita. Karera wa senotakaidatta to tokutei yūga ni arukimashita. Watashitachiha, taiko, fue ya shinbaru no bīto ni awa sete rojō de kānibaru no ishō to hane ya odori ni mi o tsutsunda hito o mimashita. Sono-gao wa, tosō, karera wa hinpan ni kao ni rukkusu ni yori kōkusu wa arimasendeshita botoru kara susurimashita. Josei jibun no karada no yoi torihiki o hyōji suru hijō ni karafuru de rōkatto fukusō o kite, sekushīna hōhō de odorimashita. Dansei wa, dōyō ni fūgawarina ishō o kite, josei to cavorted. Karera wa ibento ga ōku no hi hanarete itaga, Haichide wa yūmeidarreru marudigura to yoba reru kongo no kānibaru no tame ni u~ōmuappu sa reta no Ra Ra wa bandodeshita. Kāpentāzu wa, hotondo no hito ga ra ra-tai ni wa hotondo chūi o haratte dai onryō no ongaku ga nan’ninka no hitobito ga kakusei-ki o shiyō shite saisei suruga. Zea wa hadena fun’ikidatta tatte michibata o kotei isogashikattadesu. Watashi wa hodō-jō de hanbai no tame no akaruku kaita ātowāku o mitaga, sore no hōfudatta karera ga mottomo kandō shi. What yoi hinshitsudearu to mite imasendeshita. Hoka no hanbai no tame no te kōgei-hin nado mo chikaku kōtsū no botorunekku ga arimashita. Haichi de kōtakunoaru kibako wa, rojō de hanbai sa reta ōkina moji, chairo ya kurokame, okimono, bōru, ōku no yōna mono de, sore ni kizama remashita. Karera wa, Jisha no seihin o hyōji suru tame ni kuruma no mado o nokku suruga eizoku-tekide wa arimasendeshita. Watashi wa kureōru o hanasuga, sore wa watashi ga yoku hanashita furansugo no chikaku ni atta yō ni ōku no tango o rikai shite imasendeshita. Watashi wa, karera ga sore o shiranakatta baai demo, karera wa `watashi no aisuru matawa saiai no hito ya mama ya papa’ to otagai ni taisho shite iru koto ni kidzukimashita. Ikutsu ka no kunide wa `nē, anata ga sonzai’ to hikaku shite, sore wa hijō ni subarashī narimashita. Watashi wa watashi no saisho no hi ni subete no korera no koto o shirimasendeshitaga, watashi wa surudoi kansatsu-shadeshita. Watashi ga tomatta hoteru wa, mottomo kokoro o uta bochi to sono kibo no ōki-sadatta machi ya futō ga, nani no buhin o miorosu oka no ue ni arimashita. Watashi wa, hoteru dakedenaku, mugiwarabōshi ni haichiramu no muryō no botoru o ataerareta to haichiramu wa hijō ni yokattashi, ōku no kuni ni yushutsu sa reta to iwa remashita. Resutorande wa, kon’nani hayaku purēto ga tōjō suru mae ni Lamby o tameshita koto ga nakatta kureōru. I no menyū to yoba reru lamby no makigai no niku o motte imashita. Kore wa, Indo gomu no yōdattaga, Haichi hito wa ushi ga CUD kamu yō ni sore o kamu to, sore ga yoi to nobemashita. Watashi wa sō kakushin shite imasendeshita. Furorida-shū ni aru Napori kara Amerika no nakama wa, kare no tsuma ya gārufurendo no ōkina shitsubō ni garasuno-go ni sore o garasu o nomu tame ni watashi o unagashita no dochira ka ga, watashi wa Haichi no ramu ga sukide wa nakattadesu. Amerikahito wa mata doko ka de Gurujia, derī ya Madorasu ni Atene o motte imasu. Kasuteruhaichi wa, karera ga. I wa kuni ga hijō ni warukatta ga, seikatsu-hi wa odoroku hodo takai monodeatta koto o shitta jūden sa reta kakaku no tame no hijō ni yoi hoterude wa arimasendeshita. Kore wa, onaji koto ga okotta Mari ya Senegaru no yōdeshita. Ōku no kuni no yō ni, jinkō ga hōfuna shōsū-ha to dai tasū no mazushī hitobito ni wakemashita. Kanemochi no shōsū wa bidonvilles ya shihon o kakomareta kōdaina suramu machi ni wa ōku no Haichi hito no taihan wa, ika no heiya no udaru yōna atsusa ni sunde inagara, hadena vu~ira ni Petionville yoba kūrā yama ni sunde imashita. Kanemochi wa hijō ni hadedattashi, jibun no kuruma no mawari ni muragatta mazushī hitobito wa karera ni nanika o hanbai shiyou to shite iru toki ni hadena Ōshū-sha no naka o unten shimashita. Sonogo. Karera wa, Amerika no ōku no kuni no yō ni Furansu ya hoka no yōroppa no isandatta mulattos ga arimashita. Korera no mulattos wa, genjūmin ni jishin ga sugureta to kangae rare, sorera o shita ni miemashita. Watashi wa, hinkon wa hijō ni genjitsu-tekidattaga, koko Haichi hinpu no sentaku-zu no kontorasuto ga atte mo saisho no hi ni tashika ni hijō ni mieta hijō ni chokusetsu anata o sasu yō ni mieta Mari ni sunde imashita. Watashi wa toho de machi o samayotto kojiki to sutorītouni wa doko demo anata ni shitaga~tsu[sentaku anata wa hōkō no tame ni sorera o irai sa reta baai, hitobito wa tsuneni okane o motometa koto ga wakarimashita. Tasū no sharyō wa, hotondo no izureka no seifu no kurumadeatta ka, mazushī hitobito ga arui tari koko o tapputappu to yoba reru minibasu ni nossatooya ya Kokuren nado no yō ni soba ni karera no sutekkā o hyōji purojekuto ni zokushite imashita. Tokutei no rūto o yori kōkyō kōtsūkikan no yōna ikutsu ka no jīpunī mo arimashita. Haichi hito wa, ōku no baai, maināna mono no ue ni jīpunī de kōron to doraiba ga teishi shi, mondai ga rojō de seiri sa reru made matte itanode,-ken no tatakai ga boppatsu shimashita. Watashi wa sono yōna kōron no tochū de jibun jishin o hakken shi, heiwa mēkādearu koto o kokoromitaga, watashi no kureōru ga kaizen sa reta tokiniha, kanari-go ni nattara. Daitōryō kyūden wa sore ni ryōkōna kontorasuto o ataeru midori no oka no haikei ni shiroi tatemono ga kirari to hikaru sa rete imasu. Furonto de fuku to shakkuru o motte ita tame ni kare no kuchibiru ni hora kai o ageru haichisurēbu no dōzō ga arimasu. Sorehodo tōkunai sore kara rōsu-fuku ya hane de Karibu no Indo no dōzō ga tatte. Watashi wa namae Haichi wa kuni no namae karibuindian kara kita to iwa remashita. Isupanyōra shima no ta no hanbun wa, dominikakyōwakoku ya mijikai DRdesu. Kuni 1 no shōsai ni tsuite wa, gureamugurīn o yomitoru koto ga arimashitaga, watashi wa kansatsu shi, hitobito ni hanashi o suru koto ni yori to shite saikō no watashi ga dekiru yō manande imashita. Hoteru no sugu soto ni, watashi wa Haichi no otokonoko to karera no tame ni shigoto o mitsukeru tame ni watashi ni tazune, tsugini sentaku-zu on’nanoko wa, karera wa mata, hoka no nanika. IT wa, ōku no Afurika shokoku to onajideattaga hanbai shite ita koto ga shisa sa reta okane o motometa on’nanoko no gurūpu ni aimashita. Yuiitsu no doai ga henka shimashita. Kokode wa, sorera no kyōryokuna Katorikku no shinkō no baishun no ōku wa arimasendeshita. Hai, Haichi hito wa hijō ni shūkyō-tekidatta koto wa machigai arimasendeshita. Watashi wa sudeni karera wa yoba rete ita to shite, sono tapputappu no shūkyōgaku ni kidzuite imashita. Kyōkai wa nichiyō ya hoka no ōku no hi ni mo dōyō ni ōbāfurō shimashita. Katorikku kyōto wa,-koku no itarutokoro de, Hokubei no senkyōshi ni mo dōyō ni kansha o Purotesutanto o inottaga, genzai wa sonzai shita posutopuransu ni wa ōku no dōkutsu ga arimashita.

Watashi no ninmei o shōnin shita eido no hitobito wa, karera wa yoi shigoto o kitai shi, watashitachi ga jikkō shinakatta baai wa,`watashitachi o oidasu’ koto o chūcho shinaidarou to, atarashī chīmu ni sore ga akiraka ni shimashita. Kore wa, Arujeria no nōgyō-shō no koto o omoidashitaga, amerikahito wa cruder hitodatta to kotoba o minchimasendeshita. Karera wa hito no shikaku ya haikei ni keii o shimeshimasendeshita. Sorera no ikutsu ka wa, shikashi, rūchin no ichibu to shite ichido ie ni chīmu o shōtai shi, watashi wa porutōpuransu de yūjin o motte ita koto o sarigenaku genkyū shimashita. Watashi wa. IT wa, Ba Xuyen no furui yarō yubēruta shizen ni odorokimashita. Kare wa ima, buta no sai zōshoku puroguramu no heddo to shite koko de hataraite, soreijō kakashi no yō ni wa miemasendeshita migi koeru hoteru. He ni kitaga, watashi wa mada kare no unten o shin’yō shite inakattamashita. Watashi wa kare o mite ita saigo no jikan wa, 1971-nen ni Washintondīshī ni attanode, sore wa nan-nen mo sa rete imashita. Kare wa Haichi no subete no buta wa ima, kare wa Aiowa-shū kara Amerika no buta de sorera o kōkan shinakereba naranakatta Afurika buta shikkan ni kiin shite tosatsu shinakereba naranakattanode, kare wa purojekuto to hijō ni isogashī to iimashita. Sonogo Haichi no nōmin wa, karera ga neitibu buta o korosu tame ni tonkorera no riron o hatsumei shite Haichi ni karera no buta o hanbai suru amerikahito ni yotte ōkina inbōdattaga, watashi wa shinjitsu o shiru koto ga kon’nandearu koto o oshiete kuremashita. Tonikaku hyūbāto to watashi wa watashitachi no kyōtsū no yūjin ni tsuite no nyūsu ni oitsuku tame ni shiyou to en’ento hanashimashita. Kare wa, sonōchi no hitotsu ga, Beikoku taishikan de hataraite ita to watashi wa iku to kanojo ni aubekidearu to ittaga, watashi wa jikan o mitsuketa koto wa arimasen. Kare wa sonogo, watashitachiha furukiyokijidai no yō ni hashi de tabeta chūkaryōri-ten ni tsureteitte kuremashita. Watashi wa koko de kyūyū ni atta koto ga jasumin ni tegami o kakimashita. Dakara kanojo ni tsuite o sōshin suru mae ni, kanojo wa hyūbāto ni tsuite kiite imashita. Mōhitotsu no Amerika wa mata, kare no ie ni chīmu o shōtai shi, watashi wa sore wa tan’ni keishiki-tekidatta to Haichi de no tōsha no chōki daizaichū ni modotte soko ni itta koto wa arimasen shitte imashita. Aru Ni~Tsu, watashitachiha. I ga watashi wa genchi no jōkyō o hyōka suru kikai ga atta mae ni watashi ga hatarakubeki basho no hitobito ga watashi no tame ni kettei shita aidea o sukide wa nakatta purojekuto saito o sanshō shite kudasai jakumeru ni ikimashita. Jakumeru wa yaku 2-jikan ga hijō ni shinshoku sa reta oka o kayotte jiguzagu kewashī yamamichi no ue puransu kara kuruma de. Sore wa, chīsana ichiba to ikutsu ka no ie to kaigan-zoi no chīsana machideshita. Watashitachiha, nōson-bu no hitobito ga sunde ite, dono yō ni, matawa dono yō na karera wa, korera no yama no shamen ni saibai hōhō o kakunin suru tame ni ōtokyappurūju, hoka no basho made ikimashita. Jakumeru e no michi no hotondo wa warui katachi to kyū kōbaidesu. Kō hī ya kyassaba o ueta hitobito wa doko ni demo. Karera wa oka no ue no ie no yōna ganjōna tanjun’na hako ni sunde itashi, tabemono o seichō sa seru tame ni hijō ni kenmei ni hatarakimashita. Karera wa akarui iro de jibun no magatta doa ya mado o kakimashita. Josei wa, karera ga shita no tani kara fetchi shi, yukkuri to fuka to no oka o nobotte iru hitsuyō ga arimasu karera no atama no ue no bin ni mizu o hakobimashita. Hitobito wa karera no atama no ue ni subete o hakobimashita. Nōson Mari no josei no kunan o watashi ni omoidasa semasu. Haichi hito wa kantan ni hohoende, kureōru-go de aisatsu shimashita. Jakumeru no hoteru wa, ra Jacmelienne to yoba reru u~ōtāfuronto ni atta to kaitekidattaga, kanojo ga okane o ushinatte ita koto wa akirakadattanode, Kanada no manējā wa don’yokudeshita. Sono koto ni tsuite wa Haichideari, matawa nin’i no basho ni taizai shite hotondo no kankōkyaku ga arimashita. Haichi ga fūdobyō. Zea sen jinkō-atari no Beikoku de yori ōku no eizu kanjadeattaga, raberu ga hari tsuke rareta to iu no wa hontōde wa arimasendeshitaga, karera wa, eizu no kowa gatte imashita. Bīchi wa totemo furendorīna sutekina hitobitodeattaga, sonoyōni kankōkyaku ga hanarete imashita. Jacmelienne no hoteru no robīde wa, hitobito wa seramikkusu ya hariko hariko no te kōgei-hin dakedenaku, masuku ya chīsana ningyō o hanbai shi, kakaku ga takakattadesu. Jakumeru-go, watashi wa. IT wa,-koku no shimo āmu ni puransu kara yaku 200-kiro de nishi ni rekei ni ittekimashita. Anata wa chizu o mireba, Haichi no keijō wa, ryōude o motsu kani no yō ni miemasu. Kokode wa dōro ga sugurete iru to Zanglais. IT no fūkō meibina kaigan o tsūka suru ni wa, sanbashi ya furui ie sabita totan yane de, mi hosō no zarimichi ya furui hitobito ga suwatte ita kōen to machi no chūshin-bu ni aru chīsana Katorikku kyōkai to no chīsana machideshita benchi-jō ya kanshin o motte shinki san’nyū o mimashita. Toryō to hidoi me hakuri to kōen-nai no dareka no dōzō ga arimashita. U~ōtāfuronto kara 1 wa bashe shima to yoba reru tōi shima to fune no chinbotsu-sen to hijō ni shōsū no bōto no kazu sabita Haruku o miru koto ga dekimashita. Soko koko de kako ni kappatsuna kaijō bōeki ni suru tame ni shiyō ga, ima pōto ga toji, kasutamu no jimusho wa chīsana yūbinkyoku ga chokumen shite iru rōkyū-ka shita ni miemashita. Shikashi rekei wa heiya ni attashi, nōgyō ga shūchū-tekidatta nōgyō chiiki no man’naka ni. Karera wa subete no rekei no mawari ni gohan o seichō shi, ikutsu ka no kangai o motte imashita. Watashi wa ikutsu ka no subarashī sakuhin ga koko de okonawa sore wa watashi ga sunde ita basho ni naru yoteidatta koto o kettei suru koto ga dekiru koto o kanjiru koto ga dekimashita. Tsugini yarubeki koto wa, chintai jūtaku o sagasu kotodeshita. Futatabi watashi wa chōdo machi no soto ni Suisu no sharē no yō ni kōchiku sa reta utsukushī bīchi no ie o mitsukeru koto ga rakkīdattaga, wareware wa soko ni tsuku tame ni asase ni warui zarimichi o kayotte, ikutsu ka no sutorīmu o motte imashita. Shikashi,-ka wa atarashīshi, mizu, denki, sarani wa geitaidenwa o motte imashita. Anata wa, furontopōchi ni suwatte, 50 mētoru hanareta umi o mite, ittei no kaze o kanjiru koto ga dekimashita. Totemo chikaku ni umi no kaori ga sōkaideshita. Ie wa mattaku naku, atsui midori no Kankoku kusa aode wa arimasen aoi kusa no shibafu no kyodaina hirogari ni modotte settei sa remashita. Watashi wa sugu ni ie o sukide, sore o torimashita. Ima watashi no gidai no tsugi no kōmoku wanode, watashi wa, karera wa mata, kodomo no tame no chīsana gakkō o hashitta oka no ue ni sunde ita amerikahito senkyōshi ni atta kodomo no tame no gakkō o sagasu kotodeshita. Korera no hitobito wa watashi no kodomo ga. IT ga yuiitsu no watashi wa gakkō no kanrisha wa, watashi no kodomo-tachi ga kangei sa rerudearou to itte kuremashitaga, saisho kara hijō ni kimyōnato fushinsetsu mitsukatta kodomo-tachi no tame no monodatta soko ni nyūin suru koto ga dekinakatta koto o watashi ni iimashita. Karera wa kyōshi no hiyō o shiharau tame ni ijō no ko o hitsuyō to shite imashita. Mijikai jikan de hodoku jūtaku ya gakkō kyōiku no mondai to sono tame, watashi wa sugu ni Haichi ni kite junbi suru tame ni jasumin ni tegami o kakimashita. Gakkō wa, karera ga gakkō de yori ōku no kodomo o hitsuyōna toki ni amerikahito ga totemo fushinsetsudatta naze, koko de watashinokazoku o yūshi, tandoku de 4 kodoku nenkan shishutsu no chigai o imi shimasu ka? Watashitachiha yoriyoi shōrai-teki ni korera no hitobito o shitte irushi, sorera o yori yoku rikai suru koto ni narudarou. Ima dewanode, watashi no on’na shujin wa totemo hitoban, watashi wa jasumin o yobidasou to kanojo wa geitaidenwa o motte inakatta to iu no ga watashi no tochi no josei o katattaga, chikaku ni sunde ita kanojo no itoko Ramon ga shita porutōpuransu de denwa kōkanki de hataraite ita koto ga okorimashita. Kanojo wa Naga ichi o narashi, kare no bangō o mite, kare ni denwa o ataeru tame ni soko ni operēta o motomeru koto ga dekimasu ka? Kono kanojo ga imashita. Nāga wa Ramon ga kono yō ni sesshoku sa setanode, hitobito wa otagai o shitte iru chīsana machideari, watashi wa [sentaku chōkyori wa watashi no ude o genka keisan sa reta, ikutsu ka no ashi wa totemo isoide kudasai sugu ni jasumin o fetchi suru tame ni kuruma o sōshin suru tame ni kare ni iimashita. Jasumin wa, Ramon wa yoru osoku gēto ni tataite kiite hijō ni odorokimashita. Kanojo wa saishūtekini nagai jikan no yō ni mieta no ka-go ni denwa ni kite, watashitachiha umi no kōdaina kyori de meikaku ni tagai o kiku koto ga dekita koto o totemo shiawasedeshita. Watashi wa utsukushī-ka, soshite mottomo jūyōna no wa kodomo no tame no gakkō o hakken shitanode, kanojo wa nidzukuri to Haichi ni kurubekida to nobemashita. Kanojo wa watashi ga Firipin kara kanojo o fetchi suru hitsuyō ga arimasuga, kore wa watashi ga okonau koto ga dekimasendeshita to iimashita. Sorekara kanojo wa watashi ga Sanfuranshisuko de kanojo ni aubekidearu to nobetaga, amarini mo fukanōdeatta yō ni, saishūtekini wareware wa dakyō shimashita. Watashi wa kanojo ga Ni~Tsu ni gōi shitanode, watashi wa Maiami, Furorida-shū de kanojo heimen o mitasu koto o iimashita. Watashi wa, kanojo ni watashitachiha, shinraidekiru Manira ryokō dairiten e no chiketto o haisen suru ofisu to yoba re, watashi mo kanojo no Maiami ni tōchaku shi, furaito bangō nado no hidzuke to jikan o seikaku ni shiru tame ni ryokō dairiten to yoba re, Naga ni jasumin o yobidasu tame ni karera ni iimashita. Watashi wa watashi ga harau hitsuyō ga dore dake kiite ita okami o tazuneta toki, kanojo wa sore ga karera no kōkan konpyūta ni tōroku shite inai to nobemashita. Kanojo wa waratte, denwa kaisha de sagyō suru tokutei no kengen o motte ita to nobemashita. Kanojo wa ōku no chōkyori operēta no yūjin o motte imashita. Watashi wa ima, kanojo wa Manira no taishikan ni yotte Beikoku no biza o fuyo suru koto ga dekiru yō ni, DHL ni yotte kanojo ni ikutsu ka no bunsho o sōshin suru tame ni modoppuransu e ikanakereba narimasendeshita. Haichi no biza wa Maiami de eru koto ga dekimashita. Sorekara watashi wa, kagu ya jasumin ga hitsuyō to naru subete no mono o sagasu tame ni motte imashita. Purojekuto wa tsuki ni o todoke suru koto o yakusoku shi puransu-gai kōjō kara kagu ya kaden seihin no kanzen’na ie o meijimashita. Watashi wa hon’no sūjitsu no jikan ni ōku no koto o tassei shi, hontōni yoi to kanjite imashita. Rekei ni sunde ita watashi no Haichi aite wanode, watashi wa ie kara machi ni zengo ni aruite ita purojekuto no jīpu o tamottaga, koreha,-go ni kaiketsu shita to watashi wa jīpu o emashita. Kare wa hijō ni yūkō-tekide wa nakattaga, sore wa amarini mo atode henkō shimasu. Machide wa, watashi wa hijō ni ī hitodatta Chūgoku-kei amerikahito to deai, ōku no baai, kare wa hitori de sunde ita kare no ōkina ie ni watashi o shōtai shimashita. Kare wa dōyō ni subarashī ryōri hitodatta to expat no komyuniti ga kare o gisei ni shite tanoshinde gōkana pātī o okonaimashita. Kare wa ryumiērushite dakedenaku, ikutsu ka no Haichi hito ni noborizaka sunde ita, hotondo no senkyōshi ga fukuma rete iru sorera no subete o shōkai shite kuremashita.   Machi no risō-tekina gesutohausu wa, ikutsu ka no gaikoku hito kyojū-sha ga shokuji mainichi no tame ni deatta. Disu wa mada ie o hakken shite inakatta hitobito ni shokuji o tsutomemashita. Watashi wa, Furansu-kei Kanada hito to kare no Boribia no tsuma kono hōhō o shitte iru yō ni nattaga, sorera no kōsa-me kozō wa taegataideshita. Watashi wa kodomo-tachi ga totemo byōki ni furumammita koto ga nakattadesu. Watashi wa atode machi ni karera no tame ni ie o mitsukeru tasuketaga, karera wa chōzen to shite imashita. Sugu ni watashi wa kānibaru ga hajimarou to shite ita porutōpuransu ni modorimashita. Dōro-jōde wa. Karera wa mata,-sha o teishi shi, karera wa tsuneni chibichibi jibun no ramu no tame no okane o yōkyū-dōri no man’naka ni doramu to dansu o yabutte no Ra Ra wa taiiki no kazu o miru koto ga dekimashita. Karera wa sugu ni hara o tatetanode, watashitachiha. IT wa korera no hitobito o shiharau to ue o idō suru no ga kenmeidatta matanakereba naranakatta tōseki tsūka suru kuruma no uede wa nakatta karera no sake ni yotta jōtaidearu tame watasu no wa kikendeshita. Bando wa, dōyō ni josei ga fukuma rete imashita. Tōri wa doramu ya hoka no gakki no bīto ni awa sete karafuruna fukusō no dansu no hitobito de ippaidatta. Now porutōpuransude wa kānibaru no netsu wa saikōchō ni tasshimashita. Wareware wa hiji no hijidattaga, wareware wa nantoka o tōshite shiboru koto ni seikō shi, ima sentaku-zu kankyaku o doko ni itta koto ga aru yō de kānibaru o mi ni saitekina basho wa, horideīn no barukonī to itta amerikahito josei ni aimashita. Dashi ga ōkattashi, sorera no ikutsu ka wa, yoku yasei no gunshū ni kyandī o nageru kawaii on’nanoko ga suwatte itashimashita. Gunshū-majiri to hōki de odotta ōku no gaikoku hito ga imashita. Daremoga tanoshī jikan dansu o yūshi, katsu nonde ita yōdeshita. Botoru wa, jiyū ni te o kae, tamani ikutsu ka no ken no tatakai ga boppatsu shitaga, sugu ni seigyo shimashita. Keisatsukan wa, ippantekini seizen to shi, horideīn o watashite, nagai gyōretsu ni yukkuri to ue ni idō gunshū o seigyo suru tame ni idaina sūji de dete imashita. Bando wa sore o kizutsukeru yō ni ōgoe de ensō shimasu
Komaku ga, watashi wa anzen’na kyori kara gunshū o mite tanoshimimashita. Sore wa watashi no saigo no kānibarudearu koto mo arimashitaga, watashi wa Haichi de sakini yokotawatte ita mono o sono tokiniha omoi mo shimasendeshita. Hitobito wa odori, utatta hōhō kara handan suru to, 1 wa Haichi no hitobito ga seikatsu no naka de shinpai suru koto wa nani mo arimasendeshitashi, hijō ni manzoku shite ita kōun no hitobito o ikuga, koreha gaikan dakedatta to iu inshō o ukemashita. Hitobito wa kānibaru ga mondai hikaeme ni itte ōkatta yokuatsu taishū no tame no yuiitsu no deguchidearu to nobemashita. Sore wa shimin no jiyū to de~yubarie no te ni dan’atsu no omona gakkidatta burūdenimukuraddo minpeita osoroshī tonton makūto ga nakatta kunideshita. Karera no mujihi wa idi amin o hazukashimete irudarou. Watashitachiha watashitachi jishin no jimusho o motte inakattanode, rekeide wa, watashi wa, chiku no nōgyō no ofisu no sumi o kyōyū shimashita. Nōgyō jimusho wa yane to kyodaina ratto to supaidā no furu moreru to hijō ni rōkyū-ka shita tatemonodeshita. Kare wa sore o seigyo matawa sono zaisei o motte inai tame, nōgyō chīfu wa, purojekuto ni fungai shimashita. Shikashi, saiwai ni mo, wareware wa wareware no fīrudowāku ga Bereault to manishe no oka no heiya de teisatsu chōsa o hajimete itanode, sono osoroshī ofisu ni taizai suru hitsuyō wa arimasendeshita. Dōro ga warukatta. Wareware wa, ōku no baai, asase ni jīpu o sonshō shita manishe to Bereault-nai no sutorīmu o motte itaga, wareware wa kon’nan no sagyō inspite ni tanji sa remashita. Sugu ni wareware wa, yūsen jun’i ga dōyō ni kotonatte itanode, kōu patān to nōgyō wa jakumeru kotonatte ita tame, jakumeru to puransu de hataraite ita chīmu ga, rekeichīmu no nokori no bubun wa yaya dokuritsu shite hokanohito no shigoto o shitte imashita. Raisu to sorugamu, tōmorokoshi to mame dakedenaku, satōkibi wa, koko de jūyōna sakumotsudeshita. Karera wa oka ni appumanishe ni kōhī o ōini seichō shimashita. Watashi wa torakku ga, watashi wa porutōpuransu kara meijita subete no kagu o motarasu koto ga hanmei shita toki, sore wa 4 tsuki, 1984-nen no dai 10-kaidatta to omoimasu. Watashi wa, dōyō no purojekuto no tame ni 6 baiku o appurōdorekei ni okurete tōchaku shi, kaitō shi, watashi wa torakku de porutōpuransu ni modoranakereba naranakattanode, kagu o haichi suru jikan ga arimasendeshita. I-ka no naka de subete o tōki shimashita. Jasumin wa, Maiami no tsugunohi ni tōchaku shitanode, watashi wa kanojo ga ita mae ni Maiami ni tōtatsu shinakereba narimasendeshita. Hyūbāto wa Maiami ni itte itaga, kare wa, watashi wa kūkō chikaku ni taizai shitanode, doko ka de yori ōku no buta o hirou tame ni kare no hōhōdeari, sugu ni tōchaku-go, gunshū no naka ni sugata o keshimashita. Jasumin ga tōchaku shitaga, koko de watashi wa Amerika no warui men o keiken shi hajimeta mae ni watashi wa ikutsu ka no mono o kōnyū suru tame no depāto o mitsukenakereba narimasendeshita. Watashi wa ikutsu ka no shitsumon o kiite kare ni chikadzuki sugita to rōrāsukēto ni rojō de kodomo-tachi ga kaitekina otode wa arimasendeshita Supeingo de nanika o sakende hodō kara watashi o pusshu shiyou to shitanode, basu no untenshu wa watashi ni sakebimashita. Kyodaina inu wa watashi o oikake, osoraku watashi wa jibun jishin o mamoru tame ni nanika o mitsukeru koto ga dekinakattanode, watashi o kowagatte hitokuchi shiyou to shimashita. Watashi wa Maiami no nani mo shiranakattaga, sukoshi watashi ga mananda koto kara, sore wa kaitekina bashode wa nakattadesu. Hitobito wa eigo yori mo Supeingo ijō o hanashi, 1 wa doko ni demo kyūba hito o miru koto ga dekimashita. Karera wa hoteru, mōteru, shoppu, tsuābasu o hashirimashita. Karera wa, takushī o unten shi, karera wa Maiami o jikkō shita ka, sukunakutomo sore wa sore wa watashiniha omoeta hōhōdesu. Karera wa watashi ga karera no hetana eigo o rikai shite inakatta baai ni hara o tateta shitsurei hito-tachideshita. Maiami wa ōkina habanohiroi kōzokudōro to taema nai torafikku o nozoku Amerika no toshi no yō ni wa miemasendeshita. Ichiban watashi o nayama se suru koto wa kyūba hito ya Hisupanikku-kei no gōmandeshita. Watashi wa gōman no kono tane o shiranakatta ga, sonogo, watashi wa Kariforunia-shū sanruisuobisupo no hotondo ga shiroi machi ni sunde ita Beikoku ni sunde imashita. Kōhei o kisu tame ni, hitotsu wa shinakatta ikutsu ka no kimyōna kyūba hito. I no kōdō ni yotte kuni zentai o handan shite wa ikemasenga, ima, watashi wa kono kuni no betsu no sokumen o mite imashita. Tonikaku jasumin to kodomo-tachi wa sono yoru tōchaku shitanode, watashi wa modotte kūkō e iki, watashi ga tōchaku raunji ni iku yō ni pan’namuējento o tazunemashita. Kore wa kare ga shinaidarou. Kare wa, sekyuriti-jō no mondai nado ni kiin suru seiyaku ga atta koto o ittaga, watashi wa. I wa, karera wa hijō ni tsukarete, watashi no enjo o hitsuyō to shimasunode, watashi no tsuma to kodomo-tachi wa hijō ni nagai kyori o idō shita nochi ni tōchaku shita koto o itta to shuchō shimashita. Kare wa mada watashi ga nakanihairu kanōsei ga dono yō ni i~tsu. Finally orerumasendeshita ka? Kare wa watashi ga gōkaku no tame ni kare ni tazuneta to kare wa watashi ni sore o ataetanode, watashi wa pasu ga hitsuyōda to nobemashita. Amerikahito wa hijō ni ronri-tekina hitobitodesu. Tōchaku raunji wa gogo 5-ji ni misuteta [sentaku anaunsumentobōdo wa, kanojo no furaito ga okureta to okurete tōchaku suru to nobemashita. Saishūtekini furaito ga tōchaku shi, watashi wa jasumin wa Ashis to Jayanti o hoji shi, zettai ni hirō sagashi heimen kara detekuru mita toki, watashi wa gogo 11-ji made, nagai machijikan o motte imashita. Kanojo wa mata, umen no kinbō ni sonzai watashi o mitsukeru koto wa hijō ni odoroki, akiraka ni hijō ni anshin shimashita. Kodomo-tachi ga hashitte kitashi, ōkina yorokobi o shimesu watashi ni kisu o shimashita. Watashitachi wa chikaku no hoteru ni shi, kodomo-tachi ni atatakai miruku o ataeta nochi ni itte, ikutsu ka no shokuhin wa nemuri ni tsukimashita. Karera wa, nin’i no puronputo. Their sukoshi karada ga ue dokidoki hijō ni chōkyori-bin o saishu shite shimeshitate ita hitsuyō wa arimasendeshita. Watashi wa jissai ni hikōki no tabi wa totemo hidokatta koto o zan’nen ni kanjimashita. Kanojo wa barabarani suru junbi ga dekite mietanode, jasumin wa, osoraku sorera yori mo tsukarete imashita. Yokuasa, watashitachiha ofisu ga watashi no odoroki ni nomi Maiami made karera ni chiketto o okutte itanode, karera ni pōto o ōji no chiketto o shutoku suru tame ni, kōkūkaisha no ofisu ni shi, sorera ni biza o shutoku suru tame ni Haichi ryōjikan ni itte. Soshite, sukoshi rirakkusu suru jikandeshita. Watashi wa ōrando no dizunīrando e no ryokō wa, kodomo no tame no tanoshīdarou to omoimashita. Mochiron, kyūba no hoteru no manējā wa hokanohito ga un’ei suru tsugunohi o nokoshite tsuābasu o motte imashita ka? Basu no untenshu wa shitsureidattaga, wareware wa kyoyō sa re, Kisseeme to yoba reru ikutsu ka no basho o tsūka suru dizunīrando ni tōchaku shimashita. Hotondo no amerikahito wa watashi ga inai kitai shite iru saki no basu no untenshu no yōdatta baai jasumin wa watashi ni tazunemashita. Dizunīrando, ōrando no epukottosentā wa, taiya no otona wa. I wa, karera wa mada tsukarete itaga, tigā to mikkīmausu to Fowlfellow. Karera de satsuei suru koto ni yori, korera subete no moji o shitteita sa rete tanoshinda Ashis to Jayanti no kao kara miru koto ga dekiru hijō ni ōkī bashodearimasu kokoro to yorokonde imashita. Jasumin to watashi wa te o toriatte, watashitachi no kodomo-tachi o mite tanoshinde sanpo shimashita. Karera wa tigā no o o hippari, mikkī o dakishime to kuma no pū-san to kyōen shimashita. Watashitachiha,-jō ni sunde itashi, karera no pōshon o tsukuru tame ni kyodaina kama de kaeru o jōzō majo no kanzen’na dōkutsu o nyūryoku suru yō ni idō karūseru o torimashita. Watashitachiha, dōkutsu ya mizu no taki o kayotte dasei yasei no yasei no nishi to kōzanchō rōrā o tsūjite omocha no densha o torimashita. Soshite, nemo senchō no padorubōto ya nōchirasu ga arimashita. Kankō meisho ni wa nagai jikan ga kakaru 1-nichi [sentaku epukottosentā jitai ni kaunto shi, miru koto ga amarini mo ōkattadesu. Watashitachiha, sūji, shīn to animēshon no moderu o tsūjite, sekai no rekishi o miru tame ni, sono dōmu o kaishite karūseru ni nottemashita. Sore wa subete no hijō ni yoku ya~tsu. Their no konpyūtarūmu ga sorezore dizunīrando no arayuru sokumen o seigyo suruga, haruka ni kodomo-tachi no rikai o koeta sono kyodaideshita. Maiami ni modotte kyūsoku suru jikandeshita. Gunshū wa mugen no hijō ni atsui to raindattaga, soreha watashitachi no subete no tame ni yoi kyūkeimashita. Kaerimichi, wareware wa ikutsu ka no hottodoggu to furaidopoteto o chūmon shitaga, u~eitā wa watashitachi ga hobo sonomama nokosa-gun no tame ni jūbun’na shokuryō o motte kita toki ni odorokimashita. Sore wa amarini mo ōku, haiki-monodeshita.   Porutōpuransu e no furaito wa, Haichi o tsukuru dake de yaku 90-bu, bakku doa, matawa sore wa osoraku aru Beikoku no furonto doa no yōnimieru kakarimasu. Jasumin wa, kanojo wa kuro no hito ga suki koto o manandanode, kanojo ga Haichi ni jitaku de kanjita Mari ni sunde imashita. Kodomo-tachi ni totte wa atarashī keikendeshita. Sugu ni wareware wa puchi Goave, miragoānu to Zanglais no utsukushī kaigan o kayotte rekei e ikimashita. Zanglais kaigan wa, shirasu no bīchi to umi ni tenzai chīsana shima to konpeki no umi to sōkandesu. Senotakai yūkari ya matsu no kigi wa, kōzokudōro o urauchi shi, ikutsu ka no shokubutsu no shiro ya pinku no hana ga shīn wa ikiwonomu hodo utsukushī tsukuri michibatadearimasu. Sukoshi dagguautokanū de hokanohito ga mizu ni padoru shinagara hitotsu wa, umi kara netto o hiku ryōshi to josei o miru koto ga dekimashita. Hitobito wa hoka no iroirona tabemono to issho ni michibata de mushita robusutā o hanbai shi, hijō ni furendorīna hōhō de hohoemimashita. Maiami no ato, soreha kangei kōkeideshita. Jasumin wa, utsukushī den’en chitai ni hijō ni manzoku shite itashi, sore ga tanchō to janguru no kanzen’na mushoku nōson Mari kara atta ka wa kotonaru to nobemashita. Hitotsu ni wa, Haichi wa, ōku no hitobito wa hijō ni jinkō mitsudo no takai Haichi tsukuru to Mari to hikaku shite hijō ni chīsakattadesu. Hitobito wa doko ni demo sunde ita to sae tagayasenai tochi o kōsaku tame no kuni no izureka no kekka no nai gensei-rin wa arimasendeshita. Ichido ni kuni wa hijō ni midori to doko demo senotakai kigi ni ōwa rete itaga, sore wa nagai jikan maedeshita. Ima, hitobito wa, mokutan o tsukuru ka, matawa nenryō no tame ni sorera o moyasu tame ni subete no ki o kiritaoshimashita. Watashi wa mokutan ya maki o tōsai shita porutōpuransu de tapputappu o mite imashita. Doko demo oka no kōka ya hyōhihakudatsu wa tashika ni hijō ni shōgeki-tekideshita. Hitotsu wa, hitobito ga mame ya hoka no sakumotsu o uete iru ni ōkiku shinshoku sa reta oka o miru koto ga dekimashita. Saizaru asa wa mata, ikutsu ka no shamen ni ue raretaga, ōku no oka no ue ni watashitachiha, bechibā ga seichō miru koto ga dekimashita. Haichi hito wa kōsui o tsukuru tame ni nekara, sono abura o chūshutsu shimasu. Watashitachiha, hitobito ga dōro-gawa ni tōmorokoshi ya hoka no kokumotsu o kansō sa se, ōku no chīsana mura o kayotte ikimashita. Hitotsu wa,-bukuro ni matawa karera no te de jibun no hon o hakobu kichinto shita gakkō no seifuku no kodomo-tachi no kyodaina gunshū o miru koto ga dekimashita. Watashitachiha rekei ni okurete tōchaku shi,-ka ni kanzen’na konran o mitsukemashita. Watashi wa Maiami no tame ni nokosa watashitachi wa sono yoru no dauntaun o taberu koto o kettei shi, ayamatte ie no soto ni jibun jishin o rokku suru mae ni, watashi wa nani o shūsei suru jikan ga arimasendeshita. Ima, watashitachi ga kite, tasukeru tame ni kare to issho ni Kagiya ya horidashimono o mitsukenakereba narimasendeshita. Shikashi, ichiryōjitsu-chū jasumin wa kyōi o tsukuri, kichinto subete o haichi shi, kodomo-tachi wa suna no shiro o tsukuru hamabe no mawari ni hashinnagara mottomo subarashī iemashita. Shiteryumiēru no wākushoppu wa, kon’nani hayaku watashitachi no sutōbu o kotei wareware wa yoi shokuji o chōri shimashita. Umi wa tada no ryōshi no mawari mirudonetto, josei ya kodomo o hippatte mae ni arimashita. Netto o hiku koto wa hijō ni shōsū no sakana o motarashitaga, karera wa sonohi no yokujitsu o tameshite mimashita hijō ni taihen’na shigotodattanode, karera no te wa namadeshita. Ashis to Jayanti wa umi o aishi, watashitachiha shiokaze o ajiwau anrakuisu ni watashitachi no shōmen genkan ni suwatte iru ma, atarashī kankyō no naka de ōini tanoshimu achikochi hashirimashita. De, sono gakkō wa ryumiēru wa, watashitachi wa shibashiba umi de oyogu tame ni sorera o tottanode, 9 tsuki ni kaishi suru yō ni shita shitenode, kodomo-tachi wa nagai natsuyasumi o motte imashita. Karera wa chīsana kani o kyatchi aishimashita. Karera wa mata, chikaku ni sunde ita to karera no gengo o mohō shiyou to shita Haichi no kodomo-tachi to tomodachi ni tsukuttemimashita. Shikashi, watashitachi no ie wa tōku no machi ya koritsu karadeshita. Jasumin wa, ōku no baai, machi ni aruitaga, wareware wa soko ni ie o sagasubekidearu to nobemashita. Chūgoku-kei amerikahito no shinshi wa, kare wa porutōpuransu ni ugoite ita to shite, kare no ie wa sugu ni suiteirudarou 1-nichi watashi ni itta toki ni kore ga okorimashita. Wareware wa RUE Jakago no ie ni idō shite kore wa yoi kikai to narimashita.
Watashitachiha machi ni sumu tame ni ima, kanojo wa chikaku no ichiba ni aruku koto ga dekiru ka, yūbinkyoku ni ikinode, sore wa tashika ni hijō ni benrideshita. Kanojo wa mata, teikitekini nichiyōbi no kyōkai no reihai ni shusseki shi, kodomo-tachi wa, karera no gakkō kyōiku. IT wa, samazamana nenrei no yaku 9 matawa 10 kodomo to hadashi de arukimawatta 1-ri no kyōshi to 1 gakkō no heya no hijō ni chīsana gakkōdeshitaga, sore wa mattaku no gakkō yori mo sugureta kaishi shimashita. Gakkō no Infact wa chīsana saizu ga Ashis to Jayanti wa, koko no chūmoku to pāsonaraizu sa reta gakushū o eta koto o imi shimashita. Karera no kurasumēto wa, senkyōshi no kodomo-tachi to 1 matawa 2 Haichi hitodeshita. Gakkō de no jūten wa shūkyō-jōdattaga, soreha watashitachi to OKdattanode, karera wa dōyō ni hoka no kamoku o oshie raremashita. Kaishi-ji ni gakkō ni kayou kodomo-tachi ga son’nani hikan-tekidatta senkyōshi wa, chōzento to hi yūkō-tekina mamadeattaga, soreha mondaide wa arimasendeshita. Sonōchi no hitotsu wa, karera ga yuiitsu no Amerika no kodomo-tachi o oshietaga, okumenmonaku watashitachi no bideokamera o kari shiyou to shita koto o itte watashitachi no kodomo no piano o oshieru koto o kyohi shimashita. Wareware wa amarini mo kyohi shimashita. Watashi wa Mari no Amerika no senkyōshi o atsukau ōku no keiken o motte itashi, sorera no hijō ni warui iken o keisei shimashita. Sore wa, koko ni henkō shi, osoraku akka shite itashimasendeshita. Watashitachiha watashitachi no ie ni shōtai shita baai, sorera subete ga kite, gōkana dinājasumin ga junbi kesshite yotsunbai ni toshi wa reigi o kaeshita nochi ni bideo eiga o mimashita. Sore wa Mari demo sōdeshita. Tokuni hitori no josei wa, jasumin o shōtai shi,-go de shōtai o torikesu hito wa hijō ni fukaideshita. Wareware wa karera kara hanarete nokottanode, ichido ni nando mo jūbun ni attaga, kanojo wa sore o yatte irudarou. Osoraku, watashitachi ni mukatte karera no taido o rikai suru koto wa muzukashī kotode wa arimasendeshita. Karera wa Purotesutantodeari, tsuneni jasumin wa, keiken’na Katorikku kyōtodearu koto okora katorikkubasshingu no bitto o okonau tame ni, kono yōna kai shiyōnode, watashitachi wa karera no inori no sesshon ya hoka no shūkyō katsudō ni shusseki suru koto wa arimasen. Karera wa mata, Afurika no ikyōto ni kyōmi o motte inakatta to watashi wa Mari 1-nichi ni ikutsu ka no suraido o shimeshita toki ni nokosu tame ni iiwake o mitsukemashita. Hokanohito to bunka e no hadaka no fu kan’yō wa, būdo~ū kyō auto sorera no tekisetsuna Purotesutanto ni Katorikku no Haichi hito o henkan suru shimei to zassō no bunmyaku de rikai sa renakereba narimasendeshita bunka karera ga iya tte imashita. Karera wa mata, karera wa akuma sūhai-shadattanode, purokutā to gyanburu no seihin o kōnyū shinai hito ni itte mawatte hijō ni muchina hito-tachideshita. Karera wa mata, watashitachi to tsukaiyasusa de byōki ni kanjimashita. Mari seirei shinkō bunka no watashitachi no fukai kansha wa Afurika hito wa yaban hitodatta koto o shinjite,`hozon’ sa renakereba naranakatta karera ni imikirawamashita. Senkyōshi no nakade wa Amerika to Kanada no senkyōshi wa kōzen to hito shusabetsu to fu kan’yō no ōku o shimeshita kakokuna takusan ari mashita. Watashi ga saki ni itta yō ni, karera wa mata, hijō ni muchideshita. Karera wa ōku no baai, Haichi no tame no watashi o machigaeta to watashi wa eigo de kotaeta baai demo, kureōru-go de watashi ni hanashi hajimemashita. Sonōchi no hitotsu wa, watashi wa Haichi ga watashinokao ni gēto o tojitaga, kanojo wa kanojo no machigai o shitta toki ni shazai shinakatta koto o kangaemasu. Karera wa hijō ni gōman’na hito ni yoru to ōkikattaga, karera wa doko ni iku kanōsei no riten o katsuyō suru tame ni setsubō shite imashita. Tokuni hitori no josei wa, kanojo no henken to jiko no sābingu kyōgi ni yotte, watashi wa hijō ni okottemashita. Kanojo wa subete no kotae o shitteita taipudattanode, wareware wa jūyōdenai topikku no ue ni atama o sū-kai kita. I wa, sono yōna hitobito o keikai suru tame ni jasumin ni katattaga, kanojo wa jibun jishin o tanoshima seru tame ni hinpan ni pottorakkupātī no tame ni haichi sa reta expat no komyuniti ni zokushite iru to omoimashita. Rekei ni okonau ni wa hoka ni wa nani mo arimasendeshita. Watashi wa kodomo o suwatte akachan ni ie ni imashita. Wareware wa, karera ga warukatta koto o shitta nochi wa, warui hito wa, mohaya watashitachi no ie ni kangei sa remasendeshita. Watashitachi no tonari no rinjin wa mata, subete no jikan o kite, kōi no tame no jasumin o toi tsudzuke, sono yōna hito-tachideshita. Kono josei wa, karera ga porutōpuransu ni idō suruga, kōkan wa onajiyōni warui koto ga hanmei shita toki ni futatabi tameiki o tsuita toki watashitachiha ando to tameiki o tsuita yōna gaichūdeshita. Kono howaito josei wa hijō ni byōki ni furumatta hi chakushutsu murāto no ko o motte imashita. Kanojo wa ōku no baai, kono gaki ga suwatte akachan ni jasumin o tazunemashita. Watashi wa jasumin wa kogane no kokoro o motte ita senkyōshi ga 1-nichi, watashitachiha-ka ni jiko ya hitsuyōna zaitaku kea o motte ita josei to kanojo no bōifurendo o motte kita toki ni hijō ni odoroita yō ni, dare ni don’na tasuke o kotowaru koto ga dekinakatta koto o saki ni kaite imashita. Kanojo wa jasumin wanai, kanojo wa sore o shiranai ga, tonikaku karera o tasukenakatta to kotaeta toki, kanojo wa keikō ga mi rareta korera no hitobito o shitteitanara, karera wa, karera ga subete no yori odoroita, jasumin o tazunemashita. Karera wa sorera o shitte ita baai o nozoki baai wa, kokode wa naku, jūbun’na amerikahito senkyōshi to shite ita to shite, karera wa inakute mo, jibun no dōhō o kutsū de dare o tasuketa koto wa arimasen. Yuiitsu no jasumin wa, kono yōna kusatta hito ni ī kamo shirenaito watashi wa sore no tame ni kanojo o aishimashita. Rekei. IT kara ikutsu ka no 20-kiro no sōdaina takidearu watashitachiha Saut Mathurine ni ittekimashita aru hi, watashitachiha gaishutsu no tame no ikutsu ka no bentō o tsume pikunikku sutekina bashodeshita. Taki wa yoku Haichi de shira rete iruga, soreha 1tsu ga gaidobukku kara mananda koto yori mo kireideshita. Mizu wa kavu~aiyonbei sarani azuma ni sora manishe kawa no minamotodeatta burūragūn ni 50 matawa 60 fīto no taka-sa kara ochimashita. Kodomo-tachi wa aki no chikaku ni iwa no ejji o nobotto wareware wa hijō ni fukaidearu to rikai ragūn ni tobikomimashita. Chīsana okosama ga hijō ni takai to janpu o noboru mi ni kyōi-tekidattaga, dōyara karera wa ko no subete no jikan o shimashita. Sutorīmudaun ikutsu ka no otokonokotoon’nanoko wa, iwa no shita ni kakureta ebi o tsukamaemashita. Sugu ni josei to kodomo no kankyaku wa, watashitachi wa karera to ikutsu ka no shokuhin o kyōyū suru watashitachi no mawari ni atsumarimashita. Amerikahito wa tsuneni kono yōna kankyaku de nayamasa retaga, wareware wa sore ni naretashi, sorera o ki ni shimasendeshita. Karera wa, nin’i no gai o imi shimasendeshita. Sono Chū de, watashitachi wa 18 ka sokora no on’nanoko o hakken shi, kanojo wa watashitachi no tame ni hataraku, watashitachi to issho ni kurasu tame ni yorokonde ita ka dō ka o tazune raremashita. , Rekei ni watashitachi to issho ni kita watashitachi no ie o mite, manzoku shita kanojo ga kyōmi o shimeshitaga, kanojo no chichioya wa, kare no musume wa totemo okotta basho o kakuninshitekudasai shitakattadesu. Shitagatte, watashitachiha, jasumin no tame ni tsukareru shigotodatta chōrita meido to kurīningu o hakken shimashita. Meido wa watashitachi to issho ni tabete, tonari ni sunde iru ikutsu ka no gaikoku hito wa taegatai mitsukatta kazoku no ichiin to shite atsukawa remashita. Boribia no josei wa yogore no yō ni kanojo no meido o shori shitaga, wareware wa karera no rei ni shitagau koto wa arimasendeshita. Wareware wa, karera ga yori jindōteki ni karera no shiyōnin o atsukaimasuga, soreha jitsugen shinakatta koto o nozomimashita. Hitobito wa karera no bunka no sanbutsudeari, kantan ni wa henkō sa remasendeshita. Dono yō ni meido wa, Indo ya Firipin no josei ga chiryō o ukemashita ka? Sore wa onajidattaga, wareware wa wareware jishin no rūru o tsukuri, jasumin wa kokoro no hijō ni shinsetsudeshita. Watashi wa watashi ga rekei ryōiki ni tesuto suru koto ga deki, ikutsu ka no hinshu o sōshin suru tame ni IRRI de Dr. Singh made no heikin jikan de kaka rete imashita. Wareware wa tsuneni nenkan de renraku o toriatte, shibashiba watashitachi no ie no ha no ma ni IRRI o hōmon shimashita. Watashi wa senkyōshi nōjō de rekei no chikaku ni korera no shushi o ue, shūkaku ga shinpai-sō ni seichō o mimashita. Korera wa, IRRI no kagaku-sha ni yotte kaihatsu sa reta kō shūryō hinshudeatta to watashi wa sekai no kono bubunde wa hajimete no tame ni sorera o tesuto shite imashita. 7Tsu no kotonaru hinshu ga yoku zōshoku shitaga, 1tsu matawa ryōsha wa ryōkōna kekka o shimeshimashita. Watashi wa, USAID no yakuin ga kite, karera ga mita mono ni kanmei o ukemashita.. Nado koretto, amina, Ti no marī, Yole-sha, Ti no bara to shite sorera o meimei kaishi shi, shūryō o kettei suru tame ni, shūkaku o matte imashita. Korera no IRRI no hinshu ga dete jimoto no mono o jikkō shita baai, sore wa hijō ni Haichi zentai no inasaku nōka o tasukeru koto ga dekimasu. Hoka no basho demo mi ni kite, watashi no doryoku o takaku hyōka kara, soreha, purojekuto no sutaffu. Tōsha no fukai imi o motte iru kanōsei ga arimasu. Ōku no nōka ni mo kite, jichō de magatte Amerika no omoku tsunda ho ni kanshin o motte mimashita. Karera wa watashi ga karera ni shokubutsu e no ikutsu ka no tane o ataeru kanōsei ga dono yō ni sugu ni watashi ni tazunemashita. Watashi wa, karera wa mata, yoku sodatta Charlette to iu mura de, shushi no ta no hanbun o uete imashita. Ritoru wareware wa, korera no hinshu no hitotsu matawa futatsu wa hijō ni yoku okonau to tanjikan de Haichi no ōku no bubun ni hirogarudearou to, sono jiten de shitte imashita. Sore wa subete kaku hinshu no tane no yuiitsu no 500-guramu kara hajimatte imashita. Watashi wa Dr. Singh ni kaite, kare ni kekka o okurimashita. Kare wa totemo yorokonde ita to watashi wa hitsuyōniōjite yori ōku no tasuke o yakusoku shimashita. Watashi wa sugu ni nomi nōmin o yorokoba se, sono-jō ni 3ttsu matawa 4tsu no ōda-go ni bunri sentaku-zu kokumotsu o dakkoku yōi ni suru tame ni, shinpuruna Amerika no dakkoku o kōchiku shimashita. Sore wa karera ga ima bēsu de ine o shūkaku shi, ichido ni ho 1 o setsudan suru karera no hōhō ni hikaku shi, tadaina jikan o hozon shita to shite kantandatta. IT kuki no taba o hoji suru dakkoku ni sore o utsu koto ga dekiru koto o imi shimashita. Sonogo, watashi wa Itaria ga un’ei suru wākushoppu de kōchiku sa reta korera no dakkoku no ōku o motte itashi,-shū no ta no bubun ni sorera no ikutsu ka o okurimashita. Shikashi, soreha shōshadearu koto ga shōmei sa re, sore watashitachi no purojekuto no seikō monogatari-tsukuri 3-nen no toki ni Haichi ni kōhan’i ni hiroga~tsuaminamashita. Ichibu no nōka wa ma ta, koretto ga sukide, sore o ōkina menseki o uemashita. Watashi wa atode watashitachi ga jijo motsu kyodaina sōko o kōchiku shi, shikin ga, denpa oyobi fertlizer tame amina no tane o burando no atarashī pawā kōun-ki o teikyō burūnī de no shushi zōshoku purojekuto no tame no shikin o erudeshou. Watashi wa koko amina o seichō shi, shīdo to shite hoka no nōka ni hanbai suru nōka no kyōdō kumiai o settei shite imashita.   Shikashi, ikutsu ka no nōka wa, watashi ga shōkai shita ta no hinshu ga sukideshita. Foscavede wa nōmin wa, Ti rōzu to koretto ga, sore wa karera ga, sono hinshitsu,-kō budomari no itte iru koto aminata koto ni yori, ōkibona nani mo seichō shimasen. Watashi wa mata, Bereault ni Tamazulapa yoba sorugamu to kuromame no sagyō o kaishi shi, ōku no fīrudotoraiaru o insutōru shimashitaga, sore wa hijō ni yoi kekka o ataeta ine no shikendeshita. Watashi wa tazuneta to yagi no rōkaru hanshoku purojekuto o kaishi suru Hinch de yagipurojekuto kara nubiaarupenkurosu hinshu no yagi o motte, torēningu no tame Hinch tame ni ikutsu ka no nōka o okurimashita. Purojekuto wa mata, watashitachi no yūjin hyūbāto ga kyōkyū Aiowa kara buta no kairyō sa reta hinshu no dōnyū to dōyō ni hanshoku buta o kaishi suru tame ni, kenkyū no mura no ikutsu ka no buta no pen o naizō shimashita. Tsugini, watashi wa ōku no mura no nōmin no tame no hatchi no tasū o kaishi shi, kōchiku sa reta usagi no hanshoku puroguramu ga arimashita. Shitagatte, watashi wa, dōjini ōku no koto ni kan’yo shite imashita. Watashi wa kono jiten de kureōru no ōku o hirotta ga ryūchōde wa nakattadesu. Watashi wa watashi ni totte hijō ni rikai shite i~tsuCharlette, LaForce, Gauvin, Macieu, Boudet, Bereault, Jogue, Dassemar, meron, deimu marī, fondo de furēru no yōna purojekuto chiiki no nōmin to namae no sū hyaku hito o shiru yō ni narimashita. Wareware wa sabō no tame Nepia ga ue rareta rinkaku daichi o settei shi, mata,-go ni ue suru kudamono no ki no sutekina hoikuen o settei oka de saidai de furēru nōka to shi, tokubetsu fon de no missetsuna kankei o kaihatsu shimashita. Heiwa butai no on’nanoko ga, watashi wa baiku to herumetto o motte ita dare no tame manishe to fondo de furēru de buta no sai zōshoku oyobi usagi hanshoku puroguramu de purojekuto o shien shimashita. Kanojo wa mata, akutō wa kanojo o mita koto ga nainode, hijō ni omoshirokatta watashi no yūjin hyūbāto ni kyodaina kurasshu o motte imashita.
Ōku no baai, wareware wa karera ni Amerika ya hoka no shiken o shimeshita nōka no fīrudo no hi o soshiki shimashita. Fīrudo no hi wa min’na no tame ni ōku no tanoshimideshita. Nōka wa, ōku no baai, utai, gitā o ensō shi, odori myūjishan o motarashimashita. Tabemono ya nomimono wa, genchi shisatsu no nochi ni yakudatta to wareware wa, karera ga mita mono e no han’nō ni tsuite mananda toki, nagai giron ga kigi no shita de kaisai sa remashita. Ōku no baai, karera no komento wa tsugi no shīzun no ma, kenkyū no wareware no shōten o kaetanode, wareware wa hijō ni jūyōdearu to fīrudo-kakan kangaemashita. Sonogo, 1984-nen no 12 tsuki ni, watashitachiha Mekishiko wareware ni kyūka ni iku koto ni shita pōto no au ōji de tōhō kōkū de on’nanoko wa shitsureidattaga mitsukarimashitaga, watashi wa karera ga te de chiketto o kaku koto o shinbōdzuyoku matanakereba naranakattaga, saishūtekini wa sore ga subete okonawa rete imashita watashitachiha Maiami keiyu de Mekishikoshiti ni mukete shuppatsu suru yō ni settei sa remashita. Kore wa, Mekishiko e no watashitachi no saisho no ryokōdeshita. Watashitachiha, yoru osoku ni tōchaku shitaga, kangei wa yoku arimasendeshita. Karera wa hijō ni shinchō ni watashi no pasupōto o kensa shi, watashitachi no subete ga mattemashita. Karera wa mite, watashitachi ga motte ita dono kurai no okane o kazoete mitakattadesu. Saigo ni, karera wa manzoku shite ita, karera wa shinchō ni shinakereba naranakattanode, fuhō Beikoku ni tōtatsu suru tame ni Mekishiko o shiyō suru indian no ōku no rei ga atta koto muttsuri to shite kotaemashita.   Sekaijū no ryokō de watashi no keiken kara watashi wa dono kuni no saiaku no bubun wa, hitobito ga somosomo hi yūkō-teki, anata ga pasupōto o jisshi shita baai, karera wa sukide wa nakattanode, soreijōdatta kūkōdearu koto o shitte imashita. Rūru wa fuhen-tekide wa nakattadesu. Hokanohito wa, karera ga koko ni Mekishiko no yōna tekisetsuna biza o motte ita baai demo, shibushibu shitatameta 1, mada hokanohito nashi de mitome rarete inakatta ippō de ichibu no kokuseki mo biza o hitsuyō to shimasendeshita. Sonohoka ni wa, nyūkoku shinsa-kan wa, rukkusu o sukide wa nakatta baai wa nyūkoku o kyohi matawa utagawashī hito wa jūbun’na okane o motte inakatta koto ya, fukai kōshi-on to nihongo no yō ni hanashimashita. Karera wa subete no anata no namae ga a ttashi, anata ga doko ka ni ikutsu ka no hanzai no tame ni shimei tehai sa reta ka dō ka o chekku suru tame ni futoi kuro daichō ni chūibukaku minakereba narimasendeshita. Tatoeba Beikokude wa, anata ga kankōkyaku to hoteru ni taizai suru tsumoridatta to itte jūbunde wa arimasendeshita. Anata wa karera ni namae, jūsho, anata ga soko ni shitteita dareka no tenwabangō o ataenakereba narimasendeshita. Sonogo, karera wa ōku no baai, okane o sanshō suru yō ni motome, sarani wa anata ga Mekishikoshiti kūkō no yō ni uso o itte inakatta koto o kakunin suru ni kaunto. Gōn wa, jetto sōkō shi, hitobito ga kokusai-tekina ryokō-sha o chiryō sa reru keii no miryokudeshita. Ima, subete no Tomu wa, Dikku to kebukai hito wa hikōki ga jiyū ni sake o daun gulped, karera wa ōdekoron ya afutāshēburōshonbotoru o ubau koto ga dekiru ka dō ka o kakunin suru tame ni toire no heya de mite kanrinin, meido ya rōdō-sha ni michite ita. Often ryokōdeshita. Kōkūkaisha wa ima nusumu bōshi suru tame ni, botoru no kyappu o jokyo shinakereba naranakattashi, shibashiba kimyōna toshi de ashidome o kuratta jōkyaku-tachi o mushi shimashita. Karera wa, nin’i no yori ōku no hoteru no heya no tame ni shiharau tsumori wanai sa remashita. Kore wa, jōkyaku ga tokutei no kuni kara no monodearu baai demo, bijinesu kurasu no jōkyaku wa hoteru no heya o kyohi sa reta Chūtō de hijō ni waruidesu. Ima, karera wa hanzai-sha no yō ni anata o atsukai, anata no baggu ya anata no karada no kaisū o kensaku shite mo X anata no te no baggu o – rayed. Shinpuruna retāōpunā wa kurutta yō ni, korera no kinzoku tanchi-ki ni pingu o tsukuru koto ga dekimasu. Watashi wa dare ga dono yōna yurui ue de hijō ni ōku no kokusai-tekina terorisuto to no nin’i no chansu o toru koto o nozonde inai to katei shi, soreha ryokō ga nin’i no yōi ka tanoshī koto wa arimasen. Tonikaku wareware wa saishūtekini kūkō no soto ni deta to migi Mekishiko de machi no chūshin-bu o imi sokaro no chikaku ni atta Ontario-shū to yoba reru dauntaun no hoteru made takushī ni norimashita. Sore wa furui hoterudeshitaga, basho ga hijō ni yokattashi, wareware wa chikatetsu-eki kara wazuka sū-budeshita. Chikaku ni wa ōku no resutoran, hijō ni ryōkōna aisukurīmu-ten ga arimashita. Wareware wa Supeingo hanasemasendeshitaga, sore wa sorehodo mondaide wa arimasendeshita. Jasumin to watashi wa fōdā no gaidobukku e no subete no chikatetsu no eki no kansha o shiru yō ni narimashita. Mekishikoshiti no chikatetsu wa, sekai kurasu no chikatetsudesu. Sore wa hijō ni kireide utsukushīdesu [sentaku no ressha wa kōtaku ga ari, kaiteki de, shinai o kaihi suru tame ni hijō ni kantan. Some-kyoku ga. Pīpuru sutekina chika no ichiba o motte ita hontōni yoku kite tsukidasu to pusshu shinakatta. NO 1 wa, densha ni rakugaki o kakimashita matawa nyūyōku no yōna mono o hakai shi. Anata wa derelicts purattofōmu no ue de ne tari monogoi ya [sentaku Mekishiko hito ga jibun no chikatetsu no hokori ni naru kenri o motte ita kōnā de hainyō o mite imasen. Wareware wa, karera ga. Their bunmei no hokori kamo shirenai Mekishiko de ōku no mono wa hijō ni furuku, jibun-tachi no machi wa, ōku no yoku iji kōen ya bijutsukan o motte itaga mitsukarimashita. Jinrui-gaku hakubutsukan wa, sekai-teki ni yūmeideatta to parashio Deru barasuarutesu to yoba reru operahōru wa, wareware wa sekai-teki ni yūmeina aru Mekishiko no barē o mita ākitekucha de subarashī tatemonodeshita. Ōku no baai, seibu no puresu de genkyū shi, kodomo-tachi ga uma ni notta ka, wareware wa ōkina mizūmi de gyō ni bōto o totta chapurutepekku kōen no naka o aruite tanoshima rete iru yō ni, wareware wa, kemuri ya sumoggu no kanzen’na machi o mitsukeru koto ga dekimasendeshita. Tabemono wa doko ni demo tatte itanode, Mekishiko, Firipin no yō ni subete no jikan o taberu no ga suki. Kokode wa, honkaku-tekina mekishi ko ryōride wa naku, watashi wa sanruisuobisupo, Kariforunia-shū de shutoku suru tame ni shiyō sa reru honenuki bājon o mitsukeru koto ga dekimasu. Sokaro chikaku wareware wa asuteka to sono karendādatta kyodaina enkei Surabu no shutsudo piramiddo o mimashita. Sokaro no kyodaina taiseidō wa hijō ni hanayakana to supeintoha, karera ga hakai shita piramiddo no iwa to mizūmi no beddo no ue de toshi o kensetsu shite itanode, katagawa ni shizunde imashita. Asuteka hito wa kashikoku. Karera wa utsukushiku reiauto sa reta keikaku ni tenochititoran o naizō shi, gaibu buhin ga tsuite iru toshi ni sanka suru tame ni dote o shiyō shite itadeshita. Sore wa, kore made Amerika. Zea ni tate rareta mottomo sōdaina piramiddo ya jiin wa, sokaro no toshi no moderudeshita. Sōdaide hikaku ga, supeintoha ken de kite, shini-jin o oku koto ga dekiru 14 seiki yōroppa ni wa toshi wa arimasendeshita. Karera wa kireidatta mono o hakai shi, ken ni yotte kirisutokyō ni hito o henkan shimasu. Shikashi, sore wa doko demo supeinhito no monogataridesu. Mazeran o oboete imasu ka? Kare wa Firipin de onaji koto o shimashitaga, rapurapu ni yotte korosa remashita. Supeinhito wa korera no iwayuru yaban hito wa, kono yōna toshi o kōchiku suru koto ga deki, jissai ni wa hijō ni senseijutsu ya sūgaku ni zenshin shite iru koto ga shinji raremasendeshita. Hitotsu wa, asuteka ga kanōdeatta mono o miru tame ni teotiwakan ni iku hitsuyō ga arimasu. Karera no jū to kin’yoku wa jikoku no geijutsuka Diego Garushia wa totemo aijō o komete chikaku no kyūden de hekiga-go hekiga ni egaka re, korera no hokori takai hitobito no unmei o fūin shimashita. Watashitachiha, Mekishikoshiti ni tanoshī basho o mitsukemashita. Kōen de piero wa dai kanshū o tanoshima se, karera wa watashi no bideokamera o hakken shita toki ni yattekimashita. Karera wa gunshū no ōkina yorokobi ni watashitachi no tanoshimi o tsukuttaga, soreha subete no hijō ni yūkō-tekideshita.   Watashitachi wa hontōni Mekishiko no barē. Karera wa Mekishiko no kotonaru ryōiki kara kotonaru buyō o shimeshitaga, karera wa karera no sōdaina doresu ni asuteka no migotona odori de hajimammite tanoshimimashita. Watashi wa jasumin to kodomo-tachi wa, amarini mo sore o tanoshinda koto o iu koto ga dekimasu. Kyūden no soto de 1 azutekku kaiga o kau koto ga dekimasu. Sonogo, watashitachiha, ātowāku ya te kōgei-hin wa, anata ga okonatta don’nani hōfudearu koto ga wakarimashita. Hitotsu wa, subete no ātogyararī ya bijutsukan ni iku no tsukare eru koto ga dekiru ga, wareware wa ikutsu ka o kanri shimashita. Shikashi, higeki wa 1-nichi Ashis suingu kara Yō dō shinagara ga chōdo ochi, kare no hidari hiji ni jōriku shita chapurutepekku kōen de watashitachi o matte imashita. Wareware wa sugu ni kare ga kossetsu shite itashi, tasuke o hisshi ni mieta koto o shitte imashita. Sugu sōsharuwākā wa, sugu ni kyūkyūsha to yoba reru, eigo o hanasu koto ga dekiru hito ni tōchaku shimashita. Kyūkyūsha ga tōchaku shitaga, karera wa kare o totte ita tokoro watashitachiha shinpai Ashis de watashitachi o toru koto wanaidarou. Watashitachiha, sonogo, ishi no chīmu wa naga-sa de watashitachi o intabyū shita nochi, sugu ni kare ni dōsa suru koto o kimeta takushī de Sekijūji byōin ni Ashis o toru koto ni shimashita. Kare wa tadahitori de sa rete inakatta chīsana otokonokodattaga, karera wa karera ga kare no sewa o suru koto o watashitachi o hoshō shimashita. Watashitachiha,. He gengo o hanashite inai byōshitsu de hitori de iru kyōfu sa rete iru hitsuyō ga arimasuga, kare no rūmumeito wa, jidōsha jiko kara kaifuku shita Erizabesu to yoba reru amai on’nanokodattashi, sore ga kaisha o tamoddare kanojodatta kyasuto ni Ashis o mitsukeru tame ni, yokuasa henkyaku shimashita ittei no oshaberi de. Wareware wa ōhaba ni kanwa sa remashita. Ashis wa Amerika to fushigi no fushigi de saikō no ishi ga saizen no iryō o ataerareta, karera wa sore no tame ni nanika o jūden shimasendeshitaga, kanshanokimochi de, watashitachi wa tonikaku, ikutsu ka no okane o kifu shimashita. Ishi wa yūshūna eigo o hanashi, karera wa kanzen ni hone ni sanka shite ita X-sen o shimesu watashitachi o hoshō shi, kyasuto gaofu ni kuru koto ga dekita tokiniha, tsuki de chiyu suru hitsuyō ga arimasu. Watashitachi no kyūka wa, higeki ni natte itaga, wareware wa sore ga Mekishikoshiti de okotte ita yorokobimashita. Wareware wa, kare ga taiin shita hi made mainichi dekirudake nagaku kare to issho ni taizai shimashita. Watashitachi wa fukō o tōshite Erizabesu no kazoku o shitte kite, watashi wa yoku kanojo to issho ni suwatte ita ka dake gurashiasu o iu koto ga dekiru kanojo no fuku ya beddoshīto. She o henkō tasuketaga, wareware ga kaihatsu shita ningen no ketsugō o rikai shite imashita. 3-Nichi-go, watashitachiha kōdo o shiyō shite hanguappu suru kyasuto no kare no ude o motte ita hoteru ni kare o mochikaerimashita. Kare wa fuman o, tokiniha nai taga, hijō ni yūkan ni chōdo onaji sore o gaman shimashita. Watashi wa kare no kyasuto o kabā chakuyō suru kare no karafuruna poncho o kattaga, wareware wa hijō ni chūi shite, hitobito ga ayamatte kare ni butsukakkara ude o hogo shinakereba narimasendeshita. Jayanti wa mata kanojo no ani ni mukatte hijō ni bōgyo-tekideatta to kare ni subete no jikan o washi-me o tamochimashita. Aru Ni~Tsu, watashitachiha subete, yaku 20-kiro hanareta teotiwakan no piramiddo o miniikimashita. Korera no piramiddo wa, Amerikatairiku de saidaideari, osoraku ikutsu ka no gishiki no mokuteki no tame ni asuteka hito ni yotte nanseiki mo mae ni tate raremashita. Karera wa sōdaide Ejiputo no piramiddo to yoku hikaku sa re, suteppu wa kowai kakudodeattaga ichiban-jō ni nobotte, soreni naizō sa reta tejun o motte imashita. Watashitachiha, shisha no ōdōri ni taiyō to tsuki no piramiddo ni kyōtan shi,-gai ni modotte modoru mae ni, ikutsu ka no te kōgei-hin o kaimashita. Oka wa kokuyōseki, marakaito, onikisu to Mekishiko hito ga utsukushī obujekuto o tsukuru tame ni shiyō sa reruga, 1tsu wa subete no tame ni kōshō shinakereba naranakatta ta no ōku no hankiseki de ippaideshita. Subete no Mekishiko no saito no uchi, teotiwakan wa, mottomo inshō-tekideshita. Kichinto oka ōdōri wa, seikakuna senseijutsu no muki de kōchiku sa reta ryōsoku no mūnpiramiddo to ōku no chīsana kōzō made no shisha o rīdo suru subete no michi no michi to yoba remasu. Samazamana tatemono o reiauto suru no ni hijō ni seikakuna sokutei to subarashī keikaku ga hijō ni inshō-tekideshita. Seifu wa, yukkuri to iseki no ichibu o fukugen shimashitaga, yori ōku no hakken ga taezu okonawa rete imashita. Karera wa chiiki de kore made ni hakken shita mono o shimesu chikaku no hakubutsukan ga arimasu. Mekishiko hito wa, tōzen sono asuteka isan ni hokori o tori, shibashiba. Karera wa furui seika-mono o shūshū shi, sorera no bijutsukan de sorera o hyōji shi, fukugen suru koto ga dekimasu dono yōna fukugen ni okane to ōku no jikan o tsuiyashi, shūkyō-tekina basho de barē ya kōkyō no fōkudansu o tsūjite hokori o shimeshimashita. Shikashi, watashitachi wa hobo dōjini, wareware wa Mekishiko ni tōchaku shita to shite paradokkusu o hakken shimashita. Asuteka ima to yoba reru indian no shison wa, hinkon ni sunde itashi, hana to tedzukuri no ningyō o utte miru koto ga dekimashita. Karera wa magire mo nai asuteka no kinō o yūshite ori, jinsoku to shite hakken suru koto ga dekimashita
Konketsudeatta Mekishiko hito no nokori no bubun ni kurabete. Karera wa sorera yori mo sugurete kanjitanode kōseina hada no mestisos wa kurai hada no indian mikudasa. Sore wa doko demo onaji-wadeshita. Haichide wa mulattos wa, Mekishiko no hitobito ga Indo no bunka no naka de, matawa inshō 1 ga tonikaku motte iru koto, sukunakutomo hokori o totte iru ma worse. I o shinji, kono hādo o mitsuketa kyodō shimashita. Neitibumekishiko no josei ga satsuei shi, shōru de jibun no kao o kakushi tari furimui koto ga sukide wa arimasendeshita. Kodomo-tachi wa, kōtakunoaru kuroi me, kuroi kami to daen katachi no kao o motte imashita. Watashi wa hijō ni mirikiteki to moji no kanzen’na genjūmin wa karera no hōhō, karera ga aruita ka kaisai sa reta karera no atama o takaiga, karera wa sono senzo zutto mae ni tochi o shihai shite ita sore nimokakawarazu, kanashī hitodattaga mitsukarimashita. Ima nokotte iru subete wa, ikutsu ka no isekidattaga, karera wa karafuruna ori ya basuketto-tsukuri ya tōki no karera no dentō o hakobimashita. Beikokude wa Mekishiko hito wa wetbacks to mazushī to shite yayu sa retaga, kokode wa, jūbun ni keikaku shi, Nishihankyū de yoriyoi yusō shisutemu no izureka o yūshite ita kireina machi ni sunde hokori ni omotte hito o hakken shimashita. Watashitachiha, teire no ikitodoita kōen, teien, utsukushī tatemono de ippaidatta machi o mimashita. Watashitachiha, kakkinoaru hito, shoppu ya bazā no kanzen’na machi o mimashita. Wareware wa ankana subete no mono o hakken shi, hoka no basho yori mo hikui kakaku de nanika o kau koto ga dekiru ga, osoraku sore wa, Mekishiko hitonotame ni yasuku wa arimasendeshita. Peso wa infure ga hayaku seichō suru koto doru ni taishite hobo Mainichi geraku shimashita. Ashis ga motte ita jiko o nozoki, wareware wa Mekishikode wa yoi taizai o motte itaga, ima dewa Haichi ni modotte iku jikandeshita. 1985-Nen no zentai wa, nani no mondai mo naku sugimashita. Ashis no kyasuto gaofu ni kite ita to kossetsu wa kanzen ni Mekishiko de yoi isha no okage de iyasa retaga, kare wa keikō ga jikodatta to denki ga shippai shita toki ni kurayaminonakade asonde hitoban Jayanti ni jikkō shite imashita. Kore wa, appusutetchi sa renakereba naranakatta kare no migi mayu-jō no kizu o nokoshi, kare wa nochini hoka no mondai o motte irudeshouga, sore wa kare ga sodanno ichibudeshita. Jayanti wa yoku yatto rōdokude wa hijō ni yoku narimashita. Kanojo wa chōdo watashitachi ga sore no ōku no tanoshimi o tsukuttanode, mada superu o shiranai, sore no oto de tango o kakikomou to shimashita. Kanojo wa ima, kanojo wa subete sodatte iruga, wareware wa mada tanoshimi no tame ni guriru no kanojo o yobidashite, tori to tsuki WID-boshi no tame no kawarini nado on’nanoko no tame no hoshi ya guriru de buriddo no yōna mono o kakimashita. 4-Sai wa chōdo sore no oto de nanika o kaku tame ni wa tashika ni hijō ni kenchodeshita. Umi e no dakārusenegaru de kanojo no saisho no han’nō wa, watashitachi subete no fukumiwarai tsukutta `papa hijō ni ōkina pūru o mite’deshita. Heikin jikan de no purojekuto wa yoi shinpo o togete, watashitachiha seikatsu no rūchin ni ochitsukimashita. Kodomo-tachi wa, karera no gakkō de chakujitsu ni shinpo o toge, ōku no baai, watashitachi to issho ni shūmatsu o sugosu tame ni ienikaeru no kurasumēto no ikutsu ka o motarashimashita. Jasumin wa subarashī tamare o tsukuri, watashitachi wa shibashiba issho ni natta jimoto no ishi no Mekishiko no tsuma o shirimashita. Sonohoka wa chōzento nokorimashita. Tsuki matawa 6 tsuki ni, watashi wa kaigi ni shusseki suru tame ni marutinīkufōrudofuransu ni itte, kureōruhaichikureōru to sukoshi ni soko ni hanashi ga mitsukarimashita. Shikashi, ruiji-ten wa soko ni owarimashita. Marutinīku wa Furansu no ichibudeatta to Furansu wa totemo okane o tsukutta tame ni karera no banana bōeki ga omodeshita. Mata, hijō ni kōkana bashodeshita. Kaigi wa, sekai no ōku no bubun kara no hitobito ga sanka shimashitaga, watashi wa subete no sesshon taikutsu de teian sa reta henkō no shitsumon kaitō no ichibu o shori suru karera no hōhō o hakken shimashita. Furansuhito wa sore o sukide wa nakattaga, kore wa sugu ni sesshon no shachō, Surinamu kara no kyōju de saitaku sa remashi ta. Furansu wa, tsuneni nanika no saigo no kotoba o motte imashita. Haichide wa 1800-nendai ni dokuritsu shita, Beikoku no kontorasuto ni yotte sentaku-zu dorei-sei wa zutto ato made tsudzukudarou to dake naisen to rinkān wa sono owari o motarasu koto ni naru dorei no saisho no furī kyōwakokudeshita. Shikashi, Haichi wa,-koku no hokubu no daibubun ni kapaishian de no kare no shiro kara Haichi o shihai shita henrī Cristoff no yōna dokusai-sha ni yotte shihai sa remashita. Watashitachiha yama ni takai appu koshikake, kensetsu-chū no kyodaidesu. IT-jō o miniikimashita. Wareware wa toppu ni tōtatsu suru tame ni uma ni notte kyodaina jōheki to Cristoff ga kita koto wa arimasen Furansu no shin’nyū o kitai tokoro kara kita ni mui kihan o mimashita. Rekishi wa, ōku no hito ga shiro o kōchiku shi, shamen ni ōkibona kihan o manhandling shibō shitaga,-ō wa reikokudatta to ki ni shinakatta to iimasu. Yama no fumoto ni kare no kyodaina kyūden daun no iseki wa, kare ga sono sekkei de yashin-tekidatta, jinkō no nokori no bubun ga hinkon ni sunde inagara, sutairu ni sunde ita koto o shimeshite imasu. Haichi wa, jibun no jikan de okonatte hakuhi wa arimasendeshita kare no jikan de jūbun’na satōkibi ya hoka no mono ekusupōto suruto kuni o umidasundeshita. Shinrin to yasei no gēmu ya tsuri ga takusan ari mashita. Reikokuna senseikunshu no isan wa mada arimasen, karera ga ita toki, karera wa genzai no seiken ga 30-nen ijō no pawā ni atta sentaku-zu eraba reta seifu o motte ita shimeshita saigo no jikan o oboeteinai kanōsei ga senshutsu sa reta seifu. Most Haichi hito no mijikai kikan o motte itaga, genzaimade keizoku shi tōhyō-bako o tōshite sore o hōki suru no kizashi. Watashi wa, izen no karera no kenryoku kiban ga minpeidatta nōson no hitobito o kyōfu ni otoshīre tonton Macoutes to yoba rete iru koto o nobete imashita. Karera wa gisei-shade wa arimasen yō ni, ichibu no nōmin wa, karera no nakamairi o shimashita. Karera wa omoni hi shikiji-shadattaga, sonogo riterashī wa hitobito o yokuatsu suru tame no yōkende wa arimasendeshita. Watashitachiha, hitobito ga, mochikoma nagura re tōgoku sa reta re kei no keisatsu no heisha no tonari ni sunde imashita. Watashitachiha, yori ōku no hitobito ga saikin mochikoma rete ita koto ni kidzukimashita. Mata, ima, watashitachiha seiji shisutemu to jūmin no ma no ippantekina fuan o mita ijō no mono o kanjimashita. Kōjō rōdō-sha wa, gakusei ga yori gakumon no jiyū to sono seisan no tame no nōmin yori takai kakaku o yōkyū shi, yori takai chingin o yōkyū shimashita. Nōjō rōdō-sha wa, hōfuna ōya ga karera no sakushu ni shūshifu o yōkyū shi, jissai ni wa daremoga nanika fuman. Jinsei wa heikin-tekina Haichi no hitobito no tame ni hijō ni kon’nan ni natte imashita. Hitobito wa doko ni demo sutoraiki o okonattaga, kono yōna sutoraiki wa, ōku no baai, demo sankasha o satsugai zan’nin’na chikara o tsukatte seifu ni yotte wakarete imashita. Keimusho wa, yori jinsoku ni umeru tame ni hajimeta to Macoutes, soreha sōzō suru koto ga dekireba,-gun wa, yori kōgeki-tekina shisei o tottaga, fuman ga honmonodeshita. Chikara de hitobito no yokusei wa, wareware wa doko ni demo kinchō o kanjiru koto ga dekitanode, sorera o yori kettei shimashita. Ōku no baai, mazushī hitobito ga kuruma o watasukara minoshirokin o yōkyū shi tari, karera wa kuruma o tōseki dōro burokku ga arimashita. Watashitachi ga hataraite ita hito to nōka ga hiryō kakaku to rōdō ga hijō ni takakattanode, karera wa karera no seisan no tame ni motte kakaku ga seisan kosuto o kabā shite inai koto o uttaemashita. Mata Macoutes o shita, ritchi de pawafuruna nōka ga karyū dorai nōka o nokosu unga kara no mizu no raion no shea o tottanode, kyanpu Perrin no ryōiki de ōku no hitobito ga mizu no kenri no ue notatakai de korosa remashita. Kyōshi ga suto ni haittanode, gakkō ga heisa sa remashita. Wareware wa, subete no kuni ga 1985 nenmatsu made ni zōka shita kyōdo sonōchi, yori ōku no shakai-teki konran ni mukatte iru to kanjite imashita. Watashitachiha, kono yōna toraburu ga mazushī Haichi hito no hotondo ga sunde ita karufūrueria ni narimashi tokubetsu ni ōkatta puransu ni iku sakemasu. Haichi de mottomo midareta ryōiki wa, hitobito ga dōro no burokku o settei shi,[sentaku bodikaunto ga jōshō shi hajime ishi ya jikasei no buki to guntai ni chokumen shitaga, rekei de, sore wa mada sorehodo waruku wa nakatta kita puransu no Gonaivemashita. De~yubarie wa, Beikoku no okane de kōchiku sa reta yōsuiro shisutemu o hossoku suru tame ni, ichido Bereault-yō ni narimashita. Eido kantoku wa Washinton kara kimashita shikiten no tame no soreha de~yubarie o ōen shi yatotta gunshūdeshita. Jidō shōjū o motsu heishi-tachi wa daremoga nin’i no omoshiroi aidea o motte inai koto o kakunin suru tame ni, massugu kankyaku ni jibun no jū o shiteki shimashita. Rōkaru eido kantoku wa, kare wa watashi ga kare no jōshi ni aitai to omotte iru koto o itta toki, watashi wa jimoto no kantoku ga watashi ni apurōchi shi, shōkai suru kare no yūki o ushinatta kare no chikaradzuyo-sa ni kakeru no musuko ni hanashi jōshi ga isogashī hakken shimashita. Watashi wa kare no mukōmizu to jūzoku de gakuzen to shimashita. Nōgyō no daijin ga supīchi o tsukutte itaga, de~yubarie no tsuma wa. IT wa hijō ni shitsurei to bureidatta dareka to oshaberi o tsudzukemashita. Kanojo wa, Haichi no madamu nūdatta to mujihidearu koto ga shira rete imashita. Kanojo wa de~yubarie no botsuraku no haigo ni aru joseideshita. Hitobito wa de~yubarie no hi wa, wareware wa. Pīpuru nanika ga jōkyō wa, mohaya hihan ni tae rareru mazushī taishū no tamedattanode, sugu ni ataenai tsumoridatta to ihhitodzute ni kore o kiite bangō o tsuketa koto o kanchi suru koto ga dekimasu. Seifu wa kokumin tōhyō o motomeru koto ni yori, sapōto o doramu shiyou to shimashitaga, futatabi yatotta kanshū wa kansei o ageta to tōhyō shimashita. Mottomo hanarete imashita. Watashitachi no purojekuto no sutaffu wa nani mo okotte inakatta ka no yō ni purojekuto no shinchoku jōkyō o giron suru tame puransu de tsukiniichido attaga, wareware wa subete no yoriyoi shitte imashita. Damian wa. Zea ga sentaku-zu hinpan ni henkō ga [sentaku-koku wa ima dai hendō no kata ni mukatte ita mondai ga akka shi, nani mo henkō shinakatta nōgyō-shō no henka ya itarutokoro ga, henkō daijindeatta nōgyō no kyōin ga shattodaun shite ita konrandeshita. 1985-Nen no 10 tsuki ni, watashitachiha Shiatoru keiyu de Firipin, Indo ni kikoku ni ittekimashita. Betonamu no hi kara watashi no furui yūjin rojā to rōren wa genzai, Shiatoru no chikaku ni sunde itanode, watashi wa sorera o mitasu tame ni jasumin o nozonde imashita. Watashi wa mata, ākansō-shū no watashi no koyō no honsha o tsūka Manhattan, Kanzasu-shū no nōgyō shisutemu-jō no kaigi ni shusseki shimashita. Kanojo wa DG wa. He wa sū-bu dake hakken shita ima, watashi o mimasu to itte kōfun shite haretsu ni kuru made kyokuchō no hisho wa, jikangai no heya de matte iru watashi o tamochimashita. DG wa, watashi no namae oyobi sonohoka no ikutsu ka no shōsai o shiru tame ni watashinorirekisho o mite, ikutsu ka no orokana shitsumon o shi, tachiagatta tenkei-tekina nakamadeshita. 5-Bu de owarimashita. Kore wa, honsha no dare mo bun’ya de no jinzai ni tsuite ōku no koto o kinishinai to iu inshō o watashi ni nokoshimashita. Sore wa hijō ni kokorodzuyoimashita. Watashi wa ikutsu ka no konpyūta kaiseki ga okonawa motte iru to omottanode, watashi wa konpyūta no kanzen’na sono heya de fīrudodēta no ōku ga, honsha o motte kite, furutaimu no senmonka wa, tanjun’na bunseki o okonai, sore o jibun de seiri shite manyuaru no ōkibona boryūmu de watashi o nokoshimasendeshita. Watashi wa hijō ni shitsubō shita to sugu ni Kanzasu-shū ni mukaimashita. Heikin jikan de jasumin wa, Shiatoru de watashi o matte imashita. Manhattan, Tekisasu-shū dewa shikaso kara no watashi no yūjin abodiabate mo kaigi ni shusseki shite imashita. Sono purojekuto no tōbu ga Oranda no nakama to issho ni ga, hanbun wa harō kokoro to itta nochi demo atta, sorera wa subete sugata o keshimashita. Shikashi, abū wa karera o sukide imasendeshita. Wareware wa yoi yūjindatta, soreha watashitachi ga watashitachi no utsukushī hiboshi-ka o tateta shikaso-gai no sutekina mura o hakken shita abūmashita. Watashi wa futatabi kare o mite, shizen ni shiawasedatta to kare wa eigo o hanasenakattanode, sesshon-chū ni hon’yaku no kare o tasukemashita. Jasumin wa, kōkūkaisha ga kanojo no nimotsu o oki wasureteita ga,-sōdenakereba, kanojo wa yokatta to itte, ikutsu ka no shinseki ni taizai Shiatoru kara yobidasa rete imashita. Firipin hito wa,-go de sorera no kuni no shinseki no ōku ga, yori ōku o motte imasu. Dakara watashi wa Shiatoru ni tōchaku shi, wareware wa subete no rojā to rōren de tsuitachi o sugosu tame ni ittekimashita. Sore wa idaina saikaideshita. Rojā wa, kare ga watashitachi no kekkon ni shusseki suru koto ga dekinai kōkai dono yō ni itte watashitachi no kekkon no hi ni watashi ni nagai denpō o okutte itaga, karera wa saisho ni watashinokazoku ni aimashita. Ima, watashitachi wa 2 sutekina kodomo o motte itashi, karera wa jibun no kodomo o motte imashita. Ashis to Jayanti wa ichigokari ya harō~in no tame ni kabocha o sentaku suru idaina tanoshī jikan o sugoshimashita. Jasumin no shinseki wa, watashitachi wa karera to issho ni taizai sa setaga, wareware wa balikbayan bokkusu to yoba reru Firipin ni karera no tame ni kyodaina hako o hakobu koto o shuchō shimashita. Kore wa, tsuneni yoku abura o nutta karera no shakai-teki kankei o iji shi, sorera no mazushī shinseki no tame ni monogoto no kanzen’na hako o okuru Firipin hito. Karera no naka no dentōdesu. Watashitachiha mondaide wa sentaku no yochi ga arimasendeshitashi, Manira ni hako o hakobimashita. Karera wa anata no tame ni nanika o shita baai no Firipin hito wa, tsuneni nanrakano katachi de shiharai o yōkyū shimashita. Bakku Firipin de, wareware wa ikutsu ka no henkō ni kidzukimashita. Sonōchi no hitotsu wa, jasumin no imōto ga, sonoaida ni kekkon shite itashi, karera wa Naga de watashitachi no ie ni sunde ita to iu kotodeshita. Watashi wa nakama ni watashi ga kare ni atta, kare wa don’yoku to fusei hakken no shunkan o kira~tsu. Karera wa soto ni idō shinakereba narimasendeshita. Watashitachi wa mijikainode, watashi wa itte inai toki ni nin’i no ōsawagi no tame ni soko ni attaga, watashitachiha-ka ga suwatte no tame ni kare o shiharau koto o yōkyū shite ita kono nakama kara no kyori o tamotsu no seishin-tekina memo o tsukurimashita. Karera wa mata, wareware wa had. The no ie wa kanari daun shite jikkō suru ni mietaga, wareware wa nani o shūsei suru jikan ga arimasendeshitashi, sugu ni Indo hōchi subarashī meido no kaishō o ete imashita.
Watashi wa jasumin to kodomo-tachi ga TajMahal to hoka no bubun o mite mitakattadesu. Kanojo wa hijō ni ō shā jahān ga keimusho ni tamota reta tāji maharu no fushigi, toride ya kōtei akubaru wa agura, Arabia-go de Sikandara de akubaru no reibyō no chikaku ni tate rarete ita fatēpuru shīkurī no kōhaishita machi o mi ni agura o hōmon tanoshimimashita tango Arekusandoria, ōku no sono yōna basho no bājon. Kodomo-tachi wanode, watashi wa, karera ga hontōni tanoshinde dono kurai ka wakaranai, mada chīsakattadesu. Karera ga sodatte ita toki, karera wa futatabi agura o hōmon shimasu. Indo de mottomo takai gētodatta fatēpuru shīkurī no Buland Darwaja, sono haka ni shinju no kyanopī to sono komakai kōshi sagyō no haha no yōna hōseki, samazamana ōshitsu no kyūden ya kyodai Panchmahal, ōshitsu kyūsha to to sheikusarimu Chisti no reibyō ōshitsu no chesubōdo, shokei-ba to ōku no sono yōna basho wa uttori no chūi o haratte Moghuls no rekishi o kii jasumin e no ōkina kanshin o atsumemashita. Suriramupyūru e no hōmon wa, watashitachi ga ane wareware wa ima, kanojo no imōto no koto ni kanojo o atae, sore ga yasuku mitsuketa okurimono o hikaku shita watashi no mei no 1 no kekkon ni shusseki shita koto o nozoite kencho nani mo nakattadesu. Ko no yōna sasaina koto wa josei no shitto o hikiokoshimashita. Hinkon wa, josei ga imi-sei to no kankei wa, tsuneni wareware ga ataeta okurimono ya naniyori mono-chi ni yotte handan shimashita. Sore wa watashi ga ima nobeta yō ni, Firipinde wa sono chigai wa arimasen. Watashitachi wa sonoyōni futatabi Haichi ni modoru koto o setsubō shite ita koko de watashitachi no mae no taizai no kanashī episōdo o wasurete imasendeshita. Izen yori dōro burokku to demo ga arimashita. Keisatsu to gun wa shibashibanode karada-sū wa Mainichi bara korosu tame ni hitobito ni happō shimashita. Doko ni demo seiken no sentaku-zu han’nō wa tsuneni onajideatta kōjō ya ofisu o heisa shitsuryō sutoraiki ga arimashita. Shūjin ga gōmon to shibashiba korosa reta keimusho o umeru tame ni ōku no dan’atsu. Ima, Haichi hito wa seiken no hōkai o imi suru konpon-tekina henka o nozonde itaga, de~yubarie wa Macoutes to gun no tasuke o karite nebaridzuyoku denryoku o kyōkyū suru tame ni kaisai sa remashita. Re keide wa, heiwa-tekina demo kōshin o mite itaga, dono kurai karera wa heiwana mama ni shita nodesu ka? Machi wa gōsutotaun no yō ni mietanode, o-ten wa hito ni yotte toji meiji raremashita. Soshite, bōryoku wa 1-nichi ni kaishi shimashita. Ie no sukoa wa, watashitachi ga sunde ita tōri ni ikutsu ka o ryakudatsu shi, moyashimashita. Haichi hito wa, karera ga mazushī hitobito ni mukatte gōman to bujoku-tekina kangae no hito e no fukushū o nozonde imashita. One murāto no josei ga gisei-shadeshita. Hōfuna bijinesu no dansei to josei wa ima, karera wa jibun-tachi no seikatsu to sore o shiharatta yogore no yōna mazushī hitobito o atsukawa to iu no wa hontōdeshita. Hitotsu no hoterude wa, shōshitsu shimashita. Hitobito wa, taiya o moyashi junkan ga kon’nan dōro o barikēdo. Mawari no kudō daremoga chōdo watashitachi ga. More to yori ōku no gun no hito ga kikan jū de machi o patorōru shi,-gun ga barakku tonari wa subete no jikan no heishi de ippaidatta hito ni motte ko rareta shibaraku shitsunai ni taizai tōseki sa reru yō ni motomete imashita. Tame, watashi wa jasumin to kodomo-tachi no setsubō shite itashi,-ji no nani ga okotta ka o miru tame ni matte imashita. Subete no chūzai-in wa, nen’notame ni hinan no tame puransu ni fukki suru yō ni motometaga, wareware wa tashō anzen’na kanji dokoni rekei ni todomarimashita. Watashitachi wa okotte bōto ga tsuneni kakoma kuruma ya tōseki-sha no mawari ni funsai suruga, 1-nichi damubāsutopōto au no kakaku no chikaku ni karufūru o tsūka suru yūki ga nakattadesu. Watashitachiha jikan dake de porutōpuransu ni modotte hatchū sa remashita. Kore wa, 1986-nen no 2 tsukideshita. Watashitachiha, watashitachi ga imamade rekei ni modoru koto ga dekireba, watashitachi ga taizai shite ita ka, dono kurai shitte inai pōto o ōji ni tōchaku shimashita. Karera wa nokosu tame ni mo, watashitachi o unagashitaga, wareware ga taizai suru koto o kimeta yō ni, wareware wa, Beikoku ni itte ōku no kazoku o mitsukemashita. Soko ni wareware ga todomaru koto ga dekiru Petionville de ra būru de basho ga attaga, watashitachi ga apāto ni taizai shitanode, sore wa doko ni watashitachi no meido kara ichiba no chikaku ni atta purojekuto wa. AT o karite iru koto o watashitachiha tabemono ya mizu o eru koto ga dekimasendeshita soko no hoka ni sukunakutomo hijō ni koritsu shimashita nantoka watashitachi ni ikutsu ka no shokuhin o shutoku shimasu. Subetenoyoru o tōshite, watashitachiha subete no basho, hitobito wa sakebi to taimatsu de jikkō-chū no jūsei ga kikoemashita. Gun wa yakan gaishutsu kinshi-rei o sengen shi, dare ga ugokimawaru koto ga dekinakattanode,-dōri o patorōru. Watashi wa hitori de rekei ni modotte, ikutsu ka no jūyōna mono o hirou koto ga dekiru to omottaga, watashi wa machi o hanarenai yō ni meiji raremashita. Sore wa hijō ni kikendeshita. Soshite, 2 tsuki 6-nichi no asa ni, 1986 uwasa ga de~yubarie ga kuni o nogareta koto ga hirogarimashita. Kore wa ima, karera wa doko demo machi ni sosogi, sono hogo kiete ita kirawa Macoutes o kōgeki suru tame ni hitobito ga matteita shunkandeshita. Migi watashitachi no apāto no chikaku ni watashitachiha, gunshū wa hijō ni okotte bōto kara jibun no shitagi ni kan’ippatsu de dasshutsu shi Macoute no ie o kōgeki shimashita. Karera wa sūbun ni ie o ryakudatsu shi, karera ga hakobu koto ga dekiru nanika o hanarete ikimashita. Mazu, karera wa ie ni hairu tame ni guriru o hakai shita nochi ni mado garasu o kowashimashita. Sonogo, karera wa wareware no barukonī kara minagara hakuheisen de sandoitchi o tsukan mi rareta kagu ya fan to reizōko. A hinjakuna inudeatte mo doa o hanarete ikimashita. Shikashi, hontō no higeki wa hokanohito ga kōgeki shi Macoutes no sū hyaku hito o koroshita to saken to. Houses ga yaka reta ryakudatsu ya satsugai ryakudatsu shoppu ya ōku no hitobito no ōku no tokuten kui ni karera no setsudan heddo o parēdo shi, dauntaun no basho o totte imashita. Tōri wa hahen ni chirabatte, ōku no baai, ketsueki-chū ni ōwa rete imashita. Karera wa, hiru to yoru o tōshite de~yubarie to kare no kohōto subete no ie o ryakudatsu shi,-gun ga jū de kita toki dake nigetaga, karera wa mohaya gunshū o kontorōru shite inai kanōsei ga arimasu. Shin seifu o keisei shi, hitobito ga yori jiyū ni ugokimawaru sa seta toki no sōtaitekina odayakana dake de isshūkan ka sokora-go ni modorimashita. Saigo ni arashi ga watatte fuitashi, wareware wa futatabi rekei ni modoshimashita. Wareware wa, ōku no macoutes ga koko de korosa re, jibun no ie ga shōshitsu ga, wareware wa, sore wa mada owatte inakatta koto o kanjiru koto ga dekiru to iwa remashita. Mamonaku henpin-go macoute ga watashitachi no ofisu no chikaku ni hakken sa reta to shi. Zea ni knifed hokanohito ga. Pīpuru wa hijō ni ikatteiru kibun ni atta to wareware wa sorera no ikutsu ka o ataeta yō ni, okane ya tabemono o motome inaka no byōin to, yori ōku no chikaku de satsugai sa remashita. Ima, hitobito wa atarashī zantei seifu wa, dengen kara subete no purode~yubarie no hitobito o sakujo shite, karera ga okonau koto o kyohi shita fukusū no kyoyō seifu wa sō kakuhan wa 1986-nen o tsūjite keizoku insutōru shitakattadesu. Modoru Firipin no dōyō no dorama ga dete asonde ita to Marukosu wa, kuni o nogarete itaga, ruiji-ten ga shūryō shita basho no kotodesu. Firipin no kakumei wa, omoni heiwa-tekidattaga, kokode wa chimamiredeshita. Karera wa demo ya dōro fūsa ni yori atsuryoku o tsudzukete hitobito ga koko de shōri o ajiwatte imashita. Hitotsu wa, nin’i no ryokō wa kiken’na natta ka nagainode, karera wa dōro o heisa suru yotei to no tame ni shita toki ni shitteita koto wa arimasen. Kore wa, nenryō kiki o akka sa se. Watashitachiha, gasorin no sū-rittoru o shutoku suru tame no jikan rain ni ochiru shinakereba narimasendeshita. Watashi wa, watashitachi no purojekuto wa, Haichi de okotte itanoni mo kakawarazu, keizoku-tekinanode, ippantekini wa itsumo no yō ni uetsuke to shūkaku no karera no bijinesu o arukimawatta nōka to futatabi shigoto o hajimemashita. Kono jiten de watashi wa baishunpu no ōkina ikari ni shōnin sa re, shikin o kyōkyū sa reta burūnī de no shushi zōshoku kyōdō kumiai o settoappu suru tame no teian o teishutsu shi tamashī o hozon suru kanojo no purojekuto no tame ni okane o yōkyū shi, kyohi sa reta senkyōshi no josei o mawashimashita. Jissai ni wa Haichide wa, korera no amerikahito senkyōshi wa ima. Karera wa, korera no ribaibaru no tame no raudosupīkā ya tento ni fuzoku shi, sutajiamu de karera no shō o kaisai karera no tamashī o sukuu tame ni taikyo haitte kita konran no naka de risō-tekina kunideshita koko de, sorera no taiō wa jinsokuna kasai sutairu de taishū no tame no kureōru-go de no sekkyō o hon’yaku shimashita. Haichi wa karera ni yotte ōbāran sa rete imashita. Anata wa shiroi Amerika no josei wa, karera ga Haichi wa kyōkai no mijikai monodatta ka no yō ni kyōkai o kakuritsu suru tame ni kite ita, rimōto no mura de yuiitsu no burajā to pantī nikkōyoku o kite miru koto ga dekimashita. Watashi wa izen yori kakuritsu sa reta re kei de senkyōshi ni tsuite ōku no koto o kaite itaga, ekibyō no yō ni Haichi ni ori henreki mono ga kazuōku arimashita. Watashi no shushi zōshoku puroguramu wa ken kansōshō o dakkoku, shikin no okage de, sōko o kōchiku suru tame ni kenmeina doryoku o kasane nōmin taiseikōdatta to, kashō de no jari ya iwa o suna de karita kyodaina kea torakku o ippai ni. Watashi wa dono yō ni atarashī Kubota kōun-ki o dōsa sa seru tame ni sorera o oshie, karera ni amina no shushi o emashita. Sonogo watashi wa, tōmorokoshi to mame no tame no dōyō no puroguramu o kakuritsu suru tame ni, hoka no donā ni yotte chikadzuka retaga, watashi wa jikan ga arimasendeshita. Watashitachi no purojekuto wa, hijō ni ōku no hitobito ga Haichi no ta no bubun kara watashitachi o tazunete kita dakedenaku, sono sekkyoku-tekina kōdō no tame ni shira reru yō ni narimashita. Kodomo-tachi wa ima, heiwa ga ichijitekini modottekita koto o futatabi sukūringu o kaishi shimashita. Jasumin wa, kanojo no kokoro ni kanojo wa jikan ni ki ni naru kanjite iru hitsuyō ga arimasuga, watashi wa kanojo to kodomo-tachi o mamoru tame ni atta koto o shitte sore o subete o ikinukimashita. Kanojo mo tobu yō ni ureta Vive no Haichi de insatsu sa reta tīshatsu o kaimashita. Shikashi, wareware waatte mo, watashitachiha daijōbudatta ka, watashitachiha porutōpuransu de kaiten suru ma ni kanri shite ita ka dō ka o shiru tame ni denwa o kaketa koto ga nai rekei de watashitachi no iwayuru yūjin ni odorokimashita. Jasumin to watashi wa hinpan ni watashitachi wa ima, 2-nen ijō, sorera no mukanshin ni tsuite, ippantekini shira rete ita Haichi hito to rekei ni okeru chūzai-in ni tsuite hanashimashita. Korera wa, jasumin wa, dinā ya ranchi no tame ni sorera ni shōtai ōkina onkei o subete no jikan o shimashitaga, karera wa ikutsu ka no ta no onkei o nozonde ita baai o nozoite chōzento nokotte darenotameni hitobitodesu. Pottorakkupātī no dentō wa, genzai gen’in no sankasha matawa 1tsu no soshiki-ka ga, jasumin wa sore o soshiki shite iru baai, daremoga arawareta no sekinin o totte dareka no fusoku no tame chūshi shimashita. Karera wa tanoshi mitakattaga, sekinin o shirked. Kyanpuperan no hitobito wa, jibun no habatsu o keisei shi, heiwa butai no hitobito wa, jibun no gurūpu o motte imashita. Soshite, izureka to kongō shinakatta shiteryumiēru de no senkyōshi ga arimashita. Watashi no doryoku no ōku wa kansai shi hajimete itanode, watakushiha yori ōku no nōmin to watashi no shigoto de muchū ni narimashita. Fondo de furēru de tōmorokoshi, sorugamu, satsumaimo, kuromame ya dojō hozen purojekuto no subete no torakku to umaku yatte ue ni arimashita. Watashi wa mata, watashitachi no fīrudoashisutanto no manishe de watashitachi no ofisu ken jūkyo no kensetsu o oshi tasuke, soko ni kanojo no dōbutsu kagaku no shigoto no tame ni manishe ni heiwa-tai no on’nanoko o settei tasukemashita. Yōsuruni, 1986-nen ni wa, yoi men to waruinode, ōku no koto ga okotta jūdaina toshideshita. Watashitachi wa shibashiba yoru osoku būdo~ū kyō no doramu o kiitaga, jissai sonoyōni hitoban, watashi wa sono sōsu ni saundo o tōshū shi, bīto ni yureru koya de dai kanshū o hakken shita shikiten o mita koto ga nakattadesu. Ikutsu ka no tochū de eishō shi, shōsū no josei ga toransu jōtai ni aru ka no yō ni odoyya yuka ni mimodae o shite iru būdo~ū kyō no shisaidearu oungan ga arimashita. Haichi hito wa gishiki no reihai no katachi to shite, būdo~ū o jissen shi, sore o karera no Katorikku shinkō no ichibu to minasa. Watashi wa ichido soko ni jasumin o tottanode, karera wa soko ni būdo~ū no gishiki o iwau tame ni, maitoshi, chūō Haichi no kawari ni, ōkina sūji de kumitate. Shikashi, jitaku de chikai doramu wa maiban o yaburimashita. Senkyōshi wa sore o kiratte, soreha akuma sūhaideattaga, kono Chū de, karera wa Haichi no hitobito o rikai suru tame ni shippaishita to nobemashita. Būdo~ū wa nagai jikan mae ni nishiafurika kara Haichi ni kite itashi, ima būdo~ū no karera no jissen to sono Katorikku shinkō ni wa mujun o minakatta Haichi no hitobito no ichibu to kodzutsumi to natte imashita. Futari wa tewotsunaide ikimashita. Senkyōshi-tachi wa, kono yō ni Haichi ni taisuru Haichi hito o mawasu koto ni yori Haichi shakai de fuchōwa o makimashita. Hitotsu wa, tsumibito o noroi to murabito ga chōdo minagara,-sō suru karera no kuchi no naka de happō mura no mawari ni iku to inaka de no atarashī kaishū no kyōshin o miru koto ga dekimashita. Watashi wa Isuramu kyōshinja ga jōren kyaku ni bīru o tsutome-gai no resutoran ga tatte ōgoe de norowareta Bamako no kono tane no mono o mite imashita. Kyōshin Amerika no Purotesutanto. IT ni gentei sa rete inakattaga dokoni mo miidasu koto ga dekitaga, saizu no chīsai kunidearu Haichide wa, sono kōka ga shakai ni fukaku shimashita. 1987-Nen ni wareware wa Mekishiko to Beikoku no nokori no bubun de watashitachi no saigo no kyūka o torimashita. Watashi wanode, watashi wa chōdo Beikoku de no taizai o genkyū shite mimashou sudeni jūbun ni kaitanode, watashi wa futatabi Mekishiko ni tsuite kakimasen. Washinton D. C de. Wareware wa ima, soko ni shigoto o mitsuketa watashitachi no yūjin hyūbāto ni aimashita. Jasumin wa zen hyūbāto ni atta, kare wa [sentaku no kodomo-tachi ga futatabi karera no oji hyūbāto o mite manzoku shite ita shibaraku rekei de watashitachi to issho ni kite imashita. Dakara wareware wa, rinkān kinen-kan, jefāson kinen nado no yōna shuto de tsūjō no basho o mimashitaga, kodomo-tachi ni wa kōkū uchū hakubutsukan, Sumisonian dōbu~tsuen de yori kyōmi o motte imashita. Watashi wa karera ni watashi wa Nikoru kara furansugo o manande taizai suru tame ni shiyō sa reru de~yuponsākuru no chikaku no basho o shimeshitaga, sono basho wa, heikin jikan de heisa shite imashita. Tsugi no teiryūjo wa, wareware wa ribati shima ni itte kimashita tokoro, nyūyōkudatta mimashita
Buronkusu dōbu~tsuen, metoroporitan bijutsukan. Watashitachiha, mohaya sonzaishinai 7 tsuki no hanabi no daishi o miru tame ni sekai bōeki sentā no chōjō made noborimashita. Karera wa sore no yōna mono o mita koto ga nakatta ka no yō ni ōku no kankōkyaku ga oohed to aahed ga, watashitachiha kanmei o ukete imasendeshita. Karera wa osoraku imasendeshita. Jasumin wa hijō ni kādobōdo-jō no chikatetsu no eki de nete iru ka, kōnā de hainyō mazushī hitobito ni yotte midasa remashita. Ressha wa rakugaki de ippaidatta to hinpan ni waisetsuna kotoba ga,-eki mo hakai-sha ni yotte egaka supurēmashita. Watashitachiha, mazushī hōmuresukādobōdo-jō ni nete, mata kanojo ni shōgeki-tekidatta sentorarupāku de boro ya shinbun de jibun jishin o kabā suru no o mimashita. Firipin hito wa Amerika ga yutakadearu to shinjite imashita. Watashitachiha, sonogo, iki sa reta kōjō ya kikai ya kuruma no hōki hulks no kanzen’na den’en chitai o tsūka suru naiagaranotaki e no ressha o torimashita. Nado pokipushī no yōna namae wa surudoi me de subete o kansatsu shi, kodomo-tachi ni wa nani o imi suru monode wa arimasendeshita. Shikashi, naiagaranotaki wa subarashī monodeshita. Zeppeki no ue ni rakka gōon mizu wa sōdaina. IT wa niji o kyatchimisuto o tsukurimashita. Jissai ni wa subete ga ichibu no hitobito mo kiiro reinkōto o kite kiri no otome-gō to yoba reru bōto de taki no chikaku ni nobotta nado niji no herikoputāsābisu, niji no hoteru, niji no shoppingumōru no yō ni soko ni niji o meimei shite iru yō ni mietaga, wareware wa jōki todomarimashita. Soko ni ikutsu ka no bijutsukan ga chikaku ni arimasuga, wareware wa subete, sudeni jūbun ni mite imashita. Watashi wa ikutsu ka no rekōdo o ka~tsuNaiagara de no shoppukīpā wa shitsureideshita. Sore wa chōdo Maiami no yōna monodeshita. Tsūjō, furui , tsuneni `anata no kodomo wa kawaīdesu Hitoshi’ no yōna chīsana hanashi ni jūji shite sagashite fukigendatta resutoran de u~eitoresu soko ni hijō ni shōsū no kokyakudeari, ōkina hinto o kitai suru toki ga, watashitachi ni saiaku no giseki o ataemashita. Watashi wa, karera ga karera no subete ga sorera no sentan no dōtō no shea o motte iru koto o kakunin shimashitanode, u~eitoresu wa, tokutei no tēburu wa sorera ni wariate rareta koto o shirimashita. Karera no oshaberi wa, amerikahito o damasu ga, ōku no hōfuna gaikoku hito ga Naiagaradeatta nakatta sorera no shōgyō-teki senmon yōgo no ichibudeshita. Modoru nyūyōku de, watashitachiha hoteru o mitsukemashitaga, karera wa nani no shūsei-ritsu o yūshite imasendeshita. Sore wa 7 tsuki 4-nichi no ma ni nijū agattanode, sonohi no rēto wa, juyō ni izon shite imashita. Kore wa, wareware wa, Beikokude wa yaku shiru yō ni natta shōgyō shugi no mōhitotsu no sokumendeshita. Jasumin wa, Afurika-kei amerikahito no kōgeki ni yotte midasa remashita. Wareware wa sugu ni hanarete aruitanode, nakama sutorīto rantō ni naifu o hippatte mimashita. Nyō no stink no kako chikatetsu de obutsu, doro kobiritsui derelicts sentorarupāku-nai no ta no basho wa kanojo ni nyūyōku no betsu no men o misemashita. Kokujin josei ga hanashita ka wakai hito to no sekkusu no hanashi no yō ni kikoeta mono to jōdan no ōinagara ōgoe de kochō sa reta koe de chikatetsu no ressha ni waraimashita. Watashitachiha, fuan o kanjita to nyūyōku o nokoshite yorokobimashita. Haichi ni modoru ni wa jikandeshita. Wareware wa, subete no nyūyōku o sukide wa nakattadesu. Mekishiko de iru ma, watashitachiha, jasumin ga gakkō kyōiku o kaishi suru tame ni kodomo-tachi to Firipin ni kaesu koto o kimeta to porutōpuransu de ējento ni chiketto o haisen suru watashitachi no ofisu o motomete imashita. Wareware wa porutōpuransu ni tōchaku shita toki, watashitachiha-dōri ga misute hakken shimashita. Kōkūkaisha wa, karera ga izen no furaito o kyanseru shinakereba naranakattanode, porutōpuransu de toraburu ga atta koto o watashitachi ni keikoku shite imashita. Kūkō wa mata, sabiretaga, darekaga watashitachi o mukae ni kimashita. Porutōpuransude wa, wareware wa ima, zetsubō-kan o kanjiru koto ga dekimashita. Hitotsu no nakama wa, kare ga michi ga yokujitsu shidō burokkusareru to shite ita to iu jōhō o motte ita, sugunode rekei no tame ni nokosu tame ni watashi ni iimashita. Kare wa machigatte imashita. Watashitachiha,-gai no soto ni saisho no michi no burokku o mimashita. Karera wa okane o yōkyū shi, minshū wa,-sha no heddoraito o funsai shitakattadesu. Watashi wa jasumin to kodomo-tachi no kinchō shita kao o miru koto ga dekimashitaga, dō iu wake ka, watashi wa watashi no hōhō o hanasu koto ga dekimashita. Sarani mōichido, karera wa okane o yōkyū shi, watashi wa watashi no hōhō o hanasu koto o kokoromi, saishūtekini-sū doru o shiharattanode, futatabi hijō ni okotte ita michi dai ni no dōro no burokku ga arimashita. Daisan’nomichi burokku wa, watashi wa karera ga watashi o tsūka sa senakereba naranainode, watashinokazoku to watashi no 2-ri no kodomo to bakkurekei ni iku nōgaku-sha wa hontōni tsukarete ita to setsumei shita dare ni ōkina gunshū to ōku no josei ga motte imashita. Jasumin wa, namida no kiki ni hin shi, hijō ni kinchō shite itaga, nantoka wareware wa hitobito o mollified, karera wa watashitachi ga watasu koto ga dekimasu. Kore wa, watashitachi ga yoru osoku rekei ni tasshita hōhōdesu. Soko ni chōdo machi no soto no dōro no burokku ga attaga, wareware wa futatabi, karera wa watashitachi ga tsūka sa seru yō ni, watashitachiha, hotondo ie ni atta koto o setsumei shimashita. Jasumin wa, wareware wa kanojo no chiketto ga subetedatta koto o denwa o uketa toki ni pakku suru tame ni hajimeta, hijō ni tsugunohi, kanojo wa rekei o nokoshite oku hitsuyō ga arimasunode, sugu ni. IT wa watashi ga nokori o shukka suru to happyō shitanode, kon’nani hayaku tsumeru koto wa yōide wa nakatta Manira no subete no hōhō o kakunin shimashita nochi de watashi ga haigo ni taizai shite itanode.Dakara isoide yoi fusenshō wa sū ni itta, wareware wa sugu ni modoppuransu e ikimashita. Watashi wa saishūtekini chiketto o motte, chekku ga ginkō no shitenchō wa, doa o tojiru koto o yaku atta. The no ikutsu ka no ryokō-sha o eru tame ni gogo 1-ji ni toji ginkō ni kaketsuketaga, subete ga no junbi ga dekite ita. Now jikan dake de watashi ni kogitte o ataeta toki, sore wa kin’yōbi no gogodeshita kanojo no tsugunohi no asa nokosu tame ni nani mo hamou Haichi de kantandeshita. Gozen 4-ji ni yokuasa, watashi wa kūkō ni mukau tochū de, dōro no burokku o hakken shi, rogu o sakujo suru ni wa, ame ni orinakereba naranakattashi, taiya o moyashimashita. Wareware wa, jikan uchi ni tōchaku shi, watashi wa kanashi-ge ni sora ni kieta dotto o minagara, jasumin to kodomo-tachi wa Maiami ni ton. Sate, watashi no taiya de panku o mitsukemashita. Watashi wa kanojo ga. Now o satta nochi, watashi wa panku no sewa o suru tame ni subete no jikan o motte itaga okotta koto o totemo yorokonde ita. IT wa watashi no mune. She kara ōkina jūryōta anzende kodomo-tachi ga futatabi sai ketsugō shimasu kanojo no kuni ni kanojo no tochūdeshita karera no furui gakkō, doko de watashitachiha Naga-shi de no sutekina jūbun ni kakuritsu sa reta ie o motte imashita. Watashi wa mohaya shinpai shite imasendeshita. Watashi wa purojekuto de okonau ni wa 1 ijō no shigoto o shite imashita. Amerikahito wa, kako sū-nenkan no tame ni watashi ga shita subete no sagyō ni kansuru hōkatsu-tekina saishū hōkoku-sho o junbi suru tame ni watashi ni tazunete imashita. Dakara watashi wa kono hōkoku-sho o sakusei suru tame ni modotte rekei ni narimashita. Watashi wa saishū-tekina katachi de issho ni sore o subete irete takusan no nayami o motte inakattanode, watashi wa jikken ya rinshō shiken ni saishin no chūi jikō o hokan shite imashita. Watashi wa kono shigoto o oe, purojekuto wa sūkagetsugo ni shūryō shitaga, watashi wa Firipin de watashinokazoku ni futatabi sanka suru koto ga dekiru yō ni, watashi wa ima, watashi no gimu kara kaihō sa reru yō ni motomete ita 1987-nen 10 tsuki ni hōkoku-sho o teishutsu shimashita. Karera wa gōi shimashita. Nōmin wa hontōni manzoku shite itanode, sōko, dakkoku ken kansōshō no burūnī de no kensetsu ga kanryō shite imashita. Karera wa sore ga karera ga chūjitsu katsu seijitsu ni kono yōna kōkina purojekuto no tame ni tsuiyashita okane o mita no wa hajimeteda to iu. Haichi hito wa tsuneni jibun no poketto no tame ni nanika o hoji shi, sorera no fuhai no tame ni mitome raremashita. Shikashi, sarani ikutsu ka no fuyukaina koto ga watashi no tame ni mise ni arimashita. Kono toki, dorobō wa jibun no ie ni sū-kai o yabutte, hanarete, bideokamera, rekōdopurēyā ya rajio nado no kachi no hotondo subete o jisshi shimashita. Sore wa, tsuneni karera ga riyō shimashitanode, ima watashi wa, fīrudo de hitori de, shibashiba dete sunde ita koto o karera ni shira rete imashita. Karera wa mata, watashi wa seigi o mitsukeru tame ni ushiro todomaru koto ga dekimasendeshitanode, nokoshite ita koto o shitte imashita. Nani mo mō. IT wa watashi ga ukeirenakereba naranakatta dake de zenson shita Haichi de hataraite imasen. Dorobō ga atte mo, yane no ue no gunji tejō no pea o nokoshimashita. Watashi wa megasameta to aka no kiki sorera o kyatchi shita baai, karera wa watashi o kafu-te suru junbi ga kite imashita. Karera wa mata, chōdo watashinoie no ushironi ofisu kara purojekuto baiku ya mōtābōto no enjin o nusumimashita. Dorobō wa, sorera o teishi suru ka, sorera o kyatchi suru tame ni dare to hijō ni kappatsudeshita. Watashi wa, yakei, meido o motte itaga, karera wa kyōbō shite itashi, mokuteki ni ōpunkitchin no doa o satta baai wa shirimasendeshita. Watashi wa odoroite iru baai, osoraku, karera ga motte iru kanōsei ga aru ga, karera wa watashi o kizutsukeru shinakatta koto anshin shimashita. Burūnī nōka ga jibun-tachi no mura ni watashi no tame ni sōbetsu-kai o haichi shimashita. Musume-tachi wa, karera ga yonde iru koto o watashi no tame ni uta o kakimashita. Nōka wa, karera wa watashi ga karera no tame ni itte ita subete no tame ni dokutāamaru o shōsan kōsei sa re, watashi ni ramu o teikyō shi, sono gitā de uta o utaimashita. Sore wa subete no hijō ni kandō-tekideshita. Watashi wa mada. IT wa jigoku o tsūka shita hokori takai hitobito no natsukashī omoide o omoidasaseru, tokidoki purētēpu ni jibun-tachi no ongaku o kiroku shimashita. Watashi wa karera to issho ni odottaga, hadede, watashi wa osoraku, futatabi korera no subarashī hitobito o miru ni wa kokowokurikkushitekudasai, kesshite kaesu koto wa nakatta chishiki de kanashimi ga arimashita. Watashi ga saisho ni koko ni tōchaku shite itanode, watashitachiha subete no nagai michinori o ayunde kimashita. Watashitachiha issho ni hataraite ōku o tassei shite itaga, saru jikandeshita. On’nanoko wa hitotsuzutsu kite, watashi no hoho ni kisu o shi, watashi wa nōka o dakishime to wakare. Watashi wa dorobō no te no naka ni watashi no kojin-tekina fukō nimokakawarazu,-koku to sono hito ga sukideshita. Watashi wa Haichi no hitobito wa fu kurushin yūkan hito to omotte imashita. Sore wa idaina kunidatta, karera wa idaina yasashī hito-tachideshita. Haichi wa watashinojinsei no nokori no tame no watashinōkiniiri no kuni no mama ni narimasu. Watashi wa yoi no tame no 1987-nen no 11 tsuki 1-nichi ni porutōpuransu o nokoshimashita. Soko kūkō de watashi o sanshō suru ni wa, purojekuto kara no dare mo nakattaga, sore wa atarashī nani mo nakattadesu. Watashi wa tōzen, karera wa chōzen to shita chūzai-in purojekuto sutaffu to no izureka no yūjin o tsukuru koto wa nakattadesu. Haichita kokka purojekutodirekutā wa rekei de watashi no shigoto ni tsuite no zenkoku hōsō no terebi no hanashi, sore wa nani ka attanode, kansha no i o shimeshi-tate imashita. Kare wa sonogo mamonaku shibō shimashita. Shitagatte, Haichi de no shōde wa, watashi no tame ni chikaku ni kimashita.

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

 

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Chapter nine : A momentous decision- India,Philippines-1981-83(in Japanese)

images (3)    nature_3ee28b75c66201a023139e898ae0dac6e

Source : Google photos

いくつかの考え
あなたが知っている人々に開放するよりも、生活の中であなたの経験についての何かを書き、多くの場合、あなたの内なる感情を書いて、見知らぬ人と共有することが容易であるため、ネット上の読者と共有することができることがいいです。未知の人があなたのブログを読んで、またはしないことがあり、それに知られている人々が、間違いなくあなたがそれらを満たすために得ることは決してありませんことを知っている読者とあなたの気持ちを共有し、それらをあなたが知っている方法を知ってもらうために容易であるやり方を反応させることができます人によっては。また、彼らの反応は、あなたの生活の違いをすることはありません。

私はなぜそれが非常に困難あなたが知っているか、あなたが思う人に話をすることであり、なぜそれが決して容易なことではありません自分自身を頻繁に尋ねますか?答えは、我々は、おそらく私たちの判断と開く意欲を曇らせることを覚えておくことは快適ではないです過去の経験を持っているという事実に横たわっていたことがあります。あなたを知らないとだけあなたが書くものを読むことができます見知らぬ人に話すことには、このような障害はありません。
彼らはあなたが話をする無邪気な子供のようなものです。彼らはあなたの話を好きかどうかに応じて十分かどう反応します。これは、あなたが知っている人とそうではありません。彼らはあなたが彼らの弱点や、彼らはずっと前に行儀方法について書く場合はそう否定的に反応無実ではなく、それらの障害を受け入れることはありません。

 

人間の脳は面白い器官です。それも、メモリは数回のキーストロークで簡単にハードディスクから消去することができるコンピュータとは異なり、非常に長い時間の後に非常に詳細にそのままメモリを維持するニューロンを格納するメモリの十億を持っています。いくつかのケースではニューロンが保存されているメモリを維持する能力を失い、さらに年齢とともに悪化少ない鮮やかなものに鮮やかな心をレンダリング状態に縮退することができることは事実です。しかし、健康な脳でも高齢の急激なそれらの記憶を維持することができます。お母さんは91.She歳の時に非常に鋭いだった何も忘れていないし、すぐに長い前に起こった何かを思い出すことができたので、私はこれを知っています。

その時々にそれをアンロードし、インターネットのブログは、その意味で有用であるように、他の人と共有することができない限り、しかし、あまりにも多くのメモリが負担をすることができます。一つは、読者があなたの過去の苦い経験についてのあなたの愚かな、目的のない暴言に興味を持っていないとno不確実な面でそう教えてくれますので、ブログが気になる何かを書くための場所ではないことを覚えておく必要があります。
彼らはあなたが1は何の印象を残さないし、何も新しいものを教えてくれない日の黙想への無意味なと単純化した一日と他の人を退屈させることはありませんので、彼らは新しいと感激何かを学ぶことができますどのような方法でそれらを示し、より興味を持っています。

彼らが住んでいるほとんどの人は関係なく、普通の生活をしていません。生活の毎日のグラインドはどこでもが、より多くのような課題がより多くの先進国に比べて大きい貧しい国の誰に通行料を強要します。私は人々が生き残るために毎日苦労アフリカとアジアで、この闘争を見てきました。彼らは頻繁に夜に空腹行く彼らは家に電話し、日ごとに生きる醜い小屋を持っています
そして次の日に何をすべきか心配。私はケニアのは、彼が女性はあなたがバングラデシュで彼らのために同情を感じさせる彼らの衰弱の赤ちゃんを保持するお金のために懇願したどのように空腹かあったので、私の食べ物の上に左を求めた方法を覚えています。

人々は生活の非常に異なる基準を持っていると非常に異なるものを心配ので、しかし、西の通常ルーチンの生活は、他の場所で普通の生活とは異なります。 70歳の時にアメリカ人女性は、髪の色の彼女の新しい陰でより興味があったし、彼女はそれが未満150ドルのために成し遂げることができどこアフリカの彼女の相手は唯一の彼女の子供を考えながら、知りたいと思ったと少ない上、それらを餌にする方法1日1ドル未満とどのように蚊に刺されから保護するために、彼女は蚊帳を買う余裕はない可能性があるため、マラリアを引き起こします。

私は困難な状況下では多くの国に住んでいると人間が食糧、避難所や衣類を得ることにその日の困難にその日の対処方法について多くのことを学びました。土地までアフリカ農村部における妊娠中の女性は、自分の背中に縛り付け赤ちゃんを運んでいる間、食物を育てる水、薪やその他の必需品を見つけて、その日の需要を満たすために毎日非常に非常に懸命に仕事を何キロ歩きました。彼らは絶対的貧困に住んでいると、彼らは約西心配でそれらの対応が自分のベビーシャワーのために招待しながら、医療施設が利用できない孤立した遠隔地に住んでいるので出産のそのlives.Manyダイをより良くする機会がありません。

だから、そこに大きな格差があり、このギャップはいつでもすぐに閉じることについてではありません。これらの国での私の経験は、人々が彼らの日常生活の中で我慢しなければならないものより良い理解に便利になることができる場所です。快適な生活を他の人がこれまでに世界のほとんどはとても不快に住んでいるので、無残方法を理解してもらう場合、私はしばしば疑問に思います。

その後.Some宗教的狂信者はこの状況を利用して、彼らの唯一の選択肢は、彼らがやるように言われているもの、以下であることを人々に伝える自分の非識字や知識へのアクセスの欠如によってもたらされる困難があります。教育を受けた人は、ちょうど約何ではないので、人々は無知の暗闇に住んでいるときについての彼または彼女の心を作ることができます。しかし、無知も無関心の製品であり、私は頻繁にインドで、または他の場所で見てきたように、必ずしも教育の欠如によるものではありません。

しかし、我々はすぐにここに定住していたネパール人の横柄と傲慢な振る舞いで見たこの時点でダージリンに暗い面がありました。これらの人々の間で広まった不安を引き起こすことが数年で爆発だろうここでテンションの底流がありました。私はまだ彼らの主な苦情だったか理解していないが、それはダージリンの主力だった観光業を破壊し、人々に貧困や不幸をもたらしました。

私は状況がそれ以来改善されているが、我々は不安とコルカタ放置数日滞在した後に感じたことを理解しています。私たちは、チベットによって実行仏教僧院、政府が公共の場で自分のトイレ周りのゴミを投げたとした汚い人だった観光客が、いくつかのローカル訪問者のためのバンガローや公園を開発していたMirik湖のような多くのそのようなサイトを訪問しました。それは嫌でした。

バスタシアループ、チベット手工芸品センター、ヒラリーでエベレストに登ったテンジン・ノルゲイによって設定された登山研究所は、私たちが訪れた多くの場所でした。また、茶園を訪問し、ジャスミン茶は、選んだ乾燥させ、そこに処理されました。空気は、我々はいくつかを買ったので、彼らはまた、半分の市場価格であっ販売の乾燥茶の香りでいっぱいでした。

観光客が違法な傘や他の安価なものを買い物に行ったところ、道路はネパールの国境に非常に近いから渡されました。誰もが傘や装身具興奮になるだろうなぜ私を超えていたが、インド人も見掛け倒し品質の場合は、インポートものに夢中でした。タクシー運転手は税関職員の詮索好きな目からcontrabandsを非表示にするには、ボンネットの下に多くの隠された場所を持っていたが、我々は感銘を受けませんでした。

戻るコルカタで、我々は、約40キロ離れた村で父の生家を訪問しないことを決定し、ニーマルを見にビハールに行ってきました。シリグリからとコルカタからの電車は、平野の暑さの中で体力を消耗したが、我々はニーマルと彼の家族が滞在していた小さな町に到着しました。我々はすべてのスリラムピュールに向かう前に、しばらく休んだので、ママも一緒にもありました。ニーマルは優雅なホストだったとピクニックのために配置されたが、Sabitaはまだ同じだったと不親切でした。

アンナプルナは平野の暖かい気候が好きで、彼女が幸せだったので、彼女は多くの場合、めまいを訴えた丘の上に寒さを嫌い。私たちは今、何をすべきかについて考えていました。子供たちは学校教育を必要とし、我々はスリラムピュールは、論理的な場所のように思えたので、私は私たちの未来を整理しばらくの間一箇所に入れて滞在する必要がありました。

これはおそらく、ジャスミンのための最もつらい時期でした。数週間のために人々を訪問する一つのことだったとスリラムピュールに滞在することは別でした。 Sabitaは彼女を好きでないと彼女の率直に嫉妬したんでした。私は傷ついたからジャスミンを保護することがあった、それは彼女がベンガル語を話せませんでした祝福であったことを彼女に言いました。あまりにも多くの助けではないようにSabita英語で不良でした。

スリラムピュールではAshisは校長が、それは彼の最初の言語だったことを知らない彼の英語に感銘を受けましたSt.Joseph校に入学ました。 Jayantiが認められるにはあまりにも小さかったが、彼女はBAのBA黒羊や校長の笑顔を忘れ、他の韻をチャープテーブルの周りに行ってきました。彼女は愛らしいました。彼女はあまりにも私たちは、彼女はいくつかのヒンディー語韻や他のものを歌うことを学んだ保育園に彼女を認めてしまったので、学校に行くことを熱望していました。

学校の最初の日は、それらの両方のために困難であった、彼らは叫んだが、すぐに学校に行くに慣れ大幅それを楽しみました。 Ashisは、アルファベットを習い始め、ゆっくりと、しかし着実Jayantiはほとんど彼女が測深できなかったことを奇妙な言語を理解しようとしている子どもたちを話すヒンディー語で座っている間、美しい手書き文字を開発しました。 Ashisのクラスメートは彼が単離さ感じたが、彼の教師のいずれか英語を話せませんでした、若い思いやりのある女性は、彼女の保護の下で彼を取り、彼は特別な子供だったことを実現する気に。

自宅でジャスミンは前と同じアイソレーションを感じたし、フィリピンに戻るには憧れが、私は彼女ができるだけ快適なインドに滞在作ってみました、私たちの寝室に古いキッチンを変換し、その隣の部屋には、子供たちのために改装され、新しい買いました家具、電動ファンや他の多くのもの。誰もが彼女の友人であることを試したとしてではなく、孤独、彼女が残りました。彼女はSabitaとお母さんを喜ばせるために懸命に試みたが成功しませんでした。私たちの居住区は、当社のアイソレーションがより完全なように見える作り、それらによって夜間にロックされていた鉄の扉によって家の残りの部分から分離しました。

私は家を塗装し、蚊の画面を固定して自分自身をビジー。他の人は気にしませんでしたが、私たちは、蚊やハエに使用されませんでした。私の目的は、それは私の人々と彼らの最初の長期滞在だったので、ジャスミン、快適な子供を作ることだったが、彼らは彼女を誤解しているため、彼女は頻繁に静かに泣きました。偉大な文化の壁は今も大きく見えました。彼女はSabitaの娘を愛撫が、ママはAshisとJayantiに超然としました。
ある日Ashisは熱心に彼の祖母彼の新しい学校の制服を表示しようとしたが、彼女は彼を無視して、それを脇に置きます。彼は困惑しただけで4歳の子供でした。

私の心は罪のない子供たちのために叫んだが、それはほとんどのジャスミンを傷つけます。彼女は私たちの家族の医師は非常に心配作り薄いと病弱になり、1日には、彼女の睡眠を作るためにバリウムの彼女の錠剤を与え、あまり緊張。私は彼女のビタミン錠剤およびエネルギードリンクを買ったが、あまりにも助けにはならなかったこと。私はひどく有罪感じ、必死に私たちはすべて残すことができるように、どこかで仕事を取得しようとしました。この悪夢に彼女と素敵な罪のない子供を持っていました。

しかし、誰も私のバックグラウンドの人のためにインドで世話ません。あなたが修飾たので、あなたは、インドで仕事を取得できませんでした。あなたが誰か.Iは誰も知らなかった知っていたので、あなたは仕事を得ました。私はもはや私は今、赤の他人だったこの国を理解していません。過去の私の人々は私がインドに住みたいと思わなかったので、私は仕事を見つけて、インドに定住しようとしたことがないことを訴えていたが、それは真実ではありませんでした。私が来て、一生懸命しようとしていました。

私は同じくらい私ができるが、多くの場合それは十分ではなかったとして、ジャスミンと子供をシールド。夏の間は、我々はすべて得た唯一の休息だったが、Sabitaはビハールから7月に到着したら、それが悪化しました。唯一のアンナプルナはジャスミンに同情を示し、子供たちを愛したが、彼女は別の町に戻って彼女の仕事に行かなければなりませんでした。彼女は彼女のブラウスを縫うことを拒否した場合であってもパールバティは、ジャスミンの方の冷淡さを示しました。ジャスミンの障害は彼女が完全に彼女のお腹をカバーしたブラウスを望んでいたということでした。インドの女性はより多くのブラジャーのように見えたブラウスを着ていました。

私たちは、パールバティのこのような態度でショックを受けたが、静かに維持しました。彼らは子供のように無邪気なた聖人のような女の子を傷つけた、私の親戚を喜ばせるために一生懸命しようとしていました。何悪化していたことは、しばしばSabitaだった彼女によると、すべての点で優れていた彼女の娘とAshisとJayantiを比較しました。彼女も私は彼女と結婚するためにジャスミンに見たものを声を出して疑問に思いました。ジャスミンは、ありがたいことに、それは彼女が言ったことは何であったか知らなかったので、それはベンガル語でした。

私はスリラムピュールを憎むようになりました。私は、ほぼ14年間、スリラムピュールから離れて住んでいたが、今、私たちはこれ以上彼らと共通の絶対に何もなかったことに気づいていました。彼らは私たちを理解し、さらには試していません。彼は私が英語などで話すことによって拾い上げたと思ったが、非常に、インドは約守備良いか悪いかと感じた西部の方法のためのオープンな侮辱を示したので、私はもはやニーマルに話すことができませんでした。彼はDCのもの超愛国者アメリカ人のようでした。

我々が通過する列車の平面図で鉄道線路によって公然と排便の人が初めてインドに来た外国人に悪い印象を与えたことを言ったとき、彼はしばしば燃え上がりました。アナロジーは、私の心に片付けることができなかったが、彼はそれがアメリカのビーチに横たわっている半分裸の女性よりも優れていたと述べました。私たちは本当に可能なあらゆる方法で離れて成長していたとロジック【選択点に基づいて、心のない会議がありませんでした彼らは私たちと、彼らがバインド伝統ある共有することができなかったことを、世界の我々の見解と使いやすさで病気に感じたということでした。それは私たち残り症候群対典型的なものでした。

私たちは、世界の多くの地域に旅行していたし、多くの場所に住んでいたが、彼らは好奇心に欠けていたので、それは彼らに何を意味するものではありませんでした。彼らはインド国外で何が起こったのかを彼らに問題ではありませんでしたと言ったが、私は同様にインドで何が起こったのか彼らには関係ありませんでした疑いがあります。彼らは彼らの家、彼らは.Politicsを知っていた数人の小さな範囲で私興味が決して住んでいて、一つは私たちが黙り込んだし、ゆっくりと長いの天気を議論することができませんでしたが、間違いなく目に見えない壁が上がってきました。

どのような非常に驚くべきことであったことは誰もジャスミン程度または彼女の家族について何を知りたいと思っていないということでした。彼らは彼女が大学を卒業し、会計を専攻していたことを知らなかったかということは、彼女が重要な仕事を保持している銀行で働いていました。彼らは彼女の家族について何も知りませんでしたし、気にしていないようでした。 Sabitaはジャスミンが育児や自分の健康管理についての知識だったが、Sabitaは、任意の問題おろか育児上のドアノブのように無知だったが、認めないことを信じていませんでした。

ジャスミンは辛抱強く待っていたよう求められることではなく、彼らがやったことはありません。その後私はこのよそよそしい態度や嫉妬のための根本的な原因は彼女の存在下でSabitaが悪く感じ、負の感情を示すことによって、それを隠そうとしたので、ジャスミンは、美しい背の高い教育を受け、今も旅したという事実は、おそらくだったことを理解し始めました。子供たちは非常に良いマナーでもきれいでしたし、彼女はそれらに彼女の娘を比較した場合、それはあまりにも彼女におろし。そこに多くの理由があったが、それらのどれも今重要ではありません。

私の母はとサイディングまたは彼女は彼女が死ぬまでそうするだろう誰ニーマルと彼の憎しみに満ちた妻に世話をしてもらいましたので、彼女の若いと明らかに豊かな息子に有利.Sheを見ることができませんでした綱渡りを歩きました。私はニーマルはそのようなことはあまり心配していたが、彼の妻はなかったし、それが完全にニーマルを制御誰彼女だったと思います。

彼らの夫婦関係は我々とは非常に異なっていました。ニーマル自然に人を愛する平和がずっと前に彼の妻に降伏していたされている方は、今の家庭のためにすべてを決定することにより、彼の人生を支配したが、彼女は私たちの上にはそのような制御がありませんでした。私は彼女がそれを憤慨思います。彼女はめったに話さなかったが、我々はすべて、彼女がこれまでに作ったすべての意思決定の背後にあったことを感じました。私はニーマルが彼の異議を表明したときに何が起こったのか見ていました。彼女は単に荷物をまとめ、近くの彼女の父の家に向かいました。その後、ニーマルは行くと彼女が戻るようにするために彼女をなだめるために持っていました。これは私が女性が優位を取得しようとしました見合い結婚に何が起こったのかと疑われるものです。彼らの関係は、愛と相互理解に基づいていませんでした。

私はギターを演奏に興味があるニーマルを思い出したし、彼のためにコルカタで彼のエレキギターのための磁石を買っていたが、今ではほこりを集めました。彼は私がコミュニティの第一号だったアルジェリアから高価なステレオを買ったので、音楽が好きで、。彼らにあまりにも捕集された塵埃を楽しむために多くの国から彼にコダックカルーセルスライドプロジェクター、多くのスライドを与えていました。彼は芸術家だったが、今、彼は1コーナー読書新聞に座っていたので、美しい粘土人形をペイントし、作るために使用されます。彼の妻は確実にサンライズとしてとして彼に芸術家を殺しました。それは悲しかったです。

彼は時々、彼は生活の中で細かい事を理解し、感謝することができ、彼の心にコンパニオンを持っていない後悔していることを事も無げ。 Sabita

献身的な妻であり、彼の日常を知っていたし、彼が何を食べるのが好き.Sheは彼のシャツを掃除し、彼は時間に彼のオフィスのために残すことができるように彼の食事を用意しました。彼は毎日を返すようにするために彼女は5.30 pmにゲートで待っていました。彼女は間違いなくそこにあったののめり込んでいました。

私は彼が最も愛した知っていたことをやっで彼が興味を持って取得しようとするたびに、彼らは再び.Heは夫婦の平和を持って価格を支払っていた淡色前にしかし、彼の目はしばらく光ったが、彼はしばしば非常に過敏だったと非常に簡単なそれを上に示しました彼のシャツや彼の靴下の穴から欠落しているボタンのような理由。彼は、女性の完全な家庭で唯一の男性だったと頻繁に彼のフラストレーションを感じました。彼らは公然とお互いに戦っていないが、長年くすぶっその違いを保持しないように、関連するにもかかわらず、女性の完全なベンガル語の家庭は緊張場所である可能性があります。

私は、彼らが20年前に言ったことを1思い出し、彼らがしたい場合は、それの問題を作ったことを知りました。彼らの執念深さは、私が理解するのは困難でしたは終わりがありませんでした。ジャスミンは子供のように無邪気なだったと、多くの場合、表面に来てわずかな言い訳を必要と緊張の沸騰で困惑しました。

訪問者が.INの事実を去ったとき、彼女は明白な喜びで訪問者を抱擁し、下劣な言葉でのろい開始するSabitaの2 facednessでも非常に驚いたことは、彼女は誰もが私たちが何を疑問に思うことについて言うことは非常にいくつかの良いものを持っていたことが判明しました彼女は私たちの後ろ他の人に私たちについて語りました。

スリラムピュールの世帯は、一つだけの理由で住んでいました。これは、他のすべては二次になったので、パンの稼ぎ手だったニーマルのニーズに応えることでした。例えば、我々はニーマルは彼のオフィス放置し、娘が学校のために残されるまで、任意の朝食を取得するために10時まで待たなければなりませんでした。ジャスミンと子供たちは空腹だったら彼女の最初の義務は彼女の夫と娘にあったので、彼女は気にしませんでした。

ジャスミンは早めの朝食を持つことができるように、私はそのためのパン、ジャム、ゼリーなどを買いました。彼女は自分を助けるために台所に許されませんでした。私は皆のためのお菓子や果物を購入した場合、それはニーマルから来なかったので、Sabitaはそれを無視することになります。彼女も私は一度見に行っていたベナレスでViswanathの聖なる神殿から持ってきたプージャのお菓子を無視していました。いいえヒンドゥー教の価値が彼の塩はそれを信じなかったViswanathしかしSabitaの寺から提供を無視する勇気はありません。彼女はシヴァに礼拝を提供するのに十分な私は宗教的な考えませんでした。

彼女は公然と彼女はそれが公然と.Jasmineは、彼女たちはスリラムピュールに滞在した場合、自己依存しなければならなかったことを学んだと言うしなかったが、それは彼女の.ITのために余分な作業を意味するので、滞在客は、おそらく私たちを含め好きではなかったと述べました。そこで彼女は朝早く学校に子供を用意し、彼らの弁当箱。私たちの昼食はまだ1.30午後以降で提供していたが、我々は対処することを学びました。我々は常にそのように我々はできる限り最善のように他人に調整しなければならなかった私たちの家ではなかったことを自分自身を思い出させました。

私は家を固定し、ジャスミンと子供のニーズの世話をして続けました。唯一の私のいとこと彼の妻は、ジャスミンに話をたまに来たか、自分の家に彼女を招待しました。彼女は彼女の不満や困難を注がとき、私は長い散歩のための彼女を取ったが、私も無力でした。

私は多くの潜在的な雇用者に書いていたが、彼らは私に希望を与え、彼らは自分のアプリケーションを処理し、すぐに答えるだろうと言った私のようなインドの科学者を返すために雇用を提供した【選択ニューデリー事務所を返信しませんでした。実際には1日警官は私の警察のクリアランスはデリーにすでに送信されていたので、私の予定が間もなくによるものであることを教えに来ました。私は希望に満ちなりました。それは、この混乱のうち、当社の方法でした。

一部の人々は、これらすべての経験が最終的に我々はすぐに利益のためにインドを離れるのになるだろう究極の意思決定のための基礎を築いたので、私は、長期休暇中で実際にあったことを言って見下すようにして私たちに話し始めたが、我々はより少数の月まだありましたそれ、それを知りませんでした。
それは私たちの4のために特別に弊社より勇敢にそれを我慢ジャスミンのためのように裁判の時代でした。それは私がより多くの彼女に感謝しました。私たちは愛の絆も、傷ついた感情に対する私たちの保護だったことが分かるので、私たちはお互いに、より近くなりました。

そしてある日、1982年の10月に、私たちはフィリピンから電報を受け取りました。ジャスミンの父は病院で、非常に深刻な状態にありました。彼女の妹は、彼が生きるためだけの日を持っていたとジャスミンを見たいと思ったことを書きました。彼女はたくさん泣いたし、すぐにフィリピンに戻るために私を促しました。しかし、お母さんはジャスミンは、インドを残して言い訳として電報を使用していたことを考えて、おそらく彼女の父は、すべての病気ではありませんでした。

.Iが私の母からそれを期待していなかった、本当に衝撃的だったが、それは私の母の心に疑いの種を蒔いたSabitaたという疑いを持っていました。私は私の決定をするために時間はかかりませんでした。私たちはすべての選択図同じ夜戻ってすぐにフィリピンに行っていたことを彼女に言った、私が熱を持っていたが、我々はメーラト経由デリーのために電車に乗り込んだときジャスミンは驚きました。 。当社の家族の医師は私に電車を取るためにいくつかの薬を与えました。デリーでは非常に次の朝、我々はストレートフィリピンの領事館に行き、ジャスミンはすぐに私たちの3ビザを発行するために領事を確信させました。

その後、我々は航空会社に行って、彼らは香港に緊急テレックスを送信した後でしたコルカタからフライトで4議席を確認しました。私たちは3日間の時間に離陸するクリアされました。その後、我々は、彼らがすぐに刻印子供のためのクリアランスを取得するためにパスポートの事務所に行ってきました。その後、我々は所得税事務所に行って、3ヶ月にわたって滞在した任意のインドのクリアランスを取得しなければならなかったので、自分のためのクリアランスを得ました。私たちは通常、何日かかった数時間でこれらすべてのタスクを達成し、すぐに戻ってスリラムピュールへの列車を取りました。

彼らは今、フィリピンで勉強しようと決してインドに戻って来なかったので、次の日、私は子供のための譲渡証明書を得ました。ジャスミンはすぐにスリラムピュールで。当社の滞在を梱包開始し、したがって突然の終わりに来て、私たちはすぐに我々は、香港経由でマニラに飛んでいくのだが、そこから電車でコルカタ放置します。それは私が今までになるだろう最も賢明な決断でした。今回、我々は戻ってくることはありませんことは間違いありませんでした。

私たちの子供たちが、インドやジャスミン滞在できませんでした中で育つことができなかったことが明らかになりました。インド政府は最終的に私に仕事を提供するが、それは遅すぎました。私はそれを受け入れることができませんでした。スリラムピュールの人々は、それが私たちのために明確な出発だったが、黙っていることを感知しました。私は私の母は私が解決するために私の最善を尽くしていたが、我々はスリラムピュールでは不可能な状況に直面したことに気づいたと思います。しかし、それはあることがありませんでした。私たちの運命は、他の場所に横たわっていました。

すぐに我々はインドを離れ、悪い経験の背後に永遠に、おそらく新しい生活と新たな始まりのためにフィリピンに向かって飛びました。ジャスミンは彼女の死ぬ父を見ることができるように、我々は時間に線毛に達し以外の予定はありませんでした。しかし、マニラで完了するためにいくつかの手続きがありました。私は今、在留資格を申請しなければならなかったので、私たちは入国管理事務所に行って、プロセスを扱う支局長と会談しました。

彼は最終的に私の場合を促進することに合意した古い弁護士だったし、すぐに.Iは、我々はすぐに線毛に到達するのに必要なことを彼に確信していた事務処理を行うためにジュニア弁護士に依頼し、2疲れていた小さな子供と言及していない必要な残りの部分と一緒に旅行し、父親ジャスミンは非常に病気でした。だから、すべての事務手続きが行われていたと我々は非常に次の日の朝線毛に到着しました。

それはインド人がここに呼ばれたようBoombaisを伴う例に来たときにマニラでの移民や国外追放の局は、効率のために注目されていなかったので、これは顕著です。それは非常にBoombaisに対して偏見を持った非友好的な人々の完全な非友好的な場所だったことで、大規模なので、ワード送還は、多くの場合、外国人の場合に強調されました。
私はそれが本当に驚くべきだと言った理由です。弁護士チーフは友好的だったと、彼らは思いやりとスピードで私の場合を扱います。

Boombaisはフィリピン.Manyで悲しい多くの観光客として来て、地元の質屋は、それらよりもつり上げ人で良好であったものの、ローンsharkingのビジネスを行うにとどまりました。彼らは移民の探偵から地方に隠れ時にはキャッチされ、強制送還しまいました。用語Boombaiはバングラデシュ人、パキスタン人や他の人のようにそれらのように見えた誰もが含まれていました。子供が同じように行った韻を教えられました。」。Boombaiがあり、そこにBoombaiは橋の下に隠れている」と地元のテレビやラジオが呼ばれたBoombaisに関する非推奨に満ちていました
5 sixers。女装はテレビでそれらについてのジョークを作りました。

あなたは多くの場合、フィリピン人は偏見が広まったのでBoombaisを軽視自分たちの中で話を聞くことができました。彼らは、インドがいかに貧しいリーダーズ・ダイジェストに読んでいたし、そこの人々はすべての時間を飢えました。彼らの信念は非常に強かったので、あなたが言うか、何ができるものは何も彼らの心を変えることができませんでした。これは、後にケーブルテレビは、衛星を経由して来て、BBCやCNNをもたらしたように変更し、インドのそれ広いカバレッジを持つだけで教養のクラスの中であろう。草の根には衛星テレビを持っているか、英語を理解し、それがこの悲劇的な偏見を続ける人彼らしていませんでした。

ジャスミンは、インドは誤解国だったと言って擁護したとき、彼らはただ笑って、彼女はBoombaiに結婚していたので、彼女はそれを言ったと述べました。事実は非常に少数のフィリピン人が今までインドを旅していたことだったおよびその他の国の知識が通りは金で舗装された、すべてのフィリピン人は良い生活を行くと生きることを望んでいたところ、米国に限定されていたため、ほとんどはそれについて絶対に何も知りませんでした、

米国州に移住していたとしても、それらのフィリピン人は、サンフランシスコ近くダリー市のように近いフィリピン人のコミュニティに住んでいたアメリカ人。彼らは、彼らが購入することができ、マニラやショップから、自分のテレビ番組でパイプされた主流であまりを混在させることはできませんでしたネイティブ食品。フィリピンのものは、それらを羨望し、そこに行きたいと思いました。

アメリカか何かアメリカのための彼らの愛情のための歴史的な理由がありました。フィリピンは長い間アメリカの植民地と日本が国を占領し、氏カスティージョなどおよそ.Manyフィリピン人で米軍のために立っていたUSAFEに務めていた地元の人々を処理したとき、彼らは最後の戦争の間に、その援助に来ました極東と多くの退役軍人は、後に米国に移住させました。彼らはそこに何百万人になりました数と常に親族のために請願します。米国はまた、フィリピンの主な貿易相手国です。

フィリピン人は何もアメリカの良いか悪いかを模倣し、それらのロールモデルとしてそれらを考慮してください。それらすべてが行きたかった場所東があるので、彼らは歴史的に西に東に見ていません。自分の学校では、彼らはアメリカの歴史ではなく、多くのアジアの歴史を教えられました。アメリカのファッション、アメリカの音楽、アメリカの食べ物、映画やホットドッグは、彼らの心の方が良好でした。他の多くの理由がありました。

ほとんどの偏見がバイクに乗っ・道の中に隠れて面白いターバンやブレスレットを身に着けている奇妙な人々がフィリピン人の心に印象の多くを作成していない探して選択図をぼろぼろしているとしてではなく、インド人に対する彼らの偏見は無知から主に来ました。彼らは、インドは、このような偉大な国であったならば、これらの人々はフィリピンの販売傘に来た理由と思いましたか?彼らの論理は打ちにくいでした。

地元の新聞には、いずれかの問題を助けていません。インド海軍の巨大な軍艦は、マニラのポートへの表敬訪問をしたとき、彼らはひどく撮影した写真も色あせたインク中の非常に小さな文字の資料を印刷し、13ページにそれを押し込みました。彼らは、インドは、キャリアと洗練された潜水艦を含め、非常に近代的な海軍を持っていたことを信じていなかったかのように。

多くのフィリピン人の女性は白のアメリカへの結婚が彼らの唯一のチケットはここで自分の不幸から逃れるために約束の地にあったと私たちが自主的にどこか落ち着くために返されたことを非常に驚いたことがわかりました。
人々はしばしば、私は博士号を持っていたことに驚きましたそして、傘を販売するか、橋の下に隠れていませんでした。それは彼らが不安と反応する方法として損失で行われました。ほとんどがそうターバンやブレスレットを着用していなかった教育を受けたインド人に会ったことがなかったです。一部では、彼らは彼らの心で非常に高く評価しなかったとき、彼女はインドと結婚作ったものジャスミンを尋ねました。彼女の姉妹を覚えていますか?彼らは典型的なフィリピン人でした。無知と偏見が手をつないで行きます。

好みの順に割合に尋ねた場合、彼らは必然的に結婚することを望んでいたほとんどのフィリピン人の女の子は、最初の選択肢は、白アメリカンだと言ったとBoombai続きます。アフリカ系アメリカ人であっても考慮されませんでした。我々は、彼らが機会が少なかった場所を残すために一生懸命しようとしたので、我々はフィリピンに非常に素敵な国を見つけたことを言ったとき、彼らは信じられませんでした。ほとんどが中東に行くだろう

単調な労働の仕事をしているが、我々は彼らと呼ばれるように、彼らは草の根またはGRPから来ました。米国のためにしようとした教育を受けたもの。

とにかく私たちの旅は、少なくとも当面は終わりに来ていました。彼女の父は確かに非常に病気ナガ市の病院で集中治療室にいたと。彼はジャスミンを認識することができる前に彼にいくつかの時間がかかったが、最終的に、彼は彼女を見て幸せだったこと徴候を示しました。彼は話すことができなかったと鼻を通して供給しました。彼のハルクは実質的に何も縮小していたし、彼はひどい床ずれを持っていました。彼の目は空いていたし、体が.ITは私たちが見ることのためにさらに困難だったが、私は彼が2日後に死亡したので、我々はすぐに来ることができました喜んでいた衰弱しました。

私は私の経験から知っていたとして、私の父は1966.Itでそう痛いほど癌の死亡したときに、親の死は、子どもたちには非常に困難常にジャスミンと残りのために非常に懸命に自然だったが、私は、彼らはまた、彼の苦しみがあったとホッとしたと思いますオーバー。

彼女の弟は、この時点で、彼らは葬儀と同様に叙階の準備に忙しいましたので、任意のフィリピン人家族の中で素晴らしい瞬間だった司祭として叙階されようとしていました。ここでは、あまりにも私とそれらの間の障壁を残ったので、私は、これらの家族の儀式でただ傍観者でした。
私はジャスミンにインドで彼女の悲惨な経験をした後、感情的な混乱の良い取引を受けた精神的な支援を与えるためにここにありました。これは、ほとんどのように私は彼女の側であることが嬉しかった彼女は私に必要な時間でした。

私は遠くの人々がお互いにあったかに関係なく、彼らはすべて彼らの連帯を示すための時間だった.IT葬儀中に現れたことに気づきました。それは私達が私達の家族の中で、このような連帯を持っていなかったので、アンナプルナは理解していなかった言葉でした。インドでさえ近親には、多くの場合、葬式に出席しませんでした。ヒンドゥー教の伝統は遠くに住ん親戚が時間に達することができなかったので、体が死の24時間以内に火葬されていることが指示されるので、それはありました。

しかし、フィリピンで体が遠くの人が来て、人々の一定の流れが来て、食べて、私の大きな驚きにビールを飲んだので、葬儀に参加することを可能にするのに長い時間のために棺に残りました。それはお祝いの機会ではなく、覚醒したかのように。このようにさまざまな国の伝統です。ここの人々は、黒身に着けていたが、インドでもベトナムで哀悼の色は黒、白ではありません。

AshisとJayantiはまだ非常に若い好奇心に満ちた目ですべてを見ました。彼らはタガログ語を話すことができなかったか、彼らは語彙を使い果たしたまで数が数分間勇敢な努力をしたものの.Mostフィリピン人は英語で非常に劣っていた会話の外に残ったので、地元の方言は、ビコルと呼ばれます。子どもたちは気にしませんでした。

フィリピンとインド間の文化の違いは非常に顕著です。実際、彼らは宗教以外の場合、私はしばしば疑問に思っていることをとても素晴らしいです、.Howは、これら2つの人々も、偏見で汚染された互いに与えられたような差異の理解の少量を開発することができ、いくつかの一般的な根拠があるのですか?もちろん、誰もしようとしていないか、興味を持ってました。

すぐに葬儀と叙階の後、我々は法律で疲れたとの生活、子供たちは今、あまりにので、ここで彼らの学校教育を開始する必要がありますナガ市の借家を見つけることにしました。だからJayantiの学校の近くの小さな荒廃した家が発見され、我々はすぐに移動します。 Ashisは、それが完璧だったので、通りの向かい側に学校に行くことでした。譲渡証明書は、インドからの移行はスムーズだったので、彼らはすぐに、より高い等級を取得助けました。 Jayantiは幼稚園のビット未成年だったが、彼女は流暢な英語で教師を魅了し、赤ちゃんの話.Sheは大学を通して、クラスのすべての赤ちゃん残るので、Ashisがあろう。フィリピンの子供たちはインドのより遅い年齢で学校教育を開始しました。

私たちは、ヤコブのストリートアパートで再び新しい家庭を設定し、子供たちとその教育の後に見えました。彼らは十分に開始され、実際にはあらゆる点ではるか先彼らのクラスメートのでした。彼女は恥ずかしがり屋ではありませんでしたし、暗記することによって、多くの韻を暗唱する可能性があるためJayantiは姉妹の寵児となりました。
彼女は、アルファベットを学ぶために始め、急速な進歩を遂げました。彼女は多くの歌やダンスを学び、誰にそれらを示しました。 Ashisも仲良くと。彼らは明らかに彼らの第一言語だった英語での利点があったが、また、彼らは別の国に住んでいたし、それらを離れて設定.This経験を旅していたので、多くのことを学び始めました。

この異文化の暴露は、それらへの資産だったが、彼らのクラスメートはAshisとJayantiはマリ、フランスやインドでの話を何も考えていませんでした。彼らは、マリのことを聞いたことがないと彼らがインドやインド人を知っていたことは、非常に良好ではなかったが、子供たちは素晴らしく沿って持って、新しい環境や学校によく調整していました。トラブルは、彼らのクラスメートが英語を話せませんでしたし、私たちの子供たちは、まだ現地の言語を学ぶことがなかったということでした。彼らが育ったので、これは後で変更します。彼らは、ビコルの単語をピックアップし始めました。

私があるように見えたとして私は同様に調整されませんでした。借家は、私は騒音公害に敏感ですし、それを我慢することはできませんので、私は非常にびくびく作ら非常に騒々しい通りにしました。マフラーなしtrimobilesやバイクは、問題が悪化します。私は静かな場所憧れが、それは私たちが住んでいたことがありませんでした。私はこの時点でアイデアやどちらかの家を建てるか、いずれかを購入するには、ルートを取るようになったと思います。

ジャスミンは、私たちが家を建てることができ町の多くを継承していたが、私はすぐにアイデアを廃棄しました。私たちはどこかに適切な準備ができて建てた家について考えるようになったので、新しい家が壊れている市役所の人々を扱う意味しました。単語がナーガのような小さな町に広がるどのくらいの速本当に素晴らしいです。
すぐにいくつかの不動産業者は、彼らの無限の提案で私たちをハウンディング始めたが、ある日、私たちは彼らと一緒に行くと、彼らは平和で私たちを残すようにノーと言うべきであるとジャスミンに言ったまで、私たちはそれらすべてを背けました。

私たちが見に行った家は、彼女は毎月の償却.Sheは未亡人だったと一人で住んでいた銀行を支払うことができなかったので、歳の女性が販売したかった細分化で未完成の家でした。それが私たちのためにちょうどよかったので、私はすぐに家を好きでした。これは大きなリビングルームと2ベッドルームを持っていました。バスルームは小さかったが、それを拡大することができ、キッチンにはいくつかの作業を必要としますが、全体的に、それはガレージ、前面と背面にあるいくつかの領域を持っていた良い家でした。

私たちは、薬剤の大きな喜びと老婆にそれを購入することに合意したと私は来月かそこらが適切に家を修正するのは非常に忙しいました。それは我々が移動するために計画されたときに月にJayantiの誕生日前に準備ができていなかった。私たちは、もはやどこでも、最終的に法律で一緒に暮らすために持っていた.Thisは、私たちの家と、その時素敵な家であることだった私たち自身の場所を持っていました。私はそれを確実なものとしました。

我々は、すべての合板を取り壊しと固体レンガの壁を構築しました。私たちは、バスルームを拡大し、水洗トイレ、シャワー、美しい青いタイルに置きます。自動水ポンプを操作し、深い井戸選択図床が赤であることだった裏庭に沈んでいた私たちは、フェンス、スチールゲートに入れ、強力なセメント.Iで埋め尽くさすべての壁が圧力を買っていました。新しいチューブライトは、すべての部屋に設置され、家は内外に塗料でおめかし。

我々はすぐに我々が買った私たちのVWブラジリアを収容することになるガレージのために外手摺に入れます。実際、私は過ごし、私は本当に私たちの最初の本当の家のアイデアを気に入ったので、すべてを固定する気分でした。ジャスミンは恍惚だったと私は多くのアイデアを与えました。私たちは、背面にフロントや果物の木にバラを植えました。フロントドアは、ヘビーデューティ刻まれたナラの木でした。
金属ゲートは、我々は青い背景に白塗りの大胆なスタイルで私たちの姓の文字を産みました。要するに、私たちは、私たちは1983年の1月5日で移動するための時間で行われ、すべてを得ました。 Jayantiは新しい家で彼女の第四歳の誕生日を祝うためでした。

私はずっと前に我々は、ナラの分周器を含む線毛からすべて彼女のものをもたらしたテープデッキやレコードプレーヤーと非常に素晴らしい赤井ステレオを買って、私たちはジャスミンを購入していたことをソファセットを設定する場合に新しく塗装巨大なリビングルームでそれを設定しました。私は彼女にシンガーミシン、refとガスストーブ、鍋やフライパン、彼女は必要なすべてのものを買いました。私たちのセットアップテレビ、それは完璧だったので、大きなリビングルームの片側に設定ダイニングテーブル。

唯一のカーテンは残ったが、それはあまりにもすぐに来ました。ベッドルームは大ではなかったと我々はメイドが見つかった.Soon前室を占領し、我々はまったくの時間に行く定期的なブランドの新しい家庭を持っていたのでAshisとJayantiのために我々はダブルデッキベッドを構築しました。

私は本当に良い音楽でリラックスして私たちの素敵な子供たちと一緒に遊んで、または単にジャスミンに話して私たちの新しい庭に座ってもう一度人生を楽しむに始めました。私たちは通常、それをすべてを味わう座っ芝生に2つの簡単な椅子を置きます。

私たちは、一つのことは、別のにつながっているため、インドを残すために私たちの決定がされていたか重大について話しました。私はマニラ入国管理事務所によって永住権を与えられていたと私たちの子供たちは、フィリピンの市民として認識されました。私はより多くのためのより多くの何を求めることができますか?私たちはすべてのものを持っていました。

私たちはそれをすべてを楽しんで座っているときに新しいメイドが鏡のように床にワックスをかけたと研磨しました。原因私たちの幸運に子供たちは、次に1年生から行って、移行がスムーズだったので、我々は彼らがインドで始めしまっていたので、単一の学年逃したことはありません。今、彼らは自分の二段ベッドと自分の部屋を持っていました。人々は、こんなに早く形状をした美しい家に驚嘆しました。私たちは今、車を持っていたし、それは学校や実行用事に子供をもたらすことに多くのことを助けました。

私たちの結婚に反対していた彼女の妹は今、心の変化を持っていたし、私たちと一緒に動きました。多くの場合、彼女の母親が来て、子供たちはここで祖母を持つことが良かったので宿泊しました。インドで彼らの祖母を持つ彼らの経験はについて書くことは何もなかったと我々は、彼らが彼女を覚えていないことを望みました。最高のニュースはジャスミンは彼女の健康を取り戻し、私はマリに知っていた陽気で活気のある女性だったということでした。

すぐに私は今アメリカで働いていたロバート・Springsteinから手紙を受け取りました。私は私がそう言ったハイチでのプロジェクトで作業したい場合、彼は尋ねました。私はその場所に行っていたので、最近行われていた農業のビサヤ状態の大学で教授の仕事のオファーが私に興味を持ちませんでした。これは、単離され、宗教的狂信者でいっぱいでした。

アメリカ人はハイチで私を持っていることを切望していたので、1984年の2月の月の1日は、私は、オリエンテーション・プログラムのために、その後、ポルトープランス、ハイチのために米国に向かいました。ジャスミンと子供たちは、私がハイチに適した家と学校教育施設を見つけるまでの背後に滞在していました。私が最初に見つけなければならなかったので、私は本当にハイチについて何も知りませんでした。

私は.Iハイチは素晴らしい国であることを確認したと私は4年間そこに行く準備ができて取得する必要がありますアーカンソー州や他の多くでチームリーダーに会いました。私はすぐにジャスミンと子供たちが私に参加することができるであろうことを期待し始めたので、彼はそこに彼の家族をもたらしました。私は本当に私たちがハイチで一緒になることを望んだ前に私たちは分離されていませんでした。

したがって、新たな章が始まろうとしました

 

 

 

Ikutsu ka no kangae anata ga shitte iru hitobito ni kaihō suru yori mo, seikatsu no naka de anata no keiken ni tsuite no nanika o kaki, ōku no baai, anata no uchinaru kanjō o kaite, mishiranu hito to kyōyū suru koto ga yōidearu tame, netto-jō no dokusha to kyōyū suru koto ga dekiru koto ga īdesu. Michi no hito ga anata no burogu o yonde, matawa shinai koto ga ari, soreni shira rete iru hitobito ga, machigainaku anata ga sorera o mitasu tame ni eru koto wa kesshite arimasen koto o shitte iru dokusha to anata no kimochi o kyōyū shi, sorera o anata ga shitte iru hōhō o shitte morau tame ni yōidearu yarikata o han’nō sa seru koto ga dekimasu hito ni yotte wa.
Mata, karera no han’nō wa, anata no seikatsu no chigai o suru koto wa arimasen. Watashi wa naze sore ga hijō ni kon’nan anata ga shitte iru ka, anata ga omou hito ni hanashi o suru kotodeari, naze sore ga kesshite yōina kotode wa arimasen jibun jishin o hinpan ni tazunemasu ka? Kotaeha, wareware wa, osoraku watashitachi no handan to hiraku iyoku o kumoraseru koto o oboete oku koto wa kaitekide wanaidesu kako no keiken o motte iru to iu jijitsu ni yokotawatte ita koto ga arimasu.
Anata o shiranai to dake anata ga kaku mono o yomu koto ga dekimasu mishiranu hito ni hanasu koto ni wa, kono yōna shōgai wa arimasen. Karera wa anata ga hanashi o suru mujakina kodomo no yōna monodesu. Karera wa anata no hanashi o suki ka dō ka ni ōjite jūbun ka dō han’nō shimasu. Kore wa, anata ga shitte iru hito to sōde wa arimasen. Karera wa anata ga karera no jakuten ya, karera wa zutto mae ni gyōgi hōhō ni tsuite kaku baai wa sō hitei-teki ni han’nō mujitsude wa naku, sorera no shōgai o ukeireru koto wa arimasen.   Ningen no nō wa omoshiroi kikandesu.
Sore mo, memori wa sū-kai no kīsutorōku de kantan ni hādodisuku kara shōkyo suru koto ga dekiru konpyūta to wa kotonari, hijō ni nagai jikan no nochi ni hijō ni shōsai ni sonomama memori o iji suru nyūron o kakunō suru memori no jū oku o motte imasu. Ikutsu ka no kēsude wa nyūron ga hozon sa rete iru memori o iji suru nōryoku o ushinai, sarani nenrei to tomoni akka sukunai azayakana mono ni azayakana kokoro o rendaringu jōtai ni shukutai suru koto ga dekiru koto wa jijitsudesu.
Shikashi, kenkōna nō demo kōrei no kyūgekina sorera no kioku o iji suru koto ga dekimasu. Okāsan wa 91. She toshi no toki ni hijō ni surudoidatta nani mo wasurete inaishi, sugu ni nagai mae ni okotta nanika o omoidasu koto ga dekitanode, watashi wa kore o shitte imasu. Sonotokidoki ni sore o anrōdo shi, intānetto no burogu wa, sono imi de yūyōdearu yō ni, hokanohito to kyōyū suru koto ga dekinai kagiri, shikashi, amarini mo ōku nomemori ga futan o suru koto ga dekimasu.
Hitotsu wa, dokusha ga anata no kako no nigai keiken ni tsuite no anata no orokana, mokuteki no nai bōgen ni kyōmi o motteinai to no fu kakujitsuna men de sō oshiete kuremasunode, burogu ga ki ni naru nanika o kaku tame no bashode wanai koto o oboete oku hitsuyō ga arimasu. Karera wa anata ga 1 wa nani no inshō o nokosanaishi, nani mo atarashī mono o oshiete kurenai hi no mokusō e no muiminato tanjun-ka shita tsuitachi to hokanohito o taikutsu sa seru koto wa arimasen’node, karera wa atarashī to kangeki nanika o manabu koto ga dekimasu dono yōna hōhō de sorera o shimeshi, yori kyōmi o motte imasu.
Karera ga sunde iru hotondo no hito wa kankei naku, futsūnoseikatsu o shite imasen. Seikatsu no mainichi no guraindo wa doko demo ga, yori ōku no yōna kadai ga yori ōku no senshinkoku ni kurabete ōkī mazushī kuni no dare ni tsūkō-ryō o kyōyō shimasu. Watashi wa hitobito ga ikinokoru tame ni mainichi kurō afurikatoajia de, kono tōsō o mitekimashita. Karera wa hinpan ni yoru ni kūfuku iku karera wa ie ni denwa shi,-bi-goto ni ikiru minikui koya o motte imasu soshite tsugi no hi ni nani o subeki ka shinpai.
Watashi wa Kenia no wa, kare ga josei wa anata ga Banguradeshu de karera no tame ni dōjō o kanji saseru karera no suijaku no akachan o hoji suru okane no tame ni kongan shita dono yō ni kūfuku ka attanode, watashi no tabemono no ue ni hidari o motometa hōhō o oboete imasu. Hitobito wa seikatsu no hijō ni kotonaru kijun o motte iruto hijō ni kotonaru mono o shinpainode, shikashi, nishi no tsūjō rūchin no seikatsu wa, hoka no basho de futsūnoseikatsu to wa kotonarimasu.
70-Sai no toki ni amerikahito josei wa, kami no iro no kanojo no atarashī in de yori kyōmi ga attashi, kanojo wa sore ga-miman 150-doru no tame ni nashitogeru koto ga deki doko Afurika no kanojo no aite wa yuiitsu no kanojo no kodomo o kangaenagara, shiritai to omotta to sukunai ue, sorera o esa ni suru hōhō 1-nichi 1-doru-miman todo no yō ni ka ni sasa rekara hogo suru tame ni, kanojo wa kaya o kau yoyū wanai kanōsei ga aru tame, mararia o hikiokoshimasu.
Watashi wa kon’nan’na jōkyō-kade wa ōku no kuni ni sun de iru to ningen ga shokuryō, hinansho ya irui o eru koto ni sonohi no kon’nan ni sonohi no taisho hōhō ni tsuite ōku no koto o manabimashita. Tochi made Afurika nōson-bu ni okeru ninshin-chū no josei wa, jibun no senaka ni shibaritsuke akachan o hakonde iru ma, shokumotsu o sodateru mizu, maki ya sonohoka no hitsuju-hin o mitsukete, sonohi no juyō o mitasu tame ni mainichi hijō ni hijō ni kenmei ni shigoto o nan-kiro arukimashita.
Karera wa zetsutaiteki hinkon ni sunde iru to, karera wa yaku nishi shinpai de sorera no taiō ga jibun no bebīshawā no tame ni shōtai shinagara, iryō shisetsu ga riyō dekinai koritsu shita enkakuchi ni sunde irunode shussan no sono lives. Many dai o yori yoku suru kikai ga arimasen. Dakara, soko ni ōkina kakusa ga ari, kono gyappu wa itsu demo sugu ni tojiru koto ni tsuitede wa arimasen. Korera no kuni de no watashi no keiken wa, hitobito ga karera no nichijō seikatsu no naka de gaman shinakereba naranai mono yori yoi rikai ni benri ni naru koto ga dekiru bashodesu.
Kaitekina seikatsu o hokanohito ga kore made ni sekai no hotondo wa totemo fukai ni sunde irunode, muzan hōhō o rikai shite morau baai, watashi wa shibashiba gimon ni omoimasu. Sonogo. Some shūkyō-teki kyōshinja wa kono jōkyō o riyō shite, karera no yuiitsu no sentakushi wa, karera ga yaru yō ni iwa rete iru mono, ikadearu koto o hitobito ni tsutaeru jibun no hi shikiji ya chishiki e no akusesu no ketsujo ni yotte motarasa reru kon’nan ga arimasu. Kyōiku o uketa hito wa, chōdo yaku nande wanainode, hitobito wa muchi no kurayami ni sunde iru toki ni tsuite no kare matawa kanojo no kokoro o tsukuru koto ga dekimasu. Shikashi, muchi mo mukanshin no seihindeari, watashi wa hinpan ni Indo de, matawa hoka no basho de mite kita yō ni, kanarazushimo kyōiku no ketsujo ni yoru monode wa arimasen.
Shikashi, wareware wa sugu ni koko ni teijū shite ita nepāru hito no ōhei to gōman’na furumai de mita kono jiten de dājirin ni kurai men ga arimashita. Korera no hitobito no ma de hiromatta fuan o hikiokosu koto ga sunen de bakuhatsudarou koko de tenshon no teiryū ga arimashita. Watashi wa mada karera no omona kujōdatta ka rikai shite inaiga, soreha dājirin no shuryokudatta kankō-gyō o hakai shi, hitobito ni hinkon ya fukō o motarashimashita. Watashi wa jōkyō ga sore irai kaizen sa rete iruga, wareware wa fuan to korukata hōchi sūjitsu taizai shita nochi ni kanjita koto o rikai shite imasu.
Watashitachiha, Chibetto ni yotte jikkō bukkyō sōin, seifu ga kōkyō no ba de jibun no toire mawari no gomi o nageta to shita kitanai hitodatta kankōkyaku ga, ikutsu ka no rōkaru hōmon-sha no tame no bangarō ya kōen o kaihatsu shite ita Mirik mizūmi no yōna ōku no sono yōna saito o hōmon shimashita. Sore wa iyadeshita. Basutashiarūpu, Chibetto-te kōgei-hin sentā, hirarī de eberesuto ni nobotta tenjin norugei ni yotte settei sa reta tozan kenkyūjo wa, watashitachi ga otozureta ōku no bashodeshita.
Mata, chaen o hōmon shi, jasumin cha wa, eranda kansō sa se, soko ni shori sa remashita. Kūki wa, wareware wa ikutsu ka o kattanode, karera wa mata, hanbun no ichiba kakakudeahhanbai no kansō cha no kaori de ippaideshita. Kankōkyaku ga ihōna kasa ya hoka no ankana mono o kaimono ni itta tokoro, dōro wa nepāru no kokkyō ni hijō ni chikaikara watasa remashita. Daremoga kasa ya sōshingu kōfun ni narudarou naze watashi o koete itaga, indohito mo mikakedaoshi hinshitsu no baai wa, inpōto mono ni muchūdeshita.
Takushī untenshu wa Zeikan shokuin no sensakusukina-me kara contrabands o hi hyōji ni suru ni wa, bon’netto no shita ni ōku no kakusareta basho o motte itaga, wareware wa kanmei o ukemasendeshita. Modoru korukata de, wareware wa, yaku 40-kiro hanareta mura de chichi no seika o hōmon shinai koto o kettei shi, nīmaru o mi ni bihāru ni ittekimashita. Shiriguri kara to korukata kara no densha wa, Hirano no atsusa no naka de tairyoku o shōmō shitaga, wareware wa nīmaru to kare no kazoku ga taizai shite ita chīsana machi ni tōchaku shimashita.
Wareware wa subete no suriramupyūru ni mukau mae ni, shibaraku yasundanode, mama mo issho ni mo arimashita. Nīmaru wa yūgana hosutodatta to pikunikku no tame ni haichi sa retaga, Sabita wa mada onajidatta to fushinsetsudeshita. An’napuruna wa heiya no attakai kikō ga sukide, kanojo ga shiawasedattanode, kanojo wa ōku no baai, memai o uttaeta oka no ue ni samu-sa o kirai. Watashitachi wa ima, nani o subeki ka ni tsuite kangaete imashita.
Kodomo-tachi wa gakkō kyōiku o hitsuyō to shi, wareware wa suriramupyūru wa, ronri-tekina basho no yō ni omoetanode, watashi wa watashitachi no mirai o seiri shibarakunoaida ichi-kasho ni irete taizai suru hitsuyō ga arimashita. Kore wa osoraku, jasumin no tame no mottomo tsurai jikideshita. Sū-shūkan no tame ni hitobito o hōmon suru hitotsu no kotodatta to suriramupyūru ni taizai suru koto wa betsudeshita. Sabita wa kanojo o sukidenaito kanojo no sotchoku ni shitto shita ndeshita.
Watashi wa kizutsuitakara jasumin o hogo suru koto ga atta, sore wa kanojo ga Bengaru-go o hanasemasendeshita shukufukudeatta koto o kanojo ni iimashita. Amarini mo ōku no tasukede wa nai yō ni Sabita eigo de furyōdeshita. Suriramupyūrude wa Ashis wa kōchō ga, sore wa kare no saisho no gengodatta koto o shiranai kare no eigo ni kanmei o ukemashita St. Josefu-kō ni nyūgakumashita. Jayanti ga mitomerareru ni wa amarini mo chīsakattaga, kanojo wa BA no BA kuro hitsuji ya kōchō no egao o wasure, hoka no in o chāputēburu no mawari ni ittekimashita.
Kanojo wa airashi imashita. Kanojo wa amarini mo watashitachiha, kanojo wa ikutsu ka no hindī-go in ya hoka no mono o utau koto o mananda hoikuen ni kanojo o mitomete shimattanode, gakkō ni iku koto o netsubō shite imashita. Gakkō no saisho no hi wa, sorera no ryōhō no tame ni kon’nandeatta, karera wa sakendaga, sugu ni gakkōniiku ni nare ōhaba sore o tanoshimimashita. Ashis wa, arufabetto o narai hajime, yukkuri to, shikashi chakujitsu Jayanti wa hotondo kanojo ga sokushin dekinakatta koto o kimyōna gengo o rikai shiyou to shite iru kodomo-tachi o hanasu hindī-go de suwatte iru ma, utsukushī tegaki moji o kaihatsu shimashita.
Ashis no kurasumēto wa kare ga tanri-sa kanjitaga, kare no kyōshi no izureka eigo o hanasemasendeshita, wakai omoiyari no aru josei wa, kanojo no hogo no shita de kare o tori, kare wa tokubetsuna kodomodatta koto o jitsugen suru ki ni. Jitaku de jasumin wa mae to onaji aisorēshon o kanjitashi, Firipin ni modoru ni wa akogare ga, watashi wa kanojo ga dekirudake kaitekina Indo ni taizai tsukuttemimashita, watashitachi no shinshitsu ni furui kitchin o henkan shi, sono tonari no heya ni wa, kodomo-tachi no tame ni kaisō sa re, atarashī kaimashita kagu, dendō fan ya hoka no ōku no mono. Daremoga kanojo no yūjindearu koto o tameshita to shitede wa naku, kodoku, kanojo ga nokorimashita.
Kanojo wa Sabita to okāsan o yorokoba seru tame ni kenmei ni kokoromitaga seikō shimasendeshita. Watashitachi no kyojū-ku wa, tōsha no aisorēshon ga yori kanzen’na yōnimieru-tsukuri, sorera ni yotte yakan ni rokku sa rete ita tetsu no tobira ni yotte ie no nokori no bubun kara bunri shimashita. Watashi wa ie o tosō shi, ka no gamen o kotei shite jibun jishin o bijī. Hokanohito wa ki ni shimasendeshitaga, watashitachiha, ka ya hae ni shiyō sa remasendeshita.
Watashi no mokuteki wa, sore wa watashi no hitobito to karera no saisho no chōki taizaidattanode, jasumin, kaitekina kodomo o tsukuru kotodattaga, karera wa kanojo o gokai shite iru tame, kanojo wa hinpan ni shizuka ni nakimashita. Idaina bunka no kabe wa ima mo ōkiku miemashita. Kanojo wa Sabita no musume o aibu ga, mama wa Ashis to Jayanti ni chōzen to shimashita. Aru Ni~Tsu Ashis wa nesshin ni kare no sobo kare no atarashī gakkō no seifuku o hyōji shiyou to shitaga, kanojo wa kare o mushi shite, sore o waki ni okimasu.
Kare wa konwaku shita dake de 4-sai no kodomodeshita. Watashi no kokoro wa tsumi no nai kodomo-tachi no tame ni sakendaga, sore wa hotondo no jasumin o kizutsukemasu. Kanojo wa watashitachi no kazoku no ishi wa hijō ni shinpai-tsukuri usui to byōjaku ni nari, 1-nichi ni wa, kanojo no suimin o tsukuru tame ni bariumu no kanojo no jōzai o atae, amari kinchō. Watashi wa kanojo no bitamin jōzai oyobi enerugīdorinku o kattaga, amarini mo tasuke ni wa naranakatta koto.
Watashi wa hidoku yūzai kanji, hisshi ni watashitachiha subete nokosu koto ga dekiru yō ni, doko ka de shigoto o shutoku shiyou to shimashita. Kono akumu ni kanojo to sutekina-zai no nai kodomo o motte imashita. Shikashi, dare mo watashi no bakkuguraundo no hito no tame ni Indo de sewamasen. Anata ga shūshokutanode, anata wa, Indo de shigoto o shutoku dekimasendeshita. Anata ga dare ka. I wa dare mo shiranakatta shitteitanode, anata wa shigoto o emashita.
Watashi wa mohaya watashi wa ima, aka no ta hitodatta kono kuni o rikai shite imasen. Kako no watashi no hitobito wa watashi ga Indo ni sumitai to omowanakattanode, watashi wa shigoto o mitsukete, Indo ni teijū shiyou to shita koto ga nai koto o uttaete itaga, soreha shinjitsude wa arimasendeshita. Watashi ga kite, isshōkenmei shiyou to shite imashita. Watashi wa onaji kurai watashi ga dekiru ga, ōku no baai sore wa jūbunde wa nakatta to shite, jasumin to kodomo o shīrudo. Natsu no ma wa, wareware wa subete eta yuiitsu no kyūsokudattaga, Sabita wa bihāru kara 7 tsuki ni tōchaku shitara, sore ga akka shimashita.
Yuiitsu no An’napuruna wa jasumin ni dōjō o shimeshi, kodomo-tachi o aishitaga, kanojo wa betsu no machi ni modotte kanojo no shigoto ni ikanakereba narimasendeshita. Kanojo wa kanojo no burausu o nuu koto o kyohi shita baaideatte mo pārubati wa, jasumin no kata no reitan-sa o shimeshimashita. Jasumin no shōgai wa kanojo ga kanzen ni kanojo no onaka o kabā shita burausu o nozonde ita to iu kotodeshita. Indo no josei wa yori ōku no burajā no yō ni mieta burausu o kite imashita.
Watashitachiha, pārubati no ko no yōna taido de shokku o uketaga, shizuka ni iji shimashita. Karera wa kodomo no yō ni mujakinata seijin no yōna on’nanoko o kizutsuketa, watashi no shinseki o yorokoba seru tame ni isshōkenmei shiyou to shite imashita. Nan akka shite ita koto wa, shibashiba Sabitadatta kanojo ni yoru to, subete no ten de sugurete ita kanojo no musume to Ashis to Jayanti o hikaku shimashita. Kanojo mo watashi wa kanojo to kekkon suru tame ni jasumin ni mita mono o koe o dashite gimon ni omoimashita.
Jasumin wa, arigatai koto ni, sore wa kanojo ga itta koto wa nanideatta ka shiranakattanode, soreha Bengaru-godeshita. Watashi wa suriramupyūru o nikumu yō ni narimashita. Watashi wa, hobo 14-nenkan, suriramupyūru kara hanarete sunde itaga, ima, watashitachiha koreijō karera to kyōtsū no zettai ni nani mo nakatta koto ni kidzuite imashita. Karera wa watashitachi o rikai shi, sarani wa tameshite imasen. Kare wa watashi ga eigo nado de hanasu koto ni yotte hiroiageta to omottaga, hijō ni, Indo wa yaku shubi yoi ka warui ka to kanjita seibu no hōhō no tame no ōpun’na bujoku o shimeshitanode, watashi wa mohaya nīmaru ni hanasu koto ga dekimasendeshita.
Kare wa DC no mono chō aikoku-sha amerikahito no yōdeshita. Wareware ga tsūka suru ressha no heimen-zu de tetsudō senro ni yotte kōzen to haiben no hito ga hajimete Indo ni kita gaikoku hito ni warui inshō o ataeta koto o itta toki, kare wa shibashiba moeagarimashita. Anarojī wa, watashi no kokoro ni katadzukeru koto ga dekinakattaga, kare wa sore ga Amerika no bīchi ni yokotawatte iru hanbun hadaka no josei yori mo sugurete ita to nobemashita.
Watashitachi wa hontōni kanōna arayuru hōhō de hanarete seichō shite ita to rojikku [sentaku-ten nimotozuite, kokoro no nai kaigi ga arimasendeshita karera wa watashitachi to, karera ga baindo dentō aru kyōyū suru koto ga dekinakatta koto o, sekai no wareware no kenkai to tsukaiyasusa de byōki ni kanjita to iu kotodeshita. Sore wa watashitachi nokori shōkōgun tai tenkei-tekina monodeshita. Watashitachiha, sekai no ōku no chiiki ni ryokō shite itashi, ōku no basho ni sunde itaga, karera wa kōkishin ni kakete itanode, sore wa karera ni nani o imi suru monode wa arimasendeshita.
Karera wa Indo kokugai de nani ga okotta no ka o karera ni mondaide wa arimasendeshita to ittaga, watashi wa dōyō ni Indo de nani ga okotta no ka karera ni wa kankei arimasendeshita utagai ga arimasu. Karera wa karera no ie, karera wa. Politics o shitteita sūnin no chīsana han’i de watashi kyōmi ga kesshite sunde ite, hitotsu wa watashitachi ga damarikondashi, yukkuri to nagai no tenki o giron suru koto ga dekimasendeshitaga, machigainaku menimienai kabe ga agatte kimashita.
Do no yōna hijō ni odorokubeki kotodeatta koto wa dare mo jasumin-teido matawa kanojo no kazoku ni tsuite nani o shiritai to omotte inai to iu kotodeshita. Karera wa kanojo ga daigaku o sotsugyō shi, kaikei o senkō shite ita koto o shiranakatta ka to iu koto wa, kanojo ga jūyōna shigoto o hoji shite iru ginkō de hataraite imashita. Karera wa kanojo no kazoku ni tsuite nani mo shirimasendeshitashi, ki ni shite inai yōdeshita. Sabita wa jasumin ga ikuji ya jibun no kenkō kanri ni tsuite no chishikidattaga, Sabita wa, nin’i no mondai oroka ikuji-jō no doanobu no yō ni muchidattaga, mitomenai koto o shinjite imasendeshita. Jasumin wa shinbōdzuyoku matte ita yō motome rareru kotode wa naku, karera ga yatta koto wa arimasen.
Sonogo watashi wa kono yosoyososhī taido ya shitto no tame no konpon-tekina gen’in wa kanojo no sonzai-ka de Sabita ga waruku kanji, fu no kanjō o shimesu koto ni yotte, sore o kakusou to shitanode, jasumin wa, utsukushī senotakai kyōiku o uke, ima mo tabi shita to iu jijitsu wa, osorakudatta koto o rikai shi hajimemashita. Kodomo-tachi wa hijō ni yoi manā demo kireideshitashi, kanojo wa sorera ni kanojo no musume o hikaku shita baai, sore wa amarini mo kanojo ni oroshi.
Soko ni ōku no riyū ga attaga, sorera no dore mo ima jūyōde wa arimasen. Watashinohaha wa to saidingu matawa kanojo wa kanojo ga shinu made sō surudarou dare nīmaru to kare no nikushimi ni michita tsuma ni sewa o shite moraimashitanode, kanojo no wakai to akiraka ni yutakana musuko ni yūri. She o miru koto ga dekimasendeshita tsuna watari o arukimashita. Watashi wa nīmaru wa sono yōna koto wa amari shinpai shite itaga, kare no tsuma wa nakattashi, sore ga kanzen ni nīmaru o seigyo dare kanojodatta to omoimasu. Karera no fūfu kankei wa wareware to wa hijō ni kotonatte imashita.
Nīmaru shizen ni hito o aisuru heiwa ga zutto mae ni kare no tsuma ni kōfuku shite itasa rete iru kata wa, ima no katei no tame ni subete o kettei suru koto ni yori, kare no jinsei o shihai shitaga, kanojo wa watashitachi no ue ni wa sono yōna seigyo ga arimasendeshita. Watashi wa kanojo ga sore o fungai omoimasu. Kanojo wa mettani hanasanakattaga, wareware wa subete, kanojo ga kore made ni tsukutta subete no ishi kettei no haigo ni atta koto o kanjimashita. Watashi wa nīmaru ga kare no igi o hyōmei shita toki ni nani ga okotta no ka mite imashita.
Kanojo wa tan’ni nimotsu o matome, chikaku no kanojo no chichi no ie ni mukaimashita. Sonogo, nīmaru wa iku to kanojo ga modoru yō ni suru tame ni kanojo o nadameru tame ni motte imashita. Kore wa watashi ga josei ga yūi o shutoku shiyou to shimashita miai kekkon ni nani ga okotta no ka to utagawa reru monodesu. Karera no kankei wa, ai to sōgo rikai ni motodzuite imasendeshita. Watashi wa gitā o ensō ni kyōmigāru nīmaru o omoidashitashi, kare no tame ni korukata de kare no erekigitā no tame no jishaku o katte itaga, ima dewa hokori o atsumemashita.
Kare wa watashi ga komyuniti no daiichigōdatta Arujeria kara kōkana sutereo o kattanode, ongaku ga sukide,. Karera ni amarini mo hoshū sa reta jin’ai o tanoshimu tame ni ōku no kuni kara kare ni kodakkukarūserusuraidopurojekutā, ōku no suraido o ataete imashita. Kare wa geijutsukadattaga, ima, kare wa 1 kōnā dokusho shinbun ni suwatte itanode, utsukushī nendo ningyō o peinto shi, tsukuru tame ni shiyō sa remasu. Kare no tsuma wa kakujitsu ni sanraizu to shite to shite kare ni geijutsuka o koroshimashita. Sore wa kanashikattadesu. Kare wa tokidoki, kare wa seikatsu no naka de komakai koto o rikai shi, kansha suru koto ga deki, kare no kokoro ni konpanion o motteinai kōkai shite iru koto o kotomonage. Sabita
Kenshin-tekina tsumadeari, kare no nichijō o shitteita shi, kare ga nani o taberu no ga suki. She wa kare no shatsu o sōji shi, kare wa jikan ni kare no ofisu no tame ni nokosu koto ga dekiru yō ni kare no shokuji o yōi shimashita. Kare wa mainichi o kaesu yō ni suru tame ni kanojo wa 5. 30 Pm ni gēto de matte imashita. Kanojo wa machigainaku soko ni atta no nomerikonde imashita. Watashi wa kare ga mottomo aishita shitteita koto o yadde kare ga kyōmi o motte shutoku shiyou to suru tabi ni, karera wa futatabi.
He wa fūfu no heiwa o motte kakaku o shiharatte ita awairo mae ni shikashi, karenomeha shibaraku hikattaga, kare wa shibashiba hijō ni kabindatta to hijō ni kantan’na sore o ue ni shimeshimashita kare no shatsu ya kare no kutsushita no ana kara ketsuraku shite iru botan no yōna riyū. Kare wa, josei no kanzen’na katei de yuiitsu no danseidatta to hinpan ni kare no furasutorēshon o kanjimashita. Karera wa kōzen to otagai ni tatakatte inaiga, naganen kusubussono chigai o hoji shinai yō ni, kanren suru nimokakawarazu, josei no kanzen’na Bengaru-go no katei wa kinchō bashodearu kanōsei ga arimasu.
Watashi wa, karera ga 20-nen mae ni itta koto o 1 omoidashi, karera ga shitai baai wa, sore no mondai o tsukutta koto o shirimashita. Karera no shūnenbuka-sa wa, watashi ga rikai suru no wa kon’nandeshita wa owari ga arimasendeshita. Jasumin wa kodomo no yō ni mujakinadatta to, ōku no baai, hyōmen ni kite wazukana iiwake o hitsuyō to kinchō no futtō de konwaku shimashita. Hōmon-sha ga. IN no jijitsu o satta toki, kanojo wa meihakuna yorokobi de hōmon-sha o hōyō shi, geretsuna kotoba de noroi kaishi suru Sabita no 2 facedness demo hijō ni odoroita koto wa, kanojo wa daremoga watashitachi ga nani o gimon ni omou koto ni tsuite iu koto wa hijō ni ikutsu ka no yoimono o motte ita koto ga hanmei shimashita kanojo wa watashitachi no ushiro hokanohito ni watashitachi ni tsuite katarimashita.
Suriramupyūru no setai wa, hitotsudake no riyū de sunde imashita. Kore wa, hoka no subete wa niji ni nattanode, pan no kasegi-tedatta nīmaru no nīzu ni kotaeru kotodeshita. Tatoeba, wareware wa nīmaru wa kare no ofisu hōchi shi, musume ga gakkō no tame ni nokosa reru made, nin’i no chōshoku o shutoku suru tame ni 10-ji made matanakereba narimasendeshita. Jasumin to kodomo-tachi wa kūfukudattara kanojo no saisho no gimu wa kanojo no otto to musume ni attanode, kanojo wa ki ni shimasendeshita. Jasumin wa hayame no chōshoku o motsu koto ga dekiru yō ni, watashi wa sonotame no pan, jamu, zerī nado o kaimashita. Kanojo wa jibun o tasukeru tame ni daidokoro ni yurusa remasendeshita.
Watashi wa mina no tame no okashi ya kudamono o kōnyū shita baai, soreha nīmaru kara konakattanode, Sabita wa sore o mushi suru koto ni narimasu. Kanojo mo watashi wa ichido mi ni itte ita benaresu de Viswanath no seinaru shinden kara motte kita pūja no okashi o mushi shite imashita. Īe hindo~ū kyō no kachi ga kare no shio wa sore o shinjinakatta Viswanath shikashi Sabita no tera kara teikyō o mushi suru yūki wa arimasen.
Kanojo wa shivu~a ni reihai o teikyō suru no ni jūbun’na watashi wa shūkyō-tekina kangaemasendeshita. Kanojo wa kōzen to kanojo wa sore ga kōzen to. Jasumin wa, kanojotachi wa suriramupyūru ni taizai shita baai, jiko izon shinakereba naranakatta koto o mananda to iu shinakattaga, sore wa kanojo no. IT no tame ni yobun’na sagyō o imi surunode, taizai kyaku wa, osoraku watashitachi o fukume sukide wa nakatta to nobemashita. Sokode kanojo wa asa hayaku gakkō ni kodomo o yōi shi, karera no bentō-bako.
Watashitachi no chūshoku wa mada 1. 30 Gogo ikō de teikyō shite itaga, wareware wa taisho suru koto o manabimashita. Wareware wa tsuneni sonoyōni wareware wa dekiru kagiri saizen no yō ni tanin ni chōsei shinakereba naranakatta watashitachi no iede wa nakatta koto o jibun jishin o omoidasa semashita. Watashi wa ie o kotei shi, jasumin to kodomo no nīzu no sewa o shite tsudzukemashita. Yuiitsu no watashi no itoko to kare no tsuma wa, jasumin ni hanashi o tamani kitaka, jibun no ie ni kanojo o shōtai shimashita. Kanojo wa kanojo no fuman ya kon’nan o chū ga toki, watashi wa nagai sanpo no tame no kanojo o tottaga, watashi mo muryokudeshita.
Watashi wa ōku no senzai-tekina koyō-sha ni kaite itaga, karera wa watashi ni kibō o atae, karera wa jibun no apurikēshon o shori shi, sugu ni kotaerudarou to itta watashi no yōna Indo no kagaku-sha o kaesu tame ni koyō o teikyō shita [sentaku nyūderī jimusho o henshin shimasendeshita. Jissai ni wa 1-nichi keikan wa watashi no keisatsu no kuriaransu wa derī ni sudeni sōshin sa rete itanode, watashi no yotei ga mamonaku ni yoru monodearu koto o oshie ni kimashita. Watashi wa kibō ni michi narimashita. Sore wa, kono konran no uchi, tōsha no hōhōdeshita.
Ichibu no hitobito wa, korera subete no keiken ga saishūtekini wareware wa sugu ni rieki no tame ni Indo o hanareru no ni narudarou kyūkyoku no ishi kettei no tame no kiso o kizuitanode, watashi wa, chōki kyūka-chū de jissai ni atta koto o itte mikudasu yō ni shite watashitachi ni hanashi hajimetaga, wareware wa yori shōsū no tsuki mada arimashita sore, sore o shirimasendeshita. Sore wa watashitachi no 4 no tame ni tokubetsu ni heisha yori yūkan ni sore o gaman jasumin no tame no yō ni saiban no jidaideshita. Sore wa watashi ga yori ōku no kanojo ni kansha shimashita.
Watashitachiha ai no kizuna mo, kizutsuita kanjō ni taisuru watashitachi no hogodatta koto ga wakarunode, watashitachiha otagai ni, yori chikaku narimashita. Soshite aru Ni~Tsu, 1982-nen no 10 tsuki ni, watashitachiha Firipin kara denpō o uketorimashita. Jasumin no chichi wa byōin de, hijō ni shinkokuna jōtai ni arimashita. Kanojo no imōto wa, kare ga ikiru tame dake no hi o motte ita to jasumin o mitai to omotta koto o kakimashita. Kanojo wa takusan naitashi, sugu ni Firipin ni modoru tame ni watashi o unagashimashita. Shikashi, okāsan wa jasumin wa, Indo o nokoshite iiwake to shite denpō o shiyō shite ita koto o kangaete, osoraku kanojo no chichi wa, subete no byōkide wa arimasendeshita..
I ga watashinohaha kara sore o kitai shite inakatta, hontōni shōgeki-tekidattaga, soreha watashinohaha no kokoro ni utagai no tane o maita Sabitata to iu utagai o motte imashita. Watashi wa watashi no kettei o suru tame ni jikan wa kakarimasendeshita. Watashitachiha subete no sentaku-zu onaji yoru modotte sugu ni Firipin ni itte ita koto o kanojo ni itta, watashi ga netsu o motte itaga, wareware wa mērato keiyu de rī no tame ni densha ni norikonda toki jasumin wa odorokimashita..
Tōsha no kazoku no ishi wa watashi ni densha o toru tame ni ikutsu ka no kusuri o ataemashita. Derīde wa hijō ni tsugi no asa, wareware wa sutorētofiripin no ryōjikan ni iki, jasumin wa sugu ni watashitachi no 3 biza o hakkō suru tame ni ryōji o kakushin sa semashita. Sonogo, wareware wa kōkūkaisha ni itte, karera wa Honkon ni kinkyū terekkusu o sōshin shita nochideshita korukata kara furaito de 4 giseki o kakunin shimashita.
Watashitachi wa 3-kakan no jikan ni ririku suru kuria sa remashita. Sonogo, wareware wa, karera ga sugu ni kokuin kodomo no tame no kuriaransu o shutoku suru tame ni pasupōto no jimusho ni ittekimashita. Sonogo, wareware wa shotoku zei jimusho ni itte, 3kagetsu ni watatte taizai shita nin’i no Indo no kuriaransu o shutoku shinakereba naranakattanode, jibun no tame no kuriaransu o emashita. Watashitachiha tsūjō, nan-nichi kakatta sūjikan de korera subete no tasuku o tassei shi, sugu ni modotte suriramupyūru e no ressha o torimashita. Karera wa ima, Firipin de benkyō shiyou to kesshite Indo ni modotte konakattanode, tsugunohi, watashi wa kodomo no tame no jōto shōmei-sho o emashita. Jasumin wa sugu ni suriramupyūru de.
Tōsha no taizai o konpō kaishi shi, shitagatte totsuzen no owari ni kite, watashitachi wa sugu ni wareware wa, honkonkeiyu de Manira ni tonde iku nodaga, soko kara densha de korukata hōchi shimasu. Sore wa watashi ga ima made ni narudarou mottomo kenmeina ketsudandeshita. Konkai, wareware wa modotte kuru koto wa arimasen koto wa machigai arimasendeshita. Watashitachi no kodomo-tachi ga, Indo ya jasumin taizai dekimasendeshita naka de sodatsu koto ga dekinakatta koto ga akiraka ni narimashita. Indo seifu wa saishūtekini watashi ni shigoto o teikyō suruga, sore wa oso sugimashita. Watashi wa sore o ukeireru koto ga dekimasendeshita.
Suriramupyūru no hitobito wa, sore ga watashitachi no tame ni meikakuna shuppatsudattaga, damatte iru koto o kanchi shimashita. Watashi wa watashinohaha wa watashi ga kaiketsu suru tame ni watashi no saizen o tsukushite itaga, wareware wa suriramupyūrude wa fukanōna jōkyō ni chokumen shita koto ni kidzuita to omoimasu. Shikashi, sore wa aru koto ga arimasendeshita. Watashitachi no unmei wa, hoka no basho ni yokotawatte imashita. Sugu ni wareware wa Indo o hanare, warui keiken no haigo ni eien ni, osoraku atarashī seikatsu to aratana hajimari no tame ni Firipin ni mukatte tobimashita. Jasumin wa kanojo no shinu chichi o miru koto ga dekiru yō ni, wareware wa jikan ni sen ke ni tasshi igai no yotei wa arimasendeshita.
Shikashi, Manira de kanryō suru tame ni ikutsu ka no tetsudzuki ga arimashita. Watashi wa ima, zairyū shikaku o shinsei shinakereba naranakattanode, watashitachiha nyūkoku kanri jimusho ni itte, purosesu o atsukau shikyoku-chō to kaidan shimashita. Kare wa saishūtekini watashi no baai o sokushin suru koto ni gōi shita furui bengoshidattashi, sugu ni. I wa, wareware wa sugu ni sen ke ni tōtatsu suru no ni hitsuyōna koto o kare ni kakushin shite ita jimu shori o okonau tame ni junia bengoshi ni irai shi, 2 tsukarete ita chīsana kodomo to genkyū shite inai hitsuyōna nokori no bubun to issho ni ryokō shi, chichioya jasumin wa hijō ni byōkideshita.
Dakara, subete no jimu tetsudzuki ga okonawa rete ita to wareware wa hijō ni tsugunohi no asa-sen ke ni tōchaku shimashita. Sore wa indohito ga koko ni yoba reta yō Boombais o tomonau rei ni kita toki ni Manira de no imin ya kokugai tsuihō no kyoku wa, kōritsu no tame ni chūmoku sa rete inakattanode, kore wa kenchodesu. Sore wa hijō ni Boombais ni taishite henken o motta hi yūkō-tekina hitobito no kanzen’na hi yūkō-tekina bashodatta koto de, ōkibonanode, wādo sōkan wa, ōku no baai, gaikoku hito no baai ni kyōchō sa remashita. Watashi wa sore ga hontōni odorokubekida to itta riyūdesu.
Bengoshi chīfu wa yūkō-tekidatta to, karera wa omoiyari to supīdo de watashi no baai o atsukaimasu. Boombais wa Firipin. Many de kanashī ōku no kankōkyaku to shite kite, jimoto no shichiya wa, sorera yori mo tsuriage hito de ryōkōdeatta mono no, rōn sharking no bijinesu o okonau ni todomarimashita. Karera wa imin no tantei kara chihō ni kakure tokiniha kyatchi sa re, kyōsei sōkan shimaimashita. Yōgo Boombai wa Banguradeshu hito, Pakisutan hito ya hokanohito no yō ni sorera no yō ni mieta dare mo ga fukuma rete imashita. Kodomo ga onajiyōni itta in o oshie raremashita.’.
Boombai ga ari, soko ni Boombai wa hashi no shita ni kakurete iru’ to jimoto no terebi ya rajio ga yoba reta Boombais ni kansuru hi suishō ni michite imashita 5 sixers. Josō wa terebi de sorera ni tsuite no jōku o tsukurimashita. Anata wa ōku no baai, Firipin hito wa henken ga hiromattanode Boombais o keishi jibun-tachi no naka de hanashi o kiku koto ga dekimashita. Karera wa, Indo ga ikani mazushī rīdāzu daijesuto ni yonde itashi, soko no hitobito wa subete no jikan o uemashita.
Karera no shin’nen wa hijō ni tsuyokattanode, anata ga iu ka, nani ga dekiru mono wa nani mo karera no kokoro o kaeru koto ga dekimasendeshita. Kore wa,-go ni kēburuterebi wa, eisei o keiyu shite kite, BBC ya CNN o motarashita yō ni henkō shi, Indo no sore hiroi kabarejji o motsu dake de kyōyō no kurasuno-chūdearou. Kusanone ni wa eisei terebi o motte iru ka, eigo o rikai shi, sore ga kono higeki-tekina henken o tsudzukeru hito karera shite imasendeshita.
Jasumin wa, Indo wa gokai-kokudatta to itte yōgo shita toki, karera wa tada Emi tte, kanojo wa Boombai ni kekkon shite itanode, kanojo wa sore o itta to nobemashita. Jijitsu wa hijō ni shōsū no Firipin hito ga imamade Indo o tabi shite ita kotodatta oyobi sonohoka no kuni no chishiki ga tōri wa kin de hosō sa reta, subete no Firipin hito wa yoi seikatsu o iku to ikiru koto o nozonde ita tokoro, Beikoku ni gentei sa rete ita tame, hotondo wa sore ni tsuite zettai ni nani mo shirimasendeshita, Beikoku-shū ni ijū shite ita to shite mo, sorera no Firipin hito wa, Sanfuranshisuko chikaku darī-shi no yō ni chikai Firipin hito no komyuniti ni sunde ita amerikahito.
Karera wa, karera ga kōnyū suru koto ga deki, Manira ya shoppu kara, jibun no terebibangu de paipu sa reta shuryūde amari o konzai sa seru koto wa dekimasendeshita neitibu shokuhin . Firipin no mono wa, sorera o senbō shi, soko ni ikitai to omoimashita. Amerika ka nanika Amerika no tame no karera no aijō no tame no rekishi-tekina riyū ga arimashita. Firipin wa nagaiai Amerika no shokuminchi to Nihon ga kuni o senryō shi,-shi kasutījo nado oyoso.  Firipin hito de beigun no tame ni tatte ita USAFE ni tsutomete ita jimoto no hitobito o shori shita toki, karera wa saigo no sensō no ma ni, sono enjo ni kimashita Kyokutō to ōku no taieki gunjin wa,-go ni Beikoku ni ijū sa semashita.
Karera wa soko ni nan hyaku man-ri ni narimashita kazu to tsuneni shinzoku no tame ni seigan shimasu. Beikoku wa mata, Firipin no omona bōeki aite-kokudesu. Firipin hito wa nani mo Amerika no yoi ka warui ka o mohō shi, sorera no rōrumoderu to shite sorera o kōryo shite kudasai. Sorera subete ga ikitakatta basho azuma ga aru node, karera wa rekishi-teki ni nishi ni azuma ni mite imasen. Jibun no gakkōde wa, karera wa Amerika no rekishide wa naku, ōku no Ajia no rekishi o oshie raremashita. Amerika no fasshon, Amerika no ongaku, Amerika no tabemono, eiga ya hottodoggu wa, karera no kokoro no kata ga ryōkōdeshita. Hoka no ōku no riyū ga arimashita.
Hotondo no henken ga baiku ni no~tsu-dō no naka ni kakurete omoshiroi tāban ya buresuretto o mi ni tsukete iru kimyōna hitobito ga Firipin hito no kokoro ni inshō no ōku o sakusei shite inai sagashite sentaku-zu o boroboro shite iru to shitede wa naku, indohito ni taisuru karera no henken wa muchi kara omoni kimashita. Karera wa, Indo wa, kono yōna idaina-kokudeattanaraba, korera no hitobito wa Firipin no hanbai kasa ni kita riyū to omoimashita ka? Karera no ronri wa uchi nikuideshita. Jimoto no shinbun ni wa, izureka no mondai o tasukete imasen.
Indo kaigun no kyodaina gunkan wa, Manira no pōto e no hyōkei hōmon o shita toki, karera wa hidoku satsuei shita shashin mo iroaseta inku-chū no hijō ni chīsana moji no shiryō o insatsu shi, 13 pēji ni sore o oshikomimashita. Karera wa, Indo wa, kyaria to senrensareta sensuikan o fukume, hijō ni kindai-tekina kaigun o motte ita koto o shinjite inakatta ka no yō ni. Ōku no Firipin hito no josei wa shiro no Amerika e no kekkon ga karera no yuiitsu no chiketto wa koko de jibun no fukō kara nogareru tame ni yakusoku no ji ni atta to watashitachi ga jishu-teki ni doko ka ochitsuku tame ni kaesa reta koto o hijō ni odoroita koto ga wakarimashita.
Hitobito wa shibashiba, watashi wa hakushigō o motte ita koto ni odorokimashita soshite, kasa o hanbai suru ka,-bashi no shita ni kakurete imasendeshita. Sore wa karera ga fuan to han’nō suru hōhō to shite sonshitsu de okonawa remashita. Hotondo ga sō tāban ya buresuretto o chakuyō shite inakatta kyōiku o uketa indohito ni atta koto ga nakattadesu. Ichibude wa, karera wa karera no kokoro de hijō ni takaku hyōka shinakatta toki, kanojo wa Indo to kekkon tsukutta mono jasumin o tazunemashita. Kanojo no shimai o oboete imasu ka? Karera wa tenkei-tekina Firipin hitodeshita.
Muchi to henken ga tewotsunaide ikimasu. Konomi no jun ni wariai ni tazuneta baai, karera wa hitsuzen-teki ni kekkon suru koto o nozonde ita hotondo no Firipin hito no on’nanoko wa, saisho no sentakushi wa, shiro amerikanda to itta to Boombai tsudzukimasu. Afurika-kei amerikahitodeatte mo kōryo sa remasendeshita. Wareware wa, karera ga kikai ga sukunakatta basho o nokosu tame ni isshōkenmei shiyou to shitanode, wareware wa Firipin ni hijō ni sutekina kuni o mitsuketa koto o itta toki, karera wa shinji raremasendeshita. Hotondo ga Chūtō ni ikudarou
Tanchōna rōdō no shigoto o shite iruga, wareware wa karera to yoba reru yō ni, karera wa kusanone matawa GRP kara kimashita. Beikoku no tame ni shiyou to shita kyōiku o uketa mono. Tonikaku watashitachi no tabi wa, sukunakutomo tōmen wa owari ni kite imashita. Kanojo no chichi wa tashika ni hijō ni byōki Naga-shi no byōin de shūchū chiryō-shitsu ni ita to. Kare wa jasumin o ninshiki suru koto ga dekiru mae ni kare ni ikutsu ka no jikan ga kakattaga, saishūtekini, kare wa kanojo o mite shiawasedatta koto chōkō o shimeshimashita.
Kare wa hanasu koto ga dekinakatta to hana o tōshite kyōkyū shimashita. Kare no Haruku wa jisshitsu-teki ni nani mo shukushō shite itashi, kare wa hidoi tokozure o motte imashita. Karenomeha suite itashi,-tai ga. IT wa watashitachi ga miru koto no tame ni sarani kon’nandattaga, watashi wa kare ga 2-nichi-go ni shibō shitanode, wareware wa sugu ni kuru koto ga dekimashita yorokonde ita suijaku shimashita. Watashi wa watashi no keiken kara shitteita to shite, watashinochichi wa 1966.
It de sō itai hodo gan no shibō shita toki ni, oya no shi wa, ko do mo tachi ni wa hijō ni kon’nan tsuneni jasumin to nokori no tame ni hijō ni kenmei ni shizendattaga, watashi wa, karera wa mata, kare no kurushimi ga atta to hotto shita to omoimasu ōbā. Kanojo no otōto wa, kono jiten de, karera wa sōgi to dōyō ni jo-kai no junbi ni isogashi imashitanode, nin’i no Firipin hito kazoku no naka de subarashī shunkandatta shisai to shite jo kai sa reyou to shite imashita. Kokode wa, amarini mo watashi to sorera no ma no shōheki o nokottanode, watashi wa, korera no kazoku no gishikide tada bōkan-shadeshita.
Watashi wa jasumin ni Indo de kanojo no hisan’na keiken o shita nochi, kanjō-tekina konran no yoi torihiki o uketa seishin-tekina shien o ataeru tame ni koko ni arimashita. Kore wa, hotondo no yō ni watashi wa kanojo no gawadearu koto ga ureshikatta kanojo wa watashi ni hitsuyōna jikandeshita. Watashi wa tōku no hitobito ga otagai ni atta ka ni kankei naku, karera wa subete karera no rentai o shimesu tame no jikandatta. IT sōgi-chū ni arawareta koto ni kidzukimashita.
Sore wa watashitachi ga watashitachi no kazoku no naka de, kono yōna rentai o motte inakattanode, An’napuruna wa rikai shite inakatta kotobadeshita. Indo de sae kinshin ni wa, ōku no baai, sōshiki ni shusseki shimasendeshita. Hindo~ū kyō no dentō wa tōku ni sun shinseki ga jikan ni tassuru koto ga dekinakattanode,-tai ga shi no 24-jikan inai ni kasō sa rete iru koto ga shiji sa rerunode, sore wa arimashita. Shikashi, Firipin de karada ga tōku no hito ga kite, hitobito no ittei no nagare ga kite, tabete, watashi no ōkina odoroki ni bīru o nondanode, sōgi ni sanka suru koto o kanō ni surunoni nagai jikan no tame ni hitsugi ni nokorimashita.
Sore wa oiwai no kikaide wa naku, kakusei shita ka no yō ni. Ko no yō ni samazamana kuni no dentōdesu. Koko no hitobito wa, kuro mi ni tsukete itaga, Indo demo Betonamu de aitō no iro wa kuro, shirode wa arimasen. Ashis to Jayanti wa mada hijō ni wakai kōkishin ni michita me de subete o mimashita. Karera wa Tagarogu-go o hanasu koto ga dekinakatta ka, karera wa goi o tsukaihatashi tama de kazu ga sū-funkan yūkan’na doryoku o shitamonono. Most Firipin hito wa eigo de hijō ni ototte ita kaiwa no soto ni nokottanode, jimoto no hōgen wa, bikoru to yoba remasu.
Kodomo-tachi wa ki ni shimasendeshita. Firipin to Indo-kan no bunka no chigai wa hijō ni kenchodesu. Jissai, karera wa shūkyō igai no baai, watashi wa shibashiba gimon ni omotte iru koto o totemo subarashīdesu,. Hau wa, korera 2tsu no hitobito mo, henken de osen sa reta tagaini atae rareta yōna sai no rikai no shōryō o kaihatsu suru koto ga deki, ikutsu ka no ippantekina konkyo ga aru nodesu ka? Mochiron, dare mo shiyou to shite inai ka, kyōmi o mottemashita.
Sugu ni sōgi to jo-kai no ato, wareware wa hōritsu de tsukareta to no seikatsu, kodomo-tachi wa ima, amarininode, koko de karera no gakkō kyōiku o kaishi suru hitsuyō ga arimasu Naga-shi no shakka o mitsukeru koto ni shimashita. Dakara Jayanti no gakkō no chikaku no chīsana kōhaishita-ka ga hakken sa re, wareware wa sugu ni idō shimasu. Ashis wa, sore ga kanpekidattanode,-dōri no mukaigawa ni gakkō ni iku kotodeshita. Jōto shōmei-sho wa, Indo kara no ikō wa sumūzudattanode, karera wa sugu ni, yori takai tōkyū o shutoku tasukemashita.
Jayanti wa yōchien no bitto miseinendattaga, kanojo wa ryūchōna eigo de kyōshi o miryō shi, akachan no hanashi. She wa daigaku o tōshite, kurasu no subete no akachan nokorunode, Ashis ga arou. Firipin no kodomo-tachi wa Indo no yori osoi nenrei de gakkō kyōiku o kaishi shimashita. Watashitachiha, yakobu no sutorītoapāto de futatabi atarashī katei o settei shi, kodomo-tachi to sono kyōiku no nochi ni miemashita. Karera wa jūbun ni kaishi sa re, jissai ni wa arayuru tende haruka-saki karera no kurasumēto nodeshita.
Kanojo wa hazukashigariyade wa arimasendeshitashi, anki suru koto ni yotte, ōku no in o anshō suru kanōsei ga aru tame Jayanti wa shimai no chōji to narimashita. Kanojo wa, arufabetto o manabu tame ni hajime, kyūsokuna shinpo o togemashita. Kanojo wa ōku no uta ya dansu o manabi, dare ni sorera o shimeshimashita. Ashis mo nakayoku to. Karera wa akiraka ni karera no daiichigengodatta eigo de no riten ga attaga, mata, karera wa betsu no kuni ni sun de itashi, sorera o hanarete settei.
Disu keiken o tabi shite itanode, ōku no koto o manabi hajimemashita. Kono i bunka no bakuro wa, sorera e no shisandattaga, karera no kurasumēto wa Ashis to Jayanti wa Mari, Furansu ya Indo de no hanashi o nani mo kangaete imasendeshita. Karera wa, Mari no koto o kiita koto ga nai to karera ga Indo ya indohito o shitte ita koto wa, hijō ni ryōkōde wa nakattaga, kodomo-tachi wa subarashiku sotte motte, atarashī kankyō ya gakkō ni yoku chōsei shite imashita. Toraburu wa, karera no kurasumēto ga eigo o hanasemasendeshitashi, watashitachi no kodomo-tachi wa, mada genchi no gengo o manabu koto ga nakatta to iu kotodeshita.
Karera ga sodattanode, koreha-go de henkō shimasu. Karera wa, bikoru no tango o pikkuappu shi hajimemashita. Watashi ga aru yō ni mieta to shite watashi wa dōyō ni chōsei sa remasendeshita. Shakka wa, watashi wa sōon kōgai ni binkandesushi, sore o gaman suru koto wa dekimasen’node, watashi wa hijō ni bikubiku tsukura hijō ni sōzōshī tōri ni shimashita. Mafurā nashi trimobiles ya baiku wa, mondai ga akka shimasu. Watashi wa shizukana basho akogare ga, soreha watashitachi ga sunde ita koto ga arimasendeshita.
Watashi wa kono jiten de aidea ya dochira ka no uchiwotateru ka, izureka o kōnyū suru ni wa, rūto o toru yō ni natta to omoimasu. Jasumin wa, watashitachi ga ie o tateru koto ga deki machi no ōku o keishō shite itaga, watashi wa sugu ni aidea o haiki shimashita. Watashitachi wa doko ka ni tekisetsuna junbi ga dekite tateta ie ni tsuite kangaeru yō ni nattanode, atarashī ie ga kowarete iru shiyakusho no hitobito o atsukau imi shimashita. Tango ga nāga no yōna chīsana machi ni hirogaru dono kurai no haya hontōni subarashīdesu.
Sugu ni ikutsu ka no fudōsan gyōsha wa, karera no mugen no teian de watashitachi o haundingu hajimetaga, aru hi, watashitachi wa karera to issho ni iku to, karera wa heiwade watashitachi o nokosu yō ni nō to iubekidearu to jasumin ni itta made, watashitachi wa sorera subete o somukemashita. Watashitachi ga mi ni itta ie wa, kanojo wa maitsuki no shōkyaku. She wa mibōjindatta to hitori de sunde ita ginkō o shiharau koto ga dekinakattanode, toshi no josei ga hanbai shitakatta saibun-ka de mikansei no iedeshita. Sore ga watashitachi no tame ni chōdo yokattanode, watashi wa sugu ni ie o sukideshita.
Kore wa ōkina ribingurūmu to 2 beddorūmu o motte imashita. Basurūmu wa chīsakattaga, sore o kakudai suru koto ga deki, kitchin’ni wa ikutsu ka no sagyō o hitsuyō to shimasuga, zentai-teki ni, soreha garēji, zenmen to haimen ni aru ikutsu ka no ryōiki o motte ita yoi iedeshita. Watashitachiha, yakuzai no ōkina yorokobi to rōba ni sore o kōnyū suru koto ni gōi shita to watashi wa raigetsu ka sokora ga tekisetsu ni ie o shūsei suru no wa hijō ni isogashi imashita. Sore wa wareware ga idō suru tame ni keikaku sa reta toki ni tsuki ni Jayanti no tanjōbi mae ni junbi ga dekite inakatta.
Watashitachiha, mohaya doko demo, saishūtekini hōritsu de issho ni kurasu tame ni motte ita. Disu wa, watashitachi no ie to, sonotoki sutekina-kadearu kotodatta watashitachi jishin no basho o motte imashita. Watashi wa sore o kakujitsuna mono to shimashita. Wareware wa, subete no gōhan o torikowashi to kotai renga no kabe o kōchiku shimashita. Watashitachiha, basurūmu o kakudai shi, suisentoire, shawā, utsukushī aoi tairu ni okimasu. Jidō mizu ponpu o sōsa shi, fukai ido sentaku-zu yuka ga akadearu kotodatta uraniwa ni shizunde ita watashitachiha, fensu, suchīrugēto ni ire, kyōryokuna semento. I de ume tsukusa subete no kabe ga atsuryoku o katte imashita.
Atarashī chūburaito wa, subete no heya ni setchi sa re,-ka wa naigai ni toryō de omekashi. Wareware wa sugu ni wareware ga katta watashitachi no VW Burajiria o shūyō suru koto ni naru garēji no tame ni soto tesuri ni iremasu. Jissai, watashi wa sugoshi, watashi wa hontōni watashitachi no saisho no hontō no ie no aidea o kiniittanode, subete o kotei suru kibundeshita. Jasumin wa kōkotsudatta to watashi wa ōku no aidea o ataemashita. Watashitachiha, haimen ni furonto ya kudamono no ki ni bara o uemashita. Furonto doa wa, hebīde~yūti kizama reta nara no kideshita.
Kinzoku gēto wa, wareware wa aoi haikei ni shiranuri no daitan’na sutairu de watashitachi no sei no moji o umimashita. Yōsuruni, watashitachiha, watashitachi wa 1983-nen no 1 tsuki 5-nichi de idō suru tame no jikan de okonawa re, subete o emashita. Jayanti wa atarashī ie de kanojo no dai shi-sai no tanjōbi o iwau tamedeshita. Watashi wa zutto mae ni wareware wa, nara no bunshū-ki o fukumu sen ke kara subete kanojo no mono o motarashita tēpudekki ya rekōdopurēyā to hijō ni subarashī Akai sutereo o katte, watashitachiha jasumin o kōnyū shite ita koto o sofasetto o settei suru baai ni atarashiku tosō kyodaina ribingurūmu de sore o settei shimashita.
Watashi wa kanojo ni shingāmishin, ref to gasusutōbu, nabe ya furaipan, kanojo wa hitsuyōna subete no mono o kaimashita. Watashitachi no settoappu terebi, sore wa kanpekidattanode, ōkina ribingurūmu no katagawa ni settei dainingutēburu. Yuiitsu no kāten wa nokotta ga, sore wa amarini mo sugu ni kimashita. Beddorūmu wa ōde wa nakatta to wareware wa meido ga mitsukatta. Soon zenshitsu o senryō shi, wareware wa mattaku no jikan ni iku teiki-tekina burando no atarashī katei o motte itanode Ashis to Jayanti no tame ni wareware wa daburudekkibeddo o kōchiku shimashita.
Watashi wa hontōni yoi ongaku de rirakkusu shite watashitachi no sutekina kodomo-tachi to issho ni asonde, matawa tan’ni jasumin ni hanashite watashitachi no atarashī niwa ni suwatte mōichido jinsei o tanoshimu ni hajimemashita. Watashitachiha tsūjō, sore o subete o ajiwau suwasshibafu ni 2tsu no kantan’na isu o okimasu. Watashitachiha, hitotsu no koto wa, betsu no ni tsunagatte iru tame, Indo o nokosu tame ni watashitachi no kettei ga sa rete ita ka jūdai ni tsuite hanashimashita. Watashi wa Manira nyūkoku kanri jimusho ni yotte eijū-ken o atae rarete ita to watashitachi no kodomo-tachi wa, Firipin no shimin to shite ninshiki sa remashita.
Watashi wa yori ōku no tame no yori ōku no nani o motomeru koto ga dekimasu ka? Watashitachiha subete no mono o motte imashita. Watashitachi wa sore o subete o tanoshinde suwatte iru toki ni atarashī meido ga kagami no yō ni yuka ni wakkusu o kaketa to kenma shimashita. Gen’in watashitachi no kōun ni kodomo-tachi wa, tsugini 1-nensei kara okonatte, ikō ga sumūzudattanode, wareware wa karera ga Indo de hajime shimatte itanode, tan’itsu no gakunen nogashita koto wa arimasen. Ima, karera wa jibun no nidanbeddo to jibun no heya o motte imashita.
Hitobito wa, kon’nani hayaku keijō o shita utsukushī ie ni kyōtan shimashita. Watashitachi wa ima,-sha o motte itashi, soreha gakkō ya jikkō yōji ni kodomo o motarasu koto ni ōku no koto o tasukemashita. Watashitachi no kekkon ni hantai shite ita kanojo no imōto wa ima, kokoro no henka o motte itashi, watashitachi to issho ni ugokimashita. Ōku no baai, kanojo no hahaoya ga kite, kodomo-tachi wa koko de sobo o motsu koto ga yokattanode shukuhaku shimashita. Indo de karera no sobo o motsu karera no keiken wa ni tsuite kaku koto wa nani mo nakatta to wareware wa, karera ga kanojo o oboete inai koto o nozomimashita.
Saikō no nyūsu wa jasumin wa kanojo no kenkō o torimodoshi, watashi wa Mari ni shitteita yōkide kakkinoaru joseidatta to iu kotodeshita. Sugu ni watashi wa ima Amerika de hataraite ita robāto Springstein kara tegami o uketorimashita. Watashi wa watashi ga sō itta Haichi de no purojekuto de sagyō shitai baai, kare wa tazunemashita. Watashi wa sono basho ni itte itanode, saikin okonawa rete ita nōgyō no bisaya jōtai no daigaku de kyōju no shigoto no ofā ga watashi ni kyōmi o mochimasendeshita. Kore wa, tanri sa re, shūkyō-teki kyōshinja de ippaideshita.
Amerikahito wa Haichi de watashi o motte iru koto o setsubō shite itanode, 1984-nen no 2 tsuki no tsuki no 1-nichi wa, watashi wa, orientēshon puroguramu no tame ni, sonogo, porutōpuransu, Haichi no tame ni Beikoku ni mukaimashita. Jasumin to kodomo-tachi wa, watashi ga Haichi ni tekishita ie to gakkō kyōiku shisetsu o mitsukeru made no haigo ni taizai shite imashita. Watashi ga saisho ni mitsukenakereba naranakattanode, watashi wa hontōni Haichi ni tsuite nani mo shirimasendeshita.
Watashi wa. I Haichi wa subarashī kunidearu koto o kakunin shita to watashi wa 4-nenkan soko ni iku junbi ga dekite shutoku suru hitsuyō ga arimasu ākansō shū ya hoka no ōku de chīmurīdā ni aimashita. Watashi wa sugu ni jasumin to kodomo-tachi ga watashi ni sanka suru koto ga dekirudearou koto o kitai shi hajimetanode, kare wa soko ni kare no kazoku o motarashimashita. Watashi wa hontōni watashitachi ga Haichi de issho ni naru koto o nozonda mae ni watashitachiha bunri sa rete imasendeshita. Shitagatte, aratana shō ga hajimarou to shimashita.

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

 

Chapter eight :Abject poverty of Mali- 1979 -1981 ( in Japanese)

mali_3089_600x450

Source : Google photo

マリ、西アフリカ:1981年から1979年

マリのバマコSenou空港で飛行機から抜け出す、我々は爆発のような熱波に見舞われました。ジャスミンは確かに心配していたといくつかのより多くの彼女は脱水開始ないようJayantiをカバーしました。我々はすべての非常にパリ経由でデリーから長い旅の後に疲れてホテルに到着することが切望していました。

我々はバマコに到達したホテルはAMITIEホテル、風景を支配して特徴のない単調なしかし、巨大なホテルの古いアホウドリでした。これは、それほど遠くない穏やかニジェール川から街で最大の建物でした。一つはAMITIEホテルに気づくことができなかったことはありません事はボアの皮に包まれたエレベータでした。私はすべてのスキンを得るために虐殺されたどのように多くの貧しい生き物知らないが、私はエレベーターが大きかったあなたを保証します。

我々はので、私は彼が両方を同時に実行しようとしましたと仮定笑顔や顔をしかめするかどうかを決めることができなかったん中年の人だったジェフと呼ばれる仲間によって満たされました。しかし、彼は一時的に私たちを落ち着いにおける有用だったと私の個人的な車は翌日ダカールから押し上げていました。我々は、我々はいくつかのビジネスを持っていた町の全事業所を閉鎖したイスラム教の休日であることを起こっているため、数日間そのホテルに滞在していました。

だから、辛抱強く私たちは待っていたと私たちのエアコンの部屋の避難所ですべての食品を取りました。 Ashisはその時に自分自身が頻繁に部屋の中を走り、小さな赤ちゃんは、彼はすぐにそれに触れないように学んだように、じゅうたん上の静的構築のためにドアノブに触れてショックを受けました。

公式ツアーガイドブックは可憐な町としてバマコが記載されているが、我々はどこにでも道端や不快なハエによって積み上げオープン下水道、ゴミでバマコについて可憐な何も見ませんでした。しかし、人々はダカールのような不快ではなかったと虹色の美しいタイダイの服を販売する女性は無邪気に微笑みました。子供たちは、あまりにもが、異なる理由で微笑みました。彼らは多くの場合、外国人は、インポートチョコレートやアイスクリームの彼らの買い物をしたいくつかのデパートの周り絞首刑。

マリのように必死に貧しい国での優先順位を見て衝撃的だったが、外国人は気にしませんでした。彼らは、チョコレートとアイスクリームを持っていました。あなたは、彼らはただ無邪気にあなたに笑顔と思っていたならば、子供たちは、しばしばポケットを選んだが、最悪の事態は、ガスをポンピングしながら、あなたに気を取られ、すぐにあなたのタンクが満杯であることを伝えるゼロにメーターを設定し、ガスステーションアテンダントでした。

ただAMITIEホテルの後ろに私たちは自転車のスピンドル、木で作られた彼らの織機で服の色鮮やかなストリップを作った木の陰で汚れにしゃがん織工のスコアを見つけました。彼らはより大きな作品を作るために一緒にストリップをステッチしなければならなかったので、彼らは約4インチよりストリップを広くすることができなかったん。これらの織工は、そのプリミティブにそれを発汗暑さの中でそこに座って生計を立てるために翌日の織機が、彼らは良い生活をした場合、彼らは身に着けていたぼろや彼らが住んでいた家から判断すると、それは疑問でした。

唯一のブランはマリ.Iで良い生活をした私の給与は国際規格によって低かったものの、ブランの範疇にあることを初めて少し恥ずかしく感じました。

マリはなく、わずか約500万人との併用フランスやドイツよりも大きな国土面積を持つ巨大な国です。国の北半分は、ほとんど、あるいはまったく降水量と砂漠だったし、牛、ヤギや羊の彼らの群れの世話遊牧民によって主に住んでいました。南半分は、より多くの降雨に環境に優しいによるものであったが、我々はいくつかの400キロバマコから国の南東の隅にシカソに行くことにしました。私は以前にシカソを訪問し、そこに私の家族をもたらすことについてのいくつかの不安があったが、我々はどこかにスタートを作るために持っていました。

シカソへのドライブは退屈で疲れるだったが、道はまっすぐで特徴アフリカブラシ国を切断甌穴の偉大な数と横ばいでした。牛の大きな群れはそう遠くないの背後にあるフラニ族遊牧民で道路を横断見ることができました。泥の家は時折バオバブの木の下で一緒にクラスタ化された円錐形の草の屋根の長方形または円形のいずれかであった場合に散乱村は見ることができました。いくつかの村が要塞のように彼らの周りの泥壁を崩壊していました。

それがすべてで町を呼ぶことができた場合にのみ、公正なサイズの町は道途中ブグニました。私は彼女の目でそれを見ることができるようジャスミンはがっかりしましたが、彼女は勇敢なフロントを置きます。甲状腺腫の女性は、手織り綿のぼろで自分の顔にハエや人々の群れを持つ子供たちは精神を活気づけるために私たちの周りのすべてだったが、それはあまり助けにはなりませんでした。町の外に1が異教徒にイエスの光をもたらすことがあった。彼ら宣教師化合物の看板を見て、私はそれを除いて、それに追加されませんので、私は、以前ブグニについて少し書いていました。

私たちは、後でそれ以降がだけでなく、より多くシカソにそれらの多くを満たすことになります。我々はいくつかのガスや食料を得るためにブグニで停止するが、前者は簡単だった町の【選択のみレストランは古いレバノンが所有していました。それは汚いとハエでいっぱいでしたが、我々は車が停止するとすぐに現れた乞食の伸ばした手を無視しようとしてそこに座っていました。しかし、彼らはバングラデシュやインドのような積極的ではなかったし、しばらく後に残りました。

一つは、どこにでもマンゴーの木に気づくに失敗することができませんでした。マリは、マンゴーのために知られていたし、前に良いマンゴーを味わっていなかったん人々は、それが世界で最高だと言いました。私たちは、フラニ族女性は牛乳とバターを販売し、他の人が野菜や肉の山に座っていた多くの沿道の村の市場を発見しました。私達はちょうど利用可能であったかを確認するためにそれらの1で停止しました。これは、アジア市場に比べてあまりなかったが、マリはマリでした。

私たちは部屋にゴキブリやネズミを追いかけ町で唯一のホテルで落ち着いたようシカソは、任意のより良いのいずれかではありませんでした。すぐ言葉は、私は非常に多くの人々が助けを求め周りに来た医師を意味する医師であったことを周りました。非常に次の日、私たちは家を探し始め、私たちは私たちが見てするいくつかの住宅を並んでいたジェフの失望に出くわした最初の家を取りました。しかし、我々はあまりにも長い間ホテルに住んでいたし、落ち着くことを切望していました。

私たちの家は、家の具体的なピルボックス型だったが、それは私たちが展開し、彼女はすぐに忙しい調理したホテルの部屋より優れて見えました。庭は大きく、いくつかのマンゴーの木でした。驚異の不思議は、家では電気や水のためのハンドポンプを持っていました。また、庭に住んで夜警を持っていました。あなたが庭庭を意味すると言うが、それはより多くの砂利なし庭の完全な庭のようなものだったときに英国の人々が恐怖です。

夜警は数日のためにそれらを観察した後、彼の母親が、ジャスミンのように見えた若い妻と別の女性は、彼女が彼の最初の妻であったことを宣言していました。ほとんどのマリはイスラム教徒であり、一夫多妻を実践しました。私はヤシの植物の幹で作られており、革ひもと一緒に開催されたいくつかの粗家具を見つけましたので、最初の数日間は、私たちは私たちの家庭を設定するために必要なものを探してい費やされました。

私たちの狼狽に、私たちは古いハイネケンビールの例および他の多くないとストックだけで食料品店を見つけました。彼らはまた、シャンパンを持っていたが、我々はシカソでシャンパンを飲んで見つけることを熱望していなかった人を知りませんでした。
地元の市場は、農家が販売し、彼らはリターンに必要なものを購入するなどの果物や野菜の彼らの生産をもたらした日曜日に週に一度組み立てられます。主にそれがあった女性のaffair.Theyは、彼らのカラフルな服で来て、いくつかは、鉢巻きや種類のターバンを身に着けていました。男性はboubousや手織り木綿の服を着ていました。

私たちは、私はドアや窓のワイヤスクリーンを固定し、我々はまた、Nivaquine錠を服用開始した蚊帳を購入し、予防薬として子供たち粉末形態を与えたようシカソがマラリア帯であったことを警告されました。 JayantiとAshisたちは発疹で埋め、その小さな体を持っていたし、すぐに家のピルボックスであるため熱が惨めでした。
電圧は、我々はそのように我々だけで汗をインストールしていたエアコンを実行するには低すぎたとウェットタオルで自分の体を冷却しようとしたので、私たちは無力でした。我々は、すべての悲惨でしたが、赤ちゃんのために残念に感じました。

私たちは一週間は非常に少ない灯油ランプやキャンドルをたくさん買っ数倍以上の電力を持っていた場合、我々はラッキーでした。それはとても小さなお子様連れの私たちのような新しい家族のために非常に心強いませんでしたが、何とか我々が管理します。

私たちの最初の仕事はこんなに早く少年が発見された国内の助けを得ることでした。彼は一般的な名前であるアボと呼ばれるが、礼儀の彼の感覚はジャスミンを怒らせました。彼は簡単に家の周りを歩いて、彼は努力をしたものの、子守する方法を知りませんでした。マリでは、このようなタスクは常に女の子や女性に与えられています。彼は毎日のように私は彼がイスラム教徒だったと5回祈るしなければならなかったことを説明しなければならなかったマットの上に座って、いくつかの奇妙な体操を始めたときジャスミンはバッフルました

日。彼女はフィリピンでイスラム教に会っていないし、彼らの宗教や文化の全く知らなかったんでした。

しかし、柔軟体操やないアボは、彼は完全に絶望的だったので、行かなければなりませんでした。彼はまた、そのようにカウントし、私は彼の賃金を説明する困難な時期を持っていたする方法を知りませんでした。すぐに我々は、カトリックのミッションと町で唯一の教会を実行した主に、フランス、ベルギーたホワイト父親やスペイン語の司祭を見つけました。
ホワイトシスターズや孤児院を運営し、女性に家事でいくつかのスキルを教えた修道女もありました。彼らは非常に親切で、AshisとJayantiを愛しました。私たちはすぐに彼らの助けを通じてメイドを発見しました。我々が大幅に緩和されたので、ベビーケアは、ここで女性に自然に来ました。

彼女は彼女の背中にアフリカのスタイルをJayantiを実施し、Jayantiはすぐに人気となった近所の周りに行ってきました。 Ashisは幼児だったと自分で家の周りを歩くことができるが、我々は彼の口に何かを入れて彼のために傾向のすべての時間に彼を見ていた、食べ物やありません。

この時点でジャスミンは、心臓によって単語の忍耐を学んでいました。私たちは、クロックラウンドの後に見て二つの小さな子供たちと彼女のハードされている必要がありますが、少なくとも私たちが定住し、メイドを発見された状況下で行うしなければなりませんでした。それは考慮悪いスタートではありませんでした..

ある日、私たちは彼女の問題は何であったか理解できませんでした、泣い新しいメイドを見つけましたが、その言語であるBamanakanを知りません。白の父親は私が病院に彼女を取り、適切な薬を与えられたので、彼女はマラリアに苦しんでいたと述べました。多くのマリは、マラリアを患ったが薬を買う余裕ができませんでした。彼らは、予防医学や彼らが取ることができる措置何を知りませんでした。

私たちは、子供たちは、あらゆる種類の薬物療法に反応しどのように迅速に驚きました。多くの場合、我々はかさぶたや私たちが出席したいくつかの化膿傷でそれらを発見し、彼らが速く回復しました。私たちは、彼らの両親はそれがより深刻なものに発展するまで、そう単純では病気がためuncared行った自分の子供の世話についてはあまり気にしなかったことに気づきました。多くの場合、子供が死亡しました。

誰もがそれを持っていたので、あなたは彼らが説明こぶしの大きさは自然なことでした巨大な腹のボタンを持つ子供たちを見ることができました。マリは、出生時に臍帯の不良切断によるものであることを同意しませんでした。私はすぐにマリはほとんど彼らが何かを知りませんでしたが、その後ベンガルやアラブ人は何が違うのであることを受け入れられないことが判明しましたか?

甲状腺腫は、ヨウ素添加塩は、治癒または予防あったような単純なものが。彼らは甲状腺腫は、ほとんどの女性が持っていたものだと思った彼らの理解を超えたので.Their食品はヨウ素を欠いていた別の例でした。彼らは、刺繍boubousにドレスアップに大きな誇りを取り、確かにそこに非常にエレガントに見えたが、彼らは唯一のコーンミールやソルガム粥と少し他を食べました。ドライナマズは長続きする燻製珍味だったが、それは高い天にstinkの過去。肉は、ほとんどのための贅沢でした。

男性はあまりにも刺繍の多大でカラフルな絹のような材料のboubousを身に着けていたが、重点は、物質にショーの詳細と少なかったです。町で週に一度、日曜日の市場は最貧困層が最高の写真家の夢は限り、あなたは後ろやただれ左ゴミの山で、あまりにも密接に見ていないシーンを作り、その中に現れたようであっても色の暴動でした。

売買のほとんどは、他の場所でアフリカのようにマリの女性によって行われました。彼らは彼らの頭の上に巨大なバンドルはマイルのために歩くと辺境の村から来ました。彼らは必要なものを購入するために彼らの農産物を販売したが、お金が不足していたとして、いくつかの物々交換も行われました。

私たちが呼ばれたように、いくつかのtoubabsは町の風変わりでした。女性は多くの場合、我々は、彼らがさまざまな方法で編まれていることを変態髪が美しい見つかったものの、賞賛するジャスミンの光沢のある長い髪に触れました。美しく編んだ髪の若いマリの女の子が見るべき人でした。ヨーロッパの多くのトップモデルは恵みと他の場所で目に見えない落ち着きを持っていた西アフリカの女の子でした。しかし、多くの場合、彼らはほとんど絹のような光沢のある黒い肌のように、自分の美しさに感謝していませんでした。彼らは色白であることに優れていました。ただ、ベンガルやフィリピン人など。

その一部は、大きなエクステントアニミズムにあった国のキリスト教とイスラム教の導入によるものでした。彼らは彼らの胸にカットし、傷を化膿開発ワイヤーとブラジャーを身に着けていたので、裸の胸であることは未開だったと言われていました。彼らはとんでもない曲やダンスを歌うと、一部の女性はイスラムのWahabite派の場合は黒のベールで完全に自分自身を覆われたので罪深いだったと言われていました。しかし、あなたはまた、前に男の子を運ぶ自転車を漕ぐ若い裸の胸の女の子を見ることができました。

全体的にマリが歌うのが好きだったし、ダンスと我々は我々が後で村に移動したときに、より密接にそれらを知ることになるだろうあふれんばかりの人であったが、キリスト教やイスラム教は執拗であったかどうかの宗教の圧力はので、おそらくそれは、前の時間の問題でした彼らは活気を失いました。確かにmollahsと宣教師はすべてのマリを変更するために残業を働いていました。

イスラム教の広がりがキリスト教のそれよりも速かったことがマリで非常に明らかでした。モスクは、キノコのようなすべての村にまで発芽しました。バマコの大モスクからムラーはラジオで1日5回、国の隅々に達する可能性があります。

カトリック教徒は劣らず、その熱意に欠けておらず、彼らは政府によって閉鎖されたまで、一度にその教会の実行学校でマリに数学、科学、社会科で唯一の西洋の教育を提供しました。今カトリック教会は縫うまたは刺繍する方法を孤児院や教育の女性を実行して、ヘルスケアを提供していました。彼らは頻繁にスポーツ活動を組織し、小さなカトリック人口はゆっくりと成長していたので、多くの方法でコミュニティを助けました。

負けじとするのではなく、プロテスタントも北アメリカ人によって経営され、それらの店をセットアップするが、その活動は賛美歌を歌い、その粗建ての教会で唱えまたは非常に困難な作業でしたローカル言語に聖書を翻訳の多くに制限されていました。ブグニでカナダ人と他の場所で実行されているミッションもありました。ブグニで牧師はとてもフレンドリーで外向的な人だったが、彼の妻は疑わしいと非常に非友好的でした。

多くの農村地域では、人々は彼らのアニミズム過去に根ざしとフェチ礼拝。彼らは木琴ですbalafonの音に歌や踊りの自由を楽しんだ。残りましたマリbalafonistは真のアーティストですが、彼らはまた、ブリキ缶、腱、彼らは非常に良いプレーをした動物の皮から多くの自家製の楽器を作りました。アフリカで最もよく知られているボーカルアーティストの一人Infactはヨーロッパでも名声を得たマリでした。

シカソでは、日によってぽっちゃり日成長した赤ちゃんJayantiとAshisの生活や思いやりのルーチンに落ち着きました。 Jayantiはありません最後に彼女おんぶを楽しんでAshisは嬉しくJayantiは後ろに座って、多くの場合、家の周りに彼の三輪車を踏込み。しかし、彼らは一緒にプレイするためには他の子供を持っていません。毎週日曜日、私たちは、修道女たちは彼らと一緒に訪問することができなかった場合JayantiとAshis。彼らも家に来抱きしめるためにラインに入るであろう教会にそれらをもたらしました。ジャスミンはフランス語を話せませんでしたので、会話の外に残ったが、宗教的なコミュニティの友情を歓迎しました。

プロジェクトを開始するために私はまだ待っていました。社会学上のデータを収集シカソ近い村の一つで働いていたと後で表面的に我々のプロジェクトに統合するであろういくつかのオランダ人だったが、彼らは私たちに孤高残った私は、共同の労働者がいたのかわからなかったか、オフィスが.Thereになる予定だった場所。我々は常に我々がマリで過ごした3年間でそれらを知るようになったことはありませんので、彼らは離れて喜んで残っていることを感じました。

私は、私は彼らの無関心を属性することができますかわからないが、おそらく彼らは私たちが夫婦であることと、彼らが独身である.ORおそらくそれは我々が知らなかった何か他のものだったと不快でした。一つ中国語フランス語は、最初は少しより友好的だったが、その後、私たちはめったにそれらを見ました。 2平和部隊のボランティアのうち、1は後に他の場所に移動すると、他の、若い女の子が、彼女は動物科学プロジェクトをやったシカソに残っている間、いくつかの原因で死亡します。私は自分の名前のいずれかを覚えていません。

私はそれがここでは差がなかったので、分離に住んでいた少数の外国人からの友情や社会的な混合を期待していない年間で学んでいました。それは彼らが挨拶かを知って取得したいというものであった可能性が低い、外国人が呼ばれたようtoubabs Infactは町より小さく、より少ないです。それはなぜそうなのか私に聞かないでください。このパターンは、私が住んでいた多くの国で自分自身を繰り返します。ヨーロッパの宣教師は唯一の例外でした。

マリのカウンターパートが同じことをやりました。彼らはしばしば私たちの家に来たが、礼儀を返されることはありません。彼らは、彼らは貧しい家に住んでいたので躊躇していたなどの理由があるかもしれません.Perhapsを住んでいた私たちが過ごした3年間で、私たちは知っていたことはありません。私達はちょうど知りませんでした。

我々は右の私たちが住んでいた家にあったの知らなかったマリの生活が、1つの多くの危険がありました。ある夜、ジャスミンは、ボトルキャップを落とし、キャップは彼女の手にsquirmedとき薄暗いろうそくの光の中でそれを拾うためにかがん。彼女の非常に迅速な反射がアフリカサソリの刺し傷から彼女を免れます。私たちは恐怖でした。子供たちはそれを踏んいた場合はどうすれば?
私たちは、より多くのサソリのためにどこにでも家を探し始め、そのうちのいくつかを発見しました。彼らはまた、庭に岩の下で発見されました。それは私がまったくのために準備されませんでした非常に不穏な展開でした。

そして、誰もが怖いと警告したように、疑うことを知らない人の耳を切り落とした狂信的な仲間があったことが町の周りに行くという噂がありました。そうある朝ちょうど私たちの家の近くに、我々は、人々はすぐに出てきて、彼の手にナイフで仲間を見つけて、無意味な彼を倒すように女性が苦痛に悲鳴を聞いたことが起こりました。すぐに警官が来て、撮影するために彼を奪いました。

それはイスラム僧侶や隠者であるマラブーは、いくつかの秘密の儀式のために耳を収集するために仲間を命じていたが、誰が本当に真実を知っていたことが分かりました。マリは危険な国でした。人々はいくつかの重要な村長などが死亡したときに埋め込まれるヘッドを収集するためにコートジボワールから来ました。私はビジネスが好調だったため、価格のため、このようなものの定期的なサプライヤーがあったことを聞きました。ファーム手が古いと重要ないくつかのいずれかが、任意のチャンスを取ることはありませんでした。彼らをcroakししようとしていた時はいつでも姿を消したとしてコートジボワールで働いていた多くのマリ。

人で埋めヘッドの数は、その人の重要性をシニフィエ。私は伝え多くのヘッドが埋葬されたそこの人々の非常に派手な霊廟を見ていました。それは怖かったです。誰もアフリカ人は進取ではなかったと言うことができませんでした。しかし、昔にそれが悪化していました。私たちは、昔に略奪者や山賊からそれらを保護された泥の壁を崩壊しつつあるとの多くの村を見ました.Slavery

まだないが長すぎる前に、ここで練習したと人々は進取のトレーダーによって拉致されました。人々はまだ元奴隷や子供たちであり、彼らに見下さ誰が知っていました。

残りの部分から人種的に異なっていたフラニ人は、常に彼らが彼らの頭に縛ら重いコードとそれらをサポートしなければならなかったほど重かった大きな金の収益を身に着けている牛の彼らの群れとその女性と歩いて見ることができました。彼らは銀行を信じ、それらに彼らの貴重品を行いませんでした。このような女性は、アジアのどこにでも10分続かないだろうが、その点でアフリカは安全でした。それとも彼らの男性の人々は、すべてのかもしれないと彼らの女性とその金を擁護しました。

彼らはまた、琥珀の宝石を愛し、1は非常に貴重である彼らに最大の琥珀色のビーズを見ることができました。アンバーは石化樹脂であり、それは非常に貴重であるので、それは母なる自然によって琥珀色を作るために、数百万年かかります。
彼らは、他のマリは、美しさの感覚を共有していなかったが、彼らは美しく見えるようにするためにいくつかの永久的な染料で口ブラックの周りに自分の顔を染色しました。これらは、西アフリカの遊牧民や牛遊牧民でした。彼らは決してどこでも決着せず、村外での粗一時的な草の小屋を作りました。

彼らは日曜日に市場に牛乳とバターを販売私たちは豊富に供給していました。アメリカ人は非常に偏見を持っていたとミルクはおそらく結核に牛から来たが、それは無知に基づくだけで偏見だったことを私たちに警告しました。私たちは、牛乳やバターに問題がなかったです。

しかし、私は新鮮な羊肉を買うの出会いの問題をしました。肉屋はとにかく、彼らが望んでいたし、混合腸、それに他の不快な部分の肉を強打しました。マリは特にありませんでしたが、我々はありました。肉屋が肉の重量を量ると私は市長のオフィスに問題を取ったので、私に正しい法定速度を充電することを拒否したとき、ある日、問題は頭に来ました。

彼はとても素敵な紳士だったと正義は迅速に行われることを私に約束しました。彼はその後、肉屋、彼の肉、バランスをフェッチするために彼のアシスタントの2を送信し、そのような事柄を規制貿易のオフィスに彼を連れて行きました。肉の私の購入があり秤量し、オーバー価格返金とバランスと没収された肉の残りの部分。貧しい肉屋は、彼が自分自身を作成した混乱を整理しようとしている一日そこに座っていました。

結果は、その日から、彼はいつも重量私に肉を販売し、正しい金額が請求ということでした。私は、彼らはちょうど私の名前を言及するべきであると言ったので、その後いくつかの外国人が同じ問題を訴えました。私はいつも不正を戦うことを試みました。私は、以前の不正店主は私に障害のあるカメラを販売していたとき、私はサイゴンに持っていた問題について書かれていました。その語学学校がニコールをリッピングしたとき、私はまた、ワシントンで不正を戦いました。

平和部隊のボランティアはほとんどの時間は、彼女はそれらをので、私は彼女が水の入ったバケツに卵を聞かせていることが示唆台無しに見つけたので大きなトラブル市場で卵を購入していた若い女の子でした。沈んだものは良いものだったが、私たちは彼女を見た次の時間は、彼女はこの時間、すべての彼女の卵を台無しにしたと述べました。彼女は厳密に私のアドバイスに従い、浮いたものを選んだと言いました。アドバイスにあまりにも多く。彼女は動物科学を専攻していました。

彼女はジャスミンは最終的に彼女はに話すことができる誰かを持っていたので、家に来るために使用されます。ある日、彼女は洞窟があった村に連れて行ってくれました。これは、狂信的なマラブーは、私たちはそこに行く少し不安でしたが、どのような興味深いものでしたが、山はリチャード・ニクソンの紛れもないシルエットを持っていたことだったから来た村でした。私はリチャード・ニクソンは、母なる自然は、世界の残りの部分がなかった場合でも、彼を忘れていないことを知って非常に満足しているだろうと確信しています。

洞窟は、私たちは速く外に出たが、地獄のハエは、我々は戻って車に走り、すぐに窓をロールアップするまで、私たちを、次保たbatshitのすべてとpタンクで面白いではなかったです。彼らは我々は風呂を必要とするがマリの熱が抑圧的だったと、あなたがお風呂を取った頻度に関係なく汗を流していることを示唆することができます。

そこシカソに行くにはない場所はなかったが、すぐに私たちはたまに泳いで行きましたFarako近く泥穴を見つけました。イギリスは町のために水道水にそこに小さなダムを建設していたが、我々はソースを見たとき、私たちは安心していませんでした。私たちの家主は、水道管に入れた平均時間であったが、彼らは赤ちゃんをたくさんギョッによる高圧に夜に機関銃のようにガタガタ。何もここに完璧ではなかったが、我々は水を持っていました。私は水フィルターを購入し、ジャスミンは行うには非常に賢明なことでした.ITろ過された水を沸騰開始しました。

Farako近く、彼らは自分自身を示唆しなかったが、中国は彼らが間違って証明し、茶の生産は何に不安を持っていたフランス人の不安の中国inspiteによって設定された茶畑がありました。今、何の自己尊重お茶を飲む人は、マリのお茶が良かったことを言わないだろうが、マリはあまり気にしませんでした。それは彼らの国民的飲み物でした。

今、私はあなたのアイデアを持っていることができるように、彼らは自分のお茶を作った方法を説明しましょう。まず、彼らはお茶を沸騰させ、それがシロップのように見えたように、砂糖の多い第1カップを飲みました。その後、彼らはより多くの水を追加し、いくつかのより多くを沸騰させ、より多くの砂糖との第2カップを飲みました。その後、彼らはより多くの水を追加し、より多くの砂糖を追加する3度目のカップのためにいくつかの詳細を沸騰させました。この時間までお茶は苦かったとキニーネのような味。私はファーストクラスダージリン紅茶のカップを味わうために、それらの反応だろうかと思ったが、彼らはダージリンのことを聞いたことがなかったし、あまり気にしませんでした。彼らは中国へのお茶のおかげを持っていました。

私たちは純粋なダージリン憧れが、それは利用できませんでした。彼らは彼らのコーヒーへの脅威としてそれを見たが、いくつかのお茶をとにかく密輸され、そこに良い価格をフェッチどこマリ茶はコートジボワールで禁止されていました。しかし、密輸はロングショットでお茶に限定されませんでした。私たちはしばしば、カスタムのオフィスで牛や羊の撮影し群れを見たが、一人一人のために、彼らはおそらく9は逃げた傍受しました。マリ、ギニアとの間の境界は、多孔質であり、牛泥棒は非常に精通していたブッシュを通る道の無数ていました。

この時点で我々はシカソで約1年を過ごしていたが、私たちのヤードが近隣共同洗濯地面なったため、より多くの我々はそこ不幸でした。女性は彼らの子供たちは、彼らの洗浄および当社が夜警は、私たちの水を売ってそれらからお金を作っていたことが分かっているのマンゴーツリー.Onトップ下お茶をしながら、彼らは常に再生され、その地獄のラジオをもたらしました。私は別の場所を探すために始めたので、これはあまりにも多くありました。

そして、アイデアは、我々は我々自身の家アフリカのスタイルを構築することができシカソ近くの村を見つける必要があることを来ました。だから、すぐに村は、私は、彼らがdougouティジーと呼ばれる村長と会い、ミーティング村の評議会と呼ばれる順番にそこ.Heを家を建てるために彼の許可を求めたが、長い議論の後に何が原因で決められなかった10キロの距離で発見されましたtoubabouは村に住んでいることはとても珍しかったです。

Toubabouは、彼らがすべての外国人のために使用される用語です。そして、彼らは選択図知事は温かく私たちを受信し、それは素晴らしいアイデアだと一度完成した家を見たいと言った軍人だった彼の助言を求めるために知事を見に行きました。そして、これは私たちが家のための計画と村の位置を描画するために本格的に始まったので解決しました。誰がマリの土地を購入していないので、最後に素晴らしいサイトは無料で私に与えられました。それは村に属し、チーフは、彼の家はどこになります誰か、育成するフィールドを決定します。サイトは果物を搭載したマンゴーの木に囲まれました。

私は、半円形の方法で5ラウンドの小屋の計画を策定し、1家.Thisが前に行われていなかったそれを作るために通路によって相互にリンクが、私の励ましと指導との石工は5真ん丸小屋を建て、広い通路でそれらに参加しました。彼らは彼らの成果を非常に誇りに思っていたし、みんなに家を披露しました。

壁はそれにハードコートを与えるシアバターで被覆し、屋根は完全に円錐形の黄金色のわらで作られました。全ての客室には窓に通風とスクリーンを持っていたし、半円形配置は、次に選択図トイレは、それが満たされた巨大な粘土の瓶を持っていたに次のウェルログやバスルームで覆われた深い乾燥していた高い壁で囲まれた完璧な中庭を作りました水で近くの井戸から引き出されます。

床は、ハード私がインドから持ってきたカジュラホの置物で内壁を飾っながらジャスミンはそれをハードほこりのない表面を与えるために牛の糞で週に一度コーティングされた地球を充填しました。子供たちの部屋は、私たちに隣接していました。そして、リビングルーム、キッチン、予備のゲストルームはありました。私は、私たちのベッドルームの壁に、よりエロカジュラホの置物を置くが、来場者はとにかくそれらを見て主張しました。あなたが密接にそれらを覗き修道女の顔に表情を見ている必要があります。

要するにそれはマリが。彼らはそのラウンドの小屋は、このように参加し、ハエや蚊自由作ることができる知らなかった見に遠距離から来たセンセーショナルな家でした。女性が来て、部屋から部屋にさまよい、最終的には約6ヶ月間続いたsleep.Thisにリビングルームで起工しました。私たちは面白がっていたし、彼らの睡眠を邪魔しませんでした。

私たちは中庭にパパイヤの木とオレンジの木を植えたが、ジャスミン、私は1つがどこでも見つけることができる最高のエンドウナットパッチだった家の前にエンドウナットを植えました。それは、私たちがフリー雑草を保っきちんと列に植えられました。また、フェンスとしてキマメを植えました。私は、バスルームの床とだけトイレを固め。メインドアの近くに私はいくつかのアフリカのスタイルの石の小像を固定し、それは満月の中に生きて来て、私たちの家を守っていることを子供たちに語りました。彼らは生きてくる鬼のアイデアは、彼らの心の中に無限の恐怖をまいたので、いわば自分の影を恐れていました。

私たちも、ペットとして赤ちゃんの鹿とジョージと呼ばれる非常にいたずら猿があったが、シカは激しい嵐の中にコードの周りに回転させることによって絞殺で死亡したが、猿が滞在し、楽しみのために植物やパパイヤの葉を破壊しました。私はマンゴーの木の下で眠っている間彼はまた、私の髪にシラミを探しました。

女の子は満月の間に狂気に行って、いつも笑いので、フロントドアの近くに石の鬼のアイデアを、それらを追いかけ男の子または男の子を追いかけて私たちの小屋の周りを走りました。そのうちの一部の古い女の子はかなり私の鬼の話を信じなかったので、それは劇的ではなく、完全に彼らの情熱を冷却しました。

AshisとJayantiはどこかさまよっが、古い人々は子供たちに監視の目を維持マンゴーツリーの下に座っていたので、我々は彼らを心配することはありません。 Tiecourobaと呼ばれる一つの老人はAshisとJayantiの非常に好きだったし、良い朝意味のini sogomaを呼び出すことによって、それらを覚ますために毎朝来ました。

Jayantiは、彼女が本当に気に入ってピギーバック乗って村の女性が彼女の何かを与えたので、私たちはしばしば彼女の口の上に食べ物の痕跡を発見しました。ジャスミンは、夏の間涼しく、昆虫から無料だった私たちの新しい、広々とした家の中で本当にとても幸せでした。私たちは、村人たちは、ソートの私たちを採用し、彼らのお祝いだけでなく、葬式に私たちを招待したため、村に住んで楽しみました。

私は救急の日や夜間の場合は病院にそれらを持ってきて、多くの場合、私は彼らが約10キロ離れた町に乗りました。その見返りに、彼らは感謝の印として私に鶏肉やオレンジのバスケットをもたらすだろう。私たちは、フロントドアに新鮮な牛乳、卵や野菜を買いました。また、訪問者の一定の流れがあったが、外国人は、冷蔵庫や発電機を探します最もしつこいタイプでした。私たちは、REFまたは発電機を必要としなかったことを説明し、私が点灯し、部屋に配置された私たちの5灯油ランプと完全に満足していました。これは、すべての夜燃やしと黄色がかった光が目に非常になだめるようだったが、彼らは私たちを信じていませんでした。

私はジャスミンがとてもよく調整したことを見て幸せだったと明らかに.Sheは彼女がシカソのそのひどい家にあったが、一部の人々は、我々は満足していたことを受け入れることができなかったよりも幸せだった村の生活を楽しんで。彼らはジャスミンはひどい苦難を通過しなければならないことを推測し、私たちはより良い余裕があったので、それは恥であったことを他の人に言いました。

私たちのよく有志の一つは、彼女の夫への参加をシカソに到着した脂肪と醜いアメリカ人の女性でした。彼は私たちのプロジェクトで作業し、1日は彼の巨大な犬と一緒に完全に招かれざる到着し、村に私たちで移動していたました。ジャスミンは、この不要な侵入によって非常に悩まされたと同様に仲間は彼がどこかにいくつかのドッグフードを持っていたと言って上に保持するが、彼の大きな犬を養うために持っていました。私たちは招待状なしで未知のアメリカ人の家族で動くことができませんでした確信しているが、私は先に述べたていたとして、彼らはアジア人に向けて見下す感じました。当然の私たちは、撮影しました。

彼は彼の家はまだ準備ができていなかったと言って上に保持ので、我々は仲間が滞在するつもりだったどのくらい知りませんでした。事実、彼は我々が北にモプティへ行くことにしたと彼自身と彼の犬のためにかわすために彼を左に1日まで滞在したので、彼は彼自身と犬の世話をするために使用されなかったということでした。それはそれをやりました。彼は最終的に彼の巨大な妻が到着するのを、彼はイライラ待っていた自分の家に移動しました。

すぐに彼女が到着した後に、この女性はシカソは素晴らしい村であったことを宣言しました。私はマリはマリの第二の都市、村だったが、女性は全く無知と偏見に満ちていたことを聞くために怒られたどのように多くのか分かりません。彼女は足を示す女性の懐疑的な見方を取ったマリの狼狽に彼女の巨大な太ももを露出させるタイトなショートパンツの中を歩きました。彼女はまた、この表現に困惑した隣人を訪問する “私は家にいないです」と言うでしょう。

彼女は貧しいジャスミンはそのような最悪の場所に住んで苦しんでいたどのように皆に言ったように、この女性は私たちの首の痛みになりました。彼女は貧しいジャスミンのことを聞いていたので、すぐにスイスの女性は、食品や缶詰のフルバスケットを運ぶ私たちの村に到着しました。我々は我々自身の家で村に住んで楽しむことを彼女に説明すると、彼女は明らかに恥ずかしい。私たちは、彼女は彼女の食糧バスケットを取り戻すと主張しました。

それから私はこの太った女性の夫に行って、我々は非常によくやっていると、彼らは自分のビジネスを気にしなければならないことを彼に告げました。私たちは友人ではありませんでしたが、今、ブレークが完了しました。彼女は私たちは疫病のように、この家族を避け、彼女は長くは続かないだろうと予測マリの文化やそれらに向かって彼女の無礼な行動を無視することによって彼女自身多くの苦労をしました。
彼女は最終的に梱包し、仲間と良いのための国を去っ日1および1日からちょうど約すべてについて不平を言いました。

彼女は、しかし唯一のミスフィットはありませんでした。シカソに私たちの通りを渡って住んでいた別のアメリカ人女性がありました。私が描いた唇、爪やハイヒールでこの女性を見て、彼女はマリに長くは続かないだろうと残すために口実を探していたことを予測したら。彼女の黒猫がさまよっと速やかに子供たちによって死に殴られたときの言い訳は、1日に与えられました。

マリでは黒の動物が悪であると考えられます。誰かに属しているかどうか少し大事。それは文化的だったと文化は常に信念や迷信に基づいています。アメリカで数13程度迷信があるようなので、彼らは等マリホテルの部屋番号13またはエレベーターで13階を持っていない差がなかったです。ここでは、とりわけ黒色動物でした。しかし、これは速やかに梱包し、高いとドライ彼女の夫を残した女性に当たり大きな音を鳴らしました。

彼らはカルチャーショックの多大経て、偏見に建てられたが、アメリカの宣教師は粘り強いたくさんありました。彼らは、ネイティブの文化を下に見て、すべての非常に横柄な見解を取りました。彼らの唯一の使命は、彼らがしっかりとだけ彼らが示すことができると信じ光を見るために異教徒を変換することでした。私はアメリカ人宣教師について非常に否定的な印象を形成し始めました。

私は言語はベトナム語のように難しいことではありませんが、iniファイルタイやiniファイルのsogomaを言っ以外Bamanakanを学ぶための試みを行っていませんでした。単に私の同僚はすべてフランス語話し、私は農家に話をするために必要な場合、彼らは私のために解釈される言語を学ぶためには大きな必要はありませんでした。マリはそれが本当ではなかったが、彼らは正確にフランス語を話したことを伝えるに大きな誇りを取りました。彼らはまた、私たちのプロジェクトは、農家で動作するように設定したが無学と文盲の農民のための偉大な侮辱を示しました。

農業システムのプロジェクトでは全く離れた農家から取得するが、プロジェクト内の誰もが農村の人々のための任意の大きな関心を示さなかったし、リモートおよびシカソから遠いた村を訪問することを嫌っありませんでした。彼らは、マリの状況はそうでなければ要求しながら、一つの方法でそれらを成形フランス語教師によって支配教育システムの産物でした。

プロジェクトは綿とは何の関係もありませんでしたが、彼らは、彼らが成長した綿の何ヘクタールに農家のベースを選択する彼らの方法論を非常に誇りに思っていました。これは、彼らの心にGladie、MonzondougouとSakoro論理の選択をしました。これらの村はシカソから数百キロメートルであり、非常に遠隔地のいくつかは、私たちが行くと月曜日から金曜日まで、それらの村に滞在していた、意味のある作業を行います。

雨季の間、私達は特徴のないブッシュ国に従うために使用されるヤギトラックは非常に難しい。我々を駆動作られた非常に背の高い草で覆われていた私たちはトラックやオフにした場合は知っていたとソートの村に向かって当て推量によって行ったん。多くの場合、我々は深い泥に行き詰まるとだけの道を再び行き詰まるする重いランドローバーをextricating時間を過ごしました。タイヤに穴を開ける可能性が鋭いスパイクや根の危険が常にありました。

最初に村長が避難所を提供してくれましたし、女性は私たちのお風呂用のお湯を準備し、私たちの食事を調理したが、食べ物はほとんどドライ猫の魚と米やトウモロコシ粥でした。砲撃ソルガムで作られたお粥で農家はぬるぬる緑醤油に浸したが、それは常にいくつかの砂と混合されたか、それは私には思えました。おそらく、彼らはそれが良い.Iはわからない味にするために砂のビットを追加しました。私たちはしばしば呼ばれるこのお粥に生き残りました。

私は非常に小さい灯油ストーブの上に自分の食事を用意し、高い天にstinkの過去乾燥魚を食べることができませんでした。私は簡単な食事を準備するために管理しますが、このような原始的な政権の効果はブッシュで数ヶ月後に示し始めたので、ジャスミンは週に私に野菜や他のものの提供を詰め。私は自分自身と子供のためにかわすために村に彼女を残していたが、私は選択の余地がなかったです。仕事が最初に来ました。

1年ほど後、私たちは村人に課すとこの問題に関する村の首長との会議を開催しないように、各村は私たち自身の四半期を持っているべきであると決定しました。その結果、泥の家は、私たちのために二つの村に建てられたが、占領されませんでした。なぜなのかご存知ですか?マリたプロジェクトリーダーは、正しく宿舎を発足するごちそうが必要であると述べたが、ごちそうを整理するためにお金を与えたことはありません。彼は実際には何の多くを行うに暇がありませんし、不在.Heは、彼が行くとどのくらい彼が不在であることを行っておらず、ほとんどのプロジェクトサイトを訪問した場所を言及するのが好きではなかったことが多いでした決して。彼は私の相手のはずが、彼はそうではなかったということでした。

私は一人で残っていました。このプロジェクトは、それが農学や動物科学を意味営農システムのプロジェクトであったが、農業についての最初の事を知らなかった人でいっぱいでした。彼らはプロジェクトに何の関係がありませんでしたが、彼らは聞かない系図上のデータを収集しました。データのこれらのボリュームは、多大な費用を集めたホコリで収集し、分析していない、または使用のいずれかの種類に入れませんでした。

アンケートの何千は、多くの場合、彼らが知っているとどのような農家に依頼するが、それは問題外だった認めざるを望んでいたかわからなかったこれらの人々によって充填しました。彼らは子供のための係数、女性と同じ仕事をしている人であるべきであると決して会議の5時間後に任意の結論に来ることが何時間議論しました。彼らは偉大な話し手だったが、それはプロジェクトを助けるか、原因は進みませんでした。

オランダは、さらなるステップを行ってきました。彼らはそれぞれ、すべてのフラン貧しい農家が過ごしたとどのような目的のために自分の人生の毎日、彼らはオランダで後に分析されるという大規模なアンケートを積み上げを知りたいと思いました。彼らは私のような農学者は、社会科学について何も知らなかったし、彼らだけがこのような仕事をする資格れたと述べました。私が大学院レベルでの農業普及方法の訓練を持っていたことを彼らに問題ではありませんでした。

彼らはまた、3つの研究の村で農業システムプロジェクトとは何の関係もなかったが、彼らは常に6〜7時間たびに劣ら続いていないと私は提案や議論は何も矛盾会議に座っていました。しかし彼らは、彼らが何をしていたかについては非常に守備でした。私は、誰もが誰も農学者ではなかったので、このようなプロジェクトの主な焦点になるはずだった任意の農学の仕事をやってみたかったしないことがわかりました。

彼らはまた、話すのが好きでした。私は時間のために話をして何も言わなかった人を知りませんでした。彼らは、【選択決定は常にオフに置くか、または私の唯一の努力に起因する二つの村に私たちのために家を建てて助けた村人のためのシンプルなごちそうを整理するようにヘッジされた単一の議題やトピックに同意することができなかったん。私はしばしば、私は【選択雇用を行うことになった仕事も失望を感じたが、我々は何もしませんでしたので、プロジェクトはマリによって実行された行うに私のできないことに自宅怒って、疲れました。

マリはいつもバッチリ答えを持っていました。彼らはより多くのアンケートがより多くのデータを収集するために作られたので、彼らはそれについて何かを行うことができます前に、最初の農民の問題を理解しなければならなかったと述べました。これは行き止まりでした。ジェフは、多くの場合、マリに来て、彼はそれを置くが、マリの脳は簡単に乱入することができなかったとして、脳の嵐するために、彼と一緒にいくつかの “専門家”をもたらしました。彼は私が研究の他の国際センターを訪問するべきであるが、私はタンザニアの農業システムのシンポジウムに招待された場合、同意できないと言いました。プロそれはどこにも行きませんでした。

 我々はジャスミンが幸せに感じた村に移動するので、少なくとも私たちの個人的な状況は大幅に改善しました。村の生活はゆったりと平和でした。私たちの裸の胸のメイドたちを知っている人など家事のほとんどをしましたが、私たちは彼女の贈り物すべての時間を与え、私たちは彼女の世話をしていなかった他の人に語っていなかったときに困難であった、彼女は彼女が望んで食べるために取得していません信じていませんでした。だから我々は、他のメイドを見つけなければなりませんでした。この1は少し若かったし、仕事に比べて時間のほとんどを再生することが好ましいです。

ある日彼女は、ウェル内のsaがあったと言って走ってきました。私はヘビの種類はよくしていたものを見に行きましたので、Saが蛇を意味します。それはので、私はそれを引き出して放し赤ちゃんのボアであることが判明しました。ウェルは、多くのカエルがあったので、数日後にボアが戻っていました。再び、私はそれを引き出して、それが行くように乾燥した川の土手に行きました。ボアは、通常、ブラシの国で行ったようにおそらくそれは生き残るだろう。しかし、村には多くの危険なヘビがありました。

私たちはしばしば汚れで自分のトラックを見て、私は心配していました。ある夜、私は家の後ろに出て行って、巨大な吐き毒蛇を見て、木の空洞にそれを追いかけ、いくつかの農家と呼ばれます。彼らはそれが何であったかを見たとき、それらはすべて逃げました。人々があなたの目に毒を吐くと失明の原因となるこの特定の蛇の非常に恐れています。トリックはそれが立ち上がって、それが立ち上がって狙いを定めたら手遅れになるので、狙い取ることができないように、それを角にあります。

ジャスミンは、私はこの毒ヘビをいじったことを心配していました。とにかく農家は後で私たちの家の近くに吐き毒蛇を殺したが、それは私が見たものと同じだった場合、私は知りません。マリ女の子は満月の時にあまりラケットを作ったのも不思議ではヘビを追い払うために彼らの戦略だったと思いません.I。

12月に我々はbalafonists .Aのbalafonを招待してクリスマスパーティーをすることにしました彼らは、プラットフォームの下にハングアップクモの巣が充填された共鳴室としてひょうたんやアフリカのひょうたんを持っている木琴です。それは素晴らしいサウンドを生成します。アフリカbalafonistsは確かに素晴らしいですし、暗記することによって時間のためにプレーすることができます。彼らは文盲であり、それらはメモリによって再生するように楽譜を持っていません。

ジャスミンは、私は日のために私の頬の傷を作った子供のためのバルーンの数百人を爆破しながら、いくつかの肉とご飯を調理することを決めました。しかし、大きな子供たちは、すべてのセルフコントロールを失い、プッシュして、食べ物が粉々にひっくり返し、その結果として最初の食品を取得する若い人を押し込みました。子供たちはその後、食品の上に戦った動物のように埃覆われた肉とご飯を食べました。それは本当に哀れでした。ジャスミンは、このような混乱を見てショックを受けました。すべての私たちの努力は無駄でした。小さいものは、踏みつけ、その過程で蹴らとwailedました。

私は彼らに風船を与えたときにその後、彼らはすぐに空気を除去し、彼らのポケットに入れて。私はまだ彼らの文化について学ぶことがたくさんありました。マリでは、常に食べ物があるときに子供たちを訓練する年長者に依頼する必要があります。彼らは長い杖でこれをしませんでした。それは私たちが年長者を求めていないことを私たちの間違いでした。 balafonistsは夕方に来て、その部分がうまくいったので、マンゴーツリーの下に集まった時間と、村全体のために遊びました。

村人の中には、私たちに、彼らは動物や昆虫の動きを模倣する彼らの伝統的な踊りを示した専門家のダンサーでした。それは素晴らしいものでしたが、若い男の子と女の子は、伝統的な踊りが好きではなかったです。
彼らは、カセット音楽の音に自分のパンを振っ好適。
また、女性が自分の頭からスカーフを取り、感謝を示すために、おそらくいくつかの男性ダンサーにそれらを置くことに気づきました。
一部の女性は、【選択赤ちゃんは、このように犬に縫いぐるみ人形のように振とうした高速balafonの音に彼らの背中に縛ら赤ちゃんと踊りました。

時間が遅くなって、彼らはすべての夜の踊りのように群衆が厚くなりました。あなたは音が単調だった感じを得たが、それは非常に伝統的な、非常にマリであったbalafonistsは.After aを終了することはありません。私たちは二回しか余裕があったので、Balafonistsはたくさんのお金を要求したが、村の他の気晴らしにもありました。

一度私たちは、夜遅くミュートドラム・ビートを聞いて、それがすべてに約何であったか見に行ってきました。私はの真ん中にタイトサークルを作り、ツリーの下に何百人もの人々が、魔術師や魔術師と彼の相棒を踊っ発見しました。人々は、彼らは多くの悪いことを行うことができると信じていたので、私は後で言われたように、これらの遍歴黒魔術師は、人々を恐れました。彼らは、サークルの歌の周り踊り、しばしば激しく小さな鏡を覗きために停止しました。村人たちは、彼らが千里眼たミラー.Perhapsに未来や過去を見ることができると述べました。

彼らは、群衆の中に.NO 1は微笑んまたは彼らは熱心に式典を見て、でも話を聞いた彼らのヘッドギアに小さな鏡や羽をちりばめた異様な衣装を身に着けていたし、彼らの顔にペイント。でも普通に泣いている子供たちは黙っていました。私は私が不安と左なさ全体事件で不吉なものを感じました。ジャスミンはそれを見て気にしませんでした。

マリの農村社会はので、私はこれらの秘密は何であったかを学ぶためにpriedすることはありません彼らの間に住んでいた方法を一つの長い関係なく外国人に秘密を残っていない多くの秘密を持っていたのは事実でした。私はそれらのいくつかは非常に不快だった感じがしました。私は何人かの人々が人食いだったが、1つはそのようなことを知ることができる方法がなかったという噂を聞いていました。私が知りたいのはなかったと我々は彼らの文化のよりよい側面について学びました。

Sakoroと呼ばれる別の村に別の機会に、私は仲間が完全に羽毛で覆われて、彼の相棒は、その後翻訳鳥のようにチャープされた神秘的な鳥のダンスを見るために起こりました。それは厳密に守られた秘密だったので、誰が羽のマントの下の人だったかを知ることになっていませんでした。村長は、私はいくつかのショットを取ることが許されたが写真は許可されませんでした。

しかし、通常は村のダンスは陽気な事件だったと村の広場でキャンプファイヤーの周りに開催されました。そのようなダンスの間、村のグリオやバードは彼の家をプレイ周りに踊った作物、天候や村の出来事について歌い、楽器を作り、人々を楽しま。彼らは一緒に行ったとして即興で非常に良好でした。グリオは、弟子やマスターは言った、非常にラケットを作成シンバルや他の楽器を演奏すべてを繰り返し、将来griotsの文字列が続きました。村人たちは非常に多くの場合、口頭での決闘や曲自体に参加し、このような踊りを楽しみました。

しかし、音楽的な才能だけgriotsに限定されませんでした。 Infactは即興、歌や踊りで非常に良好だった多くの農家がありました。一度Monzondougouに私は村はとても静かだったので、何かが行われるべきであることを述べました。すぐにいくつかの楽器が登場し、広場に集まった群衆は.One歳の女性は、他の人がcauriシェルに当たり大きな音を鳴らしながら、彼女がこもり音を立て、彼女のひょうたんをきった一杯の水流域を出しました。彼らは音を作ると楽しい時間を持つようにシンプルなもので間に合わせることができます。気晴らしは人生は特別に女性のためにハードだった村にまれでした。

そして、彼らはその後、すべての中には自分の背中や哺乳に赤ちゃんを運んで食事の準備、多くの場合、数キロの散歩を意味し、水と火木をフェッチ、キビやトウモロコシを荒れ狂ったために夜明け前に起床しなければなりませんでした。その後、彼らは出て行って、フィールドで作業し、正午の時点で、その男性の人々に食糧を持参しなければなりませんでした。フィールドは非常に遠くの村からしばしばありました。彼らはまた、いわば彼らの調理油であったバターを抽出するために森の中でシアナッツを収集しなければなりませんでした。だから女性は確かに非常に懸命に仕事をしていました。

彼らは休むことなくによる一定の子供軸受と過労に30歳で古い見えました。あなたはそれらのほとんどはアジア標準によって若かったが、その枯れた乳房を見て、女性の年齢を伝えることができませんでした。
彼らは離乳子が栄養失調の子供だったことを知っていたので、彼らは、彼らはできる限り彼らの若者を看病しました。トウモロコシ粥またはタンパク質と肉に欠けていたとソルガムの彼らの基本的な食べ物は贅沢でした。

方法は、彼らが毎朝粒を荒れ狂ったために重い杵を開催しましたので、私は自分の指が永久に曲がって見ました。男性はめったに足の爪と子供たちは、多くの場合、かさぶたが化膿持っていませんでした。薬を見つけるのは難しかったので、彼らはハーブや根のための森林はマイナー病気を治すために検索しました。医療施設は離れて何百キロもあったし、リモートの村にも乾季に達するおろか雨季することは困難であったため、深刻なものは確かに大変でした。

多くは、非常に多くの人々が傷の感染症で死亡した遠くの病院で治療を支払うためにお金を持っていませんでした。子供が誤って牛〜の角で突かれるとヘルプは、このような村で見つけることができる前に死亡することができました。しかし、彼らの主要な問題は、乾季に水の不足でした。スイス人は、頑丈で人気があったインドのデザインのいくつかの村のいくつかの手動ポンプをインストールしていたが、必要性は、リソースよりもはるかに大きかったです。

ジェフは、多くの場合、それらの問題は、村人たちは、このようなクエリに大きな希望を固定し、失望したことを実現していない会話の問題として何であったかの村人を求めるだろう、非常に鈍感な奴でした。ジェフは自分たちの問題については何もするつもりはありませんでした。彼はまた、当然のアフリカ人を取ると、彼らは彼に大きな好意を行っていたときにそれらが不必要に待たせう。彼は、彼が任命を求め、それが時間の無駄だったので待って、それらを保管していました何人かの人々に会うことを望んでいないと述べました。彼はあなたが彼と一緒にいた場合は、空腹行くことができるので、彼は食べ過ぎたと言って昼食を無視しました。カナダは、プログラムオフィサーのような人を雇いました。

私たちは今、ほぼ2年間、マリに住んでいたが、プロジェクトがうまくなくやっていなかった私はますますイライラし、これが示したように、単一の農学の裁判はどこにも設定されていました。私はジャスミンを除いて私の悩みを共有する誰もがありませんでした。彼女は耳を傾け、多くの場合、彼女はまた、私たちの滞在は、それがされている必要がありますとして意味がないと感じたので、我々はフィリピンに戻りべきであると述べました。

私たちは、毎晩BBCに耳を傾け、週の遊びを楽しんだか、私達はちょうどAshisとJayantiで遊ん周りに座っていました。 AshisはJayantiもに耳を傾け、拾った韻の偉大な番号を覚えていました。私たちのお気に入りはJayantiはすべてweli家を言って代わりに自宅のすべての方法で仕上げている..この小さな豚が市場に行ってきました。

我々は、彼らが日々育っ見に大きな喜びを見つけましたが、彼らはまたたまに問題を引き起こしました。 Ashisはレゴセットで遊んで時間のように、彼の鼻の作品を挿入するために良いアイデアだと思いました。これは夜遅くだったが、我々は病院に運ばと長いピンセットで作品を出した中国の医師に目が覚めました。

それとも彼は村で自転車に見舞われていたので、彼の頭から出血家に帰ってきた時。傷は表面的だったが、我々は心配していたし、お湯や消毒剤との混乱をクリーンアップ。彼は傾向が事故だったとメキシコで、フィリピンの後半でより多くの問題を引き起こすだろうが、私は先に私の話を取得しています。

我々は常に警告と、このような緊急事態のために準備しなければならなかったが、全体的に、彼らは十分に調整し、健康でした。 Jayantiはスパゲッティを愛し、彼女のよだれかけに混乱を作る彼女の腫れぼったい頬にそれをフォークしたが、Ashisは、他の食品が好き。 Jayantiがうるさい食べる人になるだろうというとき、後に彼らは彼らの役割を逆になります。

多くの人々はしばしば村で私たちを訪問したが、どれも白父親とそのmobilettesや2CVに来た修道女除いて礼儀を返されません。私たちはしばしば苦痛の人々をピックアップし、食事のために家に持ってきました。彼らは見知らぬ人に私たちのおもてなしのことを聞いていたので、他の人がちょうど来て、しばらく滞在しました。

私は英語の女性がバッグに道を歩いて見て、彼女は任意の助けを必要に応じて尋ねたら。彼女は苦境の彼女の物語をナレーションとして、彼女は涙の危機に瀕していました。彼女は何もフランス語を話していないし、彼女はシカソとコルホゴ間に撚りタクシー・ド・ブルースに乗るためにチケットを買ったので、コートジボワールに取得しようとしていました。ドライバは、彼はより多くのチケットを販売するために、すべての人に言ったが、タクシーがいっぱいだったときにのみ残され、すぐに残すことを約束しました。いくつかの乗客が運転手を信じて、既に正午まで黎明期から待っていたすべてでアフリカを知ることはない.Sheに細流ように、これは丸一日かかることがあります。

彼女は洗浄し、休んどこだから私は彼女の家をもたらしました。その後私はまだ埋めるために待っていたタクシーにし、残すために急いで彼女を持ち帰りました。ステーションでは、ガラスによって水を販売したが、彼女はそれに彼女の手を洗う始めたので、英語の女性が水洗浄のためにと思っていた小さな子供がありました。彼女はのどが渇いて乗客に販売するためのかなりの距離から水をフェッチしていたので、水が見ているかもしれないが子供が泣き叫んを出します

 少し汚れた、アフリカ人が心配していたこれまでのように完全に飲用しました。私は子供を補償する女性に尋ねました。

我々は彼のドイツの妻やガールフレンドとズールーを拾っシカソのもう一つの時間は、私は知っていたことはありません。彼はとてもコートジボワールでコルホゴに行くために必要な彼のトラベラーズチェックを換金できなかったことを言いました。我々はまた、その方法は非常に彼らに乗車を与えたつもりでした。彼は私が何とか人をなだめるために持っていたので、黒人男性が白人女性と回って好きではなかったため、国境で酒に酔った国境警備兵は彼らに苦労しました。彼はズールーと南アフリカからのものであったという事実は、問題をあまり助けにはなりませんでした。

コルホゴでは多くの問題が待っていました。マネージャーは非常に消極的だったし、彼はこのような多くの人々が彼らの手形を支払うことなく、左と言ったので前金支払いを受けるしたかったが、私は彼らにホテルの部屋を得ることができました。ジャスミンは、私たちが行くと、私は非常に早い翌日ホテルに行ってきましたので、彼にいくつかのお金を与える必要がありますのでかわいそうが何のためにお金がなかったと述べました。私も出て爪先立ちので、部屋は空でした。誰が彼らの話があったか、またはズールーはInfactは私に真実を伝えていたかどうか知っていますか?

スイスの仲間たら私のオフィスに来て、彼は数日間滞在する場所が必要だと述べました。彼はマリ、ニジェール、アルジェリア経由ダカールからヨーロッパに彼の自転車を漕ぐました。私は非常にそのような人々の勇気を賞賛し、彼を家に持って来ました。彼は問題なくサハラを越えてモロッコへ向かう途中にあったていたことを言ってアルジェから私のポストカードを送りました。

ジャスミンは、黄金の心を持って、トラブルに誰を助けるためにジャンプします。彼女は質問をしないと同じくらい彼女がこんなに早く言葉は、我々は常に我々が世界に住んでいるに関係なく助けることを周りに取得することができるよう手助けしようとしません。一部の人々は彼の巨大な犬とそのアメリカ人のように、このおもてなしの利点を取っているが、それは私たちの政策が役立つと質問をしていないことでした。私はいつか子供たちはまた、彼らはできれば苦痛に他人を助けることを学ぶことを願っています。

プロジェクトはまた別の話でした。彼らは苦痛であったが、何の助けを受け入れません。さらに悪いことに、彼らも、彼らは苦痛にあったことを認めませんでしたが、ジェフは、何かが間違って.Thatであることを知っていた彼はマリの頭脳をブレーンストーミングするために、いくつかの「専門家」になったときですが、それは数日と皆を排出しても夜続いたが、それは効果がありませんでした。私の周りに座って、いくつかの言葉で言うことができたことはあまり話しができたので、多くの人々を聞いたことがなかったが、彼らは自分の価値を証明したかったの専門家でした。

マリは、常に彼らが.Thisは悲しかった農民の問題を理解していなかったが、それを暗記し、少し実用的な多くの経験を必要と彼らの教育の文脈で理解されるべきであると述べました。非識字者の国では、いわゆる教育を受けたマリは、誰もが、彼らは特権の人だったことを忘れさせたことがないので、いくつかの教育を得るための素晴らしい特権でした。私は擬似インテリそれらを呼びました。

彼らの問題は、彼らが実際に考案し、さらに教育のためにモンペリエやディジョンに行くためにマリを奨励していた彼らの教育制度限り発揮強い影響のためにマリを植民地化していたフランスという事実から生じ。彼らは私がアメリカ、インド、フィリピンでを通じて行っていたアメリカや西洋の教育のアプローチに手を学ぶことがなかったです。

マリフランはフランスフランに結ばれた、彼らは頻繁に綿会社はマリの独占だったCMDTと呼ばれる融資。彼ら彼らの工場を養うために安い料金でマリの綿のバイヤーでした。彼らは多くの場合、ファーストクラスの綿を買って、綿が最初のクラスではなかったと言って農家に低価格を与え、それは彼らが種子や肥料などを購入するCMDTからお金を借りたので、綿農家は選択の余地を与えなかったなど汚れていたと会社に綿を販売することを義務付けられました。

コットンは、マリの農民のための唯一の換金作物だったと、彼らは関係なく、彼らがしようとしたいかに難しいかフランスから逃げることができなかったので、マリはフランス以外の他の買い手がありませんでした。マリ・フランが弱かったと急速なインフレを引き起こした.Eventuallyマリ・フランは、廃止され、CFAは、フランスの中央銀行によって制御された再導入しました。

1が離れて彼らは学校での際に主張していたフランス人とそのメソッドから取得できなかったため、農業研究も例外ではなかったです。それは彼らが同じことを学んだので、マリがKatibougouまたはMonpellierで教育を受けたかどうかはほとんど違いを作りました。それらはシードドリルを校正や耕の深さを調整するなどの分野で実用的な問題を解決するよう求められたとき、そのような卒業生は、使いやすさで非常に病気に感じました。彼らは理論を学びました。

研究に彼らの古典的なアプローチは、アンケートから始めるために常にあったが、それは、プロジェクトのすべてのお金.A多大で農家は農家が直面している問題とは直接の関連性を持っていた無駄なデータを収集することに費やされていた助けることはありませんでした。

3年目、私は非常に農民によって高く評価された陸稲の栽培を導入した3研究の村でいくつかの作業を行うことができました。私はまた、雄牛の対によって描画される木製の梁と安価なすきを構築しようとしましたが、私は今、時間が不足しているため成功しませんでした。

私はまた、30ヘクタールは、いくつかの労働者と少ないリソースにより加工されたTieroualaで雑草出没研究ステーションの後に見えました。駅を訪れるようになった人々はしばしば、それが駅のように見えないだけで老朽化したトラクターを固定するために、電力や予算を人に増加したことがないと言ったことがあります。私はトラクターのために壊れた部品を製造するために中国をしようとしたとき、プロジェクトリーダーは手形を支払うことを拒否しました。彼はまた、私は私の足を置く1日までステーションの管理者のための住居を固定についてdillydallied。

プロジェクトはカナダ人によって資金を供給されたと私は彼らの従業員だったが、それはしっかりとマリによって制御しました。私は何のための資金を持っていたし、多くの場合、それは肥料や種子の袋を購入することを主張しなければならなかったん。

マリは極貧国です。あなたはそれらの事態の重大さを理解するために彼らの村で生きていかなければなりません。彼らは病気になった場合、彼らはまた、医薬品のために支払うためにお金がない、ない道路、ない学校、なしの診療所や飲料水を持っていないだけではなく。彼らは彼らの食事は、子供にも大人の間で栄養失調につながる非常に限られているので、成長しないものを食べてはいけません。雨が作物を栽培するのに十分な十分な失敗するか、または時間に来ていないかどう彼らの農業は全くそのように非常に危険天水れます。

彼らは不十分な使用と多年生雑草のヘクタールの何百ものように管理されなければならないの貴重などのようなリソースは、彼らがかつて良い灌漑システムを持っていたモプティにおける米の土地をふさいでしまいました。その水路は荒廃にし、徹底したリハビリテーションを必要としています。これは、人口が少ないとの大きな国ですが、マリの大部分は、農業には適していません。彼らは作物を栽培できる場所南と南東の角のみですが、彼らはそうするように手動でブラシをクリアする必要があります。それは非常に非常に困難です。

人々は村のかやぶき屋根の丸い家に住んでいて、マラリアや河川盲目症や結核などの他の病気のホストに苦しみます。皮膚の病気も甲状腺腫であるとして一般的です。多くの子供たちが原因で医療の不足のために若い年齢で死亡します。訓練を受けていない助産師はずっとそう女性が出産後に合併症を発症可能性があることの問題を助けていません。

しかし、マリの研究者は、彼らが自分の研究論文を読み、これを行うか、貧しい人々の多くを改善するためにそれを行うために決議した後、解像度を作っAMITIEホテルで年に一度会いました。大臣は彼の派手なクロヤブモズに来て、スピーチを行い、決議を実施することで合意したが、それはちょうど不毛のままでした。何の予算がなかったため、まだ実装されていなかったの前に解像度が年渡さ。

農業システムのプロジェクトは、作物の新品種を試験作物の収量を高めるために、新しい作物や技術を導入することで、農業の貧しい農家を支援するために設計されました。どのように私は可能であったものを、それらを表示するためにフィリピンにこれらの農民の一部をもたらすことができることを望むが、それはツアーに必要な農家ではありませんでした。彼はIRRIでと世界各地での最新技術を見にオフに充填したので、それはプロジェクトマネージャーでした。これは、タンザニアでの会議に出席者彼だったが、それはどちらかあまり助けにはなりませんでした。

私は国際的な科学者とピーナッツのように米と他の作物に私の結果を議論するが必要とされたものを私がそこにあったが実現しなかったマリ.Thisの一部に姿勢の急激な変化であったダカール、セネガルでの会議に参加しましたので、私の不満は終わっ煮。私は私の時間は、より良い世界の他の場所で過ごしたことができたことに気づいたので、代わりに農家を支援するプロジェクトの人々は、進行の妨げとなりました。
マリは、私はどこか別の有利な仕事を上陸させていたが、それは真実ではないと思いました。私は他の仕事を持っていたが、私はもはやそこにとどまることができませんでした。私はサインアップしていた3年滞在していたが、私は私のために交換を示唆していることができれば、彼らが尋ねたので、カナダの雇用者は、オブジェクトができませんでした。私はフランス語を話すし、執拗なマリを扱うことができ、誰を知っていて、そう言っていませんでした。

今、マリは安く、私のものを購入したり、無料で入手することは非常に切望していました。ジャスミンは、村の女性にキッチン物事のほとんどを離れて与え、いくつかの事を販売しました。誰もそれ自体が人々についてのボリュームを話すことの接触を保つために私たちのアドレスを求めていません。私たちはマリに数人の友人を作ったが、彼らはマリではなかったです。梱包と残して準備は大変な仕事だったが、1日には、それがすべて行われていました。ジャスミンは素晴らしく、それを管理していました。

我々は我々自身の費用で出荷されたので、私の雇用主は、私たちの出荷のために支払うことについてのいくつかの困難を作りました。最後の部分は、私たちが合意したことも、プロジェクトで働いても悲劇的な.Oneアメリカの仲間は彼と一緒に昼食を取るために私たちを尋ねたが、任命された日に、我々は彼がそれについて忘れていたことは驚くべきことに発見され、我々はに来ていた理由を尋ねました彼の家。これは野蛮な行動の究極だったが、我々は再びこれらの人々に会うことはなかっありがたいことに移動しなければなりませんでした。

我々は良いのために残していたことを国や今その人のためにどのように感じたか少し驚きました。マリは、私たちのために、過去にすでにありました。そこには懐かしさはなかったが、我々は、我々は彼らがそれの場合と行うために村人に私たちの家を寄贈しましたので、住んでいた村のようでした。

ジャスミンと私はマリに戻ることはないと振り返ることはありません。私は1日マリだけの場合や、どのように知りませんでした自分自身のファッション.Iに自分の問題を解決することができるであろうと仮定します。

 
Mari, nishiafurika: 1981-Nen kara 1979-nen
Mari no Bamako Senou kūkō de hikōki kara nukedasu, wareware wa bakuhatsu no yōna neppa ni mimawa remashita. Jasumin wa tashika ni shinpai shite ita to ikutsu ka no yori ōku no kanojo wa dassui kaishi nai yō Jayanti o kabā shimashita. Wareware wa subete no hijō ni Pari keiyu de derī kara nagai tabi no nochi ni tsukarete hoteru ni tōchaku suru koto ga setsubō shite imashita. Wareware wa Bamako ni tōtatsu shita hoteru wa AMITIE hoteru, fūkei o shihai shite tokuchō no nai tanchōna shikashi, kyodaina hoteru no furui ahōdorideshita. Kore wa, sore hodo tōkunai odayaka nijēru kawa kara machi de saidai no tatemonodeshita. Hitotsu wa AMITIE hoteru ni kidzuku koto ga dekinakatta koto wa arimasen koto wa boa no kawa ni tsutsuma reta erebētadeshita. Watashi wa subete no sukin o eru tame ni gyakusatsu sa reta dono yō ni ōku no mazushī ikimono shiranai ga, watashi wa erebētā ga ōkikatta anata o hoshō shimasu. Wareware wanode, watashi wa kare ga ryōhō o dōjini jikkō shiyou to shimashita to katei egao ya kao o shikame suru ka dō ka o kimeru koto ga dekinakatta n chūnen no hitodatta Jefu to yoba reru nakama ni yotte mitasa remashita. Shikashi, kare wa ichijitekini watashitachi o ochitsui ni okeru yūyōdatta to watashi no kojin-tekina kuruma wa yokujitsu dakāru kara oshiagete imashita. Wareware wa, wareware wa ikutsu ka no bijinesu o motte ita machi no zen jigyōsho o heisa shita Isuramukyō no kyūjitsudearu koto o okotte iru tame, sūjitsukan sono hoteru ni taizai shite imashita. Dakara, shinbōdzuyoku watashitachiha matteita to watashitachi no eakon no heya no hinansho de subete no shokuhin o torimashita. Ashis wa sonotoki ni jibun jishin ga hinpan ni heya no naka o hashiri, chīsana akachan wa, kare wa sugu ni sore ni furenai yō ni mananda yō ni, jūtan-jō no seiteki kōchiku no tame ni doanobu ni furete shokku o ukemashita. Kōshiki tsuāgaidobukku wa karen’na machi to shite Bamako ga kisai sa rete iruga, wareware wa doko ni demo michibata ya fukaina hae ni yotte tsumiage ōpun gesuidō, gomi de Bamako ni tsuite karen’na nani mo mimasendeshita. Shikashi, hitobito wa dakāru no yōna fukaide wa nakatta to nijiiro no utsukushī Taidai no fuku o hanbai suru josei wa mujaki ni hohoemimashita. Kodomo-tachi wa, amarini mo ga, kotonaru riyū de hohoemimashita. Karera wa ōku no baai, gaikoku hito wa, inpōtochokorēto ya aisukurīmu no karera no kaimono o shita ikutsu ka no depāto no mawari kōshukei. Mari no yō ni hisshi ni mazushī kuni de no yūsen jun’i o mite shōgeki-tekidattaga, gaikoku hito wa ki ni shimasendeshita. Karera wa, chokorēto to aisukurīmu o motte imashita. Anata wa, karera wa tada mujaki ni anata ni egao to omotte itanaraba, kodomo-tachi wa, shibashiba poketto o erandaga, saiaku no jitai wa, gasu o ponpingu shinagara, anata ni ki o torare, sugu ni anata no tanku ga manpaidearu koto o tsutaeru zero ni mētā o settei shi, gasusutēshon’atendantodeshita. Tada AMITIE hoteru no ushiro ni watashitachiha jitensha no supindoru, ki de tsukura reta karera no shokki de fuku no iro azayakana sutorippu o tsukutta ki no in de yogore ni shagan okō no sukoa o mitsukemashita. Karera wa yori ōkina sakuhin o tsukuru tame ni issho ni sutorippu o sutetchi shinakereba naranakattanode, karera wa yaku 4-inchi yori sutorippu o hiroku suru koto ga dekinakatta n. Korera no okō wa, sono purimitibu ni sore o hakkan atsusa no naka de soko ni suwatte seikeiwotateru tame ni yokujitsu no shokki ga, karera wa yoi seikatsu o shita baai, karera wa mi ni tsukete ita boro ya karera ga sunde ita ie kara handan suru to, sore wa gimondeshita. Yuiitsu no buran wa Mari. Ide yoi seikatsu o shita watashi no kyūyo wa kokusai kikaku ni yotte hikukatta mono no, buran no hanchū ni aru koto o hajimete sukoshi hazukashiku kanjimashita. Mari wa naku, wazuka yaku 500 man hito to no heiyō Furansu ya Doitsu yori mo ōkina kokudo menseki o motsu kyodaina kunidesu. Kuni no kita hanbun wa, hotondo, aruiwa mattaku kōsui-ryō to sabakudattashi, ushi, yagi ya hitsuji no karera no mure no sewa yūbokumin ni yotte omoni sunde imashita. Minami hanbun wa, yori ōku no kōu ni kankyō ni yasashī ni yoru monodeattaga, wareware wa ikutsu ka no 400 kirobamako kara kuni no nantō no sumi ni shikaso ni iku koto ni shimashita. Watashi wa izen ni shikaso o hōmon shi, soko ni watashinokazoku o motarasu koto ni tsuite no ikutsu ka no fuan ga attaga, wareware wa doko ka ni sutāto o tsukuru tame ni motte imashita. Shikaso e no doraibu wa taikutsu de tsukarerudattaga,-dō wa massugu de tokuchō Afurika burashi kuni o setsudan ōketsu no idaina-sū to yokobaideshita. Ushi no ōkina mure wa sō tōkunai no haigo ni aru furanizoku yūbokumin de dōro o ōdan miru koto ga dekimashita. Doro no ie wa tokiori baobabunoki no shita de issho ni kurasuta-ka sa reta ensuigata no kusa no yane no chōhōkei matawa enkei no izurekadeatta baai ni sanran mura wa miru koto ga dekimashita. Ikutsu ka no mura ga yōsai no yō ni karera no mawari no deiheki o hōkai shite imashita. Sore ga subete de machi o yobu koto ga dekita baai ni nomi, kōseina saizu no machi wa michi tochū bugunimashita. Watashi wa kanojo no me de sore o miru koto ga dekiru yō jasumin wa gakkari shimashitaga, kanojo wa yūkan’na furonto o okimasu. Kōjōsen-shu no josei wa, teori wata no boro de jibun no kao ni hae ya hitobito no mure o motsu kodomo-tachi wa seishin o kakkidzukeru tame ni watashitachi no mawari no subetedattaga, sore wa amari tasuke ni wa narimasendeshita. Machi no soto ni 1 ga ikyōto ni iesu no hikari o motarasu koto ga atta. Karera senkyōshi kagōbutsu no kanban o mite, watashi wa sore o nozoite, soreni tsuika sa remasen’node, watashi wa, izen buguni ni tsuite sukoshi kaite imashita. Watashitachiha,-go de sore ikō ga dakedenaku, yori ōku shikaso ni sorera no ōku o mitasu koto ni narimasu. Wareware wa ikutsu ka no gasu ya shokuryō o eru tame ni buguni de teishi suruga, zensha wa kantandatta machi no [sentaku nomi resutoran wa furui Rebanon ga shoyū shite imashita. Sore wa kitanai to hae de ippaideshitaga, wareware wa kuruma ga teishi suruto sugu ni arawareta kojiki no nobashita te o mushi shiyou to shite soko ni suwatte imashita. Shikashi, karera wa Banguradeshu ya Indo no yōna sekigyokutekide wa nakattashi, shibaraku-go ni nokorimashita. Hitotsu wa, doko ni demo mangō no ki ni kidzuku ni shippai suru koto ga dekimasendeshita. Mari wa, mangō no tame ni shira rete itashi, mae ni yoi mangō o ajiwatte inakatta n hitobito wa, sore ga sekai de saikōda to iimashita. Watashitachiha, furanizoku josei wa gyūnyū to batā o hanbai shi, hokanohito ga yasai ya niku no yama ni suwatte ita ōku no endō no mura no ichiba o hakken shimashita. Watashitachi wa chōdo riyō kanōdeatta ka o kakunin suru tame ni sorera no 1 de teishi shimashita. Kore wa, Ajia ichiba ni kurabete amari nakattaga, Mari wa Marideshita. Watashitachiha heya ni gokiburi ya nezumi o oikake machi de yuiitsu no hoteru de ochitsuita yō shikaso wa, nin’i no yoriyoi no izurekade wa arimasendeshita. Sugu kotoba wa, watashi wa hijō ni ōku no hitobito ga tasuke o motome mawari ni kita ishi o imi suru ishideatta koto o mawarimashita. Hijō ni tsugunohi, watashitachiha-ka o sagashi hajime, watashitachiha watashitachi ga mite suru ikutsu ka no jūtaku o narande ita Jefu no shitsubō ni dekuwashita saisho no ie o torimashita. Shikashi, wareware wa amarini mo nagaiai hoteru ni sunde itashi, ochitsuku koto o setsubō shite imashita. Watashitachi no ie wa,-ka no gutaitekina pirubokkusu-gatadattaga, soreha watashitachi ga tenkai shi, kanojo wa sugu ni isogashī chōri shita hoteru no heya yori sugurete miemashita. Niwa wa ōkiku, ikutsu ka no mangō no kideshita. Kyōi no fushigi wa,-kade wa denki ya mizu no tame no handoponpu o motte imashita. Mata, niwa ni sunde yakei o motte imashita. Anata ga niwa niwa o imi suru to iuga, soreha yori ōku no jari nashi niwa no kanzen’na niwa no yōna monodatta toki ni Igirisu no hitobito ga kyōfudesu. Yakei wa sūjitsu no tame ni sorera o kansatsu shita nochi, kare no hahaoya ga, jasumin no yō ni mieta wakai tsuma to betsu no josei wa, kanojo ga kare no saisho no tsumadeatta koto o sengen shite imashita. Hotondo no Mari wa Isuramu kyōtodeari, ipputasai o jissen shimashita. Watashi wa yashi no shokubutsu no kan de tsukura rete ori, kawa himo to issho ni kaisai sa reta ikutsu ka no so kagu o mitsukemashitanode, saisho no sūjitsukan wa, watashitachiha watashitachi no katei o settei suru tame ni hitsuyōnamono o sagashi tei tsuiyasa remashita. Watashitachi no rōbai ni, watashitachi wa furui hainekenbīru no rei oyobi hoka no ōkunai to sutokku dake de shokuryōhin mise o mitsukemashita. Karera wa mata, shanpan o motte itaga, wareware wa shikaso de shanpan o nonde mitsukeru koto o netsubō shite inakatta hito o shirimasendeshita. Jimoto no ichiba wa, nōka ga hanbai shi, karera wa ritān ni hitsuyōnamono o kōnyū suru nado no kudamono ya yasai no karera no seisan o motarashita nichiyōbi ni shūniichido kumitate raremasu. Omoni sore ga atta josei no affair. They wa, karera no karafuruna fuku de kite, ikutsu ka wa, hachimaki ya shurui no tāban o mi ni tsukete imashita. Dansei wa boubous ya teori momen no fuku o kite imashita. Watashitachiha, watashi wa doa ya mado no waiyasukurīn o kotei shi, wareware wa mata, Nivaquine jō o fukuyō kaishi shita kaya o kōnyū shi, yobō-yaku to shite kodomo-tachi funmatsu keitai o ataeta yō shikaso ga mararia-taideatta koto o keikoku sa remashita. Jayanti to Ashis-tachi wa hosshin de ume, sono chīsana karada o motte itashi, sugu ni ie no pirubokkusudearu tame netsu ga mijimedeshita. Den’atsu wa, wareware wa sonoyōni wareware dake de ase o insutōru shite ita eakon o jikkō suru ni wa hiku sugita to u~ettotaoru de jibun no karada o reikyaku shiyou to shitanode, watashitachiha muryokudeshita. Wareware wa, subete no hisandeshitaga, akachan no tame ni zan’nen ni kanjimashita. Watashitachiha isshūkan wa hijō ni sukunai tōyu ranpu ya kyandoru o takusan kassū-bai ijō no denryoku o motte ita baai, wareware wa rakkīdeshita. Sore wa totemo chīsana okosama-dzure no watashitachi no yōna atarashī kazoku no tame ni hijō ni kokorodzuyoimasendeshitaga, nantoka wareware ga kanri shimasu. Watashitachi no saisho no shigoto wa kon’nani hayaku shōnen ga hakken sa reta kokunai no tasuke o eru kotodeshita. Kare wa ippantekina namaedearu Abo to yoba reruga, reigi no kare no kankaku wa jasumin o okora semashita. Kare wa kantan ni ienomawari o aruite, kare wa doryoku o shita mono no, komori suru hōhō o shirimasendeshita. Maride wa, kono yōna tasuku wa tsuneni on’nanoko ya josei ni atae rarete imasu. Kare wa mainichi no yō ni watashi wa kare ga Isuramu kyōtodatta to 5-kai inoru shinakereba naranakatta koto o setsumei shinakereba naranakatta matto no ue ni suwatte, ikutsu ka no kimyōna taisō o hajimeta toki jasumin wa baffurumashita
Ni~Tsu. Kanojo wa Firipin de isuramukyō ni atte inaishi, karera no shūkyō ya bunka no mattaku shiranakatta ndeshita. Shikashi, jūnan taisō ya nai Abo wa, kare wa kanzen ni zetsubō-tekidattanode, ikanakereba narimasendeshita. Kare wa mata, sonoyōni kaunto shi, watashi wa kare no chingin o setsumei suru kon’nan’na jiki o motte ita suru hōhō o shirimasendeshita. Sugu ni wareware wa, Katorikku no misshon to machi de yuiitsu no kyōkai o jikkō shita omo ni, Furansu, berugīta howaito chichioya ya Supeingo no shisai o mitsukemashita. Howaitoshisutāzu ya minashigo-in o un’ei shi, josei ni kaji de ikutsu ka no sukiru o oshieta shūdō on’na mo arimashita. Karera wa hijō ni shinsetsude, Ashis to Jayanti o aishimashita. Watashitachi wa sugu ni karera no tasuke o tsūjite meido o hakken shimashita. Wareware ga ōhaba ni kanwa sa retanode, bebīkea wa, koko de josei ni shizen ni kimashita. Kanojo wa kanojo no senaka ni Afurika no sutairu o Jayanti o jisshi shi, Jayanti wa sugu ni ninki to natta kinjo no mawari ni ittekimashita. Ashis wa yōjidatta to jibun de ienomawari o aruku koto ga dekiru ga, wareware wa kare no kuchi ni nanika o irete kare no tame ni keikō no subete no jikan ni kare o mite ita, tabemono ya arimasen. Kono jiten de jasumin wa, shinzō ni yotte tango no nintai o manande imashita. Watashitachiha, kurokkuraundo no nochi ni mite futatsu no chīsana kodomo-tachi to kanojo no hādo sa rete iru hitsuyō ga arimasuga, sukunakutomo watashitachi ga teijū shi, meido o hakken sa reta jōkyō-ka de okonau shinakereba narimasendeshita. Sore wa kōryo warui sutātode wa arimasendeshita.. Aru Ni~Tsu, watashitachi wa kanojo no mondai wa nanideatta ka rikai dekimasendeshita, nai atarashī meido o mitsukemashitaga, sono gengodearu Bamanakan o shirimasen. Shiro no chichioya wa watashi ga byōin ni kanojo o tori, tekisetsuna kusuri o atae raretanode, kanojo wa mararia ni kurushinde ita to nobemashita. Ōku no Mari wa, mararia o wazurattaga kusuri o kau yoyū ga dekimasendeshita. Karera wa, yobō igaku ya karera ga toru koto ga dekiru sochi nani o shirimasendeshita. Watashitachiha, kodomo-tachi wa, arayuru shurui no yakubutsu ryōhō ni han’nō shi dono yō ni jinsoku ni odorokimashita. Ōku no baai, wareware wa kasabuta ya watashitachi ga shusseki shita ikutsu ka no kanō kizu de sorera o hakken shi, karera ga hayaku kaifuku shimashita. Watashitachiha, karera no ryōshin wa sore ga yori shinkokuna mono ni hatten suru made, sō tanjunde wa byōki ga tame uncared itta jibun no kodomo no sewa ni tsuite wa amari ki ni shinakatta koto ni kidzukimashita. Ōku no baai, kodomo ga shibō shimashita. Daremoga sore o motte itanode, anata wa karera ga setsumei kobushi no ōki-sa wa shizen’na kotodeshita kyodaina hara no botan o motsu kodomo-tachi o miru koto ga dekimashita. Mari wa, shusseiji ni saitai no furyō setsudan ni yoru monodearu koto o dōi shimasendeshita. Watashi wa sugu ni Mari wa hotondo karera ga nanika o shirimasendeshitaga, sonogo Bengaru ya Arabu hito wa nani ga chigau nodearu koto o ukeire rarenai koto ga hanmei shimashita ka? Kōjōsen-shu wa, Yō moto tenkaen wa, chiyu matawa yobō atta yōna tanjun’na mono ga. Karera wa kōjōsen-shu wa, hotondo no josei ga motte ita monoda to omotta karera no rikai o koetanode. Their shokuhin wa Yō moto o kaite ita betsu no reideshita. Karera wa, shishū boubous ni doresuappu ni ōkina hokori o tori, tashikani soko ni hijō ni ereganto ni mietaga, karera wa yuiitsu no kōnmīru ya sorugamu kayu to sukoshi hoka o tabemashita. Dorainamazu wa nagatsudzuki suru kunsei chinmidattaga, sore wa takai ten ni stink no kako. Niku wa, hotondo no tame no zeitakudeshita. Dansei wa amarini mo shishū no tadaide karafuruna kinu no yōna zairyō no boubous o mi ni tsukete itaga, jūten wa, busshitsu ni shō no shōsai to sukunakattadesu. Machi de shūniichido, nichiyōbi no ichiba wa sai hinkon-sō ga saikō no shashin-ka no yume wa kagiri, anata wa ushiro ya tadare hidari gominoyama de, amarini mo missetsu ni miteinai shīn o tsukuri, sono naka ni arawareta yōdeatte mo iro no bōdōdeshita. Baibai no hotondo wa, hoka no basho de Afurika no yō ni Mari no josei ni yotte okonawa remashita. Karera wa karera no atama no ue ni kyodaina bandoru wa mairu no tame ni aruku to henkyō no mura kara kimashita. Karera wa hitsuyōna mono o kōnyū suru tame ni karera no nōsanbutsu o hanbai shitaga, okane ga fusoku shite ita to shite, ikutsu ka no butsubutsukōkan mo okonawa remashita. Watashitachi ga yoba reta yō ni, ikutsu ka no toubabs wa machi no fūgawarideshita. Josei wa ōku no baai, wareware wa, karera ga samazamana hōhō de ama rete iru koto o hentai kami ga utsukushī mitsukatta mono no, shōsan suru jasumin no kōtakunoaru nagai kami ni furemashita. Utsukushiku anda kami no wakai Mari no on’nanoko ga mirubeki hitodeshita. Yōroppa no ōku no toppumoderu wa megumi to hoka no basho de menimienai ochitsuki o motte ita Nishiafurika no on’nanokodeshita . Shikashi, ōku no baai, karera wa hotondo kinu no yōna kōtakunoaru kuroi hada no yō ni, jibun no utsukushi-sa ni kansha shite imasendeshita. Karera wa irojirodearu koto ni sugurete imashita. Tada, Bengaru ya Firipin hito nado. Sono ichibu wa, ōkina ekusutentoanimizumu ni atta kuni no kirisutokyō to Isuramukyō no dōnyū ni yoru monodeshita. Karera wa karera no mune ni katto shi, kizu o kanō kaihatsu waiyā to burajā o mi ni tsukete itanode, hadaka no munedearu koto wa mikaidatta to iwa rete imashita. Karera wa tondemonai kyoku ya dansu o utau to, ichibu no josei wa Isuramu no Wahabite-ha no baai wa kuro no bēru de kanzen ni jibun jishin o ōwa retanode tsumibukaidatta to iwa rete imashita. Shikashi, anata wa mata, mae ni otokonoko o hakobu jitenshawokogu wakai hadaka no mune no on’nanoko o miru koto ga dekimashita. Zentai-teki ni Mari ga utau no ga sukidattashi, dansu to wareware wa wareware ga atode mura ni idō shita toki ni, yori missetsu ni sorera o shiru koto ni narudarou a furen bakari no hitodeattaga, kirisutokyō ya isuramukyō wa shitsuyōdeatta ka dō ka no shūkyō no atsuryoku wanode, osoraku sore wa, mae no jikan no mondaideshita karera wa kakki o ushinaimashita. Tashika ni mollahs to senkyōshi wa subete no Mari o henkō suru tame ni zangyō o hataraite imashita. Isuramukyō no hirogari ga kirisutokyō no sore yori mo hayakatta koto ga Mari de hijō ni akirakadeshita. Mosuku wa, kinoko no yōna subete no mura ni made hatsuga shimashita. Bamako no dai mosuku kara murā wa rajio de 1-nichi 5-kai,-koku no sumizumi ni tassuru kanōsei ga arimasu. Katorikku kyōto wa otorazu, sono netsui ni kakete orazu, karera wa seifu ni yotte heisa sa reta made, ichido ni sono kyōkai no jikkō gakkō de Mari ni sūgaku, kagaku, shakai-ka de yuiitsu no seiyō no kyōiku o teikyō shimashita. Ima Katorikku kyōkai wa nuu matawa shishū suru hōhō o minashigo-in ya kyōiku no josei o jikkō shite, herusukea o teikyō shite imashita. Karera wa hinpan ni supōtsu katsudō o soshiki shi, chīsana Katorikku jinkō wa yukkuri to seichō shite itanode, ōku no hōhō de komyuniti o tasukemashita. Makeji to suru node wa naku, Purotesutanto mo kitaamerika hito ni yotte keiei sa re, sorera no mise o settoappu suruga, sono katsudō wa sanbika o utai, sono ara-date no kyōkai de tonae matawa hijō ni kon’nan’na sagyōdeshita rōkaru gengo ni seisho o hon’yaku no ōku ni seigen sa rete imashita. Buguni de Kanada hito to hoka no basho de jikkō sa rete iru misshon mo arimashita. Buguni de bokushi wa totemo furendorī de gaikō-tekina hitodattaga, kare no tsuma wa utagawashī to hijō ni hi yūkō-tekideshita. Ōku no nōson chiikide wa, hitobito wa karera no animizumu kako ni nezashi to fechi reihai. Karera wa mokkindesu balafon no oto ni uta ya odori no jiyū o tanoshinda. Nokorimashita Mari balafonist wa shin no ātisutodesuga, karera wa mata, buriki kan, ken, karera wa hijō ni yoi purē o shita dōbutsu no kawa kara ōku no jikasei no gakki o tsukurimashita. Afurika de mottomo yoku shira rete iru bōkaruātisuto no hitori Infact wa yōroppa demo meisei o eta Marideshita. Shikasode wa,-bi ni yotte po tchari-bi seichōshita akachan Jayanti to Ashis no seikatsu ya omoiyari no rūchin ni ochitsukimashita. Jayanti wa arimasen saigo ni kanojo onbu o tanoshinde Ashis wa ureshiku Jayanti wa ushiro ni suwatte, ōku no baai, ienomawari ni kare no sanrinsha o fumikomi. Shikashi, karera wa issho ni purei suru tame ni wa hoka no kodomo o motte imasen. Maishū nichiyōbi, watashitachiha, shūdō on’na-tachi wa karera to issho ni hōmon suru koto ga dekinakatta baai Jayanti to Ashis. Karera mo ie ni ki dakishimeru tame ni rain ni hairudearou kyōkai ni sorera o motarashimashita. Jasumin wa furansugo o hanasemasendeshitanode, kaiwa no soto ni nokottaga, shūkyō-tekina komyuniti no yūjō o kangei shimashita. Purojekuto o kaishi suru tame ni watashi wa mada matte imashita. Shakai-gaku-jō no dēta o shūshū shikaso chikai mura no hitotsu de hataraite ita to atode hyōmen-teki ni wareware no purojekuto ni tōgō surudearou ikutsu ka no Oranda hitodattaga, karera wa watashitachi ni kokō nokotta watashi wa, kyōdō no rōdō-sha ga ita no ka wakaranakatta ka, ofisu ga. Zea ni naru yoteidatta basho. Wareware wa tsuneni wareware ga Mari de sugoshita 3-nenkan de sorera o shiru yō ni natta koto wa arimasen’node, karera wa hanarete yorokonde nokotte iru koto o kanjimashita. Watashi wa, watashi wa karera no mukanshin o zokusei suru koto ga dekimasu ka wakaranaiga, osoraku karera wa watashitachi ga fūfudearu koto to, karera ga dokushindearu. OR osoraku sore wa wareware ga shiranakatta nani ka hoka no monodatta to fukaideshita. Hitotsu chūgokugo furansugo wa, saisho wa sukoshi yori yūkō-tekidattaga, sonogo, watashitachi wa mettani sorera o mimashita. 2 Heiwa butai no borantia no uchi, 1 wa nochini hoka no basho ni idō suru to, hoka no, wakai on’nanoko ga, kanojo wa dōbutsu kagaku purojekuto o yatta shikaso ni nokotte iru ma, ikutsu ka no gen’in de shibō shimasu. Watashi wa jibun no namae no izureka o oboete imasen. Watashi wa sore ga kokode wa sa ga nakattanode, bunri ni sunde ita shōsū no gaikoku hito kara no yūjō ya shakai-tekina kongō o kitai shite inai nenkan de manande imashita. Sore wa karera ga aisatsu ka o shitte shutoku shitai to iu monodeatta kanōsei ga hikui, gaikoku hito ga yoba reta yō toubabs Infact wa machi yori chīsaku, yori sukunaidesu. Sore wa naze sōna no ka watashi ni kikanaide kudasai. Kono patān wa, watashi ga sunde ita ōku no kuni de jibun jishin o kurikaeshimasu. Yōroppa no senkyōshi wa yuiitsu no reigaideshita. Mari no kauntāpāto ga onaji koto o yarimashita. Karera wa shibashiba watashitachi no ie ni kitaga, reigi o kaesa reru koto wa arimasen. Karera wa, karera wa mazushī ie ni sunde itanode chūcho shite ita nado no riyū ga aru kamo shiremasen. Perhaps o sunde ita watashitachi ga sugoshita 3-nenkan de, watashitachiha shitteita koto wa arimasen. Watashitachi wa chōdo shirimasendeshita. Wareware wa migi no watashitachi ga sunde ita ie ni atta no shiranakatta Mari no seikatsu ga, 1tsu no ōku no kiken ga arimashita. Aru yoru, jasumin wa, botorukyappu o otoshi, kyappu wa kanojo no te ni squirmed toki usugurai rōsoku no hikarinonakade sore o hirou tame ni kagan. Kanojo no hijō ni jinsokuna hansha ga afurikasasori no sashi kizu kara kanojo o manugaremasu. Watashitachiha kyōfudeshita. Kodomo-tachi wa sore o fun ita baai wa dōsureba? Watashitachiha, yori ōku no sasori no tame ni dokoni demo ie o sagashi hajime, sonōchi no ikutsu ka o hakken shimashita. Karera wa mata, niwa ni iwa no shita de hakken sa remashita. Sore wa watashi ga mattaku no tame ni junbi sa remasendeshita hijō ni fuon’na tenkaideshita. Soshite, daremoga kowai to keikoku shita yō ni, utagau koto o shiranaihito no mimi o kiriotoshita kyōshin-tekina nakama ga atta koto ga machi no mawari ni iku to iu uwasa ga arimashita. Sō aru asa chōdo watashitachi no ie no chikaku ni, wareware wa, hitobito wa sugu ni dete kite, kare no te ni naifude nakama o mitsukete, muimina kare o taosu yō ni josei ga kutsū ni himei o kiita koto ga okorimashita. Sugu ni keikan ga kite, satsuei suru tame ni kare o ubaimashita. Sore wa Isuramu sōryo ya injadearu marabū wa, ikutsu ka no himitsu no gishiki no tame ni mimi o shūshū suru tame ni nakama o meijite itaga, dare ga hontōni shinjitsu o shitte ita koto ga wakarimashita. Mari wa kiken’na kunideshita. Hitobito wa ikutsu ka no jūyōna sonchō nado ga shibō shita toki ni umekoma reru heddo o shūshū suru tame ni kōtojibowāru kara kimashita. Watashi wa bijinesu ga kōchōdatta tame, kakaku no tame, kono yōna mono no teiki-tekina sapuraiyā ga atta koto o kikimashita. Fāmu-te ga furuito jūyōna ikutsu ka no izureka ga, nin’i no chansu o toru koto wa arimasendeshita. Karera o croak shi shiyou to shite ita toki wa itsu demo sugata o keshita to shite kōtojibowāru de hataraite ita ōku no Mari.-Ri de ume heddo no kazu wa, sono hito no jūyō-sei o shinifie. Watashi wa tsutae ōku no heddo ga maisō sa reta soko no hitobito no hijō ni hadena reibyō o mite imashita. Sore wa kowakattadesu. Dare mo Afurika hito wa shinshude wa nakatta to iu koto ga dekimasendeshita. Shikashi, mukashi ni sore ga akka shite imashita. Watashitachiha, mukashi ni ryakudatsu-sha ya sanzoku kara sorera o hogo sa reta doro no kabe o hōkai shitsutsu aru to no ōku no mura o mimashita. Slavery
Madana i ga naga sugiru mae ni, koko de renshū shita to hitobito wa shinshu no torēdā ni yotte rachi sa remashita. Hitobito wa mada moto dorei ya kodomo-tachideari, karera ni mikudasa dare ga shitte imashita.   Nokori no bubun kara jinshu-teki ni kotonatte ita furani hito wa, tsuneni karera ga karera no atama ni shibara omoi kōdo to sorera o sapōto shinakereba naranakatta hodo omokatta ōkina kin no shūeki o mi ni tsukete iru ushi no karera no mure to sono josei to aruite miru koto ga dekimashita. Karera wa ginkō o shinji, sorera ni karera no kichō-hin o okonaimasendeshita. Ko no yōna josei wa, Ajia no dokoni demo 10-bu tsudzukanaidarouga, sono ten de Afurika wa anzendeshita. Soretomo karera no dansei no hitobito wa, subete no kamo shirenaito karera no josei to sono kin o yōgo shimashita. Karera wa mata, kohaku no hōseki o aishi, 1 wa hijō ni kichōdearu karera ni saidai no kohakushoku no bīzu o miru koto ga dekimashita. Anbā wa sekka jushideari, sore wa hijō ni kichōdearunode, soreha hahanaru shizen ni yotte kohakushoku o tsukuru tame ni, sū hyaku man-nen kakarimasu. Karera wa, hoka no Mari wa, utsukushi-sa no kankaku o kyōyū shite inakattaga, karera wa utsukushiku mieru yō ni suru tame ni ikutsu ka no towa-tekina senryō de kuchi burakku no mawari ni jibun no kao o senshoku shimashita. Korera wa, Nishiafurika no yūbokumin ya ushi yūbokumindeshita. Karera wa kesshite doko demo ketchaku sezu, murahoka de no ara ichiji-tekina kusa no koya o tsukurimashita. Karera wa nichiyōbi ni ichiba ni gyūnyū to batā o hanbai watashitachiha hōfu ni kyōkyū shite imashita. Amerikahito wa hijō ni henken o motte ita to miruku wa osoraku kekkaku ni ushi kara kitaga, sore wa muchi ni motodzuku dake de henkendatta koto o watashitachi ni keikoku shimashita. Watashitachiha, gyūnyū ya batā ni mondai ga nakattadesu. Shikashi, watashi wa shinsen’na yōniku o kau no deai no mondai o shimashita. Nikuya wa tonikaku, karera ga nozonde itashi, kongō chō, soreni hoka no fukaina bubun no niku o kyōda shimashita. Mari wa tokuni arimasendeshitaga, wareware wa arimashita. Nikuya ga niku no jūryō o hakaru to watashi wa shichō no ofisu ni mondai o tottanode, watashi ni tadashī hōtei sokudo o jūden suru koto o kyohi shita toki, aru hi, mondai wa atama ni kimashita. Kare wa totemo sutekina shinshidatta to seigi wa jinsoku ni okonawa reru koto o watashi ni yakusoku shimashita. Kare wa sonogo, nikuya, kare no niku, baransu o fetchi suru tame ni kare no ashisutanto no 2 o sōshin shi, sono yōna kotogara o kisei bōeki no ofisu ni kare o tsurete ikimashita. Niku no watashi no kōnyū ga ari hyōryō shi, ōbā kakaku henkin to baransu to bosshū sa reta niku no nokori no bubun. Mazushī nikuya wa, kare ga jibun jishin o sakusei shi ta konran o seiri shiyou to shite iru tsuitachi soko ni suwatte imashita. Kekka wa, sonohi kara, kare wa itsumo jūryō watashi ni niku o hanbai shi, tadashī kingaku ga seikyū to iu kotodeshita. Watashi wa, karera wa chōdo watashi no namae o genkyū surubekidearu to ittanode, sonogo ikutsu ka no gaikoku hito ga onaji mondai o uttaemashita. Watashi wa itsumo fusei o tatakau koto o kokoromimashita. Watashi wa, izen no fusei tenshu wa watashi ni shōgai no aru kamera o hanbai shite ita toki, watashi wa Saigon ni motte ita mondai ni tsuite kaka rete imashita. Sono gogaku gakkō ga nikōru o rippingu shita toki, watashi wa mata, Washinton de fusei o tatakaimashita. Heiwa butai no borantia wa hotondo no jikan wa, kanojo wa sorera onode, watashi wa kanojo ga mizu no haitta baketsu ni tamago o kika sete iru koto ga shisa dainashi ni mitsuketanode ōkina toraburu ichiba de tamago o kōnyū shite ita wakai on’nanokodeshita . Shizunda mono wa yoi monodattaga, watashitachi wa kanojo o mita tsugi no jikan wa, kanojo wa kono-jikan, subete no kanojo no tamago o dainashi ni shita to nobemashita. Kanojo wa genmitsu ni watashi no adobaisu ni shitagai, uita mono o eranda to iimashita. Adobaisu ni amarini mo ōku. Kanojo wa dōbutsu kagaku o senkō shite imashita. Kanojo wa jasumin wa saishūtekini kanojo wa ni hanasu koto ga dekiru dareka o motte itanode,-ka ni kuru tame ni shiyō sa remasu. Aru Ni~Tsu, kanojo wa dōkutsu ga atta mura ni tsureteitte kuremashita. Kore wa, kyōshin-tekina marabū wa, watashitachi wa soko ni iku sukoshi fuandeshitaga, do no yōna kyōmibukai monodeshitaga, yama wa richādo Nikuson no magire mo nai shiruetto o motte ita kotodattakara kita muradeshita. Watashi wa richādo Nikuson wa, hahanaru shizen wa, sekai no nokori no bubun ga nakatta baai demo, kare o wasurete inai koto o shitte hijō ni manzoku shite irudarou to kakushin shite imasu. Dōkutsu wa, watashitachi wa hayaku soto ni detaga, jigoku no hae wa, wareware wa modotte kuruma ni hashiri, sugu ni mado o rōruappu suru made, watashitachi o,-ji tamota batshit no subete to p tanku de omoshiroide wa nakattadesu. Karera wa wareware wa furo o hitsuyō to suruga Mari no netsu ga yokuatsu-tekidatta to, anata ga o furo o totta hindo ni kankei naku ase o nagashite iru koto o shisa suru koto ga dekimasu. Soko shikaso ni iku ni wanai basho wa nakattaga, sugu ni watashitachi wa tamani oyoide ikimashita Farako chikaku doroana o mitsukemashita. Igirisu wa machi no tame ni suidō mizu ni soko ni chīsana damu o kensetsu shite itaga, wareware wa sōsu o mita toki, watashitachiha anshin shite imasendeshita. Watashitachi no yanushi wa, suidō-kan ni ireta heikin jikandeattaga, karera wa akachan o takusan gyonni yoru kōatsu ni yoru ni kikan jū no yō ni gatagata. Nani mo koko ni kanpekide wa nakattaga, wareware wa mizu o motte imashita. Watashi wa mizu firutā o kōnyū shi, jasumin wa okonau ni wa hijō ni kenmeina kotodeshita. IT roka sa reta mizu o futtō kaishi shimashita. Farako chikaku, karera wa jibun jishin o shisa shinakattaga, Chūgoku wa karera ga machigatte shōmei shi, cha no seisan wa nani ni fuan o motte ita furansuhito no fuan no Chūgoku inspite ni yotte settei sa reta Chabatake ga arimashita. Ima, nani no jiko sonchō ocha o nomu hito wa, Mari no ocha ga yokatta koto o iwanaidarouga, Mari wa amari ki ni shimasendeshita. Sore wa karera no kokumin-teki nomimonodeshita. Ima, watashi wa anata no aidea o motte iru koto ga dekiru yō ni, karera wa jibun no ocha o tsukutta hōhō o setsumei shimashou . Mazu, karera wa ocha o futtō sa se, sore ga shiroppu no yō ni mieta yō ni, satō no ōi dai 1kappu o nomimashita. Sonogo, karera wa yori ōku no mizu o tsuika shi, ikutsu ka no yori ōku o futtō sa se, yori ōku no satō to no dai 2 kappu o nomimashita. Sonogo, karera wa yori ōku no mizu o tsuika shi, yori ōku no satō o tsuika suru 3-dome no kappu no tame ni ikutsu ka no shōsai o futtō sa semashita. Kono-jikan made ocha wa nigakatta to kinīne no yōna aji. Watashi wa fāsutokurasudājirin kōcha no kappu o ajiwau tame ni, sorera no han’nōdarou ka to omottaga, karera wa dājirin no koto o kiita koto ga nakattashi, amari ki ni shimasendeshita. Karera wa Chūgoku e no ocha no okage o motte imashita. Watashitachi wa junsuina dājirin akogare ga, soreha riyō dekimasendeshita. Karera wa karera no kōhī e no kyōi to shite sore o mitaga, ikutsu ka no ocha o tonikaku mitsuyu sa re, soko ni yoi kakaku o fetchi doko Mari cha wa kōtojibowāru de kinshi sa rete imashita. Shikashi, mitsuyu wa rongushotto de ocha ni gentei sa remasendeshita. Watashitachi wa shibashiba, kasutamu no ofisu de ushi ya hitsuji no satsuei shi mure o mitaga, hitorihitori no tame ni, karera wa osoraku 9 wa nigeta bōju shimashita. Mari, Ginia to no ma no kyōkai wa, takō-shitsudeari, ushi dorobō wa hijō ni seitsū shite ita Busshu o tōru michi no musūte imashita. Kono jiten de wareware wa shikaso de yaku 1-nen o sugoshite itaga, watashitachi no yādo ga kinrin kyōdō sentaku jimen natta tame, yori ōku no wareware wa soko fukōdeshita. Josei wa karera no kodomo-tachi wa, karera no senjō oyobi tōsha ga yakei wa, watashitachi no mizu o utte sorera kara okane o tsukutte ita koto ga wakatte iru no mangōtsurī. On toppu-ka ocha o shinagara, karera wa tsuneni saisei sa re, sono jigoku no rajio o motarashimashita. Watashi wa betsu no basho o sagasu tame ni hajimetanode, kore wa amarini mo ōku arimashita. Soshite, aidea wa, wareware wa wareware jishin no ie Afurika no sutairu o kōchiku suru koto ga deki shikaso chikaku no mura o mitsukeru hitsuyō ga aru koto o kimashita. Dakara, sugu ni mura wa, watashi wa, karera ga dougou tijī to yoba reru sonchō to ai, mītingu mura no hyōgi-kai to yoba reru junban ni soko. He o uchiwotateru tame ni kare no kyoka o motometaga, nagai giron no nochi ni nani ga gen’in de kime rarenakatta 10-kiro no kyori de hakken sa remashita toubabou wa mura ni sunde iru koto wa totemo mezurashikattadesu. Toubabou wa, karera ga subete no gaikoku hito no tame ni shiyō sa reru yōgodesu. Soshite, karera wa sentaku-zu chiji wa atatakaku watashitachi o jushin shi, sore wa subarashī aideadato ichido kansei shita ie o mitai to itta gunjindatta kare no jogen o motomeru tame ni chiji o miniikimashita. Soshite, koreha watashitachi ga ie no tame no keikaku to mura no ichi o byōga suru tame ni honkaku-teki ni hajimattanode kaiketsu shimashita. Dare ga Mari no tochi o kōnyū shite inainode, saigo ni subarashī saito wa muryō de watashi ni atae raremashita. Sore wa mura ni zokushi, chīfu wa, kare no ie wa doko ni narimasu dare ka, ikusei suru fīrudo o kettei shimasu. Saito wa kudamono o tōsai shita mangō no ki ni kakoma remashita. Watashi wa, han enkei no hōhō de 5-raundo no koya no keikaku o sakutei shi, 1-ka. Disu ga mae ni okonawa rete inakatta sore o tsukuru tame ni tsūro ni yotte sōgo ni rinku ga, watashi no hagemashi to shidō to no ishiku wa 5 manmaru koya o tate, hiroi tsūro de sorera ni sanka shimashita. Karera wa karera no seika o hijō ni hokori ni omotte itashi, min’na ni ie o hirō shimashita. Kabe wa sore ni hādokōto o ataeru shiabatā de hifuku shi, yane wa kanzen ni ensuigata no ōgonshoku no wara de tsukura remashita. Subete no kyakushitsu ni wa mado ni tsūfū to sukurīn o motte itashi, han enkei haichi wa, tsugini sentaku-zu toire wa, sore ga mitasa reta kyodaina nendo no bin o motte ita ni tsugi no u~erurogu ya basurūmu de ōwa reta fukai kansō shite ita takai kabe de kakoma reta kanpekina nakaniwa o tsukurimashita mizu de chikaku no ido kara hikidasa remasu. Yuka wa, hādo watashi ga Indo kara motte kita kajuraho no okimono de naiheki o kazannagara jasumin wa sore o hādo hokori no nai hyōmen o ataeru tame ni ushi no kuso de shūniichido kōtingu sa reta chikyū o jūten shimashita. Kodomo-tachi no heya wa, watashitachi ni rinsetsu shite imashita. Soshite, ribingurūmu, kitchin, yobi no gesutorūmu wa arimashita. Watashi wa, watashitachi no beddorūmu no kabe ni, yori erokajuraho no okimono o okuga, raijō-sha wa tonikaku sorera o mite shuchō shimashita. Anata ga missetsu ni sorera o nozoki shūdō on’na no kao ni hyōjō o mite iru hitsuyō ga arimasu. Yōsuruni sore wa Mari ga. Karera wa sono raundo no koya wa, kono yō ni sanka shi, hae ya ka jiyū tsukuru koto ga dekiru shiranakatta mi ni enkyori kara kita sensēshonaruna iedeshita. Josei ga kite, heya kara heya ni samayoi, saishūtekini wa yaku 6-kagetsu-kan tsudzuita sleep. Disu ni ribingurūmu de kikō shimashita. Watashitachi wa omoshiro gatte itashi, karera no suimin o jama shimasendeshita. Watashitachiha nakaniwa ni papaiya no ki to orenji no ki o uetaga, jasumin, watashi wa 1tsu ga doko demo mitsukeru koto ga dekiru saikō no endounattopatchidatta ie no mae ni endounatto o uemashita. Sore wa, watashitachi ga furī zassō o tamokkichinto retsu ni ue raremashita. Mata, fensu to shite kimame o uemashita. Watashi wa, basurūmu no yuka to dake toire o katame. Mein doa no chikaku ni watashi wa ikutsu ka no Afurika no sutairu no ishi no ko zō o kotei shi, soreha mangetsu no naka ni ikite kite, watashitachi no ie o mamotte iru koto o kodomo-tachi ni katarimashita. Karera wa ikite kuru oni no aidea wa, karera no kokoronouchi ni mugen no kyōfu o maitanode, iwaba jibun no kage o osorete imashita. Watashitachi mo, petto to shite akachan no shika to jōji to yoba reru hijō ni itazura saru ga attaga, shika wa hageshī arashi no naka ni kōdo no mawari ni kaiten sa seru koto ni yotte kōsatsu de shibō shitaga, saru ga taizai shi, tanoshimi no tame ni shokubutsu ya papaiya no ha o hakai shimashita. Watashi wa mangō no konoshita de nemutte iru ma kare wa mata, watashi no kami ni shirami o sagashimashita. On’nanoko wa mangetsu no ma ni kyōki ni itte, itsumo warainode, furonto doa no chikaku ni ishi no oni no aidea o, sorera o oikake otokonoko matawa otokonoko o oikakete watashitachi no koya no mawari o hashirimashita. Sonōchi no ichibu no furui on’nanoko wa kanari watashi no oni no hanashi o shinjinakattanode, sore wa gekitekide wa naku, kanzen ni karera no jōnetsu o reikyaku shimashita. Ashis to Jayanti wa doko ka samayogga, furui hitobito wa kodomo-tachi ni kanshi no me o iji mangōtsurī no shita ni suwatte itanode, wareware wa karera o shinpai suru koto wa arimasen. Tiecouroba to yoba reru hitotsu no rōjin wa Ashis to Jayanti no hijō ni sukidatta shi, yoi asa imi no ini sogoma o yobidasu koto ni yotte, sorera o samasu tame ni maiasa kimashita.
Jayanti wa, kanojo ga hontōni kiniitte pigībakku notte mura no josei ga kanojo no nanika o ataetanode, watashitachi wa shibashiba kanojo no kuchi no ue ni tabemono no konseki o hakken shimashita. Jasumin wa, natsu no ma suzushiku, konchū kara muryōdatta watashitachi no atarashī, hirobiro to shita ie no naka de hontōni totemo shiawasedeshita. Watashitachiha, murabito-tachi wa, sōto no watashitachi o saiyō shi, karera no oiwai dakedenaku, sōshiki ni watashitachi o shōtai shita tame, mura ni sunde tanoshimimashita. Watashi wa kyūkyū no hi ya yakan no baai wa byōin ni sorera o motte kite, ōku no baai, watashi wa karera ga yaku 10-kiro hanareta machi ni norimashita. Sono mikaeri ni, karera wa kanshanoshirushitoshite watashi ni toriniku ya orenji no basuketto o motarasudarou. Watashitachiha, furonto doa ni shinsen’na gyūnyū, tamago ya yasai o kaimashita. Mata, hōmon-sha no ittei no nagare ga attaga, gaikoku hito wa, reizōko ya hatsudenki o sagashimasu mottomo shitsukoi taipudeshita. Watashitachiha, REF matawa hatsudenki o hitsuyō to shinakatta koto o setsumei shi, watashi ga tentō shi, heya ni haichi sa reta watashitachi no 5 tōyu ranpu to kanzen ni manzoku shite imashita. Kore wa, subete no yoru moyashi to kiiro gakatta hikari ga me ni hijō ni nadameru yōdattaga, karera wa watashitachi o shinjite imasendeshita. Watashi wa jasumin ga totemo yoku chōsei shita koto o mite shiawasedatta to akiraka ni. She wa kanojo ga shika so no sono hidoi ie ni attaga, ichibu no hitobito wa, wareware wa manzoku shite ita koto o ukeireru koto ga dekinakatta yori mo shiawasedatta mura no seikatsu o tanoshinde. Karera wa jasumin wa hidoi kunan o tsūka shinakereba naranai koto o suisoku shi, watashitachiha yoriyoi yoyū ga attanode, soreha hajideatta koto o hokanohito ni iimashita. Watashitachi no yoku yūshi no hitotsu wa, kanojo no otto e no sanka o shikaso ni tōchaku shita shibō to minikui amerikahito no joseideshita. Kare wa watashitachi no purojekuto de sagyō shi, 1-nichi wa kare no kyodaina inu to issho ni kanzen ni maneka rezaru tōchaku shi, mura ni watashitachi de idō shite itamashita. Jasumin wa, kono fuyōna shin’nyū ni yotte hijō ni nayamasa reta to dōyō ni nakama wa kare ga doko ka ni ikutsu ka no doggufūdo o motte ita to itte ue ni hoji suruga, kare no ōkina inu o yashinau tame ni motte imashita. Watashitachiha jōtaijō nashi de michi no amerikahito no kazoku de ugoku koto ga dekimasendeshita kakushin shite iruga, watashi wa sakini nobetate ita to shite, karera wa Ajia hito ni mukete mikudasu kanjimashita. Tōzen no watashitachiha, satsuei shimashita. Kare wa kare no ie wa mada junbi ga dekite inakatta to itte ue ni hojinode, wareware wa nakama ga taizai suru tsumoridatta dono kurai shirimasendeshita. Jijitsu, kare wa wareware ga kita ni moputi e iku koto ni shita to kare jishin to kare no inu no tame ni kawasu tame ni kare o hidari ni 1-nichi made taizai shitanode, kare wa kare jishin to inu no sewa o suru tame ni shiyō sa renakatta to iu kotodeshita. Sore wa sore o yarimashita. Kare wa saishūtekini kare no kyodaina tsuma ga tōchaku suru no o, kare wa iraira matteita jibun no ie ni idō shimashita. Sugu ni kanojo ga tōchaku shita nochi ni, kono josei wa shikaso wa subarashī muradeatta koto o sengen shimashita. Watashi wa Mari wa Mari no daini no toshi, muradattaga, josei wa mattaku muchi to henken ni michite ita koto o kiku tame ni okora reta dono yō ni ōku no ka wakarimasen. Kanojo wa ashi o shimesu josei no kaigi-tekina mikata o totta Mari no rōbai ni kanojo no kyodaina futomomo o roshutsu sa seru taitona shōtopantsu no naka o arukimashita. Kanojo wa mata, kono hyōgen ni konwaku shita rinjin o hōmon suru” watashi wa ie ni inaidesu’ to iudeshou. Kanojo wa mazushī jasumin wa sono yōna saiaku no basho ni sunde kurushinde ita dono yō ni mina ni itta yō ni, kono josei wa watashitachi no kubinoitami ni narimashita. Kanojo wa mazushī jasumin no koto o kiite itanode, sugu ni Suisu no josei wa, shokuhin ya kandzume no furubasuketto o hakobu watashitachi no mura ni tōchaku shimashita. Wareware wa wareware jishin no ie de mura ni sunde tanoshimu koto o kanojo ni setsumei suru to, kanojo wa akiraka ni hazukashī. Watashitachiha, kanojo wa kanojo no shokuryō basuketto o torimodosu to shuchō shimashita. Sorekara watashi wa kono futotta josei no otto ni itte, wareware wa hijō ni yoku yatte iru to, karera wa jibun no bijinesu o ki ni shinakereba naranai koto o kare ni tsugemashita. Watashitachiha yūjinde wa arimasendeshitaga, ima, burēku ga kanryō shimashita. Kanojo wa watashitachiha ekibyō no yō ni, kono kazoku o sake, kanojo wa nagaku wa tsudzukanaidarou to yosoku Mari no bunka ya sorera ni mukatte kanojo no bureina kōdō o mushi suru koto ni yotte kanojo jishin ōku no kurō o shimashita. Kanojo wa saishūtekini konpō shi, nakama to yoi no tame no kuni o sabbi 1 oyobi 1-nichi kara chōdo yaku subete ni tsuite fuhei o iimashita. Kanojo wa, shikashi yuiitsu no misu fitto wa arimasendeshita. Shikaso ni watashitachi no tōri o watatte sunde ita betsu no amerikahito josei ga arimashita. Watashi ga kaita kuchibiru, tsume ya haihīru de kono josei o mite, kanojo wa Mari ni nagaku wa tsudzukanaidarou to nokosu tame ni kōjitsu o sagashite ita koto o yosoku shitara. Kanojo no kuro neko ga samayotto sumiyakani kodomo-tachi ni yotte shi ni nagura reta toki no iiwake wa, 1-nichi ni atae raremashita. Maride wa kuro no dōbutsu ga warudearu to kangae raremasu. Dareka ni zokushite iru ka dō ka sukoshi daiji. Sore wa bunka-tekidatta to bunka wa tsuneni shin’nen ya meishin ni motodzuite imasu. Amerika de sū 13 teido meishin ga aru yōnanode, karera wa tō Mari hoteru no heya bangō 13 matawa erebētā de 13-kai o motteinai-sa ga nakattadesu. Kokode wa, toriwake kokushoku dōbutsudeshita. Shikashi, kore wa sumiyaka ni konpō shi, takai to dorai kanojo no otto o nokoshita josei ni atari ōkina oto o narashimashita.   Karera wa karuchāshokku no tadai hete, henken ni tate raretaga, Amerika no senkyōshi wa nebaridzuyoi takusan ari mashita. Karera wa, neitibu no bunka o shita ni mite, subete no hijō ni ōheina kenkai o torimashita. Karera no yuiitsu no shimei wa, karera ga shikkari to dake karera ga shimesu koto ga dekiru to shinji hikari o miru tame ni ikyōto o henkan suru kotodeshita. Watashi wa amerikahito senkyōshi ni tsuite hijō ni hitei-tekina inshō o keisei shi hajimemashita. Watashi wa gengo wa Betonamu-go no yō ni muzukashī kotode wa arimasenga, ini fairu Tai ya ini fairu no sogoma o i~tsuigai Bamanakan o manabu tame no kokoromi o okonatte imasendeshita. Tan’ni watashi no dōryō wa subete furansugo hanashi, watashi wa nōka ni hanashi o suru tame ni hitsuyōna baai, karera wa watashi no tame ni kaishaku sa reru gengo o manabu tame ni wa ōkina hitsuyō wa arimasendeshita. Mari wa sore ga hontōde wa nakattaga, karera wa seikaku ni furansugo o hanashita koto o tsutaeru ni ōkina hokori o torimashita. Karera wa mata, watashitachi no purojekuto wa, nōka de dōsa suru yō ni settei shitaga mugaku to monmō no nōmin no tame no idaina bujoku o shimeshimashita. Nōgyō shisutemu no purojekutode wa mattaku hanareta nōka kara shutoku suruga, purojekuto-nai no daremoga nōson no hitobito no tame no nin’i no ōkina kanshin o shimesanakattashi, rimōto oyobi shikaso kara tōita mura o hōmon suru koto o iya~tsuarimasendeshita. Karera wa, Mari no jōkyō wa sōdenakereba yōkyū shinagara, hitotsu no hōhō de sorera o seikei furansugo kyōshi ni yotte shihai kyōiku shisutemu no sanbutsudeshita. Purojekuto wa wata to wa nani no kankei mo arimasendeshitaga, karera wa, karera ga seichōshita wata no nan hekutāru ni nōka no bēsu o sentaku suru karera no hōhō-ron o hijō ni hokori ni omotte imashita. Kore wa, karera no kokoro ni Gladie, Monzondougou to Sakoro ronri no sentaku o shimashita. Korera no mura wa shikaso kara sū hyaku kiromētorudeari, hijō ni enkakuchi no ikutsu ka wa, watashitachi ga ikuto getsuyōbi kara kin’yōbi made, sorera no mura ni taizai shite ita, iminoaru sagyō o okonaimasu. Uki no ma, watashitachi wa tokuchō no nai Busshu kuni ni shitagau tame ni shiyō sa reru yagi torakku wa hijō ni muzukashī. Wareware o kudō tsukurareta hijō ni senotakai kusa de ōwa rete ita watashitachiha torakku ya ofu ni shita baai wa shitteita to sōto no mura ni mukatte atezuiryō ni yotte itta n. Ōku no baai, wareware wa fukai doro ni ikidzumaru to dake no michi o futatabi ikidzumaru suru omoi randorōbā o extricating jikan o sugoshimashita. Taiya ni anawoakeru kanōsei ga surudoi supaiku ya ne no kiken ga tsuneni arimashita. Saisho ni sonchō ga hinansho o teikyō shite kuremashitashi, josei wa watashitachi no o furo-yō no oyu o junbi shi, watashitachi no shokuji o chōri shitaga, tabemono wa hotondo dorai neko no sakana to Amerika ya tōmorokoshi kayudeshita. Hōgeki sorugamu de tsukura reta o kayu de nōka wa nurunuru midori shōyu ni hitashitaga, sore wa tsuneni ikutsu ka no suna to kongō sa reta ka, soreha watashiniha omoemashita. Osoraku, karera wa sore ga yoi. I wa wakaranai aji ni suru tame ni suna no bitto o tsuika shimashita. Watashitachi wa shibashiba yoba reru kono o kayu ni ikinokorimashita. Watashi wa hijō ni chīsai tōyu sutōbu no ue ni jibun no shokuji o yōi shi, takai ten ni stink no kako kansō sakana o taberu koto ga dekimasendeshita. Watashi wa kantan’na shokuji o junbi suru tame ni kanri shimasuga, kono yōna genshitekina seiken no kōka wa Busshu de sūkagetsugo ni shimeshi hajimetanode, jasumin wa shū ni watashi ni yasai ya hoka no mono no teikyō o tsume. Watashi wa jibun jishin to kodomo no tame ni kawasu tame ni mura ni kanojo o nokoshite itaga, watashi wa sentaku no yochi ga nakattadesu. Shigoto ga saisho ni kimashita. 1-Nen hodo-go, watashitachiha murabito ni kasu to kono mondai ni kansuru mura no shuchō to no kaigi o kaisai shinai yō ni, kakuson wa watashitachi jishin no shihanki o motte irubekidearu to kettei shimashita. Sono kekka, doro no ie wa, watashitachi no tame ni futatsu no mura ni tate raretaga, senryō sa remasendeshita. Nazena no ka gozonjidesuka? Marita purojekutorīdā wa, tadashiku shukusha o hossoku suru gochisō ga hitsuyōdearu to nobetaga, gochisō o seiri suru tame ni okane o ataeta koto wa arimasen. Kare wa jissai ni wa nani no ōku o okonau ni hima ga arimasenshi, fuzai. He wa, kare ga ikuto dono kurai kare ga fuzaidearu koto o okonatte orazu, hotondo no purojekuto saito o hōmon shita basho o genkyū suru no ga sukide wa nakatta koto ga ōideshita kesshite. Kare wa watashi no aite no hazu ga, kare wa sōde wa nakatta to iu kotodeshita. Watashi wa hitori de nokotte imashita. Kono purojekuto wa, sore ga nōgaku ya dōbutsu kagaku o imi einō shisutemu no purojekutodeattaga, nōgyō ni tsuite no saisho no koto o shiranakatta hito de ippaideshita. Karera wa purojekuto ni nani no kankei ga arimasendeshitaga, karera wa kikanai keizu-jō no dēta o shūshū shimashita. Dēta no korera no boryūmu wa, tadaina hiyō o atsumeta hokori de shūshū shi, bunseki shite inai, matawa shiyō no izureka no shurui ni iremasendeshita. Ankēto no nanzen wa, ōku no baai, karera ga shitte iru todo no yōna nōka ni irai suruga, soreha mondaigaidatta mitomezaru o nozonde ita ka wakaranakatta korera no hitobito ni yotte jūten shimashita. Karera wa kodomo no tame no keisū, josei to onaji shigoto o shite iru hitodearubekidearu to kesshite kaigi no 5-jikan-go ni nin’i no ketsuron ni kuru koto ga nan-jikan giron shimashita. Karera wa idaina hanashitedattaga, soreha purojekuto o tasukeru ka, gen’in wa susumimasendeshita. Oranda wa, saranaru suteppu o ittekimashita. Karera wa sorezore, subete no furan mazushī nōka ga sugoshita todo no yōna mokuteki no tame ni jibun no jinsei no Mainichi, karera wa Oranda de ato ni bunseki sa reru to iu ōkibona ankēto o tsumiage o shiritai to omoimashita. Karera wa watashi no yōna nōgaku-sha wa, shakai kagaku ni tsuite nani mo shiranakattashi, karera dake ga ko no yōna shigoto o suru shikaku reta to nobemashita. Watashi ga daigakuin reberu de no nōgyō fukyū hōhō no kunren o motte ita koto o karera ni mondaide wa arimasendeshita. Karera wa mata, 3ttsu no kenkyū no mura de nōgyō shisutemu purojekuto to wa nani no kankei mo nakattaga, karera wa tsuneni 6 〜 7-jikan tabi ni otora tsudzuite inaito watashi wa teian ya giron wa nani mo mujun kaigi ni suwatte imashita. Shikashi karera wa, karera ga nani o shite ita ka ni tsuite wa hijō ni shubideshita. Watashi wa, daremoga dare mo nōgaku-shade wa nakattanode, kono yōna purojekuto no omona shōten ni naru hazudatta nin’i no nōgaku no shigoto o yatte mitakatta shinai koto ga wakarimashita. Karera wa mata, hanasu no ga sukideshita. Watashi wa jikan no tame ni hanashi o shite nani mo iwanakatta hito o shirimasendeshita. Karera wa,[sentaku kettei wa tsuneni ofu ni oku ka, matawa watashi no yuiitsu no doryoku ni kiin suru futatsu no mura ni watashitachi no tame ni ie o tatete tasuketa murabito no tame no shinpuruna gochisō o seiri suru yō ni hejji sa reta tan’itsu no gidai ya topikku ni dōi suru koto ga dekinakatta n. Watashi wa shibashiba, watashi wa [sentaku koyō o okonau koto ni natta shigoto mo shitsubō o kanjitaga, wareware wa nani mo shimasendeshitanode, purojekuto wa Mari ni yotte jikkō sa reta okonau ni watashi no dekinai koto ni jitaku okotte, tsukaremashita. Mari wa itsumo batchiri kotae o motte imashita. Karera wa yori ōku no ankēto ga yori ōku no dēta o shūshū suru tame ni tsukura retanode, karera wa sore ni tsuite nanika o okonau koto ga dekimasu mae ni, saisho no nōmin no mondai o rikai shinakereba naranakatta to nobemashita. Kore wa ikidomarideshita. Jefu wa, ōku no baai, Mari ni kite, kare wa sore o okuga, Mari no nō wa kantan ni ran’nyū suru koto ga dekinakatta to shite, nō no arashi suru tame ni, kare to issho ni ikutsu ka no” senmonka” o motarashimashita. Kare wa watashi ga kenkyū no ta no kokusai sentā o hōmon surubekidearuga, watashi wa Tanzania no nōgyō shisutemu no shinpojiumu ni shōtai sa reta baai, dōi dekinai to iimashita. Puro soreha dokoni mo ikimasendeshita.
Wareware wa jasumin ga shiawase ni kanjita mura ni idō surunode, sukunakutomo watashitachi no kojin-tekina jōkyō wa ōhaba ni kaizen shimashita. Mura no seikatsu wa yuttari to heiwadeshita. Watashitachi no hadaka no mune no meido-tachi o shitte iru hito nado kaji no hotondo o shimashitaga, watashitachi wa kanojo no okurimono subete no jikan o atae, watashitachi wa kanojo no sewa o shite inakatta hokanohito ni katatte inakatta toki ni kon’nandeatta, kanojo wa kanojo ga nozonde taberu tame ni shutoku shite imasen shinjite imasendeshita. Dakara wareware wa, hoka no meido o mitsukenakereba narimasendeshita. Kono 1 wa sukoshi wakakattashi, shigoto ni kurabete jikan no hotondo o saisei suru koto ga konomashīdesu. Aru hi kanojo wa, u~eru-nai no sa ga atta to itte hashitte kimashita. Watashi wa hebi no shurui wa yoku shite ita mono o mi ni ikimashitanode, Sa ga hebi o imi shimasu. Sorehanode, watashi wa sore o hikidashite hanashi akachan no boadearu koto ga hanmei shimashita. U~eru wa, ōku no kaeru ga attanode, sūjitsugo ni boa ga modotte imashita. Futatabi, watashi wa sore o hikidashite, sore ga iku yō ni kansōshita kawa no dote ni ikimashita. Boa wa, tsūjō, burashi no kuni de okonatta yō ni osoraku sore wa ikinokorudarou. Shikashi, mura ni wa ōku no kiken’na hebi ga arimashita. Watashitachi wa shibashiba yogore de jibun no torakku o mite, watashi wa shinpai shite imashita. Aru yoru, watashi wa ie no ushiro ni dete itte, kyodaina haki dokuhebi o mite, ki no kūdō ni sore o oikake, ikutsu ka no nōka to yoba remasu. Karera wa sore ga nandeatta ka o mita toki, sorera wa subete nigemashita. Hitobito ga anata no me ni dokuwohaku to shitsumei no gen’in to naru kono tokutei no hebi no hijō ni osorete imasu. Torikku wa sore ga tachiagatte, sore ga tachiagatte nerai o sadametara teokure ni narunode, nerai toru koto ga dekinai yō ni, sore o tsuno ni arimasu. Jasumin wa, watashi wa kono doku hebi o ijitta koto o shinpai shite imashita. Tonikaku nōka wa atode watashitachi no ie no chikaku ni haki dokuhebi o koroshitaga, sore wa watashi ga mita mono to onajidatta baai, watashi wa shirimasen. Mari on’nanoko wa mangetsu no toki ni amari raketto o tsukutta no mo fushigide wa hebi o oiharau tame ni karera no senryakudatta to omoimasen. I. 12 Tsuki ni wareware wa balafonists. A no balafon o shōtai shite kurisumasupātī o suru koto ni shimashita karera wa, purattofōmu no shita ni hanguappukumo no su ga jūten sa reta kyōmei-shitsu to shite hyōtan ya Afurika no hyōtan o motte iru mokkindesu. Sore wa subarashī saundo o seisei shimasu. Afurika balafonists wa tashika ni subarashīdesushi, anki suru koto ni yotte jikan no tame ni purē suru koto ga dekimasu. Karera wa monmōdeari, sorera wa memori ni yotte saisei suru yō ni gakufu o motte imasen. Jasumin wa, watashi wa Ni~Tsu no tame ni watashi no hoho no kizu o tsukutta kodomo no tame no barūn no sū hyaku hito o bakuha shinagara, ikutsu ka no niku to gohan o chōri suru koto o kimemashita. Shikashi, ōkina kodomo-tachi wa, subete no serufukontorōru o ushinai, pusshu shite, tabemono ga konagona ni hikkurikaeshi, sono kekka to shite saisho no shokuhin o shutoku suru wakai hito o oshikomimashita. Kodomo-tachi wa sonogo, shokuhin no ue ni tatakatta dōbutsu no yō ni hokori ōwa reta niku to gohan o tabemashita. Sore wa hontōni awaredeshita. Jasumin wa, kono yōna konran o mite shokku o ukemashita. Subete no watashitachi no doryoku wa mudadeshita. Chīsai mono wa, fumitsuke, sono katei de kera to wailedmashita. Watashi wa karera ni fūsen o ataeta toki ni sonogo, karera wa sugu ni kūki o jokyo shi, karera no poketto ni irete. Watashi wa mada karera no bunka ni tsuite manabu koto ga takusan ari mashita. Maride wa, tsuneni tabemono ga aru toki ni kodomo-tachi o kunren suru nenchō-sha ni irai suru hitsuyō ga arimasu. Karera wa nagai tsue de kore o shimasendeshita. Sore wa watashitachi ga nenchō-sha o motomete inai koto o watashitachi no machigaideshita. Balafonists wa yūgata ni kite, sono bubun ga umaku ittanode, mangōtsurī no shita ni atsumatta jikan to,-mura zentai no tame ni asobimashita. Murabito no nakaniha, watashitachi ni, karera wa dōbutsu ya konchū no ugoki o mohō suru karera no dentō-tekina odori o shimeshita senmonka no dansādeshita. Sore wa subarashī monodeshitaga, wakai otokonokotoon’nanoko wa, dentō-tekina odori ga sukide wa nakattadesu. Karera wa, kasetto ongaku no oto ni jibun no pan o fukkōteki. Mata, josei ga jibun no atama kara sukāfu o tori, kansha o shimesu tame ni, osoraku ikutsu ka no dansei dansā ni sorera o oku koto ni kidzukimashita. Ichibu no josei wa,[sentaku akachan wa, kono yō ni inu ni nuigurumi ningyō no yō ni futō shita kōsoku balafon no oto ni karera no senaka ni shibara akachan to odorimashita. Jikan ga osoku natte, karera wa subete no yoru no odori no yō ni gunshū ga atsuku narimashita. Anata wa oto ga tanchōdatta kanji o etaga, sore wa hijō ni dentō-tekina, hijō ni Marideatta balafonists wa. After a o shūryō suru koto wa arimasen. Watashitachiha ni-kai shika yoyū ga attanode, Balafonists wa takusan no okane o yōkyū shitaga, mura no ta no kibarashi ni mo arimashita. Ichido watashitachiha, yoru osoku myūtodoramu bīto o kiite, sore ga subete ni yakunandeatta ka mi ni ittekimashita. Watakushiha no man’naka ni taitosākuru o tsukuri, tsurī no shita ni nan hyaku-ri mo no hitobito ga, majutsu-shi ya majutsu-shi to kare no aibō o odohhakken shimashita. Hitobito wa, karera wa ōku no waruikoto o okonau koto ga dekiru to shinjite itanode, watashi wa atode iwa reta yō ni, korera no henreki kokumajutsu-shi wa, hitobito o osoremashita. Karera wa, sākuru no uta no mawari odori, shibashiba hageshiku chīsana kagami o nozoki tame ni teishi shimashita. Murabito-tachi wa, karera ga senriganta mirā. Perhaps ni mirai ya kako o miru koto ga dekiru to nobemashita. Karera wa, gunshū no naka ni. NO 1 wa hohoen matawa karera wa nesshin ni shikiten o mite, demo hanashi o kiita karera no heddogia ni chīsana kagami ya hane o chiribameta iyōna ishō o mi ni tsukete itashi, karera no kao ni peinto. Demo futsū ni naite iru kodomo-tachi wa damatte imashita. Watashi wa watashi ga fuan to hidari na-sa zentai jiken de fukitsuna mono o kanjimashita. Jasumin wa sore o mite ki ni shimasendeshita. Mari no nōson shakai wanode, watashi wa korera no himitsu wa nanideatta ka o manabu tame ni pried suru koto wa arimasen karera no ma ni sunde ita hōhō o hitotsu no nagai kankei naku gaikoku hito ni himitsu o nokotte inai ōku no himitsu o motte ita no wa jijitsudeshita. Watashi wa sorera no ikutsu ka wa hijō ni fukaidatta kanji ga shimashita. Watashi wa nan’ninka no hitobito ga hito-guidattaga, 1tsu wa sono yōna koto o shiru koto ga dekiru hōhō ga nakatta to iu uwasa o kiite imashita. Watashi ga shiritai no wa nakatta to wareware wa karera no bunka no yori yoi sokumen ni tsuite manabimashita. Sakoro to yoba reru betsu no mura ni betsu no kikai ni, watashi wa nakama ga kanzen ni umō de ōwa rete, kare no aibō wa, sonogo hon’yaku tori no yō ni chāpu sa reta shinpi-tekina tori no dansu o miru tame ni okorimashita. Sore wa genmitsu ni mamora reta himitsudattanode, dare ga hane no manto no shita no hitodatta ka o shiru koto ni natte imasendeshita. Sonchō wa, watashi wa ikutsu ka no shotto o toru koto ga yurusa retaga shashin wa kyoka sa remasendeshita. Shikashi, tsūjō wa mura no dansu wa yōkina jikendatta to mura no hiroba de kyanpufaiyā no mawari ni kaisai sa remashita. So no yōna dansu no ma, mura no gurio ya bādo wa kare no ie o purei mawari ni odotta sakumotsu, tenkō ya mura no dekigoto ni tsuite utai, gakki o tsukuri, hitobito o tanoshima. Karera wa issho ni itta to shite sokkyō de hijō ni ryōkōdeshita. Gurio wa, deshi ya masutā wa itta, hijō ni raketto o sakusei shinbaru ya hoka no gakki o ensō subete o kurikaeshi, shōrai griots no mojiretsu ga tsudzukimashita. Murabito-tachi wa hijō ni ōku no baai, kōtō de no kettō ya kyoku jitai ni sanka shi, kono yōna odori o tanoshimimashita. Shikashi, ongaku-tekina sainō dake griots ni gentei sa remasendeshita. Infact wa sokkyō, uta ya odori de hijō ni ryōkōdatta ōku no nōka ga arimashita. Ichido Monzondougou ni watashi wa mura wa totemo shizukadattanode, nanika ga okonawa rerubekidearu koto o nobemashita. Sugu ni ikutsu ka no gakki ga tōjō shi, hiroba ni atsumatta gunshū wa. One toshi no josei wa, hokanohito ga cauri sheru ni atari ōkina oto o narashinagara, kanojo ga komori-on o tate, kanojo no hyōtan o kitta ippai no mizu ryūiki o dashimashita. Karera wa oto o tsukuru to tanoshī jikan o motsu yō ni shinpuruna mono de maniawa seru koto ga dekimasu. Kibarashi wa jinsei wa tokubetsu ni josei no tame ni hādodatta mura ni maredeshita. Soshite, karera wa sonogo, subete no nakaniha jibun no senaka ya honyū ni akachan o hakonde shokuji no junbi, ōku no baai, sū-kiro no sanpo o imi shi, mizu to hi ki o fetchi, kibi ya tōmorokoshi o arekurutta tame ni yoake mae ni kishō shinakereba narimasendeshita. Sonogo, karera wa dete itte, fīrudo de sagyō shi, shōgo no jiten de, sono dansei no hitobito ni shokuryō o jisan shinakereba narimasendeshita. Fīrudo wa hijō ni tōku no mura kara shibashiba arimashita. Karera wa mata, iwaba karera no chōri-yudeatta batā o chūshutsu suru tame ni mori no naka de shianattsu o shūshū shinakereba narimasendeshita. Dakara josei wa tashika ni hijō ni kenmei ni shigoto o shite imashita. Karera wa yasumu koto naku ni yoru ittei no kodomo jikuuke to karō ni 30-sai de furui miemashita. Anata wa sorera no hotondo wa Ajia hyōjun ni yotte wakakattaga, sono kareta chibusa o mite, josei no nenrei o tsutaeru koto ga dekimasendeshita. Karera wa rinyū-ko ga eiyōshitchō no kodomodatta koto o shitte itanode, karera wa, karera wa dekiru kagiri karera no wakamono o kanbyō shimashita. Tōmorokoshi kayu matawa tanpakushitsu to niku ni kakete ita to sorugamu no karera no kihon-tekina tabemono wa zeitakudeshita. Hōhō wa, karera ga maiasa tsubu o arekurutta tame ni omoi kine o kaisai shimashitanode, watashi wa jibun no yubi ga towa ni magatte mimashita. Dansei wa mettani ashi no tsume to kodomo-tachi wa, ōku no baai, kasabuta ga kanō motte imasendeshita. Kusuri o mitsukeru no wa muzukashikattanode, karera wa hābu ya ne no tame no shinrin wa mainā byōki o naosu tame ni kensaku shimashita. Iryō shisetsu wa hanarete nan hyaku-kiro mo attashi, rimōto no mura ni mo kanki ni tassuru oroka uki suru koto wa kon’nandeatta tame, shinkokuna mono wa tashika ni taihendeshita. Ōku wa, hijō ni ōku no hitobito ga kizu no kansen-shō de shibō shita tōku no byōin de chiryō o shiharau tame ni okane o motte imasendeshita. Kodomo ga ayamatte ushi 〜 no tsuno de tsuka reruto herupu wa, kono yōna mura de mitsukeru koto ga dekiru mae ni shibō suru koto ga dekimashita. Shikashi, karera no shuyōna mondai wa, kanki ni mizu no fusokudeshita. Suisu hito wa, ganjō de ninki ga atta Indo no dezain no ikutsu ka no mura no ikutsu ka no shudō ponpu o insutōru shite itaga, hitsuyō-sei wa, risōsu yori mo haruka ni ōkikattadesu. Jefu wa, ōku no baai, sorera no mondai wa, murabito-tachi wa, kono yōna kueri ni ōkina kibō o kotei shi, shitsubō shita koto o jitsugen shite inai kaiwa no mondai to shite nanideatta ka no murabito o motomerudarou, hijō ni donkan’na yakkodeshita. Jefu wa jibun-tachi no mondai ni tsuite wa nani mo suru tsumori wa arimasendeshita. Kare wa mata, tōzen no Afurika hito o toru to, karera wa kare ni ōkina kōi o okonatte ita toki ni sorera ga fuhitsuyō ni mata seu. Kare wa, kare ga ninmei o motome, sore ga jikan’nomudadattanode matte, sorera o hokan shite imashita nan’ninka no hitobito ni au koto o nozonde inai to nobemashita. Kare wa anata ga kare to issho ni ita baai wa, kūfuku iku koto ga dekiru node, kare wa tabe sugita to itte chūshoku o mushi shimashita. Kanada wa, puroguramuofisā no yōna hito o yatoimashita. Watashitachi wa ima, hobo 2-nenkan, Mari ni sunde itaga, purojekuto ga umakunaku yatte inakatta watashi wa masumasu iraira shi, kore ga shimeshita yō ni, tan’itsu no nōgaku no saiban wa dokoni mo settei sa rete imashita. Watashi wa jasumin o nozoite watashi no nayami o kyōyū suru daremoga arimasendeshita. Kanojo wa mimi o katamuke, ōku no baai, kanojo wa mata, watashitachi no taizai wa, sore ga sa rete iru hitsuyō ga arimasu to shite imiganai to kanjitanode, wareware wa Firipin ni modoribekidearu to nobemashita. Watashitachiha, maiban BBC ni mimi o katamuke, shū no asobi o tanoshinda ka, watashitachi wa chōdo Ashis to Jayanti de ason mawari ni suwatte imashita. Ashis wa Jayanti mo ni mimi o katamuke, hirotta in no idaina bangō o oboete imashita. Watashitachi no okiniiri wa Jayanti wa subete weli-ka o itte kawarini jitaku no subete no hōhō de shiagete iru.. Kono chīsana buta ga ichiba ni ittekimashita. Wareware wa, karera ga hibi sodammi ni ōkina yorokobi o mitsukemashitaga, karera wa mata tamani mondai o hikiokoshimashita. Ashis wa rego setto de asonde jikan no yō ni, kare no hana no sakuhin o sōnyū suru tame ni yoi aideada to omoimashita. Kore wa yoru osokudattaga, wareware wa byōin ni hakobato nagai pinsetto de sakuhin o dashita Chūgoku no ishi ni me ga samemashita. Soretomo kare wa mura de jitensha ni mimawa rete itanode, kare no atama kara shukketsu-ka ni kaettekita-ji. Kizu wa hyōmen-tekidattaga, wareware wa shinpai shite itashi, oyu ya shōdoku-zai to no konran o kurīn’appu. Kare wa keikō ga jikodatta to Mekishiko de, Firipin no kōhan de yori ōku no mondai o hikiokosudarouga, watashi wa sakini watashi no hanashi o shutoku shite imasu. Wareware wa tsuneni keikoku to, kono yōna kinkyū jitai no tame ni junbi shinakereba naranakattaga, zentai-teki ni, karera wa jūbun ni chōsei shi, kenkōdeshita. Jayanti wa supagetti o aishi, kanojo no yodarekake ni konran o tsukuru kanojo no harebottai hoho ni sore o fōku shitaga, Ashis wa, hoka no shokuhin ga suki. Jayanti ga urusai taberu hito ni narudarou to iu toki,-go ni karera wa karera no yakuwari o gyaku ni narimasu. Ōku no hitobito wa shibashiba mura de watashitachi o hōmon shitaga, dore mo shiro chichioya to sono mobilettes ya 2 CV ni kita shūdō on’na nozoite reigi o kaesa remasen. Watashitachi wa shibashiba kutsū no hitobito o pikkuappu shi, shokuji no tame ni ie ni motte kimashita. Karera wa mishiranu hito ni watashitachi no omotenashi no koto o kiite itanode, hokanohito ga chōdo kite, shibaraku taizai shimashita. Watashi wa eigo no josei ga baggu ni michi o aruite mite, kanojo wa nin’i no tasuke o hitsuyōniōjite tazunetara. Kanojo wa kukyō no kanojo no monogatari o narēshon to shite, kanojo wa namida no kiki ni hin shite imashita. Kanojo wa nani mo furansugo o hanashite inaishi, kanojo wa shikaso to koruhogo-kan ni yori takushī do burūsu ni noru tame ni chiketto o kattanode, kōtojibowāru ni shutoku shiyou to shite imashita. Doraiba wa, kare wa yori ōku no chiketto o hanbai suru tame ni, subete no hito ni ittaga, takushī ga ippaidatta toki ni nomi nokosa re, sugu ni nokosu koto o yakusoku shimashita. Ikutsu ka no jōkyaku ga untenshu o shinjite, sudeni shōgo made reimei-ki kara matteita subete de Afurika o shiru koto wanai. S he ni sairyū-yō ni, koreha maruichinichi kakaru koto ga arimasu. Kanojo wa senjō shi, yasun dokodakara watashi wa kanojo no ie o motarashimashita. Sonogo watashi wa mada umeru tame ni matteita takushī ni shi, nokosu tame ni isoide kanojo o mochikaerimashita. Sutēshonde wa, garasu ni yotte mizu o hanbai shitaga, kanojo wa sore ni kanojo no te o arau hajimetanode, eigo no josei ga mizu senjō no tame ni to omotte ita chīsana kodomo ga arimashita. Kanojo wa nodo ga kawaite jōkyaku ni hanbai suru tame no kanari no kyori kara mizu o fetchi shite itanode, mizu ga mite iru kamo shirenaiga kodomo ga nakisaken o dashimasu
Sukoshi kegareta, Afurika hito ga shinpai shite ita kore made no yō ni kanzen ni in’yō shimashita. Watashi wa kodomo o hoshō suru josei ni tazunemashita. Wareware wa kare no Doitsu no tsuma ya gārufurendo to zūrū o hirosshikaso no mōhitotsu no jikan wa, watashi wa shitte ita koto wa arimasen. Kare wa totemo kōtojibowāru de koruhogo ni iku tame ni hitsuyōna kare no toraberāzuchekku o kankin dekinakatta koto o iimashita. Wareware wa mata, sono hōhō wa hijō ni karera ni jōsha o ataeta tsumorideshita. Kare wa watashi ga nantoka hito o nadameru tame ni motte itanode, kokujin dansei ga hakujin josei to mawatte sukide wa nakatta tame, kokkyō de sake ni yotta kokkyō keibi-hei wa karera ni kurō shimashita. Kare wa zūrū to Minamiafurika kara no monodeatta to iu jijitsu wa, mondai o amari tasuke ni wa narimasendeshita. Koruhogode wa ōku no mondai ga matte imashita. Manējā wa hijō ni shōgyokutekidattashi, kare wa kono yōna ōku no hitobito ga karera no tegata o shiharau koto naku, hidari to ittanode maekin shiharai o ukeru shitakattaga, watashi wa karera ni hoteru no heya o eru koto ga dekimashita. Jasumin wa, watashitachi ga iku to, watashi wa hijō ni hayai yokujitsu hoteru ni itte kimashitanode, kare ni ikutsu ka no okane o ataeru hitsuyō ga arimasunode kawaisō ga nan’notameni okane ga nakatta to nobemashita. Watashi mo dete tsumasakidachinode, heya wa soradeshita. Dare ga karera no hanashi ga atta ka, matawa zūrū wa Infact wa watashi ni shinjitsu o tsutaete ita ka dō ka shitte imasu ka? Suisu no nakamatara watashi no ofisu ni kite, kare wa sūjitsukan taizai suru basho ga hitsuyōda to nobemashita. Kare wa Mari, nijēru, Arujeria keiyu dakāru kara yōroppa ni kare no jitenshawokogumashita. Watashi wa hijō ni sono yōna hitobito no yūki o shōsan shi, kare o ie ni motte kimashita. Kare wa mondainaku Sahara o koete Morokko e mukau tochū ni attate ita koto o itte Aruje kara watashi no posutokādo o okurimashita. Jasumin wa, kogane no kokoro o motte, toraburu ni dare o tasukeru tame ni janpu shimasu. Kanojo wa shitsumon o shinai to onaji kurai kanojo ga kon’nani hayaku kotoba wa, wareware wa tsuneni wareware ga sekai ni sunde iru ni kankei naku tasukeru koto o mawari ni shutoku suru koto ga dekiru yō tedasuke shiyou to shimasen. Ichibu no hitobito wa kare no kyodaina inu to sono Amerika hito no yō ni, kono omotenashi no riten o totte iruga, soreha watashitachi no seisaku ga yakudatsu to shitsumon o shite inai kotodeshita. Watashi wa itsuka kodomo-tachi wa mata, karera wa dekireba kutsū ni tanin o tasukeru koto o manabu koto o negatte imasu. Purojekuto wa mata betsu no hanashideshita. Karera wa kutsūdeattaga, nani no tasuke o ukeiremasen. Saraniwaruikoto ni, karera mo, karera wa kutsū ni atta koto o mitomemasendeshitaga, Jefu wa, nanika ga machigatte. Thatdearu koto o shitteita kare wa Mari no zunō o burēnsutōmingu suru tame ni, ikutsu ka no `senmonka’ ni natta tokidesuga, soreha sūjitsu to mina o haishutsu shite mo yoru tsudzuitaga, soreha kōka ga arimasendeshita. Watashi no mawari ni suwatte, ikutsu ka no kotoba de iu koto ga dekita koto wa amari hanashi ga dekitanode, ōku no hitobito o kiita koto ga nakattaga, karera wa jibun no kachi o shōmei shitakatta no senmonkadeshita. Mari wa, tsuneni karera ga. Disu wa kanashikatta nōmin no mondai o rikai shite inakattaga, sore o anki shi, sukoshi jitsuyō-tekina ōku no keiken o hitsuyō to karera no kyōiku no bunmyaku de rikai sa rerubekidearu to nobemashita. Hi shikiji-sha no kunide wa, iwayuru kyōiku o uketa Mari wa, daremoga, karera wa tokken no hitodatta koto o wasure saseta koto ga nainode, ikutsu ka no kyōiku o eru tame no subarashī tokkendeshita. Watashi wa giji interi sorera o yobimashita. Karera no mondai wa, karera ga jissai ni kōan shi, sarani kyōiku no tame ni Monperie ya dijon ni iku tame ni Mari o shōrei shite ita karera no kyōiku seido kagiri hakki tsuyoi eikyō no tame ni Mari o shokuminchika shite ita Furansu to iu jijitsu kara shōji. Karera wa watashi ga Amerika, Indo, Firipin de o tsūjite itte ita Amerika ya seiyō no kyōiku no apurōchi ni te o manabu koto ga nakattadesu. Marifuran wa furansufuran ni musuba reta, karera wa hinpan ni wata kaisha wa Mari no dokusendatta CMDT to yoba reru yūshi. Karera karera no kōjō o yashinau tame ni yasui ryōkin de Mari no wata no baiyādeshita. Karera wa ōku no baai, fāsutokurasu no wata o katte, wata ga saisho no kurasude wa nakatta to itte nōka ni tei kakaku o atae, sore wa karera ga shushi ya hiryō nado o kōnyū suru CMDT kara okane o karitanode, wata nōka wa sentaku no yochi o ataenakatta nado yogorete ita to kaisha ni wata o hanbai suru koto o gimudzuke raremashita. Kotton wa, Mari no nōmin no tame no yuiitsu no kankin sakumotsudatta to, karera wa kankei naku, karera ga shiyou to shitai ka ni muzukashī ka Furansu kara nigeru koto ga dekinakattanode, Mari wa Furansu igai no ta no kaite ga arimasendeshita. Mari furan ga yowakatta to kyūsokuna infure o hikiokoshita. Eventually Mari furan wa, haishi sa re, CFA wa, Furansu no chūō ginkō ni yotte seigyo sa reta sai dōnyū shimashita. 1 Ga hanarete karera wa gakkō de no sai ni shuchō shite ita furansuhito to sono mesoddo kara shutoku dekinakatta tame, nōgyō kenkyū mo reigaide wa nakattadesu. Sore wa karera ga onaji koto o manandanode, Mari ga Katibougou matawa Monpellier de kyōiku o uketa ka dō ka wa hotondo chigai o tsukurimashita. Sorera wa shīdodoriru o kōsei ya kō no fuka-sa o chōsei suru nado no bun’ya de jitsuyō-tekina mondai o kaiketsu suru yō motome rareta toki, sono yōna sotsugyōsei wa, tsukaiyasusa de hijō ni byōki ni kanjimashita. Karera wa riron o manabimashita. Kenkyū ni karera no koten-tekina apurōchi wa, ankēto kara hajimeru tame ni tsuneni attaga, soreha, purojekuto no subete no okane. A tadaide nōka wa nōka ga chokumen shite iru mondai to wa chokusetsu no kanren-sei o motte ita mudana dēta o shūshū suru koto ni tsuiyasa rete ita tasukeru koto wa arimasendeshita. 3-Nen-me, watashi wa hijō ni nōmin ni yotte takaku hyōka sa reta okabo no saibai o dōnyū shita 3 kenkyū no mura de ikutsu ka no sagyō o okonau koto ga dekimashita. Watashi wa mata, osuushi no tai ni yotte byōga sa reru mokusei no hari to ankana suki o kōchiku shiyou to shimashitaga, watashi wa ima, jikan ga fusoku shite iru tame seikō shimasendeshita. Watashi wa mata, 30 hekutāru wa, ikutsu ka no rōdō-sha to sukunai risōsu ni yori kakō sa reta Tierouala de zassō shutsubotsu kenkyū sutēshon no nochi ni miemashita. Eki o otozureru yō ni natta hitobito wa shibashiba, sore ga eki no yō ni mienai dake de rōkyū-ka shita torakutā o kotei suru tame ni, denryoku ya yosan o hito ni zōka shita koto ga nai to itta koto ga arimasu. Watashi wa torakutā no tame ni kowareta buhin o seizō suru tame ni Chūgoku o shiyou to shita toki, purojekutorīdā wa tegata o shiharau koto o kyohi shimashita. Kare wa mata, watashi wa watashi no ashi o oku 1-nichi made sutēshon no kanrisha no tame no jūkyo o kotei ni tsuite dillydallied. Purojekuto wa Kanada hito ni yotte shikin o kyōkyū sa reta to watashi wa karera no jūgyōindattaga, sore wa shikkari to Mari ni yotte seigyo shimashita. Watashi wa nani no tame no shikin o motte itashi, ōku no baai, soreha hiryō ya shushi no fukuro o kōnyū suru koto o shuchō shinakereba naranakatta n. Mari wa gokuhin-kokudesu. Anata wa sorera no jitai no jūdai-sa o rikai suru tame ni karera no mura de ikite ikanakereba narimasen. Karera wa byōki ni natta baai, karera wa mata, iyakuhin no tame ni shiharau tame ni okaneganai, nai dōro, nai gakkō, nashi no shinryōsho ya inryōsui o motteinai dakede wa naku. Karera wa karera no shokuji wa, kodomo ni mo otona no ma de eiyōshitchō ni tsunagaru hijō ni kagira rete irunode, seichō shinai mono o tabete wa ikemasen. Ame ga sakumotsu o saibai suru no ni jūbun’na jūbun’na shippai suru ka, matawa jikan ni kite inai ka dō karera no nōgyō wa mattaku sonoyōni hijō ni kiken tensui remasu. Karera wa fujūbun’na shiyō to tanensei zassō no hekutāru no nan hyaku mo no yō ni kanri sa renakereba naranai no kichō nado no yōna risōsu wa, karera ga katsute yoi kangai shisutemu o motte ita moputi ni okeru Amerika no tochi o fusaide shimaimashita. Sono suiro wa kōhai ni shi, tettei shita rihabiritēshon o hitsuyō to shite imasu. Kore wa, jinkō ga sukunai to no ōkina kunidesuga, Mari no daibubun wa, nōgyō ni wa tekishite imasen. Karera wa sakumotsu o saibai dekiru basho minami to nantō no kakunomidesuga, karera wa sō suru yō ni shudō de burashi o kuria suru hitsuyō ga arimasu. Sore wa hijō ni hijō ni kon’nandesu. Hitobito wa mura no kayabukiyane no marui ie ni sunde ite, mararia ya kasen mōmoku-shō ya kekkaku nado no ta no byōki no hosuto ni kurushimimasu. Hifu no byōki mo kōjōsen-shudearu to shite ippan-tekidesu. Ōku no kodomo-tachi ga gen’in de iryō no fusoku no tame ni wakai nenrei de shibō shimasu. Kunren o ukete inai josan-shi wa zutto sō josei ga shussan-go ni gappeishō o hasshō kanōsei ga aru koto no mondai o tasukete imasen. Shikashi, Mari no kenkyūsha wa, karera ga jibun no kenkyū ronbun o yomi, kore o okonau ka, mazushī hitobito no ōku o kaizen suru tame ni sore o okonau tame ni ketsugi shita nochi, kaizōdo o tsuku~tsuAMITIE hoteru de toshi ni ichido aimashita. Daijin wa kare no hadena kuroyabumozu ni kite, supīchi o okonai, ketsugi o jisshi suru koto de gōi shitaga, sore wa chōdo fumō no mamadeshita. Nani no yosan ga nakatta tame, mada jissō sa rete inakatta no mae ni kaizōdo ga toshi watasa. Nōgyō shisutemu no purojekuto wa, sakumotsu no shin hinshu o shiken sakumotsu no shūryō o takameru tame ni, atarashī sakumotsu ya gijutsu o dōnyū suru koto de, nōgyō no mazushī nōka o shien suru tame ni sekkei sa remashita.Do no yō ni watashi wa kanōdeatta mono o, sorera o hyōji suru tame ni Firipin ni korera no nōmin no ichibu o motarasu koto ga dekiru koto o nozomu ga, soreha tsuā ni hitsuyōna nōkade wa arimasendeshita. Kare wa IRRI de to sekai kakuchi de no saishin gijutsu o mi ni ofu ni jūten shitanode, soreha purojekutomanējādeshita. Kore wa, Tanzania de no kaigi ni shussekisha karedattaga, sore wa dochira ka amari tasuke ni wa narimasendeshita. Watashi wa kokusai-tekina kagaku-sha to pīnattsu no yō ni Amerika to hoka no sakumotsu ni watashi no kekka o giron suruga hitsuyō to sa reta mono o watashi ga soko ni attaga jitsugen shinakatta Mari. Disu no ichibu ni shisei no kyūgekina henkadeatta dakāru, Senegaru de no kaigi ni sanka shimashitanode, watashi no fuman wa owanni. Watashi wa watashi no jikan wa, yoriyoi sekai no ta no basho de sugoshita koto ga dekita koto ni kidzuitanode, kawarini nōka o shien suru purojekuto no hitobito wa, shinkō no samatage to narimashita. Mari wa, watashi wa doko ka betsu no yūrina shigoto o jōriku sa sete itaga, soreha shinjitsude wa nai to omoimashita. Watashi wa hoka no shigoto o motte itaga, watashi wa mohaya soko ni todomaru koto ga dekimasendeshita. Watashi wa sain’appu shite ita 3-nen taizai shite itaga, watashi wa watashi no tame ni kōkan o shisa shite iru koto ga dekireba, karera ga tazunetanode, Kanada no koyō-sha wa, obujekuto ga dekimasendeshita. Watashi wa furansugo o hanasushi, shitsuyōna Mari o atsukau koto ga deki, dare o shitte ite, sōitte imasendeshita. Ima, Mari wa yasuku, watashi no mono o kōnyū shi tari, muryō de nyūshu suru koto wa hijō ni setsubō shite imashita. Jasumin wa, mura no josei ni kitchin monogoto no hotondo o hanarete atae, ikutsu ka no koto o hanbai shimashita. Dare mo sore jitai ga hitobito ni tsuite no boryūmu o hanasu koto no sesshoku o tamotsu tame ni watashitachi no adoresu o motomete imasen. Watashitachi wa Mari ni sūnin no yūjin o tsukuttaga, karera wa Maride wa nakattadesu. Konpō to nokoshite junbi wa taihen’na shigotodattaga, 1-nichi ni wa, sore ga subete okonawa rete imashita. Jasumin wa subarashiku, sore o kanri shite imashita. Wareware wa wareware jishin no hiyō de shukka sa retanode, watashi no koyōshu wa, watashitachi no shukka no tame ni shiharau koto ni tsuite no ikutsu ka no kon’nan o tsukurimashita. Saigo no bubun wa, watashitachi ga gōi shita koto mo, purojekuto de hataraite mo higeki-tekina. One Amerika no nakama wa kare to issho ni chūshoku o toru tame ni watashitachi o tazunetaga, ninmei sa reta hi ni, wareware wa kare ga sore ni tsuite wasurete ita koto wa odorokubeki koto ni hakken sa re, wareware wa ni kite ita riyū o tazunemashita kare no ie. Kore wa yaban’na kōdō no kyūkyokudattaga, wareware wa futatabi korera no hitobito ni au koto wa naka~tsuarigatai koto ni idō shinakereba narimasendeshita. Wareware wa yoi no tame ni nokoshite ita koto o kuni ya ima sono hito no tame ni dono yō ni kanjita ka sukoshi odorokimashita. Mari wa, watashitachi no tame ni, kako ni sudeni arimashita. Soko ni wa natsukashisa wa nakattaga, wareware wa, wareware wa karera ga sore no baai to okonau tame ni murabito ni watashitachi no ie o kizō shimashitanode, sunde ita mura no yōdeshita. Jasumin to watashi wa Mari ni modoru koto wa nai to furikaeru koto wa arimasen. Watashi wa 1-nichi Mari dake no baai ya, dono yō ni shirimasendeshita jibunjishin’no fasshon. I ni jibun no mondai o kaiketsu suru koto ga dekirudearou to katei shimasu.

 

私のブログは英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語でも入手できます。

Note : The following links are given below so that you may read Anil’s biography in French,English,Spanish and German as well.

Anil’s biography in French.

Anil’s biography in English.

Anil’s biography in Spanish.

Anil’s biography in German

Chapter seven- A new phase-Philippines -1974-78 (in Japanese)

 

aliwan_fiesta_philippines

Source : Google photo

新たな段階:フィリピン:1974 1978へ

私は私のポケットとIRRIから空港で私を受け取るために誰に約5ドルで1974年の7月にフィリピンに到着したが、それはほとんど問題ありませんでした。パサイのBLTBバスステーションは、私がバスに乗ったところからロスバノス【選択運賃にあった場所私は1ドル未満を知っていました。

IRRIでは、中年の女性は、彼女が寮マネージャーだったことを教えてくれました。私は3階に滞在し、ナイジェリアの仲間と部屋を共有することでした。カフェテリアではので、私は急いでする必要があります閉じました。私は疲れを感じたが、私は私の赤いチェンマイシルクのシャツと素敵なパンツにカフェテリアに下って行きました。

私は食堂に入るや否や、私は明るい色のターバンとシーク教徒に気づき、かなりの数の他のインド人。彼らは興味を持って私を見たが、私は誰だった知りませんでした。 IRRIでのすべての新しい到着は週以前発表されたが、彼らは何とか誰もが手掛かりを持っていたので、私は言及を忘れてしまいました。

私は彼らの視線に注意を払わなかったし、食品トレーに沿って落ちました。食品・マネージャーを務めた背の高い女の子が即時通知を取って、私はからだったと私は等を到着したとき、彼女は非常に友好的だった場所を尋ねました。新しい到着が少なかったとされないことが多いので、彼らは私が滞在するつもりだったどのくらい、私がやろうとしていたものを知ることに興味を持っていました。私はご飯の上にいくつかの研究を行うためにのみ6ヶ月間IRRIであったと述べました。インド人はそのようにシーク教徒の仲間が私のテーブルに来て、自分自身を導入し、もはや待つことができませんでした。

彼は彼の博士号をしていたラジャスタンからSuranjeetだと言いました微生物学の研究。他のインド人は来て、私はスブロトとラックスマンラルを知ってしまった自分自身を一つずつ導入しました。私は、後で他の多くを満たすことになります。

Suranjeetので、私はのように簡単にできる限りどのような私ができることを伝えましたし、私の食べ物に出席し、一度にすべての私について知りたいと思った多くの最もおしゃべり一つでした。しかし、彼らは一人で私を残すことはありませんでした。彼らは、私はかなり本当だったIRRIに精通していたかのように私は行儀ことに気づきました。彼らが初めてIRRIに来ていたし、実際に初めてインド国外で旅していたので、それは珍しいものでした。

彼らは私が行っ布の袋に興味を持っていたと私は内側に保つかを知りたかったです。女性秘書はたくさんの最悪でした。彼らは慎重に袋を検査し、私はそこにサプリと私のイタリアの友人についてのそれらを教えていたので、私のバッグをサイン入りの人がいた誰知りたいと思いました。
代わりに私がいかに古い尋ねるの「あなたが卒業しましたときに、「彼らはいつものような質問をすることになります。彼らは私が結婚指輪を持っていたかいないかどうかを確認するために慎重に見えました。私はいつも見知らぬ人が私の人生の物語は、それほど頻繁に、私は非常に簡潔に答え言って嫌わyesまたはno。

戻って私の部屋に私は非常に大音量の音楽を演奏ナイジェリアの仲間を見つけました。これは、6ヶ月間のこいつと部屋を共有するのTizi Ouzou .Iにモハメドのことを思い出し、問題になるつもりだったが、我々は話をすることはありませんし、彼は私の名前を知っていたことはありません。それはちょうどカリフォルニアのウェスリーの家のようでした。彼は多くの場合、マニラに行くと、彼は戻って彼の母国へ持参したかったいくつかのミッキーマウスのTシャツや傘を買うでしょう。

次の日、私は行政と1日は永遠に私の人生を変えることになるの主要な意思決定を行うための責任を負うことになる人のための一般的次長だった博士・デ・ラ・クルスに会いました。実際には、彼は誰IRRIに来て私を招待アルジェリアで私に書いていたでした。彼は私を歓迎し、すぐに私に私の俸給からいくつかの進歩を与えた短い仲間でした。

私はベトナムの日から私を覚えて、いくつか他の人に会ったが、最終的に私は私が頭を満たすためだった栽培部門になりました。彼は私が望んでいたが、私は彼が私のために持っていたいくつかのアイデアに目を通すことが示唆された研究のいずれかのタイプを行うことがほとんど無いと言った博士はシンと呼ばれるインドの科学者でした。彼はまた私に米の研究の彼の論文の別刷りの多くを与えました。彼は少しせっかちに見えたが、部門内のいくつかの他の研究者を紹介してくれました。

これは、すべての研究者や学者とフィリピン人のスタッフが、学者の部屋と呼ばれる小さな部屋で働いていた小規模な部門でした。私はすでに以前のスブロトに会いました。フィリピン人スタッフが学者のに対し、彼らにアイデアを与えた上級科学者に代わって、ご飯の上に研究を実施し、私のような輩は、MSまたは博士号などの学位のために独自の研究を追求しました私は、フィールド調査を続けていくためにどのように私の個人的な経験や多くのミスを通じて学ぶことでしたが、次の6ヶ月間は、私にとってつらい時期でした。私はこの種の研究で、事前の現場経験を持っていませんでした。

Dr.Singhは私に多くの労力を必要とした行為に非常に大きな実験を行いましたが、IRRIの労働者は、抜け目のないとよこしまたくさんありました。平日彼らはしばしば、彼らが病気であったが、給料が高かったときに、週末に現れたと言って動作するように表示されませんでした。これは、フィールドワークを行い、データを収集するために労働者に依存し、すべての研究者のための問題の多くを作成しました。私は悲痛に苦しみ、私の実験的なプロットは実験以外のものを見ました。それでも私はできる限り最善のように苦戦しました。

私のフィリピン人共同研究者は、非常に有用ではなかったとの距離を保ちました。多くの場合、私はまた、.Everyoneは、労働者の不足によって影響を受けた緊張に追加されたフィールドワークを行うには多くの労働者を得ることを主張しました。 IRRIでの私の時間は短いものだったと私は非常に.Iはと私の悩みを共有する誰もがありませんでしたがっかりしたように、よくやっていなかった非常に大規模な実験を与えられました。

私は実験をレイアウト彼らはさらに遅延を引き起こした修正に多くのミスをしていました。私は週7日働いていたが、それは十分ではなかったです。インドの仲間が長くなって、私が直面していた問題のいくつかを理解するが助けることができませんでしたしていました。私たちは、ボーリングを再生したり、上の階にビールを飲むためにエヴァレーンと呼ばれる場所に夜に外出のルーチンを作りました。私はボーリングを再生したり、ビールが、私はボーリングが植物生理学部門で働くフィリピン人の秘書だった試して持続ものを飲むことを好きではなかったです。彼女の名前は重要ではありません。

インド人は私が彼らになってしまった場所なので、最終的には二階にビールを飲んで、より興味を持っていました。上の階に、選択図の女の子は暑さの中で懸命に働いたと発汗し、バンドのプレイヤーが自分の顔に同じ退屈そうな表情を持っていたが、それはルーチンだった同じインド人に捧げ毎晩同じ歌を歌っバンドと二人の女の子があるように使用されますそれら。
彼らは洗浄しないと、すべてのヘアカットを必要なかったように彼らは見えたが、それはスタイルでした。彼らはヒッピーのように見えなければなりませんでした。

みすぼらしい場所や煙充満雰囲気がルアーに追加する少しを行なったし、女の子は毎晩同じ歌を歌った場合、誰が世話をしていません。それから彼は行商投票と呼ばれる卵の完全なバスケットを運ぶ同じ古い曲がった人がいました。 Balotは、その中に部分的に形成されたアヒルを持っていた21日齢のアヒルの卵です。フィリピン人は羽とすべてとbalot食べるのが好きだったが、私はそれを食べるために自分自身を持って来ることができませんでした。それは私のBa Xuyenの緑色の卵のように多くのことを思い出しました。私はビールのボトルは煙のヘイズを通じて番組を見て、夜を通して座っていました。多くの場合、警察官や女性たちは無料の飲み物のために来たが、彼らは害を意味しません。

サンミゲルビールはインディアンと他の人が水のように飲み、このまたはその歌を歌って歌手に叫んで維持している安かったです。ロスバノスの空の通りは大音量の音楽と響き。
道競争はラケットを作るために何のボーリング場がなかったので、ちょうどビールジョイントが、多くのお気に入りだった竹林と呼ばれていました。女の子は自分の背中が大きく開いドレスやタイトなパンツでもう少し大胆ありました。しかし、それは行くためにどこにもありましたので、貧しい学生が夜を過ごした小さな町の事件残りました。

インド人は抜け目のないたくさんあったとコスト私のために高価であることが判明し、毎晩の同等のシェアを集めました。 Suranjeetは常に彼がどのような彼を負っ人のアカウントを保持し、彼の黒い本を引き出すだろう。彼らはとても徐々に、私は外出停止私の犠牲にして楽しんでました。ビールを飲む以外にも、とにかく私のお気に入りの気晴らしではなかったです。

フィリピン人の秘書が気づきました。彼女は私がよくやった食事の時間で彼女に参加するために私に尋ねたが、私はしなかった場合、彼女は迷惑を示しました。彼女は私が毎日の食事で彼女を待ちたいと思いました。今、私はイライラになり始めました。私はスザンヌ除いて私の人生の中で誰を待っていたことがなかった、それはすでに歴史でした。私は1日、私は彼女がすべてで私から何かを期待すべきではないことを彼女に言った人を待って再び開始しようとしませんでした。私は人のそのタイプではありませんでした。私は女性のためのドアを開けるか。彼らは非常によく、自分の扉を開くことができ、テーブルでそれらを待ちませんでした。ほかに、彼女は絶対に何かを要求する権利がありませんでした。

彼女は静かにしていたが、あきらめませんでした。そしてある日、彼女は私が彼女がフィールド調査で本当に興味を持っていたかどうかわからなかったが、彼女に私の実験を示すために私に尋ねました。だから我々は、フィールドに移動するにはバレーボール選手の平面図で女子寮の前を通り過ぎました。ゴシップはすでに始まっていました。

彼女はボウリングをプレイし、その後寮でのパーティーで彼女に参加するために彼女のギャングと一緒に行くために私を招待するときそして彼女の誕生日が来ました。私はしばらくの間、再生されたが退屈に感じたし、戻ってIRRIに行ってきました。その後、私は私が私の顔を見せて戻って自分の部屋に行ってきましたので、パーティがあったことを思い出しました。私は世間話や天候トピックを嫌っ。彼女は私に非常に怒っていたが、私は気にしませんでした。私は私ではなかった彼女のボーイフレンドだったように、より多くのこの少女は行動していました。このような態度はありません最後に私をイライラ。彼女はきれいではありませんでしたし、私はので、私は自分の距離を保って感謝する可能性の資質を持っていませんでした。

しかし、彼女の決意は、耐えました。彼女は私に彼女が日に働いていた木彫りのネームプレートの贈り物をしました。誰も私は全然彼女の気持ちに報いることができなかったので、私の誕生日は、私は悪い感じ.Still覚えていないので、それは素敵なジェスチャーでした。我々は何も共通点を持っていたし、彼女がfrivolitiesに使用されました。私のインドの友人は気づいたが、自分の弁護士を保ちました。

インドの研究者は、他の部分と混在しない傾向があり、通常のグループとしてエヴァ・レーンでビールを飲みに行きました。私は、フィリピン人、日本人、韓国人や他の国籍を持つ友人を作ってみました。インド人は私が毎晩彼らと一緒に行くことを好きではなかったこと、これは奇妙な発見しました。私はビールを飲むが、私のお気に入りの気晴らしではなかったと述べていました。

この時点で私はサモサパーティーを整理しておくといいだろうと思いました。誰もが20ペソを砲撃人の参加でした。私たちは、その後、ヤギを探しに行くと林業のアパートでサモサを準備することになります。このアイデアは、熱意の多くを作成し、お金を迅速に収集しました。そして、週末にSuranjeetと私はヤギを探していました。彼はいつも普通の何のためのゲームでした。我々はできるだけ早く我々はヤギを聞いたジープニーをオフに飛び降りたので、それは面白かったです

Suranjeetは80ペソのための彼のヤギを手放すために農民を説得どこどこかので、バタンガス州でタナワンで終わりました。私たちは、乗客の娯楽にジープニーで苦労ヤギロスバノス意気揚々に戻りました。

残りは歴史でした。 IRRIのキッチンスタッフは、肉の準備を引き継いだ、他はサモサ作りが始まった午後とサモサはサモサのようには見えませんでしたか、彼らはあまりにも大きかった場合には本当に世話を誰.IN他のものを探して買い物に行きました。いくつかのスコッチ登場.Soonイラン、バングラデシュとインド人は良い時間のクジラを持ちました。

隣の隣人がで参加し、より多くの食料を準備しました。今党は本当に本格的に始まった、人々はSuranjeet後半のニューカマーのためにひそかにサモサの紙袋がフル充填に保持しながら、フライパンからホットサモサを取得するために互いの上に戦いました。

当事者は、食品、ドリンク、大音量の音楽で一晩中続きました。今ではIRRIの寮に戻って行く時間だったが、スブロトは講堂の前に起工し、彼は彼のベッドを発見したと述べました。彼は今、私たちは私たちの手で問題を抱えていたので、スコッチと少しも自由でした。しかし、どういうわけか、私たちはIRRIに消極的スブロトのすべての方法をドラッグして、メインゲートがロックされていたため、フェンスを越えて彼を得ることができました。偉大なサモサパーティーはまだ約30年後に話をしたが、繰り返されることはなかったです。これは、異なる国籍の方は、一緒に来て、大きな楽しみを持っていた唯一の時間でした。

私が思うに、それはインドの仲間の一つはフィリピン.Iは彼の最高の男であることだったと彼が結婚したことを発表したことを12月にありました。彼は彼の博士課程を終えた他はかなり遅れていませんでした。スブロト、Suranjeetとラックスマンラルも自分のプログラムを終了し、今後数ヶ月の間にインドに戻ってきます。

そしてある日Dr.Singhは彼の無数の外国旅行から戻り、私の実験を参照するように求め。誰にも非常に明白であったが、彼は上の理由で興味がなかったような実験はうまくいっていませんでした。確かに誰もが当時の労働問題を抱えていたが、それは私が頑張り作っている必要があります。
私は彼のようにがっかりしましたが、私はこの経験から何かを学んだし、今私は戻ってインドへ行くことを計画していたと述べました。

Dr.Singhは彼が私はベストを尽くしたと確信していないと述べました。彼は私に可能性を見て、私はより良い適切な状況を与えないことができると考えていると述べました。私は彼の説教に耳を傾けました。すべての後、彼は農学部門の責任でした。 1は陰性の結果からも学ぶことができるため、研究では何の結果が否定的ではありません。私は私の荷物をまとめ始めたので、とにかくIRRIでの私の滞在は終わりに来ていました。

しかしDr.Singhは私の出発を遅らせることに保ち、1日、私はビコル領域にナガ市に飛行し、地域における米の研究ポテンシャルを参照し、主に農業試験に関するへの反応を見るために農家に話をすべきであると述べました。彼は、これが理由ベトナムやアルジェリアでの経験の私の拠点を知っていました。ナガ市があった場所私も知りませんでした。

だから、ある日、私はナガに飛び、そこから線毛に行ってきました。これは、広大な米産地であるカマリネススル州の州の州都です。そこで私は、多くの農場を訪問し、熱狂的だったと、彼らはIRRIは、新技術の中心であると信じていましたので、彼らがより良い作物を栽培におけるIRRIから任意のヘルプを歓迎すると述べた農場調査。彼らに行うことの可能性について多くの農家に話を聞きました。私は私が見つけた、バックIRRIに報告するものにとても感銘を受けました。今の問題は、アウトリーチプログラムへの資金提供の起きて、全体のコンセプトはしばらく保留にしました。

ある日、私は私が滞在または背面インドへ行くことだったかどうかを調べるには博士・デ・ラ・クルスを見に行きました。彼はDr.Singhは私がビコルでのプログラムのための右の人だと思った場合には資金が利用可能となった後、彼はそれに表示されますと言って私を驚かせました。彼は私の強さを認識するための第2の人だったとそう言いました。最初の人はもちろんDr.Singhでした。彼は私にとって大きな計画を持っていたし、私はより良い農家と直接作業しないことができると思ったと述べました。

私は、フィールド農学者だったとどこでも農家と安心していました。私は農家【選択の研究ステーション試験での作業幸せを感じたが、農家が直面する条件と制約を反映していないことは間違いありませんでした。

したがって、国際稲アグロ経済ネットワークまたはIRAENプロジェクトが始まったと私はビコール地域でプログラムを頭にありました。経済学、昆虫学や統計部門も同様に関与していました。これは私が最初からその一部に励起された多くのサイトを持つ国で最大のアウトリーチプロジェクトであることでした。

だからもう一度、私は線毛のために残されますが、今回は滞在する場所を探しに。私は町で私のための宿泊施設を探すために約束していた私の前の訪問時にマーナと呼ばれる女の子に会いました。彼女は、住宅不足があったと述べたが、おそらく、隣の隣人は私に部屋を与えることができます。

これは私がジャスミンに会った方法です。彼女の父親は、線毛の引退市長だったと、彼らは主要道路に線毛に古いが頑丈な家を持っていました。マーナはすぐに導入した後に残ります。

私は私の前に特別な魅力の女の子を見て、美しさ.Sheは完璧な楕円形の顔、長い光沢のある黒い髪をしていたが、何最も印象に残ったことはあなたの魂に触れた彼女の深い鋭い目でした。私は彼女が白のショーツとプリントブラウスを着ていたことを覚えておいてください。私が初めて結ば舌を得たが、どういうわけか、私はIRRIからだったし、滞在する場所が必要だと彼女に説明しました。

彼女はIRRIについて知っていたし、一度の場所を訪問したと述べました。彼女の父は彼らと一緒に暮らす外国人の考えに反対したが、彼女は彼女が私がその他のホテルを見つけるまで、私は一時的に滞在させて彼女の父親を説得すると発表しました。私は彼女が私が心配してはならないので、その家で彼女の言葉は、コマンドがあったことを言って覚えています。彼女はとても優しく微笑んで、いくつかのアイスクリームを持っている私を招待しました。彼女は家の前にアイスクリーム店をセットアップしようとしていたと述べました。

私たちはの話を覚えていません。私は、数量化不可能な割合の混乱で自分を感じました。私は世界の男だったし、多くの国になっていた、面白いかどうか、多くの人々を知っていたが、私はジャスミンのような人に会ったことがなかったです。長い検索や待ち時間は終わったと私は最終的にこの甘いと美しいBicolana.Thisで私の魂の伴侶は私の人生の見事な瞬間だっ会っていたが、私はそれは私の顔に表示させなかったことを私の心の中のかすかな希望の光がありました。まだとにかく。

私は愚かな何かを言って、私はほとんど彼女に聞いたような瞬間を台無しにないように、私は何も言うことはしませんでした。彼女は経営陣と一部の意見の相違に起因する銀行に彼女の仕事を辞めていたし、アイスクリーム店をセットアップしようとしていたと述べました。彼女は大学を卒業し、会計を専攻していました。

すぐに私はに移動したが、彼女の妹は私を好きではなかったと無関心でした。他の場所に住んでいた彼女の姉もジャスミンはBoombaiが家に滞在させアイデアを好きではなかったです。フィリピン人は、何らかの理由でインディアンBoombaiを呼び出します。家族はカトリックの敬虔なた、決して外国人も一緒に滞在していました。これは、ジャスミンの可能となりました。

彼女と私たちは出会った瞬間から見事に意気投合。ある日、彼女は私にCagsawaで埋もれた教会を表示するにはマーナとともにレガスピに連れて行ってくれました。マヨン火山は堂々と迫ったが、不気味に近くの煙を吐き出します。またある時、彼女はナガ市で彼女の友人を紹介してくれました。私は彼女と一緒に、より多くのエンチャントになったと.Iは、私が話をするので、多くを持っていた知らなかった夜に彼女に話して長い時間を過ごしました。彼女はいつも引っかくで私を倒す以外にも。

彼女は嫉妬女性は、彼女がやらなかった何かを偽って彼女を非難したナーガの銀行で働いていると述べました。ジャスミンは謝罪を要求し、それを取得できませんでしたときに経営者が滞在する彼女を懇願したが、彼女は辞任しました。ジャスミンは、異常な人格の女の子だったと引き下がるないだろう。私は非常に彼女の中で、この鋼に感銘を受けました。

実際、私は彼女のように誰にも会ったことがありませんでした。私は彼女のボーイフレンドであるかのように私たちは、私は彼女の肩.Sheのまわりで私の腕を置くときナガに映画を見に行きました。ある日は、私はすぐに傷みを感じ撤回私が振る舞うたという。しかし、彼女は私を驚かせたと微笑んで私の腕にに開催されました。私は映画がすべてに約何であったか知りませんでした。特別何かが私たちの間に起こっていました。私はジャスミンと恋に治癒を超える頭でした。このニュースは、彼女の家族によって歓迎さはありませんでした。彼女の妹は、ジャスミンが私とは何の関係もありません必要がありますのでBoombaisが良い人ではなかったと述べました。彼女の姉もに対して死んでいたとオープン敵意を示しました。
野党はので、私は生きるための別の場所を見つけなければならなかった構築しました。もう一度ジャスミンは私の救助に来て、私は喜んでくれた里親家族を見つけました。

里親家族は問題があったことを知っていたが、時間内にすべてがうまくうまくいくと述べました。彼らはとても親切で、人を愛していました。

氏カスティーリョは自分の息子のように私を好きで、彼は最後の戦争中にバターンの死の行進を生き延びたのか教えてくれました。何千人もの日本人がアメリカ人とフィリピン人の戦闘機を切り上げた時Corrigedorの崩壊後、その行進に死亡したと数百キロを行進するためにそれらを強制していました。

その間に私はスリラムピュールにお母さんに書いていたし、私たちの結婚のために彼女の祝福を尋ねました。ニュースが戻ってそこに嵐を引き起こしている必要がありますが、私の不動の弟ニーマルは私自身の人生を生きるようにする私の救助と確信お母さんに来ました。最後に、長い待ち時間の後、私は彼女がジャスミンは家族に最も歓迎されるであろう英語で書いた手紙を受け取りました。これは私が必要なすべてのでした。

私はジャスミンが仕事を見つけた線毛の銀行に駆けつけ、彼女に手紙を示しました。彼女はそれを何度も読んで本当にそれが本当だったことが信じられませんでした。私はその夜、彼女の家族を訪問し、彼女に結婚を提案し、彼女の両親の承認を求めるつもりだったことを彼女に言いました。彼女は文字通り顔に赤い行き、奥の部屋のどこかに姿を消しました。

私はそれについて夫人カスティージョに語ったとき、彼女はそれは確かに非常に良いニュースだったと何も心配することはなかったと述べました。彼女はすべてを処理します。だから夜に、私たちはパーティーが待っていた彼女の家にtrooped。結婚は非常に慎重な検討を必要と非常に深刻な問題でした。ジャスミンが見られることをどこにもなかったです。

今インタビューが本格的に始まりました。古い氏ルイスは、彼が外国人とその時の非カトリック教徒と結婚する彼の娘のアイデアを好きではなかったと述べました。非カトリックの部分がクラックする最も難しいナットだったかそれが見えました。インド人は4人の妻などMr.Castilloが頻繁に私の代わりにintercededていたとMrs.Castilloは、彼女は本当にそれが天のプロポーズだと信じていたことを言ったことは本当だった場合、彼は尋ねました。明らかに彼女は私に大きな信頼を開発していました。私たちは結婚の話を聞いたとき、私は4ヶ月以上ジャスミン知られていませんでした。

最後に、司祭は、宗教の問題を整理するために呼ばれました。彼女の父親は、彼が個人的に私は最初のカトリックの信仰を受け入れなければならなかったので、私は非信者だったことを除いて、この結婚に異議がないと言いました。司祭は私が同意した場合、短時間で私の外に良いカトリックを作ることを約束しました。私は.Thereはジャスミン.NO条件があまりにも大きかった結婚から私を停止するには何もなかったしました。
私の祖先は彼らの葬儀pyresにひっくり返している必要がありますが、私は私の魂の伴侶を見つけ、私のお母さんの祝福を持っていました。

私は彼らの偉大な救済に受け入れられ、ジャスミンがで呼ばれていたこの時点で。彼女はとても恥ずかしそうに降りてきても私を見ていない一角に座っていました。彼女の父はその後、彼はすぐに私が変換されたとして私たちの結婚に同意したことを非常に雄弁に収集を語りました。私は7月15日に彼女と結婚するように求めたが、彼女は7月23日は彼女の選択だったと述べました。それは1975年だったと線毛、カマリネススールあった場所月に私も知りませんでした。これは私が運命と呼んでいます。

だから、日付が嬉しく皆が合意し、ケーキやドリンクを提供していました。ジャスミンは私が彼女のために私の宗教を放棄することに合意したことをとても驚きましたが、私は支払うために小さな価格だと言いました。ほかに私は維持するために、古い歯のない司祭との約束がありました。

非常に次の日、私は司祭を見に行き、私はジャスミンの父が課した条件を満たすようにカトリックに変換されたことを率直に彼に言いました。私の心に私はので、私は、私はとにかく聖書を読んでいた教会に行き、聖書などを読んでのカトリックのルーチンを維持するつもりではなかったたもの以外の任意のものになるだろうことはありませんでした。

古い司祭は、私の中で非常に頑固な仲間を見て、私は私の心にキリストを歓迎していない限り、それはカトリックであることは役に立たないと言いました。私は同意し、私は非常に正直な先行投資されていたと述べました。私は彼に言われた、すべての後、彼はまだ私が先に行くことを望んだ場合、私は今、カトリックであるために準備ができていました。

彼は首を横に振ったし、「何が使用だ」と述べたと我々は、任意の前提条件なしで結婚することを許可されるべきであることを彼に納得させるジャスミンの父親に話をすることを約束しました。彼は最終的に与え、私たちの結婚の準備をするために私達に尋ねました。

私は私の人生の中で、そのような喜びを知りませんでした。このニュースは野火のようにIRRIに広がり、驚きの多大であり誰もが受信されました。彼らはジャスミン、私はほんの数ヶ月前に会っていたので、私は深刻だったことが信じられませんでした。当時Dr.Singhは私の実験を見にビコルに来て、彼は結果に非常に満足していると述べました。すべてのサイトが優れていたので、私は、これらの6ヶ月間一生懸命ひどく働いていました。私は偉大な収穫とデータを期待しました。しかし、彼はまた、彼は私の差し迫った結婚について聞いたと言って、それを超えると思うように私に助言しました。

彼は、それは確かに深刻な問題だったので、彼の自分たちの国の外に結婚し、友人や宗教の多くが失敗に終わったと言いました。私たちは結婚して決定したことを言ったとき、彼はよく私たちを望んでいると述べました。

ジャスミンと私は、私たちの結婚の準備をするために未満1ヶ月になりましでした。豪華な結婚と負う債務のフィリピンの伝統に反して、我々はそれが簡単な結婚式になる予定だったと我々は借金で私たちの新しい生活を開始するつもりなかったことを決めました。我々は、すべて.Sheが私の原理を理解するために払うつもりでした。彼女は私たちの結婚式は、我々はスポンサーを求めないので、一意にするつもりだったと述べました。その後、財政的に貢献するであろう、できるだけ多くのスポンサーを切り上げるためにフィリピンの伝統でした。

私たちは、私はIRRIの奨学金が十分でなければならなかったから保存するために管理していたスポンサー.Whateverお金を必要としませんでした。私は、私は、Baアオ町の才能の女性が彼女のために作られた刺繍を含むように設計することを彼女のために作られたガウンを持っていました。彼女はまた私のためにバロンタガログ語を作り、私は彼女のために描かれていたことを前面に小麦の束を刺繍しました。私たちは、私たちの結婚式はすべての点でユニークになることを約束していました。

だから我々は慎重にすべてを計画しました。彼女は日曜日の結婚式に多くの人々が招待現れたりしていないだろうので、私たちが代わりに伝統的な日曜日の週の途中で結婚したいと思った理由は今、私は理解しました。我々は、彼は私たちが何のスポンサーを持っていたことを知っていたので彼女の父親は心配していた100に私たちのゲストリストを制限しました。誰がスポンサーなしで結婚しましたか?

ジャスミンと私は単に私の母は1975 0F 7月23日にジャスミン、ピリ教会でMr.Luisの娘に彼女の息子の結婚式に招待という非常にユニークな結婚式の招待状のカードを設計しました。
他に何もありません。リングを運ぶ私の最高の男だったベールとスブロトを実施マーナ以外にフラワーガールやメイドはないようにしました。誰もがこのような結婚式のカードを見ていませんでした。これは、シンプルかつエレガントだったが、それはフィリピン人が破ることを敢えてしなかったすべてのルールを破りました。

ジャスミンは私の農民が彼女のために作った穀物の黄金の束を示すイネの花束を運びました。これは、ローカルまたはない任意の伝統からの総出発だったが、我々は恍惚としました。彼女は私が小麦の束の刺繍と私のバロンの古い線毛の教会で現れ、彼女は米の花束を保持している彼女のまばゆいばかりの白いガウンに来た当日にので、私は私のホーチミンのひげと口ひげを剃ることを主張していました。私は私と結婚するために英雄的な勇気を示した白の美しい女の子に私の目を持っていたとして、そのみすぼらしい家具やプラスチック製の花と教会の剥離塗料や雨漏りする屋根は消えていきました。

彼女は父親の腕に入ってきて、.Sheが素敵だった私を見ていませんでした。彼女は私が彼女を待っていた祭壇にゆっくり歩いて、一緒に私たちは彼女の同級生の司祭【選択式の前にひざまずき、それは私たちにそのように思えたかもしれないが、非常に長くはありませんでした。最後に、我々は、男と妻が顕著でした。この時点で私は真珠のネックレスを取り出し、【選択カメラがクリックされた彼女の白鳥の首の周りにそれを入れて、彼女は笑顔で梁。ジャスミンは、最後に私の妻でした。

私はそれが私の人生で最高の成果だったと思います。彼女を見つけると線毛自体が奇跡の短い何もなかったところ1月に私も知りませんでした6月の時間に彼女と結婚するには。すべては私達の両方のために、その日一日から永遠に変更されました。彼女は私が待っていた夢の女の子だったので、長い間探していました。

彼らはインドの私が結婚しようとしました。妹アンナプルナは、永続的だったが、私は準備ができていなかったと述べました。私はいつの日か私は知らないが、彼女は私が人生のパートナーに望んだすべてのものになります私の夢の魂の伴侶を見つけるだろうと述べました。彼らは嘲笑的.Jasmineが時間内にそれらすべてが間違っていると証明する私の白昼夢を聞いて笑いました。

私たちの関係は、信頼と理解に基づいて設立されました本能的に私たちは、さらに時間の無駄だった待ってお互いのために正しかったと感じた我々。彼女の友人は驚きました。

私たちの結婚の翌日、私たちは高地にアップバギオにバスに乗ったところからマニラへの列車を取りました。バギオの週は、ロマンスと愛に満ちた人生の最良の部分でした。私たちは、美しいサイトを見に行った無限の写真を取って、私たちのお金のすべてを費やして、いくつかのお土産を買いました。私はIRRIはすぐに私に奨学金を与えることを確信していました。

我々はロスバノスに到着したときには、IRRIのレジ係が私たちを待って驚きを持っていました。彼は奨学金が原因祝日に遅れることになると述べました。私は線毛に戻すのに十分なお金を持っていなかったので、今、私たちは困っていました。このときスブロトは月末の貧しい学者が思い付くし、何とか電車賃を収集できたものは何でも収集するために、周りの帽子を渡し始めました。彼は本当に私の最高の男でした。

ところで、スブロトはすぐに彼の博士課程を終えるだろうと彼は後にベンガルの有名な農業大学の副学長となるインドに戻ります。彼は確かに非常に高い上昇するだろう。しかし、悲しいことに、私は彼との接触を失っています。

Dr.Singhはジャスミンを歓迎し、彼女の名誉の彼の家でとても素敵なパーティーを行いました。彼女は私が彼女のために設計されており、彼女の美しさと甘い自然と皆を魅了していたピンクの刺繍ガウンに素敵に見えました。最初の何人かの人々は、いくつかの予約を示していたが、我々は非常に暖かく皆によって受信されました。

しかし、私はその年に結婚するために第三のインド人でした。結婚する二人目はロスバノスから素敵な女の子と結婚しSurendraと呼ばれる私の親しい友人でした。四人は私がその意味で1975年は、IRRIの学者のための顕著な年でしたのと同時に、フィリピンに到着したアメリカ人でした。

私はジャスミンと呼ばれる素晴らしい女の子を理解し始めていました。彼女は私たちが遭遇したすべての挑戦まで住んでいて、1日、私は私がで研究を続けることを望んだことを彼女に言ったときのように優雅にそれをやりました

IRRIのサポートの有無にかかわらず博士号のためにフィリピンの大学は、彼女は同意し、彼女は私をサポートするために仕事を見つけるだろうと述べました。

私は.Iは彼らがイネの広範かつ非常に有望な研究を行って1年以上働いていたその時点でIRRIに幻滅なっていたが、それはどこにも専門的に私を取得できませんでした。確かに私はいくつかの貴重な経験を拾っていたが、誰もちょうど経験の世話ません。一つは、博士号などの学位を持っていましたどこにでも取得します。 1975年の9月には、IRRIは月の農学研究における一部の人々の訓練に役立つ私に尋ねました。

だから、ジャスミンと私は、私たちの最初の借家、ロスバノスの私たちのみすぼらしい部屋を活気づけるために投げ入れ大きなクモやゴキブリとちょうど1部屋の事件を設定します。私達はちょうどで始まるために小さな1バーナーホットプレート、古い竹のベッドとガタガタテーブルを持っていたが、我々は満足していました。彼女はストライドですべてを取って、すぐに仕事を見つけるために着手しました。私はその年の11月に私の授業を開始するために、大学院で受け付け平均時間でした。

私は博士号を知っていましたた長い闘い、おそらく長い我々はすべての費用の支払いに何のスポンサーを持っていたが、何も今はバックオフしたとき。 IRRIでDr.Singhは密接に開発を追跡し、心配していたていました。ある日、彼は私がやっていたか私に尋ねた、私は博士号を支払うつもりでしたか新しい妻と伴うすべての責任を負う程度。

私は肩をすくめと何とか私たちは、私が実際にどのように知りませんでしたが、すべてのそれを管理しようとすると発表しました。私は何を求めていないと判断しました。私はビコールに私を送るためにIRRIを求めたことがなかったと私は今、お願いするつもりではなかったので、私の交わりに任意の拡張子を要求しませんでした。それは私の誇りでした。

しかし、博士シンは非常に親切な心を持った男だったし、純粋に私を信じて、私は研究者として達成できます。彼は、私が数ヶ月のために熱い太陽の下で苦労していたビコルに優れた研究分野を見ていたし、彼はそうある日、彼は戻って彼のオフィスに私を呼んで何かをしたかったとIRRIは素晴らしい研究を行うために自分の能力に非常に満足だと言ったと私の博士号を取得するための完全な交わりを提供する準備ができていましたプログラム。

私はIRRIから何かを期待していなかったので、私は、任意の前提条件があった場合ので、私は尋ねた自然に非常に驚きました。 Dr.Singhは微笑んで、実際に条件があったと述べました。 IRRIは、私はUPLBで私のコースを完了した後、私が始めた優れた仕事を続けるために戻ってビコールに行きたかったです。私はとても幸せでした。これは私が最も.Iは農家で動作するように愛し、私は喜んでジャスミンと相談した後、IRRIの申し出を受け入れたので、ビコール地域に戻ることが熱望していた愛したものです。

やがて彼女はロスバノスの銀行で仕事を見つけて、私は我々が新たに結婚していた私の大学院の研究と非常に忙しい持っまだ大学院の研究は非常に厳しいだったので、私は彼女のために少し時間を見つけました。彼女はまた、銀行の彼女の新しい仕事で忙しかったです。運のくぼみによって、私たちはより良い家との良好なメイドを発見し、そのラット、クモやゴキブリが出没余地を残すことは非常に嬉しかったです。物事は確かに、まだ私たちの生活の中で最高の年と1975年を考える.I私たちのために見上げました。

私たちは、すぐに新しい家庭を設定し、カラフルなカーテンを設置します。彼女は我々がテレビを買って、IRRIは私たちに大きな冷蔵庫、コンロを貸し付け優れた主婦であることが判明しました。私たち自身の.Iに生きることは本当に素晴らしい、それをした大学院生の負荷が重い見つかりましたが、良好な成績を得るために管理し、着実な進歩を遂げました。

Surendraは今も学生だったし、彼の博士課程の研究における迅速な進歩を遂げました。他の人はインドのために残っていたし、1仲間はポスドクフェローこれだけSurendraとしてナイジェリアに行って、私はIRRIに残されることになります。私たちは共通して多くのことを持っていました。私たちは、インドのUPの同じ状態から来て、我々は両方はIRRIの後援の下で私たちの博士号取得のために勉強した今ここに結婚していました。私たちは、簡単に接合され、生涯の友情を形成することになります。我々は両方は彼に少なからずにロスバノスのおかげで暮らすことになったが、私は後で物語の中でその部分を取得します。

私たちはドイツのRosenthalsなどのような数人の友人を作ったが、大部分は、我々は我々自身のことをやってと何か他のもののために多くの時間を持っていなかった忙しかったこと以外はロスバノスの当時について書くことはあまりありません。私が研究していましたが、彼女は不平を言ったことがないように私は、私が好きだろうとして、彼女と同じくらいの時間を過ごすために忙しい取得できませんでした。私たちは、各学期が近い私たちの目標に私たちをもたらしたことを知っていました。

その日は私の総合試験のために来ました。私のアメリカ人の友人ロバートSpringsteinは、私はよくそれのために準備する必要がありますので、総合的な試験は、プログラムの中で最も難しい部分だったことを私に警告していました。また、私のアドバイザリーボードのメンバーだった私の土壌学の教授は、私が理事会メンバーのそれぞれからの筆記試験を依頼した後、インビボのために行くことを示唆しました。それは優秀なアドバイスでした。 3つだけ4のうちのメンバーが合意したが、それは全然悪くありませんでした。

私は試験を取っていたとして最高の私ができるようですが、そのうちの一つには十分ではなかったです。ビバの間に彼は再び私は速やかに正しくこの時間に答えために同じ質問を私に尋ねたし、黒板に数式を示しました。彼は驚いたと私は筆記試験では答えませんでしたどのように来て言いました。私はおずおずと微笑んで、試験は数日前だったと私はそれ以来、答えを見つけるための十分な時間があったことを言いました。

すべてのメンバーが大きな笑いに解散しました。ビバの残りの部分はケーキの作品でした。彼らは皆、私を祝福し、私にとって大きなハードルが終わったことを言いました。ジャスミンはすぐに祝うためにアイスクリームの巨大な缶に現れました。これはまた、学者の部屋で伝統でした。彼女は明らかに他のものよりも私の中でより多くの自信を持っていたし、彼女は私が試験に合格するつもりだった知っていたと述べました。

今、私は戻って線毛に行くと論文のための研究を開始して自由でした。ジャスミンは彼女の顔に輝きを持つようになったと1日は、彼女が母親になる予定だったことを打ち明けました。それは我々が持っていた可能性が最もスリリングなニュースでした。また、彼女は彼女の仕事を終了し、彼女は完全な休息を得ることができビコルに戻るには、高時間でした。

だから私は、線毛に戻り、すぐに借りすてきな家を見つけました。彼女は閑静な住宅街に素敵な家、より多くの部屋を持って幸せでした。私は窓に蚊の画面を固定し、メイドを雇いました。すぐに私は家の周りにフェンスを設置し、いくつかの花や果物の木を植えました。私たちはロスバノスに住んでいたラットの穴に比べて素敵な家でした。

すぐに私はフィールドワークの本格的研削ルーチンで始まったが、周りに移動する方が簡単だったので、幸いにもIRRIはジープで、この時間を私に提供していました。農場はかなり遠く、互いにだったと私は私の噴霧器・バス用肥料の袋と道端に立つ必要はありませんでした。それは疲れるだったが、私は徹底的に仕事を楽しみました。これは私がベトナムとアルジェリアでやって今ここフィリピンで愛さものです。それは1つが、彼はそれをやって楽しんで良い仕事をしていることは秘密ではありません。結果は、すべてのIRRIのほとんど誰もが幸せになって見事でした。私は非常に私の仕事に満足し、ためにジャスミンの祝福を感じました。

その後、1977年の6月で1日、彼女は労働者に行って、すぐに私たちの最初の子が生まれました。私たちはAshis彼を呼びました。彼は健康と完璧でした。彼は子供のための長さだったと絹のような茶色の髪をしていました。断っておくが、私たちはまだ彼の高さを測定できませんでしたが、後に、彼は6フィート2インチの若者に成長するので、長いと述べました。それは私達の両方のための新しい経験だったし、彼が眠っている間、多くの場合、我々は彼を見ました。彼はまったくビル・コスビーのトカゲのように見え、その日によって素敵な子供の日に着実に成長しませんでした。

私たちは、フィリピンの男性の子供のための珍しい名前、Ashis彼を呼ばれるが、それは祝福を意味しました。バックインドの私の人々は彼の名前が好きで、子供が別の名前を指定する必要がありますが、私たちのために、それはAshisだと言っていませんでした。

彼はほとんどあまりにも急速に成長したが、彼はパートタイムの父を持つようにフルタイムの母親と不運を持ってラッキーでした。私の仕事は非常に疲れましたが、私は何とかハードワークのために構成された優れたデータを得ました。次のシーズンのための計画へのデータ集計に収穫に植栽からの私のエネルギーを排水無限のサイクルだったが、私は続けました。灼熱と執拗な日のひどい熱が、それが悪化し、私は頻繁に仕事を終えることが後半に働いていた非常に良い労働者を発見しました。

これらの男の子がなければ、私は。彼らは懸命に働いていないとほとんど.IRRIは彼らに低賃金を支払ったが、私は彼らに昇給を得るために懸命に戦った不満をそんなに仕事をすることができたことがないだろう。私の農民は。彼らは懸命に働いた主なパートナーであり、私がテストした高収量品種に非常に満足していました。彼らは私の友人だったと大幅に私の結婚に招待されて楽しんでいました。

1978年の3月では、私は、データ集計の骨の折れる作業とフィールドデータの3年間の書き込み部分を開始するために戻ってロスバニョスに行ってきましたが、最初に私は借りるのに適した家を見つけなければなりませんでした。この時間は、私はラッキーだったと町のサンアントニオの一部でまともな家を見つけました。すぐジャスミンが来て、私はこんなに早く素敵な家を見つけて、再び家を設定忙しい持っていたことを非常に喜んでいました。彼女はこれが今後25年間の傾向となり、私たちはしばしば、他のどこかを解決するために1つの場所から根絶することを知りませんでした。

Ashisはベビーベッドに立ち上がって、いくつかの奇妙な言葉を言うために始めていたが、ほとんど彼は彼自身によって演奏されず、ほとんど叫びました。メイドがテープにアンディ・ウィリアムスのムーンリバーまたはOダニーボーイをプレイするためにトリックを知っていて、すぐに子供はぐっすり眠っだろう。 Infactはムーン川はあまりにも私が眠くなりました。

私が悪い時にIRRIに戻って到着しました。 Dr.Singhは延滞した年次報告書を完成するにはピッチに皆に尋ねたので、私が行うには、私自